旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

しまなみ海道(因島・生口島・向島) 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

しまなみ海道(因島・生口島・向島)人気旅行記ランキング53位(281件中)

完走!子連れしまなみ街道サイクリング前編【尾道~大三島】

旅行時期 2007/10/06 - 2007/10/08 (2007/10/09投稿

全長約76km、尾道から今治へ瀬戸内海に浮かぶ六つの島と六つの橋を自転車で渡る旅!<br />crosswordさんの旅行記を拝見し、しまなみ街道でのサイクリング、「気持ちよさそう~!」と思ったのがきっかけでした。<br />ちょうどそのころ子どもたちは自転車路上デビューし始めた頃。<br />いつか行くぞ~!と心に決める。<br /><br />暑い夏が過ぎ、サイクリングには最適な季節がやってきました~<br />いよいよこの企画を実行する時がやってきた。<br />どうせ行くなら完全走破したい・・<br />自転車で全長約76キロのコースは大人の私たちでも未知の世界。<br />せいぜい往復10キロほどの距離しか走ったことのない小学1年生の子供たち、果たして大丈夫なのか??<br />ゆっくり2日かければなんとか行けるのでは?と途中の島で1泊し2日かけての走破を計画。<br /><br />

全長約76km、尾道から今治へ瀬戸内海に浮かぶ六つの島と六つの橋を自転車で渡る旅!
crosswordさんの旅行記を拝見し、しまなみ街道でのサイクリング、「気持ちよさそう~!」と思ったのがきっかけでした。
ちょうどそのころ子どもたちは自転車路上デビューし始めた頃。
いつか行くぞ~!と心に決める。

暑い夏が過ぎ、サイクリングには最適な季節がやってきました~
いよいよこの企画を実行する時がやってきた。
どうせ行くなら完全走破したい・・
自転車で全長約76キロのコースは大人の私たちでも未知の世界。
せいぜい往復10キロほどの距離しか走ったことのない小学1年生の子供たち、果たして大丈夫なのか??
ゆっくり2日かければなんとか行けるのでは?と途中の島で1泊し2日かけての走破を計画。

写真 50枚

テーマ:
特になし・その他
交通手段 : 
  • 現地移動 :  高速・路線バス / 自転車 / 自家用車
エリア:
広島 | しまなみ海道(因島・生口島・向島)
エリアの満足度:
評価なし
  • 500_12836259

    実は行く前に重大な問題が勃発・・
    子供用レンタサイクルは20インチからしかないと言われ、自転車屋でサイズを確認するとつま先立ちで
    20インチでは大きい、ということに。

    家の16インチの自転車を持ち込んで部分的にサイクリングを楽しむしかないかなあ。
    とあきらめ半分でいたところ、友人から借りた自転車は20インチでも足が届いたのだった。
    ひょっとするとレンタサイクルにもサドルが低いものもあるかもしれない・・
    縦断を決行するかどうかは当日のレンタサイクル屋の子ども用自転車にゆだねられたのであった。


  • 500_12836260

    そして当日、尾道駅前のレンタサイクル屋が開く9時に合わせてやって来た。まずは子供用自転車の確認。
    子供用マウンテンバイクにまたがると、足がついた!
    二人とも大丈夫なよう。
    これで当初の予定通り、しまなみ街道を自転車縦断を決行することに。

    プラン一日目は尾道駅前に乗ってきた自動車を駐車し、自転車で大三島まで(約40km)。大三島の宿で一泊し、二日目は大三島から今治駅前までサイクリング(約36km)。
    今治駅前でレンタサイクルを乗り捨て、そこから尾道までは高速バスにて戻る。

    レンタサイクル料金は
    大人500円×2人×2日=2000円
    子供300円×2人×2日=1200円
    乗り捨て料金1000円×4人=4000円
    計7200円


    まずは尾道から向島へ渡る。
    尾道大橋が歩道が狭く危険なため渡船で渡る。
    この渡船は自転車ごと乗り込むことができる。
    自転車と大人で110円、子どもは60円。

