ブッダガヤ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

ブッダガヤ人気旅行記ランキング22位(54件中)

釈迦が悟りを開いた場所はここだ!!金剛宝座潜入レポート

旅行時期 2005/12/- - 2005/12/- (2006/02/12投稿

シャカがスジャータに助けられ体制を立て直して、ついてに<br />悟りを開いた場所がここブッダガーヤのマーハーボーディ寺院<br />(大菩提寺)の裏にある金剛宝座です。<br />仏教遺跡の中でも非常に重要な場所、悟りを開いたときの菩提樹<br />は健在で4代目がその場所を守っています。<br /><br />現在、柵が設けられており、基本的には中には入れないのですが<br />今回、運良くはいることができました。<br /><br />スジャータ・レポ-ト <br />http://4travel.jp/traveler/utzutz/album/10052442/<br /><br />「完全版!」最も詳細なインドレポートはここです<br />http://www.geocities.jp/utzutz/india2005/INDO2005.htm<br /><br />

シャカがスジャータに助けられ体制を立て直して、ついてに
悟りを開いた場所がここブッダガーヤのマーハーボーディ寺院
(大菩提寺)の裏にある金剛宝座です。
仏教遺跡の中でも非常に重要な場所、悟りを開いたときの菩提樹
は健在で4代目がその場所を守っています。

現在、柵が設けられており、基本的には中には入れないのですが
今回、運良くはいることができました。

スジャータ・レポ-ト 
http://4travel.jp/traveler/utzutz/album/10052442/

「完全版!」最も詳細なインドレポートはここです
http://www.geocities.jp/utzutz/india2005/INDO2005.htm

写真 13枚

テーマ:
特になし・その他
エリア:
インド > ブッダガヤ
エリアの満足度:
評価なし
  • 500_10719813

    大菩提寺入り口から左の回るとその裏には、こんな光景が開けてきます。ここはシャカが悟りを開いた金剛宝座の右側。

  • 500_10719814

    お参りの仕方は人それぞれ、いろいろな国から来ていますもの・・・・

  • 500_10719815

    宝座の前にはどでかい仏足跡があり、観光客用にここから拓本をとったと言い張るものが1000円で売られています。日本でもぎょうぎょうしく掛け軸にして3万円程度で売られています。

  • 500_10719816

    これがその仏足です。

  • 500_10719817

    ここが正面

  • 500_10719826

    正面を過ぎた逆側に入り口がありますが閉ざされています。もともと柵なんかなかったのですが、オーム真理教の麻原彰晃が無断で座って以来、柵ができて閉ざされてしまったのです。ここでは日本人は肩身が狭い思いをします。

  • 500_10719827

    だからこんな写真しか撮れません

  • 500_10719828

    無理に手を伸ばしてもこのアングル

  • 500_10719829

    ひたすら柵の外からお祈りをするのみ。しかし・・・

  • 500_10719830

    なんと日本仏教会の人がたまたまやってきたので、柵が開いてしまいました。ガイドさんの機転と人脈に助けられわれわれも中へ

  • 500_10719843

    だからこんなに接近できます。

  • 500_10719844

    日本人だけ入っちゃ申し訳ない。みんなどんどん入れちゃいました。この尼さん、本当にうれしそう。「撮りましょうか」と彼女のデジカメを借りて金剛宝座と彼女をいっしょに写してあげたら、もう大喜びしていました。
    少しは罪滅ぼしになったかも・・・

  • 500_10719845

    XVGAサイズで登録しておきました。こんな角度からの写真もとれました。手前の樹が紀元前5世紀、シャカが悟りを開いてから4代にわたってこの場を守っている菩提樹です。なお、宝座はアショカ王が「ここだよ」とわかるようにマーキングの石を置いてくれていたので特定できたそうです。

ブッダガヤ人気旅行記ランキング22位(54件中)

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

内容が近い旅行記

このエリアの旅行記一覧へ

このエリアの人気ホテルもご紹介

ブッダガヤ ホテル一覧へ

UTZさん

UTZさん 写真

海外6カ国渡航

国内13都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい