旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

Cover_10032638

まみさんのトラベラーページ

まみさんへのコメント一覧全2,074件

まみさんの掲示板にコメントを書く

  • 預言者イリヤ教会

    また見事な出来の写真がアップされていますね。素晴らしいです。こちらの教会のフレスコ画も圧巻でした。特に青色が際立っている農作業の様子を描いた絵はとても興味深かったです。この後、西洋絵画ではミレーの「落ち穂拾い」まで約200年間見られないテーマです。ところで毎回教会のフレスコ画などを見学していて、テーマや使用されている色のシンボル性などを知っていたら理解が深まるのにと思うのですが、まみさんはかなりキリスト教をご存知の様子。特別なお勉強をされたのでしょうか。それに関連しておすすめの本などありますか。色の洪水に圧倒されるだけでなく、しっかり場面理解もできたらもっと楽しめるのにと思いました。
    2017年06月11日18時54分返信する 関連旅行記

    RE: 預言者イリヤ教会

    huberさん、続けてコメントありがとうございます。
    こちらはガイドブックにしっかり解説があり、ヤロスラブリでは1番楽しみにしていました。
    期待を裏切らないすばらしさでしたね!
    農作業の様子も描いた労働礼賛だと思いますが、美しいフレスコになっていたと思います。
    どーんと聖人のフレスコもいいですが、ストーリーのあるフレスコ画を眺めるといくらでも時間がたってしまいそうです。

    キリスト教関連については、自分にとって読みやすい解説やノウハウ本をいろいろ読みました。
    特にヨーロッパを旅行していると、聖書のエピソードを知っておきたいし、いろんな聖人の伝説を知りたいと思うことが多いので。
    はるか昔の大学生時代に、聖書解説の講習をとったことがあります。大学の講習では、壮大なドラマのごくごく一部しかとりあげることができなかったですが、聖書は壮大な物語で、ごくごく一部だけで長編小説になるようなドラマがつまっていると最初に教えてもらったのが目からウロコでした。
    なので聖書を詳しく物語化したようなのもけっこう読みました。
    もっとも最近はけっこう忘れたのも多いです。苦笑。
    忘れても、キーワード検索で調べ直しやすいのはありがたいです。
    聖書物語は奥が深いし外典もあるので、きりがないけれど、非常に興味深いです。
    そして実をいうと興味深いところしか頭に残っていないです。。

    > また見事な出来の写真がアップされていますね。素晴らしいです。こちらの教会のフレスコ画も圧巻でした。特に青色が際立っている農作業の様子を描いた絵はとても興味深かったです。この後、西洋絵画ではミレーの「落ち穂拾い」まで約200年間見られないテーマです。ところで毎回教会のフレスコ画などを見学していて、テーマや使用されている色のシンボル性などを知っていたら理解が深まるのにと思うのですが、まみさんはかなりキリスト教をご存知の様子。特別なお勉強をされたのでしょうか。それに関連しておすすめの本などありますか。色の洪水に圧倒されるだけでなく、しっかり場面理解もできたらもっと楽しめるのにと思いました。
    2017年06月13日14時03分 返信する
  • ニコライ教会

    まみさん、
    はじめまして。2016年のロシア旅行記事を拝見しました。私も2週間ぐらい前にヤロスラブリのニコライ教会を見学しました。訪ロ2度目で、今回はモスクワーサンクトペテルグルク間のボルガ川クルーズに参加、下船観光プログラムの中にちょうどこの教会が入っていました。「地球の歩き方」には載っていない教会ですが、まみさんがお書きの通り期待に反して見応えのある教会でした。ご存知の様に、聖人ニコライ=ニコラスは海運の守護聖人で海沿いや川沿いの街には最低1つはある教会です。(サンクトペテルブルクにも海軍と関わりの深いニコラス聖堂がありました。) ここではボルガ川にほど近い教会だからそう名付けられたのかな???
    私も主人も2人で写真を取りまくって来ましたが、まみさんの写真には到底及びません、、、。まみさんの写真を見ながらニコライ教会で見て来たものを思い出しています。その後、預言者イリア教会にも行きましたので、この日はイコン画とフレスコ画を思う存分堪能しました。まみさんのロシア旅行記、この後も続けて拝見しますね。よいお休みを。
    2017年06月11日18時11分返信する 関連旅行記

