旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

シドニー 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

シドニー人気旅行記ランキング614位(2178件中)

ANA シドニー 羽田発+那覇往復 -その2- オーストラリア入国、ベイエリア観光

旅行時期 2016/10/22 - 2016/10/26 (2017/05/17投稿

ANAでのシドニー旅行ですが、今回もまた<br />観光についての下調べが全く出来ていないまま<br />出発日を迎えてしまいました。<br /><br />こんな調子ですので、到着はしたものの、<br />出たとこ勝負の「泥縄観光」となりました。<br /><br />が、しかし、そこは観光都市シドニー。<br />歩き回っているだけで、なんとなく、それなりに、<br />観光のような体裁となった・・・ような気がします。<br /><br />宜しくお願いいたします。

ANAでのシドニー旅行ですが、今回もまた
観光についての下調べが全く出来ていないまま
出発日を迎えてしまいました。

こんな調子ですので、到着はしたものの、
出たとこ勝負の「泥縄観光」となりました。

が、しかし、そこは観光都市シドニー。
歩き回っているだけで、なんとなく、それなりに、
観光のような体裁となった・・・ような気がします。

宜しくお願いいたします。

写真 138枚

テーマ:
世界遺産
交通手段 : 
  • 航空会社 :  ANA
  • 現地移動 :  鉄道 / 徒歩
利用旅行会社:
ANAセールス
エリア:
オーストラリア > ニューサウスウェールズ州 > シドニー
エリアの満足度:
5.0
  • 500_47336936

    着陸間際となりました。

  • 500_47336937

    頂きましたが全く役に立たなかった
    Expressパスです。その理由は後ほど。

  • 500_47336938

    ドリームライナー名物、着陸時の照明です。

    各色合いには名前がついていて、この色の名前と
    意味についてアナウンスがあった様な気がしました。
    しかし、寝ぼけていて覚えていません・・・スミマセン。

  • 500_47336939

    眠い目をこすりながら何気なく
    窓の外に目をやると・・・。
    お隣にはカンタスの「空の貴婦人」が!

  • 500_47336940

    更に、その奥には同じくカンタスの
    新鋭4発機「スーパージャンボ」が!

    これで完全に目が覚めました。

  • 500_47336941

    ・・・そして、アメリカン。。。

    塗装色も幾度かの変遷を経ていますが、
    何と申したら良いものか。
    こちらに関しましては私は言葉がございません。

    古き良き時代・・・それは遠くなりにけり。

  • 500_47336943

    通路を進むと案内が出ているのですが。。。

  • 500_47336944

    こちらでキチンと並んでいる訳では無く、
    また係の方の列の捌き方もテキトーで随分と変。
    結局、ExpressPathは貰っていたものの機能せず。

    そのくせに、「ExpressPathを早くよこせ!」と
    終始不機嫌で横柄な態度の回収係の方に
    急かされました。

    何がそんなに不機嫌なのかがわかりません。
    やっつけ仕事の列の捌き方で時間が無意味に
    かかって、不愉快なのはこっちの方なのに。
    チョットばかし嫌な感じでした。

  • 500_47336945

    荷物のPick upは大混雑していました。

  • 500_47336946

    到着しましたが・・・。

  • 500_47336948

    さて、何をどうしたものか。。。

  • 500_47336950

    とりあえずは列の短かったこちらかなぁ。
    とは思いましたが・・・。

  • 500_47336949

    冒険するより手堅くこちらで購入することに。

    列の長さの割には
    購入に至るまでに案外と時間を要しました。

    購入時、滞在日数を尋ねられましたので、
    3-Dayとお答えしましたら、
    売価$10で$10プリチャージされたSimが
    お勧めとのこと。

    これは、毎日使用開始時に$2ドル引かれ
    上限は500MB。それを超えると更に$2引かれ
    1GBまで使えるプランなのだそうです。

    ↑上記の説明に時間を要すので、並んでいる
    人数の割に待ち時間が長かったのだと思います。

    アクセスポイント名 Optus Yes Internet
    APN yesinternet
    MMC 505
    MNC 02

    あとはデフォルトでOK。

    APN設定はSIMを挿入すれば自動設定の今日、
    もはや意識する必要は無いでしょうね。

    私の場合、このお勧めプランで十分でした。
    (ホテルでは無料のWi-Fiを利用していました)

