1. ホーム
  2. 国内旅行
  3. 九州地方
  4. 熊本県
  5. 熊本市
  6. 熊本市 観光
  7. 熊本城 数奇屋丸
熊本市×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
航空券
旅行記
Q&A

熊本城 数奇屋丸

名所・史跡

熊本市

このスポットの情報をシェアする

熊本城 数奇屋丸 https://4travel.jp/dm_shisetsu/11351051

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

施設情報

施設名
熊本城 数奇屋丸
住所
  • 熊本県熊本市中央区本丸1
アクセス
熊本駅から市電で熊本城前
営業時間
8:30~17:30
公式ページ
詳細情報
カテゴリ
  1. 観光・遊ぶ
  2. 名所・史跡
登録者
おひとり さん

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。

クチコミ(19件)

熊本市 観光 満足度ランキング 29位
3.32
アクセス:
3.37
「熊本城」内です by T04さん
人混みの少なさ:
3.57
人気がないのか、他にどなたも… by T04さん
バリアフリー:
2.86
見ごたえ:
3.90
”廊下”は勉強になりました by T04さん
  • 復元

    • 3.0
    • 旅行時期:2020/11(約8ヶ月前)
    • 0

    平成元年に復元された建物で、茶会など雅な催しが行われる会場だったようです。平成28年に受けた損傷は、今も残っていました。土...  続きを読む台の石垣の一部が崩落し、建物も、その部分がねじれています。ピアノの鍵盤のような板がユニークです。  閉じる

    投稿日:2021/03/06

  • 痛々しい様子でした

    • 3.5
    • 旅行時期:2020/11(約8ヶ月前)
    • 0

    修復が進む熊本城の特別コースに入り、右手に見えました。復元された建物だそうですが、石垣が崩れてしまっていて、石垣の中が見え...  続きを読むてしまい、建物にも亀裂が入っているようでした。とても痛々しい様子で、地震の規模の大きさが感じられました。  閉じる

    投稿日:2021/02/01

  • 一部の石垣が崩れてました

    • 3.5
    • 旅行時期:2020/08(約11ヶ月前)
    • 0

    地震の被害を受けた熊本城ですが、観覧コースが整備されて観光することができました。
    そのコースの一番最初にあるのが数寄屋丸...  続きを読むです。まだ地震が起きたままの状態か、一部の石垣が崩れたままで、建物はたわんでいる状態でした。最初に見たため非常にインパクトがあり、早く修復されることを祈った瞬間でした。  閉じる

    投稿日:2021/05/31

  • 接客用の場所でした

    • 4.0
    • 旅行時期:2016/03(約5年前)
    • 0

    多くの観光客が訪れる日本三名城の熊本城。大きな城内にある建物ですが、もともとは茶会などを開いた接客用の建物だと言います。今...  続きを読むの数寄屋丸は平成元年に復元されたもので、建物内部も見学しやすい作りでした。天守閣の向かいに位置しています。
      閉じる

    投稿日:2016/10/08

  • 熊本城の文化的遊興の施設

    • 3.5
    • 旅行時期:2015/09(約6年前)
    • 0

    熊本城の南側にあり、文化的遊興の施設だったと言われています。
    南側からみると石垣の上に造られていて、鉄砲狭間や石落としも...  続きを読むあり、軍事施設のような印象ですが、内部は広間や、上座の間があり、落ち着いた印象となっています。
    無料で入れますので、ぜひご覧ください。  閉じる

    投稿日:2015/09/23

  • 中は薄暗いです。

    • 3.5
    • 旅行時期:2015/06(約6年前)
    • 0

    多層の建物でかなり横幅のある、大きな建物で存在感が凄くある施設です。本来は武器庫等で平時は茶会などで使用していたようですが...  続きを読む、これらの施設も熊本城だけにビックスケールという感じです。江戸時代に戦がなくなり、天守閣や櫓、こうした武器庫なども本来の機能を維持しつつも、違った使われ方をするようになった象徴的な施設に感じます。内部に入りましたが正直、薄暗くて、想像以上に窮屈に感じました。歴史の勉強になります。