    RE: ニコライ教会

    huberさん、はじめまして。コメントありがとうございます。返信遅くなって失礼しました。

    私は一年たってしまいましたが、行かれたばかりなんですね!
    ボルガクルーズですか! すばらしい!
    現地の主催でしょうか。下船観光プログラムの中にこの教会が入っていたとはさすが!ってかんじがします。
    このあとのウグリチで、クルーズ下船のツアーかなと思われる人たちが、私がちょっと目をつけた教会にみんなして向かっていたので、おお、これはきっと見ごたえあるんだぞーとあとをついていったことがあります(笑)。
    正教会の聖人はあまりたくさん知らないですが、ニコライは代表格ですよね!
    おっしゃるとおり海運の守護神なのですが、ついサンタクロースのもとのニコライと混同してしまいます@
    フレスコほんとにすばらしかったですね。
    写真がないとすばらしかったという記憶しか残らなくて、細部を忘れてしまうことがありますが、あとで写真をちゃんと見たら、こんなのも描かれていて、気付かなかったってこともありました。
    今回の黄金の環めぐりでは思う存分、フレスコ画三昧できました。
    ロシア旅行記の作成スピードは遅くなってしまっていますが、少しずつなんとか仕上げていきたいと思っていますので、よかったらまた見に来てください。

    > まみさん、
    > はじめまして。2016年のロシア旅行記事を拝見しました。私も2週間ぐらい前にヤロスラブリのニコライ教会を見学しました。訪ロ2度目で、今回はモスクワーサンクトペテルグルク間のボルガ川クルーズに参加、下船観光プログラムの中にちょうどこの教会が入っていました。「地球の歩き方」には載っていない教会ですが、まみさんがお書きの通り期待に反して見応えのある教会でした。ご存知の様に、聖人ニコライ=ニコラスは海運の守護聖人で海沿いや川沿いの街には最低1つはある教会です。(サンクトペテルブルクにも海軍と関わりの深いニコラス聖堂がありました。) ここではボルガ川にほど近い教会だからそう名付けられたのかな???
    > 私も主人も2人で写真を取りまくって来ましたが、まみさんの写真には到底及びません、、、。まみさんの写真を見ながらニコライ教会で見て来たものを思い出しています。その後、預言者イリア教会にも行きましたので、この日はイコン画とフレスコ画を思う存分堪能しました。まみさんのロシア旅行記、この後も続けて拝見しますね。よいお休みを。
    2017年06月13日13時57分 返信する
  • 草月流の巨大作品

    まみさん、こんにちは。
    草月流の勅使河原茜さんの作品。すごいですね〜。
    バラと竹とのコラボ。
    和と洋の融合ですね〜。

    なんといっても、竹の壮大な芸術!
    「ますます船のイメージに見えてきた」の画像。
    裏側で見たほうは、その力強さがひしひしと伝わってきます!

    あんみつ
    2017年06月08日08時59分返信する 関連旅行記

    RE: 草月流の巨大作品

    あんみつ姫さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    草月流の作品は森林公園でよく見ていましたが、巨大さが半端なかったです。
    森林公園の中では自然の中に竹の作品があるってかんじでしたが、メットドームの屋内では、異彩をはなっていましたねー。
    みなさん表ばかり注目していましたが、裏側の方が良かったです@
    表の方はちょっとすました印象がありましたけど、裏はおっしゃるとおり、もっと自由にエネルギッシュでした@@

    国際バラとガーデニングショウの続きの旅行記、まだ準備中なんです。
    最近撮影枚数がますます増えて、だんだんと旅行記の作成が追いつかなくなってきました。苦笑。

    > まみさん、こんにちは。
    > 草月流の勅使河原茜さんの作品。すごいですね〜。
    > バラと竹とのコラボ。
    > 和と洋の融合ですね〜。
    >
    > なんといっても、竹の壮大な芸術!
    > 「ますます船のイメージに見えてきた」の画像。
    > 裏側で見たほうは、その力強さがひしひしと伝わってきます!
    >
    > あんみつ
    2017年06月08日12時41分 返信する
  • こんにちは!