    Creditt Card払いが可能でしたが、当然の如く
    「JCBは不可」でした。

  • 500_47336951

    21世紀の現代では、
    自家用車で国内何県かを横断・縦断するかのように、
    お金さえ払えば簡単に外国まで飛行機で行けちゃう
    のですが・・・。

    その昔は空を飛ぶということだけでも常人にはとても
    出来ない英雄的行為だったのですね。こんな飛行機で
    すから、いつ落っこちても不思議ではありません。
    エンジンなんてぶっ壊れるのが当たり前なのですから、
    そんなもので飛び回っているなんて正気の沙汰では無
    かったことと思います。

    とは言え、自家用車で軽く200キロオーバーが可能と
    なったのはほんの最近のこと。
    車のエンジンからOILが垂れなくなったのもまたしかり。

    遠いようで近く、近いようで遠い。
    こんな感じで年月は過ぎ、いつの間にか、
    このレシプロ機の時代のように、昨日のことも遙か昔に。

    そう言えば、B747-400の退役も加速しているんですよね。
    ああ、人生って・・・長いようで、なんて短いのでしょうか。

  • 500_47336952

    SIMの購入がクレジットカード払いで
    OKだったので、両替はSIM購入の後に
    いたしました。

  • 500_47337833

    早速その外貨でパンを購入。

  • 500_47336954

    空港の外のベンチでいただきます。
    少し風が強く日差しの割には寒かったです。

    しかし、すぐそばに珈琲ショップもあり、
    席も空いてて、まさにここで食べてくれと
    いわんばかりでした。

    こちらのサンドイッチのお味は、塩味。
    シンプルでした。

    ハッキリ申し上げるならば、
    あまり美味しくはなかったのですが、
    これを書いている今、何故かまた
    「食べてみたいなぁ」って思いました。

    センチメンタルチックなこの感傷。
    これが旅の想い出っていうのでしょうか?
    私には珍しいことです。

  • 500_47336956

    すぐそばにはツリーがありました。
    下部の液晶表示が21世紀を感じさせます。
    (20世紀まではふんだんに液晶表示を使うなど夢でした)

  • 500_47336958

    空港から出ている
    Airport Link(Sydney's Airport Train)の
    場所がチョット分かり辛いかも知れません。

    出口から右手に進むと、この柱が見つかります。
    これを見つければしめたものなのですが。。。
    もっと出口の近くに大きく出ていれば良いのにね。

  • 500_47336959

    無人のカウンターには施設割引チケットや
    路線図が置いてあります。
    必要なものはいただいておくと便利です。

  • 500_48017308

    路線図は結構な数が置いてありました。

  • 500_48017309

    割引チケットブックもあります。
    人気のお品なので残部僅かと
    なっていました。

    私は何処に向かうのか全く考えて
    いませんでしたので、取らなかった
    のですが、予定が決まっている方は
    貰っておかれた方が良いと思います。

    とは言うものの、Getし損ねても
    さほど(精神的に)大きなダメージとは
    ならないかも知れません。
    (理由は後ほど)

  • 500_47336960

    Airport Linkの案内は
    わかりやすいです。

  • 500_47336961

    荷物の多い方はエレベーターで。

  • 500_47336962

    そうでない方は
    歩いてホームへと向かいます。

  • 500_47336963

    あと少しでホームです。

  • 500_47336965

    こちらが路線図です。
    地図だとスケール感がハッキリしませんが
    各駅間の距離はかなり近いように感じました。

  • 500_47336964

    「opal(オーパル)」カードのTop upはこちらで。
    こちらはクレジットカード専用機です。
    日本人的にはVISAかMasterとなるかと思います。

    「opal(オーパル)」カードは
    シドニー旅行には絶対に必要なカードです。

    さて、私は旅のエキスパートではありませんので
    4トラの質問には答えることは殆ど無いのですが、
    交通カードに関するものの中には ?(#。#)ホヨ?
    と思うものもございました。

