旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

モスクワ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

モスクワ人気旅行記ランキング671位(1285件中)

2016夏ロシアその4 ~トレチャコフ美術館とモスクワ川クルーズ

関連タグ

    旅行時期 2016/08/14 - 2016/08/14 (2016/09/20投稿

    2016年の夏は、ずっと行きたかったキジ島の木造教会を見に、ロシアに行ってきました。

    その4は、トレチャコフ美術館とモスクワ川クルーズ。トレチャコフ美術館は2時間強かけて、じっくり鑑賞しました。ロシア美術の宝庫で、特にルブリョフのイコンが感動的でした。

    ・バスでトレチャコフ美術館へ
    ・肖像画いろいろ
    ・「見知らぬ女」で有名なクラムスコイ
    ・情念がせまってくるヴルーベリ
    ・イコンいろいろ、特にルブリョフが素敵
    ・バスでレストランへ(ホワイトハウスやらスターリン建築やら)
    ・レストランでロシア料理を堪能
    ・愛の橋
    ・モスクワ川クルーズ(クレムリンを外からじっくり)
    ・夕食はレストラン・トゥーランドットで

    表紙写真は、モスクワ川クルーズの様子。クレムリンの直ぐそばを通りました。

    写真 75枚

    交通手段 : 
    • 現地移動 :  観光バス / 徒歩
    エリア:
    ロシア > モスクワ
    エリアの満足度:
    4.5
    • 撮影場所の地図

