旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

サンクトペテルブルク 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

サンクトペテルブルク人気旅行記ランキング378位(1202件中)

エルミタージュ見て、バレエ見て、遂にXXX!の旅(1日目~2日目)

関連タグ

    旅行時期 2017/04/27 - 2017/05/05 (2017/08/14投稿

    もう10数年、旅行先の候補として真っ先にあがるNYですが、GWに検討するとどうしても予算が高くついてしまい、いつも諦めてしまいます。
    しかも今年はトランプ政権になってしまい、なんとなく行く気がそれてしまいました。

    そんな時、テレビで『戦争と平和』のドラマをやっていて、ロシアの街並に妙に惹かれ、GW旅行の検討を始めました。
    また、エルミタージュ美術館に行くことも、メトロポリタン美術館と並んで生涯で行ってみたい美術館のひとつだったので、この事も大きな要因でした。

    ロシアはビザが必要だったり、治安が心配だったり、私の中では非常にハードルの高い国でしたが、なんとか無事に帰ってこれたので、遅くなりましたがその情報を少しでも残しておきたいと思います。

    写真 50枚

    交通手段 : 
    • 航空会社 :  エミレーツ航空
    • 現地移動 :  鉄道 / 高速・路線バス / 観光バス / 船 / 徒歩
    エリア:
    ロシア > サンクトペテルブルク
    エリアの満足度:
    4.0
    • いつも通り成田空港までは水戸大洗ICから高速バスです。

      今回は成田22:00発の夜便だったため、午前中は仕事をし、15:15発の高速バスに乗りました。

    • 途中は太平洋側を通ります。

      先日も成田に行きましたが、その時は海側を通らず、別ルートでしたので、日や時間によって成田空港ルートは通るルートが変わるようです。

    • 成田→サンクトペテルブルクまでの航空会社ですが、この時期はサンクトペテルブルクへの直行便は無いため、迷った結果、エミレーツ航空でドバイ乗り継ぎにしました。

      理由としては、値段と航空会社のイメージです。
      中東系の航空会社は評判が良いので、一度乗って見たかったんですよね。
      ちなみにエミレーツは2017年ベストエアラインだそうです。

      値段は早め(2016/12月)に買ったせいか、成田⇔ドバイ⇔サンクトペテルブルクでGWにも関わらず88,970円でした。

      確かに一般的に直行便より乗り継ぎがあった方が安いですが、回数で言うと、4回分も国際線に乗って88,970円って航空運賃ってどうなっているんだろうって思います。

      乗り継ぎ地も個人的にちょっぴり縁があったドバイだったので、選んだ要因のひとつです。
      アラブは観光のメインでは行きたいとは思いませんが、1日ぐらいであれば寄ってい見たい国です。

      ただ、私の場合一人で飛行機の乗り継ぎをした事がないので、今回個人での乗り継ぎも初チャレンジとなりました。

    • 17時過ぎに成田の第2ターミナルに到着。

      取り敢えず、トランクを預けたいと思い、エミレーツ航空のカウンターを探すも見つかりません。
      1往復しても見つからないのでインフォメーションで聞いてみると、22時発のため、4時間前の18時からしかカウンターがオープンしないとのことでした。

      仕方がないので、ルーブルを換金後(レート1RUB=2.45YEN)、重いトランクを抱えたまま、4階のラウンジを目指しました。
      今日はお昼をほとんど食べてないため、ラウンジでちょっとした軽食があればそれにありつこうと思ったからです。

      実は今回の旅行で、非常に楽しみにしている事がありました。
      乗り継ぎ時間の苦痛を軽減すべく、プライオリティパスを入手したので、各空港でラウンジを使い倒すという事です。

      プライオリティパスは楽天のプラチナカード(年間費1万円)に入会し、入手しました。
      ◆楽天プレミアムカード
      https://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-premium-card/?l-id=corp_oo_cchoice_detail_pre_pc

      今までクレジットカードは年間費無料のものだけを使用してきましたが、楽天カードのプラチナカードでは、この年間費でプライオリティパスのプレステージ会員(年間費399ドル)がなんと無料で発行できるのです!!!
      今回、成田→ドバイ→サンクトペテルブルク→ドバイと計4回ラウンジを使えれば、十分元が取れる計算です。

      前回のハルビン旅行では、使える場面が全く無かったため、今回成田で初使用となりました。

      成田の第2ターミナルでは出国前に2か所ほど使える場所がありましたが、こちらはラウンジIASSです。
      入った瞬間、うーんって感じでした。正直言って羽田よりもショボい。。。
      軽食はなく、飲み物だけ。。。

