旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

ロンドン 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

ロンドン人気旅行記ランキング2138位(7186件中)

【全部自分たちで手配】ロンドンの観劇と本屋めぐりの旅 4泊5日【準備編~1日目】

関連タグ

    旅行時期 2012/09/14 - 2012/09/19 (2012/10/02投稿

    ロンドンの本屋めぐりと観劇鑑賞をメインに
    個人旅行・友人3人組みで4泊5日滞在しました。

    チケットは全て個人手配だったので、
    その過程も「細かく」こちらに書きます。

    初めて個人旅行を計画される方向けに書いてあります。


    オフラインマップ導入のTipsもあります。

    iPhone・スマホユーザの方の参考になれば幸いです。
                 
    -----------------------------------------------------------
    1日目 スケジュール             
    -----------------------------------------------------------
                 
    機内で寝れるように睡眠時間コントロール

    午前9:30 成田空港 
    第1ターミナル 北ウイングに集合

    午前11:30 成田 Terminal 1発
            Virgin Atlantic Airways Ltd. 0901
                    (飛行時間:12:20)
    時差-8時間
    15:50 ロンドン-ヒースロー空港 Terminal 3着
             入国審査が長い可能性あり
    ヒースローエクスプレスでパディントンまで15分
    パディントン
    District Line 乗り換え→Bayswater


    18:00 チェックイン
     ●Bayswater 駅まで歩く
     ●Bayswater
       Circle Line 地下鉄 Hammersmith 行き
       18:44 - 18:57 (13 分、 6 駅)
     ●Victoria 
     
    19:00 Apollo Victoria Theatre 劇場着
      □Wicked 観劇
    23:00
      □

    ■帰り方■ 地下鉄の場合
     ●Victoria
       Circle Line 地下鉄 Edgware Road
          23:04 - 23:19 (15 分、 6 駅)

    写真 37枚

    交通手段 : 
    エリア:
    イギリス > イングランド > ロンドン
    エリアの満足度:
    4.0
    • こんにちは!

      今回は「アラサーなにそれ美味しいの?」な3人組で、全て個人手配の旅行に行ってきました。以下旅人紹介です。


      ■今回の旅人スペック■

      【 junpoon / じゅんぽーん 】

      ついカッとなってどこか異邦の地に赴きがちの人。去年はシンガポール経由でスイスに行って鉄道で旅をした。旅先では大体本屋に入るブックワームである。英検2級程度の英語力。フランス語勉強中。ヘタリアが好きすぎる。
      ロンドンはとりあえず2度目。


      【 kaya / かや 】 

      ランニングとホットヨガが趣味のロハスな乙女。この春行ったハワイでもランニングしてきた。海外に行くとモテ期になる体質。住みたい街は「ウィーンの旧市街」か「京都」。レミゼとウェンロックが好きすぎる。


      【 流 / りゅう 】

      ロンドン行きたいと言いだした張本人。ミステリ好きのシャーロキアン。海外は行った事ない。普段はほんわかしてるが、いざとなるとシビアな意見も言えるツワモノ。ネコが好きすぎる。

    • ■ 準備編 ■

      ここからはチケットと宿泊手配の記録です。本編は中ほどからはじまりますので、興味のない方はスルーして下さい。


      【6/14 飛行機のチケットを予約する】

      何が起きてるかわからんが、起きたことを有りのまま話すぜ。

      夜ごろ友人2人のスケジュール確認が完了した。

      流さんの会社は、3日以上の休みを連続で取りにくいらしく、それにあわせる形で、やや弾丸めの9/12〜17までの日程で、3日間の有給で行くプランに。

      しかし、そのスケジュールを確認がなかなかできずにいる間に高騰しはじめるチケット代!!! な、ナンダッテェエエ!!

      確認完了後も、最安値のチケットはどんどん売れていき、フォームに個人情報を入れている間にも、別の人に買われてしまいチケットが購入できないのです。

      11 . 12 . 13. 14. 15. 16. 17…

      値上がり続けるチケット代…

      それはまさにホラーだった。

      パニックしない人間がいるなら、
      そいつぁ大したタマにちげえねえ。


      やっと確認完了したかと思えば、
      カードの限度額が足りなくて途方にくれる。

      …そしてなくなるチケット!


