旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

セブ島 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

セブ島人気旅行記ランキング414位(2720件中)

セブ島 夫婦旅4泊5日 「ラディソン・ブル・セブ」「シャングリラ・マクタン」ステイ

関連タグ

    旅行時期 2013/07/29 - 2013/08/03 (2013/08/06投稿

    初めてのフィリピン、初めてのセブ島に行ってきました。

    元々暑いのが大の苦手、海やリゾートなどとんでもない!というタイプの私でしたが、あくせく歩いたりショッピングが大嫌いという夫に合わせて海辺のリゾート地チョイスとなった今回の旅。思った以上に楽しめました。快適なホテルステイだけではなく、外の世界(?)をチラッと覗きながらの旅行は色々と刺激的で考えさせられるものでした。


    以下、旅行日程です。

    <1日目> セブシティ泊
     韓国・仁川空港から4時間ちょっとでセブ・マクタン空港到着。
     深夜到着のため、この日はホテルに直行して就寝。

    <2日目> セブシティ泊
     SMで朝食&買い物。運転手付きレンタカーで市内観光。

    <3日目> マクタン島泊
     午前中にシャングリラへ移動。ホテル内ビーチで1日過ごす。

    <4日目> マクタン島泊
     丸一日ホテル内ビーチで過ごす。

    <5日目>
     チェックアウト後、飛行機の時間までホテルのビーチで過ごす。
     夜、空港に移動→深夜0時過ぎの飛行機でソウルへ。

    <6日目>
     朝、ソウル着。(私はソウル在住)


    飛行機、ホテルなどは全て自己手配しました。


    細かい旅行記はブログ「su・te・ki world」( http://sutekiwld.exblog.jp/ ) でも綴る予定なので、こちらも併せてどうぞ。


    それでは、セブ旅行記のはじまりはじまり〜☆

    写真 60枚

    交通手段 : 
    • 現地移動 :  レンタカー / タクシー
    エリア:
    フィリピン > セブ島
    エリアの満足度:
    4.5
    • ソウル発・夜8時過ぎ、セブ着・夜11時過ぎの便でセブ島に到着!

      ちなみに今回はアシアナ航空でしたが、ソウルから直行便で82万ウォンでした。(円にすると8万円弱ですね)

      事前に調べた情報では、空港からホテルまではクーポンタクシーというのを利用するといい、とのことでしたが、空港の人に聞いたら「クーポンタクシー」という名のメータータクシーを案内されました。メーターの方が安いのでいいのですが。

      ちなみに空港からホテル「ラディソン・ブル・ホテル・セブ」までは車で20分ほど。チップを入れて220ペソでした。安い!

      この日は深夜にホテルに着いたため、そのまま即就寝です。

    • セブ島は大きく分けると「セブシティ」と「マクタン島」の2つに分けられるのですが、海を満喫したいならマクタン側、観光やショッピングならセブシティ側に滞在するのが良さそう。

      マクタンのリゾートホテルは何せお値段が高い・・・というわけで、寝るだけになる初日を含めた最初の2泊はシティ側のホテルにして観光をし、最後の2泊はマクタン島側のリゾートホテルに泊まることにしました。

    • 今回色々と調べて「セブシティ内では一番良さそう」と思ったのがラディソン・ブルでした。

      典型的なモダンタイプのホテルで、ロビーも広いし部屋も広いし従業員の方々も感じが良いしで、思った以上に素晴らしいホテルでした。

      ちょうどbooking.comのタイムセールで安く予約でき、お値段以上の価値に感動。従業員の方々も感じが良いし、セキュリティもしっかりしていて強くオススメです。ちなみに2泊で7840ペソ。(ここに税金がプラスされます)

    • ベッドはキングサイズ。物凄く大きかったです。もしかしたらキング以上あったかも?

