旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

バクー 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

バクー人気旅行記ランキング45位(130件中)

2017GWコーカサス3国 その1~燃えるバクー

関連タグ

    旅行時期 2017/04/29 - 2017/05/01 (2017/05/29投稿

    2017年のGWはコーカサス3国へ。中でもアルメニアが第一の目的でした。

    その1は、飛行機のオーバーブッキングのせいで、1日以上かけてアゼルバイジャンへ。バクーの空港からそのまま観光です。

    ・成田から北京。一旦外に出て、北京ダックの夕食
    ・北京からモスクワへ。5時間ほどのトランジットのあと、ようやく目的地のバクー
    ・バクー近郊、拝火教寺院
    ・12世紀の要塞、マルダキャン。真っ暗な階段をのぼって塔の上まで
    ・これが燃える丘? ヤナル・ダグ
    ・旧市街で夕食
    ・夜のフレームタワー

    表紙写真は、がっしりとした造りのマルダキャン要塞。

    写真 71枚

    交通手段 : 
    利用旅行会社:
    ユーラシア旅行社
    エリア:
    アゼルバイジャン > バクー
    エリアの満足度:
    3.5
    • まずは成田から中国国際航空で北京へ。

      成田ーモスクワ便がオーバーブッキングだったため、北京を経由することになりました。

    • 久しぶりの北京空港はなんだかすっかり垢抜けて。

    • 乗り継ぎ時間が7時間以上もあるので、一旦外に出て夕食。

      北京郊外の方庄というところにある全聚徳へ。

    • ダックを丸焼きにしているところを見せてくれました。

    • 巻いて食べます。ここのお店は、ダックの肉もたっぷり食べる方式。

    • アエロ・フロートに乗り換えて、モスクワへ。

    • 北京空港。ミッフィーちゃんがあちこちに。

    • 北京ーモスクワ間の機内食。

      キッシュと春巻という取り合わせがなかなか。

    • モスクワ上空。

    • 乗ってきたアエロ・フロート。

    • 空港のラウンジで。

      キャビアは有料。しかもかなり高い。

    • 空港ラウンジには、「ルシアン・シャンパン」と書かれた泡。
      しかも、冷えていません。

      氷を入れて飲みました(笑)

    • 一回り小さい、バクー行きのアエロ・フロート。

    • モスクワ-バクー間の機内食。

    • 撮影場所の地図

      幾何学模様な感じのバクーのヘイダル・アリエフ空港。

    • 通路の奥でVISAをもらいます。事前にパスポートコピーを送ってありました。

    • 幾何学模様と、木を使った内装。

    • でも、外に出てみると、ガラスが印象的な空港でした。

    • 丸っこい形のタクシーはバクーの特徴みたいです。

    • 空港を出てすぐに、金ピカドームのモスク。

      イスラム教の国に来たんだなあと感じます。

    • 曲がりくねったパイプは、天然ガスのライン。あらゆるところで目にします。

    • 途中、石油を露天掘りしているところも。

      石油と天然ガスで潤っている国だということも、ひしひしと感じられます。

    • 撮影場所の地図

      1時間ほどで、拝火教寺院へ。

      もともと2世紀ごろから寺院が建っていたそうですが、これは18世紀にインドから来たパルシーが建てたもの。パルシーといえば、タタ財閥を思い出します。

      パルシー=ペルシャから来たゾロアスター教徒です。

    • 門をくぐって・・・

    • 燃えてますねえ。

    • 昔は天然のガスがそのまま燃えていたそうです。

    • 中心部には屋根がかけられた「永遠の火」。

    • 盛大に燃えています。近づくのが怖いくらい。

    • 見上げると… 煙突のようになっていますね。

    • 周囲はもとは僧侶が住んでいた部屋。今は博物館のようになっています。

    • 古い模様が刻まれた石板。

    • 当時の様子?