      閉じる

    投稿日:2015/06/13

  • 長い畳の間

    • 3.5
    • 旅行時期:2015/05(約6年前)
    • 0

    かつてはここで能や茶会が開かれていたという事もあり、かなり長い畳の間が続いていました。再建された建物ではありますが、城でこ...  続きを読むんな部屋もあったんだと、興味を持たせてくれる場所です。かつての賑やかな声が聞こえてきそうです。  閉じる

    投稿日:2016/06/08

  • 2階が広間

    • 3.0
    • 旅行時期:2015/04(約6年前)
    • 0

    熊本城で首かけ石から天守の方へ向かうと地味な建物があります。1階は土間で、2階が広間になっています。建物の左端に入口があり...  続きを読む、靴を脱いでビニール袋に入れて中に入ることが出来ます。階段を上ると広い書院造りの部屋があり、地元の方がイベントに使用していました。  閉じる

    投稿日:2015/04/11

  • 城内の施設

    • 3.5
    • 旅行時期:2015/04(約6年前)
    • 0

    熊本城天守閣から首かけ石方面に向かうとあるのがこの数寄屋丸二階御広間です。1階で靴を脱ぎ靴を持って2階に上がります。
    ...  続きを読む階は写真などが展示してあり、進むと出口が別の2階からです。
    ここからは攻めてこられたときに石を落とす攻撃ができたところなどもあり、めずらしく見学できます。  閉じる

    投稿日:2015/04/05

  • 復元

    • 4.0
    • 旅行時期:2015/03(約6年前)
    • 0

    元々は防御陣地だったり武器庫なのですが平時は茶会や宴会として使われ畳敷。(これは全国でも珍しいとか。福山城でしたか殿様用の...  続きを読む入浴郭?がありました。)現在は小博物館として展示品を一般公開されています、そこからの展望もよいものです。  閉じる

    投稿日:2015/03/31

  • 軍事構造備えた文化施設

    • 3.0
    • 旅行時期:2015/02(約6年前)
    • 0

    熊本城の玄関、頬当御門を抜けて天守閣に向かう途中に数寄屋丸が見えてきます。能や茶会など文化的な催しが行われた施設のようで、...  続きを読む石垣の上にあるため、眺めが結構良いです。その半面、鉄砲や矢を撃つための窓や石落としなども備えられ軍事的な構造にもなっていたようです。長細い施設で、長ーい大広間がありました。1989年の復元施設。明治に入って鎮台ができたときに撤去されたようです。残っていても西南戦争で焼けたでしょうけど、何とももったいないことです。  閉じる

    投稿日:2015/11/25

  • 2階に大広間がある珍しい作りです。

    • 4.0
    • 旅行時期:2014/12(約7年前)
    • 0

    本丸に通じた数寄屋丸にある建物です。大きな建物で1階は土間です。そして2階は書院作りの大きな座敷の間です。この広間は大阪城...  続きを読むの「山里丸」と同様に考えられています。この大広間では茶会や歌会などの文化的な遊戯の場として使用されたようです。戦乱から平和への時代を表した建物です。  閉じる

    投稿日:2015/01/18

  • 中に入って見学できます

    • 3.0
    • 旅行時期:2014/09(約7年前)
    • 0

    少し奥いったところにあります。ここは主に接客用として茶会、能、歌会などをたのしんだそうです。そして、南面には狭間や石落とし...  続きを読むも備えられていて実際に穴から下をのぞくとリアルさがわかります。西隅には宇土櫓と同じ規模の数奇屋丸五階櫓が建っていて実戦に耐えることのできる構造を持っています。平成元年に復元されたものです。  閉じる

    投稿日:2014/09/20

  • 廊下は能舞台

    • 4.0
    • 旅行時期:2014/07(約7年前)
    • 0

    元々は主に茶会や能を楽しむための建てられたもののようで、現在の建物は平成元年に復元されたものだそうです。実戦を想定して建て...  続きを読むられた熊本城の廊下は、滑ることのないように和釘の頭を出していたそうですが、この「数寄屋丸」の廊下は能舞台を兼ねていたため、なだらかな廊下に仕上げています。ちなみに、忠実に復元された「飯田丸」の廊下には、和釘の頭が出してありました。さすがです。  閉じる

