旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

高知市 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

高知市人気旅行記ランキング13位(1014件中)

3ヶ月ぶりの再会と「リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝展」の鑑賞・そして美味しいグルメとの出会い・・・ in 高知

旅行時期 2013/01/23 - 2013/01/24 (2013/02/06投稿

昨年秋に旅行した九州の旅行記がいまだに完成していませんが(;^ω^)、記憶が新しい内に作成しておこうと思うので、先にこちらの旅行記を作成します。<br /><br />平成25年の最初の旅は、昨年の5月にも訪れた高知へ1月23・24日の1泊2日で旅してきました。<br /><br />高知では高知在住のトラベラー、ntkj62さんと高知県立美術館で待ち合わせをして、美術館で開催中の展覧会「リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝」を鑑賞。<br /><br />展覧会を鑑賞した後は、ntkj62さんが教えて下さったお店「おらんく家」で美味しいお魚のランチを堪能しました。<br />その後は、お茶とスイーツでもということで高知市内に数店舗あるお菓子屋さん「浜幸」でティータイム♪<br /><br />ntkj62さんとは昨年の10月に京都で開催された展覧会でお会いして以来なので、3ヶ月ぶりの再会となり、今年各地で開催される展覧会についてのお話などいろいろと会話も弾み、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました(*´▽`*)<br /><br />ご一緒させて頂いたntkj62さんの旅行記はコチラ↓<br />http://4travel.jp/traveler/ntkj62/album/10745738/

昨年秋に旅行した九州の旅行記がいまだに完成していませんが(;^ω^)、記憶が新しい内に作成しておこうと思うので、先にこちらの旅行記を作成します。

平成25年の最初の旅は、昨年の5月にも訪れた高知へ1月23・24日の1泊2日で旅してきました。

高知では高知在住のトラベラー、ntkj62さんと高知県立美術館で待ち合わせをして、美術館で開催中の展覧会「リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝」を鑑賞。

展覧会を鑑賞した後は、ntkj62さんが教えて下さったお店「おらんく家」で美味しいお魚のランチを堪能しました。
その後は、お茶とスイーツでもということで高知市内に数店舗あるお菓子屋さん「浜幸」でティータイム♪

ntkj62さんとは昨年の10月に京都で開催された展覧会でお会いして以来なので、3ヶ月ぶりの再会となり、今年各地で開催される展覧会についてのお話などいろいろと会話も弾み、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました(*´▽`*)

ご一緒させて頂いたntkj62さんの旅行記はコチラ↓
http://4travel.jp/traveler/ntkj62/album/10745738/

写真 45枚

テーマ:
歴史・文化・芸術
交通手段 : 
  • 現地移動 :  自家用車 / 徒歩
エリア:
高知 | 高知市
エリアの満足度:
評価なし
  • 500_27978615

    おはようございます(^.^)/
    自宅から最寄りの高速道路に入り、瀬戸大橋を渡って香川県に入りました。

    ちょうど今、車窓から「讃岐富士(飯野山)」が見えて来ました。

  • 500_27978616

    坂出JCTで高知方面に車を走らせ・・・

  • 500_27978617

    ちょっとだけ豊浜SAで休憩。
    SAで販売しているお土産が気になるところですが、先を急ぐので早めに退散しました。

  • 500_27978618

    今、高知道を走っているのですがなんと雪が(;゚Д゚)

    私たちが訪れた数日前、このあたりでは雪が降って積もっていたみたいです。
    その雪がまだ融けずに残っていました。
    高知というと南国というイメージがありますが、山間部では雪が降る様です。

  • 500_27978619

    もうすぐ高知ICに到着です。

  • 500_27978621

    高知ICを下車し、10分ほど車を走らせ「高知県立美術館」に到着しました。

    土佐の伝統工芸品である「土佐漆喰」を使用したシックな外観が目を引く建物です。


  • 500_27978622

    今回鑑賞する展覧会「リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝」のポスターが見えました。

    リヒテンシュタイン −華麗なる侯爵家の秘宝−
    2013年1月5日(土)〜3月7日(木)まで高知県立美術館にて開催中。
    その後、3月19日(火)〜6月9日(日)まで京都市美術館へ巡回します。

