1. ホーム
  2. 国内旅行
  3. 九州地方
  4. 熊本県
  5. 熊本市
  6. 熊本市 観光
  7. 熊本城首かけ石
熊本市×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
航空券
旅行記
Q&A

熊本城首かけ石

名所・史跡

熊本市

このスポットの情報をシェアする

熊本城首かけ石 https://4travel.jp/dm_shisetsu/11340195

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

施設情報

施設名
熊本城首かけ石
住所
  • 熊本県熊本市中央区本丸1-1
公式ページ
詳細情報
カテゴリ
  1. 観光・遊ぶ
  2. 名所・史跡

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。

クチコミ(24件)

熊本市 観光 満足度ランキング 32位
3.32
アクセス:
3.61
「熊本城」の「頬当御門」を入って天守の前庭にあります by T04さん
人混みの少なさ:
3.76
まぁ見るだけであれば時間はかかりませんから、皆さん通りがかりに見て行かれるだけです by T04さん
バリアフリー:
3.38
見ごたえ:
3.42
本当の意味は何だったのでしょう… by T04さん
  • 五郎の首かけ石

    • 3.0
    • 旅行時期:2020/12(約5ヶ月前)
    • 0

    熊本城の敷地内、天守閣のすぐ近くに展示されていました。首かけ石のすぐ横には解説が用意されていて、解説を読むと少し切ないです...  続きを読むが、その物語が本当なら五郎さんはすごく力持ちで大柄な人だったんだろうと想像しながら見ていました。  閉じる

    投稿日:2020/12/28

  • 仇討ちの遺物です

    • 4.0
    • 旅行時期:2016/03(約5年前)
    • 0

    熊本市内観光の中心的存在である熊本城。広い敷地内にある遺構の一つです。頬当御門から入ったら左手にあります。加藤清正に仇討ち...  続きを読むをしようとして失敗した五郎が首にかけて運んだと言われる石。案内板は数カ国語で書かれていました。
      閉じる

    投稿日:2016/10/08

  • 熊本城の天守閣の西側、頬当御門近くの広場の一角にあります。
    (「五郎の首掛石」という案内板と切れ込みの入った大きな石があ...  続きを読むります)
    熊本城を築城する際、五郎という力持ちが首に掛けて運んできた石という伝説があるとのことで、それだけでも驚きですが、さらにその五郎は天草国人一揆の時に加藤清正に殺された木山弾正の遺児で、父の仇討ちのために清正を狙って城内に人夫として入り込んたというドラマもあるとのこと。
    天守閣を見るついでにでも見ていってはいかがでしょう。  閉じる

    投稿日:2016/05/15

  • 1800キロの石です

    • 3.5
    • 旅行時期:2015/09(約6年前)
    • 0

    熊本城築城の時に、横手五郎という人物が、首にかけて運んできたと言われている巨石です。
    重さは約1800キロあると言われて...  続きを読むいます。
    横手五郎は、父を戦で亡くしており、加藤清正公を父の敵として、敵討ちのために、熊本城内に入っていたと言われています。
    今は、本丸に西側に、この石が残っています。  閉じる

    投稿日:2015/09/23

  • 清正を狙って

    • 2.5
    • 旅行時期:2015/04(約6年前)
    • 0

    熊本城の頬当御門から場内に入ると広い広場のような場所に出ますが、そこに有る石です。そんなに大きな石でもないので、看板がなけ...  続きを読むれば通り過ぎていたかもしれません。加藤清正を父の仇として恨んでいた人間が熊本城建築の人夫として清正の命を狙っていたが、見つかって井戸に沈められたと書いてあります。  閉じる

    投稿日:2015/04/11

  • 城内の石

    • 3.5
    • 旅行時期:2015/04(約6年前)
    • 0

    頬当門からが一番近い石の碑がこの首掛石です。大きな石が鎮座している回りには数寄屋丸二階御広間なども近く、多くの人が観光で散...  続きを読む策しています。
    看板がなければただの大きな石にしか見えないこの石は歴史の大きな語り部です。  閉じる

