旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

浜松町・竹芝 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

浜松町・竹芝人気旅行記ランキング3位(420件中)

インターコンチネンタル東京ベイ宿泊記 エグゼクティブフロア・スーペリアツイン 東京タワー&レインボーブリッジビュー 濃霧のなかのANA羽田―高松搭乗記 長女の就職で追っかけ上京旅行記

関連タグ

    旅行時期 2017/04/08 - 2017/04/09 (2017/04/11投稿



    72と24のお話
    人生を24時間の一日に表す。
    日本人の平均寿命を72歳としよう。
    1日は24時間。
    72から24を割ると3。
    今、社会人1年生のスタートを切った君は22才。
    22を3で割ると7.3。
    朝の7時20分頃。
    今、君は人生を一日で例えると出社のための移動中の頃。
    朝日を浴びていよいよ一日が始まりだそうとしている。
    京王線快速の電車にもまれ、新宿駅から中央線に乗り換える頃かな。
    そう、これからはじまりだそうとしている。

    人生の目的や教訓はいくらでもある。
    ひとによってさまざまだ。
    でも、すべからくあらゆるひとに通じる大切なことがある。
    誰にでもあてはまること。
    君に送る人生の大切なことはたった3つ。
    そして、決して難しいことではない。
    死なないこと。
    楽しむこと。
    世界を知ること。
    これだけでいい。
    これでいい。

    ―心のありかは青空―
    君も私も卒業した中学校の校歌にあるように。
    でも、雨もまたよし。
    嵐もまたよし。
    ある有名な登山家が言い残している。
    ―今、君の目の前の山を登りたまえ。
    山を登るなかで人生のすべての答えが
    そこにある―――
    雨も嵐もまたよし―――

    「雨もまたよしか・・・・・・・」
    しかし、濃霧で飛行機が飛び立たない恐れがあり空港で足止めになろうとは予想もしなかった。
    手荷物検査ゲートを越え、出発ロビーの隅っこにある売店でハイボールと「塩揚げ銀杏」を買っている最中、案内アナウンスがあった。
    『当機は濃霧のため待機中です。天候が回復しだいご案内いたします――』
    おいおい・・・・・まじかよ。
    旅はいつも天晴れ男だったはずなのに、昨年冬の「福岡行きの大寒波」以来、ずっと悪天候つづきだ。図らずもちょっと連勝したよと、うっかり期待をもたせたとたん、泥沼のような大連敗が続く阪神タイガースになったような気分だ。
    慣れも怖いが、まさか今日家路につかなくてはならないのかと、観念する前に搭乗アナウンスがあった。
    私はついている。
    今日だって、家をいつも午前6時頃に出るところを少し早めて5時45分に出た。
    すると、濃霧の高速道路をスイスイ進み、7時より随分早く高松空港に着いた。
    2階の検査ゲート前のロビーに腰掛けた瞬間、あちらから今日の機材の担当者であろう麗しい客室乗務員のみなさんが列をなして向かってくるではないか。CA行列祭である。私の中ではレアな見物。
    今日はどんな美人と出会えるかな。
    2015年秋―最後のとっておきの東京旅行―で封印していた東京行きが久方ぶり復活だ。もちろん、とっておきシリーズはすでに私のなかでは終わっている。
    ラグジュアリーなホテルも大都会での美食の連続ももう飽きた。
    今回、東京行きの動機は単純で、長女の就職姿を覗くため。ようは親馬鹿の娘の追っかけである。
    でも、妻から「今は研修期間中で六本木の本社にいるはずよ。すんごいビルでセキュリティもすごいんだって」なんとギャフンである。
    でも、動機と目的はまた別にある。
    密かにキャットファイトファンでもある私は秋葉原に拠点をもつバトルの興行「BWP」のチケットを購入していた。
    4月8日開催である。
    そのために予定していた1年で最も重要な会議を独断で翌日の9日にまわした。
    そうか、8日は土曜日だ。長女も研修期間なら休日のはずだ。じゃ、―夜ご飯どこかで―と誘っておいた。
    ――待機案内からわずか10分遅れで搭乗案内があった。
    窓の外の様子は変わってない風だけど。私はついている。
    みなさい、これまで出会ったひとたちと遜色ない麗しいCAが私に微笑んでいる。
    なんと、帰りの便はさらにドキドキワクワクするような極上の出会いもあったのだから、私は今人生の絶頂期にあるくらい、ついている。
    旅の動機は長女に会いに、旅の目的はBWP観戦、でも旅の真価はANA・キャビンアテンダントにあり。私の旅の座右の銘だ。
    私にとっての―旅は青空―だ。
    まさか、帰りも濃霧の羽田空港での旅たちになり、滑走路で長らく足止めをくらうとは夢にも思わなかったけれど―――。
     
