旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

四川省 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

四川省人気旅行記ランキング175位(562件中)

チベット・カム東部(1)【成都から四姑娘山へ】

旅行時期 2007/08/08 - 2007/08/10 (2007/08/26投稿

チベット文化圏のカム東部(=四川省西部)をめぐってきました。<br /><br />成都から、四姑娘山〜丹巴〜塔公〜道孚〜甘孜〜理塘〜康定〜成都と、総日程12日間でぐる〜っと周ってきました。(当初は、四姑娘山〜稲城・亜丁へ行くつもりでしたが、亜丁が封鎖されたため、甘孜方面に変更。)<br /><br />この地域の交通網は、路線バスか乗合軽四ワゴン車。延べ1,800km強の山岳ドライブ旅行って感じでした。殆どが3000mを超える高原地帯で、川沿いの道も多く、道中の景色はどこもなかなか素晴らしいく、山・川の眺めを楽しめました。<br />  3000mを超える町や村、道中では4000,4500m級の峠を何回も越えて行きます。始めの3〜4日は高山病で少し悩まされますが、次第に順応していきました。交通網はまずまずで移動には困らなかった。<br /><br />この地域はチベット王国の領土だけあって、中国とは一味も二味も違う“チベット文化”を町々、村々で見ることができました。<br /><br />【1〜3日目】<br />1日目:関空から北京経由で成都に到着。<br />2日目:成都からバスで日隆鎮へ。夕方だったが四姑娘山の双橋溝観光へ。だが雨が降り出してきて散々でした。<br />3日目:本命の四姑娘山・長坪溝終日観光!も・・・ほぼ終日雨でまったく“山”が見えず!!  あぁ〜何て運の無いことか。。。<br />*4日目は快晴だったので余計に心残り・・・・・。<br />-------------------------------------------------<br />日程<br />D1 8/8 関空1040-北京1240(CA162)、北京1630-成都1900(CA4108)<br />D2 8/9 成都0630-日隆1540(BUS)【四姑娘山:双橋溝1600〜1930】<br />D3 8/10 【四姑娘山:長坪溝0820〜1840】<br />D4 8/11 日隆07450-小金0900(軽四)、小金1000-丹巴1130(軽四)<br />   --  【丹巴:甲居蔵寨、丹底美人谷、梭坡】<br />D5 8/12 丹巴0700-八美0920(軽四)、八美0940-塔公1030(軽四)<br />   --  【塔公寺、塔公草原、木雅金塔】<br />   --  八美1330-道孚1540(軽四)【道孚:霊雀寺、民居、マニ塚、白塔】<br />D6 8/13 【道孚:農貿市場】道孚1445ー甘孜1940(BUS)<br />D7 8/14 【甘孜ゴンパ】 <br />D8 8/15 	甘孜0900-新龍1200(軽四)、新龍1400-君覇1610(軽四)、<br />   --  君覇1640-理塘1930(軽四)<br />D9 8/16 【理塘:市場、理塘ゴンパ、白塔公園、理塘大草原】 <br />D10 8/17 理塘0630-康定1545(BUS)【康定:町内散策】<br />D11 8/18 康定0700-成都1310(BUS)【成都:文珠坊、他】<br />D12 8/19 成都1125-北京1345(CA1402)、北京1620-関空2000(CA161)

チベット文化圏のカム東部(=四川省西部)をめぐってきました。

成都から、四姑娘山〜丹巴〜塔公〜道孚〜甘孜〜理塘〜康定〜成都と、総日程12日間でぐる〜っと周ってきました。(当初は、四姑娘山〜稲城・亜丁へ行くつもりでしたが、亜丁が封鎖されたため、甘孜方面に変更。)

この地域の交通網は、路線バスか乗合軽四ワゴン車。延べ1,800km強の山岳ドライブ旅行って感じでした。殆どが3000mを超える高原地帯で、川沿いの道も多く、道中の景色はどこもなかなか素晴らしいく、山・川の眺めを楽しめました。
3000mを超える町や村、道中では4000,4500m級の峠を何回も越えて行きます。始めの3〜4日は高山病で少し悩まされますが、次第に順応していきました。交通網はまずまずで移動には困らなかった。

