旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

パリ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

パリ人気旅行記ランキング3415位(13039件中)

世界2周目旅行 北米~欧州 ⑮パリ その2

関連タグ

    旅行時期 2016/09/17 - 2016/09/22 (2017/03/11投稿

    ワンワールドの世界一周航空券で1か月の旅行をしています。

    いよいよ最後に訪れたのはパリです。
    その1ではルーブル美術館を見学しました。

    その2ではショッピングを楽しみます。
    さらに夜はセーヌ川クルーズをして、素晴らしいパリの夜景も
    眺めることができました。

    写真 78枚

    交通手段 : 
    • 現地移動 :  鉄道 / 徒歩
    エリア:
    フランス > イルドフランス地方 > パリ
    エリアの満足度:
    5.0
    • パリ観光2日目の朝です。

      ホテルから歩いて朝食を食べに来ました。

      シャトレ・レアル駅近くの「LOUP」へ。

    • 雨だったので、店内の席へ。

      朝食時間は過ぎていたらしく、人が少なかったです。

    • 前日にクロワッサンが美味しかったので、
      この日もコーヒーと共に。

      メニューを見るとセット(卵などの)もあったのですが
      上手く注文できなくて、パンとコーヒーになりました。

      このクロワッサンも美味しかったです。

    • 夫はオニオングラタンスープ。

      こちらも美味しくて満足していました。

      合わせて13.50ユーロでした。

    • 駅に近いので、このあたりにも飲食店が
      多かったです。

    • シャトレ・レアルの街を少し散歩して
      ホテルに戻ります。

    • 私達の滞在している「シタディーンレアール・パリ」の
      入り口です。

      前の道路にもカフェの席が並んでいます。

      入り口の右側には小さなスーパーもありました。
      果物やスナックなどが並んでいました。

    • ホテルで出かける準備をして、駅へ。

      シャトレ・レアル駅の周辺は工事中です。
      フェンスで囲まれていますが、工事が完了すると
      公園もできるようです。

    • 「シャトレ・レアル駅」です。
      このエリアには「シャトレ駅」と「レアル駅」も
      あります。

      この駅も新しく、いろいろな店舗が入っています。

    • 駅で「カルネ」というチケットを買いました。

      パリの地下鉄の券はいろいろあるのですが、夫が
      検討した結果、今回はカルネがお得と判断しました。
      (鉄ちゃん夫なので、こういう時はお任せ)

      「Ticket t+」はメトロ、バスなどの共通券。
      「ゾーン1券」1枚(使い切り)は1.80ユーロ。
      10枚綴りのカルネは14.50ユーロ。

      27%お得だそうです。
      有効期限もなく、次の旅行でも使えます。

      10回分を2人で使います

    • 駅に入り、改札前では荷物検査がありました。

      これは行く度に毎回、同じでした。

    • 地下鉄⑦号線でオペラ駅へ。

    • オペラ駅で降りて地上に出ると「オペラ座」が。

      「オペラ座」はパリ国立オペラの公演会場の一つ。
      正式名はガルニエ宮ですが、オペラ座と呼ばれます。

      外観および内装はネオ・バロック様式の典型といわれ、
      2167の座席が5階に配分されているそうです。

      外観だけでも素晴らしいですが、中に入るとさらに
      豪華絢爛ということ。


    • オペラ座周辺は買い物をするところが
      たくさんあります。

      まずやってきたのは「マークス&スペンサー」
      イギリスで有名なスーパーです。

      今回の旅行もできればロンドンに行って紅茶を
      買いたかったのですが、行程的に無理でした。

      そこで、せめてイギリスの物を買いたいとやって
      来ました。

    • この店はイギリス国内に300店以上あり、プライベート
      ブランドの衣料品や食料品があります。

      この店舗(オスマン店)は食品専門とのこと。

      紅茶やジャムを買いました。
      お得な茶葉も買えて嬉しいです。

      ただ、イギリスでも最近はほとんどの人が茶葉でなく
      ティーバッグを使っているとのことです。
      便利だから?
      紅茶好きな私としては残念な感じです。