    レッサーパンダってこんなに可愛いなんて‼ほんとぬいぐるみみたいでニタつきながら見てしまいました‼笑 ちゃんと手を使って食べるって知りませんでした。顔は可愛らしいのに、腕や手は太くてガッチリしてて驚きました‼私も飼育員さんみたく抱きつかれたい!笑
    ほんと動物たちは癒されますね。
    可愛いお写真ありがとうございました(^o^)/
    2017年06月07日09時55分返信する 関連旅行記

    RE: こんにちは!

    izumiさん、こんにちは、コメントありがとうございます!

    可愛いでしょー、レッサーパンダ!
    私の写真で可愛さを少しでも伝えられることができて、嬉しいです。
    特に、到津の森の笑笑坊ちゃんは、お母さんが子育てする体力がなくて人工哺育だったぶん、とってもひとなつっこくて、もー@
    飼育員さんに甘えん坊なんです。
    私もはじめはレッサーパンダのおなかの部分が黒かったり、意外に腕が太いのにびっくりしましたが、見慣れるとそれもチャームポイント!
    足が意外に太くても足が長い子もいれば、短足な子もいるんですよ。
    食べ物を手で持って食べる動物は他にもいますが、その様子は可愛いですね!
    ほかの動物園のレッサーパンダもよかったらぜひ見てくださいね。

    > レッサーパンダってこんなに可愛いなんて‼ほんとぬいぐるみみたいでニタつきながら見てしまいました‼笑 ちゃんと手を使って食べるって知りませんでした。顔は可愛らしいのに、腕や手は太くてガッチリしてて驚きました‼私も飼育員さんみたく抱きつかれたい!笑
    > ほんと動物たちは癒されますね。
    > 可愛いお写真ありがとうございました(^o^)/
    2017年06月08日07時02分 返信する
  • まだまだ見頃だったんですね

    こんにちは、まみさん

    一眼レフが壊れてしまったという悲劇にも負けず、きれいなバラを楽しめてよかったですね。

    まみさんの旅行記を見てから、一度行ってみたいと思っている京成バラ園。
    交通事情があまりよくないので、ついためらってしまい未だ実現してません。

    5月24日に行ってみようと思ったものの、やっぱり挫折してしまい群馬県に行ってきました。

    それにしても所狭しと咲くバラたちに圧倒されますね!アーチにもモリモリと花がついていてほんとに見事♪
    いろいろな形や色、香りなど楽し見所満載のバラ。時間を忘れてお気に入りの花探しをしてしまいます。

    来年こそ絶対行くぞ!…行きたいなぁ…いけるかなぁ?京成バラ園♪

                         ミッキーマーチ
    2017年06月05日14時10分返信する 関連旅行記

    RE: まだまだ見頃だったんですね

    ミッキーマーチさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    最近、動物園訪問の方が多く、合間に外したくない花の撮影散策をしていますが、その際、新しいところを開拓するより、前にも行って良かったところのリピートと、ちょっとはしょっています。
    ただ、その場合、これまでの訪問時期と同じ頃をめざせば、だいたいまずまずの開花状況時に訪れられることが多いです。
    最近どんどん暑くて開花時期が早まっていても。

    というわけで、京成バラ園はここのところ5月最終週末に訪れていて、ぎりぎりだいじょうぶなんですよー。
    「おはようローズガーデン」という早朝開園も、満開予測時に行われていて、まだその日でしたから@

    我が家から群馬県は遠いけど、千葉も遠いです。
    いやー、アクセス問題ってありますよねー。
    でも、お薦めですよー。
    ためしに秋バラのときに行ってみるのはいかがでしょう。たぶん春バラのときほど暑くない、かも?

