旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

チロル 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

チロル人気旅行記ランキング139位(234件中)

2010年 40年ぶり奇跡の再会。 知人を訪ねてオーストリア、チロル州 Matrei Am Brennerへ

旅行時期 2010/07/01 - 2010/07/06 (2015/12/12投稿

1969年、40年前22歳の私はヨーロッパ一人旅に出ました。<br />渡航の自由化から5年目。1ドル360円の時代でした。<br />当時、好奇心旺盛な若者が辿ったルート。<br /><br />横浜からロシア(ソビエト連邦)のナホトカへの船旅。ナホトカからハバロフスクまでのシベリア鉄道。<br />ハバロフスクからモスクワまでの飛行機。モスクワからサンクトペテルブルク経由でフィンランドのヘンシンキまでの列車の旅。当時のソビエトは個人の観光旅行が難しく、ソビエトを出るまでは、JTBの「ルック」の団体旅行でした。<br /><br /><br />フィンランドのヘルシンキでツアーを解散し、一人旅が始まります。<br />私は北に向かって旅を続け、第一の目的地ノルウェーのノールカップを目指しました。<br />そして北欧三国・デンマーク・ドイツを旅し、オーストリアのザルツブルクに辿り着きました。<br />この頃になると、初めての国の初めての駅に降り立っても、涼しい顔をして、自分の荷物を持ちスタスタと<br />消え去らねばならない生活にチョッピリ疲れていました。<br /><br />そして、第二の目的地であるチロルに落ち着こうと考えました。<br />探し当てたのがインスブルック近郊の町「Matrei Am Brenner」でした。<br />(本当は他の駅で下車予定が、間違って降りてしまった!)<br />小さな町が一目で気に入り、スーパーにいたオバチャマが不動産やさんに連れて行って下さり、<br />そこのご主人がPrivatzimmerで一室お部屋を貸していたお宅に案内して下さいました。<br />プリヴァートツィマーとは、一般家庭の空室を貸して下さる民宿のようなもの。<br />そしてここを基点に、再び私のヨーロッパの旅が始まりました。<br /><br />旅の合間には、ケーキ作りを教えて頂いたり、ソリやスキーを楽しんだり、子供たちとテレビを見たり歌を歌ったり、<br />買い物に連れて行って頂いたり、粉雪舞い散る中を散歩したり、クリスマスを一緒に祝ったり、、。<br />本当に楽しい日々を過ごすことが出来ました。(家族は、ドイツ語しか話されません。ドイツ語が全くダメな私とよく意思の疎通が出来たと不思議です)<br /><br />四ヶ月の旅を終え帰国した私は、実家が火事にあうアクシデントで、彼らのアドレスを無くしてしまいました。<br />現在と違いインターネットもなく、手紙だけが連絡手段ではどうすることも出来ず、また仕事や子育ての忙しさに取り紛れ、ヨーロッパに行くことが出来ず40年が過ぎていました。<br /><br />そしてある日、ANAのメルマガが送られて来ました。<br />2010年7月1日。 成田ーミュンヘン便初就航。<br />(インスブルックには、いつもミュンヘンから入っていました。ミュンヘンも思い出の地なのです。)<br />迷うことなく、3分後には予約していました。<br />ただ、仕事の関係で長く休むことができなくて、4泊6日の慌ただしい旅でしたが、奇跡のような再会を果たす事が出来ました。<br /><br />@写真を撮るのがとてつもなく下手です。<br />お見苦しいと思いますが、チロルの小さな町マトライを知って頂きたくて拙い文章をつづります。

1969年、40年前22歳の私はヨーロッパ一人旅に出ました。
渡航の自由化から5年目。1ドル360円の時代でした。
当時、好奇心旺盛な若者が辿ったルート。

横浜からロシア(ソビエト連邦)のナホトカへの船旅。ナホトカからハバロフスクまでのシベリア鉄道。
ハバロフスクからモスクワまでの飛行機。モスクワからサンクトペテルブルク経由でフィンランドのヘンシンキまでの列車の旅。当時のソビエトは個人の観光旅行が難しく、ソビエトを出るまでは、JTBの「ルック」の団体旅行でした。


フィンランドのヘルシンキでツアーを解散し、一人旅が始まります。
私は北に向かって旅を続け、第一の目的地ノルウェーのノールカップを目指しました。
そして北欧三国・デンマーク・ドイツを旅し、オーストリアのザルツブルクに辿り着きました。
この頃になると、初めての国の初めての駅に降り立っても、涼しい顔をして、自分の荷物を持ちスタスタと
消え去らねばならない生活にチョッピリ疲れていました。