      \(^o^)/オワタ


      何度も検索結果をリロードしながら、
      シンガポール経由で行くパッケージ旅行も見た。

      二ツ星半ホテルで17万… 
      しかも2日間がシンガポール滞在になってしまう。
      ぐう…

      そんなのやだ


      諦めきれず限度額を上げようと
      三井住友のページに「希望」を探しに行く。


      ビンゴ!

      50万まで上げることに成功した!


      しかし

      適度な値段のチケットは想定した日程から完全になくなっていた。


      そこでチェス盤をひっくり返した。

      こんなところでリザインしてたら、始まるものも始まらない。


      有給が3日になる日程ならなんでもよいのでは。

      週始めに休みたくない社会人は多い

      かも…

      すぐさまカレンダーを見直し、日程をうしろへ2日ずらした。
      案の定チケットは存在していた。

      そして、何度か接続不良を起こしたものの、
      無事チケットを取得することができたのだった。


      ぶわっ。・゜・(ノД`)・゜・。


      フライトプランが出たら即予約JK orz


      その後ホテル探しの迷宮へ入る。
      エクスペディアやら、ブッキングなどぐるぐる探し、3つほどのホテルに絞り友人らに意見を聞いてホテルを決定。ここまで1日。

      しかし、

      カード…また限度額超えたので、あと2日、つまり決済日まで使えないのです。

      流石に三人分はキツイ…


      なんとかホテル残ってますように!

    • 【6/15 ホテルと「オペラ座の怪人」を予約する】

      持つべきものはkayaさん!
      航空運賃3人分を捻出したためにカードの今月分利用残額を使い果たし
      ホテル代出せなくなった自分の代わりに予約して貰えた。

      昨晩予約したホテルよりトータル二万安く、
      キッチンつきアパートメントで、部屋でWi-Fi使えて、
      駅チカの良物件!

      飛行機代12万円、ホテル代2.8万円 合計14.8万円!!
      15万円切りましたぞ! やったね♪( ´▽`)

      kayaさんいなかったら、週末の予約ラッシュで部屋とれなかったかも。


      あと、オペラ座のチケットゲットできた。

      楽天カード…またお前に頼ることになるとはな。

      ANA VISAカードはイギリスサイトに跳ね返される件を、ANAは何とかすべき。

      あとはウィキッドと、レミゼの予約をするぞ!

    • 【6/16 日付間違って予約してしまったレミゼ((((;゚Д゚)))))))】

      9/15に予約するはずだったのに、
      8/15だったという罠。一月ずれてる!!
      しかも9/15のチケットはすでにない…。

      返金、キャンセル料かかってもよいからできるとよいなあ…

      うわーん。・゜・(ノД`)・゜・。


      確認してから取らなきゃダメですね。


      急がば回れだ! これ大事。


      とりあえず、ウィキッドとオペラ座のチケットは無事とれたのでよかった。

      レミゼ、kayaさん情報だと手配できるサービスがあるらしい。
      さすが「レミゼ愛」だけある。

      どうなるかな、kayaさんの采配次第だな。


      で。

      間違って予約してしまったチケットは、手数料なしでキャンセルされました。

      紳士的な対応で安心しました。

      よ、よかった。
      この劇場はカスタマーサービスが整っていてよかった。

      オペラ座は返金不可だったもんね。

      ほんと、契約関係はしっかり読まなきゃだめですね。
      英語は特に。

    • 【あてんしょん!】

      観劇チケットを個人で手配する場合に勝手についてくる観劇保険も必要ない人は外してしまいましょう!

      制限時間が迫ると焦って連打しがちなのですが…

      だいたいこんな感じのことを聞いて来ます。

      -----------------------------------

      チケット1枚につき7ドル(ロンドンのチケットだと4ポンドくらい)で、病気や航空会社や交通事故の遅延、などが発生した場合保障されます。

      購入後10日以内の場合は、保険をキャンセルすることも可能です。

      「はい」を選択した場合、クレジットカードと名前住所を登録して支払い手続きをします。



      はい, 購入したチケットの保障を希望(推奨)

      いいえ.