      枕元にはiPhoneを挿して音楽を聴くことができるプレイヤーが置いてあったり、もちろん電気ケトルやアイロンなど十分なものが揃っていて非常に快適でした。冷蔵庫やセーフティーボックスも勿論ありました。足りなかったものを挙げるなら、スリッパぐらい。

    • お部屋は広々していて、デスクまでありました。夫が少し仕事をしなければならなかったため、デスクがあったのはとても助かったようです。

      インターネットは有線もありますし、携帯電話を使う場合はwi-fiも無料で利用できます。IDは部屋番号、PINは予約者の名前の名字でした。(念の為、フロントで御確認ください)

    • 一番ベーシックな部屋を予約したので、部屋から見える景色はシティーでしたが、これが凄くキレイでビックリしました。夜到着したこともありますが、部屋に入った途端に窓の外の光に釘付け・・・

      もちろん、東京などの煌びやかな光とは違いますが、オレンジっぽい光がとてもキレイでした。

    • 翌朝、10時開店と同時にSM(シューマート)へ。ホテルは朝食無しプランだったので、朝食を食べに行きました。ついでに地下にあるスーパーでお土産探し。

      SM前にはタクシー乗り場もあり、常に何台もタクシーが停まっています。事前に仕入れた情報だと、ホテルタクシーは物凄く高いとのことだったので、タクシーを利用してどこかへ行きたい方は、SMの前のタクシー乗り場を利用するといいかもしれません。

    • 地下のスーパーで買ったものいろいろ。(一部)

      ドライマンゴーは30ペソ以下。円にすると70円ぐらい? 空港では全く同じものが120ペソという金額が付いていたので、ぜひSMなどの普通のマートで買っておくのをオススメします。ドライマンゴー、ドライパパイヤ、ドライパイナップルはお土産用に合計35袋ぐらい買いました。

      日清のカップラーメンもサイズが2種類あり、味も色々あったので面白かったです。本当は店内を長時間見ていたかったけれど、買い物が異常に嫌いな夫が一緒だったため、最低限の買い物だけで終了。

    • 事前に調べていった情報だと、衛生面に不安があるフィリピンではハンドサニタイザー、いわゆるアルコール消毒液が色々売っているとのことだったので、友達へのお土産用にミニサイズのを10個ほど買いました。テスターを使ってみたらとても良い香りでした。

      私が暮らしているソウルもトイレの衛生面は良くないので、ハンド用ではなく便座の消毒用にでも使おうかな・・・と思ってます。ちなみに1本30ペソ位でした。もっと買ってくればよかった! (種類もサイズも色々ありました)

      あとSMで買ってよかったのは水着です。800ペソぐらいで可愛いのがいっぱいありました。定価で2000円弱って凄い。ちなみにシャングリラでは大したこと無い水着が4000ペソ前後で売られてました。

    • SMではレア・サロンガのCDも2枚買いました。片方が260ペソ、もう片方が450ペソだったかな?

      レア・サロンガは日本ではいまいち知名度が高くは無いですが、フィリピンが誇る有名なミュージカル女優さんです。ミス・サイゴンの主役で舞台デビューして、レ・ミゼラブルではアジア人で初めてエポニーヌ、フォンティーヌを演じ、ディズニーの「アラジン」ではジャスミン姫の歌を担当するなど、世界的に活躍していらっしゃいます。

    • フィリピンのお札いろいろ。20ペソ札の人が一番イケメンです。←?

      チップですが、基本は20ペソなのだそう。荷物を運んでもらったり、ルームサービス、枕銭などは20ペソ。 タクシーなどの運転は50ペソ渡すのが良いそう。素晴らしいサービスを受けた場合は100ペソだそうです。ご参考まで。フィリピンの労働者の方々はチップが無ければ生活出来ないことも多いそうなので、ケチらず渡さなければいけません。

      両替は空港だとレートが悪いので避けた方がいいです。セブの空港で1万円分ぐらい両替して、あとはSMなどのモール内の両替所で両替するのがお徳。クレジットカード利用もレートは良いです。

      私は空港で10万ウォン(1万円弱)、SMで20万ウォン両替しました。

    • SMにはあちこちにレストランがありますが、迷ったので地下のフードコートへ。フードコートでもたくさんのお店があって迷いましたが・・・

      ヌードル2人分+チャーハン1人分で175ペソでした。


      写真はありませんが、夜は友達が教えてくれたゴールデン・カウリーというレストランに行きました。路面店もありますが、SMの地下にも店舗があります。フィリピン料理の有名店だそうで、確かに美味しかったです☆ 2人分で716ペソでした。

