1. ホーム
  2. 国内旅行
  3. 東海地方
  4. 静岡県
  5. 静岡市(葵区・駿河区)
  6. 静岡市(葵区・駿河区) 観光
  7. 駿府城址
静岡市(葵区・駿河区)×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
航空券
旅行記
Q&A

駿府城址

名所・史跡

静岡市(葵区・駿河区)

このスポットの情報をシェアする

駿府城址 https://4travel.jp/dm_shisetsu/10603882

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

施設情報

前身は駿河守護今川氏の駿府館といわれるが館の所在地については諸説ある。駿府館は永禄11年(1568)武田信玄の攻撃により焼亡。このとき今川氏滅びる。天正10年(1582)武田氏滅亡して徳川家康が駿河を領有、同13年城を修築して翌年浜松城から移る。家康関東移封後、中村一氏が入城。江戸開府後の慶長12年(1607)家康が大改築して隠居城とする。家康没後、頼宣・忠長などが城主となるが、明治まで幕府が直轄した。現在は駿府城公園として市民に解放されている。◎徳川家康(1542-1616)三河岡崎城主の松平広忠の長男。今川義元の人質として駿府で育ち、義元の敗死後独立して岡崎城主となる。のち遠江・駿河・甲斐・信濃を領有し、天下取りの基を築き、晩年は駿府で没した。◎徳川忠長(1606-32)徳川秀忠の三子で、駿河・遠江・甲斐・信濃のうち55万石を領し、駿河に住んだ。兄家光に対抗したため罪に問われ自殺した。

施設名
駿府城址
住所
  • 静岡県静岡市葵区駿府公園
アクセス
静岡駅から徒歩で10分
予算
無料
その他
時代: 1582
カテゴリ
  1. 観光・遊ぶ
  2. 名所・史跡

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。

クチコミ(103件)

静岡市(葵区・駿河区) 観光 満足度ランキング 3位
3.49
アクセス:
3.66
駅から徒歩で。 by 藤崎遥さん
人混みの少なさ:
3.69
広いので混雑している印象は少ないです。 by 藤崎遥さん
バリアフリー:
3.19
見ごたえ:
3.41
桜の頃はきれいです by ゆきうさぎさん
  • 満足度の高いクチコミ(47件)

    歴史上最大の天守を誇った城址!

    4.5

    • 旅行時期:2020/01
    • 投稿日:2021/04/20

    駿府城は元々三重のお堀で囲まれていたそうで、外堀、中堀、内堀と呼ばれていましたが外堀と内堀は一部を残すのみですーー。 ...  続きを読む この城址はここ数年で発掘が進み、戦国時代後期から江戸時代前期の歴史を塗り替える発見が相次ぎました!! 今ではお城の石垣とごく一部の再現された門しか残っていない駿府城。 しかし、実際には日本の歴史を通じて最大の天守が存在していた日本最重要の城郭でした。 この事実はここ2,3年の発掘作業の大幅進展により明らかになってきました。 城郭の大きさでは小田原城の総構えが有名ですし、天守の大きさでは大阪城、そして江戸城が挙げられます。 しかし、実は江戸時代だけでなく、有史以来最大の天守閣を誇ったのは今では人口70万人の静岡市の中心にある駿府城でした。 これには壮大でしかも執念に満ちた歴史ドラマがあります。 徳川家康は愛知県の三河の生まれでしたが、幼少の頃から今川氏の人質として駿府に送られます。 人質と言いながら、さすが大大名の今川氏、家康には清見寺で立派な教育を施します。 その後三河に戻った家康でしたが、40代半ばから70代で亡くなるまで再度駿府に戻ってきます。 その理由こそ天下人となった家康の深謀からの英断でした。 つまり、一応の天下統一はなったものの西日本には心から服従したとはいえない外様藩が多々あります。 その反徳川勢力が結集して東征することになればその最優先ルートは東海道になります。 中山道や北陸道は距離もアップダウンも多いため、最短最速のルートは東海道というわけです。 しかし、地図を見れば直ちに理解できますが、東海道は平たんとは言え静岡市近辺では迂回路はありません。 ということは静岡、即ち駿府を抑えておけば反乱軍の江戸侵攻を防ぐことができるわけです。 そこで、当然のように駿府には江戸城をもはるかにしのぐ巨大な城が造られたわけです。 しかし、この巨城は簡単に造られたわけではありません。 40代に駿府に舞い戻った家康はそれなりに立派な城を造りました。 しかし、小田原攻めで東進してきた豊臣秀吉がこの新築の城を貸せと指示します。 断れば反逆したとして滅ばされるやもしれず、家康は泣く泣く駿府城を秀吉に引き渡しました。 で、駿府城を手に入れた秀吉はどうしたかというと完膚なきまでに破壊して金の装飾をちりばめた秀吉風駿府城を建ててしまいました。 その城が南北約37m×東西約33m の天守台(同時代では最大級の大きさ)として最近発掘されたわけです。 また、発見された石垣の近くから、文様部分が金箔で装飾された瓦(金箔瓦)も見つかりました。石垣の形状や瓦の特徴などから、豊臣秀吉が家臣の中村一氏に命じて築かせた城であることが判明したわけです。(HP参照) しかし、秀吉の死後の関ヶ原の決戦で天下を取った家康は、最終仕上げにかかります。 それが新駿府城というわけですが、今度は秀吉の城を徹底破壊することからスタートしました。 その新駿府城、いや新々駿府城の天守台は西辺約68m×北辺約61mであることが確認され、江戸城、大阪城、秀吉の駿府城と比べても圧倒的に大きな天守であったことがわかります。 これにより西国の不満分子ににらみをきかせ、さらに自分の死後は久能山東照宮に亡骸を安置させることにより、物理的にも精神的にも守りを固め300年近い平和な時代を築いたというわけです。 この巨大な城はその後たびたび出火し、最終的に燃えてしまいますが、参勤交代のたびにこの巨城を見た外様大名が震えあがったことは想像にかたくありませんーー。 駿府城の天守台跡は随時見学会も行われていますので、それに参加すればさらに詳しく理解できます。 アクセスは駅から徒歩10分強ですが駐車場はありませんので近隣駐車場を使うしかありません。 是非訪れたい史上最大の天守台跡ですーー。  閉じる

