旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

カイロ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

カイロ人気旅行記ランキング197位(1158件中)

【201705_カタール&エジプト】ギザでピラミッド三昧 カイロでコシャリ三昧 カイロ編

関連タグ

    旅行時期 2017/05/05 - 2017/05/07 (2017/06/04投稿

    計画する度なんやかんやと問題が持ち上がり
    これまで幾度となく計画を流してきたエジプト・カイロ行き

    今回も早々と手配していた特典ビジネスクラスチケット(等)を
    今年に入ってからすべてキャンセルしないといけない事態に陥るなど

    また今回もダメかもな なんて一時は考えたものの
    なんとかかんとかその地を踏むことが出来ました

    最初の計画から時を経ること十数年
    やっと訪れることが出来たその街は 散々な前評判とは裏腹に

    五感をフルに楽しませてくれる
    なんとも刺激的な街なのでありました・・・


    カイロでコシャリ三昧 編

    写真 97枚

    交通手段 : 
    • 航空会社 :  カタール航空
    • 現地移動 :  鉄道 / タクシー / 徒歩
    エリア:
    エジプト > カイロ
    エリアの満足度:
    4.5
    • 5/5 旅3日目昼

      ピラミッド観光後
      http://4travel.jp/travelogue/11244415

      ギザのメトロ駅
      (ってタクのドライバーには伝えた筈が 実際にはカイロ大学駅だった)から

      地下鉄乗ってアンワル・アッ・サーダート駅

      地上に出れば
      そこは有名なタフリール広場


      今夜のお宿はここからゆっくり歩いても10分程度
      ラムセス通を北東に進んだ道沿い

    • 考古学博物館も至近の
      Wake UP ! Cairo Hostelを予約済み

    • 眺めの良いサロン

    • その窓からは
      ナイルの流れと6th of October Bridge

      その向こう側にはゲズィーラ島とカイロタワーを一望


      写真右の高層ビルはラムセスヒルトンで
      手前陸橋との間に広がるのが空港行きバスも発着するバスターミナルです

    • ひと休みしたら
      何よりもまずはエジプト考古学博物館へ

    • 現地では
      これが「クフ王の姿を伝える唯一の像」か!!なんて

      時間かけてじっくり眺めてきましたが
      改めて歩き方見直してみると・・・・・これ「セネブと家族の像」ですねw

      歩き方片手に見学した筈なのに
      なんだこの勘違いww

    • 続いてこちらは・・・
      どちらさんでしたっけ?

    • なんて素敵な棺でしょ!!なんつって

      正直なところ博物館って
      凄いものが揃い過ぎてるから 見てるうちに麻痺してくるんですよね


      ぶっちゃけ写真撮影禁止のツタンカーメンの黄金のマスクと
      別料金で入ったミイラ室の印象が強く残っている半面

      他はもう何がなんだか・・・

    • 博物館見物後に建屋の外出てみたところ
      まだまだ日があったので

      地下鉄乗ってアタバ Ataba 駅


      アタバ広場の脇に建つこのビル 焼けてません?

