旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

イルクーツク 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

イルクーツク人気旅行記ランキング10位(36件中)

バイカル湖の“御神(おみ)渡り”!!奇跡の氷のイリュージョン【第1日目】

旅行時期 2017/03/03 - 2017/03/07 (2017/03/20投稿

琵琶湖の約46倍にも及ぶ、もはや海と言っても過言ではない巨大な湖・バイカル湖。<br /><br />1月~5月までは凍りつく冬季にあたります。<br />特に2月下旬から3月中旬までの春先の短い期間に起こる氷の亀裂の現象、<br />日本では通称“御神(おみ)渡り”と言いますが、<br /><br />この世のものとは思えないほどに神秘的な絶景です。<br /><br />▼詳細はこちらも併せてご覧ください。<br />https://www.compathy.net/tripnotes/26216<br />

琵琶湖の約46倍にも及ぶ、もはや海と言っても過言ではない巨大な湖・バイカル湖。

1月~5月までは凍りつく冬季にあたります。
特に2月下旬から3月中旬までの春先の短い期間に起こる氷の亀裂の現象、
日本では通称“御神(おみ)渡り”と言いますが、

この世のものとは思えないほどに神秘的な絶景です。

▼詳細はこちらも併せてご覧ください。
https://www.compathy.net/tripnotes/26216

写真 30枚

テーマ:
世界遺産
交通手段 : 
エリア:
ロシア > イルクーツク
エリアの満足度:
5.0
  • 500_47900924

    撮影場所の地図

    今回は、
    世界最大規模の「御神(おみ)渡り」が拝めるという、
    ロシアの世界遺産、バイカル湖に行ってまいりました。

    イルクーツクより、現地ツアーに参加。

    琵琶湖の46倍という、もやや湖とは思えない巨大さを持つ湖の中で、
    唯一の有人島であるオリホン島へまずは向かいます。

  • 500_47900925

    撮影場所の地図

    ツアーはシンガポール人3人組と日本人2人組、
    タイ人2人組とベルギーとトルコ人のご夫婦1組、
    とわたしで、計10名のインターナショナルなグループ。

    そして、英語ガイドとドライバー付き。

    イルクーツクから約250㎞の道のりなので、
    途中ロードサイドカフェなどで休憩をとる。

  • 500_47900926

    撮影場所の地図

    ランチ休憩の際にガイドからのサービス。

    バイカル湖名物のオームリという魚のマリネ。
    ロシアでもここでしか獲れない貴重種の魚。

    オイルサーディンみたいに塩漬けの保存食で、
    今回はちょっと塩抜きされているのでそこまで塩辛くなく、
    胡椒とレモンを付けていただきます。

    コリコリして弾力有り、甘みもあって、ちょっと鯛に似ていて、旨し!

  • 500_47900927

    撮影場所の地図

    シャーマンの丘。

    バイカル湖周辺は、大昔、ブリヤート人が移り住み、
    その際、彼らが信仰したアニミズムが今でも息づいています。

    アニミズムってところが、日本に通じます。
    ただし、神社みたいな建物はないです。
    ちなみに、ブリヤート人は日本人のルーツともいわれています。

    そして、
    シャーマンしか登れないという神聖な丘や岩山があちこちにあります。

  • 500_47900928

    撮影場所の地図

    なんとなく、シベリアの大地っぽい。

    もちろん、
    氷点下マイナス10℃以下デスヨ。

    日中はまだましですが、
    朝晩はマイナス20℃、もはや死にそうです。

  • 500_47900929

    撮影場所の地図

    オリホン島対岸の岬に到着。

    通常はフェリーで移動ですが、当然凍っているので
    専用の軍用車(写真右)に乗り換えて湖の上を直接移動。

    軍用車の方が馬力ハンパなく、動きやすいそうです。

    シベリアの野良犬わんこも大歓迎。

  • 500_47900930

    撮影場所の地図

    岬に置き去りにされた、
    おそらく漁船。

    もう現役を引退したのか、アートな落書きが。

  • 500_47900931

    撮影場所の地図

    本日宿泊予定のフジール村に到着する前に
    3か所ほど、ビューポイントを回ります。

    そして、しょっぱなから、
    衝撃の氷の芸術が!!!

    なんじゃこりゃー!!
    氷のドレスかカーテンか!!

  • 500_47900932

    撮影場所の地図

    あまりの美しさに言葉も出ません。

    アナと雪の女王の世界をリアルにした感じ。

    そういえば、
    時はまさに、日本の地上波で初放送のときでしたね・・・

  • 500_47900933

    撮影場所の地図

    岩場の隙間にあった洞穴にはいつくばって潜ると、

    そこには天然の氷柱のシャンデリアが!!

    ホント、言葉が出ません・・・

  • 500_47900934

    撮影場所の地図

    バイカル湖の透明度は世界一と言われています。

    でも、世界一は、近年ではニュージーランドにあるブルーレイクと言われているそうですが、公式に認められているかは不明。

    いずれにしても、驚愕の透明度ですよ。

  • 500_47900935

    撮影場所の地図

    岩場に打ち付ける波が
    そのまま凍ったような感じ。

    巨大さがわかりますか?

