旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

ブラチスラバ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

ブラチスラバ人気旅行記ランキング331位(542件中)

2010ドナウ川が見えるホテル巡り(その2・ブラチスラバ編)

旅行時期 2010/12/29 - 2010/12/30 (2011/02/01投稿

今回は、「ドナウ川が見えるホテルをハシゴしてみる!」というテーマを勝手に設けて、ドナウ川沿いにある都市のうち、ブダペスト→ブラチスラバ→ウィーンと移動し、それぞれドナウ川が見える部屋を滞在する旅をしてきました。<br /><br />◆行程<br />12/25(土)<br />  ■ホリデイイン東武成田 泊<br />12/26(日)<br /> 【航空機】KL864 東京NRT 1200→1535 アムステルダムAMS<br /> 【航空機】KL1979 アムステルダムAMS 2020→2225 ブダペストBUD<br />  ■ブダペスト・マリオット 泊<br />12/27(月)<br />  ★ブダペスト市内観光<br />  ■ブダペスト・マリオット 泊<br />12/28(火)<br />  ★ブダペスト市内観光<br />  ■ブダペスト・マリオット 泊<br />12/29(水)<br /> 【列車】ブダペスト東Keleti駅 925→1205 ブラチスラバHlavna駅<br />  ★ブラチスラバ市内観光<br />  ■パーク・イン 泊<br />12/30(木)<br />  ★ブラチスラバ市内観光<br /> 【バス】NovyMostバスターミナル 1200→1245 ウィーン空港<br />  ★ウィーン市内観光<br />  ■nhウィーンエアポートホテル 泊<br />12/31(金)<br /> 【航空機】KL1840 ウィーンVIE 1035→1240 アムステルダムAMS<br /> 【航空機】KL861 アムステルダムAMS 1745→(翌日着)<br />1/1(土)<br /> 【航空機】 →1250 東京NRT

今回は、「ドナウ川が見えるホテルをハシゴしてみる!」というテーマを勝手に設けて、ドナウ川沿いにある都市のうち、ブダペスト→ブラチスラバ→ウィーンと移動し、それぞれドナウ川が見える部屋を滞在する旅をしてきました。

◆行程
12/25(土)
  ■ホリデイイン東武成田 泊
12/26(日)
 【航空機】KL864 東京NRT 1200→1535 アムステルダムAMS
 【航空機】KL1979 アムステルダムAMS 2020→2225 ブダペストBUD
  ■ブダペスト・マリオット 泊
12/27(月)
  ★ブダペスト市内観光
  ■ブダペスト・マリオット 泊
12/28(火)
  ★ブダペスト市内観光
  ■ブダペスト・マリオット 泊
12/29(水)
 【列車】ブダペスト東Keleti駅 925→1205 ブラチスラバHlavna駅
  ★ブラチスラバ市内観光
  ■パーク・イン 泊
12/30(木)
  ★ブラチスラバ市内観光
 【バス】NovyMostバスターミナル 1200→1245 ウィーン空港
  ★ウィーン市内観光
  ■nhウィーンエアポートホテル 泊
12/31(金)
 【航空機】KL1840 ウィーンVIE 1035→1240 アムステルダムAMS
 【航空機】KL861 アムステルダムAMS 1745→(翌日着)
1/1(土)
 【航空機】 →1250 東京NRT

写真 38枚

テーマ:
街歩き
交通手段 : 
エリア:
スロバキア > ブラチスラバ
エリアの満足度:
4.0
  • 500_21320333

    ベルリン行きの国際列車は、1等、2等とも6人コンパートメント席でした。1等は2等よりもいい座席を使っているようでしたが、料金が倍となるので、2等にしました。日本の寝台列車のような車内の作りです。
    9時25分発車でしたが、定刻になっても全然発車しません。しばらくして発車したと思ったら駅構内で停止し、なんとまた、さっきのホームに戻ってしまいました。結局、発車したのは1時間後。
    到着時間が遅くなるのはかまわないのだけど、困るのは「ブラチスラバ駅にいつ降りたらいいのか?」で、1時間遅れだからブラチスラバ駅着が13時頃になるのかな、という想像はできるのですが、遅れを取り戻す運転をすれば、前倒しとなるかもしれない・・・。車内放送に英語はなかったので、大きな街が見えてきたら準備し、到着した駅名票で「えいや!」と下車しました。

  • 500_21320334

    コンパートメント席の室内です。1等は、もう少し広いのかなー。
    なお、スーツケースは大型のものでも座席頭上の棚に置くことができました。重い場合は大変そう。部屋以外に置いておけそうなスペースはありませんでした。
    3時間の乗車で、乗車時間の2分の3は2人だけで占用していましたが、途中駅からいっぱい乗車してきて、この部屋も6人が埋まりました。列車自体、ほぼ満席だったようです。

