旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

Cover_10032638

まみさんのトラベラーページ

まみさんへのコメント一覧全2,106件

まみさんの掲示板にコメントを書く

  • ロシア正教会の壁面フレスコ画

    まみさん、こんばんは。
    数時間前にコメントを送ろうとこちらのフォームに書き込みましたが、アクシデントでサイトが飛んでしまい、コメントも全文飛んでしまいました。気を取り直して、書き直しますね。フウ、、、、。ロシア正教会内の壁面フレスコ画の写真、とても素敵ですねえ。いつ見ても感激です。とても豊かな色彩とドラマチックな物語性で登場人物が生き生きとしています。カトリック教会のものよりもロシア正教会のフレスコ画の方がダイナミックで躍動感に溢れていてこちらの方が私の好みです。
    ところで、まみさんの旅行記の素晴らしいところは被写体ごとにしっかり説明が加えられているところ。ーそれが何を示しているのか丁寧に分析、説明が加えられており、分かりやすいです!
    先日、まみさんのルーマニア旅行記を拝見していて、北部に点在する修道院の見事な壁面フレスコ画を見てみたいと強く思う様になりました。目下、8月か9月中旬にルーマニア旅行を計画中。ルーマニアの8月中旬もまだかなり暑いでしょうか。日中、外を歩き回れませんか???
    それでは、次回のロシア黄金の環巡りの旅行記続編も楽しみにしております。
    2018年06月18日20時00分返信する 関連旅行記

    RE: ロシア正教会の壁面フレスコ画

    huberさん、返事が遅くなって失礼しました。長いコメント嬉しいです!

    アクシデントで入力したものが消えるというのは、時々ありますよね。
    私もせっかく書いたコメントが消えて、もう一度同じような内容を思い出して書くまで、気力が要りました。
    長い返信やコメントをしたいときは、パソコンで、テキストなどに書いてから貼り付けて送ることで、そういうトラブルを防いだこともありますが、のど元過ぎれば熱さを忘れる、というか、いつもそういう形でコメントが書けないこともあります。

    とはいえ、もう一度書いてくださってありがとうございます!

    私がロシアや東欧旅行にハマっている理由は、やっぱり正教会のすばらしさですね。
    どこかノスタルジックで、落ち着けるところもいいです。
    最近読んでいた本で。。いや本の指摘がなくても、ちょっと考えれば分かるかもしれませんが、ロシアはやはり、森林、木に根差した文化なんですよね。そのあたりが、私の中の日本人としての感性にしっくり来るのかしもれません。
    それとフレスコの大胆なデフォルメと迫力。いいですよねぇ。
    最近カメラで、歪みも面白いと思うのは、共通しているかな。

    フォートラベル旅行記は、写真コメントを漏らさず書くのを私の中でモットーにしています。えへ。
    中には、書かなくてもいいようなコメントもあるかもしれませんが。。。苦笑。
    あと、Word文書に書いてコピーしたものが、ちゃんとコピーできていなくて、コメントが入っていなかったのもありますし、写真コメントを書き終わらせられていない過去の海外旅行記で、とりあえずアップしているのは、「作成中」としています。

    ほんとはもっと旅行直後の方が、まだ記憶も鮮明なので、どういうつもりでこの写真を撮ったか(これは説明がなくても分かるのがいい写真と言われますが……)とか、旅行のために下調べした内容がすぐに書き込めるんですけどねぇ。
    ただ、写真を見て記憶がよみがえることもありますし、ググッてにわか勉強ですが、現地で疑問に思っていたことが解決できて「復習」になることもあります。
    この作業が楽しいです。ただ、時間がかかるし、大変ですが。