      バスでホテルを出発。途中、プーシキンとその妻の彫像が。

      若くして亡くなったプーシキンはとても人気があるようです。あちこちに彫像がたっていました。

    • 撮影場所の地図

      こちらはゴーゴリ。

    • 撮影場所の地図

      きれいな青空。モスクワ川と救世主キリスト聖堂です。

    • 撮影場所の地図

      大通りに建つアパートは「未来の家」と呼ばれ、かつて政府の高官が居を構えたとのこと。住んだことのある有名人?のレリーフがかかっていました。

    • 撮影場所の地図

      なんだか変なモニュメントが。後ほど、じっくり?見ることになります。

    • 撮影場所の地図

      はあと型のアーチがかわいいこの橋は、「愛の橋」と呼ばれているとのこと。こちらも後ほどじっくり。

    • トレチャコフ美術館に向かう遊歩道には、いろんなオブジェが。
      これは、ファベルジェのタンポポを模したものかな。

    • 撮影場所の地図

      トレチャコフ美術館です。まだ閉まっています。

    • すでに行列が出来ています。

      持ち物チェックを受けて、中に入ります。

    • ロシアの絵画は肖像画から始まったのだそう。

      初期の作品で人気なのは、ポロヴィコフスキーの「ロブヒナの肖像」でしょうか。18世紀終盤の作です。

    • 続いては、キブレンスキーの「プーシキンの肖像」。
      プーシキンはアラブの血を引いていたとのこと。

    • 肖像画いっぱい。

      一つずつ見ていたら、どれだけ時間があっても足りません。

    • ガイドのエレナさん。詳しく説明してくださいます。

      下の肖像画は、ブリューロフの「自画像」。上の絵が、彼の手になる「バテシバ」です。随分大胆な表現になりました。

    • これも有名な作品。イワーノフの「民衆の前に現れるキリスト」です。
      なかなか買い手が見つからなかったそうですが。

    • ペーロフの「ドストエーフスキイの肖像」。

    • イチオシ

      日本では、トレチャコフ美術館といえばこの絵でしょうか。クラムスコイの「見知らぬ女」。1883年の作品。

      かつて日本で展覧会があったときに、かなり長くポスターがかかっていたとのことです。

    • そして、クラムスコイの「自画像」。

    • クラムスコイの「トルストイの肖像」。

    • 彫刻作品は少ないですが、アントコルスキーの「イワン雷帝像」。

      眩しいほどの白い大理石に、精巧に彫られています。皇帝の性格まで伝わってきそうですね。

    • ヴルーベリの壁画です。メトローポルホテルのためのデザイン。

    • これが、メトローポルホテルのモザイク。

      色合いは違いますが、たしかに上のデザインです。

    • ヴルーベリの「座るデーモン」。強い情念が伝わってきます。

    • ヴルーベリの手になる暖炉。

      工芸作品に優れた人のようです。ほかにも彫像もいくつか展示されていました。

    • 打って変わって、古い時代のものへ。

      11世紀、キエフの浮き彫りです。

    • ここからはイコンシリーズ。

      12世紀のモザイクのイコン。

    • イコンの飾られた部屋。

      ワクワクします。

    • 13世紀のイコン。表情が柔らかいですね。

    • イチオシ

      同じく13世紀の「悲しみの聖母」。

      いずれ若死にする我が子を想って、目に涙を浮かべています。

      イコンというと様式美という印象を持ちがちですが、作者によって随分表情が違い、人間的な温かみすら感じました。

    • イコンの部屋。いよいよルブリョフです。

    • イチオシ

      ルブリョフの「聖三位一体」。15世紀前半の作品です。

      真ん中が「父」、向かって右が「子」、向かって左が「精霊」を表しているそうです。

    • イチオシ

      そして、一連のルブリョフ(と弟子たち)の作品。
      救世主の左右に、聖母マリアと洗礼者ヨハネ、大天使ミカエルとガブリエルが描かれています。

      じっくりと対面することが出来ました。

    • イコンのほか、豪華な聖具類も展示されていましたが、これはクレムリンの武器庫にはかないませんね。

    • 2時間強、じっくり鑑賞して。

      遊歩道には昔のポスターの複製も展示してありました。嗜好品のポスターかな。

    • 撮影場所の地図

      再びバスに乗って。

      モスクワ川とクレムリン。少し雲が出てきましたが、青空がきれいです。

    • 撮影場所の地図

      モロゾフ邸。スペイン風の装飾がきれいです。

      バスで移動中も市内観光が出来ますね。

    • 撮影場所の地図

      ビルの谷間に愛らしい教会も。

    • 撮影場所の地図

      モスクワのホワイトハウスですって。ロシア連邦政府の建物です。

    • 撮影場所の地図

      スターリン・クラシック様式の七姉妹の一つ、ラディソン・ロイヤル・ホテル。

    • 撮影場所の地図

      さて、昼食のレストランは、こんな感じ。ボシュカです。

      工場を改築したような風情ですが…

    • 中は赤レンガの壁、天井が高くて、いい雰囲気です。

      ミネラルウォーターの瓶も、どことなくおしゃれ。

    • サラダはみずみずしい。

    • たっぷりのスメタナ。

    • シチ(スープ一般のことを指すらしい)です。キャベツなどのお野菜がたくさん入っていました。

      これにもスメタナ。

    • イチオシ

      ペリメニ。

      そして、これにもスメタナ。

      これで一人前。ちょっと食べきれません。
      味はほとんど水餃子。うーん、お醤油と酢がほしいかも。

    • そして、これを「エクレア」と呼ぶそうです。

      硬めのシュー生地にクリームが入っています。おいしい。

    • 撮影場所の地図

      もう一度、ラディソン・ロイヤル・ホテル。

      奥には新しい金融中心がそびえています。新旧の対比。

    • 撮影場所の地図

      さて、愛の橋まで戻ってきました。

    • 橋の上には、錠前がいっぱい。パリのポン・デザールみたいですね。

      ただ、橋桁ではなく、専用の木に留めるようにしてあります。

    • 愛の橋からみた運河。噴水付き。

    • 撮影場所の地図

      愛の橋のたもとに立つ、レーピン像。

      なんだか雲行きが怪しくなってきました。

    • 撮影場所の地図

      ちょうどこのあたりから、モスクワ川クルーズが出発します。

    • 撮影場所の地図

      橋をくぐります。

      橋の上には美女(に決まってます)。

      その向こうに見えるのは…

    • ピョートル大帝の記念碑。

      人気が全くないそうです。

    • 撮影場所の地図

      まあねえ。

    • 撮影場所の地図

      モスクワ川に入ると、右手にチョコレート工場。

      ロシアではどこでも見かける、赤ずきんちゃんのマークのチョコレートです。

    • 別のクルーズ船とすれちがいます。

      救世主キリスト聖堂が見えています。

    • 撮影場所の地図

      遠くにクレムリンが見えてきました。

    • 撮影場所の地図

      橋をくぐって。

    • 城壁の外から見たクレムリン。

      ちょうど聖堂広場の横ですね。アルハンゲルスキー聖堂と鐘楼が重なって見えます。

    • 撮影場所の地図

      反対側にはスターリン時代のマンションと、正教の教会。

      色合いが柔らかいです。

    • 撮影場所の地図

      聖ワシリー寺院は、橋の手前の一瞬しか見えません。

    • 振り返って見るクレムリン。

      風が結構冷たいです。なんだか、空が秋になっています。

    • 撮影場所の地図

      カラフルな建物は火力発電所だそう。

    • イチオシ

      撮影場所の地図

      遠くにもう一つのスターリン・クラシック様式の建物が見えてきました。

      芸術家アパートです。今も人気があるそうですよ。

    • 撮影場所の地図

      一瞬、ノヴォスパスキー修道院の屋根が見えました。

    • 中洲の突端には、コンサートホールなど、近代的な建物群。

    • 撮影場所の地図

      さあ、戻ってきました。え、あの噴水の横を通るの?

    • 愛の橋をくぐって、クルーズ終了。

      ほとんどそれと同時に雨粒が落ちてきました。急いでバスに乗り込みます。

    • 撮影場所の地図

      向かったのは夕食のレストラン。トゥーランドット。

      なんだかとてもゴージャスな入り口。

    • レストランの内部もゴージャス。これはもう宮殿ですね。

    • 出てきたお料理も凝っています。

      甘辛ダックとグリーンサラダをあわせたもの。お酒が進む味です。

    • 口直しのソルベ。

    • メインは子牛のロースト。

    • デザートはパルフェ。盛大に煙を出しています(笑)

      長かった一日もようやく終わり。明日はサンクトペテルブルクに向かいます。

    モスクワ人気旅行記ランキング671位(1285件中)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    この旅行で行った観光スポット

    モスクワ 観光スポットランキング

    この旅行で利用したグルメスポット

    モスクワ グルメスポットランキング

    出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

    ロシア旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら780円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

    Wi-Fiについてもっと見る

    フォートラベル GLOBAL WiFi

    このエリアのホテル

    モスクワ ホテル一覧へ

    この旅行記の地図

    拡大する


    ピックアップ特集

    閉じる