    • 午後はホテルまで運転手付きレンタカーに迎えに来てもらい、4時間の予定で市内観光へ。

      ASレンタカーという、日本人の社長さんがやってる会社にネットで申し込んだのですが、とても親切な対応で凄く良かったです。「マゼランクロス、サントニーニョ教会、カルボンマーケット、アレグレギターズ」の4箇所を4時間で周るようにして欲しい、とお願いしました。4時間で1700ペソ(+チップ100ペソ)、運転手つきでこの値段はさすがフィリピンという感じです。

    • マゼランクロスを見た後は、すぐ背後にあるサントニーニョ教会へ。想像以上に荘厳な雰囲気の素晴らしい教会で、背筋が伸びるような気持ちがしました。信者の方々が静かにお祈りしている姿に心が洗われるようでした。

    • さすがに教会の中は写真を撮るつもりは無かったのですが、警備員さんがサササーッと近寄ってきて、「ここからぜひ写真を撮りなさい」と指示してくれたので、ありがたく指示どうりに撮らせていただきました。

      サントニーニョというのは子供のイエス様のこと。


      この教会は中庭や回廊も素晴らしいので、ぜひじっくり見てください!

    • 教会を見終わった後は、楽しみにしていたカルボンマーケットへ。

      ・・・が、鶏が狭い箱に入れられてコケーコケー!と言っているような物凄い場所で降ろされてしまい、5分でギブアップ。。想像を絶する獣臭でした。私以上に夫が「ここは旅行客が来るところじゃない」と即ギブ。。確かに、ちょっと怖い雰囲気でした。

      後でレンタカー会社の社長さんにメールで教えて頂いた話だと、カルボンマーケットもフルーツを売るセクションがあり、観光客はそっちに行くようです。またはフラワーマーケットも少し離れた場所にあるようなので、そのようにお願いして止まってもらうのが良さそうです。でもある意味、物凄く色々なことを考えさせられて良かった気もします。ちょっぴりですが、セブの「作られていない顔」が見えた気がします。

    • 運転手さんを携帯電話で呼び戻して車に乗り、途中のモールで食事をしてからアレグレギターへ。

      フィリピンはギターの産地として有名なのだそう。旅行するまで知りませんでした。中でもセブ島、さらに中でもマクタン島はギターの名産地だそう。

    • ギター工場は入場や見学は無料です。思ったより小さい工房でしたが、外で一所懸命職人さんたちがギターを作っていました。

      私達の他には観光客はいなくて、敷地に車を入れた途端、工場の方が飛んできてくれました。片言の日本語まじりで話してくれ、曲まで演奏してくれて親切。

      記念に何か欲しいと思っていたのですが、惹かれるものがなくて見学だけさせて頂いて終わりました。申し訳無いです。。。ウクレレなどもありました。


      この日の夜は、夫の希望でウォーターフロントセブシティホテル&カジノへ行きました。私はギャンブルに全く才能が無いので見てるだけ。夫はブラックジャックをやっていましたが、30分で手持ちが無くなり終了〜 (ラディソン・ブルからはタクシーで10分程度)

    • セブ3日目。

      午前中SMで朝食をとり、チェックアウト。SMの前からタクシーに乗ってシャングリラへ移動です。タクシー代は50ペソのチップ込みで190ペソでした。

      12時過ぎに到着したため即チェックインは出来なかったのですが、「2時からスパを予約してます」とアピールしたら、「では出来るだけ早く部屋を準備して、できたらすぐ携帯電話にご連絡差し上げます。それまで敷地内を散策なさっていてください」と言われました。結局1時過ぎに連絡がきました。ありがたかったです。

    • シャングリラ内にある、アジア最大級というCHI SPAへ。2時の予約でしたが、メールに指示があった通り早めに到着。

      アジア最大級!というので物凄い広さを想像していたのですが、「特に驚くほどでは・・・」というのが正直な感想です。とてもキレイなところではありましたが、期待値が高すぎたのかもしれません。