  • 500_12836261

    さあ、この船を降りたら後はひたすら自転車をこいでこいでこぎまくり、とにかく今日は大三島までたどり着かねばならないのだ。
    今日のゴールまでの距離は約40km・・
    ためしに渡し船のおばちゃんに、「小学校一年生の子供でも行けますよね〜?」
    と聞いてみる。
    「大丈夫、行ける!行ける!」という返事を期待していた私に「イヤ〜かなりアップダウンがキツイし、無理じゃないかな〜」という返事・・
    えええ〜〜!うそでもいいから行ける!と言って〜!
    しかし子供たちが借りたマウンテンバイクを見たおばちゃんがマウンテンバイクなら大丈夫かも・・
    と言い出す。
    そう子供たちが借りたマウンテンバイクは変速が六段階もついているなんだか本格的な自転車なのだった。
    おばちゃんは私たちのママチャリを見て、ママチャリはキツいよ〜と言われてしまう。

  • 500_12836262

    向島に到着〜
    サイクリング開始!!

  • 500_12836263

    この日は気持ちのよい快晴。
    まさに自転車日和♪

    青い空に赤い橋のコントラストがきれいだ〜

  • 500_12836288

    しばらく向島の中を走るっていると海沿いの道に出てきた。

  • 500_12836289

    そして最初に渡る因島大橋が見えてきた。
    最初に見えた橋に感動〜
    あの橋を渡るんだ〜と思うとワクワクしてくる。

  • 500_12836290

    が、ここからが、橋が見えてからが大変なのだ・・
    橋を渡るまでにこの橋の高さまでひたすら上りが続くのだ。
    らせん状に大きく迂回する自転車道・・
    こいでもこいでも橋の渡り口は見えてこないぞ〜

  • 500_12836291

    しかしここは焦らず、子供たちのペースに合わせ、疲れたら自転車を降りて押す。
    一歩一歩進んで行くのみ。

  • 500_12836292

    やっと橋の入り口に到着〜
    ここからは快適なはず・・
    因島大橋は全長1270mのつり橋で二段構造。
    上段が自動車専用道路、下段が自転車、歩行者道路になっている。

  • 500_12839886

    橋を渡り終え、やっと一山越えたぞ〜と思っていた矢先に、娘に異変が…!
    因島大橋を渡った下りで自転車のブレーキが効かない!こわい〜!と言い出す娘。
    自転車を調べてみるとブレーキはちゃんと効いてるのだがどうやら握力不足?のよう。
    本来飛ばして距離をかせげるべき下りが怖い〜といって全くスピード出せず…
    それどころか下りで降りて歩き出す娘!
    こんな調子でこの先行けるのか〜?!



  • 500_12843975

    試しに息子のと交換してみるとほぼ同じ自転車なのにこっちなら大丈夫だという。
    しかし息子もその自転車はいやだと二人の間で大号泣のバトルが勃発!
    一つの自転車にこだわる娘。その自転車を譲ってやればいいのに譲れない息子。
    そして、「もう行くの止めよう。縦断なんて所詮無理な話だった」とあっさりあきらめようとする旦那。
    まだ旅は始まったばかりだというのにリタイア寸前の泥沼状態!

  • 500_12836305

    我が家族のあまりのチームワークのなさに情けなくなる私。
    体力不足ならともかくこんなことで足止めを食らうとは・・
    しかしこんなことにひるんでいてはならない!
    もう今更後戻りは出来ないのだ。
    こんなところでモタモタしてたら日が暮れて暗闇の中走らないといけないことになるぞ!
    野宿をするか?それとも野垂れ死に?と子供たちを脅しつつ・・
    なんとしてでも夕方までに今日泊まる小学校の宿までみんなで力を合わせて行くのだ!
    前進あるのみ、と説得。
    自転車は二人で交代で乗る、ということで最初は自転車をなぎ倒して号泣していた息子もぐずぐず言いながら前へ進みはじめる。

    因島に入ったら買おうと思ってたはっさく大福も、見に行きたかったヴォーリズ建築の白滝山荘も、もうそれどころではなくなってしまった。
    とにかく今は前に進むしかない・・