    • 冷凍食品などもありました。

      買い物をしている人も多かったです。

    • 次は楽しみにしていた「ギャラリーラファイエット」へ。

      ヨーロッパ最大の百貨店です。
      1893年開業、有名なガラスと鉄鋼のドームは1912年に
      造られました。

      営業時間は9:30~20:00.
      日曜日は休みです。

    • 店内は吹き抜けになっています。

      美しい。

    • こちらがドーム部分。

    • 吹き抜けなので、上の階から店内を
      見ることができました。

    • パリらしいオシャレなドレスが並んでいます。

    • ギャラリーラファイエット本店は、本館と紳士館、
      メゾン&グルメ館がそれぞれ通りを挟んで建っています。

      その本館の屋上テラスは隠れたパリの展望所ということで
      やってきました。

      オペラ座を裏側から見ることができます。

    • そのオペラ座の黄金の彫像とアンヴァリッド方面。

    • パリには高い建物が少ないので、エッフェル塔まで
      見渡せました。

      屋上にはカフェもあります。

      パリの景色を見ることができました。

    • 屋上から順番に降りて行きました。

      パリのおみやげや文房具などが並んだコーナー。
      こういう売場、大好きです。

    • おみやげのある階にはカジュアルな
      レストランもありました。


    • カフェテリアのようになっていて、好きな物を
      取っていけるようです。

      この階にはトイレもあって助かりました。
      海外ではトイレを探すのに苦労します。

      日本のように駅やデパートで簡単に見つかりません。

    • さらに下に降りると、たぶんここは子供用の売り場です。

      大人顔負けのお洒落なコート!

    • こちらは大人用。

      ディスプレイもシンプルで素敵です。

    • きれいなドレスをうっとりと眺めながら
      歩きました。

    • 本館から「メゾン&グルメ館」へ。

    • フランス菓子のまさに本場です。

      ドレスも美しかったけれど、ケーキも美しい。

    • こちらはスパイスコーナー。
      量り売りで好きなスパイスを選べます。

      いろんな香りがしていました。
      その隣には、イートインスペースもあります。

      各コーナーにこういうスペースがあって、ワインを
      片手に食事をしている人も多かったです。

    • スペインで見たようなハムもありました。

    • オリーブやお惣菜も。

    • 紅茶もありました。
      マリアージュ・フレールです。

      私はフレイバーティよりもストレートティの方が
      好みなので、ここでは買い物をしませんでした。

    • さらに、おみやげに良い食品もたくさん
      ありました。

    • コンフィチュール(ジャム)もこんなに
      並んでいます。

      最終日に再度、ここへ来ておみやげを買いました。

    • ギャラリーラファイエットを出て、JCBプラザまで
      歩きました。

      海外ではJCBプラザにお世話になります。
      今回も夕食の予約をお願いしました。

      その後、近くで美味しいパン屋さんはありますか、と
      聞いて「エリック・カイザー」を教えてもらいました。

    • 「エリック・カイザー(エシェル通り店)」に入りました。

      パンのショーケースがあり、イートインスペースも
      あります。

      エリック・カイザー(人名)は曾祖父の代からの
      フランスのパン屋さん出身。1964年生まれ。
      1996年パリにパンの店「メゾン・カイザー」を開店。

      今ではパリに約20店舗の「メゾン・カイザー」と
      「エリック・カイザー」があります。
      なお、当人はフランス国立製パン研究所教授になっている
      とのこと。