    • 予約完了したEチケットはプリントします。

      バウチャーの場合は、当日劇場のチケットカウンターで発券します。

    • 初見の人が一緒に行く場合は、簡単なあらすじと登場人物についてネタバレにならない程度に軽く触れておくのが親切かもしれません。

      ただでさえ英語なので…
      楽しめないと残念ですからね。

    • ■ 情報収集 ■

      今回の旅行の情報収集で役に立ったアイテムの紹介です。


      = Evernote =

      旅の情報は evernote のオフラインノートにまとめ、wifiのない場所でも情報を参照できるようにしました。

      ホテルのバウチャーや、ヒースローエクスプレスのQRコード、飛行機のEチケットに、パスポートの旅券番号など入国審査書類を書くときにも重宝しました。

      オフラインノートは課金すると利用できるようになるので、ひと月だけ課金して旅行中だけ使えるようにしました。


      = ワンテーマ指さし会話 ロンドン×本屋 =

      銀座のBook1stで目にして何気なく手に取ったら、ロンドンに行かなくては行けない罠が発動するフラグだったというガイドブック。

      演劇、音楽、雑誌、古本などなど様々な種類の本屋さん情報がのっています。とても今回の旅だけで全ての本屋さんに行くことはできませんでしたが、数ある本屋さんの中から目的の本屋さんを見つけ出す取っ掛かりになり、大変重宝しました。

      ゆびさしの部分は結局使いませんでした。
      きっとこれはお守りみたいなものでしょう。


      = 地球の歩き方 ロンドン =

      暮らすように旅するならやはりこれ。スイスの時もお世話になりました。

      このほかにもガイドブックは2冊ほど購入しましたが、スーパーの情報や、レンタサイクルの借り方、図書館情報など、2度目以降のロンドンで役に立つ地元の情報があるので、結局残りの2冊は持って行きませんでした。

    • ■ 地図 ■

      今回は完全に個人旅行のため、自分がどこにどのように行くのか下調べしておくことにウェイトを置きました。

      地図は google maps の「マイプレイス」を利用して行きたい場所をリスト化しました。

      リスト化したマップのKMLをダウンロードして、Galileo Offline Maps にインポートします。

      任意のエリアのマップ情報を予めデバイス内にキャッシュしておけば、無料で「位置情報」+「オフラインマップ」を海外で利用できるのです。


      ただし、
      ローミングオフ状態にしないと、確実にパケ死するのでご利用は各自自己責任でどうぞ!


      なお、今回の旅行で使ったマップのKMLはこのページの一番下にある記事のリンク集に収めましたので、ご自由にご利用下さい。

    • オイスターカードは事前購入で20£ずつ入金しました。

      結局現地で郊外に遠出したり、バスに何度か乗り降りしたため20£追加しています。

    • 「9〜12営業日かかります」とイギリス観光庁のアナウンスだったのですが、実際は4日で日本に到着しました。

      ロイヤルメールがデレ期になったのでしょうか。
      2424


      カードはそれぞれスリーブに入っています。
      現地では「紐付きのパスモを入れるケース」などに入れて携帯すると取り出しやすくて便利でしょう。

    • 予定はノートに書いてからエクセルで打ち直しました。

      このノートすごく書きやすいサイズなんですよ。
      手帳やガイドブックに挟めるサイズで持ち運びしやすいし、無地ノートなのでフリーダムに書き込めるのがいいです。書き直しが多い草案状態のものはやはりデジタルよりアナログのほうがぱっと書けてストレスフリーですし。

      再生紙モバイルノート A6スリム無地40枚
      http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4548718218417


      ちなみに、エクセルスケジュールデータ要望があればアップしますが、いりますか?

    • ヒースローエクスプレスの予約はこんな感じのEチケットになります。印刷して車両内で検札の人にピッと読み取ってもらうだけでOK。

      割引用クーポンコードはとりあえず検索かけておくと何かしら落ちてます。たとえば [ heathrow express couponcode ] で探してみては?

    • 飛行機は搭乗24H前からオンラインチェックインできます。
      英語オンリーなのではじめての人は戸惑うかもしれませんが、入力・確認するのはパスポートナンバーと有効期限、名前、追加手荷物の有無の確認、座席変更の有無の確認 になります。

      言うまでもなく我々は事前にチェックインしました。当日はカウンターでバッグをドロップさせるだけでOK。長蛇の列にならばなくていいのがスマートでよいですよね。

      オンラインチェックイン後にはこのような確認メールが届きます。

    • 【9/14 ようやっと1日目ですよ】

      というわけで、
      睡眠時間1.5時間のグロッキーモードで成田へ到着しました。

      3人ともそれぞれの職場で終電間際まで戦ってきたのであります!!