    このときのカメラの不調に始まったカメラトラブルは、やっと一段落したってところです。
    修理に出したカメラはまだ戻ってきていないけれど、新しいカメラを買って、そのカメラに不具合があったかと思ったら、不具合でなかったと分かったのが昨日。
    いやはや、この日はショックが大きかったけれど、まあ、それがきっかけで新しいカメラを購入することになりました。
    新しいカメラは、花撮影の場合は過剰な機能ですが、動物撮影にとってはいい進化をしている気がします。


    > こんにちは、まみさん
    >
    > 一眼レフが壊れてしまったという悲劇にも負けず、きれいなバラを楽しめてよかったですね。
    >
    > まみさんの旅行記を見てから、一度行ってみたいと思っている京成バラ園。
    > 交通事情があまりよくないので、ついためらってしまい未だ実現してません。
    >
    > 5月24日に行ってみようと思ったものの、やっぱり挫折してしまい群馬県に行ってきました。
    >
    > それにしても所狭しと咲くバラたちに圧倒されますね!アーチにもモリモリと花がついていてほんとに見事♪
    > いろいろな形や色、香りなど楽し見所満載のバラ。時間を忘れてお気に入りの花探しをしてしまいます。
    >
    > 来年こそ絶対行くぞ!…行きたいなぁ…いけるかなぁ?京成バラ園♪
    >
    >                      ミッキーマーチ
    2017年06月06日21時55分 返信する
  • これは!!反則!!!

    まみさん


    こんにちは!!
    これはダメですよ!!!
    可愛すぎじゃないですか!!!

    1頭ならまだしも・・・・

    あ〜可愛いな〜〜〜

    ビッグキャット達の赤ちゃんてたまりませんね(^^♪

    eahawk
    2017年05月25日23時47分返信する 関連旅行記

    RE: これは!!反則!!!

    eahawkさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    > こんにちは!!
    > これはダメですよ!!!
    > 可愛すぎじゃないですか!!!
    >
    > 1頭ならまだしも・・・・
    >
    > あ〜可愛いな〜〜〜

    可愛いでしょー。反則な可愛さ?
    一頭でも可愛いけど、5倍ですよ。
    同じ行動をしていたのは、お乳を飲むときと、帰り際の寝落ちしそうな昼寝前のときだけで、5頭がいろいろあれこれ、もちゃもちや、走る走る、転がる転がる、甘える甘える、もうほんとに見飽きませんでした。
    もっと見ていたかったくらいです@

    > ビッグキャット達の赤ちゃんてたまりませんね(^^♪

    ほんとですよね、成獣の精悍さに比べると、弱々しいから。
    そして自然の世界での赤ちゃんの天敵は、たいてい別のオスという非常さもあります。
    だからパパとは一緒に展示にならないんですね。
    まあ動物園では、エサも定期的にあって、サバイバルが必要がないから、もっとリラックスしていて、赤ちゃんを襲うことはないと思いますけど。
    2017年05月27日21時48分 返信する
  • 愛らしいスズラン

    まみさん、

    ゴールデンウイークの森林公園も良いですね!

    先日はハーブガーデンの方には行かなかったので管理棟が素敵に変わっているなんて知らなかったです。
    まみさんが気に入ったヒカゲツツジ良いなぁ〜
    見てみたいなぁ〜うーん行けるかなぁ。

    ドイツスズランの愛らしいことったら!
    まみさんが何枚も撮っちゃうのわかります!
    どの方向から見ても可愛い可愛い♪
    勿忘草も園内のそこここに咲いているのですね。
    初夏は可憐な花が真っ盛り。

    植物園花木園の奥に咲いているとHPに書いてあったハゼリソウまでは行かれなかったのですね。
    花木園の奥は秘密の花園みたいで数年前ジャーマンカモミールとシャーレーポピーのサワサワと咲いている風景がとっても素敵だったので、ハゼリソウはどんなに咲いているか見たかったのですが。
    ハーブガーデンやボーダ花壇だけでもいろんな花にひっかかってしまいます。
    森林公園は広くて見たい花があちこちに咲いているので、なかなか回れませんね。

    旅行記前半はまた後ほど見にきますね。
    2017年05月16日17時01分返信する 関連旅行記

    RE: 愛らしいスズラン

    コクリコさん、コメントありがとうございます!

