旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

サン・ミゲル・デ・アジェンデ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

サン・ミゲル・デ・アジェンデ人気旅行記ランキング18位(42件中)

2017新春のメキシコ その4~アメリカ人が大好きなサン・ミゲル・デ・アジェンデ

関連タグ

    旅行時期 2017/01/03 - 2017/01/03 (2017/01/15投稿

    2017年のお正月休み、冬は暑い所に行こうと2度目のメキシコへ。前回はメキシコシティとユカタン半島を巡ったので、中央高原を中心に回りました。

    その4は世界遺産、サン・ミゲル・デ・アジェンデ。手工業によって栄えた街ですが、その後衰退し、そのためにかえって古い街並みが自然に保存されたところ。法王庁の旗の色である、黄色と白、それにフランシスカンの茶色の3色を基調に、シックに塗られた家並みが続きます。

    アメリカでは世界で一番行きたい場所(2位はベネチア)にも選ばれたことがあるらしく、街を歩いていると英語もちょくちょく耳にします。観光地としてとてもよく整備されていて、お土産やさんも今回行った中では一番洗練されていました。

    旧市街は狭い範囲に固まっているし、坂に沿ってできた街なので、ぐるぐるさまよい歩くのも楽しいです。迷ったらパロキア(教区教会)の派手な塔を探せばOK。ただし、デコボコの石畳の道が続くので、歩きやすく壊れにくい靴が必要です。私はちょっと華奢な靴をはいて行ったら、靴の皮をかがっている糸がほつれてしまいました。

    ・メキシコシティからサン・ミゲル・デ・アジェンデへ
    ・展望台からの眺め
    ・ソカロとパロキア
    ・徒歩でサンフランシスコ教会へ
    ・シビカ広場と、ラサルー教会、サンフェリペネリ教会
    ・民芸品市場
    ・昼食はミログロスで
    ・街歩き
    ・アジェンデ美術学校

    表紙写真は、レクレオ通りのシックな家並み。

    写真 66枚

    交通手段 : 
    • 現地移動 :  観光バス / 徒歩
    利用旅行会社:
    ジェイティービー
    エリア:
    メキシコ > サン・ミゲル・デ・アジェンデ
    エリアの満足度:
    4.0
    • メキシコシティからサン・ミゲル・デ・アジェンデへ。

      この道はアメリカまで真っ直ぐ続く幹線道路。

      軍隊も通るし、なんといっても大量の物資が運ばれるため、アスファルトでは凹凸が激しくなってしまうとのことで、コンクリートで舗装されています。

    • こんなふうにまっすぐ続きます。このあたりは片側3車線。

    • 途中、ケレタロの周辺では、街の中心を迂回するバイパスへ。

      人口増に対応するため、政府が若い人たちに向けて、低廉な住宅を大量に供給しているのだとか。このあたりは、白く塗られた住宅がどんどん建設中でした。

    • 撮影場所の地図

      サン・ミゲル・デ・アジェンデ。

      展望台からの眺めです。

      右奥に見える、ピンク色の塔がパロキア。この街は、ピンクと淡いグリーンの石材で作られた建物が多く、それがまた街のかわいらしさを演出しています。

    • 撮影場所の地図

      坂を下ります。

    • 路面電車のような観光バスが走ってきました。

    • 撮影場所の地図

      パロキア(教区教会)です。この街の中心。

      ヨーロッパではすでにゴシック様式が下火になっていたのに、宣教師が持ってきた一枚の写真に惚れ込んで、それをもとにゴシック様式で建てられたのだそう。

      ピンクと淡いグリーンの石が魅力的です。

    • 重厚な扉。

    • 中はおもったよりシックな感じ。

    • 袖廊のグアダルーペ聖母の祭壇。

    • 古いタイル。

    • イチオシ

      パロキアの塔を見上げた所。

      ちょっとデコレーションケーキを思わせる建物です。

    • 撮影場所の地図

      向かいに建っているのは、歴史博物館。

      独立戦争の英雄、イグナシオ・アジェンデの生家を改装したものです。

    • 建物の角には、アジェンデの像。

    • パロキアとの間には、この町を建てたフランシスコ会の修道士、サンミゲルの像。

    • 撮影場所の地図

      街を散策しながら、サンフランシスコ教会まで行きましょう。

      アメリカ人に人気のこの街は、退職後に住みたい人も多いようです。このあたり、高級住宅地には不動産屋さんもたくさんあって、退職者用のレジデンスなどが紹介されていました。

    • 撮影場所の地図

      淡いピンクと茶色がとてもシックな建物。

    • 撮影場所の地図

      持ち帰りのカフェもおしゃれな感じ。

    • 撮影場所の地図

      角を曲がると、パロキアの塔が見えました。

    • おしゃれなボデガ。ワイン店です。

    • 撮影場所の地図

      サンフランシスコ教会の前までやってきました。

      ウルトラバロックのファサードが見事です。

    • さらに寄ってみましょう。

      教会の前の泉に、鳩が水を飲みにやってきています。
      小鳥にも語りかけた、アッシジの聖フランチェスコの逸話を思い出します。

    • 撮影場所の地図

      中は驚くほど質素。メキシコの独立戦争や宗教弾圧などで、かつての装飾が破壊されてしまったからでしょう。

    • 主祭壇。祭壇も新古典様式に変えられています。

      クリスマス飾りが祭壇に置かれていました。

    • メキシコの聖人、サン・フェリペデヘスス。長崎で殉教した26聖人の一人です。

    • 出口のステンドグラス。

      1997年という年号が示すように、少しずつ、少しずつ、再建されているようです。

    • 最後にもう一度ファサードを見上げます。

    • 撮影場所の地図

      シビカ広場。アジェンデの騎馬像があります。

    • 貝を模した半ドームが特徴の、ラサルー教会。

    • 撮影場所の地図

      ファサードをアップにしてみました。

    • ラサル-教会の内部。こちらも、悲しいほどシンプルになっています。

    • 撮影場所の地図

      直ぐお隣の、サンフェリペネリ教会。

    • 撮影場所の地図

      ここの見どころは、回廊にあるオラトリオの楽譜。

      残念ながら閉まっていましたが、遠くからパチリ。黄色い額にはいっているのが楽譜です。

    • 教会には、運良く横の入り口から入ることができました。

    • イチオシ

      わあ、かわいらしい。

      祭壇は新古典様式に変えられていますが、天井や壁の模様がピンク色です!