    その理由の1つが、誰が書いているのか不明なうえ、
    いつの時点の事かも明示されていない、何処かの
    サイトのURLを根拠としているものが一部にあるから
    だと思います。

    旅行記の写真は撮影された時点で現地にあったもの。
    その中身についての誤認はあったとしても、Upされた
    画像や案内を読めば、「その時点」の間違いのない
    情報は得られる訳です。
    だから私は、撮影日が明記され、旅行者ご自身で
    撮影された画像のある記事しか参考にはいたしません。

    公式サイトに関しても、特に海外では丁重に更新が
    なされていたとしても、そもそも運航時刻が守られて
    いなかったり、突然の変更があるのは当たり前。
    ですから、その辺りもご自身で体験されたことを
    しっかり書かれている旅行記&ブログを参考にすべき
    だと考えているのです。

    4トラのご回答はとても丁重なものが多く、大変有り難く
    勉強させていただいています。しかし、中には少し気になる
    ものもお見受けいたしましたので少し触れてみました。

    素晴らしい先達の方々のご経験には遠く及びませんが、
    私も誰かのお役に立つことがあったら、と思っております。

  • 500_47336966

    こちらの有人カウンターで販売しています。

  • 500_47336967

    プラットホームの案内看板です。

  • 500_47336993

    ホームも分かり易いです。

  • 500_47336994

    電車も素敵です。

  • 500_47336995

    何はともあれ、Central駅へ。

  • 500_47336996

    Centralからはホテル近傍の
    駅へと向かいました。
    レトロ感覚が一杯です。

  • 500_47336997

    古いものを大切に使うというよりも
    観光資源として活用しているように
    私は感じましたが、本当のところは
    どっちなんでしょうか。

  • 500_47336998

    総じてヨーロッパ系は
    物持ちが良いのですが、
    オーストラリアもそうなのか、
    それとも観光都市として計画的なのか。
    恐らくはその両方なのでは?

  • 500_47336999

    などと思っているうちに
    Museumに到着しています。

  • 500_47337000

    今後の活動に備えて、
    Top Upしておきました。

  • 500_47337001

    駅から出ると日差しがいっぱい。

  • 500_47337002

    駅の出口にあった地図です。
    わかりやすいです。

  • 500_47337003

    駅前の交差点です。
    スカッとした
    空の青さが印象的でした。

  • 500_47337004

    交差点も広々していて開放的。

  • 500_47337006

    駅周辺を一通り見回した後に、
    ホテルへと向かいました。
    大通りに沿ってキャリーを曳いて
    歩道を歩いてゆきます。

    駅からホテルまでのアクセス路を
    心配していたのですが、歩道も石畳
    ではなくてキャリーも曳きやすく、
    登り坂も緩やかで楽々でした。

    ほとんど歩くことの無い私がそう
    思った位ですから大抵の方なら
    ホントに楽勝だと思います。

  • 500_47337007

    大通りから側道に入り暫く進んだら
    唐突に到着いたしました。

    あれれ?ここかな??って感じで、
    かなり直前になるまで気付きませんでした。
    これはABEYの文字がちっちゃくて分かり
    難かったからだと思います。

  • 500_47337008

    12:25 Cambridge HOTEL ABEY
    到着しました。
    フロントで早速にCheck-inいたします。

    お姉さんの英語が聞き取りにくくて、
    もとい、私の理解する能力が低くて
    「チェッ、かなわないなぁ」との態度を
    くらいながらも、Check-in手続き完了。

    カードキーを貰い部屋へと向かいました。

  • 500_47337009

    到着したのはCheck-in時刻だったのか
    どうかわかりません。ですが、直ぐに
    部屋が利用出来たのは有り難かったです。
    (恐らくCheck-in時刻前に到着したと思います)

  • 500_47337010

    お部屋にはこちらのエレベーターで。

    エレベーターの扉が閉まる直前に
    台車を押したスタッフの姿を認めたので
    「どうぞご一緒に」とドアをオープン。
    その男性スタッフの方と途中階まで
    ご一緒となりました。