    norisa

    by norisaさん(非公開)

    静岡市(葵区・駿河区) クチコミ:12件

  • 大規模な発掘現場

    • 4.0
    • 旅行時期:2021/03(約2ヶ月前)
    • 0

    静岡は駿府城天守址の発掘現場を訪れました。発掘自体は昨年3月に終わっているそうで、現在は出土した遺物の整理や調査報告の作成...  続きを読むを行っているとのことでした。現在は、発掘現場近くまで立ち入ることが出来ました。     閉じる

    投稿日:2021/03/10

  • でっかい天守台がみもの

    • 4.0
    • 旅行時期:2021/03(約2ヶ月前)
    • 0

    駿府城の埋もれていた天守台はでっかい事で有名です。
    今、発掘調査が行われているので見ることができますが、明治の時に武士の...  続きを読む象徴である城の天守台のほとんどは壊されてしまったそうで、残念です。
    御殿も昔はでっかいのがあったそうです。  閉じる

    投稿日:2021/03/06

  • 発掘調査現場が公開されていました

    • 3.0
    • 旅行時期:2021/02(約3ヶ月前)
    • 0

    「駿府城公園」の中に、駿府城の天守台の発掘調査現場が公開されていました。無料で見学ができて、「家康の石垣と豊臣方の石垣の違...  続きを読むい」など説明板もつけられていました。ボランティアガイドの方もいたりして、ゆっくり見学すれば勉強になりそうでした。  閉じる

    投稿日:2021/02/25

  • 本丸は発掘調査中

    • 3.5
    • 旅行時期:2021/02(約3ヶ月前)
    • 0

    駿府城公園のほぼ中央、徳川家康手植えのみかんおよび家康公像の後ろ側は本丸跡地になっており、現在発掘調査中になっています。
    ...  続きを読む
    ブルーシートに覆われていますが、中に入りその遺構を眺めることも可能です。
    コロナ禍で人も少ないので散歩にはお誂え向きなコースだと思います。  閉じる

    投稿日:2021/02/05

  • 発掘が行われている

    • 4.0
    • 旅行時期:2021/01(約4ヶ月前)
    • 0

    徳川家康公のお城として有名や駿府城ですが
    発掘調査が行われていて天守跡を探すプロジェクトが進行中です。
    発掘現場は徳川...  続きを読む家康港の銅像の浦手当たり。一般に公開されていますが一面ブルーシートに覆われています。周りを歩くことも可能です。どんな発見があるか今後が楽しみです  閉じる

