旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

湖水地方 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

湖水地方人気旅行記ランキング219位(468件中)

パックツァーのイギリス8日間に,前後泊追加の旅<前半>

旅行時期 2016/04/21 - 2016/05/01 (2017/01/06投稿

日本からブリティッシュエア直行便で行く,「イギリス8日間」のパックツーに現地合流で参加させてもらいました。本来のツァーは直行便を利用するので,途中経由地空港での合流はできません。それなら折角だと思い,ツァー合流前に一泊,離団後2泊をロンドンでして,コンサート等を見ることにしました。日程は下記です。<br /><br />4月21日 KL 01:55 → ドバイ経由 → ヒースロー空港07:45。夜はフィルハーモニア管弦楽団で「モーツァルト・レクイエム」等。<br />4月22日 17過ぎにヒースロー空港で,ツァーグループに合流。300km以上離れている,ブラックバーンまで移動してマナーハウスに宿泊。<br />4月23日 湖水地方で遊覧船乗ったり観光。<br />4月24日 リバプール,チェスター等を観光しながらバーミンガムへ移動。<br />4月25日 シェイクスピア関連の街並みなどを観光。<br />4月26日 オックスホードを観光してからロンドンへ移動,<br />4月27日 大英博物館,ナショナル・ギャラリー等を見学。<br />4月28日 ツァーの皆さんは午前中ヒースロー空港へ向かい帰国。私はここで離団して,ロンドンの別のホテルへ地下鉄で移動。昼は「オペラ座の怪人」,夜は「ロンドン交響楽団コンサート」を鑑賞。<br />4月29日 コベントガーデンで,ワーグナー作曲「タンホイザー」鑑賞。<br />4月30日 ガトウィック空港14:30 → ドバイ経由 → 翌日14時頃KLに戻りました。<br /><br />写真は古い城塞都市チェスターの,木組みの商店街”ロウズ”の街並みです。

日本からブリティッシュエア直行便で行く,「イギリス8日間」のパックツーに現地合流で参加させてもらいました。本来のツァーは直行便を利用するので,途中経由地空港での合流はできません。それなら折角だと思い,ツァー合流前に一泊,離団後2泊をロンドンでして,コンサート等を見ることにしました。日程は下記です。

4月21日 KL 01:55 → ドバイ経由 → ヒースロー空港07:45。夜はフィルハーモニア管弦楽団で「モーツァルト・レクイエム」等。
4月22日 17過ぎにヒースロー空港で,ツァーグループに合流。300km以上離れている,ブラックバーンまで移動してマナーハウスに宿泊。
4月23日 湖水地方で遊覧船乗ったり観光。
4月24日 リバプール,チェスター等を観光しながらバーミンガムへ移動。
4月25日 シェイクスピア関連の街並みなどを観光。
4月26日 オックスホードを観光してからロンドンへ移動,
4月27日 大英博物館,ナショナル・ギャラリー等を見学。
4月28日 ツァーの皆さんは午前中ヒースロー空港へ向かい帰国。私はここで離団して,ロンドンの別のホテルへ地下鉄で移動。昼は「オペラ座の怪人」,夜は「ロンドン交響楽団コンサート」を鑑賞。
4月29日 コベントガーデンで,ワーグナー作曲「タンホイザー」鑑賞。
4月30日 ガトウィック空港14:30 → ドバイ経由 → 翌日14時頃KLに戻りました。

写真は古い城塞都市チェスターの,木組みの商店街”ロウズ”の街並みです。

写真 54枚

テーマ:
世界遺産
交通手段 : 
利用旅行会社:
阪急交通社
エリア:
イギリス > 湖水地方
エリアの満足度:
4.0
  • 500_46101065

    ロンドンヒースロー空港に到着してまずは一服。喫煙場所はここ位しか見つかりませんでした。

  • 500_46101066

    空港からホテルまで地下鉄で移動。イギリスの地下鉄初めて乗りましたが,車両幅が狭いんですね。両側の乗客が其々大きなスーツケース置いたら,通り抜けも大変です。

  • 500_46101067

    ホテルに荷物置いて早速本日のコンサート会場,ロイヤルフェスティバルホールへ。
    これがホール裏側です。

  • 500_46101069

    正面入り口側はテムズ川に面しています。

  • 500_46101068

    コンサートホール内部の様子です。
    今日はフィルハーモニア管弦楽団で,前半ブリテン「青少年のための管弦楽入門」,ブルッフ「バイオリン協奏曲」。
    休憩後にモーツァルト「レクイエム」を聴きました。