     羽田空港第2ターミナルに着くとモノレールへは向かわず、いつものようにまずは出発ロビーへ向かう。ゲートAからCまでかなり長く歩くから疲れるけど、目の保養が勝る。
    でも、いつのまにか、B、Dゲートは自動チェックインに変わっていて各カウンターは閑散としていてグランドスタッフも少なく寂しい限り、その分、選りすぐり感があったけどね。ほんとANAは美人さんばかりだ。
     モノレールで浜松町駅、JRに乗り換え新橋駅、新橋からゆりかもめ線で竹芝駅。
    午前中のうちに今晩の宿のチェックイン手続きだけ済まそうと思っていた。
    ホテルライフを楽しむ余裕がないくらい今日は過密スケジュールだから。
    朝早いホテルチェックインははじめてだ。
    竹芝駅からサウスタワー内のみずほ銀行の看板をめざせばよいと事前に調べていたが、たしかにホテルには着いた。でも階上をエスカレーターで行けども行けども披露宴会場のロビーばかりが続く。なんと、ホテルロビーは階下の1階だった。それって変でないかい?
    息絶え絶えで1階ロビー、閑散としている午前10時。
    エグゼクティブフロアは専用フロントがあると聞いていたが、かまわず美しいフロント係りの正面に急いで立つ。隣の男性係りに招かれそうな気配がしたから。
    「今日お願いしているまるくんです。夜遅くなるので手続きだけお願いします」
    「かしこまりました。まるくん様ですね――」なんて可愛らしい。今、貴女の微笑は世界で私だけのものだ。私はついている。
    スキップしながらホテルをでる。全国的に寒の戻りが長引き桜の開花は例年より1週間も遅かったことだから、ついていることに東京で桜が見られる。
    千鳥ケ淵公園に行くつもりだったが、もう時間がないのでやめにして、有楽町へ。
    有楽町駅に降り立つときは大抵ちょっと寄る日比谷のホテルへ。目的も動機も真価もここは一致している。麗しいベージガールに会いに、である。贔屓にしていた山形出身の彼女はもうベージガールは引退したと思うが、回転ドアには初々しい新人の姿、新しい風が吹いていた。私はついている。
    ホテルを冷やかして外苑通りを歩いて、コリドー通り、ちょうどよい頃合だ。
    予約していた鮨屋の暖簾をくぐる。思いもかけず着物姿の美人に出迎えられる。私はついている。
    なんでこうも情報もなしに私が予約した鮨屋、レストランに美女ばかり出迎えてくれるのだろう。
    誰にも真似できない裏特技だ。久方の江戸前を楽しみ、手厚く優しくもてなしてくれたお嬢さんにちょうど30体目となる今治バリィさんストラップを手渡し、再会を誓って銀座を去る。
     向かうは完全にアドバンテージのある秋葉原。人生でたった3回目だ。
    1回目は学生時代を迎えてはじめての東京で、行きの新幹線でばったり会った小学時代の同級生とテレビを買いに付いて行ってもらったとき。2回目は幕張で研修に向かう途中、キャットファイト専門店に立ち寄ったとき。あれ以来の秋葉原。
    秋葉原の態様は大きく変化を遂げてきたが、街自体はそんなに変わっていない。
    会場に着いて入場整理券を2時30分頃もらい、しばらく開場までボーッと街やひとを眺めていた。この街は訪れるひとの目的と動機が明確に一致した街だと生ではじめて体験した気がする。
    とびっきり可愛いレスラーたちの戦いを5戦堪能し、私はついていると、大枚はたいてチェキ撮影会なんかにも鼻の下を伸ばして参加したため遅れ気味の中央線。そういえば、先月長男の高校入学祝いのイタリアンレストランの席で可愛い接客係りのお嬢さんをあてがっていると、三女から「鼻のした、伸びとるでぇ~」とからわれたっけ。今回の旅でお供したバリィさん、残りひとつはチェキ会で真っ先に向かった超美女レスラーYUEさんにあげた。素っ気無いひとで、次に対面した超可愛い仁美まどかさんにあげればよかったと大後悔した。
     新宿でイナカモノ同士が待ち合わせは無謀だと京王線の初台で待ち合わせ。初台駅に連結してオペラシティなんぞがあるとははじめて知った。
    もっと知らなかったのは京王線と京王新線の違いだったけど。初台駅の新宿駅方面ホームでいつもと変わらぬ姿で長女は立っていた。
    照れ笑いを浮かべる彼女に、寂しい気持ちと逞しい気持ちがいっきに入り混じり、なかなか会話が紡げない。
    新宿駅南口、マクドナルドすぐ裏にある串焼き屋でオペレーターの非常に悪い、しかし極上の豚モツや処女雌牛のサーロインはとにかくうまかった。
    彼女がオーダーしていないサーロインにキャビア・雲丹・黒トリュフ乗せをサービスで二皿出してくれ、入り口正面でドアが開くたび冷気が走ることやオペレーターの悪さや、外国人の従業員ばかりでオーダーがそもそもまともに通らないことすべてが帳消しになった。でも、私はついている。オペレーターの悪い従業員は可愛い娘さんばかりだ。
     長女と新宿駅南口で別れたのが11時30分。彼女の別れ際の笑顔を胸に、ホテルに着いたのが0時30分。
    次の日は6時には出立予定。滞在時間で換算すると、これまでのラグジュアリーホテル以上のコスパになってしまった。
    串焼き屋で笑顔でみせてくれたスマートフォン、妹からの「姉ちゃんおしごとがんばってネ」の手書きの絵&文字メール。
    ほほえましい事にコラショからメールが届ける仕組みになっているそう。
    「コラショをやり遂げる度にもメール着信がある」と笑って教えてくれた。
     5時にめざめて、もう窓の外の空は白みがかっている、レインボーブリッジや日の出桟橋が濃霧に浮かび、東京タワーは第1展望台辺りから霧に包まれている。
    私が住む故郷の世界はまだ薄闇のなかの時間帯。
    東京で暮らす長女と私が住む愛媛は、移動時間以上に距離があることを知る。