      もしかしてもう1か所のTEIラウンジの方が良いのかな?と思って、重いトランクをガラガラさせて、反対側にあるTEIラウンジの方に向かいました。

    • 第2ターミナルは久しぶりなのでお店の並びとか確認しつつ、TEIラウンジを目指しました。

    • しかし、こっちのラウンジはもっとショボかった!!!(涙)

      プライオリティパスに過度の期待をしすぎていたのでしょうか?
      こちらでも飲み物1杯ですませ、時間も来たのでそそくさとカウンターに荷物を預けに行きました。

    • PM19:01
      ラウンジでお腹が満たせなかったため、結局レストランで小腹を満たしてから、南ウィングから出発です。

      そうそう、今回の旅でもうひとつ楽しみにしている事がありました。
      実は自動化ゲートの登録を済ませてあったので、そちらで出国するということです。
      ◆自動化ゲート
      http://www.immi-moj.go.jp/ttp2/index.html

      ただ、この時は出国するのにそんなに列ができていなかったので、それほど威力は発揮しなかったのですが、自動化ゲートには誰も並んでいなかったので、すぐ出国できました。

      と、言っても、パスポートを裏表逆に置いてしまって、係員さんに手伝ってもらっての出国となりましたが(^^;
      ※最初はちゃんとした方向に置いたんですが、反応しなかったんです!←言い訳

      こちらは羽田空港の国際線でも手続き可能なので、仕事で羽田を使う方は前もって登録をお勧めします。

    • 出発ゲートは66番でした。
      まずは66番ゲートまで歩いてみて、どのぐらい時間がかかるか確認しました。

    • 成田も広い空港なので、ゲートによっては結構時間がかかります。
      旅慣れた方はこんな事をしないとは思いますが、私の場合、心配性なので必ず自分の足で歩いて確認しています。

      確認後は免税店を少しブラブラとしました。
      今はネットで何もかも買えるので、免税店のありがたみが少し減っているような気がします。
      物によっては免税後の値段より、もっと安い値段で売ってたりしますからね。

    • 66番ゲートより少し離れた場所ですが、このような椅子があったのでここでしばし休憩をしました。
      時間も早かったので、ガラガラです。

      ラウンジ、出国してから利用できるとありがたいんだけどなあ~。

    • そうこうしているうちに、エミレーツの飛行機がやってきました。
      テンションが上がります!!!

    • 出発時刻直前になると、最初見た光景が嘘のように人が集まってきました。

    • 定刻通りに搭乗開始が始まり、いよいよ出発です。

    • エミレーツの美人スチュワーデスさん♪
      私が一番綺麗と思われる方に写真を撮らせていただきました。

    • こちらはエミレーツ航空が誇るiceです。
      ◆ice
      https://www.emirates.com/jp/japanese/experience/inflight-entertainment/

      今回は夜便なので、いつもより映画を見ることができませんでした(><)
      それでも頑張ってみた映画が以下です。

      ◆パッセンジャー ★★★★
      宇宙船という閉鎖的な空間で繰り広げられる話なのですが、思ったより面白かったです。
      ◆ファンタスティック・ビースト ★★★★ 
      エディが好きなので見ました。ハリポタとは全然別物です。アリソン・スドルとダン・フォグラーの絡みが良かったです。
      ◆ラ・ラ・ランド  ★★? 
      評価するのもどうかと思うぐらい最初の方で寝ちゃいました。。。すいません。帰りも挑戦したんだけど、2回とも寝ちゃいました。

    • 今回、いろいろ楽しみにしている事はありましたが、エミレーツ航空の機内食もその一つでした。

      実はエミレーツ航空の機内食はエコノミーでも特別食が選択できて、その選択範囲がこんなにあるんです!
      せっかくなので、行きは低カロリー食、普通食、帰りはヒンドゥー教食、ベジタリアン食を選択しました。

      座席は去年と同様、後ろの座席を取ったので食事が配られるのは1番最後ですが、特別食を選択すれば、一番先に配膳されるので、一石二鳥です。

    • 23:08 最初の機内食(夕食)が配られました。
      夜遅いとわかっていたので、低カロリー食にしたのですが、これがちょっと失敗。。。

      だって、デザートがバナナなんですもん!ちょっと寂しいです。
      隣近所の人のデザートがとても美味しそうに見えました。
      味もかなり薄めで、これはちょっと選んで失敗でした。

    • こちらは朝食です。
      可もなく、不可もなく。。。という感じです。

    • 食事のご紹介の後でなんですが、トイレのご紹介です。
      トイレも今まで乗った飛行機の中では一番おしゃれだったので。。。

    • さて、そうこうしているうちに、ドバイに到着しました。
      初乗り継ぎです。ちゃんとできるでしょうか?