  • 500_46101214

    桟敷席は近代的でナカナカお洒落。

  • 500_46101215

    休憩時間に外に出たら,テムズ川沿いがライトアップされてました。

  • 500_46101216

    ツァー合流前のホテルは,ロイヤルフェスティバルホールに比較的近い,トゥーティング・ブロードウェイ駅から徒歩10分ほどにある,フレクシステイ アパートホテル トゥーティングを取りました。
    何処にもホテルの看板が出てませんが,これがホテル前の通りです。

  • 500_46101217

    これがホテル入り口なのですが,玄関脇の”268”という番地だけを頼りに呼び鈴押してみました。
    中から若いお兄さんが出てきてチェックイン。と言ってもフロントが有るわけでもなく,普通のアパートです。日本でいう民泊と言う類ですね。

  • 500_46101218

    webで予約した時,”朝食付き”との事だったので場所を聞いて連れていかれた食堂。冷蔵庫に食パン,チーズ,卵,ソーセージ,ジュースなどが入っているから適当に食べていいのだとか。

  • 500_46101670

    これが奥のキッチン部分です。
    やる気が有れば目玉焼き等もできるのでしょうが,私はトーストとジュースだけに。

  • 500_46101671

    日本からのツァーの人達は17:10ヒースロー着なので,それまでホテル近くを散歩しました。

  • 500_46101672

    無事ツァーの方達とも合流して,宿泊ホテルの有るブラックバーンのマナーハウスへ。
    ツァー全員がこの古いマナーハウス側に泊まれたわけではなく,私は新館側になってしまったので,普通のホテルと言う感じでした。

  • 500_46101673

    ツァー最初の観光は,”嵐が丘”の舞台であるハワース散策。
    ブロンテ一家が葬られているパリッシュ教会。

  • 500_46101674

    そしてペニストーンヒルへ登ります。まさに荒涼とした景色で”嵐が丘”。

  • 500_46899572

    イギリスの田舎と言うと牧草地に延々と繋がるこの石壁ですね。こんなに近くで見たのは初めてですが,漆喰やセメントで作らないので,ドライ・ストーン・ウォールと言うのだとか。
    パリッシュ教会から丘まで行く小道の両側はこの石壁です。

  • 500_46899573

    苔に覆われて歴史を感じます。

  • 500_46899574

    パリッシュ教会の近くに有る墓地です。

  • 500_46899575

    もう少し整備してあげた方がよろしいような。

  • 500_46899576

    ブロンテ姉妹関連の観光を終えて,湖水地方へ。
    湖水地方は,ピーターラビットの作者ビアトリクス・ポターが住んでいた町。

  • 500_46899719

    ウィンダミア湖で遊覧船に乗る為に桟橋へ。白鳥は我関せず状態。犬が近ずいたくらいでは驚きもしない。

  • 500_46899720

    桟橋から眺めた街並み。

  • 500_46899721

    暫く待つうちに,これから乗船する遊覧船が到着。

  • 500_46899722

    イザ出航。
    美しい湖水地方を期待していたのですが,曇り空でイマイチ。
    遊覧船下船して,ホテルへ戻りました。

  • 500_46899723

    ツァー三日目,ビートルズの故郷リバプールへ来ました。

  • 500_46906765

    まさにビートルズの町。

  • 500_46906766

    マシューストリートは,あっちこっちビートルズだらけ。

  • 500_46906768

    17世紀頃から西インド諸島やアメリカとの貿易で栄え始めたアルバートドッグへ移動してきました。
    大きく発展したのは18世紀からの奴隷貿易と言うのがチョット気になるが。