    • スパの入口。アジアっぽいインテリアがとても素敵。

    • 冷たい飲み物とタオルを出していただきました。問診票に色々と書き込んでいきます。問診票は日本語あり。でも係の方は日本語はNGです。

      偶然かもしれませんが、フロントデスクでもどこでも日本語が出来る方には全く出会いませんでした。

    • 私達が受けたのは、7月末日までのスペシャルオファーだった1時間のコース。一人あたり2500ペソと、かなりお徳でした。(税込にすると2人分で6100ペソちょっと)

      素敵な個室に案内されてゆったりと準備をした後、さらに別室に通されて施術をうけます。他のゲストとは顔を合わせないような贅沢な造りになっているのでのびのび。マッサージもとても上手で、大満足でした。夫を待っている間、私を担当してくれた方から「フィリピンの英語教育について」の話を聞けたのも興味深かったです。

      左の写真は、スパで使用されている商品を売るショップ。最後にここを案内されますので、気に入ったものがあれば購入してもいいかもしれません。(フィリピンの物価からは考えられないようなホテル価格が付いていますが)

    • 今回、シャングリラもbooking.comで予約しました。booking.comはどんどん値段が変わっていくので、キャンセル料無料のプランをとりあえず予約しておき、値段が変わったらその都度変更。

      私もシャングリラは3度予約しなおしました。結果、一番バリュー価格の2泊で2000ペソで予約しました。

      色んな方のブログで「オーシャンクラブルームがいい」とあったので迷いましたが、今回はベーシックなお部屋にしました。

    • お部屋はこんな感じ。広さやファシリティーだけでいうと、最初2泊したラディソン・ブルの方が断然上です。 ベッドの大きさも、シャングリラの方が小さかったです。シャングリラが良かったのは、バスタブが付いていたことかな? お水は常に補充してくれるので、自分で買う必要は全くありませんでした。

      ラディソン・ブルと違い、すぐ隣に便利なモールがあるわけではないので、ちょっとしたオヤツだとか日焼け止めクリームのようなものは全部あらかじめ準備して持ってきた方が良さそうです。もちろんホテル内にも売店はあるのですが、物凄い金額が付いてます。ちなみにハーゲンダッツのバーアイスが350ペソになってました。(参考までに、ホテルの外の地元民御用達キオスクではドリンク類が15ペソとかで売られています。)

    • 部屋からの眺め。シービューではありませんでしたが、遠くに海も見えました。それ以上に、実はグリーンがもさもさっと生えているのが凄く気に入りました! 思った以上に気持ちの良い眺めで満足です。

    • ホテルのプライベートビーチ。物売りや怪しい人が居ないのでのんびり出来るのは良いですね。財布を持ち歩く必要もありません。

      もっと混み混みで場所取りが大変かと思ったら、常に好きなチェアが取れるような状態でした。チェアに横になると、ささっと従業員さんがタオルを持ってきてくれます。有料のドリンクや食べ物を注文することも出来ますが、氷の入った水なら無料でいくらでも持ってきてくれます。

    • 夫はシュノーケリングに夢中。

      途中、1時間半ほどの「シュノーケリングアドベンチャー」があったので予約し(無料)、指導を受けながら深いところまで行って魚を見ていました。自分ひとりで見ていた時はニモは見えなかったそうですが、指導を受けて探しに行ったらちゃんと見えたそうです。

      シュノーケリングセットのレンタルは315ペソ。看板には1時間と書いてありますが、実際は何時間使っても同じ金額。

    • 雨季だったのでお天気を心配していましたが、幸運にも滞在中はずっと良いお天気に恵まれました。

    • 素敵スポット。

    • セブの気温は日本や韓国とさほど変わらないと思うのですが、とにかく湿度が高くて日差しもジリジリと強い! 日焼け止めを塗っていたのに、かなり焼けてしまいました。

    • 海辺で飲んだマンゴージュースがとても美味しかった☆

      セブは生のフルーツもジュースも、とにかく美味しかったです。
      さすがは南国。

    • 途中、シーサイドで注文したハンバーガーセット。量が多いと事前に人様のブログでチェックしていたので1人前だけ注文。普通に美味しかったです。

      が、お値段は完全にホテル価格です。これとコーラ1つ合計で900ペソしましたから・・・

      私は別にケチなタイプではないと思うのですが、その金額を払うだけの価値が無いものに大金を払うほどお大らかでもないので、フィリピンの物価と不釣合い過ぎるシャングリラ価格にはほとほと閉口しました。もう、出来る限りシャングリラでは食べたり買ったりすまい〜と決心。
      (きっと私はアジアリゾート向きの人間ではないのでしょう・・・)