    エレベーター中では、
    「何処から?何時まで?」っていう
    ごくごく普通の会話をいたしておりましたが、
    降り際に笑顔で「ありがとう、良い旅を!」
    と爽やかに降りてゆかれました。

    一流ホテルと呼ばれるような所では
    このようなことは無いので、
    感じ方は人それぞれだと思いますが、
    私的にはアットホームで好印象に感じました。

  • 500_47337011

    意外と奥まで建物が続いていて
    エレベーターを降りて部屋まで
    少しばかり歩きました。

    お部屋は変形のレイアウトでしたが、
    広さ的には十分です。

    ベッドの幅が少しナローでしたが
    大した問題ではありません。

    しかし、この椅子は。。。
    これはチョット駄目でしょう。
    とりあえず置いてあるって感じです。
    座り心地は勿論、トホホでした。

  • 500_47337014

    その机で早速に持ち物を整理します。

    両替時には、プラスチック製で結構立派な
    こちらのケースに入れて渡していただきました。

  • 500_47337015

    当座必要な分を分けておきます。
    レートは気にしていません。

  • 500_47337016

    opalカードの説明もお土産にもらってます。
    (帰路だと忘れそうなので)

  • 500_47337013

    奥のソファーがね、これが良かったんです。
    私の場合、部屋にゴロ寝出来るソファーが
    あればそれだけで、高ポイントなのです。

    既にこの時点で疲れたので(笑)ソファーに
    横になり、休息いたします。
    少しばかりおやすみなさい。zzz・・・ZZZ

    1時間少々ですが、見事に昼寝いたしました。

  • 500_47337012

    ヒルトン東京のKING DELUXEよりも広い
    バスルーム(笑)。
    浴槽は「外国あるある」の浅いタイプです。

    起きてからもゴロゴロし続けていましたが、
    流石にこれでは・・・と思い、ヤル気を起こそうと
    リフレッシュのために入浴。

    しかし、その後もやっぱりゴロゴロ。

    このままではいけないと、何とか起き、
    今更ながらの泥縄で本日の行動予定を
    検討しました。

    もはやこの時刻です。
    行き先は
    「夕刻からの1本勝負、ベイエリア!」
    と決めました。

  • 500_47337018

    18:20 やっと“意を決して”出発。

    道路を挟んだ向かいに
    小さなスペースがありました。
    行ってみると素敵な水飲み場。
    そして、そこから坂道を見下ろしたら・・・。

  • 500_47337017

    ジャカランダが綺麗でした。

    満開ではありませんでしたが、
    美しかった。素敵な風景でした。

  • 500_47337019

    俄然やる気が出て、足取りも軽く
    MUSEUM駅へと向かいました。

  • 500_47337020

    opalカードに活躍していただきましょう!

    気にするかしないかは
    人それぞれだとは思いますが、

    ×オパールカード
    ○オーパルカード
    です。

  • 500_47337021

    乗車いたしました。観光に出発です。
    なんとも出遅れ過ぎですが、
      まあ、何時ものことなので。
    人間万事塞翁が馬。とも言いますし。

  • 500_47337043

    駅と駅の距離、近いです。
    コンパクトな街の造りなんですね。

    車窓より、いきなり港の景色が!
    観光気分が盛り上がります。
    歩かない観光って素敵です。
    (これから歩くのですが。。。)

  • 500_47337044

    CIRCULAR QUAY駅で下車いたします。

  • 500_47337046

    こちらのマップからも想像出来ますが、
    ここでこうやって見回してみても、
    観光都市として設計されている様子が伺えます。

  • 500_47337047

    だってね、車窓からも、
    下車して駅から出たところからでも
    何処からでも絵になっているんですから。

  • 500_47337048

    何気なさそうに見えるも手抜きなし。

  • 500_47337049

    ガラスが反射して見えませんが、
    お店のショーウインドウの
    ディスプレイ、美しかったです。

  • 500_47337050

    行く先々にシティマップがありました。
    超有名観光スポットですから
    人が多かったです。

  • 500_47337051

    ハーバーブリッジを眺めながら
    歩いて行くと、唐突に・・・。

  • 500_47337052

    オペラハウスが現れます。

    ここに至るまでは見えてなくて
    唐突に現れるのも計算ずく??

