旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

ケアンズ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

ケアンズ人気旅行記ランキング3位(2200件中)

GWに行くケアンズ 6日間の旅(グレート・バリア・リーフ編)

関連タグ

    旅行時期 2012/05/03 - 2012/05/06 (2012/05/24投稿

    2012年のゴールデンウィークに行ってきましたケアンズ旅行の旅行記、後半です。
    前半は世界遺産の熱帯雨林キュランダを中心とした山と動物編に続き、今回は世界遺産の海、グレート・バリア・リーフです。
    ここでは本当に生きている珊瑚を見ることができました。
    今回は海の中から、遊覧飛行のセスナ機から、最後は日本へ帰国中の旅客機からと様々な角度からGBRを堪能できました。
    それでは旅行記後半、早速行ってみます。

    写真 29枚

    交通手段 : 
    利用旅行会社:
    エス・ティー・ワールド
    エリア:
    オーストラリア > クイーンズランド州 > ケアンズ
    エリアの満足度:
    4.5
    • いきなりで何ですが、ケアンズの町にはビーチがありません。
      ケアンズはもともと熱帯雨林の下流域を切り開いて作った町のため、町の近くにはマングローブの林が生い茂り、浜は砂ではなくて泥となっています。
      そのため、ケアンズの海岸は基本的にご覧のような板敷の桟橋で覆われています。

    • イチオシ

      そのため地元の人たちは、公園の中心にあるご覧のようなプールで泳いでいます。
      5月は現地の季節ではそろそろ秋ですが、まだまだ暑く、プールの噴水が涼しげです。
      時間があれば、こうしたところでのんびりとするのも良いですが、初ケアンズということで、せっかくなので、グレートバリアリーフまで出かけることにしました。

    • ということで、せっかくGBRに行くのならば一番珊瑚の状態が良いところが良いだろうということで、クイックシルバー社のエイジンコートリーフツアーに参加することにしました。
      エイジンコートリーフにはケアンズからバスで1時間半のポートダグラス港まで移動、さらにそこから高速船で1時間半と長時間かかります。
      写真は乗船場所のポートダグラスですが、熱帯雨林の中に位置し、なかなか美しい港です。

    • 写真の銀色のスマートな船がクイックシルバー号で、見てのとおりなかなかの大型です。
      事前にアウターリーフツアーの船は揺れるという情報でしたので、現地に着いてから天気を見計らってこの日にしました。(口コミ回答でお答えいただいた皆様ありがとうございました。)

    • 船は波を切りながら進みます。船の上げる水しぶきに虹が見えます。
      晴天のため、1階のラウンジの揺れはそれほどでもありませんでしたが、3階の展望デッキではかなり揺れて立っていることはできませんでした。
      船酔いが心配な方は下のほうの席に座ることをお勧めします。

    • 船は約1時間半ほどで沖合いにあるポンツーンに着きました。
      ポンツーンは2階建てで大きく、設備も整っており300人程度は優に入れる大きさです。
      ここに約3時間半ほどの滞在の予定です。

    • ポンツーンでは、まずオプショナルのセットで入っている半潜水艦に乗りました。
      一周約30分のミニクルーズですが、泳ぎが苦手な人でも、簡単に世界遺産の海を味わうことができます。
      10分間隔で出発しているので、岸壁?で待ちます。

    • 半潜水艦は見てのとおり観覧室が水面下にある船で、水中を見ながら航行します。
      潜水艦内はこのようになっており、まさに生きている珊瑚が見れました。
      写真は窓越しのものより直接撮ったもののほうがきれいですので、後の写真をご覧ください。

    • ビュッフェでの食事の後、シュノーケルをすることにしました。
      下側が階段になっていて、ここから海の中に入ります。ウェットスーツと救命胴衣を借りて潜ってみることにします。

    • イチオシ

      海の中に入って、まずそのカラフルな珊瑚に驚きました。
      今までプーケット、タヒチと珊瑚礁でのシュノーケルはしていますが、ここまで豊富な珊瑚は見たことがありませんでした。
      特にボラボラ島などでは、乱開発のためか珊瑚の白化現象が著しく、各ホテルでは、珊瑚の植生や回復を図っていましたが、まだまだ小さく、失われたものの大きさがわかりました。

    • カラフルな珊瑚の下にはカラフルな熱帯魚が隠れています。
      あまり大物の魚は見つかりませんでしたが、他の人の写真を見ると亀や派手なオコゼといった魚も結構いたようです。
      やはりプロがいないと、大物を見つけるのは難しいですね。

    • また、熱帯魚もたくさんいたのですが、写真に撮るのは非常に難しいです。
      10枚取ったうちの1枚良いものがあればOKという感じで、相手も自分も動いているのでピントがなかなか合いません。