    投稿日:2021/01/30

  • 櫓二棟、門一組が再建されています

    • 4.0
    • 旅行時期:2020/12(約5ヶ月前)
    • 0

    復原されているのは巽櫓、東御門枡形、坤櫓。真っ先に再建された巽櫓だけ4トラ登録がない不思議。歴史番組等々で駿府城イメージが...  続きを読む語られる場合は、南東隅櫓と門がワンフレームに収まるショットになります。七階建と言われる大天守があった天守台は発掘調査中。いまはなき江戸城にも負けない日本最大級の天守だったとか。  閉じる

    投稿日:2021/04/08

  • 発掘現場

    • 3.0
    • 旅行時期:2020/08(約9ヶ月前)
    • 0

    現在駿府城公園となっている場所に徳川家康が築城した駿府城はありました。現在駿府城の遺構として残っているものは中濠位しかあり...  続きを読むませんが、天守台の跡の発掘調査が現在行われており、発掘現場は柵で囲まれてはおりますが、見学ゾーンからは発掘中の現場を見ることができます。なかなかお城の発掘現場は見られないので、これを目当てに訪れても良いかと。  閉じる

    投稿日:2020/10/08

  • 東御門の資料館は是非

    • 4.0
    • 旅行時期:2020/08(約9ヶ月前)
    • 0

    駿府城を初めて訪れるなら、まず東御門の資料館がオススメ。
    内部はジオラマや当時の部屋の様子や生活がわかるようになっていま...  続きを読むす。
    それを見学したら、天守の発掘現場へ向かい、発掘情報館 きゃっしるで発掘品などを見て地下に埋まった石垣などを見学しましょう。  閉じる

    投稿日:2020/08/14

  • 発掘現場から復元櫓まで

    • 4.0
    • 旅行時期:2020/07(約10ヶ月前)
    • 0

    静岡駅から徒歩10分くらいで。まず、堀と櫓が見えます。私は東の門から入りました。順路はないので、自由にみて回るのがよいでし...  続きを読むょう。

    東から入ると、有料展示として巽櫓、紅葉山庭園が近くにあります。また、水をたたえた堀もすぐにみることができます。

    もう少し奥に行くと、静岡おでんの店、もう一つの資料館、家康公の像、家康公が植えたミカンなどを見ることができます。さらなる見どころとして、天守の発掘現場も見られます。こちらは大迫力の石垣がみられます。

    公園内部だけでなく、周囲からも堀や櫓の外観がみられます。ウォーキングやランニングをしている人もいました。  閉じる

    投稿日:2020/07/25

  • 桜の花見をしながら駿府城巡り

    • 4.5
    • 旅行時期:2020/03(約1年前)
    • 0

    駿府城といえば桜が有名ですね。
    お城的には櫓が再建されてはいますが、それほど見るものはないのですが、堀などは美しいですね...  続きを読む。櫓内部は有料でみることができます。
    堀の上の桜はまだまだほとんど咲いてなかったですが、これからは見頃を迎えます。  閉じる

    投稿日:2020/03/29

  • 発掘調査が続く

    • 3.5
    • 旅行時期:2020/01(約1年前)
    • 0

    徳川家康隠居の城として晩年を過ごしたとされる駿府城。以来幕末まで幕府の管轄とされてきたようだ。
    残念ながら天守は現存せず...  続きを読む、見学施設も櫓門の一部のみの状況となっている。公園として整備されている跡地は広大で、発掘作業も行われていた。新たな発見が今後も見込まれ、さらに整備が進められるのだと感じた。  閉じる

    投稿日:2020/02/16

  • 歴史上最大の天守を誇った城址!

    • 4.5
    • 旅行時期:2020/01(約1年前)
    • 43

    駿府城は元々三重のお堀で囲まれていたそうで、外堀、中堀、内堀と呼ばれていましたが外堀と内堀は一部を残すのみですーー。

    ...  続きを読む
    この城址はここ数年で発掘が進み、戦国時代後期から江戸時代前期の歴史を塗り替える発見が相次ぎました!!
    今ではお城の石垣とごく一部の再現された門しか残っていない駿府城。
    しかし、実際には日本の歴史を通じて最大の天守が存在していた日本最重要の城郭でした。
    この事実はここ2,3年の発掘作業の大幅進展により明らかになってきました。