    • 夜はホテルからも車で10分ほどの「マリバゴ・グリル」へ。ここは噂通りの名店でした! お値段も手頃で素晴らしいですし、メニューも抱負。

      夜は予約をした方がいいとのことでしたが、夕方6時前ならガラガラなので、予約無しでも写真にある東屋のような席に案内してもらうことが出来ました。

      ちなみに、行きはホテルからメータータクシーで行き、帰りもレストラン前で待機しているメータータクシーを使いました。帰りは客引き系のタクシーみたいでちょっと緊張する感じでしたけれど、普通にメーターで計算してくれて大丈夫でした。念の為、ちゃんとチェックして、メーターを押してないようならキチンと「メーターで」と言った方が良さそうです。

      (余談ですが、「チップは50ペソください」と主張してきたドライバーさんもいました。チップ制度の無い日本や韓国からのお客さんだと、チップの相場が分からないことも多いのでしょうね。運転の場合のチップは50ペソが相場だそうなので、もちろんちゃんとお渡ししました。)

    • 結局、マリバゴグリルには2日連続で通いました。本当にオススメ!

      ポークスペアリブはかなり量もあって食べ応えあり。お味も美味しかったです。色んな方のブログで絶賛されていたガーリックシュリンプは個人的にはまぁまぁだったかな・・・? pocheroというスープに入った肉料理があまりの量で驚愕しました。韓国料理のカルビタンそっくりなお料理。2人でかなり食べて飲んで1100ペソ程度でした。

    • 私はとにかくフルーツのジュース。夫はフィリピンのビール、サンミゲルを色々トライ。

      余談ですが、マリバゴグリルにはちゃんと蚊取り線香が置いてあります。が、自分でも蚊除けスプレーをしていった方がいいです。何せ野外ですので・・・。私は愛用している「ムヒ虫除けスプレー」でがっちりガードしました。虫除けスプレーはムヒが一番効く気がします。蚊に刺されやすい体質の私が、セブでも1度も刺されませんでした。ソウルでもムヒ虫除けでガードしています。

    • フィリピン料理は、こうやってバナナの皮を敷いたお皿で頂きます。雰囲気があって良いですよね♪

      私にとっては初のフィリピン料理体験でしたが、とても日本人の口に合うと思いました。辛いものも無いですし、凄く優しい味です。

    • マリバゴグリル2回目は念願のハロハロも食べました。想像していた以上に美味しかったです。私は食べ物の好き嫌いが結構あるほうですが、全然抵抗無く食べられました。豆とか色々なものが入っていて、結局何が入っているのか分からなかったものもありましたが。美味しいデザートでクセになりそう。ちなみにハロハロは95ペソ。

    • 食べ物繋がりで、シャングリラの朝食を。

      朝食は宿泊に込みで、「タイズ」というレストランか「アクア」というレストランで食べられるようになっています。タイズの方が品数が多く店内も広いので人気と事前に仕入れた情報ではあったので期待したのですが、私はあんまり・・・。周囲は皆韓国人だらけで親子で大声で騒いでいるし、なんだか韓国から抜けてきた気がしませんでした。^^;

      2日目に行ったアクアは、逆に全く韓国人は(日本人も)いなくて、欧米人のお客さんばかりでした。当然ながら「ここは○○人専用」というわけではないはずなのですが、一体何故でしょうか・・・

      とにかく、アクアの方が静かで落ち着いた大人の雰囲気のレストランで個人的には断然こっちが良かったです。品数も全然悪くなかったです。アクアは小さいお子さん連れの場合は少し居心地が悪いと感じてしまうかもしれないので、状況によってタイズとアクアを使い分けたら良さそうです。

