旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

マニラ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

マニラ人気旅行記ランキング367位(1358件中)

初めてのフィリピン 【6】 マニラ[2] & 帰国

関連タグ

    旅行時期 2014/01/31 - 2014/02/01 (2016/06/16投稿

    ボラカイ島がメインの3週間弱のフィリピン旅行でしたが、無事に終えることができて良かったです。

    写真 35枚

    エリア:
    フィリピン > マニラ
    エリアの満足度:
    評価なし
    • 1月31日(金)、10時前にタガイタイの宿をチェックアウト。
      通りからトライシクルを拾いオリバレス・プラザ付近のバス乗り場へ向かいます。

    • 撮影場所の地図

      オリバレス・プラザ付近からこのバスに乗ってマニラへ戻ります。

    • バスの車内でP80(\200)の運賃を徴収して回る男。

    • タガイタイからのバスは約2時間でマニラのパサイ地区に着き、タフト・アベニューの少し手前の道路沿いで降ろされました。

    • 撮影場所の地図

      5、6分程歩いてタフト・アベニュー駅近くにやってきました。

    • LRTエドゥサ駅からキリノ駅までLRT1の高架鉄道に乗車。

    • 撮影場所の地図

      LRT1のキリノ駅で下車。

    • キリノ駅下の交差点付近を走る、パジャック(サイドカー付き自転車)。
      トライシクルの自転車バージョンみたいなもので、この辺りにはたくさん走っていました。

    • キリノ駅からサン・アンドレス・ストリートを西へ歩いてエルミタ地区の方へ向かいます。

    • マニラの下町といわれるマラテ、エルミタ地区。
      庶民の生活感漂う路地を通っていきます。

    • 撮影場所の地図

      キリノ駅から10分ほど歩いて、12時半に「Chill Out Guesthouse Manila」に到着。

    • 1階はカフェ・レストランになっていて2階から上がゲストハウス。
      バーカウンターがレセプション。

      チェックインは14時からなのでバックパックを預けて近くを散策。

    • 撮影場所の地図

      ゲストハウスのすぐ近くに「Remedios Circle」という広場があって、地元の若者たちがバスケットを楽しんでいました。

    • 広場の一角では闘鶏も。

    • 撮影場所の地図

      マビニ通りにある「蘇州点心」という中華の店に入って、焼き飯(P140)とビール(P45)でお昼ご飯にしました。
      焼き飯、量は多かったけど味の方は今ひとつ。

    • 1階がレストランで2階と3階に部屋がある「「Chill Out Guesthouse Manila」にチェックイン。

      少し乱雑でくだけた雰囲気の、ゲストハウスらしさを見せる2階のフリースペース。

    • ゲストハウスの1階レストラン。

      夕食にはまだ早かったけど、メニューを見ると、好物のカルボナーラがP180(\450)と、ボラカイ島の半分近くの値段。
      どんな味なのだろうと興味がわいて注文してみました。

    • 案外早く出てきたそれを見て、驚きました。
      なんと、スパゲティの上にレトルトのカルボナーラクリームを乗せただけの代物。

      麺は茹で置きしたような柔らかさ、クリームは薄味でまさにレトルトの味。

    • 最初1泊\2200の2階の部屋に入りましたが、欧米人女性2人組の旅行者と部屋を交換することになり、この3階の部屋に入りなおしました。

      部屋の中は27度前後あり、やはり暑い。

      おっ、この部屋にはエアコンがあるぞ、と期待したものの、予約したのはエアコンなしの部屋だったのでやっぱりエアコン使用はダメ。
      扇風機をかけて寝ました。

    • 撮影場所の地図

      マニラ湾沿いの遊歩道ベイウォークに来ました。

      マニラ湾の夕陽とタホー売り。

    • 18時前、今日もマニラ湾に沈みゆく夕陽。

    • 夕暮れのベイウォークをジョギングする人たち。

    • ゲストハウス近くのレミディオス・サークルそばにあるカジノの前から花火が上がりました。

      この日は深夜になっても部屋の中にまで、花火や爆竹の音が響いてきて少々うるさかったです。
      後で知りましたがこの日は春節で、中華系の人たちが新年を祝って騒いでいたようです。

