旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

増毛・雨竜の自然・景勝地 ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1

白銀の滝

自然・景勝地
アクセス
2.69
景観
3.58
人混みの少なさ
4.42
バリアフリー
3.64
  • 満足度の高いクチコミ(3件)

    雄冬岬にある滝

    4.0

    旅行時期:2018/01(約2年前)

    石狩市浜益地区から車で北に20分くらい、 長いトンネルを抜けると雄冬岬につきます。 観光用... 
    続きを読む
    の駐車スペースとトイレがあります。 滝は結構雄大で、真冬に行きましたが、 周囲が凍っており、なかなか迫力のある景観 でした。周囲は、日本海でなかなかこのような景観 は見ることはできないので良かったです。 
    閉じる

    higu

    higuさん(男性)

    増毛・雨竜のクチコミ:2件

住所
〒077-0351 北海道石狩市浜益区雄冬 (地図を見る
2

雄冬岬

自然・景勝地

暑寒別・雄冬山の山並が日本海になだれ落ちた岬。積丹や知床とともに道内有数の海岸景勝地。

3.30
アクセス
2.28
景観
3.44
人混みの少なさ
4.69
バリアフリー
3.20
  • 満足度の高いクチコミ(3件)

    かつては陸の孤島

    4.0

    旅行時期:2015/07(約4年前)

    かつては陸路がなくね「陸の孤島」と言われていたところです。今は国道231号線が整備され、快適な... 
    続きを読む
    ドライブが出来ます。ただし、現在でも改良工事を継続しているので、トンネル工事等には要注意です。いわゆる岬特有の「突端感」はあまりありませんが、周りは絶壁で秘境にいる雰囲気は十分味わえます。 
    閉じる

    mitu-k

    mitu-kさん(男性)

    増毛・雨竜のクチコミ:8件

住所
〒077-0351 北海道石狩市浜益区雄冬 (地図を見る
アクセス
JR札幌駅から車で100分
公式ページ
詳細情報
3

雄冬岩尾沿岸

自然・景勝地

荒波に刻まれた断崖絶壁、義経洞窟など奇岩怪石がある。道北の秘境の一つ。

3.26
アクセス
3.00
景観
4.17
人混みの少なさ
4.67
バリアフリー
3.50
  • 満足度の高いクチコミ(2件)

    トンネルが連続している

    4.5

    旅行時期:2017/07(約2年前)

    石狩から北上していくと通過します。 よく注意してみていないとトンネルが連続しているので、意外... 
    続きを読む
    と気づかないのかな?という印象もあります。 冬は暴風雨で道が閉鎖されることも多いので、夏などの落ち着いている時期にいくのがよいと思います。 
    閉じる

    turaco

    turacoさん(男性)

    増毛・雨竜のクチコミ:6件

住所
〒077-0345 北海道増毛郡増毛町岩尾 (地図を見る

ピックアップ特集

4

雨竜沼湿原

自然・景勝地
アクセス
1.75
景観
4.75
人混みの少なさ
4.13
バリアフリー
1.75
  • 満足度の高いクチコミ(4件)

    北海道の秘境、ヒグマに注意

    5.0

    旅行時期:2015/09(約4年前)

    山の中に広がる広大な湿原風景。登山口から登山道を約1時間30分ほど進むと広がるこの景色は秘境感... 
    続きを読む
    抜群で最高。木道が整備されていて見渡す限りの湿原を存分に満喫。この道は南暑寒別岳、暑寒別岳へと続いている。今回は旧展望台までの往復。ヒグマの生息域のようで登山道では3カ所でヒグマのフンを見かけた。平日でも登山客がちらほらおり、休日もっとにぎわうだろうから日中の遭遇率は低そうだが注意が必要。ここまでのアクセスがすれ違い困難な砂利道など結構大変。自動車の運転がうまくならないかぎり再訪は難しそうだが、天気にも恵まれ十分に絶景を満喫することができてよかった。入山に際しキャンプ場受付で入山届と協力金500円を支払った。まあ素晴らしい景色を楽しめたので入山料としては納得。 
    閉じる

    amstrobry

    amstrobryさん(男性)

    増毛・雨竜のクチコミ:10件

住所
〒078-2600 北海道雨竜郡雨竜町338-2 (地図を見る
5

暑寒別岳

自然・景勝地
アクセス
2.17
景観
3.33
ガスで何も見えなかった… by しそまきりんごさん
人混みの少なさ
3.83
バリアフリー
1.50
  • 満足度の高いクチコミ(2件)

    5月までの雪山はフル規格アイゼン必須

    4.0

    旅行時期:2018/05(約1年前)