    高知県立美術館HP 
    http://www.kochi-bunkazaidan.or.jp/~museum/
    リヒテンシュタイン −華麗なる侯爵家の秘宝−公式HP
    http://www.asahi.com/event/liechtenstein2012-13/

  • 500_27978624

    美術館の入口近くには、大きな展覧会の看板もありました。

  • 500_27978623

    美術館の入口近くまでやって来ました。
    高知県立美術館を訪れるのは、昨年の5月に訪れて以来なので8ヶ月ぶりです。

    さぁ、中に入ってみましょう!

  • 500_27978629

    美術館の入口近くでntkj62さんとお会いすることが出来ました。
    ntkj62さんとは昨年10月に京都で展覧会鑑賞でお会いして以来なので、3ヶ月ぶりの再会です♪
    お元気そうで安心しました(*´▽`*)

    そして、身軽に展覧会を鑑賞したいのでロッカーに荷物を預けることにしました。
    昨年の5月に訪れた時と同様、今年も顔の模様があるフェンスに見つめられながら、ロッカーに荷物を預けることとなりました(笑)

  • 500_27978630

    今回の展覧会のパンフレットです。

    パンフレットの表紙にはルーベンスの作品「クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像」が使用されています。
    パンフレットの見開きには、ラファエロの作品やレンブラント、アンソニー・ヴァン・ダイクなどの作品も紹介されています。

    世界で6番目に小さい国として知られるリヒテンシュタイン候国の国家元首であるリヒテンシュタイン家。
    英国王室に次ぐ世界最大級の個人コレクションといわれるリヒテンシュタイン家の名宝は、ウイーンにあるリヒテンシュタイン家の「夏の離宮」に保管されています。
    その総数は、絵画だけでも1,600点で、その他美術工芸品や武具などを合わせると約30,000点になるそうです(驚)
    現在の元首である、ハンス・アダムス 2世侯爵も引き続きコレクションを続けているそうです。

    今回の展覧会では、その珠玉のコレクションの中から88点を精選し、紹介していました。
    (展覧会パンフレットより一部抜粋)

    また、音声ガイドは女優の大地真央さん。華やかなナレーションで、展覧会のイメージとマッチしていました。

  • 500_27978636

    展覧会開催にちなんでこんなイベントも!

    左側のパンフレットはなんと美術館でお姫さま体験が出来るイベントの案内です。
    ルネサンスやバロック時代の衣装を着て、美術館の中を散歩出来るそうですヨ♪
    衣装は女性用だけではなく、男性用もあるとか。。。
    興味のある方は是非!

    また右側のパンフレットでは、ウイーンを舞台にしたオペラ映画「ばらの騎士」の上映案内が紹介されています。

  • 500_27978631

    ラファエッロ・サンティ「男の肖像」(展覧会パンフレットより)

    美しい田園風景を背にして、こちらに向かって鋭い視線を投げかける男性。
    そのモデルが誰なのかは分かっていません。
    背景の下半分は黒く塗りつぶされているので、男性の身にまとった鮮やかな色の衣服が引き立っています。

    また、人物を部屋の中ではなく、自然も一緒に描いている点において、新しい時代(=ルネサンス)を感じさせる作品となっています。



  • 500_27978635

    ヨハヒム・フリース「ぜんまい仕掛けの酒器(牡鹿に乗るディアナ)」
    (展覧会パンフレットより)

    こちらの酒器は中が空洞になっていて、鹿の首のあたりがフタになっており、そこからお酒を注ぎ、付属のぜんまいを回すと走り回る仕組みになっているそうです。

    テーブルなどの上に乗せて走らせるのですが、目の前で酒器が止まった人が酒器のお酒を飲むという遊びをを楽しんでいたとか。

    変わったカタチの酒器なので、お酒が少なくなってくると飲む時にこぼれやすくなり、飲むのが難しくなっていたそうです(笑)
    (変わった遊びを楽しんでいたんだなぁ・・・)