    • 広場からハーン・ハリーリ方面へと続く道・アズハル通りは
      露店に歩行者に まさかの車までもが入り混じり

      物凄い混雑振り こっちももう何がなんだか・・・

      あまりの混沌としたその雰囲気に
      ギザに逃げ帰りたくなりもしましたが

    • なんとかかんとかハーン・ハリーリエリア
      ムイッズ通りに到着

      おおっ!凄いなこの眺め

    • ガーマ・ホセインへ続く
      ホセイン広場もこの賑わい

    • いい加減歩き疲れたので
      有名なマクハー

      鏡カフェ・エルフィシャウィへ

    • シャーイでひと息

    • マッタリしすぎて
      カフェを出る頃にはすっかり日が暮れてしまったハーン・ハリーリ

    • イチオシ

      ランプ点灯
      雰囲気いいな

    • せっかくこの時間にここに居るんだからと
      ちょっと足を伸ばしてアズハル公園へも

      高台からは
      カイロ・イスラム地区を眼下に一望できると聞いてやってきたものの

      その眺めは案外大したことなかった

    • アズハル公園の丘を下ったら夕食探し

      どこにでもあるもんだと思いきや
      いざ探してみると案外見つからないもので

      フセイン広場手前のアズハル通り沿いにやっと1軒見つけたコシャリ屋で
      今日のコシャリはこんな感じの1杯

    • 食後はムイッズ通りを北上
      ライトアップされたスルタン・カラーウーンのマドラサ

    • フトゥーフ門を北へ抜けたら 城壁沿いを西進
      続いてゲーシュ通りを南下して最寄の地下鉄駅へ

      通り沿いでは点灯したファヌースを発見

    • バーブイル・シャーリア駅 Bab El Shaariaから
      3号線→アタバ乗り換え2号線で

    • 再びタフリール広場
      意外や意外 ムーディーなカイロの街の夜

    • 宿に戻り
      自室からナイル川方面の夜景を暫く眺めたら

      3日目終了
      布団に倒れこんだらあっという間に夢の国・・・zzz

    • 5/6 旅4日目

      お宿の朝食
      そうそう この位の量で十分

      これなら1日3食いけるかな

    • 食後は早速地下鉄に乗って

    • オールドカイロ地区
      マール・ギルギス駅 Mar Girgis へ


      駅の西側に出てみたら
      出ました!!いきなりこの回転ブランコ

    • 駅前マーケット

    • モナステルリ橋を渡ってローダ島へ

    • お目当てはこちら ナイロメーター

      ここでナイルの水位を測り
      来る次の洪水時期を予測していたんだそうな


      流域には同様の施設が多数存在

    • ここローダ島のそれは716年
      トゥールーン朝時代に造られたものだそうです・・・


      とかなんとか言いつつ実際のところ

    • ここに来ようと思った本当の理由は
      このナイルの流れを より身近に感じてみたいと思ったから

      なんと言っても
      エジプトはナイルの賜物ですからね

    • 来た道戻って地下鉄の線路を渡ったら
      そこはコプト教徒の多いエリア

      ムアッラカ教会

    • こちらは聖ジョージ教会

      正直この時期に
      このエリアを訪れることには迷いがありましたが


      ※旅の直前 4/9にコプト教会を狙った連続爆破テロがあり
       エジプトは6/4現在も非常事態宣言下

    • 意外に平穏な街の様子にひと安心
      聖ジョージ教会から見下ろすマール・ギルギス駅

      でも
      ライフル銃を肩に下げた警官だか兵士だかが 街の辻々で警戒中だったのも確か

    • 歩き方にある
      聖ジョージ教会脇の掘割とはこちら

      両側に続く本棚

    • ガーマ・アムルはアフリカで最初のイスラム寺院

      カイロ最大級といわれるモスクの
      その内部も見物したかったのですが

      礼拝の時間と重なってしまった・・・残念

    • 代わりに南に隣接する廃都・フスタートの散策へ

      最初スーク・フスタート脇のアイン・イッスィーラ通りを南下してみたものの 
      歩道脇に聳える高い壁に阻まれ遺構の有無すら確認ができず

      ガーマ・アムルのバスターミナルまで戻って
      その南側の公園を歩いてみたら視界が開けた・・・なんだこりゃ?