    • 入った左手には、ノートルダムドロレットの祭壇。

      天使がナザレから、受胎告知の家ごとイタリアのロレットに運んだと言われる、奇跡に基づくものだそう。

      中は保存のために入れなくなっていました。床や壁のタイルは創建当時のものだそうです。

    • シビカ広場に戻って。

      さっきとは別の路面電車風バスです。

    • 撮影場所の地図

      次は市場に行ってみましょう。

      入った直ぐのところは食料品市場で、フルーツがいっぱい。

    • その奥はタコスなどを食べられる、簡易食堂が並んでいました。

    • 緑色のはひよこ豆。普通は乾燥豆ですが、この時期だけ生のひよこ豆を茹でたものを食べられるそう。

      殻の堅い枝豆という感じ。これに、唐辛子ソースをかけて食べるのがメキシコ風。

    • 市場の奥は民芸品売り場。

    • 撮影場所の地図

      その先も続いています。

    • 撮影場所の地図

      戻ったところにあったのは、肉屋さん。人だかりができていました。

    • 撮影場所の地図

      そろそろお昼。ガイドさんと、どのお店に行こうか相談です。

    • 撮影場所の地図

      モルカヘテというお料理をまだ食べたことがない、と、早速食べてみることに。

      ロスミラグロスという大衆酒場のようなお店です。

    • ミラグロスとは、「奇跡」と言う意味で、お願い事をしてそれがかなったときに、教会に奉納するお守りみたいなもののことを指すようです。

      骸骨模様とか、覆面レスラーとか、壁にはお土産品としてのミログロスがいっぱい飾られていました。販売もしているみたい。

    • イチオシ

      さて、これがモルカヘテ。本来はサルサづくりなどに使う小型の石臼を、石焼用にしたお料理です。

      これは魚介のモルカヘテ。えびや白身魚、サボテンや唐辛子、それにチーズが入って、緑色のソースでグツグツ石焼にされています。高温になるので、中まで火が通ってとってもおいしい。

    • 撮影場所の地図

      食後も散策を続けます。

      ラコンセプシオン教会。

    • 撮影場所の地図

      ここの回廊は、エルニグロマンテ文化会館になっています。

      建物のアーチを活かしたプロジェクションマッピングみたいな、シケイロスの壁画が見ものです。

      写真撮影は禁止でした。

    • 撮影場所の地図

      街歩きをしていると、何度もやってくるのがソカロ。そしてパロキアです。

    • イチオシ

      撮影場所の地図

      街の南の方に行ってみます。レクレオ通り。

      黄色と茶色の建物の中に、シックなブルーが混じっているのもきれいですね。

    • 撮影場所の地図

      猫?のかたちのガーゴイル。ライオンかな。

      屋上のテラスにたまった水を落とすための仕掛けです。昔は歩いていると、上から水が降ってきたんだろうなあ。

    • その先には、ピンクのビートル。

      ほんとに可愛らしい街です。

    • イチオシ

      テラプレン通りとディアスソレアノ通りの角の家。

      黄色い壁と青空、そしてサボテン!

    • 撮影場所の地図

      よく見ると、家の上に植物を並べている家がたくさんありました。

      こちらはマリーゴールドかな。

    • その向かいには、HAIKU HOTELと言う名前の怪しい?建物。

      メキシコ人が考える日本という感じでしょうか。

    • 撮影場所の地図

      坂を下ります。

    • 撮影場所の地図

      かつては町の人々の喉をうるおした泉。

    • 撮影場所の地図

      アルダマ通りに入って、振り返ってみました。

      パロキアのドームが。

    • 屋号でしょうか。1749年という年号が見えます。

    • 撮影場所の地図

      もう一度、振り返ってみました。

      パロキアの塔が!

    • 街歩きもそろそろ終盤のころに見かけた痛車。

    • 撮影場所の地図

      天使の羽はアンティーク屋さんのようです。

    • 撮影場所の地図

      最後はアジェンデ美術学校へ。

      回廊には生徒の手によるものでしょうか、壁画が描かれています。

    • 壁画のアップ。

    • 美術学校奥のテラスからは、パロキアの塔がよく見えました。

      これが見納めです。

      今日はグアナファトまで行って泊まります。

    サン・ミゲル・デ・アジェンデ人気旅行記ランキング18位(42件中)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    この旅行で行った観光スポット

    サン・ミゲル・デ・アジェンデ 観光スポットランキング

    この旅行で利用したショッピングスポット

    サン・ミゲル・デ・アジェンデ ショッピングスポットランキング

    出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

    メキシコ旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら840円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

    Wi-Fiについてもっと見る

    フォートラベル GLOBAL WiFi

    このエリアのホテル

    サン・ミゲル・デ・アジェンデ ホテル一覧へ

    この旅行記の地図

    拡大する


    ピックアップ特集

    閉じる