      <マニラ・春節の花火>
      https://www.youtube.com/watch?v=9bAXFWyXggw

    • 翌朝の帰国の日、チェックアウト前に近くを散策。
      庶民の生活風景をかいま見る下町の路地。

    • 撮影場所の地図

      パジャック(サイドカー付の自転車タクシー)に乗って遊ぶ子ども。

    • 帰国当日の2月1日(土)、エルミタのゲストハウス前からタクシーを拾い、ニノイ・アキノ国際空港第1ターミナルへ向かいました。

      この運転手はセブ島の出身で、いくつかの日本語の単語を話し、今度来たときはぜひセブ島に、と何度も言います。
      セブ島に行くなら紹介するから、と運転手の名前と携帯の電話番号を書いた紙を渡してくれました。

      第1ターミナルまでは少し渋滞もあり約30分弱で到着。
      約P160のメーター通りの明朗会計運賃でしたが、フィリピンの最後なので少し奮発してP200を渡しました。

    • 撮影場所の地図

      ニノイ・アキノ国際空港、第1ターミナルの大韓航空チェックインカウンター。
      12時30分発のKE622便ですが、9時30分頃にはもうオープンしていたので列に並びます。

    • チェックイン時に出国カードをもらい記入。
      その後、ターミナルフィー(空港利用税)P550(\1375)を払って搭乗券にホッチキスで留めてもらい、出国審査、セキュリティチェックと進んで出発ロビーに出ます。

    • 免税店などの横を通っていき、階段を上がった4階にプライオリティパスが使えるラウンジ「PAGSS Lounge」がありました。

    • 「PAGSS Lounge」は小ぢんまりとしたラウンジで、、サンドイッチやミニケーキ、クッキー、それにトーストやお粥などの軽食スナック類だけ。
      飲み物はソフトドリンク、コーヒー、缶ビールやワインなど。

    • チェックインを早めに終えたのでラウンジではゆっくりできました。
      フリーWiFiも使え、窓から見える滑走路を眺めたりして、ビールを飲みながら、旅の終わりのひと時を過ごしました。

    • ニノイ・アキノ国際空港のラウンジを出て搭乗口に向かうとき、空港職員の男たちから「コリア?」と聞かれたので「ジャパン」と答えると「アリガト、サヨナラ」とフレンドリーに日本語で言ってくれました。

      15分ほど遅れて飛び立ったKE622便の機内。
      さすがにビールは遠慮しましたが、機内食はもちろんいただきます。

    • 撮影場所の地図

      仁川空港に着いて乗継時間の余裕があまりなかったですが、それでも「HUBラウンジ」で30数分過ごすことができて良かった。

      旅の始まりと終わりの空港ラウンジでのひと時は、旅の楽しみを大いに盛り上げてくれますからね。

      <今回の旅費>
      宿代:17泊で約\88,000。
      飛行機代:大韓航空\53,065、セブパシフィック\10,245
      全部で約19万円

    マニラ人気旅行記ランキング367位(1358件中)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    この旅行で利用したホテル

    マニラ ホテル

    この旅行で行った観光スポット

    マニラ 観光スポットランキング

    この旅行で利用したグルメスポット

    マニラ グルメスポットランキング

    この旅行で利用した交通施設

    マニラ 交通施設ランキング

    出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

    フィリピン旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら480円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

    Wi-Fiについてもっと見る

    フォートラベル GLOBAL WiFi

    内容が近い旅行記

    このエリアの旅行記一覧へ

    このエリアのホテル

    マニラ ホテル一覧へ

    Dwind_999さん

    Dwind_999さん 写真

    海外32カ国渡航

    国内0都道府県訪問

    写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

    この旅行記の地図

    拡大する


    ピックアップ特集

    閉じる