    城郭の大きさでは小田原城の総構えが有名ですし、天守の大きさでは大阪城、そして江戸城が挙げられます。
    しかし、実は江戸時代だけでなく、有史以来最大の天守閣を誇ったのは今では人口70万人の静岡市の中心にある駿府城でした。

    これには壮大でしかも執念に満ちた歴史ドラマがあります。
    徳川家康は愛知県の三河の生まれでしたが、幼少の頃から今川氏の人質として駿府に送られます。
    人質と言いながら、さすが大大名の今川氏、家康には清見寺で立派な教育を施します。
    その後三河に戻った家康でしたが、40代半ばから70代で亡くなるまで再度駿府に戻ってきます。
    その理由こそ天下人となった家康の深謀からの英断でした。
    つまり、一応の天下統一はなったものの西日本には心から服従したとはいえない外様藩が多々あります。
    その反徳川勢力が結集して東征することになればその最優先ルートは東海道になります。
    中山道や北陸道は距離もアップダウンも多いため、最短最速のルートは東海道というわけです。
    しかし、地図を見れば直ちに理解できますが、東海道は平たんとは言え静岡市近辺では迂回路はありません。
    ということは静岡、即ち駿府を抑えておけば反乱軍の江戸侵攻を防ぐことができるわけです。
    そこで、当然のように駿府には江戸城をもはるかにしのぐ巨大な城が造られたわけです。

    しかし、この巨城は簡単に造られたわけではありません。
    40代に駿府に舞い戻った家康はそれなりに立派な城を造りました。
    しかし、小田原攻めで東進してきた豊臣秀吉がこの新築の城を貸せと指示します。
    断れば反逆したとして滅ばされるやもしれず、家康は泣く泣く駿府城を秀吉に引き渡しました。
    で、駿府城を手に入れた秀吉はどうしたかというと完膚なきまでに破壊して金の装飾をちりばめた秀吉風駿府城を建ててしまいました。
    その城が南北約37m×東西約33m の天守台(同時代では最大級の大きさ)として最近発掘されたわけです。
    また、発見された石垣の近くから、文様部分が金箔で装飾された瓦(金箔瓦)も見つかりました。石垣の形状や瓦の特徴などから、豊臣秀吉が家臣の中村一氏に命じて築かせた城であることが判明したわけです。(HP参照)

    しかし、秀吉の死後の関ヶ原の決戦で天下を取った家康は、最終仕上げにかかります。
    それが新駿府城というわけですが、今度は秀吉の城を徹底破壊することからスタートしました。
    その新駿府城、いや新々駿府城の天守台は西辺約68m×北辺約61mであることが確認され、江戸城、大阪城、秀吉の駿府城と比べても圧倒的に大きな天守であったことがわかります。
    これにより西国の不満分子ににらみをきかせ、さらに自分の死後は久能山東照宮に亡骸を安置させることにより、物理的にも精神的にも守りを固め300年近い平和な時代を築いたというわけです。
    この巨大な城はその後たびたび出火し、最終的に燃えてしまいますが、参勤交代のたびにこの巨城を見た外様大名が震えあがったことは想像にかたくありませんーー。

    駿府城の天守台跡は随時見学会も行われていますので、それに参加すればさらに詳しく理解できます。

    アクセスは駅から徒歩10分強ですが駐車場はありませんので近隣駐車場を使うしかありません。
    是非訪れたい史上最大の天守台跡ですーー。  閉じる

    投稿日:2020/01/19

  • 公園も広いのでゆっくりできます

    • 4.0
    • 旅行時期:2019/12(約1年前)
    • 1

    駿府城は櫓も再建されているので、それなりに見ごたえはあります。
    本丸の下の発掘現場も見れるのが嬉しいですね。本丸からも富...  続きを読む士山が見えました。城のほとんどは公園になっているので、ベンチでくつろいでいる人が多かったです。  閉じる

    投稿日:2019/12/14

  • 徳川家康公が隠居後過ごした城が駿府城

    • 3.0
    • 旅行時期:2019/11(約1年前)
    • 0

    徳川家康公が隠居後過ごした城が駿府城。当時は最大級の天守閣を持ち本丸、二の丸他多数の建築物があったのでしょうが今は二の丸と...  続きを読む本丸の城跡として残されているだけでした
    家康公がここで亡くなられた後城の維持管理が控えめだったことも考えられます、巽櫓,東御門などが復元されていましたがあくまで復元であり綺麗だというだけの価値しかないかなり広い面積なので周遊には90分はかかりそうなのですぐ横の県庁別館展望室へ行きましたら城跡が一望できて好かったです  閉じる