      ただの荒地ですね
      かつての街の遺構が見れるエリアはさほど広くない模様です

    • 気を取り直してイスラム地区へ

      決して歩けない距離ではないのですが
      暑さにやられてタクシー移動

      車窓に続く水道橋

    • ガーマ・イッサイイダ・ゼーナブの脇で下車したら
      その脇にあったこじゃれたカフェ風のこんな店で

    • はい 今日のコシャリ
      まめ少な目 フライドオニオン多めで

      この旅1番のコシャリはここのこの1杯に決定

      付け合せのカル(酢)もここのは香草入りで
      ちょっとしゃれおつ系

    • 店員の兄さんも陽気で気持ち良し

    • 満腹になったら道を渡るのが面倒になってしまい
      ガーマ・イッサイイダ・ゼーナブは外観眺めるだけで見学終了w

    • さあ次の目的地へ

    • はいやって来ました
      ガーマ・アフマド・イブン・トゥールーン

    • 通り沿いに見つけた入口から急ぎ入場したものの
      なんだかやけに規模が小さいような・・・そもそもあるはずの中庭がないんですが・・・・・?

      腑に落ちぬまま 勧められるままに(バクシーシは払ったけれど)
      ミナレット登ってみたら・・・

      ここイブン・トゥールーンの北に隣接する
      サルガトミシュのマドラサって場所だったようですw

    • イチオシ

      でも
      このミナレット上からのイスラム地区の眺めが絶景

      左にガーマ・スルタン・ハサン+ガーマ・リファーイー
      右の丘上にシタデルとガーマ・ムハンマド・アリ


      プラハが百塔の街って言われてるけど
      ここカイロのイスラム地区はそれ以上の百塔の街(百ミナレットの街)ですね

    • イチオシ

      気を取り直して
      ガーマ・アフマド・イブン・トゥールーン

      広大な中庭の向こうに建つ
      このモスク最大の特徴・螺旋状のミナレットと

    • 中庭を囲む巨大な回廊

    • 螺旋状のミナレットにも当然登って
      見下ろす前出・サルガトミシュのマドラサ

      いやーこっちも凄い眺めだな

    • 移動中 挨拶交わした仕事中のエジプシャン

      旅行者に対する当たりの強さでは
      よくインドと双璧に例えられるここエジプトですが

      幸い全くと言って良いほど不愉快な思いせず 
      旅を終えることが出来ました

    • 次の目的地は丘上のそこ
      イブン・トゥールーンからゆっくり歩いて30分

    • シタデル到着

    • 何はさて置き
      まずは街の景色を眺めに

      左のガーマ・スルタン・ハサンに右のガーマ・リファーイー

    • 丘から望む西方カイロ

      中央やや上にさっきまで居た
      ガーマ・アフマド・イブン・トゥールーン

    • そしてこちらは丘から望む北方カイロ
      ハーン・ハリーリ方面

      ヒマそうなカフェの店員が近付いてきて
      日本語を教えて欲しいって言うから あんな言葉やこんな言葉を30分レクチャー

      山本山はもう流行らんよ

    • 一応ガーマ・ムハンマド・アリの内部も見学

      カイロの他のモスクとは趣が違うなと思っていたら
      やっぱりここはイスタンブールのモスクを真似て造られたんだそうな

    • さて
      今日もハーン・ハリーリへ

      歩き方にちょっと興味魅かれる記述を見つけたので
      シタデル入口からタクシー捕まえ サラーフ・サーリム通りをそのまま北進

      記述にある歩道橋脇でタクシー下車したら

    • イチオシ

      歩道橋登って
      東側を望む おお!!