  • 500_47337053

    時刻はユッタリと、
    しかし大きな歩みで
    夕暮時へと向かって行きます。

  • 500_47337055

    沈み行く太陽を追うかのように
    私もオペラハウスへと急ぎます。

  • 500_47337058

    到着したのは19:00少し前位でしょうか。

  • 500_47337059

    この「片割れ時」へと
    急速に突入して行く時刻は
    一瞬一瞬の空の変化も見逃せません。

  • 500_47337063

    灯火の点灯するタイミング、
    これもまた絶妙でした。
    偶然なのだろうか?

    センサーでは無くて人手で
    おこなっているのでは?
    と思えるほどでしたが、
    まさかね。

  • 500_47337064

    あれれ、なんだか夕夜景を狙って行った
    東京スカイツリー旅行の時みたいに
    なってきたぞ。

  • 500_47337065

    ゴロゴロし続けていたら出遅れて、
    偶然この時間帯に訪れることとなった
    だけなのですが。

  • 500_47337066

    これが私の運命なのか、
    それとも必然だったのか。

    なんだか良くわかりませんが、
    良い感じに盛り上がってきました。
    (ただし、1人盛り上がりですが)

  • 500_47337068

    これらの写真ですが、ぐるりと
    オペラハウスを時計回りに1周
    しながら撮ったものです。

  • 500_47337069

    1番人目につかないであろう
    オペラハウスの裏っ側です。

  • 500_47337070

    無人でしたがスタッフルームも
    窓越しに見ることが出来ました。

  • 500_47337071

    正面の階段の所まで戻って来ました。
    オペラハウスをグルリと1周するのに
    20分位掛かったと思います。

  • 500_47337118

    何故だか非常に日本人には馴染みのある
    オペラハウスですが、実際に間近で見る
    ことが出来て良かったです。

  • 500_47337120

    壁の質感や素材など、現地で見ないと
    本当のところはわかりません。

  • 500_47337122

    白亜の建造物だと誤認していたのですが、
    実際はさにあらず。

    しかも、遠目に見えている色合いと、近づいて
    見る色合いも異なって見えたのには驚きでした。

  • 500_47337123

    その秘密がこのタイル。

    色味の異なったものを貼り合わせて
    あるので、光の加減での変化を生んで
    いたのです。

    しかし、このタイル。一体全部で何枚
    貼られているのでしょうか?
    スゴイ・・・。

  • 500_47337124

    世に2つと無い、その特異な形状が
    評価の大きな部分を占めてはいることには
    異論がありません。

    しかし、光の反射で異なった色味となるように
    見せる外壁の工夫も、もっと評価すべきでしょう。

  • 500_47337127

    20世紀後半より21世紀にかけての
    キーワードはスケスケとライトアップ、
    こう言い切っても良いと私は思っています。

    こちらでも、それは見ることができました。

  • 500_47337133

    壁面のこれは、一体何なのでしょうか?
    何かが取り付けられていた痕跡??
    それとも未完成???

  • 500_47337128

    建物の中にはレストランもありましたが、
    既にほぼ満席でした。

    ホテルを出発する前は、なんだか怠くて
    本格的に寝かかって居ましたが、
    意を決して出掛けることにして良かったです。

    現地に行って、自身の眼で見て、手で触って
    見ること、このことが何より大切だ。

  • 500_47337131

    ハーバーブリッジが
    闇に沈んで行きます。

  • 500_47337132

    ビル群にもヒタヒタと闇が。

  • 500_47337129

    最も感動したのが、
    この不思議な形をしたシェル。
    この曲線の連続構造が凄かった。

  • 500_47337135

    このシェルの強度設計なんかは
    21世紀のパソコンでも大変。

    当時は今日とは違って全てが
    手計算だったことでしょう。
    それはもう、
    「目の眩むような作業」だった
    のではないか?と、グルリ回り
    ながら考えました。

