旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

プリンスエドワード島 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

プリンスエドワード島人気旅行記ランキング73位(179件中)

ペンションオーナーの綴るP.E.I旅行記2 ~人々とのふれあい~ 前編

関連タグ

    旅行時期 2012/12/03 - 2012/12/13 (2013/01/12投稿

    5度目のプリンスエドワード島。初めての冬旅です。
    今回のテーマは、“島のクリスマス”と“人気のヘリテージイン”に泊まる事。
    いつものようにレンタカーで島を回りました。
    前後のトロント、ナイアガラを含め9泊11日の旅でした。

    前編は滞在1~3日目までです。

    トロント、ナイアガラは番外編で。

    ペンション銀の森のホームページも見てね!
    http://www.silver-bush.com/

    写真 43枚

    交通手段 : 
    エリア:
    カナダ > プリンスエドワード島
    エリアの満足度:
    5.0
    • 12月3日

      まずはお決まりのショット

      AC002便 使用機材はBoeing 777-300
      Yクラスですがレッグスペースもまずまずで、そこそこ快適なフライトでした。

      通常この便で行くと、当日深夜に島に到着するのですが、このシーズンは乗り継ぎが悪く(カナダ国内線の便が少ない)、行き返りともトロントでトランジット。

      エアカナダは正規と格安航空券の差があまりなく、エアカナダのホームページからの予約がお得のようです。(その場で座席指定も可)
      http://www.aircanada.com/jp/home.html

    • AC002便

      当然Yクラスの機内食は期待できません。
      ただしアルコールは無料(^^)

      ◆ここでご注意
      冬季のカナダ国内線はスケジュールがよく変わります。
      変更になっても連絡がこない?ので、予約から出発までの間に何度か確認が必要です。
      私達も2回変更されました。(当然指定した座席も変わります)

    • 今回の旅支度。

      75Lのスーツケース2個と機内バッグ、カメラバッグです。
      スーツケースはサンコー鞄の軽いやつ。キャスターもシッカリしていていいですよ〜
      http://item.rakuten.co.jp/sojourner/sles-66-gd/


      アン募金のシールつき!

    • 12月5日

      シャーロットタウン(YYG)に到着

      ここでまずしたのは帰国便のスケジュールと座席の確認。(写真の便の座席は変わっていました)
      IPADの活躍です。(カナダ国内は結構無料のwifiが飛んでます)

    • 空港でハーツレンタカーを借ります。

      今回借りたのは、クライスラーのダッジ
      前回コンパクトクラスにして懲りたので、ミッドクラスです。

      北米は皆オールーシーズンタイヤですよと日本のハーツで聞いていたのですが、一般の車はスタッドレス。多分レンタカーはこの時期需要が少ないのでタイヤ交換しないようです。(こわいこわい)

      ◆ここでご注意
      レンタカーはどのサイト(たとえば4トラ)から見に行くかで、料金が変わります。
      今回は一番安かったANAのサイト経由で予約。マイルも貯まります。
      7日間で26,700円でした。

    • 7号線を北上し、ノース・ラスティコ経由で、

      まずはここ・・・のようですね。(元・もと・元アン少女にとっては)
      過去4回すべてここからスタートでした。

      この時期人はいません。
      が、勝手に入れます。(内部は無理)

      4年前に比べ、周囲に木が多くなったような???

    • イチオシ

      ケンジントン経由で2号線をシャーロットタウンに戻りました。

      今夜の宿。「エルムウッド」、有名(日本で)なヘリテージインです。
      今回の旅の目的の一つはここに泊まること。

      ダウンタウンから西へ徒歩20分、閑静な住宅街(島一番の高級)にあります。

    • 予約したのは、この部屋、ビクトリアンルーム。
      一番コンパクト(安い)ながら、人気の部屋です。

      カナダのB&Bは部屋指定が出来ます。(銀の森も!)
      部屋選びも楽しいものです。(担当はおかみちゃん)

      http://search.tourismpei.com/search/OperatorDetails/name/ElmwoodHeritageInn/op_id/1149/qsid/50f127407e6cf6.87205574/



    • バスルーム。

      シャワーカーテンを引くよう、念を押されました。
      きっと水浸しにした日本人がいたんでしょうね!

    • 当然といえば当然、宿泊客は私達のみ。
      共用のリビングも独占。

      同業者としては暖房費など考えると、申し訳なく・・・・


    • 食事がてら、町の中心までぶらぶらと。

      クリスマス前なので、イルミで飾られた家がちらほら。
      想像よりずっと少ないなあ。

      きっと吉村さんも“切り取って”いるんでしょうね。

    • プロビンス・ハウス前のイルミ。

    • “切り取って”いるので、実際はかなり寂しい。

    • 今夜のディナーはCladdagh Oyster House

      島に来たらまずは海鮮、いやシーフード!