      ここが歩き方が言う死者の町
      中世からの墓地の中に 現代の人が住みついてしまった地域らしい

      遠く丘の上にはシタデルを守る城壁とガーマ・ムハンマド・アリの姿も

    • ハーン・ハリーリへ移動しながら振り返って
      死者の町とその向こう側にムカッタムの丘

    • そして今日もハーン・ハリーリ

    • 西日を浴びたガーマ・アズハル

    • アズハルの中庭はなにやら修復工事中

    • クルアーン唱える人々

    • 今日も鏡カフェでひと休みしてたら

    • 間もなく日没の時間

    • 今日もムイッズ通りを北上

    • 路地の先にミナレット

    • サビール・クッターブは
      上が学校 下は井戸

    • 空腹に
      ついシャワルマを買い食い

    • 勢いデザートにアイスクリームも
      後で首を傾ける売り子の兄ちゃんは茶目っ気たっぷり

      コレだけ街歩き回った後も
      やっぱり今日もエジプシャンに嫌な印象なし ひょっとしたら相性良いのかな

    • ガーマ・ハリーファ・イル・ハーキム

      見学後は昨夜と同じルートで宿まで戻り

    • 旅最後の晩を
      中東を旅した際の旅の恒例 シーシャで〆る 

      家にもこれあるんですけど最近は吸わなくなったな

    • 5/7 旅5日目

      カイロ滞在最終日
      宿の朝食はパスして

    • お宿至近のコシャリ有名店・アブー・ターレクへ

    • 朝からコシャリも悪くない

    • 食後は歩いてアタバ広場
      って えっ? ここ宿から歩けたんか!?

      カイロ初日 ハーン・ハリーリへ向かう際
      タフリール広場から2駅分地下鉄乗ったりしましたが

      むしろ歩いちゃったほうが良かったかも知れませんね

    • 道路上に高架が架かる様子といい
      まるで246的な眺めw

    • そしてムイッズ通り
      今日はアズハル通りの南側を歩く

    • 真知さんが修復し過ぎと酷評してたのはコレか?

    • ご立派・ズウェーラ門は
      かつてカイロの町の最南端を守った ファーティマ建築の傑作

    • 門の先(外側)にはカサバ・ラドワーン
      カイロには珍しい?屋根付きスーク

    • この界隈気に入った
      ムイッズ通りは北より南がいい

    • ムイッズ通りを北上
      昼間のスルタン・カラーウーンのマドラサ

    • ムイッズ通りの北の終点はフトゥーフ門
      左右を固める堅固な城壁とともに 1000年もの間 

      オールドカイロを見守ってきた

    • タクってラムセス駅
      恒例の中央駅見物は少々面倒

      警備に見つかるや ここで撮影した写真は全て消せと

      駅の外観写真撮るなら 囲いの外側から撮る事を勧めます

    • そう言う割に懲りておらず
      構内写真も少々

      しっかしエジプトの首都・カイロの中央駅としては この駅
      思いのほかこじんまりしてません?

    • さて 市内で過ごせる時間も残り僅か

      地下鉄で移動したら
      最後の観光はカイロタワーへ

    • タワーから望む
      こちら北方

    • こちらは東方・お宿方面

    • 南東方向には
      遠くイスラム地区を遠望 うっすらと丘上にシタデルが見えてるの

      判ります?

    • 南西方向

    • 南西方向拡大

    • イチオシ

      更に拡大

      そうそうコレが見たかった
      ギザの広大な市街地の向こう側に うっすらとピラミッド群の姿も

    • と そんな景色を眺めつつ
      ここではまさかのビールが飲めてしまうのです

      いやー
      カイロ 思っていた以上に良かったな

      次回は南部・ルクソールにアスワン方面を絡めて再訪したいな なんて
      この旅を振り返りながら小一時間・・・

    • おっといけない もう時間だ
      小走りで6th of October Bridgeを渡ったら

      急ぎ宿で荷物をピックアップ

    • 空港へは
      ローカルバスは諦めあっさりタクる


      渋滞に嵌まりつつも
      空港へは僅か30分で到着 なのにラウンジには入室できず

      持て余す時間

      それでも満足

    • しゅくらん カイロ
      また来るよ マアッサラーマ

      往復カタール航空搭乗記
      http://4travel.jp/travelogue/11244395



      おしまい

    カイロ人気旅行記ランキング197位(1158件中)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

    エジプト旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら1,760円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

    Wi-Fiについてもっと見る

    フォートラベル GLOBAL WiFi

    内容が近い旅行記

    このエリアの旅行記一覧へ

    このエリアのホテル

    カイロ ホテル一覧へ

    Daoudaさん

    Daoudaさん 写真

    海外43カ国渡航

    国内9都道府県訪問

    写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

    ピックアップ特集

    閉じる