  • 500_47337137

    ここ、この場所で何と言うか、
    人種差別的な感じの言動に遭遇しました。

    この時は、何とも随分と久しぶりな気がした、
    程度に思い、そこまで気にはならなかった
    のですが・・・。

    今、これを書きながら思い返せば、
    空港到着時のパスの回収とか、
    チラチラと見え隠れしていたように思います。

    しかし、フレンドリーという言葉がピッタリの
    素敵な方の方が圧倒的に多かったです。

    このような問題は、なかなか氷解しないのだな、
    と思った21世紀の今日この頃です。

  • 500_47337139

    ハーバーブリッジもライトアップ。

  • 500_47337140

    振り返ればオペラハウスも。

    日が落ちると急速に風が
    冷たくなってきました。
    1枚羽織って帰路につきます。

  • 500_47337141

    OPERA KITCHEN も賑わいはじめる
    時間帯になってきたようです。

  • 500_47337142

    当初は街中に引き返して
    夕食にするつもりでいたのですが
    雰囲気が良い感じだったので、
    こちらでも良いかなぁ・・・などと
    思い始めました。

  • 500_47337143

    日も暮れてライトアップされた
    オペラハウスも、段々と陰影を
    濃くし始めています。

    夜景の素敵な夜の時間、
    大人の時間になってきました。
    折角なので、こちらで夕食を
    頂くことに決めました。

  • 500_47337175

    OPERA KITCHEN のレジ前に置いてある
    メニューを見てオーダー。
    支払いを済ませたら、こちらを持って
    気に入った席に座り待ちます。

    レジの女性の方がとってもフランクで
    素敵でした。先ほどの件の後でしたので、
    なんだか笑顔になりました。

  • 500_47337176

    「何処に座っても良いの?外のテーブルでも?」
    と聞いたところ、
    「大丈夫、何処にいても居場所はわかるので
     お好きなところへ」
    とのことでしたので、ここは外のテーブルに行く
    ことにしました。

    羽織り物を持って来ていなかったら、風が冷たくて
    外のテーブルは無理だったことでしょう。

  • 500_47337177

    待っている間にドンドンと闇が
    押し寄せて来ました。

  • 500_47337178

    オペラハウスもハーバーブリッジも
    ライトアップされ美しかったです。
    外のテーブルを選んで正解でした。

  • 500_47337179

    まずはスパークリングワインがやって来ました。
    やっぱり何処に居るのか分かるんだ。。。
    (・・・と思っていたら、誤配達もあったので
     確度はさほどでもないのかも)