    ルーマニア旅行記は、いまよりもっと時間をかけて作成したものばかりですよ!
    特にマラムレシュやブコヴィナの教会は、詳しい本を買ってしっかり復習しまして、その内容も載せています。
    よかったら、ぜひ参考にしてください。
    かくいう私も、今は忘れていて、自分の旅行記を読んで思い出すなんてことも。苦笑。
    私が旅行したのは7月ですが、8月でも、外を歩き回れないほど暑いことはないと思いますよ。
    湿度が低いので、日影は過ごしやすく、直射日光はかなりきついと思いますけど。
    私が出かけたときは、いまでいう民泊みたいなところに泊まりましたから、冷房がないところが多かったかったのが、つらかったですね。
    でも最近は、温暖化で東欧の夏もだいぶ暑いし、私が出かけたのはもう10年近く前なので、いまではそういうインフラはずいぶん違うのではと思いますし、宿泊先によると思います。
    あと車をチャーターしても、物価はだいぶ安かったです。2人くらいでなら、それほど高額感はなかろうと思います。
    もうすでにいろいろ計画していらっしゃると思いますが、公共交通機関での移動は厳しいので、ガイドと車の手配はした方がいいと思います。

    ロシアの黄金の環めぐりの旅行記は、このあいだスズダリ1日目の3本目をアップできたので、残りたぶん5本。
    スズダリ2日目は構成を決めてあり、あとウラジーミル半日分です。
    しかーし、2年ぶりに行ける次の海外旅行の前にこれらをアップできるか。。。
    つい週末の撮影散策の旅行記の方を先に作成しがちなもので。
    ゆっくりお待ちいただけたらと思います@
    2018年06月21日12時16分 返信する
  • 神戸牛のすき焼き

    こんばんは、まみさん

    豪華な夕食♪
    神戸牛ってだけでテンション上がるのに、
    すき焼きって!!
    もうこれ以上ない贅沢ですねー♪

    ホテルは生花がいっぱいで、
    お花がたくさんあるだけで、なんだか気分が晴れやかになりますよね。
    ほんと、花溢れるホテルは嬉しいわー

    たらよろ
    2018年06月08日19時56分返信する 関連旅行記

    RE: 神戸牛のすき焼き

    たらよろさん、おはようございます。いつも見に来てくださってありがとうございます!
    はい、豪華な夕食!
    日中はレッサーパンダ動物園でしか過ごさない遠征ですが、ホテル滞在やグルメは楽しみです!
    テンション上がりました!
    会席は美しいし、しゃぶしゃぶも神戸牛も美味しかったです!
    たらよろさんが滞在される高級ホテルもいいなと思うのですが敷居が高いけど、せっかくの遠征だから、たまにはちょっと贅沢を。。。いや、いつもしてるかな。笑。

    > こんばんは、まみさん
    >
    > 豪華な夕食♪
    > 神戸牛ってだけでテンション上がるのに、
    > すき焼きって!!
    > もうこれ以上ない贅沢ですねー♪
    >
    > ホテルは生花がいっぱいで、
    > お花がたくさんあるだけで、なんだか気分が晴れやかになりますよね。
    > ほんと、花溢れるホテルは嬉しいわー
    >
    > たらよろ
    2018年06月11日07時29分 返信する
  • はじめまして

    今年は行く時間がなく見れなかったのですが 綺麗にバラの写真撮れていますね
    楽しませていただきました
    私も来年は 一眼レフをもっていきたいと思います
    これからもよろしくお願いします
    2018年05月30日10時44分返信する 関連旅行記

    RE: はじめまして

    Tomokoさん、はじめまして。コメントありがとうございます。返信おくれてすみません。綺麗に撮れていると言っていただけて嬉しいです。
    まだ秋バラの季節もあるし、来年もバラたちはきっと迎えてくれますよね!
    一眼レフになれると、やっぱり一眼レフで花の写真を撮りたくなりますよ。
    後編もアップしているので、よかったら見に来てくださいね。

    > 今年は行く時間がなく見れなかったのですが 綺麗にバラの写真撮れていますね
    > 楽しませていただきました
    > 私も来年は 一眼レフをもっていきたいと思います
    > これからもよろしくお願いします
    2018年06月01日07時55分 返信する
  • プリョスの美術館とポクロフスキー修道院近隣の写真撮影散歩について