  • 500_46906769

    ここは自由行動になったので,その奴隷貿易の歴史が展示されているという博物館へ。

  • 500_46906828

    その後,チェスターへ移動し,昼食後,ローマ時代にまで遡ると言われる古い城下町チェスターの観光です。

  • 500_46906829

    木組みの商店街「ロウズ」を散策。

  • 500_46906830

    横断歩道橋の上に建てられた豪華絢爛な時計塔。

  • 500_46906831

    かつては巡礼地として栄えたのだそうで,こちらがチェスター大聖堂。

  • 500_46906832

    チェスター大聖堂の内部です。

  • 500_46907016

    勿論,立派なパイプオルガンも有ります。
    チョウド演奏しているところでラッキー。

  • 500_46907017

    教会内部にこんな彫刻も。美術に余り興味ない私には,これが芸術作品には見えないのですが。

  • 500_46907018

    チェスター観光後ウェールズ地方に移動しました。
    そして世界遺産”ポントカサルテの水道橋”を見学。

  • 500_46907019

    この水道橋は運河になっていて,橋上をナローボートが行き来してます。

  • 500_46907020

    イギリスは連合国家ですから,このウェールズ地方ではまだウェールズ語も使われているらしく,道路標識も英語との併記方式です。
    この後,バーミンガムへ移動してバーミンガムで宿泊。

  • 500_46915215

    ツァー4日目は,シェイクスピア生誕・永眠場所である,ストラットフォード・アボン・エイボンへ。
    ここが,シェイクスピアの眠るホーリー・トリニティ教会。

  • 500_46915216

    この下でシェイクスピアが永眠されています。合掌!

  • 500_46915217

    2016年はシェイクスピア没後400年なので,お花だらけ。

  • 500_46915218

    これがシェイクスピアの生家です。私は入場しませんでした。

  • 500_46915219

    ここがシェイクスピアの学んだ学校らしいのですが,現在はアパートのような感じになってました。

  • 500_46919852

    近くの公園にあったシェイクスピア像。
    この像の周りにハムレットなど,彼の代表作にちなんだ像も建っています。

  • 500_46919853

    これはヴェルディ最後のオペラになった,”ファルスタッフ”。

  • 500_46919854

    没後400年なので,道路にも沢山のシェイクスピアの旗が有りました。

  • 500_46919855

    昼食場所の近くに現存する,アン・ハサウェイの家。
    シェイクスピアの妻アンが,1582年の結婚まで暮らしていた茅葺屋根の家。

  • 500_46919856

    昼食終わって,コッツウォルズ地方への移動途中に立ち寄った菜の花畑。

  • 500_46920041

    イギリスでは,お浸しにして食べる習慣は無いらしく,もっぱら菜種油用との事で,畑のオーナーの工場を見学させて貰いました。
    ニョロニョロと出てくる絞り粕は家畜の餌にして無駄は無いらしいけど,お浸しの美味しさを知らないイギリス人がチョット可哀想かも。

  • 500_46920042

    製造直売の菜種油をパンに浸して試食させてくれます。唐辛子味や,ニンニク味など結構美味しかった。

  • 500_46920043

    菜の花畑を後にしてコッツウォルズ地方の,ボートン・オン・ザ・ウォーターに移動してきました。
    丁度,エリザベス女王生誕90周年の飾り付けがされてました。

  • 500_46920044

    ボートン・オン・ザ・ウォーターは,リトル・ベニスとも呼ばれている長閑な村です。ここを1時間ほど自由散策しました。

  • 500_46920045

    カモなども居て散歩するにチョウド良い村でした。
    この後ホテルに戻り,明日はオックスフォード観光しながらロンドンへと向かいます。
    長くなったので,続きは<後半>として別別旅行記にさせて貰います。

湖水地方人気旅行記ランキング219位(468件中)

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

イギリス旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら600円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

Wi-Fiについてもっと見る

フォートラベル GLOBAL WiFi

このエリアのホテル

湖水地方 ホテル一覧へ

urufeeさん

urufeeさん 写真

海外36カ国渡航

国内27都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

Pickup!! フォートラベルからのおすすめ情報