この地域はチベット王国の領土だけあって、中国とは一味も二味も違う“チベット文化”を町々、村々で見ることができました。

【1〜3日目】
1日目:関空から北京経由で成都に到着。
2日目:成都からバスで日隆鎮へ。夕方だったが四姑娘山の双橋溝観光へ。だが雨が降り出してきて散々でした。
3日目:本命の四姑娘山・長坪溝終日観光!も・・・ほぼ終日雨でまったく“山”が見えず!! あぁ〜何て運の無いことか。。。
*4日目は快晴だったので余計に心残り・・・・・。
-------------------------------------------------
日程
D1 8/8 関空1040-北京1240(CA162)、北京1630-成都1900(CA4108)
D2 8/9 成都0630-日隆1540(BUS)【四姑娘山:双橋溝1600〜1930】
D3 8/10 【四姑娘山:長坪溝0820〜1840】
D4 8/11 日隆07450-小金0900(軽四)、小金1000-丹巴1130(軽四)
   --  【丹巴:甲居蔵寨、丹底美人谷、梭坡】
D5 8/12 丹巴0700-八美0920(軽四)、八美0940-塔公1030(軽四)
   --  【塔公寺、塔公草原、木雅金塔】
   --  八美1330-道孚1540(軽四)【道孚:霊雀寺、民居、マニ塚、白塔】
D6 8/13 【道孚:農貿市場】道孚1445ー甘孜1940(BUS)
D7 8/14 【甘孜ゴンパ】
D8 8/15 甘孜0900-新龍1200(軽四)、新龍1400-君覇1610(軽四)、
   --  君覇1640-理塘1930(軽四)
D9 8/16 【理塘:市場、理塘ゴンパ、白塔公園、理塘大草原】
D10 8/17 理塘0630-康定1545(BUS)【康定:町内散策】
D11 8/18 康定0700-成都1310(BUS)【成都:文珠坊、他】
D12 8/19 成都1125-北京1345(CA1402)、北京1620-関空2000(CA161)

写真 44枚

テーマ:
ハイキング・登山
エリア:
中国 > 四川省
エリアの満足度:
評価なし
  • 500_12668671

    今回周遊したルートです。
    (拡大しないと見えないですが・・・)

  • 500_12620882

    ←宿:観華青年旅舎

    第一日目、関空から北京経由で成都へ。

    KIX10:00/10:40-北京12:10/12:40(CA162)、
    北京13:55発の成都行き飛行機は2時間半遅れ、16:30にやっと出発し、成都19:00に到着(CA4108)。

    空港からは、空港バス(10元)と市バス(2元)を乗り継いで、20時過ぎにやっと宿に到着。

    宿:観華青年旅舎(Sim's Cozy Guesthouse)。
    http://www.gogosc.com/house_jp.asp
    *このサイトの方のオススメで利用。ドミトリー35元(4人部屋)。

  • 500_12620883

    茶店子車站

    翌朝、今日は茶店子車站6時30分発の長距離バスで四姑娘山へ行きます。

    観華YH5:30出発、5:45に茶店子車站着、TAXI代21元。6:00茶店子汽車站開門。

    バスの切符は、事前に観華青年旅舎へ予約。昨夜YH到着時に受け取りました。(切符代66元、手数料50元)
    *成都出発の長距離バスの時刻・切符売れ行き状況は、次のサイトで調べれます。
    http://www.cdgzcx.com/sceneInf.do?type=jttd
    四姑娘山行きバスは、当日でも買えそうですが、オンシーズンは前日には売り切れてしまいます。
    BUS時刻:6:30, 7:00, 7:30発の3本です。


  • 500_12620884

    茶店子車站

    まだ日が明けていないですが定刻に出発。
    四姑娘山のある日隆鎮まで289km、9時間位での到着予定です。途中、巴朗山(4523m)の峠(巴朗山峠4200m)を通過します。

  • 500_12620885

    四姑娘山への道

    成都から都江堰まで高速道路を快調に走り、映秀で四姑娘山への国道317号線に入ります。(09:00映秀を通過)