      日本にも店があり、エリック・カイザー氏のもとで修行した
      銀座木村屋總本店の木村周一郎氏が社長となっています。

    • パンを選んでテーブル席で食べることにしました。

      私はやはりクロワッサン(1.20ユーロ)、夫は
      ホットドッグ(8ユーロ)、ジュースは3ユーロ。

      ホットドッグを選んでいる時、中から「マスタードは
      いりますか」と声が聞こえました。

      日本人女性が働いていました。

      パンを美味しく食べて、帰りにその女性に「お仕事、
      がんばってください」と声をかけました。

      フランス人ばかり(に思えた)の職人さんの中で
      頑張ってほしいと思いました。

    • さて、オペラ駅から地下鉄⑧号線に乗り、マドレーヌ駅で
      ⑫号線に乗り換えて、セーヴルバビロヌ駅へ。

    • やって来たのは「ル・ボン・マルシェ・ゴーシュ」

      ギャラリーラファイエットと並んで人気の店です。

      1838年に生地屋として創業、1852年に百貨店としての
      システムを確立、世界最初の百貨店と言われます。

      ファッション関連の本館とリビング&食品関連の別館に
      分かれています。

      私が行きたいのは別館です。

    • 別館に入るとすぐに野菜売り場がありました。

      ここでも新鮮そうな野菜や果物が並んでいます。

    • たくさんのジャムが並んだ棚もありました。

    • 世界各地の商品があり、珍しい缶詰もありました。
      (いろいろ買いたいけれど、缶詰は重い・・)

    • ポルチーニ茸などの乾燥きのこも並んでいます。

    • 紅茶もたくさんあり。

    • イギリスコーナーに私の好きな紅茶もありました。
      フォートナム&メイソンです。

      ただ、大きな缶(250g)がなくて125g缶のみ。
      ちょっと残念ですが、それでもたくさんカートに
      入れました。

    • そして、ここへ来た一番の目的はバターを
      買うこと。

      エシレ、ボルディエ、ベイユヴェールなどの
      バターが所狭しと並んでいます。

      日本ではバター不足に加えて、輸入バターの
      値段は信じられないくらい高いです。
      (関税のため)
      ここでは3~4ユーロですが、日本で買うと2,000円から
      3,000円という価格。

      バターを持ち帰るためにクーラーバッグや保冷剤も
      用意してきました。ホテルの部屋には冷凍冷蔵庫があることも
      チェックしました。

      めでたくバターをたくさんカートに入れることができました。

    • 地下には広大なワインセラーもありました。

      ボン・マルシェは特に食料品売り場が充実しています。
      おみやげを買う人も多く、パリ滞在で一番日本人に
      会ったのもここでした。

      フランスの塩をおみやげにする人もたくさんいます。
      (私も買いました)

      会計レジで「どこから来たの?」と聞かれました。
      バターや食品をたくさん買う日本人が多いからかな、と
      思いました。

      希望の品が買えて大満足でしたが、荷物が重いので一度
      ホテルに戻りました。

    • ホテルの部屋で買い物した品を片付けて、
      バターは冷凍庫へ。

      少し休憩した後、午後6時過ぎにホテルを出ました。

      地下鉄①号線に乗り「フランクリン・デ・ルーズベルト」駅で
      ⑨号線に乗り継ぎ、トロカデロ駅で下車。

      シャイヨ宮にやって来ました。

      シャイヨ宮は1937年のパリ万博に合わせて建てられた宮殿。
      セーヌ川とトロカデロ庭園をはさんで、エッフェル塔と向かい
      合って建てられています。

    • エッフェル塔の完全な姿を眺める最高のビューポイントで
      観光客もいっぱいです。

      1940年、アドルフ・ヒトラーが征服したパリを訪問した
      際、エッフェル塔を背景にここで写真撮影をしたことも
      有名。

      地下鉄から地上に出ると、いきなりこの景色を見ることが
      できます。

    • エッフェル塔はパリを代表するシンボルです。

      フランス革命100周年を記念して、1889年の万博の
      ために建造されました。

      パリの名所の中で入場の待ち時間が最も長い場所、
      とのことで入場はしませんでした。

      他に高い建物がないのはいいなあ、と思いながら
      眺めていました。

    • シャイヨ宮からセーヌ川まで歩きました。

      セーヌ川クルーズの船が行き交っています。
      遊覧船で有名なのはバトームーシュです。
      他にもいくつかの会社が運行していて、乗船場所も
      各地にありました。