  • 500_27978638

    ペーテル・パウル・ルーベンス「クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像」
    (展覧会パンフレットより)

    リヒテンシュタイン家の絵画コレクションは、ルーベンスの作品においては世界最大級ともいわれ、今回の展覧会でも数点出品されていました。

    中でも一番印象に残った作品が、こちらの「クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像」です。
    クララ・セレーナ・ルーベンスは、ルーベンスの最初の妻イザベラとの間に産まれた初めての子供で、この作品は彼女が5歳の時に描かれました。
    無邪気な可愛らしさと、神々しささえ感じさせるまっすぐな眼差しでこちらを見つめるクララ。
    彼女のまっすぐな眼差しを見ていると、心の奥まで見透かされている様な力強さも感じさせる作品です。

    ルーベンスはその当時、ヨーロッパ中から絵の注文があるぐらいの大人気の画家でした。
    工房を構え、のちに紹介するアンソニー・ヴァン・ダイクなどの弟子を何人も抱え、弟子と共に手分けをして作品を完成させていましたが、こちらの作品は他人からの注文ではなく、本人の意志で描かれた作品だそうです。
    ルーベンスの娘に対する愛情を感じさせる作品です。
    でもこのクララ、この絵が描かれた数年後に12歳で亡くなったそうです(涙)

  • 500_27978633

    アンソニー・ヴァン・ダイク「マリア・デ・タシスの肖像」
    (展覧会パンフレットより)

    ルーベンスの弟子でもあり、その後イギリスに渡りチャールズ1世の宮廷画家となったアンソニー・ヴァン・ダイクの作品です。
    昨年の10月に京都で鑑賞した展覧会「大エルミタージュ美術館展」でもアンソニー・ヴァン・ダイクの自画像が出品されていましたが、今回のこちらの作品でも彼女の身に着けているコスチュームの描き方が秀逸となっています。

    また、繊細なレースの襟や白と黒の衣装を華麗に、そして艶やかに描く手法は、師匠であるルーベンスの影響を受けているかの様です。

    こちらに描かれたマリア・デ・タシスは、ヨーロッパにおいて郵便システムを生み出したタシス一族の出身で、大富豪の娘でもありました。
    彼女が身に着けている大粒で粒のそろった真珠のネックレスは、まだ真珠の養殖技術がなかった頃の真珠のネックレスなので、非常に価値の高いジュエリーだったそうですヨ。

  • 500_28053111

    フェルディナント・ゲオルク・ヴァルトミュラー
    「磁器の花瓶の花、燭台、銀器」(絵はがきより)

    展覧会の最後あたりに展示してあった作品なのですが、綺麗な花々や写真みたいに描かれた磁器の花瓶や銀器、手前のピンクの艶やかな布など、とても綺麗な作品でした。

    A4サイズぐらいのプリントされた絵があれば購入して帰ろうかと思ったのですが、油彩のレプリカしか売っていなかったので、絵はがきを購入しました。

    この他にも様々な絵画やタペストリー、工芸品が展示してあり、華やかで優美な作品に囲まれ、まるで宮殿の中で展覧会を鑑賞している様な感覚になりました。

    高知での展覧会の前に、東京の国立新美術館で展覧会が開催されていたのですが、東京では展示していたリヒテンシュタイン侯女の肖像画や、リヒテンシュタイン侯爵夫人の肖像画は不出品(高知の後の京都でも不出品です)だったのが少し残念でしたが、ど〜しても見たかったルーベンスのクララの肖像画は見ることが出来たので良かったです(*´ω`*)

