旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

水戸 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

水戸人気旅行記ランキング27位(493件中)

初めての水戸 #1 - 徳川斉昭設計の偕楽園 「好文亭」

旅行時期 2016/03/11 - 2016/03/11 (2016/03/31投稿

3月 11日、曇り<br />初めての水戸 #1 - 徳川斉昭設計の偕楽園 「好文亭」です。梅の季節に合わせて、日本三名園の一つで、梅の名所として有名な「偕楽園」を訪れました。水戸を訪れるのは初めてです。1842(天保13)年に水戸藩第9代藩主、徳川斉昭公が造園し、領民みんなで楽しむ場となるように「偕楽園」と命名されたそうです。<br /><br />写真は、徳川斉昭が設計した偕楽園の中の別邸「好文亭」です。眺めが素晴らしいお屋敷で、大勢の観光客に交じって、外国の方も訪れていました。梅の季節がお勧めですね。<br /><br />偕楽園 http://www.koen.pref.ibaraki.jp/park/kairakuen01.html<br />速報偕楽園 http://www.kairakuen.u-888.com/<br /><br />先日、日本三名園の一つ、金沢・兼六園を再訪したばかりですが、水戸・偕楽園は好文亭と奥御殿が良かったです。<br /><br />北陸新幹線で行く!美食の金沢と加賀・山代温泉 ダイジェスト<br />http://4travel.jp/travelogue/11106686<br /><br />下記3つの旅行記に分けて投稿します。<br /><br />■ 偕楽園・好文亭<br />□ 偕楽園・梅林<br />□ 弘道館

3月 11日、曇り
初めての水戸 #1 - 徳川斉昭設計の偕楽園 「好文亭」です。梅の季節に合わせて、日本三名園の一つで、梅の名所として有名な「偕楽園」を訪れました。水戸を訪れるのは初めてです。1842(天保13)年に水戸藩第9代藩主、徳川斉昭公が造園し、領民みんなで楽しむ場となるように「偕楽園」と命名されたそうです。

写真は、徳川斉昭が設計した偕楽園の中の別邸「好文亭」です。眺めが素晴らしいお屋敷で、大勢の観光客に交じって、外国の方も訪れていました。梅の季節がお勧めですね。

偕楽園 http://www.koen.pref.ibaraki.jp/park/kairakuen01.html
速報偕楽園 http://www.kairakuen.u-888.com/

先日、日本三名園の一つ、金沢・兼六園を再訪したばかりですが、水戸・偕楽園は好文亭と奥御殿が良かったです。

北陸新幹線で行く!美食の金沢と加賀・山代温泉 ダイジェスト
http://4travel.jp/travelogue/11106686

下記3つの旅行記に分けて投稿します。

■ 偕楽園・好文亭
□ 偕楽園・梅林
□ 弘道館

写真 104枚

テーマ:
歴史・文化・芸術
交通手段 : 
  • 現地移動 :  高速・路線バス / 徒歩
エリア:
茨城 | 水戸
エリアの満足度:
5.0
  • 500_43054447

    撮影場所の地図

    東京駅・八重洲口
    高速バスターミナルがあり、各地にバスが出ています。

  • 500_43054448

    撮影場所の地図

    東京駅・八重洲口
    4番が「みと号」バス乗り場で、7:40 発に乗りました。

    みと号 http://www.ibako.co.jp/highway/mito-tokyo/from_tokyo_highway.html

  • 500_42974417

    水戸・大工町
    9:25、水戸市内で偕楽園が近い大工町のバス停で、高速バス「みと号」を下車。道端に「偕楽園」の案内板があったので、先の交差点を左折しました。