    日本有数の豪雪地帯を背後に控え、その前面で日本海に面し、春遅くまで雪が残り、その白い山容が美し... 
    続きを読む
    い山である。 5月は日差しも明るいが、春山登山と言っても、一部の稜線などを除いて、まだ厚く雪が残ったままで、春スキーにも人気の山である。 もっとも、麓の専用スキー場は営業しておらず、登山道に沿って続く尾根のバックカントリーだ。 勿論、登山として楽しんでもよいが、スキーは無くても、スノーシューは必要である。 今回は、暑寒コースを行ったが、往々にして、ほとんどの道程でスキー、スノーシューで事足りるが、最後の山頂台地に上がる手前の急登だけは、前歯が付いた12歯以上のアイゼンが必要である。 スノーシュー&軽アイゼンで挑んだ先客は、ここでどうしても歯が立たず、山頂を諦めて引き返していた。 それでも登っている人は、皆、フル規格のアイゼンで直登していた。 傾斜は45°あまりあり、距離もそれなりにあるため、滑落したらタダでは済まないだろう。 ちなみにスノーシューのみで挑んだ自分の場合は、ハイマツなどが露出している登山道右手の方へとかなりトラバースし、急傾斜地を一つ一つ雪を削って足場を作りながら行ったところ、かなりの時間を要したが攻略することができた。 同区間をアイゼンで直登した場合の4、5倍はかかった感じだ。 夏山ではあまり気にならないだろうが、暑寒コースにおいては、急登が2ヶ所ある。 7合目手前とここ、頂上台地直前であるが、7合目の尾根の方は、積雪期の場合、左手に巻いて、やり越すことができる。 訪れた5月中旬は、雪が減ってきていて、稜線の一部が露出しているが、この登山コースの場合、登山道(尾根)の左手は雪が吹きだまっていて、積雪面が山頂台地直下から麓付近までずっと繋がっていた。 また、木も登山道左手の方が比較的少ない。 バックカントリーが楽しめるのは、台地直下から2合目、つづじヶ丘付近までのようである(山頂付近はかなり溶けていた)。 2合目より下では、樹林密度が少し濃くなり、傾斜もかなり緩やかになるためか、雪はかなり積もっていたが、シュプール跡は見つからなかった。 ちなみにキャンプ場のある暑寒荘から2合目までは、登山道目印のピンクのテープがかなり頻繁に下がっており、特に暑寒荘から一気に上がった後の緩やかな幅広の台地に至っては、樹林下で山頂が見えず、傾斜方向も分かりにくいので、かなり重宝した。 なお、2合目つつじヶ丘は尾根が細っており、この時期、雪の解けた登山道を靴で行くか、不安定になりつつある雪庇上を恐る恐る行くかという状態であったが、区間は短い。 この山の山開きは6月中旬であるが、5月上中旬の休日などは、2、30人ほどのスキー客が訪れていて、暑寒荘前の駐車場はすでに埋まりかける具合に混んでいた。 山開きシーズンになると、これが駐車場に入りきらず、道に飛び出すほどになるとのことである。 遅くまでスキーが楽しめる上、山頂からは周囲の樺戸山塊の南暑寒別岳や群別岳が美しく、留萌方面など、弧を描いて伸びる日本海を見下ろすことができた。 訪れた時は、残念ながら札幌方面や利尻山など、遠くの方はかすんでいて、よく見えなかった。 積雪期なので、思うようにスピードが上がらず、思わぬタイムロスも重なり、登りは4時間近くかかってしまったが、帰りは3時間ほどで下山できた。 なお、登山口と増毛の街との往復は、重い冬山用具を背負ったため、走ることができず、歩きで2時間ずつかかった。 登山中、水は2Lペットボトル1本を消費した。 暑寒荘のところには、飲料の自販機などは見当たらなかった。 また、この時期、トイレもまだ閉鎖されているので、注意である。 
    閉じる

    しそまきりんご

    しそまきりんごさん(男性)

    増毛・雨竜のクチコミ:59件

住所
北海道増毛郡増毛町、雨竜郡雨竜町・北竜町、樺戸郡新十津川町 (地図を見る
6

暑寒別川

自然・景勝地
アクセス
3.25
景観
3.88
人混みの少なさ
4.38
バリアフリー
3.50
  • 満足度の高いクチコミ(3件)

    鮭の遡上

    4.0

    旅行時期:2016/09(約3年前)

    9月の中旬から暑寒別川では、遡上する鮭の姿を見ることができます。背びれを水面に出し、遡上する姿を見れば、思わず頑張れって言ってしまいます。増毛駅から歩くと20分弱の距離。増毛駅に降り立った人もぜひ見てほしい光景です。

    マプト

    マプトさん(男性)