    投稿日:2014/08/04

  • 木造復元の建物です

    • 4.0
    • 旅行時期:2014/03(約7年前)
    • 0

    熊本城にはいくつか木造で復元された建造物はいくつかありますが、「数寄屋丸」はその一つです。
    一階から入り、階段を上がると...  続きを読む、二階には広間があります。”数寄屋”の名が示すように、軍事・政治的なことよりも、文化的な使用目的で建てられたようです。
    「数寄屋丸」だけだと、木造復元以外はあまりポイントがないと感じるかも知れませんが、本丸御殿や天守などと併せて見て、その中で数寄屋丸の使用目的などを考えると、城郭に対する理解も深まるかも知れません。  閉じる

    投稿日:2014/10/12

  • 数寄屋丸とは、秀吉築城大阪城の「山里丸」の流れをひくもので、熊本城における文化的遊興の空間で、茶会・能・連歌の会などが催さ...  続きを読むれ、二階御広間もそのような用途に使われていたと考えられているそうだ。数寄屋丸二階御広間は、西に五階櫓、東に地蔵櫓門を配し、梁間七間(約13メートル)、桁行十八間(約33メートル)の建物で、南面の壁には銃眼や石落としもついているが、内部一階は土間、二階には書院造の座敷があり、全国の城郭建築の中でも非常に珍しいらしい。これらの事は全く知らずに数寄屋丸に入ったが、現地案内板の記載で知った。平成元年に市制100周年を記念して復元された。驚いたのは、武田双雲氏直筆の書が展示されていたことだ。そういえば武田双雲氏は熊本出身だった。以前、子どもを対象にした書道ライブでお目にかかったので親しみがあった。連れ合いも書をやっているので、直筆の書を感激して眺めていた。

      閉じる

    投稿日:2015/03/03

  • 室内は古いです

    • 3.0
    • 旅行時期:2013/08(約8年前)
    • 0

    頬当御門から入り、左手には宇土櫓・首賭石・天守閣があります。右手に数奇屋丸二階大広間があり、能や茶会が開かれた場所です。平...  続きを読む成元年に復元されています。戦に備えた建物が多い中で、文化的な意味のある建物です。  閉じる

    投稿日:2013/08/01

  • 静かに見れます

    • 3.0
    • 旅行時期:2013/07(約8年前)
    • 0

    平成元年に復元された、書院つくりの二階建てで、大広間があります。
    来客時の茶会が行われたり能の舞台もあり、文化的遊興の場...  続きを読む所として使われていました。
    建物の中には観光客は一人もいませんでしたが、案内の人が説明をしてくれてよかったです。
      閉じる

    投稿日:2013/08/03

  • 内部に入れます

    • 5.0
    • 旅行時期:2010/12(約11年前)
    • 0

    数奇屋丸は書院造の二階建て、平成元年に復元されたものです。
    二階御広間は、かつて能や茶会が開かれたとか。
    内部は見学で...  続きを読むきます、説明して下さる方もおられます。
    清正公の甲冑や古い時代の写真などが展示してあって、興味深いものでした。
      閉じる

    投稿日:2014/02/18

1件目~19件目を表示(全19件中)

このスポットに関するQ&A(0件)

熊本城 数奇屋丸について質問してみよう!

熊本市に行ったことがあるトラベラーのみなさんに、いっせいに質問できます。

  • ishirockさん

    ishirockさん

  • gianiさん

    gianiさん

  • あしもむさん

    あしもむさん

  • ひろりんさん

    ひろりんさん

  • SHINさん

    SHINさん

  • amaroさん

    amaroさん

  • …他

このスポットで旅の計画を作ってみませんか?

行きたいスポットを追加して、しおりのように自分だけの「旅の計画」が作れます。
クリップ したスポットから、まとめて登録も!

熊本県の人気ホテルランキング

PAGE TOP