そして、第二の目的地であるチロルに落ち着こうと考えました。
探し当てたのがインスブルック近郊の町「Matrei Am Brenner」でした。
(本当は他の駅で下車予定が、間違って降りてしまった!)
小さな町が一目で気に入り、スーパーにいたオバチャマが不動産やさんに連れて行って下さり、
そこのご主人がPrivatzimmerで一室お部屋を貸していたお宅に案内して下さいました。
プリヴァートツィマーとは、一般家庭の空室を貸して下さる民宿のようなもの。
そしてここを基点に、再び私のヨーロッパの旅が始まりました。

旅の合間には、ケーキ作りを教えて頂いたり、ソリやスキーを楽しんだり、子供たちとテレビを見たり歌を歌ったり、
買い物に連れて行って頂いたり、粉雪舞い散る中を散歩したり、クリスマスを一緒に祝ったり、、。
本当に楽しい日々を過ごすことが出来ました。(家族は、ドイツ語しか話されません。ドイツ語が全くダメな私とよく意思の疎通が出来たと不思議です)

四ヶ月の旅を終え帰国した私は、実家が火事にあうアクシデントで、彼らのアドレスを無くしてしまいました。
現在と違いインターネットもなく、手紙だけが連絡手段ではどうすることも出来ず、また仕事や子育ての忙しさに取り紛れ、ヨーロッパに行くことが出来ず40年が過ぎていました。

そしてある日、ANAのメルマガが送られて来ました。
2010年7月1日。 成田ーミュンヘン便初就航。
(インスブルックには、いつもミュンヘンから入っていました。ミュンヘンも思い出の地なのです。)
迷うことなく、3分後には予約していました。
ただ、仕事の関係で長く休むことができなくて、4泊6日の慌ただしい旅でしたが、奇跡のような再会を果たす事が出来ました。

@写真を撮るのがとてつもなく下手です。
お見苦しいと思いますが、チロルの小さな町マトライを知って頂きたくて拙い文章をつづります。

写真 43枚

テーマ:
街歩き
交通手段 : 
  • 現地移動 :  鉄道 / 徒歩 / 飛行機
エリア:
オーストリア > チロル
エリアの満足度:
5.0
  • 500_41699982

    2010年7月1日。成田空港
    ANAミュンヘン便初就航のセレモニー。

  • 500_41699983

    記念に頂いた「TOROIKA」のキーホルダー。

  • 500_41699984

    ミュンヘンで飛行機を降りると、ハート型のお菓子・レープクーヘンを
    下さいました。

  • 500_41699985

    空港からSバーンに乗って、ミュンヘン中央駅へ。
    今日はミュンヘンに泊まります。

  • 500_41699986

    翌7月2日
    ミュンヘン発インスブルック行きの列車の車内。
    40年ぶりのヨーロッパの列車で、自転車と同乗に驚きました。

    ローカル線が好きな私は、ガルミッシュ・パルテンキルフェン経由の列車に乗りました。
    車窓からの景色が素敵です。
    時間がある方は、このルートもお薦めです。

  • 500_41700027

    チロル地方の中心都市 インスブルック着。
    ミュンヘンからこの列車で来ました。

  • 500_41700028

    次はイタリア国境の「ブレンナー行き」に乗り換えます。
    こちらは新しい車両。
    昇降口に段差はありません。

  • 500_41700029

    インスブルックから、およそ17分で到着です。
    ワクワクして、落ち着いて座っていることができません。

  • 500_41700030

    Matreiの駅が見えてきました。
    40年前と同じ駅舎の外観。 感動です!

  • 500_41700031

    時計と駅名等のプレートが変わっているだけです。
    なんと素晴らしいことなのでしょう。

  • 500_41700079

    40年前のMatreiの駅舎です。

  • 500_41700080

    内部は新しくなっています。 無人駅です。
    ベンチと無料トイレがあるだけ。コインロッカーはありません。

  • 500_41700081

    駅前のカフェでタクシーを呼んで頂きました。
    荷物をホテルに置き、知人の家に向かいます。
    住所はわかりませんが、道はしっかりと覚えています。

  • 500_41700082

    家が見えてきました。
    2軒目のお宅です。

  • 500_41700083

    玄関のベルを鳴らしてみました。
    どなたもいらっしゃいません。
    もうここには住まわれていないのでしょうか?