    投稿日:2020/01/25

  • 御城印

    • 4.0
    • 旅行時期:2019/11(約1年前)
    • 0

    日本百名城巡りの一環として行きました。車で通りかかったことはありましたが、資料館に足を運んだのは初めてでした。東門の受付...  続きを読むでスタンプを押し、紙製と木製の御城印を購入しました。今川義元の企画展が櫓でやっていました。入場料は200円で安いです。  閉じる

    投稿日:2019/11/30

  • 天守台発掘調査を見学できます

    • 3.5
    • 旅行時期:2019/10(約2年前)
    • 0

    1585年に徳川家康が居城として築城を始めました。その後大御所として再び駿府城を修築していき、1610年に天守ができました...  続きを読む。1631年から城主はいなくなり城代が置かれ、明治以降陸軍の使用を経て戦後公園として整備されてきました。今は児童遊園がある公園で、天守台発掘調査が進められています。櫓が復元されて歴史を感じることができます。天守台調査の現場を見学でき、時代ごとの石垣の違いを実際に見ました。スタッフの話では今回の発掘調査はじきに終わるそうなので興味のある方はHPで調べて早めに訪れてはいかがでしょうか。  閉じる

    投稿日:2019/11/05

  • 家康さんの隠居場所

    • 4.0
    • 旅行時期:2019/10(約2年前)
    • 0

    駿府公園=駿府城址という気もします。
    残念ながら、天守閣はありませんが、御門、櫓など、数か所の建物は入場可能です。(しか...  続きを読むも、櫓の一つでは、係員さんが一生懸命に説明してくれます。)
    家康が隠居したしろですので、ほどほどの広さもあり、現在も発掘調査が行われていました。  閉じる

    投稿日:2019/11/02

  • 注目の天守跡発掘の様子も見学できる。

    • 3.0
    • 旅行時期:2019/09(約2年前)
    • 0

    徳川家康により近世城郭として整備され、日本100名城にも指定される駿府城。現存建造物は石垣や堀などにとどまりますが、複数の...  続きを読む櫓や門が復元されています。櫓・門の一部は内部の見学もできます。また近年天守台の発掘調査事業が進められており、発掘調査の様子を、間近に見学することが出来ました。静岡観光には外せない場所です。  閉じる

    投稿日:2020/09/27

  • 久々の駿府城

    • 4.5
    • 旅行時期:2019/09(約2年前)
    • 0

    久々に訪れた駿府城。
    本丸の発掘調査をしていた。
    豊臣時代と徳川時代の石垣がわかりやすく見えるように見学通路がつくられ...  続きを読むていました。
    発掘現場から出土した金箔瓦も近くの展示室で無料で見れますよ。
    モニターによる説明も流れていました。  閉じる

    投稿日:2019/09/16

  • 発掘作業

    • 5.0
    • 旅行時期:2019/09(約2年前)
    • 0

    静岡に旅行に行くと、必ずと言っていいほど、この駿府城に行きたくなります。
    現在では、本丸はなく、中は公園になっていますが...  続きを読む
    巨大な敷地に、徳川家の往時の威光を感じざるを得ません。
    現在、その本丸の発掘工事が行われていて、現場を見学することもできます。  閉じる

    投稿日:2019/09/12

1件目~20件目を表示(全103件中)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 6

このスポットに関するQ&A(0件)

駿府城址について質問してみよう!

静岡市(葵区・駿河区)に行ったことがあるトラベラーのみなさんに、いっせいに質問できます。

  • g60_kibiyamaさん

    g60_kibiyamaさん

  • 春待風さん

    春待風さん

  • wisteriaさん

    wisteriaさん

  • みーみさん

    みーみさん

  • まめ夫婦さん

    まめ夫婦さん

  • luvento2005さん

    luvento2005さん

  • …他

周辺のおすすめホテル

静岡市(葵区・駿河区) ホテルランキングを見る

静岡県 ホテルランキングを見る

このスポットで旅の計画を作ってみませんか?

行きたいスポットを追加して、しおりのように自分だけの「旅の計画」が作れます。
クリップ したスポットから、まとめて登録も!

静岡県の人気ホテルランキング

PAGE TOP