  • 500_27978625

    展覧会の会場を出ると、今回の展覧会のミュージアムショップが開催されていました。

    展覧会で展示されていた絵画のレプリカの販売や絵葉書、アクセサリーやストラップなどの展覧会グッズが販売されていました。

  • 500_27978637

    ミュージアムショップで購入したグッズです。

    「クララ・セレーナ・ルーベンス」柄のクリアファイル、フェルナンド・ゲオルク・ヴァルトミュラーの「磁器の花瓶の花、燭台、銀器」の絵葉書、あと錫で出来たハートモチーフのストラップです。

  • 500_27978639

    美術館では今回鑑賞した「リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝」以外にも、高知県ゆかりの写真家、石元泰博さんの追悼展「石元泰博の軌跡」も開催されていました。

  • 500_27978627

    今回の「リヒテンシュタイン展」のポスターだけでなく、秋に開催される展覧会「草間彌生 永遠の永遠の永遠」展のポスターも見つけました。

  • 500_27978640

    高知県立美術館は、2013年に開館20周年を迎えるとのことで様々な企画展が開催されるとのことです。

    先程の草間彌生展をはじめ、ミレー展なども開催されるみたいです。
    以前、BS日テレの「ぶらぶら美術・博物館」という番組で、ミレーの作品を紹介していたので、ミレー展がちょっと気になる私・・・

  • 500_27978777

    美術館を出て、ntkj62さんの車について行き、ランチのお店へと向かいました。

    市街地にあるお魚の美味しいお店「おらんく家 別館」です。
    蔵のような建物のお店で、窓からは大きなクジラのオブジェがのぞいていて、びっくりしました( ゚Д゚)!

    土佐鮨処 おらんく家HP http://orankuya.com/

  • 500_27978778

    入口近くには鰹とちょうちんを持った招き猫も!

  • 500_27978779

    えっ!オマールエビもあるんだ〜!
    ワンコインランチはなんと500円! 安っ!!
    さぁ、中に入ってみましょう♪

  • 500_27978786

    こちらがその数量限定のワンコインランチのメニューです。
    高知の新鮮なお魚のランチを、お得な値段で頂くことが出来ます(*^-^*)

  • 500_27978785

    こちらはお昼の定食メニューです。
    ワンコインランチも気になりましたが、私たちはせっかく高知に来たので私が「鰹丼定食」をオーダーし、夫は「鰹たたき定食」をオーダーしました。

  • 500_27978782

    ntkj62さんは、こちらの「にぎり鮨定食」をオーダー。
    値段は980円となっていますが、私たちが訪れた日はワンコインランチの「朝どれ定食」をしていなくて、こちらの「にぎり鮨定食」がなんと500円になっていました!

    にぎり鮨に小鉢が二品、茶わん蒸しと汁物がついて500円とは!
    お得すぎます〜(*´ω`*)

  • 500_27978783

    お店の入口の上にあったクジラのオブジェ、クジラのしっぽはなんとお店の中にありました(笑)
    またもやびっくり( ゚Д゚)!

  • 500_27978784

    ntkj62さんがオーダーした「にぎり鮨定食」が出て来ました!
    わぁ〜! 美味しそう・・・

  • 500_27978789

    私がオーダーした「鰹丼」が出て来ました!
    大ぶりの鰹のたたきが丼ぶりの上に乗っかっています。
    こちらも美味しそう(*´ω`*)

  • 500_27978811

    鰹丼をアップで!
    丼ぶりのご飯は、酢飯か普通のご飯のどちらかを選ぶことが出来るのですが、さっぱりとした酢飯にしました。

    鰹のたたきには、スライスしたにんにくとわさび、細切りにした大葉が添えられていて、ポン酢をかけて頂きます♪

    新鮮な鰹のたたきが酢飯とよく合っていて、とっても美味しかったです!

  • 500_27978787

    夫がオーダーした「鰹たたき定食」も出て来ました!

  • 500_27978788

    鰹のたたきをアップで!
    夫も、こちらの定食もとっても美味しかったと話していました(*´▽`*)

  • 500_28051867

    お店のレジの近くの生け簀には、コワ〜いお顔のウツボが泳いでいました。
    こんなにコワいお顔ですが、揚げ物やたたきにして食べると美味しいんですヨ!

