旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

バンコク 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

バンコク人気旅行記ランキング560位(15877件中)

今年2度目のバンコク里帰り Part 4 - チャオプラヤー川巡り

関連タグ

    旅行時期 2015/07/20 - 2015/07/29 (2017/04/23投稿

    日本で入籍を終え、ワイフの本国でも入籍手続きをする。って言う体で休暇を頂戴しタイに飛びます!

    ワイフ実家の皆さまも気を使って頂き、観光的な所とかに連れて行ってくれたりしましたが、基本的に里帰りなのであまり旅行記としては面白くない部類になっちゃうかも…。そこは何卒ご容赦を(笑)

    【日程表】
    7月20日
     成田→伊丹→関空を移動
    7月21日
     関空→バンコクを移動
    7月22日
     結婚式場の見学
    7月23日
     バンコク町ブラ
    7月24日
     バンコク町ブラ ←イマココ★
    7月25日
     アンパワー水上マーケット
     ナコンパトム夜市
    7月26日
     バンコク町ブラ
    7月27日
     バンコク町ブラ
    7月28日
     バンコク町ブラ
    7月29日
     バンコク→羽田を移動

    こうやって見ると完全に町ブラしかしてない(笑)
    まぁその分ゆっくりとした時間を満喫していたって言う事で。見れば見るほど「旅行記」と言うより里帰りの日記にしかならん自分の備忘録で傍から見たら面白くない内容になりそうですね…。
    まぁいいや、さぁ行ってみよう!

    写真 34枚

    交通手段 : 
    • 航空会社 :  JAL
    • 現地移動 :  鉄道 / 船 / タクシー / 飛行機
    エリア:
    タイ > バンコク
    エリアの満足度:
    4.0
    • 撮影場所の地図

      以前来た時は当時小学生の義弟と高級タイ料理に出かけたので、今回は結婚の手続きで色々と尽力頂いた義従妹と一緒にランチをしに市内に出かけます。

      タイはタクシーが安くていいですね!
      と、言うより日本のタクシーが高すぎる気がしますが…。
      酷暑のバンコク市内を炎天下長時間歩くのは辛いですけどね。

    • イチオシ

      撮影場所の地図

      モーチット駅からサイアム駅経由でサパーンタクシン駅までやってきました。
      サパーンタクシン駅はチャオプラヤー川アクセスの要所であると共に、対岸にある高級ホテルへのアクセス地点。

      ちなみにこの半月後にサトーン船着き場にて爆弾テロがありましたね。
      痛ましい限りです。その国が気に食わないなら来なきゃいいのに。

      船着き場で待っていると我々の乗る船がやってきました。
      船までタイ建築様式を取り入れているオシャンティーな船ですね。

    • 撮影場所の地図

      船の乗って対岸に渡ります。
      チャオプラヤー川には水上暴走車両とも言えるタイ風スピードボートが停泊していますね。
      この船のエンジンはトラック等の大型エンジンを船に移載したパワフルな物。到底小型船舶に着けるシロモノではないのでとんでもないスピードが出ます。
      船首にある飾りはピー(精霊/お化け)に対してのお供え。
      タイでは船首にはピーが宿ると信じられているので、ここに飾るんですね。

    • ホテル専用の渡し船(と言っても今回は対岸に渡るのではなく、同じ東岸の少し上流ですが…)で向かうはマンダリンオリエンタルホテルです。

    • 撮影場所の地図

      船が到着したのはマンダリンオリエンタルの専用船着き場。
      さすが他の一般船着き場とは一味違った小奇麗な錆だらけでない船着き場。

    • 撮影場所の地図

      今日のランチはマンダリンオリエンタルにあるタイレストラン、『サラ・リン・ナーム』のビュッフェ。
      平日ならTHB790/人、週末ならTHB980人なので高級レストランである事を考えるとリーズナブルなのではないでしょうか。

    • 撮影場所の地図

      いつも食べるタイ料理は気軽な食べ物ってイメージですが、サーヴィエットがマンダリンオリエンタルのロゴの形になった状態で出現しかしこまった感じ。少し緊張してしまいます(笑)

    • 撮影場所の地図

      重厚なタイ風のインテリアにビュッフェの料理が並びます。
      タイカレー各種、タイ風サラダ各種、揚げ物各種…あれこれとすごい種類の料理がずらり!

    • 撮影場所の地図

      貧乏性な私は全種類食べてみたいので。あれをちょこっと、これをちょこっと、それもちょこっと…。
      でもこんなにズラリと並んでいると胃袋と慎重に相談しながらですね!

    • 撮影場所の地図

      こちらは揚げ物コーナー。
      スカスカなプレートがあるのは補充がおざなりになっているからではありません。
      海老の揚げ物が並んでいたプレートなんですけど、係の方が補充した横から某国語を大声で話している方々が片っ端からかっさらって行かれたから。
      残念ながら当地では当該国の方々の評判は芳しくありません。
      なんだかなぁ…。

    • イチオシ

      撮影場所の地図

      元祖はマレー料理だそうですが、サテーはタイでも大人気な料理。
      ベトナムの方が有名ですが、タイでも生春巻きを結構食べます。
      海老しんじょ揚げ、タピオカ?タロイモ?の蒸した物、海老フライ…どれをとってもおいしい!