      取り敢えず遅れずついて行こうと思ったので、撮った写真もブレブレです。

    • まず、次に乗る飛行機のターミナルとゲートの確認をします。
      サンクトペテルブルク行きはCコンコースの42ゲートのようです。

      エミレーツ航空は、トランジット時間が6時間以上ある場合はミールクーポンをもらえるという事前情報を得ていたので、カウンターに行ってみましたが、今はやっていないようで、もらえませんでした。

    • 乗り継ぎがちゃんとできるかすごく心配でしたが、口コミ通り、
      大勢の人が進む方向についていったらちゃんと出来ました(笑)

      ドバイは乗り継ぎするのに受託手荷物は受け取らなくても良いですが、手荷物検査があります。
      朝早いのに、結構な人が並んでいました。

    • 行きの手荷物検査はなんとかスムーズに終わりました。

      次にこのような階段を上って、出発口に向かいます。
      ここからCゲートまでは30分と書いてありますが。。。?!

    • 階段を上ると、ドバイっぽいお店が見えて、テンションがあがりました。
      初アラブです~。

    • さて、私の乗っていた飛行機はコンコースAに到着し、ドバイ→サンクトペテルブルク行きはコンコースCですので、まずは電車で移動する必要がありました。

      ※画像はJALのHPより借用
      https://www.jal.co.jp/inter/airport/dxb/transit/

    • 04:51
      04:15ドバイ着ですので、寄り道せずに頑張ってここまで35分ぐらいかかっています。
      慣れていたらもう少し早いとは思いますが、それでも短い乗り継ぎ時間の場合はかなりきついと思います。

    • 電車を降りて、ひたすらC42に向かいます。

      お土産屋さんはコンコースAの方がたくさんありましたので、時間に余裕がある方はコンコースAを見てからの移動でも良いと思います。

      わたしも6時間あったので時間的には余裕があったのですが、心の余裕が全くなかったので(笑)、ひたすらゲート確認に向かいます。

    • C42に向かってひたすら歩きます。
      なんかどんどん寂しくなっていきます。

    • 人気が少しづつ減っていき。。。

    • C42に着くころは全く人がいませんでした。

    • やーっと、C42に到着。

      飛行機を降りてからここに到着するまで50分ほどかかりました。
      しかも、手荷物検査がまだスムーズだったのでこの時間で済んだのだと思います。

      ドバイの乗り継ぎ、結構多めにとっておかないと乗り遅れそうです。
      エミレーツは時間に厳しいそうで、45分前にはこのエリアにいないと乗せてもらえないと聞いていましたので、乗り遅れないように気を付けました。

      取り敢えず場所を確認して、移動時間も掴んだので、華やかなエリアに戻ります。

    • 両脇にヤシの木があり、ドバイらしい遊歩道です。圧倒されます。

    • 目的はこのマルハバラウンジです。
      ここのラウンジを利用したくてプライオリティパスを取得したようなものです。

    • 成田と違って軽食がたくさんあります。デザートもあります。
      ここにはありませんが、デーツとかもありました♪

    • といっても食べ過ぎては大変なので、選んだ食事がこちら。
      ものすご~くというわけではないですが、全部美味しかったです。

      ここを利用できたので、6時間というトランジット時間もあっという間でした。
      プライオリティパス取って良かった♪

    • まだ朝早かったのでそれほど人もいませんでしたが、ここを出発する頃には激混でした。

    • 出発1時間前にはC42に戻り、バスで移動してサンクトぺテルブルク行きの機体に乗り込みました。

      実はこの飛行機にバスで移動した時に、機体の準備がまだ終わっていなくて、バスの中に15分ほど閉じ込められるという小さなトラブルが発生しました。
      ドバイの暑さのせいなのか、冷房がついていないせいなのか、バスの中は蒸し風呂状態でした。しかもドアも窓も開きません。

      中にはイライラして、窓を叩いてまだかとアピールするおじさんもいました。
      なので、乗り込む人の肌が異様に赤くなっているのがわかると思います。

    • ドバイ空港の外観です。

      実は数日前、エミレーツ航空からこのドバイ→サンクトぺテルブルクをビジネスクラスにしないかというオファーがきました。

      Dear XXXXX,

      Thanks for choosing to fly Emirates from Dubai to St. Petersburg on 28/04/2017 (booking reference BYDVFW). We hope you enjoy your flight and wanted to let you know that for the special price of JPY 65470.2 per person, you can upgrade to Business Class and get more from your journey. Travelling in Emirates Business Class means you can stretch out and relax in comfort on board, experience a seamless journey from start to finish, and arrive in St. Petersburg inspired.