    • 食べ物繋がりでもう1軒。

      シャングリラの敷地を出てすぐのところにある「ホラ・エスパーニャ」というレストランにも行きました。ここはガイドブックにも載っているスパニッシュレストラン。予約無しでもOKでした。セブは全体的に韓国人が多いのですが、なぜかホラ・エスパーニャは日本人だらけでした。

    • スパニッシュなのだから・・・とパエリアを注文したところ、「40分かかります」とのことで結構待たされました。お味は思ったよりずっと美味しかったですが、これだけでお腹がいっぱいになるので他は注文できない感じ。大勢で行くならいいですが、2人ならちょっと勿体無いかな・・・というか、せっかくフィリピンに来ているのにスパニッシュというのもちょっと・・・。(このパエリアは2〜3人用で700ペソちょっとでした。)

      と考えるとやはり、シャングリラに泊まっている間はマリバゴグリルにタクシーで行くのがいいかも。

    • 夜のシャングリラ。プールの明かりが幻想的です。

    • シーサイドも歩いてみましたが、真っ暗。人は全く居ません。

    • ホテルの建物の明かり。外の世界との違いに、色々なことを考えさせられました。

    • とうとうチェックアウトの日の朝。

      ホテルから歩いて7〜8分の場所にあるラプラプ像を見に行きました。ラプラプさんというのは、マゼランを倒したセブの英雄です。

      道路を歩き始めたら「車に乗らないか?」というようなしつこい客引きに遭い、ちょっと怖くなったりもしました。悪い人ではなかったと思うのですが、警戒していただけに余計に緊張しました。フィリピンは銃社会ですし、やはり治安も悪い国ですので、夜は絶対に外に出て歩いてはいけませんね。

    • ラプラプさんの近くには、民芸品を売るストールが並んでいます。貝で作ったブレスレット15ペソなどはかなり惹かれました。その他、カゴのバッグなども。ショッピング嫌いの夫がいたせいでじっくり見られなかったのが残念です。

      ちなみにここで150ペソで売られていたかごのバッグと全く同じものが、セブの空港で990ペソで売られていました! セブは物価が安いといっても、場所によって恐ろしいほど違いすぎます。ホテルや空港など外国人客がいるところはあまりに高すぎるし、地元の人の通うお店はとても安い・・・

    • チャレンジャーな夫は、途中にあったキオスク?マート?でコブラ(炭酸飲料)を購入。1瓶で15ペソ、日本円にして40円弱という安さ・・・

      ホテル内の世界は、もはやセブでは無いですね。「あそこはセブではなくシャングリラ王国だ」と夫が言っていましたが、その通りだな・・・と複雑に思いました。こうやって外国人客が来るお陰で現地の雇用にも繋がっているのだとは思うけれど、同時に環境破壊だとか色々な歪みも起きているはずで。

      本当に色んなことを考えた旅でした。

    • 庶民の足はこの乗り合いバス、ジプニー。カラフルで可愛いデザインもいっぱい。旅行客が乗るにはハードルが高すぎますが、とても興味深い乗り物でした。

      このカラフルで小型な可愛らしい車体を日本に持ってきて、移動レストランとか店舗に改造したら結構イケる気がするのだけれど・・・

    • チェックアウト後、スーツケースを預かってもらい、そのままホテルに滞在。特に追加料金など取られずそのまま遊ぶことが出来ます。シャワー室もあるので海やプールで泳いでも大丈夫。

      夫は最後の最後まで海やプールでプカプカしていました。私はずっとパラソルの下で待機。(ちゃんと楽しんでますヨ!)

    • さて、夫はどこでしょう?

    • ガーデンにたくさん落ちていた白い花。名前はなんでしたっけ・・・? とても良い香りがしました。

    • 最終日、夫はホテル内で体験ダイビングを申し込んでいたのですが、ここでトラブル発生・・・!