    • アイランド・マッスルズ

      これです!これが食べたくて島に来た?
      (香港の茹で海老みたいなもんだ)

      レモンを絞ったり、溶かしバターをちょっと付けたり、本当に美味しい。
      (だから旅はやめられない)

    • アトランティック・カナダの牡蠣の盛り合わせ。

      右手の紙に産地が書いてありますが、美味しけりゃいいか。
      ただ日本の生牡蠣に比べると、淡白で塩辛いです。

    • ロブスターのコロッケ。

      これはお隣のご婦人が食べていたものを、そっと指差してオーダーしたのですが、想像以上に美味しかった。

      ワイン1本開けて10,000円弱でした。

      今夜はここまで。
      続きは数日後にアップします。

    • 12月6日

      エルムウッドのダイニングルーム。
      こちらで朝食をいただきます。

    • 素敵なプレート

    • フルーツから出るのが、PEI流です。

    • このマフィン、美味しかった(^^)

    • 昨晩から降り始めた雪で、B&Bの周囲は銀世界です。

      綺麗ですが、これからのドライブがシンパイ!!!

    • 不安が的中し、雪道をニューロンドンへ

      島では凍結防止のため、赤土の砂を撒きます。
      (塩カルではありません)
      慣れないと、走りずらい!
      しかも、信用ならないオールシーズン・タイヤ。

      冷や汗もので、「ブルーウィンズ」さんに到着。

      そう、今日はテリー&マークご夫妻から昼食のご招待を受けているのです。
      お二人は1988年からPEIでティールームを営んでいる日本人。
      若き日の吉村和敏さんも、夫妻にはお世話になったはず!

      今日は絶品のインド料理とおしゃべりで、夕方まで楽しく過ごしました。

      ブルーウィンズ・ティールーム
      http://blog.yahoo.co.jp/bluewindspeica

    • 12月7日

      エルムウッド、2日目のの朝食。
      ブルーウィロー?の食器。

    • フルーツと・・・

    • スクランブル・エッグと・・・

    • 焼きたてのパンをしっかりいただいて、今日はドライブ!

      それにしても、エルムウッドの朝食は素晴らしい!
      盛り付けなど、参考になることが山ほどありました。

    • 最初の目的地は、ポイントプリム灯台。
      私たちの大好きな場所で、毎回来ています!

      ライトハウスももちろんですが、ここまでの道中がいいんです。

    • こーんなお宅や・・・

    • こんなポストや・・・

    • こんなのがあって・・・

    • ちびこも大喜び!!

    • ウッドアイランドの灯台。
      予想外に良かったです。

      ウッドアイランドは、カナダ本土と島を結ぶフェリーが発着します。

      フェリーターミナルの売店で、サンドウィッチを買って昼食。
      午後は、モンタギュウーへと向かいました。

    • 庭にヨット。
      島ではかなり見かける景色です。

      うらやましい!

    • こんな風景を眺めながら、モンタギューを目指します。

      電柱は自然の木・・です。

    • ケープ・ベアー灯台。

      初めて行きましたが、なかなか良い。

    • 振り返ると、赤土の崖に打ち寄せる波。

      写真、うまい???

    • おかみちゃんも、コンデジで撮影中。
      うまく撮れた?

      この後、モンタギューを経てシャーロットタウンに戻りました。

    • 今夜の宿は「ブライトンハウス」
      日本人の青山ご夫妻が営む、小さな宿です。
      冬季休業中のところ、吉村さんの紹介で泊めて頂きました。

      青山ご夫妻は2007年に移住。
      初PEIの方にはお勧めの宿です。

      ブライトンハウス
      http://www.bbbrightonhouse.com/

    • 客室はこんな感じ。

      ゆったりと寛げます。

    • この夜は青山ご夫妻に、シャーロットタウン近郊のイルミネーションを見に連れて行っていただいて・・・

    • アイリッシュパブでギネスと・・・

    • またまた、マッスルズの夕食でした。

      後編に続く。

    プリンスエドワード島人気旅行記ランキング73位(179件中)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

    カナダ旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら610円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

    Wi-Fiについてもっと見る

    フォートラベル GLOBAL WiFi

    このエリアのホテル

    プリンスエドワード島 ホテル一覧へ

    Hajiさん

    Hajiさん 写真

    海外4カ国渡航

    国内4都道府県訪問


    ピックアップ特集

    閉じる