    テーブルのキャンドルにも火が入り、
    雰囲気も一層素敵に。
    だけどね、1人だとチョット素敵過ぎなんですが。

  • 500_47337180

    そして、ホットドッグ。
    OK SPARKLING $10.00 & OK DOG$22.00

    何と言いましょうか、とても夕食といえる
    感じではないオーダーなのですけど、
    しかし、雰囲気がね、これが相当に良かったです。

  • 500_47337181

    牡蠣はこちらではやめておきました。
    これは当初からそう決めていたのです。

  • 500_47337182

    このカモメがね、しつこいんです。
    平気で近寄ってきます。
    油断してたら喰い散らかされてしまいます。

  • 500_47337183

    完全に夜の時間となりました。

  • 500_47337184

    ビル街も綺麗です。

  • 500_47337185

    ハーバーブリッジも
    クッキリと浮かび上がってきました。

  • 500_47337186

    対岸のDJ&音楽がこちらまで届いています。
    ノリの良い曲に夜景の美しさ。
    良いムードです。

  • 500_47337187

    周りのテーブルの皆様方も
    大いに盛り上がっています。

    わかる、わかります。
    カップルだと特にね(^_-)-☆

  • 500_47337190

    気が付けば
    屋根の下のテーブルも
    大方埋まっていました。

  • 500_47337191

    食事を終え、帰路につきます。
    大人の時刻の盛り上がり。
    これもまた、良いものです。

  • 500_47337192

    私がオーダーをした時には、
    まだ席は選び放題だったのですが、
    もう空いている席は僅かとなって
    いました。

  • 500_47337193

    オペラハウスに向かって歩いていた
    時には準備中かな?って感じだった
    のですが、一変していました。

    席の近くで上がっていた炎は、
    暖房だったのですね。

  • 500_47337197

    駅に戻るので、方向としては
    ビル街の方へと歩いて行きます。

  • 500_47337196

    振り返ればハーバーブリッジとオペラハウス。

  • 500_47337198

    この時間帯に訪れることが
    出来て良かったです。

  • 500_47337200

    少し物足りない感じなのは
    お一人での夕食だったから?
    いいえ、デザートを頂いて
    いないからです。

  • 500_47337202

    駅の直ぐそばの、こちらで
    デザートを求めることにしました。

  • 500_47337199

    さて、何にしましょうか?
    私が立ち止まって選んでいたら、
    つられるように次々とお客さんが。

  • 500_47337201

    gelatissimo THE REAL TASTE OF ITALIA にて
    ティラミス1コーン$7.70

    これで何となく〆って感じとなりました。
    デザートなしではやっぱりね。

  • 500_47337204

    振り返ればオペラハウスがあんなに遠くに。

    我ながら良く歩いたものです・・・って、
    それ程の距離を歩いた訳ではありませんが。

  • 500_47337229

    サーキュラ・キー駅で見つけた
    壁を飾っているオブジェ。

  • 500_47337228

    気に入ったので大きく。

  • 500_47337230

    アートな水飲み場。
    バックがイマイチなのはご愛敬。

  • 500_47337232

    こんな感じで水が流れます。

  • 500_47337231

    電車がやって来ました。

  • 500_47337233

    エルゴノミクス・デザイン、
    であろうと思われる「つり革」ですが、
    使ってみてはいないので
    使い心地がどうなのかはわかりません。

    なんか使いにくそうなのですが、
    実際にはどうなのでしょうか??

  • 500_47337234

    しかし、
    この「2階建て車両」って
    言うのが良いです。

  • 500_47337236

    いかにも外国って雰囲気一杯です。

  • 500_47337237

    opalカードのおかげで楽々です。

    私はディスカウントに心を砕くより、
    スピーディさを求めていますので
    交通カードのある国では、ほぼ
    発行するようにしています。

    21世紀の旅行では交通カードを
    どう使いこなすかだと思います。

    ・・・などと立派なことを述べましたが
    梅田でSuicaのチャージが切れ、
    Suica圏内以外ではオートチャージが
    出来ないと初めて知った大間抜けです。

  • 500_47337238

    何の計画も無く、ただ単に
    「ベイエリアまで行って戻ってきただけ」
    なのですが、満足度は高かったです。

  • 500_47337240

    ただ、残念なのは有名レストランには
    (1人なので)行けなかったことでしょうか。

  • 500_47337241

    ドレスコードはともかくとして、
    予約必須で基本2名様以上。
    これはチョットね。。。

  • 500_47337242

    などと思いつつ、Museum駅に帰り着きました。

  • 500_47337245

    程よい時刻に帰り着いたと思います。
    と言ってもまだホテルに戻った訳では
    ありませんが。

  • 500_47337246

    夜の一人歩きではありましたが
    何事もなく無事帰着いたしました。

    昼間は気付きませんでしたが、途中、
    アダルトチックなお店もありました。
    門構え、ポスターからの推測なので
    正しいのかどうかは不明ですが、
    多分想像の通りかな、と思います。
    (間違っていたらゴメンナサイ)

  • 500_47337247

    あの時刻に起きて活動を開始して良かった。
    泥縄だったのですが、想像以上、それ以上の
    十分に満足のゆく初日となりました。

    これは、明日以降も期待出来そうです。
    ・・・って、明日のことは朝になってから
    考えるのですが。

    -その3- へと続きます。
    (写真一杯のダラダラ文章で申し訳ございません。)

シドニー人気旅行記ランキング614位(2178件中)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

この旅行で利用したホテル

シドニー ホテル

出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

オーストラリア旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら600円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

Wi-Fiについてもっと見る

フォートラベル GLOBAL WiFi

このエリアのホテル

シドニー ホテル一覧へ

H"(エッジ)さん

H"(エッジ)さん 写真

海外4カ国渡航

国内10都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

この旅行記の地図

拡大する


Pickup!! フォートラベルからのおすすめ情報