    10時頃渋滞になりました。
    道路工事だろうな・・・。

  • 500_12620886

    四姑娘山への道

    ガケ崩れの修復でした。

    幸い、20分程度で通過できました。

    その後、10時40分頃には臥龍パンダ基地前を通過。
    えらい順調です。この様子だと13時、遅くとも14時には日隆鎮に到着できるかも・・・。

    運転手に聞くと「到着は15時半〜16時だよ」と。「うん?臥龍からだと残り150km、で5時間もかかる?」「悪路だから」と。

  • 500_12620896

    四姑娘山への道

    確かに、臥龍〜日隆鎮間は道路拡幅の基礎工事だけはほぼ終了しているものの、至る所で工事中で全線ガタガタ道。まだまだ重機を投入しての工事が随所で必要な感じでした。

    一旦重機作業が入れば、いつバスの運航中止や、旅行社のツアーが中止されてもおかしくないなぁ〜〜〜。

    〓〓〓と思って帰国すると〓〓〓・・・
    11月30日まで四姑娘山の道路封鎖が発表されていました。
    *四川省交通庁公路局 http://www.scgl.net/doc.asp?newsID=5103
    *阿壩州交通局 http://www.sgns.gov.cn/Article_Show.asp?ArticleID=444

    迂回路は、少し遠回りですが、路線バスで成都〜丹巴。丹巴からは小金経由で日隆に行けます。
    丹巴―小金、小金―日隆は、共に乗り合いの軽四ワゴン車が10分〜20分に1台位の割合で頻発して、各間約1時間半で行けます。料金は各20元です。(北の馬尓康経由でも行けますが)

  • 500_12620897

    四姑娘山への道

    成都を出発して6時間半あまりの風景です。

  • 500_12620898

    四姑娘山への道

  • 500_12620899

    四姑娘山への道

    トンネルも新しく作っていました。(まだ通れない)