      最初は成田→ドバイ間のオファーだと思い、小躍りして喜んでいたら、ドバイ→サンクトぺテルブルクだけでした。
      そうですよねA380のビジネスがこんなに安いはずはありません(涙)
      A380のビジネス乗ってみたいなあ~~~。

      ちなみにドバイ→サンクトぺテルブルクの機体はちょっと古く、私の席はiceも壊れていて全く見ることができませんでした!(><)
      ビジネスにしなくて良かった。

    • この便は普通食にしました。

      良かったのはこのパンが個別包装であったこと。
      もちろんモテグッズとして食べずに持ち帰りましたよ(笑)

    • 約5時間のフライトを終え、いよいよロシア入国です。
      この旅で一番緊張する瞬間が訪れました。

      実はロシアのVISAを取得するにあたって、いろいろ情報が錯綜しており、地球の歩き方を見ると、最新版でも現地のバウチャーが必要と書いてありました。
      要は現地での宿泊証明です。

      しかし、一方ではバウチャーは必要ないとの情報も得ました。
      ◆ロシアビザセンター
      http://visa.d2.r-cms.jp/?gclid=CjwKEAjw8b_MBRDcz5-03eP8ykISJACiRO5ZehNCUU2LeGdXk964Kv37kktCnLC5TzQ55gUMyWke5BoCWMfw_wcB

      個人でビザを取る気も無かったので、上記のロシアビザセンターを信用し、無事VISAを取る事ができました。
      パスポートを送るのは少し抵抗がありましたが、そこは仕方がありませんね。

      過去にロシアVISAを取ったことのある方の話では以前は紙が挟まれているだけだったみたいですが、今回はシールでパスポートに直接貼ってありました。

      VISAは1か月ですので、出発日から1か月取る事をお勧めします。
      私の場合、出発日の少し前から1か月にしましたが、良く考えると帰国が延びる可能性はあっても、出国が早まる可能性はありませんから、出発日からの開始で十分でした。

      緊張しつつも入国審査に向かいます。
      審査員は2人いて、これまでにないほどに入念にパスポートを審査されました。
      きっと、偽造などが後に絶たないのでしょうね。
      パスポートが壊れるのではと思うぐらい、ページをめくったり、透かしを確認していました。

      そして、ようやくOKが貰えたときの私の気持ちは、両手を広げてヒーローズのドラマのように『ヤッター!』と叫びたいぐらい嬉しかったです。

    • さて、ここまでなんとか順調に予定をこなしていた私ですが、ここでハプニングが起きました。
      バゲッジトレーンから出てきた私のスーツケースの取手が見事に壊れていたのです!
      スーツケースの脇には申し訳なさそうにこの壊れた取手が添えられていました。
      この時、私の脳裏にはロシアの空港でスーツケースを投げ飛ばす職員のTV映像がフラッシュバックされていました。
      そういえば、ロシアってそんな国だってテレビで言っていたような気がします。。。

      一昨年ウィーンでも取手が壊れましたが、このスーツケースは主人の方のスーツケースなので別物です。

      仕方が無いので、途中このような紐をつけてスーツケースを引っ張れるようにしました(涙)

    • スーツケースを手で押しながら、次のミッションはこの空港でサンクトべテルブルクカードを受領する事でした。
      こちらのカードについての詳しい説明は後でしますが、TAXIの手配よりも先にこのカードを受領する方を優先してしまったのですが、結果これが失敗しました。

      到着口から一歩出ると、如何にも怪しいタクシーの客引きのおじさんがいっぱいいましたが、取り敢えず無視をしてサンクトペテルブルクカードを受領できるインフォメーションを探しました。

      事前にグーグルマップでインフォメーションの場所を確認していたつもりですが、結局別のインフォメーションで聞いて、サンクトペテルブルクカードを受け取ることができました。

