旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

ウラジオストック 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

ウラジオストック人気旅行記ランキング192位(244件中)

楽しかったシベリア鉄道の思い出(1)

旅行時期 2004/07/- - 2004/07/- (2009/02/24投稿

1.シベリアとシベリア鉄道<br /> 旅行記に入る前に、シベリアについて説明しよう。<br /><br /> シベリアとはユーラシア大陸の北部で、西はバルト海から東はオホーツク海までの広大な地域で、南部のアンガラ川流域のアンガラ楯状地は世界で最初に陸地化したところである。<br /><br /> また、シベリアは南から北へステップ(大平原帯)、沼地、タイガ(針葉樹林帯)、ツンドラ(凍土帯)に分けられ、シベリア鉄道は西部は沼地を通り、中央部と東部はタイガを通る。タイガには針葉樹が密生し、虎、黒熊、シベリアシカ、キツネ、テンなどが生息している。<br /><br /> ほぼ中央の大陸断層で形成されたバイカル湖は淡水で生息する生態系の宝庫である。<br /><br /> 西にチュメニ油田、クズネツ炭田、中央にヤクーチア天然ガス田、ヤクート原料炭田、東にサハリン大陸棚探鉱があり、豊かな天然資源に恵まれている。<br /><br /> 19世紀半ばに、アメリカ大陸で大西洋側と太平洋側をつなぐ横断鉄道が建設されたことが、シベリア大陸にもバルト海側から太平洋側へ鉄道をつなぐ構想を生んだ。しかしプロシャなどが勢力拡大に虎視眈々と睨んでいた時代であり、当時の欧米のレールの幅が標準軌(1,435mm)に統一されつつあるのに反して、ロシアは敢えて広軌(1,524mm)を採用して、ユーラシア大陸の北方に独自の鉄道圏を形成して行くことになったのである。<br /><br /> シベリア鉄道全長9,300kmは1916年完成し、現在はハバロフスク近くのアムール川の橋梁(2,658km)を除いて全線複線であり、また全線電化されている。<br /><br /> 現在、ロシアの鉄道はアメリカについで世界で第2位の貨物輸送実績をもち、長大編成の貨物列車、そして「ロシア号」に代表される長距離列車が連日運行している。<br /><br />

1.シベリアとシベリア鉄道
 旅行記に入る前に、シベリアについて説明しよう。

 シベリアとはユーラシア大陸の北部で、西はバルト海から東はオホーツク海までの広大な地域で、南部のアンガラ川流域のアンガラ楯状地は世界で最初に陸地化したところである。

 また、シベリアは南から北へステップ(大平原帯)、沼地、タイガ(針葉樹林帯)、ツンドラ(凍土帯)に分けられ、シベリア鉄道は西部は沼地を通り、中央部と東部はタイガを通る。タイガには針葉樹が密生し、虎、黒熊、シベリアシカ、キツネ、テンなどが生息している。

 ほぼ中央の大陸断層で形成されたバイカル湖は淡水で生息する生態系の宝庫である。

 西にチュメニ油田、クズネツ炭田、中央にヤクーチア天然ガス田、ヤクート原料炭田、東にサハリン大陸棚探鉱があり、豊かな天然資源に恵まれている。

 19世紀半ばに、アメリカ大陸で大西洋側と太平洋側をつなぐ横断鉄道が建設されたことが、シベリア大陸にもバルト海側から太平洋側へ鉄道をつなぐ構想を生んだ。しかしプロシャなどが勢力拡大に虎視眈々と睨んでいた時代であり、当時の欧米のレールの幅が標準軌(1,435mm)に統一されつつあるのに反して、ロシアは敢えて広軌(1,524mm)を採用して、ユーラシア大陸の北方に独自の鉄道圏を形成して行くことになったのである。

 シベリア鉄道全長9,300kmは1916年完成し、現在はハバロフスク近くのアムール川の橋梁(2,658km)を除いて全線複線であり、また全線電化されている。

 現在、ロシアの鉄道はアメリカについで世界で第2位の貨物輸送実績をもち、長大編成の貨物列車、そして「ロシア号」に代表される長距離列車が連日運行している。

写真 2枚

テーマ:
鉄道・バス等
エリア:
ロシア > ウラジオストック
エリアの満足度:
評価なし
  • 500_15477283

    2.同行者と行程
    JICの「シベリア鉄道全線15日間」(2004年)に8名が参加した。同行者は60代の男性4人、主婦2人、夫婦1組であった。4人の男性は、かつてはエンジニアとして活躍したが、現在は登山家、陶芸家、水処理コンサルタント、交通技術コンサルタントであった。

     行程は次の通りである。

    2004年
    7月1日(木)関空又は成田発、ソウル着(空路)、ソウル1泊2日

    7月2日(金)ソウル発、ウラジオストク着(空路)、ウラジオストク1泊2日

    7月3日(土)〜7月6日(水)ウラジオストクからイルクーツクまで列車3泊4日

    7月6日(水)〜8日(金)イルクーツク2泊3日

    7月8日(木)〜7月11日(日)イルクーツクからモスクワまで列車3泊4日

    7月11(日)〜14日(水)モスクワ3泊4日

    7月14日(水)モスクワ発(空路)

    7月15日(木)ソウル着、ソウル発、関空又は成田着(空路)

  • 500_15477509

    3.ウラジオストクで
     ウラジオストク空港で、モスクワまでの添乗員の出迎えを受けた。体格のよいカムチャツカ出身のロシア人男性で、日本に留学したことがあり、ユーモアを交えたとても流暢な日本語を話した。

     ウラジオストクは札幌とほぼ同じ緯度で、人口65万の極東地域の最大都市である。着いた日はちょうどロシア領となって150年祭で、革命戦士広場に大勢の市民が集まり、ステージでは着飾った子供たちがスピーカーから流れる「カチューシャの歌」に合わせて、コサックの踊りをしており、それを見ていた同行の主婦は隣の中年女性からアイスクリームを貰っていた、「ロシア人は親切ですね」。夜は景気よく花火を打ち上げていた。

     ウラジオストク駅はとんがり帽子の屋根、外壁がクリーム色の美しいひときわ目立つ建物で、旅への夢を誘う。ここはシベリア鉄道の終着駅である。駅には9,288kmと書かれたモニュメントが立ち、その前に1940年代に活躍した大型の蒸気機関車が記念物として飾ってあった。

    (つづく)

ウラジオストック人気旅行記ランキング192位(244件中)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

ロシア旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら780円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

Wi-Fiについてもっと見る

フォートラベル GLOBAL WiFi

内容が近い旅行記

このエリアの旅行記一覧へ

このエリアのホテル

ウラジオストック ホテル一覧へ

お勤めの旅行会社へ

JIC旅行センターさん

JIC旅行センターさん 写真

  • 旅行記

    264

    562

  • クチコミ

    0

  • QA回答

    0

  • アクセス数(2007年03月22日登録)

    239,436アクセス

海外13カ国渡航

国内8都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

Pickup!! フォートラベルからのおすすめ情報