  • 500_12620900

    四姑娘山への道

  • 500_12620918

    四姑娘山への道

    14時45分、巴朗山峠4200mです。

    ここでトイレ休憩5分、
    バスの中で座ってると全く平気だったのに、バスを降りるとフラフラした。

    空気が薄く、タバコのライターが点かない(特に電子ライター)。マッチは点いた。4200mを実感。

    *この後・・・
    電子ライターは、3500m程度でも何回も試すと点くが、点きにくい。発火石のライターは比較的点き易い。





  • 500_12620919

    四姑娘山への道

    巴朗山峠、ここからは日隆鎮までもうすぐ。一気に下って行きます。

  • 500_12620920

    ←「陽光熠青年旅館」

    15時40分、日隆鎮(海抜3200m)に到着。

    宿は未定。
    四姑娘山の入口に近い方はやや高めらしい?ので、成都のYHにパンフレットのあった「陽光熠青年旅館」へ。

    場所は、日隆鎮の中心近くにある日隆救急センターの前、ツインのシングルユース30元。

    部屋は悪くないが、部屋以外の設備は良くない。廊下は電気が壊れていて真っ暗。総合的には落第点。

    *先に、すぐ隣にある「三嫂客桟」と言う宿を見に行ったが、こちらはドミ10元程度。総合的には悪くなかったがベットが良くなかったので止めた。

  • 500_12620921

    双橋溝

    陽光熠青年旅館で、「今すぐならこの軽四で双橋溝観光に行けるよ」とお誘いあり。

    元々「可能なら今日双橋溝、明日は終日長坪溝観光」と考えていた。が、今日は時間的に無理だなと道中に諦めていた。

    値段を聞くと、正規料金と等価(往復20元、入場券80元、観光バス費80元)だったので、行くことに即決。
    16:00に出発。

  • 500_12620922

    双橋溝に入ると雲行きが一変、運転手も「もうすぐ降り出すよ。」と。

    とりあえず先に最奥部の紅杉林まで行って、戻ってくることにした。

    ←紅杉林に到着、廻りは雲だらけで殆ど景色が見えない。しばらくすると小雨が降り出してきた。

  • 500_12620927

    双橋溝の紅杉林

    氷河が見えるらしいが・・・全く見えない。

  • 500_12620928

    双橋溝の紅杉林

    遊歩道も整備されていて、晴天なら絶好の景色とおいしい空気が吸えそう。

  • 500_12620929

    双橋溝の紅杉林で

    ここで海抜3840m。高山病らしく遊歩道はゆっくりしか歩けない。しかし雨が少しきつくなってきて・・・風景は見えないし、歩道を見に来たんちゃうし。

    駐車場に戻りました。

  • 500_12620930

    双橋溝

  • 500_12620931

    双橋溝

  • 500_12620932

    双橋溝

  • 500_12620933

    双橋溝

  • 500_12620934

    双橋溝

  • 500_12620935

    双橋溝の盆景灘

    雨はますます強くなってきた。
    晴天でないと・・・。

  • 500_12620936

    双橋溝

  • 500_12620937

    双橋溝

  • 500_12620938

    双橋溝・・・天気が良ければ大変良さそう。残念。

    19時半に宿に戻りました。

  • 500_12620939

    翌日。今日は本命の長坪溝です。

    でも・・・
    朝から雨模様。。。大丈夫かな???
    8時過ぎに宿を出発。

    長坪溝:宿から軽四代片道10元、入場券70元、観光バス費20元。

  • 500_12620940

    長坪溝

    バスでラマ寺に到着。貸長靴10元、手袋2元だが長靴は必需。

    ここに騎馬公司があり、乗馬費(全て往復)の定価が表示されている。
    ・ラマ寺⇔二道坪 50元(往復)
    ・ラマ寺⇔下甘海子100元(往復)
    ・ラマ寺⇔両河口 150元(往復)

    注)両河口から先の木騾子へも馬で行けますが、定価は無く乗馬費は交渉性。
    馬夫の言い値は、両河口⇔木騾子(往復)150元。
    木騾子のほんの少し先に「水大壩」と言う四姑娘山がよく見える広い草原あり。木騾子⇔水打壩の言い値は30元。
    実際には値切りに値切って、両河口⇔木騾子⇔水大壩を合計100元にしてもらった。
    結局、乗馬費は合計250元出費(ラマ寺〜水大壩往復)

    ・乗馬費を節約して歩いて観光することも可能です。
    徒歩の人も少なからずいました。さほど坂道は無い。ただ標高が高いので余り早歩きはできないと思う。
    水大壩までの往復なら朝8時にはバスに乗りたい所。下干海子までなら余裕ありそう。

  • 500_12620941

    長坪溝の枯樹灘

    雨です。

  • 500_12620942

    長坪溝

  • 500_12620943

    長坪溝・枯樹灘で。

    道中には所々で簡単な食事ができます。

  • 500_12620944

    長坪溝

    貸長靴は必需。

  • 500_12620945

    長坪溝

  • 500_12620946

    長坪溝

    雲の向こうに四姑娘山6250mが見えるそうだが全く見えず・・・。

  • 500_12620957

    長坪溝

  • 500_12620958

    長坪溝

  • 500_12620959

    四姑娘山が見えた!!!

    雨は止んで、晴れ間も出てきた。
    雲の切れ間から少しだけ顔を出してくれた。3分後にはまた厚い雲に覆われてしまった。

    場所:木騾子の先、水大壩にて。

  • 500_12620960

    長坪溝の水大壩

  • 500_12620961

    長坪溝の水大壩にて「婆繆山」

    四姑娘山がある反対側には万年雪(氷川)の婆繆山が見える。

  • 500_12620962

    馬夫さん達。

    長坪溝の水大壩にて。

  • 500_12620963

    長坪溝の水大壩

  • 500_12620964

    長坪溝

    来た道を帰って行きます。
    枯樹灘からは遊歩道が整備されているので、ラマ寺まで歩いて戻りました。

    ラマ寺からの帰りのバスは最終17時と言われていたが、実際には17:30,18:30もあり。18:30のバスで戻りました。

    ★四姑娘山の8月の天候
    元々この時期はまだ雨季にあたる。承知の上で来たのだが、運が無かった。。。
    半分以上の日は晴れているそう。

    一番景色がいいのは、紅葉と晴天が重なる10月らしい。国慶節を超えた10月中旬頃。
    11月でも晴天。ただ寒そう・・・、紅葉も終わってる。

四川省人気旅行記ランキング175位(562件中)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

中国旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら490円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

Wi-Fiについてもっと見る

フォートラベル GLOBAL WiFi

内容が近い旅行記

このエリアの旅行記一覧へ

このエリアのホテル

四川省 ホテル一覧へ


Pickup!! フォートラベルからのおすすめ情報