  • 500_47900936

    撮影場所の地図

    ビューポイントの全景。

    かなり広いです。これだけでも絶景ですが。

    そして、
    これ、雪解けの6月には水の下なんですよね…

  • 500_47900937

    撮影場所の地図

    もはや、ただの雪原にしか見えない・・・

    そう、それが、バイカル湖。

  • 500_47900938

    撮影場所の地図

    洞窟内にあった苔むした岩。

    そこに、薄い膜のように透明な水が凍りついています。

    水あめみたいです。
    美味しそう。

  • 500_47900939

    撮影場所の地図

    鍾乳洞と言われても、
    疑わない感じ。

  • 500_47900940

    撮影場所の地図

    ここにもまたシャンデリアが!!

    息を呑む・・・

  • 500_47900941

    撮影場所の地図

    第二のビューポイントに到着!!

    この稲妻のような氷のひび割れの筋!!
    これぞ、生で見たかった絶景!!

    スーパー感動!!

  • 500_47900942

    撮影場所の地図

    バイカル湖の最深度は1.7㎞
    でも、そこは2日目に行くってことで、
    本日はそこまで深くないそうです。

    とはいえ、1㎞ぐらいあるんじゃないでしょうか。

    バイカル湖の透明度は40mぐらい透き通っているそうです。

  • 500_47900943

    撮影場所の地図

    氷の厚さは、ガイドは70mって言っていた気がしましたが、
    Wikipediaでは70~110㎝とあった。

    いずれにしても、
    大勢が乗っかって、さらにトンの車が乗っかっても大丈夫な厚さです。

  • 500_47900944

    撮影場所の地図

    これもまた、

    葛飾北斎が描いたら流麗な浮世絵になりそうな、
    氷の波の芸術。

    圧巻

  • 500_47900945

    撮影場所の地図

    ときどき、バブル(気泡)が閉じ込められて凍っています。

    まるでクラゲが凍っているようでかわいいです。

  • 500_47900946

    撮影場所の地図

    この素晴らしい透明度…

    もう、適切な表現が浮かびません。

  • 500_47900948

    撮影場所の地図

    第3のビューポイント到着

  • 500_47900947

    撮影場所の地図

    ここでは、
    ようやく御神(おみ)渡りを発見。

    ネットの写真で見たようなブルーアイスにはちょっと迫力が欠ける
    小規模な御神渡り。

    御神渡りとは、気温の上下によって氷が収縮と膨張を繰り返すことで、轟音とともに氷がせり上がる自然現象です!!

  • 500_47900949

    撮影場所の地図

    轟音はあいにく聴いていないですが、
    見渡せば、もうあちこちに御神渡りが始まっています。

    せり上がった氷の上に、パウダースノーの雪が降り積もるので
    そこに光が差し込んで、より一層幻想的になります。

  • 500_47900950

    撮影場所の地図

    これは、まだできかけの亀裂。

    これから轟音たててせり上がるのでしょうか。

    御神渡りは、遅くとも3月15日ぐらいまでしか見られないそうです。

  • 500_47901043

    撮影場所の地図

    本日宿泊のフジール村。

    人口1600人の小さな漁村。

    春夏は漁をして生計を立て、冬はゲストハウスなどの観光業を営むそうです。

  • 500_47901044

    撮影場所の地図

    これから2泊させてもらう、ゲストハウス。
    漁師さんのお宅に間借りさせてもらいました。
    (ほかの観光客は専用コテージ風ゲストハウスで寝泊まりしていた…)

    電気が引かれたのは2005年からだそうです。
    WiFiは弱いですが、つながります。

    部屋の中は暑いぐらいに快適です。

  • 500_47901045

    撮影場所の地図

    フジール村の入口に
    船の墓場が。

    過去に水産加工工場があったらしく、
    今では営業停止で置き去りにされているようです。

    オートな落書きがここにもありました。

    -------------------------------------
    最後までご覧いただきありがとうございます。

    第二日目も制作中。

    ▼詳細はこちらも併せてご覧ください。(写真、コメント豊富)
    https://www.compathy.net/tripnotes/26216

イルクーツク人気旅行記ランキング10位(36件中)

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

この旅行で行った観光スポット

イルクーツク 観光スポットランキング

この旅行で利用した交通施設

イルクーツク 交通施設ランキング

出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

ロシア旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら780円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

Wi-Fiについてもっと見る

フォートラベル GLOBAL WiFi

内容が近い旅行記

このエリアの旅行記一覧へ

このエリアのホテル

イルクーツク ホテル一覧へ

riverwillさん

riverwillさん 写真

海外44カ国渡航

国内20都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

この旅行記の地図

拡大する


Pickup!! フォートラベルからのおすすめ情報