旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

リスボン 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

リスボン人気旅行記ランキング623位(1762件中)

ヨーロッパの西端ポルトガルとスペインの世界遺産の旅①

関連タグ

    旅行時期 2016/01/12 - 2016/01/19 (2016/02/01投稿

     実の話、半年前はトルコへの旅行企画だったはずが、戦禍の拡大と移民の大移動ねさらにはテロ騒ぎなどでトルコへの旅行を断念した。一番安全な端っこのポルトガルを選択したのは以前マカオへ訪問していたことも連なった。石畳の町マカオの美しさが選択の最終決断になった。
     JTB 旅物語は 8日間の長丁場ではあるも、65歳の卒業旅行として有給の消化にも最適だったと思う。それにヨーロッパは初めての僕が時差ぼけを警戒して、12時間の飛行時間に着目したのは半日ずらすのは楽かもと考えたからだった。この旅行の素晴らしさは旅行を支えた添乗員さんのおかげである。いろいろとツアーに出かけた僕でも今回の彼女の素晴らしさはピカイチと思う。旅行記録には出てこないけれど感謝。
     旅程はリスボン4泊、ポルト2泊、他の日は飛行機の移動ということで、楽な日程でもあった。写真は北極回りの飛行機からアムール川、ユーラシア大陸のど真ん中だろうか・・。

    写真 22枚

    交通手段 : 
    利用旅行会社:
    ジェイティービー
    エリア:
    ポルトガル > リスボン
    エリアの満足度:
    4.5
    •  成田第一ターミナル北ウィング G ゲート。KLM のチェックインから総勢27名のツアー客として集合。みなさんよき方ばかりで楽しい旅行になりました。

    •  KLM Boeing 777-200 12時間の旅行の始まり、schphol空港で乗換、その先3時間でリスボンへ。

    •  最初の食事。和食をオーダーしたら、見た目は中華風だけどうまかったので KLM の食事は評判いいのがよく分かった。ビールと赤ワインをいただいたけど、この先のワインばかりは想像していなかった。

    •  ユーラシア大陸と日本海。移動だけで11時間もかかる映画三昧の時間に突入。しかし、本数の多さには恐れ入る。選ぶだけで結構頭を使うのは、言語の選択で理解不能は却下だからかも。50本程度の映画があるから、十分時間をつぶせそうだ。
       ところで何気に見た「オデッセイ」は日本未公開の映画だったことを帰国後にしる。わぁお、なんと日本公開は 2/25 それ以前に飛行機の中で見てしまった。

    •  二度目の食事。赤ワインをいただいた。

    • アムステルダム上空。降下中・・。

    •  Schpole 空港の WiFi フリーでつながるので便利でした。結構重宝したけれど、空港の手荷物検査の厳重さには閉口した。何せ、外のスーパーで買い物した関係で、この検査を2度受ける羽目になった。液体は持ち込めず、買ったビールは没収・・。行きはよいよい入りなおすのが面倒で、帰路では外に出るのをやめた。
       この空港は広いから暇つぶしはたくさんある・。ちなみに美術館は改装のために閉鎖中。添乗員さんに聞いてもらったところでは7月ころにはリニューアルされて開館とのこと。残念ながら、見れなかった。カジノもあるけど帰りに使うか迷って見たけど、誰も入ってないので暇そうにしてた。目立つので利用しなかった。

    • それから3時間後、リスボンの夜景。電気使いまくってる。明るい・。到着は23時なので、そのままホテルで爆睡。

    • 撮影場所の地図

       リスボンのホテル。SANA METROPOLITAN 動き回るには意外と不便。最寄りの地下鉄駅、国鉄駅まで歩いて15分くらいかかる。ツアーでの宿泊だから、独自行動する時間もないから、その意味では適切な宿かも。
       ホテルとしては立派。不便は感じなかった。この旅行では4泊することになった。すでに泊まった方が書いているが、徒歩圏内にスーパーがあり、添乗員さんの下調べがすばらしく、その小さいスーパーとさらにレジが2列の大きなスーパーにも連れて行ってくれたので、お土産の購入には苦労なくゲットできた。

    • 撮影場所の地図

       一応、事前に調べておいた最寄り駅までの道。結局使わなかったけれどツアーでなく利用する人には参考になるかもしれない。でも夜中に歩く気はしないけど・・。
       実はこの地図、4travel の Q&A コーナーで質問したら、返答でいただいた・。実際には利用しなかったけれど、返答をくれた方に感謝。昼間時間がある自分他派い旅行ならば、オリエント駅へ10分でショッピングセンターへの検討材料になると思う。ちなみに、事前に CP や座席指定の国際列車などよく調べてから利用しないと帰路が大変かもしれない。どんこの列車(CP) は1時間に3本のようだ。

    • 撮影場所の地図

      Sana petropolitan Hotel から徒歩圏の地元スーパー。コンビニに近いけど、品ぞろえは日常品主。チョコレートも地元というより売れ筋の EU圏の国製が大半。でも猫マークのwineを見つけて購入する人など、同行のツアー客には予備知識なし僕には大変参考になった。

    •  2日目の朝です。10月24日橋。独立記念日の名前のついている橋を利用して東へ。

    •  途中でみた水道橋。遠くローマ時代の水利のために作られたものだそうです。水を制するものは国を制する。今は橋だけで水機能ははたしていないとのこと。

    • 撮影場所の地図

      モンサラーシュに到着。スペインとの国境の町であり、遠くに見える橋が国境をまたぐ。もっとも EU 内はイミグレもフリーパスだから何もない。

    •  モンサラージュの観光案内所。目立たないけど中には英語の案内をゲットできるようなになっています。それほど大きな町ではないので一回りするのに時間はかからない。いずれ白亜の壁とオレンジの屋根というポルトガルの印象に最初の接触。
       

    •  闘牛場の跡。ポルトガルも盛んだとのこと。夏場はリスボンの闘牛場で拝見できるとのこと。もっともポルトガルは、最後まで殺すことはしないようだ・。

    • 撮影場所の地図

       エボラへ移動。お昼ご飯。このレストランはもともとの修道院を改装してレストランになっており、まさにすごい場所で昼食となった。いずれポルトガル料理ははずれなしと思う。日本人にも合う。とにかくパンとチーズが先に出てくるから、食べる量を調節しないと続けて出てくる料理が入らなくなるので注意。

    •  そのレストランの内部、この廊下にテーブルとイスが配置されてまさに贅沢な空間で食事となった。

    •  そのレストランの隣に立つ有名な神殿跡。ポルトガルの空の青さは飛行機雲とマッチする。何度も飛行機雲と空のコントラストに見入ってしまった。
       正直いって、あまり歴史には疎い僕には空の青さにばかり驚いた旅でした。

    •  外観。とにかく大きい、広い。そして空が真っ青。

    •  そしてその広場。エボラの石畳。どこも絵になるポルトガルです。

       2日目は二か所で終了。ホテルへ戻って7時くらいでした。ツアーは自分で心配しないでよいから楽です。

    リスボン人気旅行記ランキング623位(1762件中)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    この旅行で利用したホテル

    リスボン ホテル

    この旅行で行った観光スポット

    リスボン 観光スポットランキング

    出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

    ポルトガル旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら920円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

    Wi-Fiについてもっと見る

    フォートラベル GLOBAL WiFi

    内容が近い旅行記

    このエリアの旅行記一覧へ

    このエリアのホテル

    リスボン ホテル一覧へ

    HIT-Oさん

    HIT-Oさん 写真

    海外9カ国渡航

    国内16都道府県訪問

    この旅行記の地図

    拡大する


    ピックアップ特集

    閉じる