      ヒースローエクスプレスの予約をしたのも帰宅後(夜12時)でしたな。友人の同意を待っていたら、本当に直前になってしまったという…

      友達同士で行動する場合、イニシアチブのとり方が肝だと思います。

      すぐ決めるべきことはメール返信を待ってたらだめです。

      電話で即連絡です。

      あとは、電話してよいタイミングや、絶対連絡が取れるアドレスを前もって確認しておくのがよいでしょう。相手がものぐささんなら、なおさらです。

    • さてさて、話がだいぶそれてしまいまして失礼しました。旅立ちに戻りましょう。

      成田へのアクセスは、今回初めて「成田スカイアクセス」を使いました。

      ジョルダンで検索して出てきた「大江戸線・蔵前駅」から
      「浅草線・蔵前駅」までは地上乗り換えでした。ホームまではエスカレーターも、エレベータもありません。

      バックパッカーならまだしも、
      スーツケースの人にはオススメできませんね。

      というか雨とか降ってたら大変すぎるのでは。

      いや、しかし、安いですよ。
      時間と体力を気にしないのであれば、コスパのよさはあるでしょう。

      もし利用するのなら、ラッシュ時間を外した時間帯をお勧めします。
      スーツケースを置く場所を確保するのが大変ですから…


      セキュリティ後に、UK対応変換アダプタを購入するなら、FaSoLa TAX FREE ASAKUSA で。600円代からあります。

      kayaさんがここでひとつ購入。

    • クルーがブリーフィングしてますね。

      アナウンスではダブルブッキングで、一人翌日の便に振り替えてくれるお客さんを探している様子です。

      時がたつごとに謝礼がグレードアップしてました。
      ホテルと翌日の飛行機手配 → ホテルと翌日の飛行機(ビジネス)手配

      「もうひとこえ〜!!」と、けいおん!のムギちゃんのように、言ってみたいシチュエーションであります。

    • 初めて乗るヴァージンアトランティックなのです。
      なにしろスタイリッシュだった。

      空調から白いジェットがでてたり、緊急時の脱出の仕方のムービーが独特のアートスタイルで観せるつくりだったり。
       こんなのです→ http://www.virginatlantic.co.jp/service/safety/

      座席シートも、アメニティ類も赤と赤紫で統一されていて
      シャレオツな雰囲気です。

      席は狭めかもしれないですが、雰囲気重視の人にはよいのではないかと。

      機内サービスも日本語可なので、初めての人も安心かも。
      まあ、現地についたらどの道 話すシチュエーションになるんですが…



      写真は某まゆげ紳士と、そのお友達の妖精さんです。
      里帰りですか、いいですね。

    • リフレッシュメントで提供されたプレッツェル。

      クラシックアメリカンスナック…そ、そうだったのか。
      スナックはアメリカ発だったんですな。
      てっきりドイツかと思っていたのだぜ。

      そして、これが何気なくうまかった。サワークリームとチャイブ味ぷまいよ。

      Made in UK だったので、スーパーで探したのですが売ってませんでした。

      そんなにメジャーじゃないんでしょうか?

    • アメニティは、
      くつした・耳栓・アイマスク・ボールペン・歯ブラシが入ってます。

      入国審査書類記入に使えるボールペンは親切でよいです。

    • 和食と洋食とベジタリアンの3種があったので、和食を選びました。
      日本発なので外れはないだろうということで。

      そして、この茶色い何かである。


      かきあげどん だそうな。


      うん、なんか丸亀のかきあげを思い出したよwww

      まずくはなかったけど、一緒についてきたこの丸いパンどうすれば…www

    • スタイリッシュラバトリー。

      エモーショナルな大人のブルーなのだぜ。

    • 現地時間 15:50
      無事到着後、入管目指してサトツ(※ハンターハンターに出てくるあの超早足キャラのごとき素早い)モードに突入し、約300人の日本人を追い抜き入管は55分で切り抜けた。


      結局質問は日数だけだったんですけどね。

      ロンドン入管はじまた\(^o^)/


      ちなみにその行列で悪名高い入管を素早く通過するために、見せるだけの対策シートをつくって持って行ったので、ご参考までにこちらにも張っておきます。

      入国審査カード書くときにも使えます。
      パスポートナンバー、フライトナンバーも書いておけば更に便利になるかと!