  • 500_12836306

    泥沼状態からようやく抜け出し、因島を縦断。
    そして二番目に渡る橋、生口橋が見えてきた。
    新しい橋が見えてくると、さあ!あの橋までがんばるぞ〜という気持ちがわいてくる。

  • 500_12836307

    青い海、美しい形の橋、通り過ぎる船、民家の屋根、緑の木々・・・
    橋の上まで上る過程はしんどいが目の前に刻々と変わるすばらしい風景を味わうことができるのは
    やはりサイクリングならではの醍醐味だ〜

  • 500_12836308

    生口橋は全長790mの斜張橋で1991年に開通。
    鋼製とコンクリート製の橋桁を連結した日本初の複合構造を持つ斜張橋で斜張橋の更なる長大化への先駈けとなった橋なのだそう。

    先ほどの因島大橋の吊橋とは又違ったタイプの橋、
    しまなみ街道に掛けられる六つの橋はそれぞれ違う特徴と形を持った橋なのだ。
    その違いも楽しみたい・・

  • 500_12836309

    橋を渡り終えたところにはこのような料金箱が。
    ここに通行料を入れる。
    おつりは出ないので小銭を用意。
    面倒な場合はレンタサイクル屋さんにはサイクリングチケットも販売されている。

    通行料金は多々羅大橋100円、来島海峡大橋200円、それ以外は100円。

  • 500_12836330

    生口島に入り、サイクリングロード走行中に
    「瀬戸田手造りジェラート ドルチェ本店」を発見!
    バテバテの私たちにとっては砂漠の中のオアシスを見つけたかのよう・・

    これは「瀬戸田のはるか」(みかんの一種)と「尾道の桃」のジェラート。
    美味しい〜〜生き返る〜〜

    この後は順序は逆になってしまったがお昼ご飯の店を探す。


  • 500_12836331

    目当てだったお店はサイクリングロードから大きく外れていたので諦め、
    お店のおじさんの呼び込みについフラフラ〜と「しま一」というお店に入る。

    この辺の名物のたこ飯が食べてみたかったのでたこ飯定食(850円)を。
    たこの刺身がやわらかくて絶品!

    サイクリングで縦断中、というとお店のおじさんは、普段運動をあまりしない人がサイクリングでやってきてはこの辺で力尽きて高速船で自転車積んで帰る人がたくさんいる、と言っていた・・

    そしてしまなみの見どころをいろいろと解説してくれた。
    この近くの「シトラスパーク瀬田」は60億円もかけて造った施設で以前は入場料千円ほど取っていたがつぶれてから無料になったのでおすすめ!でも自転車では坂道がキツイ。

    立ち寄るなら大島の吉海バラ公園。
    ここは無料だし、隣接の郷土文化館も貴重なものが見れておすすめ!と言われてメモる。

  • 500_12844513

    こちらもサイクリングロード中にある「みしまや」の瀬戸田の名物饅頭、みしま饅頭とレモンケーキ。
    レモンチョコでスポンジをコーティングしたレモンケーキはなんだか懐かしい味が。

  • 500_12836332

    食事を終えた私たちは多々羅大橋を目指して再び出発!

    たいていの道路は車とは別の自転車専用の道路が設けられているが、たしか因島と生口島で2、3箇所自転車専用道路のない区間もあり。
    そういう区間にかぎって道が細く大きなトラックがばんばん走っていたりしたので、これは子供にはちょっと危険かも・・

  • 500_12836334

  • 500_12844512

    この日最後に渡る多々羅大橋が見えてきた!
    いよいよラストスパートだ。

  • 500_12836341

    瀬戸田は柑橘類の産地。
    あちこちにみかんの木が見られる。

  • 500_12836342

    橋までの上り手前にさしかかると、道路は原付専用と歩行者、自転車専用道路に分けられているところも。

  • 500_12836343

    多々羅大橋は全長1480mの斜張橋。
    中央支間長が890mあり、世界最長の斜張橋。
    橋の構造や景観の美しさを追求して造られた橋なのだそう。

  • 500_12844483

  • 500_12844484

  • 500_12836344

    後少しで今日のゴール!

    子供たち、よくがんばった!!