    もうすぐ、今日は日曜だというのに現地研修があるという長女が出社する時間が迫っている―――。
    そう、これからはじまりだそうとしている。


    写真 130枚

    エリア:
    東京 | 浜松町・竹芝
    エリアの満足度:
    評価なし

    浜松町・竹芝人気旅行記ランキング3位(420件中)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    渋谷エクセルホテル東急

    3.81

    最安値(2名1室):19,000円~

    お得情報★公式ホームページからの予約が一番お得!

    ★いちばんお得★公式ホームページでは全てのプランを一括比較していちばんお得なプランのご案内が可能です。オフィシャル予約サイト、オンライントラベルエージェント予約... もっと見る

    お得情報を確認

    京王プレッソイン池袋

    3.46

    最安値(2名1室):6,600円~

    お得情報食欲の秋にぴったり!小腹が喜ぶ!秋プラン第1弾~朝食付

    気候も落ち着き、だんだんと美味しい物が食べたくなる~食欲の秋~そんな夜、手軽に小腹を満たせるプランをご用意致しました!【特典】・ほうじ茶・ミニカップ麺チェックイ... もっと見る

    お得情報を確認

    ロイヤルパークホテル ザ 汐留

    4.04

    最安値(2名1室):18,240円~

    お得情報THE 「夏」 Special Offer

    7月18日~8月31日ご宿泊予定のお客様へオススメ!!お部屋を12時までご利用いただける宿泊プランです。チェックイン:15:00~24:00 チェックアウト:1... もっと見る

    お得情報を確認

    このエリアに旅行をご検討中の方へ!

    フォートラベルポイントが航空券代金の最大10%分たまる!

    フォートラベルの国内航空券なら、JAL、ANA、スカイマークをはじめ、話題のLCCも含めた13社の国内航空会社から、その時期おトクにいける航空券を比較しながら、予約できます。
    急な出張や休暇が取れたときでも…出発の3時間前までご予約いただけます!

    今すぐ!国内航空券を検索する

    内容が近い旅行記

    このエリアの旅行記一覧へ

    marukun-2さん

    marukun-2さん 写真

    海外10カ国渡航

    国内10都道府県訪問

    写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

    ピックアップ特集

    閉じる