    森林公園の旅行記はコクリコさんにぜひ見ていただきたいと思っていましたよ@
    ゴールデンウィークの森林公園もいいんですよ。
    混むっていっても、たかが知れてますから〜。
    以前はハナミズキが花盛りでしたが、今年はハナミズキの開花がかなり早いようで、園内でこれぞという花は見当たりませんでした。
    もっともあのときはサイクリングで回っていたので、コースがちょっと違いますけど。


    > 先日はハーブガーデンの方には行かなかったので管理棟が素敵に変わっているなんて知らなかったです。
    > まみさんが気に入ったヒカゲツツジ良いなぁ〜
    > 見てみたいなぁ〜うーん行けるかなぁ。

    ヒカゲツツジは国際バラとガーデニングショウでも効果的に使われているガーデンを見かけましたよ。
    たぶんハンギングバスケットでもいままで使われていた気がしますが、初めて名前を知りました。

    > ドイツスズランの愛らしいことったら!
    > まみさんが何枚も撮っちゃうのわかります!
    > どの方向から見ても可愛い可愛い♪
    > 勿忘草も園内のそこここに咲いているのですね。
    > 初夏は可憐な花が真っ盛り。

    ほんとに初夏は可憐な花が真っ盛りなので、ハーブガーデンは楽しみでした@

    > 植物園花木園の奥に咲いているとHPに書いてあったハゼリソウまでは行かれなかったのですね。

    > 花木園の奥は秘密の花園みたいで数年前ジャーマンカモミールとシャーレーポピーのサワサワと咲いている風景がとっても素敵だったので、ハゼリソウはどんなに咲いているか見たかったのですが。

    私が行く前はハゼリソウ情報は気付かなかったです。
    一応行く前に公式サイトをチェックしたんですけど。
    たしかに群生しているところはステキそうですねー。
    花木園の奥ってけっこう奥ですよね?

    > ハーブガーデンやボーダ花壇だけでもいろんな花にひっかかってしまいます。
    > 森林公園は広くて見たい花があちこちに咲いているので、なかなか回れませんね。

    そうなんですよ。
    で、1日ゆっくりできると思ったら、ネモフィラのところで1時間もかけてしまって、あちゃーっでした。
    それは前半の話ですが。

    なので、ハーブガーデンのところで、けっこうゆっくり回った方ですが、ポピー花畑が気になっていたので、あまりあちこち回れませんでした。
    管理棟のレストランで軽食を食べたかったけれど、さすがにゴールデンウイークは、そういうところは並びますからねぇ。
    (だろうと思って、腹の足しになりそうなお菓子類は持参してはいましたけど。)
    2017年05月19日18時13分 返信する
  • ラフちゃん

    まみさん

    こんばんは〜。
    フタコブラクダのラフちゃんの名前がフクちゃんになってますよ〜。

    jillluca
    2017年05月09日21時09分返信する 関連旅行記

    RE: ラフちゃん

    jilllucaさん、こんにちは。

    あれまー、この旅行記全般にわたって、ラフちゃんがフクちゃんになっていました。
    ご指摘ありがとうございます。修正しましょっと。
    なぜフクちゃんと勘違いしたのかしら〜。

    > まみさん
    >
    > こんばんは〜。
    > フタコブラクダのラフちゃんの名前がフクちゃんになってますよ〜。
    >
    > jillluca
    2017年05月10日19時16分 返信する
  • 1日違うと

    まみさん、こんにちは!

    昭和記念公園のオフ会のあった翌日にいらしたのですね!
    1日違うとチューリップの開花も進んでいますね。
    こんなにカラフルになったとは!