    投稿日:2015/04/05

  • 1.8トン

    • 3.0
    • 旅行時期:2015/03(約6年前)
    • 0

    築城のおり1.8トン石を首に掛けて運んだ怪力の男がいたという伝説だが、清正公仇討ちに城内に作業員としてはいったというが、逮...  続きを読む捕され井戸に投げ込まれ石や砂で埋められてしまったという怖い怖いお話が付いております。私ゴジラ以外ジエットコースターも弱く終わります。  閉じる

    投稿日:2015/03/30

  • 処刑用に見えるけど

    • 3.0
    • 旅行時期:2015/02(約6年前)
    • 0

    熊本城に入って天守のようにも見える宇土櫓の手前に「首かけ石」という変わった形の石。真ん中がへこんでいるので、そこに体を挟ん...  続きを読むで首を切ったのかしらと思ってました。でも、説明を読むと、お話は別で加藤清正の築城の際に働いた怪力の青年が1人で運んできた巨石というのです。しかし青年は父を清正に殺されており、仇討ちのために入り込んだです。清正を襲おうとして捕まり井戸に投げ込まれましたが、上から落とされた石を受け止めたため、砂で生き埋めにしたとか。それはいいんだけど、首かけ石の意味はやっぱり処刑用?  閉じる

    投稿日:2015/03/28

  • 熊本城内に『首かけ石』という不思議な形の石があります。

    この石には、横手の五郎の物語という、熊本城の築城に際して伝え...  続きを読むられるエピソードがあります。

    熊本城築城の折、怪力の持主として知られていた若者 横手の五郎が、首に掛けて一人で運んできた石とか。
    この横手の五郎は、清正を父の仇と狙い、城内に人夫として入り込んでいたのを見破られ、殺されたと伝えられています。  閉じる

    投稿日:2015/01/27

  • 首をかけて運んだ石です。

    • 3.5
    • 旅行時期:2014/12(約6年前)
    • 0

    本丸から数寄屋丸へ行くところに大きな石があります。「五郎の首掛石」の案内板があります。中央が切り抜かれています。この石は1...  続きを読む800kgあるとのことです。その石を横手五郎という人が首をかけてはかんだことからついたのです。気迫を感じる石です。  閉じる

    投稿日:2015/01/18

  • 首かけ石

    • 4.5
    • 旅行時期:2014/12(約6年前)
    • 0

    熊本城の頬当御門(ほほあてごもん)から入ったすぐ左側に積み木のような凹形をした石が首掛石です。
    首掛石は、五郎という力持ち...  続きを読むであった若者が、この石を首に掛けて一人で運んだと伝えられているそうです。
    実際に何キロあるかはわかりませんが、実際に持てたのでしょうか?
    かなり重そうな石ですが…。
      閉じる

    投稿日:2014/12/29

  • 1800?の巨石を運んできた

    • 3.0
    • 旅行時期:2014/11(約6年前)
    • 8

    熊本城内に「首かけ石」と呼ばれる大きな石があります。重さが1800?もあります。この石は熊本城築城のときに、人夫であった「...  続きを読む横手の五郎」という怪力無双の若者が花岡山から首にかけて運んできた石と伝えられています。

      閉じる

    投稿日:2014/11/15

  • 横手の五郎の物語

    • 3.0
    • 旅行時期:2014/09(約7年前)
    • 0

    この大きな石は怪力の五郎が首に掛けて一人で運んだと伝えられています。
    父の敵を討つために城作りに協力した五郎。清正を襲い...  続きを読むましたが捕らえられ古井戸に投げ込まれます。
    井戸の上から落とされた石を利用して上に上っていた五郎でしたが、砂を投げ込まれて
    生き埋めにされてしまったという逸話が残っています。  閉じる

    投稿日:2014/10/10

  • すごい石です

    • 3.0
    • 旅行時期:2014/09(約7年前)
    • 0

    熊本城築城の際に横手の五郎という怪力の持ち主が花岡山から首にかけて運んできた石と伝えられているそうです。それだけではなく加...  続きを読む藤清正は父の仇で襲ったときには井戸に生き埋めにされたという残酷な話も残っています。天守閣の近くにぽつんとおいてあります。ほとんどの人は通り過ぎて天守閣の撮影などをしていました。  閉じる