      その後、TAXIを拾う予定だったのですが、どうやら出口の最後にあった案内所が公的な案内所で、そこは一度出たら戻れないと書いてあるエリアでした。
      もしかして交渉すればそこに戻る事もできたと思うのですが、スーツケースの事もあり、一刻も早くホテルに着きたい私はどうみても怪しいTAXIを使う事にしました。一応おじさん達はパブリックと書いた名札を下げております。

      本来、公的な案内所でTAXIを予約できたら、この値段で済むはずでした。
      私の行きたいエリアは1350ルーブル=3300円とあります。
      ◆タクシー料金
      http://www.pulkovoairport.ru/en/transport/taxi/

      しかし、自称パブリックの運転手のおじさんが最初に言った金額はなんと50ユーロ=6500円でした。案の定、ぼっています!!!
      いくら何でも高いと思って渋っていると、幾らだったらいいの?と聞いてきたので、ちょっと色をつけてあげて1500ルーブルと答えると、向こうは2500ルーブルと言ってきました(==;)
      やっぱり高いと思っていると、2000ルーブルと言ってきたので、仕方が無く手を打つこととしました。
      もう壊れたスーツケースを持って、右往左往したくなかったからです。

    • ホテルの住所を運転手さんに見せて、しばし街並みを眺めながらすこしぼーっとしました。
      とは言っても完全に油断はできないので途中、Maps.MEでどこを走っているかは確認しましたよ。

    • 途中、このようなロシア正教の教会や、事前に調べていた駅の名前を発見したりして、少し凹んでいたテンションが上がってきました。

    • ホテルに到着し、チェックインです。
      前回ハルビンでは痛い目にあったので、かなり緊張しながらのチェックインでしたが、すんなりチェックインできました。

      今回旅行するにあたって初めて知ったのですが、ロシアでは旅行者がロシアに滞在する時には滞在登録(レジストレーション)を行う義務があります。
      このホテルでは滞在登録(レジストレーション)が別途かかると聞いていたので、カードを用意しましたが、料金はどうやらチェックアウト時で良いようでした。
      VISAと言い、滞在登録といい、ロシア旅行はちょっと面倒が多いですね。

      今回のお宿は下記のホテルです。
      ◆Helvetia Deluxe Hotel(★★★★)
      https://helvetiahotel.ru/en
      11 Marata Street, St. Petersburg, 191025 ロシア
      電話 : 7-812-326 53 53

      選んだ理由としてはお部屋が私好みのクラシックであることと、もちろん朝食が美味しそうだったからです。

      全部で6泊しましたが、非常に快適にすごす事ができました。
      何よりも私はこのホテルの雰囲気がすごく好きだったので、このホテルにして本当に良かったです。

    • 洗面所も素敵で、大満足です。

    • 窓からの眺めは良くはありませんでしが、街中なので仕方がありませんね。

    • 部屋で少し休んだ後はホテルの周りを少し探索しました。

      ホテル近くにウラジーミルの生神女大聖堂があったので、まずはこちらを見に行きましたが、こちらは修復中のようでした。

      また、方向は違いますが、ホテル近くにスーパーもありましたので、そこでジュースを調達しました。

    • 長旅で疲れているだろうと思ったので、この日の夕飯はこちらのホテルで取ろうと旅行前から決めていました。

      ヘルヴィツィアホテルにはレストランが2つ併設されており、メニューもHPに載っていたので、事前に和訳して持っていきました。
      ◆クラレット
      https://helvetiahotel.ru/en/restaurants/restoran_klaret

      レストランに入り、緊張しながら、一生懸命練習したロシア語で
      『Я одна,Можно?(一人だけど良いですか?)』と尋ねたのですが、
      店員さんいはわかってもらえないようでした(>o<)

      でも、和訳したメニューを見せながらなんとか注文し、
      ベタですが、この日の夕飯はボルシチと。。。

    • 白いビーフストロガノフにしました。

      どちらもすごく美味しかったので、お勧めです。
      特にボルシチについていたネギを何かの脂で巻いた添え物が美味しかったです。

    サンクトペテルブルク人気旅行記ランキング378位(1202件中)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

    ロシア旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら780円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

    Wi-Fiについてもっと見る

    フォートラベル GLOBAL WiFi

    内容が近い旅行記

    このエリアの旅行記一覧へ

    このエリアのホテル

    サンクトペテルブルク ホテル一覧へ


    ピックアップ特集

    閉じる