      何と、ダイビングは飛行機に乗る12時間前までに終了していなければならないとのこと。気圧の関係だそうです。ダイビングセンターで料金も支払い、さぁこれから着替えましょうという段階になって発覚しました。

      明らかに受付カウンターの人の説明不足で起きたミスです。私達はチェックインした日に受付に行き、チェックアウトの日も伝え、初心者で何も分からないことも伝えた上で 係の人と相談しながら予約を入れたのに・・・。受付の時にちゃんと説明があれば、前の日にダイビングすることが出来たはずです。

      ダイビング物凄くを楽しみにしていた夫は本当にガッカリしていました。温厚な彼が珍しく「今後はこういうことが無いよう伝えておきたい」と言った位・・・

      欧米人のボスの方に対応を代わっていただき、今後はこういうことが無いよう周知徹底するようお願いしましたが、「ハロ〜何か困った事がありましたか? ダイビング後は飛行機に乗ったらダメなんですよ。受付の彼女は受付だけなので詳しいことは分からないんです」と、いまいち論点がズレている対応をされてトホホ。。

      『フライトまで12時間を切ったらダイビングしたらいけない』なんて命に関わる内容こそ、受付の人がまず最初に客に説明すべき重要事項だと思うのですが。 ・・・と言ったら 「Of course!」と理解して下さって受付に伝えると言ってくださいましたが、こちらがハッキリ不快感を示さなかったら何もしなかったんじゃないかしら・・・と思わずにはいられませんでした。今までにもこういうミス、絶対あったはずだと思うのですが。皆さん大人しく「まぁ仕方ないか…」で納得しちゃうのかな。

      後ほど受付の前を通ったので ちょっと顔を出したところ、「Oh〜 今ボスから電話で注意されました〜ごめんなさい〜。私、チェックアウトは「明日」だって勘違いしていたんです〜」と悪びれた風も無くニコニコの笑顔で言われました。。とほほほほ。。

    • そのダイビングショップの前に広がっていた海。とてもキレイでした。

    • 絵葉書のような景色。

    • 割とあっさりした性格の夫は「終わった事は仕方ない」と、気を取り直してシュノーケリングを楽しんでいました。

      次回ダイビングをする時は、貴方も事前に自分でキッチリ調べてくるようにしないとね・・・

    • どこまでも青い海と空。

    • エントランスがちょっとザワザワしていたので見てみたら、トライアストンのプロの方々が集まっていました。

      後でホテルの方に聞いてみたところ、セブでは2年に1度、世界的なトライアスロンの大会が行われるのだそうです。

    • そして夜。「空港に行くまでにまだ2時間ぐらいあるけど、どうやって時間を潰そうか・・・」と考えていたら、向こうの方からライトと音楽が。

      何だろうと思い、行ってみることにしました。

    • ら、パーン!と紙ふぶきが。トライアスロン大会の前夜祭だったようです。この日は600ペソで食べたり飲んだりも出来たようでした。うーん、夕飯を食べてきてしまった後だったので残念!

      DJやバイオリニストなどの演奏もあり、とても楽しかったです。

    • 花火も上がりました。素晴らしい旅の終わりとなりました。大満足☆

      その後、21:30で予約していたホテルのシャトルバス(1人200ペソ)で空港へ。シャトルバスは日本から予約しなくても、チェックインしてから受付で予約しても十分間に合います。空港へはタクシーで行った方が実は安そうでしたが、同じ時間に空港に向かう人が大勢いたら上手くタクシーに乗れないかもしれないと思い、念の為にシャトルバスを予約しました。

      シャトルバスに乗った途端、スコールが降ってきてビックリ。滞在中はずっとお天気に恵まれましたが、最後の最後でザーッと雨が・・・。「もうセブとはお別れなんだな」と少ししんみりした気分になりました。 またいつか来られるかな?



      これにてセブ旅行記は終了です。

      長々とお付き合いいただきましてありがとうございました☆

    セブ島人気旅行記ランキング414位(2720件中)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    この旅行で利用したホテル

    セブ島 ホテル

    出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

    フィリピン旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら480円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

    Wi-Fiについてもっと見る

    フォートラベル GLOBAL WiFi

    内容が近い旅行記

    このエリアの旅行記一覧へ

    このエリアのホテル

    セブ島 ホテル一覧へ

    yossyさん

    yossyさん 写真

    海外3カ国渡航

    国内0都道府県訪問

    写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

    この旅行記の地図

    拡大する


    ピックアップ特集

    閉じる