    • 馬やロバも一緒に生活していたのかな。

    • インドから来たパルシーにちなんでか、シバ神の影絵まで。

    • 拝火教の儀式の様子。

    • 写真もありました。

      僧侶は、清浄を示す白装束で、白いマスクをつけています。

    • イチオシ

      境内には古い寺院の発掘のあともありました。

    • 外には丸っこいタクシー。

    • 途中の公園で、老人たちがあつまってゲームをしていました。

    • 石油の露天掘り。

    • バクー近郊には、瀟洒な住宅地が続きます。

    • こちらは、ソ連時代のアパートかな。

      マルダキャン要塞の近くです。石油で潤う人々との対比を感じさせますね。

    • 撮影場所の地図

      マルダキャン要塞。

    • 1187年に建てられたのだとか。

      頑丈な石の要塞です。いつもは鍵がかかっていて、門番のおじいさんを呼びに行きました。

    • イチオシ

      その間、周囲を回ってみます。

    • 中に入ったら、足元注意。

      穴がいっぱいあいています。貯蔵庫につかわれていたのだとか。

    • 文字などが刻まれた石板もたくさん。

    • 塔の一階部分。とても天井が高く、かなり上に明かりとりの窓があいているだけです。

      壁の厚さは2メートルにもなるのだとか。

      実は、地下トンネルで外につながってもいたのだそう。

    • 塔の上に登る石段は、途中からしかなく、そこまでは仮設の階段。かつてははしごだったそう。

      頑張って登ります。石段の部分は真っ暗闇。懐中電灯で照らしながら。

      足場はかなり怪しく、石段の高さもまちまちで、かなり怖いです。

    • 途中の階は床が抜けているし。

    • それでも、塔の上からの眺めは清々しい。

      遠くにカスピ海が見えます。

    • 隣の塔とは、狼煙で通信していたのだそう。

      塔の上に白い鳩がいました。伝書鳩もいたのかなあ。

    • また、怖い階段を下りて・・・

    • 要塞の近くの街並み。ここにもガスパイプが縱橫に走っています。

    • ガスメーター。

    • しばらくバスで走って…

    • 撮影場所の地図

      ヤナル・ダグへ。

      燃える丘という意味ですが、で、たしかに燃えていますが。

    • 天然ガスが岩の間から染み出して、そこに火がついたものだそう。

    • イチオシ

      近くに寄ると、それなりに迫力があります。かなり熱い。

    • この周囲でも石油の露天掘り。

    • バクー市内に戻ってきました。

      裁判所の建物。

    • 撮影場所の地図

      乙女の塔の裏側。

    • 撮影場所の地図

      夕食は、旧市街のキャラバンサライ。

    • コーカサスを旅する間、たくさんの野菜、特に生野菜がでてきたのはうれしかったです。新鮮でおいしい。

      そしてチーズとパン。ワインにぴったりです。

    • イチオシ

      カスピ海といえばチョウザメ。

      残念ながら、キャビアにはアリつけませんでしたが、チョウザメのグリルです(写真奥)。ちょっと味噌漬けみたいにしてあって、なかなか美味しかったです。

      手前はじゃがいもです。

    • 食べ終えてでてきたら、すっかり夜。

    • 旧市街、お店がでていますね。

    • イチオシ

      乙女の塔と、その横に建つ豪華な建物。

    • 撮影場所の地図

      そして、炎をかたどったフレームタワーズ。

      月と一緒に。

    • イチオシ

      ライトアップの色が刻々と変わります。

    • アゼルバイジャンの国旗の色になりました。

    バクー人気旅行記ランキング45位(130件中)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    この旅行で利用したホテル

    バクー ホテル

    この旅行で行った観光スポット

    バクー 観光スポットランキング

    この旅行で利用したグルメスポット

    バクー グルメスポットランキング

    この旅行で利用した交通施設

    バクー 交通施設ランキング

    出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

    アゼルバイジャン旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら1,560円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

    Wi-Fiについてもっと見る

    フォートラベル GLOBAL WiFi

    このエリアのホテル

    バクー ホテル一覧へ

    この旅行記の地図

    拡大する


    ピックアップ特集

    閉じる