  • 500_12836402

    橋の上から見下ろす海は透明感があって、瀬戸内海の海ってこんなにきれいだったんだ〜と感心・・

  • 500_12836403

    橋を渡り終えた後は道の駅、「多々羅しまなみ公園」へ。
    朝の9時頃尾道を出発し、ここへ到着したのが大体3時半過ぎくらい。
    予定してた時刻よりは早めだった。

    ここのレンタサイクルターミナルへ自転車を預け、宿からは車で迎えにきてもらうことになっていた。

  • 500_12836404

    道の駅でしばし、休憩〜
    農産物直売所でマルチ極早生みかんとデコタンゴールみかんジュースを購入。
    自転車なのであまり買い込めないのが残念・・

  • 500_12836405

  • 500_12836406

    子供たちは意外と元気そうで望遠鏡の取り合いに・・

  • 500_12848327

    宿の方の送迎でこの日の宿の「大三島ふるさと憩いの家」に到着。

    この宿は、昔小学校として使われていた校舎を外観はそのまま、内部を改装して宿泊施設として生まれ変わらせたもの。

  • 500_12848328

  • 500_12848329

    木造の校舎が懐かしい雰囲気をかもし出している。

  • 500_12848330

    校舎には瀬の島小学校の表札と校章も残されていた。

  • 500_12848338

    校舎の前には運動場だったところに芝生が広がっている。

  • 500_12848339

  • 500_12848340

    運動場には鉄棒やうんていなどの遊具が。
    ぶらんこは鎖のみ残されていた。

  • 500_12848341

    廊下にずらりと並ぶ教室は中は宿泊部屋に改装されている。

  • 500_12848342

  • 500_12848343

    私たちが案内されたのは校長室。
    子供たちは校長室だ〜と喜んでいた。
    ちなみに隣の部屋は保健室。

  • 500_12848344

    この学校は2002年「船を降りたら彼女の島」という映画のロケ地にもなっていて、ロケのセットや資料なども展示されていた。

  • 500_12848346

    ダイニングのロケのセット

  • 500_12848357

    こちらはキッチンのロケセット。

    主演は木村佳乃と大杉漣

  • 500_12848358

    海は宿のすぐそばにある。
    夕暮れの海辺を散歩。

  • 500_12848359

    この日は自転車で40kmも走ってもうくたくたなはずなのに子供たちは海を見ると、喜んでしまい、石投げや砂遊びに夢中に!

  • 500_12848360

    この宿は1泊2日2食付大人6000円、子供5000円(お子様ランチの夕食)とリーズナブル(子供は高め?!)
    だったので夕食はこんなものでしょうか・・

    一日目は無事終了!
    明日があるので子供たちは無理やり7時半には就寝。

しまなみ海道(因島・生口島・向島)人気旅行記ランキング53位(281件中)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

三井ガーデンホテル広島

3.84

最安値(2名1室):8,047円~

お得情報三井ガーデンホテル広島の宿泊予約なら公式サイトがお得!

オフィシャルサイトで最安値予約さらにメンバーズであればご優待料金にてご予約いただけます■ベストプライス保証条件 ・ご予約時点での、国内で公開されているインターネ... もっと見る

お得情報を確認

CANDEO HOTELS (カンデオホテルズ)福山

3.36

最安値(2名1室):10,206円~

お得情報【最低価格保証】公式HPからの予約だからこそお得な最安料金♪

★ベストレート保証★公式ホームページでご提供する宿泊料金は「最低価格」であることを保証いたします。公式ホームページからの「WEB予約だからこそお得に、最安料金を... もっと見る

お得情報を確認

このエリアに旅行をご検討中の方へ!

フォートラベルポイントが航空券代金の最大10%分たまる!

フォートラベルの国内航空券なら、JAL、ANA、スカイマークをはじめ、話題のLCCも含めた13社の国内航空会社から、その時期おトクにいける航空券を比較しながら、予約できます。
急な出張や休暇が取れたときでも…出発の3時間前までご予約いただけます!

今すぐ!国内航空券を検索する

内容が近い旅行記

このエリアの旅行記一覧へ

まゆままさん

まゆままさん 写真

海外12カ国渡航

国内23都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

Pickup!! フォートラベルからのおすすめ情報