旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

ヘルシンキ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

ヘルシンキ人気旅行記ランキング743位(2847件中)

シリヤラインに乗ってみました。 =その2= 船内編

関連タグ

    旅行時期 2006/10/10 - 2006/10/18 (2007/06/15投稿

    前回はヘルシンキの市内からトラムで港へ移動、
    それからシリヤラインの乗船までの様子を扱いましたが、
    今回はシンフォニー号の船内の様子をお伝えしようと思います。

    写真 30枚

    交通手段 : 
    エリア:
    フィンランド > ヘルシンキ
    エリアの満足度:
    評価なし
    • デッキ7、プロムナードにある
      インフォメーションデスク。
      5月中旬から9月中旬の間には、
      日本人乗組員も乗船しています。

    • 日本語の船内の案内も配布されています。
      船内でのショッピングは日本円で
      支払いもできますが、おつりはユーロか
      スウェーデンクローネになります。
      レストラン、バー、サウナではユーロ、
      スウェーデンクローネ、クレジットカードのみの
      取扱いとなります。

    • ヘルシンキとストックホルムの
      簡単な観光案内もおいてあります。
      到着後の計画に役立ててください。

    • ビュッフェディナーを予約されている場合は、
      乗船したらすぐに、デッキ6のビュッフェレストランの
      受付カウンターで予約の再確認と、
      開始時刻、テーブルの確認を行ってください。
      ビュッフェは2時間の入れ替え制となっていて、
      17:30からと、20:00からの2回に分かれています。
      (セレナーデ号は17:00、19:30となりました)

    • すぐにこんな風に人だかりが・・・
      北欧でのビュッフェ形式の夕食。
      まさしくスモーガスボードですね。
      ちなみに、北欧式の食べ放題スタイルを、
      バイキング料理と名づけたのは
      東京の帝国ホテルでした。
      ですので他の国では通じません。

      まったくの余談ですが、
      私は故村上信夫料理長の語り口が好きでした。

    • ビュッフェディナーの座席の予約が取れると、
      時間の入った座席表に印をつけて渡されます。
      今回は19:45集合ということで、
      暫し船内を見て回ることにしました。

    • ショップの前にはカートの列が。
      『誰がこんなに買うんだよ…』と、
      お思いのあなた。
      税金の高い北欧の方にとっては
      シリヤラインはまさしく買い物天国。
      特にビールなどの酒類は、
      スウェーデンではバカ高いので、
      多くの人が結構な数を買っていきます。

    • しかし、ちゃんと買った数はチェックされます…
      レジにてボーディングカードの提示が求められ、
      購入後はチェックが入れられます。
      その後は購入することはできません。

    • シリヤラインの料理本(日本語)発見。
      写真とレシピ満載、全160ページ、オールカラー、
      現地価格が29.4ユーロ(約4500円強)。
      弊社でAクラス、プロムナードクラス以上の
      キャビンをお申し込みのお客様対象に、
      なんと、この本をもれなくプレゼント中です。
      お申し込み時に『料理本希望』とお知らせ下さい。


    • 一番上のデッキ(要は屋上)に上がってみました。
      この日は天気がよかったので気持ちよかったです。

    • 出港直後に見えるスオメンリンナ要塞。
      世界遺産です。対ロシア向け要塞でした。
      細かい説明は他の方の旅行記に譲りましょう。
      この高さから見下ろすのもシリヤラインならでは。

    • 航跡を残してヘルシンキを後にするシンフォニー号。
      『さらばヘルシンキ、また来るまでは』
      なぜか頭の中はラバウル小唄です。

    • 再びプロムナードへ降りてきました。
      ここは『ハッピーロブスター』、
      シーフードレストランです。
      バルト海の新鮮な海の幸を使ったメニューが自慢。
      その日の仕入れによってメニューが変わるあたり、
      期待してもいいのかしら、なんて思います。

    • 『エル・カピタン』は地中海風のレストラン。
      ステーキ等を供するレストランです。
      『肉、肉、肉』という方にも、
      そうでない方にもお勧めのレストラン。
      プロムナードにあります。

    • 『ボン・ヴィヴァン』はワインを楽しむための
      ワイン・バーとア・ラ・カルトレストラン。
      季節のお料理とそれに合わせたワインを
      楽しむことができるのが特徴。
      コモドアクラスのお客様の朝食は
      このレストランで提供されます。