    • 撮影場所の地図

      野菜料理も補充しましょう!
      タケノコ和えサラダ、スプノマーイ大好き!
      ヤムトゥアプーは日本であまり見かけない野菜四角豆を使ったサラダ。
      豚の首の肉を焼いた物を和えたサラダ、ヤムコムヤーン…。

      タイ料理って野菜を多用するけど、ココナッツミルクを使ったり、野菜だけではなく肉と一緒だったりなので結構高カロリーなんですよね。
      毎度太って帰国します。

    • 撮影場所の地図

      そしてタイ料理には欠かせないグリーンカレーやマッサマンカレーを筆頭にした各種カレー…。もうお腹いっぱいでございます。

    • 撮影場所の地図

      ワイフはココナツミルク系のタイスイーツでデザート。
      私はフルーツを頂戴しましょう。

      高級ホテルのカオニャオマムアン(マンゴーの甘いモチ米添え)はいかがでしょうか?
      市内の屋台ではTHB50前後で買えてしまうセットと似たような味でした(笑)

    • 撮影場所の地図

      ちなみにこちらのビュッフェはディナーですとタイ舞踊のショーが20:30から開催されております。
      でもその分お値段はあがり、おひとり様THB2000位だったハズ…。

    • 撮影場所の地図

      お腹いっぱいになったので、そろそろお暇致しましょう。

      基本的にタイ料理のクオリティーとしては高いと思います。
      しかし、外資系高級ホテル内と言う立地からか、少し外国人の好みに合わせているかな?と言う気がしなくもないです。
      例えば辛さが抑えられていたり、パラー等臭いがきつい発酵系調味料は使われていなかったり。

      美味しい本場のタイ料理が食べたい!でも口に合わなかったらどうしよう…とお悩みの方にはオススメです。
      逆にガッツリ地元の人の食べるタイ料理が食べたい!って方には不向きかもですね。

    • 撮影場所の地図

      腹ごなし程度に少しガーデンを散策しながら専属ふ頭に向かいます。
      本当にあのバンコク市内なのか?と思うほど落ち着いた静かな時間が流れていますが、酷暑から滴る汗でやはりここがバンコクである事を実感。

    • イチオシ

      行き交う船の合間を縫って再び渡し船に乗り込みます。
      右にちょこっとだけ見える建物がマンダリンオリエンタルホテル。
      中央に見える古い建物が旧税関舎屋です。
      チャオプラヤー川の河口はここより40kmほど下流にあるのですが、ここに税関があると言う事は当時の大型船舶もここまで遡り荷揚げをしていたのでしょうね。
      さすがは東南アジア随一の大河です。

    • 前の写真の旧税関舎屋とマンダリンオリエンタルホテルの間にあるのがフランス大使館です。
      タイでは伝統的に結婚式の際には新郎の家から新婦の家までみんなで行列を成し練り歩き、新婦を迎えに行く、と言う風習があります。
      以前、フランス人の方とタイ人の女性がフランス大使館対岸にあるペニンシュラホテルで結婚式を挙げた際、新郎がフランス大使館からペニンシュラホテルまで船で渡って、その風習を再現したそうです。

      ロマンチックだなぁと思いますが、残念ながらバンコクの日本大使館は河川のない内陸部ルンピニ地区なのでできません(笑)

    • 撮影場所の地図

      ご覧の通り、バンコク市内のチャオプラヤー川は水上交通に一躍買っております。
      その昔バンコクのメイン空港がスワンナプーム空港に移設する前のドンムアン空港だった時、あまりにも渋滞が酷く船で北上した方が早く着く、と言われたほど。

    • 船に乗って北上してみましょう。
      市バスと同じくステンレスの筒状のチケット売りをもったオバちゃんがカシャカシャ音を立てながら切符を販売して回ります。
      船も何種類かあり、各駅、快速、準急、特急、観光みたいに分かれており、それに伴い値段も違います。
      我々が乗ったのは確かサトーンからターチャンまででTHB20。安ッ!

    • 撮影場所の地図

      プラーポックラオ橋をくぐり少し上流に行くと左舷にウィチャイプラシット砦が見えてきます。
      今ではタイ海軍の司令部の一部が置かれている施設ですが、1688年建設当初はタイ国防の要、タイランド湾から上流にあるアユタヤ(当時のシャム国の首都)への軍事侵攻を阻止する役割を担っておりました。

      船のマストの様な形の塔が立っているからすぐ解ります。

    • 撮影場所の地図

      そしてタイ観光でおなじみのワットアルン(暁の寺)も見えてきました。残念ながら改修工事中で足場が組まれてしまったのでよく見えません。
      ちなみにこの旅行記は2015年の物ですが、2017年4月現在、未だに改修工事中で足場が組まれております。さすがタイ。