    • その代わり、珊瑚ならば動いていないので簡単に撮れます(笑)。
      カラフルな枝珊瑚や大きなテーブル珊瑚のほか、キャベツや葉っぱのような珊瑚も。これは人間の脳のように見えるので、ノウ珊瑚というらしいです。

    • 途中15分くらいポンツーンに戻って再びシュノーケリング再開です。
      いつまでも飽きませんが、一番遠いリーフということで、実質滞在時間が3時間半。シャワーや着替えを考えると短すぎ、あっという間の出発時間となりました。
      しかし、滞在時間が短いのは残念ですが、その分自然が保たれているというのもあるのでしょうね。

    • 夕日を背に港に戻ります。
      帰りは皆遊びつかれてぐったりでした。
      ケアンズ到着は午後6時、長時間の移動大変でしたが、その甲斐はあったツアーでした。

    • 翌、5日目の午前中は何も予定を入れていませんでしたが、ご覧のような快晴。
      この天気で何もしないのはもったいないということで、急遽町へ出て遊覧飛行のオプショナルをお願いしました。

    • すると運よく10時からの飛行が空いているのですぐ行きましょうということで、急ぎ空港へ。
      行き先はケアンズ国際空港の反対側の小型機の駐機場所兼オフィスです。

    • 簡単な説明を受けた後、この高翼の小型機に搭乗しました。
      パイロットはなんとこの女性です。すごく若くて格好良いです。
      しかも、乗客は私たち2人だけのため貸し切り飛行です。
      すごく得をした気分です。

    • ケアンズ国際空港は滑走路が一本しかないため、国際線の大型機も、国内線も、GBRへの遊覧小型機も全て同じ滑走路から出発します。
      飛行機はぐんぐんスピードを上げ、空港を飛び立ちました。

    • 最初はグリーン島です。
      上空から見ると、緑の島の周りを見事に珊瑚礁が覆っているのが見えます。また、船着場には何隻もの船が着き、ビーチには客の姿も見えます。

    • さらに珊瑚礁は続きます。
      しかし、ここのあたりでハプニングが。前日に海中撮影、今日は航空撮影と酷使をしすぎたせいか、デジカメのレンズに曇りが発生。
      息を吹きかけあわてて曇りを取ろうとするもうまくいかず、これ以降一部携帯での撮影に変わります。

    • イチオシ

      その後、ケアンズ近郊にあるハートリーフを見せてくれました。
      ハミルトン島などから見に行く本物のハートリーフに比べて少し不恰好ですが、ハートに見えますよね。
      操縦士さんは、わざわざこの周りをバンクをつけながら一周してくれました。

    • ウポルケイ付近の上空です。
      珊瑚礁の沖にダイビング船が停泊し、ダイビングをしています。
      上空から見るとこんな感じになっているのですね。

    • 続いて、ミコマスケイの上空に達しました。
      小さな砂浜だけの島と聞いていましたが、本当に小さい。満潮のせいかもしれませんが、本当の小島でした。ここに鳥が植物の種を持ち込み、草木が生えてくると言います。
      ここからグリーン島のような大きな島になるまで、いったい何千年かかるのでしょうか?

    • 珊瑚礁の遊覧を終えて、本島まで戻ってきました。
      今はケアンズ近郊の熱帯雨林上空です。川の中を走るボートが見えます。

    • そして慎重にタッチダウンして無事到着です。
      ここまで操縦席の真後ろから滑走路を見たのはもちろん初めてです。
      2日間で海中と空中からGBRを見ると、非常に良い体験ができました。

    • 翌日は帰国日のため、この日はディナーの後、ナイトマーケットに行ってお土産探しです。
      このガラス細工の店がお気に入りで、目の前でコアラやカンガルーのガラス細工があっという間に出来上がっていきました。

    • 翌、6日目は帰国日ですが、この日も見てのとおりの晴天です。
      空港の前からの写真ですが、初日の雨の写真と見比べてください。
      途中、曇天の時間帯もありましたが、おおむね天気には恵まれた6日間でした。

    • 帰りの飛行機の中からもオーストラリア大陸に沿って延々と続くグレート・バリア・リーフの威容を確認することができました。
      昨日、一昨日と見た大きな珊瑚礁がほんの一角だけであったということがよくわかります。これだけ残っている手付かずの自然を、これからも大事にしていってほしいものです。

    ケアンズ人気旅行記ランキング3位(2200件中)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    この旅行で行った観光スポット

    ケアンズ 観光スポットランキング

    この旅行で利用したグルメスポット

    ケアンズ グルメスポットランキング

    この旅行で利用したショッピングスポット

    ケアンズ ショッピングスポットランキング

    この旅行で利用した交通施設

    ケアンズ 交通施設ランキング

    出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

    オーストラリア旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら600円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

    Wi-Fiについてもっと見る

    フォートラベル GLOBAL WiFi

    このエリアのホテル

    ケアンズ ホテル一覧へ

    この旅行記の地図

    拡大する


    ピックアップ特集

    閉じる