    16日はお天気も良く朝早くから大勢の人たちが押しかけたようでカメラマンもいっぱい。
    そんな中でチューリップたちと向き合うのは大変だったと思いますがしっかりまみさんの世界になっていますね。

    「花筏の向こうの水鏡のチューリップ・その1」素敵♪
    渓流に浮かぶ花びらがまるで霞みのよう。

    表紙に選んだ金色のチューリップなんて高貴な姿なんでしょう。
    貴婦人みたい。

    「ほんのり花筏が浮かぶ渓流で、両岸のチューリップが呼びかけ合う」
    って本当に呼びかけ合っているようで微笑ましいです。

    みんなの原っぱのポピー咲いてなかった(まみさんはチューリップと桜に夢中で気がつかなかったそうだけど^^;)けれど桜がまだ咲いていて風が吹くと花びらがはらはらと散って、そこが良かったですね。
    皆と一緒も楽しいけれどじっくり写真を撮るのには一人でこなければね〜あのオフ会では無理ですわ〜(笑)

    2017年04月28日16時39分返信する 関連旅行記

    RE: 1日違うと

    コクリコさん、コメントありがとうございます。返信が遅くなってすみません。

    > 昭和記念公園のオフ会のあった翌日にいらしたのですね!
    > 1日違うとチューリップの開花も進んでいますね。
    > こんなにカラフルになったとは!

    土日続いて晴天でしたから、チューリップがもっと咲きそろうだろうなーとは思っていました。期待していたところがあります。
    やっぱり咲き進んでいたんですね!
    代わりに桜もどんどん散ってしまうだろうと思いましたが、代わりにすばらしい花筏が楽しめました。

    > 16日はお天気も良く朝早くから大勢の人たちが押しかけたようでカメラマンもいっぱい。
    > そんな中でチューリップたちと向き合うのは大変だったと思いますがしっかりまみさんの世界になっていますね。

    去年は朝一番で駆けつけて、できるだけ人が少ないときに撮ることができたのですが、今年はだめでした〜。
    50肩になってしまって、キャスター付きのリュックをごろごろ引いてましたからね。
    それにゲートからチュリップ畑まで走れる体力はないですね。
    というわけで、今回は人が入ってしまうのは仕方がないとあきらめました。
    たしかにたくさん人がいましたが、動物園と違って、花撮影のときは、人が多くても花が見られないってことはないんですよねー。
    動物園の場合は混雑していると、動物が見られないか、見るまでの待ち時間が長いかってことになるので、それに比べると、久しぶりの花撮影は、混雑していても撮れるところの選択肢があるってかんじでした。

    > 「花筏の向こうの水鏡のチューリップ・その1」素敵♪
    > 渓流に浮かぶ花びらがまるで霞みのよう。
    >
    > 表紙に選んだ金色のチューリップなんて高貴な姿なんでしょう。
    > 貴婦人みたい。
    >
    > 「ほんのり花筏が浮かぶ渓流で、両岸のチューリップが呼びかけ合う」
    > って本当に呼びかけ合っているようで微笑ましいです。

    ありがとうございます!
    特に表紙に選ぶ写真って、むずかしいですね。
    自分にとっても定番の好みっていうやつもありますし、去年や一昨年の旅行記と違うタイプのものを選ぶようにしてみたので、なおさらでした。
    チューリップらしさにこだわるか、昭和記念公園らしさにこだわるか、最後まで迷いましたが、思い切ってそれらの基準も捨てました。

    > みんなの原っぱのポピー咲いてなかった(まみさんはチューリップと桜に夢中で気がつかなかったそうだけど^^;)けれど桜がまだ咲いていて風が吹くと花びらがはらはらと散って、そこが良かったですね。

    ポピーのところまで行かなかったんです。
    どうりで、チューリップ畑から見上げても、ポピーの姿がないなぁと思ったけれど、アングルが悪いせいかと思っていましたよ。
    GW中に森林公園のポピーが見られたらなーと思いますが、天気が良い日が続いているので間に合わないかも〜。

    > 皆と一緒も楽しいけれどじっくり写真を撮るのには一人でこなければね〜あのオフ会では無理ですわ〜(笑)

    オフ会は撮影会ではなく、おしゃべりと食事ですね@
    でもみなさん、レンゲまで撮りに行けたんですよね?
    2017年05月01日12時54分 返信する
  • 見たかったなぁ