  • 500_21320335

    腹ごしらえに、食堂車に行ってみました。日本では豪華寝台列車以外全廃となった食堂車ですが、こちらではまだまだ健在です。

  • 500_21320336

    グヤーシュ(手前、6.9ユーロ)と、チーズリゾット(奥、7.4ユーロ)、そしてコーヒーを注文しました。
    ブダペスト市内のレストランで食べたものよりおいしかったかも。
    支払いはユーロの他、ハンガリー・フォリント、チェコ・コルナでも可能で、クレジットカードは使用できませんでした。

  • 500_21320337

    食堂車にいる間は、主にドナウ川沿いを走行していました。雪景色の車窓を眺めながら暖かいグヤーシュを食べていました。

  • 500_21320365

    ハンガリー国境までは、このように雪一色でした。

  • 500_21320366

    当初の所要時間のとおり、およそ3時間でブラチスラバ駅に到着しました。主要駅だから、さすがに英語の放送はあるだろうと思っていたら、ありませんでした。停車時間はあまりなく、1〜2分程度で出発していきました。

  • 500_21320367

    ブラチスラバ駅構内です。首都の駅だというのに大きくありません。日本でいうと、人口10万人程度の都市の代表駅、という感じです。治安についての不安は特に感じませんでした。

  • 500_21320368

    駅の外観です。トラムが駅から出ているはずなのですが、外に出たら、タクシー乗り場があるだけで、トラム乗り場が見あたりません。駅前のキオスクでトラム1日券を購入しようと思ったら、1回券は売っていても、1日券は売っておらず、「駅隣の窓口で買って」といわれました。この写真でいうと、駅舎の右隣に交通局の窓口があります。

  • 500_21320369

    トラム乗り場は、駅の東側にあります。地図では隣接しているように見えるのですが、高低差がありますので気づきにくいのです。駅からつながるエスカレータで一段下に降りると、トラム乗り場がありました。
    スーツケースの持ち込みは有料で、1つにつき子供料金のチケットが必要ですので、荷物分2枚買って乗り込みました。これから、いったんパークインホテルに向かいます。

  • 500_21323171

    鉄道駅からパークインホテルの最寄りに行くには、13番トラムを利用し、Nam,L'Stura広場の停留所で下車します。新型車両だったので、車内で次の駅名の案内表示があったので助かりました。13番トラムで最初にドナウ川が見えたら、そこが下車する広場でした。

  • 500_21323172

    1泊だけですがお世話になるパークインホテルに着きました。チェックインの時に「ドナウ川が見える部屋にしてほしい」とお願いしたら、応えてくれました。

  • 500_21323173

    チェックインの時点で、もう14時過ぎ。ホテルに荷物を置いて、さっそく市内観光です。
    写真は、聖マルティン大聖堂で、ホテル入口の目の前にあります。外壁を改装しているようで、塔の部分に養生がかけられており、全部の姿を見ることはできませんでした。

  • 500_21323174

    まずはブラチスラバ城に行ってみましょう。これもホテルから近くにあります。城は丘の上にあり、このように坂や階段をのぼって行きます。

  • 500_21323175

    イチオシ

    ブラチスラバ城の丘から市内が一望できます。まもなく夕暮れのドナウ川とNovyMost橋(以下「UFO橋」といいます。)です。左に見える白い建物は、今日宿泊するパークインホテルです。

  • 500_21323181

    ブラチスラバ城です。塔が四隅にそれぞれあります。

  • 500_21323182

    中庭に入れたので、覗いてみました。なんだか最近建てた鉄筋コンクリート造のビルみたいです。最近になって再建したのでしょうか・・・?(戦後再建された、とのこと) でも、スロバキア発行のユーロ貨のデザインにもなっているくらいなので、歴史はあるのでしょう。

  • 500_21323183

    城のある丘から降りて、旧市街を歩くことにします。通り名はPanska通りといいます。
    これまたホテルから近くにあるので、本当に便利な立地です。

  • 500_21323184

    旧市街には、いろんな格好をした人のモニュメントが点在していました。

  • 500_21323185

    フラブネー広場です。正面に見える建物は、旧市庁舎です。それほど大きくありません。
    そして、この広場に日本大使館がありました。左の建物に、日の丸が掲げられています。

  • 500_21323191

    ミハエル門にきました。写真は門の北側で、これからくぐって南進します。

  • 500_21323192

    ミハエル門を南側から撮りました。この風景は、街で売っている絵はがきでよく使われていました。

  • 500_21323193

    イチオシ

    国立劇場近くの広場です。大きなツリーがあって、イルミネーションが施されていました。

  • 500_21323194

    旧市街のRybarska通りです。人通りは多くなく、この辺を歩いている人は観光客がほとんどのようでした。

  • 500_21323195

    トラムでホテルで戻ってきました。ホテル前にもトラムの停留所があります(鉄道駅に直通する路線は乗り入れていません)。
    うっすらですが、UFO橋にもライトアップがあるような。