    投稿日:2014/09/19

  • 本当の意味は何だったのでしょうね…

    • 3.5
    • 旅行時期:2014/07(約7年前)
    • 0

    伝説に因んだ石です。どこかから切って運んで来たことは間違いないはずですが、何分にも大変大きなものですから。意味なく運ばれた...  続きを読むものではないはずです。本当の意味は何だったのかは全く分かりませんが、清正公が自らの力を誇示するためだったのかも知れませんね。  閉じる

    投稿日:2014/08/03

  • 怪力伝説が残る横手五郎

    • 4.0
    • 旅行時期:2013/12(約7年前)
    • 1

    ガイドさんの説明がなければ素通りしていたと思うなぁ
    数人がかりでも動かない凹型の石を首に掛け、JR熊本駅の西にある花岡山...  続きを読むから約2?の距離を楽々と運んだといわれる。
    父の木山弾正はかつて清正と一騎討ちをして戦死を遂げた武将で、五郎は親の仇として清正の命を密かに狙っていましたが、バレてしまい。
    五郎は仕事を石運びから井戸掘りに変えさせられ、井戸の中に入っている時に生き埋めに。
    この首掛石は、今も本丸の西側、平左衛門丸に残されています。
    観光ガイドブックより引用  閉じる

    投稿日:2014/01/26

  • 怪力が運んだ石

    • 4.0
    • 旅行時期:2013/07(約8年前)
    • 0

    熊本城を作るときに怪力の五郎という若者が首にかけて運んだそうで重さは1.8トンもある石だそうです。
    でも大きさをみている...  続きを読むと、とても石には見えず岩の域の大きさです。広場のところに置いてありました。
    何人でも運べそうにないのに一人で運んだとはすごい力持ちです。  閉じる

    投稿日:2014/07/20

  • 巨大石

    • 4.0
    • 旅行時期:2013/07(約8年前)
    • 0

    力持ちの若者が熊本城を作る時、何人もで運ぼうとして出来なかったこの石を
    1人で首に掛けて運んだそうです。重さは1800キ...  続きを読むログラムです。加藤清正に殺される時も
    井戸の中で上から落ちてくる石を足場にして上へ上がろうとしたそうです。
    見ていると、ガイドさんみたいな人が説明してくれました。
      閉じる

    投稿日:2013/07/27

  • 重そうです

    • 4.0
    • 旅行時期:2013/07(約8年前)
    • 0

    熊本城築城の時に、怪力の横手の五郎という若者が首にかけて運んだ と いう伝説の石です。重さは1.8トンもあり、信じられない...  続きを読むですよね。五郎は天草国人一揆の時に、加藤清正に殺された親の仇をとるために、城内に人夫として入ったらしいです。  閉じる

    投稿日:2013/07/27

  • 伝説の石

    • 3.0
    • 旅行時期:2013/04(約8年前)
    • 0

    熊本城の敷地にある伝説の石です。正確には「五郎の首掛石」というそう。
    これを首に掛けて運んできたって無理。w 伝説の石と...  続きを読むか岩ってもう無理ってものが多いけどもしかして‥と思わせるところがミソなんでしょうか。
      閉じる

    投稿日:2013/05/05

1件目~20件目を表示(全24件中)

  1. 1
  2. 2

このスポットに関するQ&A(0件)

熊本城首かけ石について質問してみよう!

熊本市に行ったことがあるトラベラーのみなさんに、いっせいに質問できます。

  • さんさん

    さんさん

  • ひろりんさん

    ひろりんさん

  • まどやんとさん

    まどやんとさん

  • ミスターDさん

    ミスターDさん

  • mmm23さん

    mmm23さん

  • osokumaさん

    osokumaさん

  • …他

このスポットで旅の計画を作ってみませんか?

行きたいスポットを追加して、しおりのように自分だけの「旅の計画」が作れます。
クリップ したスポットから、まとめて登録も!

熊本県の人気ホテルランキング

PAGE TOP