  • 500_28051866

    こちらではオマールエビもスタンバイ。

  • 500_28051868

    あ。車エビと目が合ってしまった(笑)
    車エビの右側にはフグのしっぽも見えます。

  • 500_27978790

    スイーツは別腹(?)ということで(笑)、続いては地元の有名なお菓子屋さん「菓舗 浜幸(はまこう)」の一宮(いっく)街道浜幸店でスイーツとお茶を頂くことにしました。
    はりまや橋の近くには浜幸の本店がありますが、こちらのお店には喫茶スペースもあるんですヨ。

    菓舗 浜幸HP http://www.hamako.com/

  • 500_27978792

    お店のメニューです。
    ntkj62さんも私たちも、ケーキセットをオーダーしました。

  • 500_27978793

    そして飲み物はホットコーヒーにしました。

  • 500_27978794

    私は「和栗ロイヤルモンブラン」をオーダー。一緒に添えられているのは「オレンジとピーカンナッツのクッキー」です。

    あっさりとした甘さの美味しいケーキでした(*´▽`*)


  • 500_27978795

    チョコ好きの夫は「ショコラリッチ」をオーダー。
    こちらも美味しかったそうです♪

  • 500_27978796

    そしてntkj62さんは「グラサージュ・ショコラ」をオーダー。
    ケーキの中はバニラクリームが入っていて、とっても柔らかそうでした。

    ケーキと一緒に、ntkj62さんとファンタジアのミッキーちゃんをパチリ☆

  • 500_28051869

    お店でお菓子のお土産も!
    左側の「白花栴檀(しろばなせんだん)」というお菓子は、新宿の「花園万頭」に似た様な味で、薯蕷饅頭の中にあっさりとしたこしあん入った絶品のお菓子でした。

    右側の「柚子の山里」というお菓子は、もなかの皮の中にきなこをまぶしたゆず風味のお餅が入ったお菓子でした。
    どちらもお茶請けにぴったりの美味しいお菓子で、実家の母にもお土産に購入しました。

  • 500_27978800

    お店を出て、ファンタジアのミッキーちゃんとうちのチーター君を、ntkj62さんと私の愛車の前でパチリ☆
    チーター君、ファンタジアのミッキーちゃんと久しぶりの再会でちょっと緊張気味か?(笑)

    同じ車種で、色違い(ntkj62さんはブルーで私のがシルバー)なんですヨ〜♪

    展覧会鑑賞とランチタイム、そしてスイーツと久しぶりの再会でとても楽しい時間を過ごすことが出来ました♪
    ランチもスイーツもとっても美味しかったです(*´▽`*)
    ntkj62さん、ありがとうございます(*^-^*)

    この後は高知の市街地へと再び車を走らせました。
    (つづく)



高知市人気旅行記ランキング13位(1014件中)

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

高知のホテル 最新情報

3.4

最安値(2名1室):10,000円

お得情報

【朝は約30種・和洋バイキング】夜は自由に◎最終IN24時

四万十市、宿毛市、土佐清水市周辺のご出張・観光に◎お仕事などの都合で当日の到着が遅くなりそうなお客様や、観光メインの旅行を計画中で夜は外で済ませたい方などにオス... もっと見る

このエリアに旅行をご検討中の方へ!

フォートラベルポイントが航空券代金の最大10%分たまる!

フォートラベルの国内航空券なら、JAL、ANA、スカイマークをはじめ、話題のLCCも含めた13社の国内航空会社から、その時期おトクにいける航空券を比較しながら、予約できます。
急な出張や休暇が取れたときでも…出発の3時間前までご予約いただけます!

今すぐ!国内航空券を検索する

内容が近い旅行記

このエリアの旅行記一覧へ

ゆみみさん

ゆみみさん 写真

海外1カ国渡航

国内17都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

Pickup!! フォートラベルからのおすすめ情報