  • 500_42974418

    別雷皇太神社(雷神社)
    しばらく歩いて行くと、右手に神社がありました。

  • 500_42974419

    別雷皇太神社(雷神社)
    境内に上がって、神社をパチリ。

  • 500_42974420

    好文亭表門通り
    神社の先に、好文亭表門通りの表示板がある通りを見つけて右折。

  • 500_42974421

    好文亭表門通り
    まっすぐ偕楽園・好文亭の表門に向かう通りです。

  • 500_42974422

    好文亭表門

  • 500_42974423

    撮影場所の地図

    偕楽園・案内板

  • 500_42974424

    梅ノ木
    綺麗に開花しています。

  • 500_42974426

    好文亭表門
    偕楽園北側に位置し、偕楽園の正面入り口とのことです。表門の左手にはヤブツバキの巨木、右手には桜の巨木があります。

  • 500_42974427

    イチオシ

    好文亭表門
    茅葺き切妻造りで、角柱2本と副柱2本で支えられ、両側には瓦葺きの袖塀がつけられ、黒塗りであることから「黒門」とも呼ばれているそうです。

  • 500_42974428

    好文亭表門
    偕楽園は表門から入ってこそ、斉昭公が意図した「陰」から「陽」の世界を堪能できるそうです。偕楽園は入場自体は無料でした。

  • 500_42974429

    偕楽園・案内板

    散策コース http://www.kairakuen.u-888.com/map/map1.htm

  • 500_42974430

    一の木戸
    表門と孟宗竹林の間にあるこけら葺きの風雅な門です。

  • 500_42974431

    孟宗竹林(もうそうちくりん)
    表門の奥に広がる千数百本にも及ぶモウチクソウの竹林です。

  • 500_42974437

    イチオシ

    孟宗竹林(右)と大杉森(左)
    京都・嵐山の「竹林の小径」を思い出させる立派な竹林でした。

  • 500_42974432

    案内標識

  • 500_42974451

    イチオシ

    撮影場所の地図

    吐玉泉(とぎょくせん)
    玉のような清水が絶え間なく湧く「吐玉泉」、向かいに、樹齢約800年といわれる杉の巨木、太郎杉がそびえていました。

  • 500_42974453

    吐玉泉・案内板

  • 500_42974455

    庭園

  • 500_42974457

    庭園

  • 500_42974459

    梅林

  • 500_42974461

    向学立志の像
    旧制水戸高等学校生徒の立像で、向学立志の精神を表現したものだそうです。

  • 500_42974464

    暁鐘
    旧制水戸高等学校の寄宿舎であった暁鐘寮に、そのシンボルとして設置されていたものの復元だそうです。

  • 500_42974467

    庭園

  • 500_42974469

    庭園

  • 500_42974473

    庭園

  • 500_42974475

    南門
    水戸城、千波湖から桜川を経て偕楽園に入る水上ルートの入口の門で、このあたりに船小屋や船着場があったそうです。

  • 500_42975612

    斜面に梅が植えられていて、正岡子規の句碑「崖急に 梅ことごとく 斜めなり」もありました。この句は、正岡子規が偕楽園を訪れた際、好文亭から見た南崖の梅の印象を後年詠んだものだそうです。

    「急な勾配の崖のところにも、その地形に合わせてどの梅の木も斜めになって立ち、しかし懸命に花を咲かせている」との写生句ですが、人生にも通じるものを感じさせる名句と言われています。

  • 500_42975613

    線路沿いの坂を上って・・・

  • 500_42975614

    櫟門(くぬぎもん)
    正岡子規の句碑から、見晴広場に抜ける階段の上部にあります。

  • 500_42975615

    櫟門(くぬぎもん)

  • 500_42975616

    こちらはピンク色の梅です。

  • 500_42975617

    撮影場所の地図

    好文亭
    霧島つつじの巨木の先に、好文亭が見えます。

  • 500_42986290

    イチオシ

    好文亭

  • 500_42975618

    見晴広場
    多くの梅の木が植えられています。

  • 500_42975619

    井戸かな?

  • 500_42975620

    偕楽園記の碑

  • 500_42975621

    芝前門

  • 500_42975622

    芝前門
    陰陽のほぼ境に位置する簡素な門です。

  • 500_42975623

    好文亭中門
    杉木立と好文亭の間にある茅葺き屋根の門です。

  • 500_42975624

    好文亭・門
    入場料は、200円/人でした。安くて良いですね!

  • 500_42975625

    好文亭
    二層三階の好文亭と北側の奥御殿からなり、全体を総称して好文亭と呼ばれています。

  • 500_43056352

    奥御殿
    手前、北側にある平屋建ての建物です。

  • 500_42975626

    羽衣の松
    順路は奥御殿から

  • 500_42975627

    奥御殿

  • 500_42975628

    菊の間
    奥御殿では、菊、梅、桜、萩、紅葉など部屋名と同じ花木の襖(ふすま)絵が見られます。

  • 500_42975629

    菊の間
    総板敷きで、厨(くりや:食事の準備の場所)として使用されたそうです。

  • 500_42975631

    桃の間

  • 500_42975630

    奥御殿・縁側

  • 500_42975632

    つつじの間

  • 500_42975633

    奥御殿は部屋毎に違った襖絵があり、なかなか良かったです。

  • 500_42975634

    紅葉の間

  • 500_42975637

    紅葉の間  
    藩主夫人のお付の御殿女中のおもだった者が控えていた部屋だそうです。

  • 500_42975635

    松の間
    奥対面所だったようです。

  • 500_42975636

    松の間

  • 500_42975638

    竹の間

  • 500_42975639

    梅の間
    1869〜1873年まで、藩主夫人の居室となり、1902年に大正天皇が皇太子のときお泊まりになったそうです。

  • 500_42975640

    奥御殿・縁側

  • 500_42975641

    奥御殿・縁側

  • 500_42986029

    奥御殿

  • 500_42986030

    奥御殿

  • 500_42986031

    竹の間

  • 500_42986032

    萩の間 
    藩主夫人のお付の御殿女中が控えていた部屋だそうです。

  • 500_42986034

    桜の間 
    藩主夫人お付の御殿女中が控えていた部屋だそうです。

  • 500_42986035

    廊下

  • 500_42986033

    中庭
    霧島つつじが立派ですね。4〜5月に咲くツツジ科の花で、花の色は紅色ないし白だそうです。

  • 500_42986036

    中庭

  • 500_42986037

    中庭

  • 500_42986038

    奥御殿

  • 500_42986039

    太鼓廊下
    太鼓型の橋廊下は奥御殿と好文亭を結んでいます。廊下左側に斉昭公が創案した篠で作った格子窓があって、窓は外からは窓であることが判らないように作られているそうです。