    • 『シリヤランド』は子供向けのプレイルーム。
      無邪気に遊ぶ子供の絶叫が響きます。

    • 船の中での1番上のデッキ13には
      インターネットのできる、『チリ・ラウンジ』と
      『クラブ・バリ』があります。
      船内でインターネットはできますが、
      衛星通信のため通信状況は安定しません。

      『クラブ・バリ』ではカラオケ(英語)、
      ディスコなども楽しめます。

    • デッキ6にある『カフェ・オリエント』でも、
      インターネットはつかえます。
      カフェオリエントは本当にカフェ。
      お食事の後のコーヒータイムなんかにどうぞ。

      その他にも、船内にはバー、カジノ、
      そして気軽なレストランや『ムンド』、
      予約が必要なア・ラ・カルトレストラン、
      『ビストロ・マキシム』などがあります。

    • 船内にある美容室。なぜか混んでます。
      旅先で記念に髪を切ってみるのはどうですか?

    • 船内の時計は常に、フィンランド時間と、
      スウェーデン時間が表示されています。
      ヘルシンキから乗船した場合、
      その日の最後の船内施設の営業終了までが、
      フィンランド時間となり、
      翌朝の船内施設の営業開始からが
      スウェーデン時間となります。

    • バルト海に沈む夕日。
      ロマンティックな時間ですね〜。
      カップルにはたまらない時間ですね。

    • “Night has just begun”なプロムナード。
      これ以降の写真もたくさん撮ったはずなのに、
      手ブレがひどいのはお酒のせいではありません。
      多分、お酒のせいではないはずです。

    • いざ夕食へ。
      プロムナードから階段を下りると
      そこはビュッフェレストラン。
      なんせ食べ放題ですからね。
      もう胸が高鳴ります。

    • 冷たい前菜系が並んでいる部分。
      このほかにもたくさんあるのですが、
      スイマセン。食べるのに夢中でして・・・
      写真より食べることのほうが重要ですっ。

    • 腹ごなしに再度船内探索。
      デッキ5にはサウナとスパがあります。
      ちょっとそこのお嬢さん、
      ウラ・ヘンリクセンのスパトリートメントですよ。
      そう、L.A.(ロスアンゼルス、念のため)の
      セレブにでもなったかのような気分になれるかも!

    • すいません。一気に朝です。
      すがすがしい朝日です。

      夜も写真撮ったはずなんですけどね〜。
      まともに取れていませんでした・・・
      いろいろなエンターテイメントが、
      船旅の間も楽しませてくれますよ。

    • 通常のビュッフェ朝食の時間はこちら。
      到着後も少しの間朝食をとることもできます。
      ただし、お部屋の清掃は到着後すぐ始まりますから、
      キャビンは空けないといけません。

      シリヤクラス以上の方の朝食は、
      シリヤクラスのお客様は『ビストロ・マキシム』、
      コモドアクラスのお客様は『ボン・ヴィヴァン』で、
      スペシャル・ブレックファストが用意されます。

    • スペシャルブレックファストのビュッフェ。
      写真撮影用の一皿。
      朝から食べ放題っていうのも、
      やっぱり素敵ですよね。

    • ストックホルム到着時の船内。
      先を争うように出口に向かう人々。
      優雅な船旅ももうすぐ終わりです。
      ほんとに1泊2日じゃ、もったいないなと思います。

    • ストックホルムのバッタハムン港は、
      少し市内中心から離れています。
      中央駅前のターミナルまで、
      シャトルバス(有料)が出ています。

      中央駅までタクシーだと20分ほど、
      最寄の地下鉄駅Gärdetへは徒歩で10分ほどです。
      そこから13番、14番の地下鉄に乗れます。

      詳しくは
      http://www.tallinksilja.com/en/tab2/terminals/stoVar/
      をご覧ください。

    ヘルシンキ人気旅行記ランキング743位(2847件中)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

    フィンランド旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら920円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

    Wi-Fiについてもっと見る

    フォートラベル GLOBAL WiFi

    内容が近い旅行記

    このエリアの旅行記一覧へ

    このエリアのホテル

    ヘルシンキ ホテル一覧へ

    お勤めの旅行会社へ

    ナカノ テツヲさん

    ナカノ テツヲさん 写真

    • 旅行記

      3

      32

    • クチコミ

      0

    • QA回答

      0

    • アクセス数(2007年03月14日登録)

      89,850アクセス

    海外2カ国渡航

    国内0都道府県訪問

    写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい


    ピックアップ特集

    閉じる