    • 撮影場所の地図

      ワットアルンをさらに上流に進んだターチャンで乗ってきた船、チャオプラヤーエクスプレスを下船します。
      ここまで約20分ちょっとかな?市内の入り組んで渋滞しまくった道を通っていたらもっと時間かかったでしょう。
      あちらの船は各駅停車かな?そうだったら多分THB10くらいだったはず。乗船券30円って…。

    • 撮影場所の地図

      特に目的地がある訳ではないみたいなのですが、取りあえずワイフと義従妹についていきましょう。
      ターチャン船着き場は東岸、西岸に渡りたいみたいなので、渡し船に乗り換えます。

    • 撮影場所の地図

      渡し船はTHB3。驚愕の10円未満の船旅でございます。
      ちなみに僧侶は無料です。10円未満以前の問題です。
      すげぇな…北総鉄道なんてぼったくりもいい所なのに見習ってくれよ…。

    • 撮影場所の地図

      ターチャンから対岸のワンラン船着き場についたらそこら一帯はワンラン市場が広がっております。
      狭く入り組んでいてお菓子屋ら衣類やらあれやこれや色々と売られているけれども観光客向けではないかな?
      別に治安がどうとかではなく、単に観光客が楽しめる要素が薄いってだけの話しです。

    • 撮影場所の地図

      でもバンコクから南部や西部へ向かう鉄道に便利なトンブリー駅のすぐ近くなので、車内で食べるお菓子を買いためるにはちょうどいいかも知れませんね。

      我々はワイフの好物であるマカロン専門店があったのでこちらでいくつか購入。
      びっくりするくらいの種類があり、お味も結構イケているのでお近くにお立ち寄りの際には是非。

    • 撮影場所の地図

      既に崩御されてしまいましたが、当時国民から絶大な人気を誇っていたラーマ9世、プミポン・アドゥンラヤデート国王陛下が入院されていたシリラート病院もすぐ近くにございます。
      陛下はシリラート病院の最上階(1フロア丸ごと陛下専用に改修されたそうです)から毎日バンコク市内を見渡されて、「今日も国民は幸せだろうか」と案じられたそうです。

      観光客的には死体博物館の名前で知られる法医学博物館や解剖学博物館も併設されています。

    • イチオシ

      撮影場所の地図

      西岸のワンランから再び船に乗って東岸のタープラチャン船着場へ戻ってまいりました。
      ここから南に行くとワットポーやワットプラケオ、東に向かうとタイ最高学府のチュラロンコーン大学に次ぐ学府タマサート大学に通じます。
      ちなみにタマサート大学の向かいには僧侶用仏教大学のマハーチュラロンコーンラジャウィッタラーヤ大学もあります。名前にチュラロンコーンと入っていますが、先述のチュラロンコーン大学とは無関係(笑)

    • 撮影場所の地図

      以前クレイジージャーニーでタイの食虫文化について触れていましたが、この辺りの市場でも食用昆虫が売られていました。
      カンボジアに行った時はタランチュラの素揚げ等、かないりハードコアな物が売られていましたが、こちらはさなぎやコオロギ、バッタ等のソフトな物。これくらいならイケますね。

    • 撮影場所の地図

      トゥクトゥクでフワランポーン駅(日本で言う東京駅)まで行き、そこから地下鉄で家の最寄り駅まで帰ります。
      本当はフワランポーン駅でタイ名物の午後6時、時が止まるバンコクを見たかったのですが、微妙に時間が合わずさっさと帰宅する事になりました。私に発言権はございません(苦笑)

      パホンヨーティンまで戻ってきましたが、完全に帰宅ラッシュにつかまりました。

    • 撮影場所の地図

      バンコク最大の悪夢であるラッシュ渋滞地獄の中でも最悪レベルの物をこの時体験。

      写真の撮影時刻から時間を逆算した所、この時の道路は確か700m/h。
      はい、0の数の打ち間違いでもkmの間違いでもありません。
      時速700メートルでした。
      やってられないので今日も自宅まで炎天下1時間ほど徒歩で帰宅。

    • 義実家近くの屋台でパッタイを購入。
      毎度思うのがタイの屋台文化のすばらしさ。
      日付が変わるような時間でも多くの屋台が様々な料理を提供してくれており、だいたい1屋台1品種なのでそれぞれの調理も手馴れていて旨い!

      この夜もおいしいパッタイでお腹いっぱい、おやすみなさいでした。

    バンコク人気旅行記ランキング560位(15877件中)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    この旅行で利用したホテル

    バンコク ホテル

    この旅行で行った観光スポット

    バンコク 観光スポットランキング

    この旅行で利用したショッピングスポット

    バンコク ショッピングスポットランキング

    この旅行で利用した交通施設

    バンコク 交通施設ランキング

    出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

    タイ旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら490円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

    Wi-Fiについてもっと見る

    フォートラベル GLOBAL WiFi

    内容が近い旅行記

    このエリアの旅行記一覧へ

    このエリアのホテル

    バンコク ホテル一覧へ

    Salaamさん

    Salaamさん 写真

    海外18カ国渡航

    国内14都道府県訪問

    写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

    この旅行記の地図

    拡大する


    ピックアップ特集

    閉じる