    • イミグレを抜け、バゲージダウンして、そしてなんとかヒースローエクスプレスのプラットフォームへたどり着く。
      一瞬逆走しかけるものの駅員さんに確認し、事なきを得る。

      疑問を感じたら即聞く。
      海外で迷子にならない鉄則ですな。

      迷っている間のロスも防げますし。

      雰囲気だけでふらふらする旅も楽しいですが、それは時間のある自由旅行のときだけの話。今回は弾丸旅行に等しい日程なので、時短でいきます。


      そして、無事に乗り込んだヒースローエクスプレスの車内で荷物あげるのを紳士に助けてもらうkayaさん。さりげない気遣いがうれしいですな。

      さすが紳士の国!

    • 乗車後約15分ほどで、パディントンへ到着。

      パディントンの構内がカッコよすぎるのでたまらず写真をバシャバシャとりまくる東洋人3人組。おのぼりさんまるだし〜ッ!

      ヨーロッパっぽい、アーチ状の構造と高い天井。

      ステキなんだからしょうがない!!


      さて、そこからホテルまでは地下鉄でした。
      ディストリクトラインを使います。

      しかし、しかし!!

      エスカレートするものがないのですよ。古いですからね。
      急いでいる人は要注意です。

      ここでまたしても紳士に荷物あげるのを助けてもらうkayaさん。
      さっそくモテ期到来か?!


      もちろん自分はむきむきなので、そんなことはない。

      毎日の筋トレの成果をワイルドに見せ付けるんだぜ〜?

    • グランドプラザ ベイズウォーターホテルまではすぐだった。
      だいたい徒歩5分くらいだろうか。

      ホテルのある通りは静かなホテル街。表通りに出ればスーパー(テスコ)やドラッグストア(ブーツ)があり便利なエリア。印象としてはスカーフをかぶった方やエスニックな人が多いです。しかし治安はよい方でしょう。

      チェックインは18時ちょうど。
      ホテルのスタッフさんもやはりエスニックな雰囲気の方でした。

      しかし対応は丁寧で安心です。はじめルームキーが2枚だけでしたが、我々は3人だからもう一枚欲しい旨を伝えたら快く新しいキーを作成してくれました。

      あと、毎回ドアを通るときウィンクされる…とkayaさんが言ってました。
      へ、へえ、そうなんだ…。自分それなかったな〜。

      部屋はファミリータイプのキッチンつき、2部屋でした。
      ベビーカーの人も移動しやすいように1階なのでしょう。

      部屋は1日目に匂いが残っていたので、日本から持参したファブリーズでファブリました。キッチンがついているタイプの部屋に泊まるときは持参していくのが無難ですね。ふぁぶっふぁぶっふぁぶってご〜♪

      ちなみにスーパー・セインズブリーにファブリーズ売っていました。現地調達する隙がある場合はそちらでもOKかと。


      この新聞は駅前でただでもらたです。
      王室のケイトさんがトップレス写真撮られた件について。

      まったくスポーツ新聞ですな。

    • ホテル着後40分後、夜19:30からのウィキッドを見に行くためにホテルのあるベイズウォーター駅から地下鉄で劇場のあるヴィクトリア駅へ向かうことに。

      参考までに、
      ロンドン時間19時は、日本時間午前4時です。

      1日目の夜に観劇するなら、飛行機の中で寝れていないとつらいです。


      地下鉄は帰宅ラッシュでやや混んでいたのですが、金曜夜の丸の内線(中野坂上方面行き)終電よりはましだったので問題ありませんでした。

    • アポロヴィクトリアシアターの場所はここ。
      駅でてから右手に進みます。

    • オフラインマップを参照しながら、無事ウィキッドの劇場へたどりつく。




      ちょw 紳士自重してよ!

      そこ邪魔だってばよ!!

    • 劇場に入ると、誰もがエルファバのような肌色になれる
      ミステリアスなライティングで、wktkさせてくれます。

      ウィキッドは、1幕分の歌詞を個人的に翻訳するくらいには楽しみにしていたので。はい。

      仕事中もずっとCD繰り返し聞いてましたし。

    • 席は STALLS(ストールズ) B 26 - 24 でした。

      役者さんの表情が手に取るように見ることのできる、とてもよい席です。

      もし高めの席の購入で戸惑っているなら、私はあえて高い席の購入をお勧めします。せっかく見に来た本場のショウを、心行くまで楽しむのなら、席もベストをつくすべきです。-ええ、是非そうすべきですッ!!