    増毛・雨竜のクチコミ:36件

住所
〒077-0217 北海道増毛郡増毛町別苅 (地図を見る
7

南暑寒岳

自然・景勝地

暑寒別岳の南東に連なる山で,ゲートパークから4時間。

3.15
アクセス
2.00
自動車が必要になりますが分かりやすいです by Nobuo Okajimaさん
景観
4.50
雨竜沼の景観は最高、頂上での見晴らしはまたまた最高 by Nobuo Okajimaさん
人混みの少なさ
4.00
時期にもよりますが朝早く出れば独り占めかも by Nobuo Okajimaさん
バリアフリー
1.00
山ですから(@^^)/~~~ by Nobuo Okajimaさん
  • 満足度の高いクチコミ(2件)

    ブロッケン現象

    4.0

    旅行時期:2014/08(約5年前)

    朝早く出かけて滝を眺め、雨竜沼の花々を鑑賞しつつ縦断して行くと、なだらかな登山が始まります。1... 
    続きを読む
    時間弱で頂上に着くと霧が眼下に。暑寒別岳方面にうまく霧がかかっているとブロッケン現象を観ることが出来ます。実に清々しい気持ちになること間違いなしです。 
    閉じる

    Nobuo  Okajima

    Nobuo Okajimaさん(男性)

    増毛・雨竜のクチコミ:1件

住所
〒078-2600 北海道雨竜郡雨竜町町 (地図を見る
アクセス
滝川駅/バス25分/車50分/徒歩240分
8

暑寒別天売焼尻国定公園

自然・景勝地
アクセス
3.00
景観
3.50
人混みの少なさ
3.00
バリアフリー
3.00
住所
北海道苫前郡羽幌町, 増毛町, 北竜町, 雨竜町, 新十津川町, 石狩市 (地図を見る
9

白竜の滝

自然・景勝地

ペンケペタン渓谷随一の高さを誇る壮観な飛瀑。

3.07
アクセス
1.00
景観
3.50
人混みの少なさ
4.00
バリアフリー
1.00
住所
〒078-2600 北海道雨竜郡雨竜町 (地図を見る
アクセス
滝川駅/バス25分/車50分/徒歩30分
10

萌の丘

自然・景勝地

NHK連続テレビ小説「すずらん」にて主人公の萌が訪れていた場所。山と田園ときれいな空を一緒に眺める事ができる北海道屈指の絶景。

3.05
アクセス
3.00
景観
3.00
人混みの少なさ
4.50
住所
〒078-2223 北海道雨竜郡沼田町字北竜 (地図を見る
アクセス
1) 沼田I.C.から車で5分2.00km沼田I.C.から道道549号線に入ると看板がある。
2) 石狩沼田駅から車で10分

このエリアに旅行をご検討中の方へ!

フォートラベルポイントが航空券代金の最大10%分たまる!

フォートラベルの国内航空券なら、JAL、ANA、スカイマークをはじめ、話題のLCCも含めた13社の国内航空会社から、その時期おトクにいける航空券を比較しながら、予約できます。
急な出張や休暇が取れたときでも…出発の3時間前までご予約いただけます!

今すぐ!国内航空券を検索する

11

ペンケペタン峡谷

自然・景勝地

尾白利加川の支流,雨竜沼が源流。大小の滝が連続。

評価なし
住所
〒078-2600 北海道雨竜郡雨竜町 (地図を見る
アクセス
滝川駅からバスで25分
- 車で60分
12

ホロピリ湖

自然・景勝地

幌新太刀別川の上流、海抜138.75mのところにあるホロピリ湖は、平成4年完成の沼田ダムによって川がせき止められてできた周囲17km、面積2.77㎢、水深45.75mの人造湖です。  展望小屋や散策路が整備されており、四季折々に美しい景観が楽しめます。そのほか、町の北東部にある白木沢ダムや大枝の沢ダム周辺も豊かな緑に包まれ、春の花見や秋の紅葉などの美しい景観を見せてくれます。

評価なし
住所
〒078-2225 北海道雨竜郡沼田町字幌新 (地図を見る
アクセス
1) 深川留萌道沼田ICから車で20分17.00km沼田I.C.から道道549号線を通過して道道867号線でほろしん温泉ほたる館の奥へ約4km地点にある。
2) 石狩沼田駅から車で30分

1件目~12件目を表示(全12件中)

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性もあります。

エリアから探す

増毛・雨竜 グルメランキング TOP5

増毛・雨竜 ショッピングランキング TOP5

北海道の旅行ガイドまとめ

フォートラベルポイントをためよう

宝箱を探せ!

エリアに隠された宝箱を見つけてフォートラベルポイントをゲット!チャンスは一日一回。お題はトップページで発表されます。

本日のお題はこちら

増毛・雨竜の人気ホテルランキング

増毛・雨竜のホテルをもっと見る

北海道へ行くツアー情報

出発地

北海道のツアーをもっと見る