      私達はJCBプラザでバト―パリジャンの割引券を
      もらっていました。
      1人15ユーロが8.7ユーロになるのでお得でした。

      エッフェル塔の下の乗り場からの券です。
      前日に天気の悪い中、シテ島から乗らなくて良かった
      です。

    • 遊覧時間は1時間で、私達は20:00の乗船でした。
      船内にも席がありますが、景色が見える外の席に
      座りました。

      この頃のパリの日没は19:50過ぎです。
      ちょうどエッフェル塔がライトアップされて
      出航と同時にシャンパンフラッシュが始まるという
      タイミングの良さでした。

    • 20:00の出航とほぼ同時シャンパンフラッシュが
      始まりました。

      きれいです。

      実は、セーヌ川に着いた時に、ちょうど前の船が出たところで
      川沿いを散歩して時間を待ったのですが、ちょうど良い
      時間に乗船することができました。

    • バトームーシュも同じようにクルーズしています。

    • クルーズ時間は約1時間です。

      セーヌ川はパリの中心部を流れているので
      座っているだけで観光ができます。

      アレクサンドル3世橋。
      1900年のパリ万博でロシアが建設して、パリに寄贈した
      橋です。

      アレクサンドル3世は前ロシア皇帝。

    • 川から見上げると美しい装飾がよく見えます。

    • ブルボン宮殿。

      1728年完成。現国民議会(下院)議長公邸です。

    • オルセー美術館。

      今回はここを見る時間がなくて残念でした。

    • だんだんと暗くなり、ライトアップされた
      建物が次々に現れます。

    • ルーブル美術館。

      夜もきれいです。

    • フランス学士院。

    • 皆さん写真を撮るのに忙しいです。

      橋の上からはたくさんの人が手を振ってくれました。

    • ノートルダム寺院。

    • 横を通って行きます。

    • パリ市庁舎。
      1357年完成。

    • コンシェルジュリー。

      カペー朝の宮殿(シテ宮)として建てられ、10世紀から
      14世紀にかけて使用されました。

      1370年から1934年まで牢獄として使われ、マリ―・
      アントワネットも処刑前の2か月半を過ごした場所です。

    • 復路で見えたオルセー美術館の片翼。

    • クルーズの間、ずっと素晴らしい建物ばかりを
      見ることができました。
      歴史的建造物が次々に現れて、感動の連続でした。

      思っていた以上に楽しい遊覧でした。
      夜だったので、さらに美しかった気がします。

    • 21:00のシャンパンフラッシュに迎えられて
      戻ってきました。

      下船してからの帰りは、ピラケム駅まで歩いて
      ⑥号線でシャルル・ドゴール・エトワール駅に行き
      ①号線に乗り継いでシャトレ・レアル駅に。

    • さて、遅くなりましたが夕食です。

      シャトレ・レアル駅で朝、見つけていた「レオン」に
      行ってみました。

      10時過ぎなので心配でしたが、何とか入れました。

    • 「レオン」は1989年にパリで開店。

      ベルギーのブリュッセル料理の店でムール貝の
      料理が有名です。
      パリ市内には現在10店舗あります。

      遅い時間でしたが、グループの方が食事をしていました。

      この方達、手話で会話していました。

    • 可愛いテーブルに案内されました。

    • ビールとワインを注文。

      食事は”La Planche Leon"(13.30ユーロ)
      きびなご(?)、ムール貝、いかのフライのセットです。

    • 夫はバーガークラシックも注文しました。
      (13.90ユーロ)

      どれも美味しかったです。

      店内もきれいで、雰囲気もよく、お店の人も
      親切でした。

      どこかで食事ができるかな、と心配だったので
      ここに入れて良かったです。

      食事が終わって店を出ると、もう閉店でした。

      歩いてホテルに戻りました。
      翌日はパリでの最後の観光、ヴェルサイユ宮殿に行きます。

      続く。

    パリ人気旅行記ランキング3415位(13039件中)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

    フランス旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら600円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

    Wi-Fiについてもっと見る

    フォートラベル GLOBAL WiFi

    このエリアのホテル

    パリ ホテル一覧へ

    さくらいろさん

    さくらいろさん 写真

    海外16カ国渡航

    国内22都道府県訪問

    写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

    ピックアップ特集

    閉じる