      毎日使うものを削ってでも見る価値はありますよ^^

    • 劇始まるまでは撮影できるので、
      調子に乗ってパノラマで撮影してみました。

      これは 360 Panorama app内で観たほうが臨場感がありますな。
      旅先の雰囲気を帰ってから楽しめるのでオススメです。

    • 劇は最高でした。

      一幕目最後のシーンがかっこいい!

      歌唱力といい、表情といい…。これが本場なのか?!

      また観たい!

    • もちろん、帰りはお土産ブースでパンフレットとグリモワール(ウィキッドの設定資料集)を買いました。

      こんな分厚いのが24ポンドは安いぞー!

      四季ならもっとするだろ? 2倍…いやもっと?


      一応調べてみたところUKのアマゾンでも取り扱いはあります。日本国内へ配送は重さ的に厳しいので、いっそ滞在するホテルに転送するというのも手ですよね。

    • 劇場の外はとっぷり暮れていましたが、人通りは結構あって安心しました。

      これなら一人で歩いても平気かも。
      まあ、セキュリティ対策はしっかりしてのお話ですけどね。

    • 到着初日は金曜日の夜だったので、地下鉄は割と混んでいました。
      やはり週末の丸の内線を思い出します…。

      この写真は22:40に撮影されたもの。


      明日もこの地下鉄に乗って街歩きです。
      朝はあのノッティングヒルに行って散策ですー!

      どうぞお楽しみに!
      Thanks for your reading!!




      〜 二日目へ続く 〜 to be continued 〜 

    • イチオシ

      【今回出てきた予約サイトとアプリリンク集】

      = 交通 =

      ■ヒースローエクスプレス
      https://www.heathrowexpress.com/

      出発当日まで予約可。ネット割引あり。

      ■オイスターカード
      http://www.visitbritainshop.com/japan/travel-transport/product/london-visitor-oyster-card.html

      出発3週間前までにオーダーすれば、安心の到着。


      = 観劇 =

      旅行日程決まり次第の予約がベスト。

      ■チケットマスター(ウィキッド予約)
      http://www.ticketmaster.co.uk/WICKED-The-Hit-Musical-tickets/artist/864373?camefrom=[=CAMEFROM=]&brand=tm&tm_link=tm_homeA_rc_image1

      ■チケットマスター(レ・ミゼラブル予約)
      http://www.ticketmaster.co.uk/Les-Miserables-tickets/artist/803968

      ■Seeチケット(オペラ座の怪人予約)
      http://www.seetickets.com/Tour/PHANTOM-OF-THE-OPERA


      = 旅行に役立つおすすめアプリ =

      ■Galileo Offline Maps(オフラインマップ)
      http://itunes.apple.com/jp/app/galileo-offline-maps/id321745474?mt=8

      ■360 Panorama(ジャイロ対応パノラマ写真)
      http://itunes.apple.com/jp/app/360-panorama/id377342622?mt=8

      ■Evernote(ウェブログ・オフラインノート)
      http://itunes.apple.com/jp/app/evernote/id281796108?mt=8

      ■google+(SNS・ライフログ)
      http://itunes.apple.com/jp/app/google+/id447119634?mt=8&ign-mpt=uo%3D2

      インスタントアップロード機能と、eye-fiをコンビで使うと、ライフログをライブに残すのに役立ちます。
      容量無制限で画像を保存できるストレージが便利です。
      動画も15分まで無料でアップできます。


      = 地図 =

      この旅用に作成したgoogleマップのマイプレイス情報です。
      KMLを保存してオフライン地図にインポートして使ってください。
      コンパス機能を利用すれば更に迷子になりにくいです^^

      http://goo.gl/maps/cfRzG

    ロンドン人気旅行記ランキング2138位(7186件中)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

    イギリス旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら600円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

    Wi-Fiについてもっと見る

    フォートラベル GLOBAL WiFi

    内容が近い旅行記

    このエリアの旅行記一覧へ

    このエリアのホテル

    ロンドン ホテル一覧へ

    junpoonさん

    junpoonさん 写真

    海外1カ国渡航

    国内0都道府県訪問

    写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

    ピックアップ特集

    閉じる