  • 500_42986042

    好文亭 竹でつくられた明かり窓(右)
    閉めた状態で外から見ると、窓の存在に気がつかないようにできているそうです。

  • 500_42986040

    好文亭・花の和歌三首

  • 500_42986041

    奥御殿から好文亭・茶室へ通る2畳の小室

  • 500_42986047

    好文亭1階・東塗縁広間
    約18畳の総板張りの間で、斉昭公が80歳以上の家臣、90歳以上の庶民の老人を時々招待したりして楽しんだところだそうです。

  • 500_42986044

    東塗縁・厠

  • 500_42986043

    東塗縁
    壁の造りが展示してありました。

  • 500_42986046

    東塗縁・天井

  • 500_42986045

    東塗縁前の中庭
    本当の入口はこちらだったそうです。

  • 500_42986048

    西塗縁広間

  • 500_42986049

    屏風絵

  • 500_42986050

    西塗縁広間
    約36畳の総板張りの間です。

  • 500_42986051

    西塗縁広間

  • 500_42986052

    好文亭

  • 500_42986053

    好文亭三階の楽寿楼(らくじゅろう)へ
    急な階段は不意の敵の襲来に備えて造られたそうです。

  • 500_42986055

    配膳用昇降機
    階下の調理室で作ったお膳や酒肴を運搬する滑車式昇降機です。

  • 500_42986056

    配膳用昇降機
    上から、覗いてみました。

  • 500_43071647

    配膳用昇降機
    見上げると滑車があり、日本初のエレベーターとも言われています。

  • 500_42986057

    配膳室

  • 500_42986280

    好文亭三階「楽寿楼」
    富士見窓のある八畳間の正室からの眺めは格別です。

  • 500_42986275

    楽寿楼の額

  • 500_42986058

    楽寿楼からの眺め
    好文亭「こけら葺き屋根 」は、檜などの薄くはいだ板を敷き詰めてつくった屋根だそうです。左奥に延びるのは、好文亭奥御殿の屋根です。

  • 500_42986273

    イチオシ

    楽寿楼からの千波湖や田鶴鳴梅林の四季折々の眺望は素晴らしいです。

    好文亭「楽寿楼(らくじゅろう)」からの大パノラマ
    http://www.kairakuen.u-888.com/today/20130313w/20130313w.html

  • 500_42986283

    撮影場所の地図

    楽寿楼からの眺め
    現在の千波湖の広さは、大正時代の干拓により当時の三分の一から四分の一だそうです。昔はもっと壮大だったのですね。

  • 500_42986278

    楽寿楼から中庭を見下ろす。

  • 500_42986277

    楽寿楼
    富士見窓を後ろから見ています。

  • 500_42986054

    楽寿楼のある三階から二階、そして一階に下ります。

  • 500_42986286

    待合
    好文亭の見学を終えて、一旦、外へ出て、茶室の方へ回ってみます。ここは茶室への招待客が席の準備まで控えた所で、腰掛け式になっています。

  • 500_42986285

    待合
    室内は、茶説、茶対、巧詐不如拙誠の3つの刻版が掲げてあり、いづれも斉昭公の茶技に対する教訓のことばで、斉昭公自筆らしいです。  

  • 500_42986288

    茶室

  • 500_42986287

    茶室の室内

  • 500_43056353

    好文亭と奥御殿

  • 500_43056354

    好文亭出入口
    偕楽園内の梅林を散策に行きます。

    初めての水戸 #2 - 水戸の梅祭り、偕楽園の梅林
    http://4travel.jp/travelogue/11114593

水戸人気旅行記ランキング27位(493件中)

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

この旅行で行った観光スポット

水戸 観光スポットランキング

この旅行で利用した交通施設

水戸 交通施設ランキング

このエリアに旅行をご検討中の方へ!

フォートラベルポイントが航空券代金の最大10%分たまる!

フォートラベルの国内航空券なら、JAL、ANA、スカイマークをはじめ、話題のLCCも含めた13社の国内航空会社から、その時期おトクにいける航空券を比較しながら、予約できます。
急な出張や休暇が取れたときでも…出発の3時間前までご予約いただけます!

今すぐ!国内航空券を検索する

内容が近い旅行記

このエリアの旅行記一覧へ

comestaiさん

comestaiさん 写真

海外14カ国渡航

国内16都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

この旅行記の地図

拡大する


Pickup!! フォートラベルからのおすすめ情報