    こんにちは、まみさん

    私もこの日千鳥ヶ淵に行きました
    満開の桜がきれいだったんですが、人が多くて…平日の昼間に何でこんなに人がいるんだ!と一人ブツブツ…自分もその一人なのにね

    この日は六義園のライトアップを見るため明るいうちにここを離れたんですが、千鳥ヶ淵のライトアップも見てみたいとは思ってました

    見物客が大勢いるとは思えないほどしんと静まりかえった感じ、つぎは私も行ってみたいと思いました

                          ミッキーマーチ
    2017年04月26日17時09分返信する 関連旅行記

    RE: 見たかったなぁ

    ミッキーマーチさん、こんにちは。コメントあがとうございます。

    同じ日でありましたか!
    昼間の千鳥ヶ淵の人出はすごいですよね。
    どうもライトアップのときも、20時くらいまではけっこう人がいるようです。
    私は夜桜能を見終わってからなので21時でしたから、その頃になると人出もマイルドで、ある程度、行ったり来たりできました。

    六義園のライトアップもずっと前に見に行ったことがあります。あーでも紅葉でした。
    紅葉のライトアップは赤味が出ていいですが、桜は難しいですね。
    ほんとは昼間の晴天時に見に行きたいです。
    その上でライトアップも楽しめればサイコー!

    > こんにちは、まみさん
    >
    > 私もこの日千鳥ヶ淵に行きました
    > 満開の桜がきれいだったんですが、人が多くて…平日の昼間に何でこんなに人がいるんだ!と一人ブツブツ…自分もその一人なのにね
    >
    > この日は六義園のライトアップを見るため明るいうちにここを離れたんですが、千鳥ヶ淵のライトアップも見てみたいとは思ってました
    >
    > 見物客が大勢いるとは思えないほどしんと静まりかえった感じ、つぎは私も行ってみたいと思いました
    >
    >                       ミッキーマーチ
    2017年04月28日12時49分 返信する

まみさんにとって旅行とは

ターゲットは海外ばかりですが、1年に約1回、心の洗濯の場です@
といいつつ、フォートラベルには花を求めての国内近場の旅行記もたくさんアップしています。
2012年1月2日に初めて一眼レフを買ってから、動物撮影にも少しハマり出しました。
レッサーパンダ、大好き@@

海外旅行は一人旅が多いです。
ここのところ中東欧や旧ソ連圏にハマっています。
2011年度はコーカサス3国とウズベキスタン、2012年は前年のウズベキスタン旅行で行き損ねたヒヴァのリベンジから始まって、中央アジア3カ国(ウズベキスタン・キルギス・カザフスタン)を旅行してきました。

これまでの中東欧&旧ソ連圏の旅行暦:
2014年ドイツ再訪、2013年ロシア再訪、2012年はウズベキスタン・キルギス・カザフスタンの中央アジア3ヶ国、2011年はコーカサス3国とウズベキスタン、2010年はバルト3国と極東ロシア、2009年はウクライナ、2008年はブルガリア、2007年はルーマニア、2006年はハンガリー中心、2005年はポーランド、2004年はチェコ中心、2003年はオーストリア、2002年と2001年はドイツ、2000年はロシアです。

ブログはほかに、海外旅行のエピソード中心のものがもう一つあります。ニフティのココログです。
ブログが元は日記や日誌のようなものとして利用されていた、というところを利用して、わりと自由に書いています。

2011年度のフォートラベル版海外旅行記は完成、インデックスを作ろうと思案中、そして現在2012年の海外旅行記に着手中です。
2012年中央アジア3カ国旅行の立案編、全体の感想や写真分析などの記事はもう一つのブログ(ニフティにのココログ)にて完成です。

「まみ's Travel Diary」
http://mami1.cocolog-nifty.com/

1999年スペイン旅行、2000年ロシア旅行、2001年ドイツ旅行は内輪向けの旅行記があるので、いずれそれをフォートラベル公開用に編集して完成させたいと思っていますが、いつになるやら。

自分を客観的にみた第一印象

大好きな場所

大好きな理由

行ってみたい場所