  • 500_21323196

    パークインホテルの部屋は、スタンダードタイプだと日本でいうルートインのような感じでした。部屋の窓は小さく、また高いところに設置されているので、テーブルで食事しながら景色を眺めるなどという楽しさはありません。ホテルが「ドナウビュー」などというプランを出していない理由が何となくわかりました。

  • 500_21323197

    しかし、立ちながらでも眺めてみると、はっきりとUFO橋とドナウ川を見ることができます。

  • 500_21323198

    イチオシ

    夕暮れ近いUFO橋とドナウ川です。部屋から撮りました。

  • 500_21323199

    イチオシ

    そして、夜の風景はこんな感じです。ブダペストで見たドナウよりは寂しい感じですが、上流にあって細くなっているので、仕方ないですね。でもまあ、きれいな景色なので、買ってきたワインを立ち飲みしながら、この景色をしばらく眺めていました。

  • 500_21323200

    翌日、午後にウィーン空港に向かいますが、午前中はドナウ川の対岸まで歩いてみます。写真は、UFO橋の歩道からパークインホテル、ドナウ川を写したものです。

  • 500_21323201

    UFO橋の歩道はこんな感じとなっていて、上層は車道だけで、下層が歩行者専用となっています。

  • 500_21323202

    UFO橋は吊り橋(正確には斜張橋といいます)です。ドナウにはそれ以外にも、アーチ橋があったり、トラス橋があったり、様々な構造の橋が架かっています。

  • 500_21323203

    対岸まで渡りきりました。左奥に見えるのがブラチスラバ城です。

  • 500_21323204

    対岸から橋を写してみました。このあたりはとても広い公園となっていました。寒いせいか、散歩している人はほとんどいません。

  • 500_21323205

    さあ、これからウィーンに向かいましょう。ブラチスラバからウィーン空港に行くには、いろいろな選択肢があります。一般的なのは、バスターミナル(Autobusova Stanica)からウィーン空港直通バスを利用する方法で、1時間に1本のバスが出ています。
    写真は、路線バスの901番バスで、国境を越えて5km離れたオーストリアのフォルフシュタール(Wolfsthal)まで行きます。フォルフシュタールは、ウィーン空港を通る近郊電車の終着駅なので、この電車に乗り換えて空港に行くこともできます。ただし、901番バスは、地図で見る限りフォルフシュタール駅前に停まるのではなく、近郊電車と平行に走る幹線道路の停留所に停車する感じなので、ほんのちょっと歩くようです。

  • 500_21323206

    UFO橋近くのNovyMostバス停から、ウィーン空港行きが発車するバスターミナル(Autobusova Stanica)に路線バスで向かおうとしていたら、1台の観光バスタイプの車両がやってきました。団体さんかな?と思ってみてみると、みんなスーツケースを預けて乗り込んでいます。
    ・・・。
    どこに行くんだろう?と思って、バス前面の案内札を見てみると、「WIEN」「FRUGHAFEN SCHWECHAT」などと書かれています。「もしや、空港に行くバス?」と思って聞いてみたら、やっぱり空港行きのバスでした。スーツケースは詰め込み終えたばかりだけど、再びトランクに詰めてくれて、無事乗車できました。
    NovyMostからウィーン空港までは大人6.0ユーロで、予約不要でした。

  • 500_21323207

    NovyMostバス停を発車すると、すぐにドナウ川を越えて、オーストリアに越境します。しばらくは何もない平原っぽいところを走ります。写真のように、風力発電の風車が広範囲にわたって建っていました。

  • 500_21323208

    およそ45分でウィーン空港に到着しました。
    ウィーン空港の小ささにびっくり! 今日宿泊するnhホテルは、目の前にありました。写真の後ろに見える建物がそうです。
    まだ昼の12時45分で部屋の準備ができておらず、チェックインできなかったので、荷物だけ預けて、これから電車でウィーン市内に観光しに向かいます。

    〜「ウィーン編」に続きます〜

ブラチスラバ人気旅行記ランキング331位(542件中)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

スロバキア旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら920円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

Wi-Fiについてもっと見る

フォートラベル GLOBAL WiFi

内容が近い旅行記

このエリアの旅行記一覧へ

このエリアのホテル

ブラチスラバ ホテル一覧へ

pooske♪さん

pooske♪さん 写真

海外28カ国渡航

国内6都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

ピックアップ特集

閉じる