  • 500_41700326

    家の周りを歩いてみます。
    2階手前の角が、私の部屋でした。

  • 500_41700327

    ベランダの下、1階のテラスが増築されていました。
    他は変わっていません。懐かしの「我が家」です。
    近所を歩いてみました。
    3軒隣にオジイチャマがいらっしゃいました。
    ご家族の事を聞いてみます。

    今もお元気で、ご夫妻だけで住まわれておられるそうです。
    「いるはずだが、、、」と一緒に来て下さいました。
    でも、お留守のようです。

    私が40年ぶりに訪ねて来たと話すと「日本人か?」と聞かれます。
    40年前の私を覚えていると言われました。
    人口1000人程の町に紛れ込んだ日本人だったからと。(笑)

    「ホテルに2泊するから、又明日来ます」とお別れしました。

  • 500_41700328

    坂道を下り、Matreiの街を散策することにします。

  • 500_41700329

    Matrei(マトライ)はイタリアに通じるブレンナー街道の宿場町でした。
    ゲーテやモーツアルトも通った道です。
    東チロルにもMatreiという町があります。
    なので、区別するために「ブレンナーのマットライ」ということで
    am Brennerをつけます。Matrei am Brenner。

  • 500_41700330

    大好きな街並みです。

  • 500_41700476

    この建物の角を曲がって、家(!)に帰っていました。
    左の出窓に見えるのは、「3つの卵」の町の紋章です。

  • 500_41700477

    壁絵も素敵です。

  • 500_41700478

    メインストリートにこんな横断幕が。

  • 500_41700479

    北チロルと南チロル(現在はイタリア領)の人々のパレード。

  • 500_41700480

    町の人たちも沿道に。
    第一次世界大戦後、イタリア領になった南チロルに今も深い想いを持たれています。

  • 500_41700506

    町外れに来ました。
    ご夫妻と散歩した懐かしい教会への道です。

  • 500_41700507

    インスブルックのINN川にそそぐSill川です。

  • 500_41700508

    橋を守って下さる聖ヨハネさんは、同じ場所に佇んでいらっしゃいます。

  • 500_41700509

    40年前の橋と聖ヨハネさん。
    石の橋脚は同じでした。

  • 500_41700510

    ホテルが見えてきました。

  • 500_41700623

    ホテルで食事をしていると、オーナーがやって来て、電話があったと伝えて下さいました。
    「明日4時に、お茶に来て下さい」との伝言です。
    ご近所のオジイチャマが、私の事を伝えて下さったようです。
    ホテルの名前を話しておいてよかったです。

  • 500_41700624

    7月3日
    約束は4時なので、午前中はタクシーで近くの村を廻ります。
    ホテルから向こうに、Pfonsの村が見えます。

  • 500_41700625

    Pfonsから見たMatreiの街。

  • 500_41700626

    Pfonsから見た、Serles山。
    Matreiの街道からは、セルレス山は見ることができません。

  • 500_41700627

    40年前、電車を眺めながら毎日渡っていた橋を通ってお宅に向かいます。いよいよ再会です。

  • 500_41700666

    現在90歳と81歳のご夫妻。
    お元気でいて下さいました。

  • 500_41700667

    当時、9歳だった長女と8歳だった二男。
    娘さんは隣町に、息子さんは隣の家に住んでいました。
    同居はされていません。

  • 500_41700668

    40年前の一家。
    長男はフルプメスの寄宿学校。三男は奥様のお腹の中で写っていません。

  • 500_41700669

    40年前の写真で、話が弾みました。
    このチロルの服はまだ持っています。 入りませんが。。。(笑)

  • 500_41700670

    電気コンロをお借りして、自炊をしていました。
    スイスのジュネーブでお醤油を見つけ、私の食生活はぐんと良くなりました。

  • 500_41700911

    インスブルックのデパートまで、マントを買いに家族でドライブしたこともいい思い出です。
    こんな姿でMatreiの町を歩いていました。
    9歳の長女が私の世話係り。
    皆がジロジロ見るのを、「この珍種は私のものよ」って顔をして
    二人で歩き回っていました。

  • 500_41700912

    感激の再会の後「来年必ず来ます。二人の孫を連れて」と約束してお別れしました。

  • 500_41700913

    第二の故郷にお別れしました。
    以後、毎年Matrei Am Brennerを訪れることになります。

チロル人気旅行記ランキング139位(234件中)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

オーストリア旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら920円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

Wi-Fiについてもっと見る

フォートラベル GLOBAL WiFi

このエリアのホテル

チロル ホテル一覧へ

TENKOさん

TENKOさん 写真

  • 旅行記

    22

    234

  • クチコミ

    0

  • QA回答

    0

  • アクセス数(2014年05月19日登録)

    3,283アクセス

海外3カ国渡航

国内1都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

Pickup!! フォートラベルからのおすすめ情報