    まみさん、ゴールデンウィークいかがおすごしですか。きっと、今日も写真撮影の旅に出かけている最中かしら。先日の記事、プリョスの美術館で鑑賞なさった風景画(まるで私も美術館にいるような感覚で記事を拝見いたしました。)が今回の記事につながっているなんて伏線が素晴らしいです!この記事にアップなさった写真はまみさんの自信作だと思いますが、まさに前回の絵画中に目にしたような風景が広がっていますね。フォトブック=アルバムになさったらいかがでしょうか。本当に美しいです。(スマイル) 私は未だにコンパクトデジカメで撮っているせいか、芸術的な「この一瞬」を構えて撮ることはありません。とりあえず撮っておいて、後で消去。最近はその作業も「撮り貯め」→「細見せず放置」の状態です、、、。(ますこの態度を改めなければ! )それ故、いつもまみさんの写真には「あこがれ」のようなものを感じます。この記事でまみさんに素敵な写真を見せていただき、静まっていた「ロシア黄金の環」への旅心が甦ってきた感じがします。それでは、残りの連休もさらに楽しまれます様に。
    2018年05月03日20時57分返信する 関連旅行記

    RE: プリョスの美術館とポクロフスキー修道院近隣の写真撮影散歩について

    huberさん、こんにちは。コメントありがとうございます。返信が遅れてすみません!
    huberさんは連休をいかがお過ごしでしたか。私は、撮影散策とのんびりと交互です。

    ふっふっふっ。
    楽しい楽しいスズダリの風景撮影散策は、このあともまだ続くんですよ。
    特に2日目、クレムリンの奥から屋外木造建築博物館に向かうあたりも、楽しかったです。
    なかなか旅行記の作成が進まないですが。。
    おっしゃるとおり、私自身も、プリョスで風景絵画美術館を見た後で、再びスズダリの風景の追求ができて、一つの流れのように感じています@
    私は絵画鑑賞が好きなのが講じて、カメラで絵のような写真を撮りたいという気持ちが下地にあるみたいです。せっかちなので、絵を描いてるのではなく、カメラでぱちり!
    デジカメはほんとに便利なので、記録的な意味でも撮影することはあります。歩いた形跡など、自分では楽しい思い出になります。
    ズズダリでは、それがすべて絵になるところだった…………!
    ということかもしれません。
    ロシアの黄金の環はほんとうにすばらしいですよ。
    まだ未発表の自慢の写真があるので、なんとか旅行記を進めたいのですが。。
    2018年05月08日22時39分 返信する
  • コアラ

    まみさん、こんにちは。
    埼玉こども動物自然公園にコアラいたんですか。しかも赤ちゃんが生まれたんですね。コアラと言えば多摩動物園公園、のイメージしかありませんでした。
    GWにケアンズに行きます。コアラを抱っこした写真が撮れる所も行くと思うので、混んでいなかったら抱っこしてこようかな。

    ところで、チューリップオフ会は出られますか? 今の所、天気が良くなさそうなので、コスモスオフ会に続いてさみしいことになるかも・・
    まみさんと、ロシアの話したいです。

    なつ
    2018年04月10日22時16分返信する 関連旅行記

    RE: コアラ

    なつさん、コメントありがとうございます!

    はい、埼玉Zooはコアラは力を入れていますよ。毎日トークイベントがあるし。もっとレッサーの方でイベント増やしてくれーと思ったことがありますが、最近はコアラも大好きになったので、まあいいやというかんじです。
    埼玉Zooで赤ちゃん見るのは、亡くなった2頭を含めて、7頭目です!

    ケアンズでぜひコアラ抱っこしてみてください!
    日本では抱っこできるところはないなー。
    ふわふわなのかなー。
    コアラの爪でお客さんがケガしないように、抱っこするコアラには何か持たせているって聞きますよ。
    ちなみに、オスの成獣は胸に臭腺があるのでクサいともよく聞きます@
    女の子のコアラなら大丈夫なんでしょうけど。

    昭和記念公園のチューリップ、先週行ってきました。
    私は土曜はなかなか行けないのですが、今回は日曜日だったからどうしようかと迷ったのですが。。
    最近昭和年公園の集まりに出ていないので、なかなか夏さんにお会いできないですね。。すみません。私もロシア話したいなー。
    15日、雨降りそうですねー。天気予報が変わってくれるといいのですが。。

    > まみさん、こんにちは。
    > 埼玉こども動物自然公園にコアラいたんですか。しかも赤ちゃんが生まれたんですね。コアラと言えば多摩動物園公園、のイメージしかありませんでした。
    > GWにケアンズに行きます。コアラを抱っこした写真が撮れる所も行くと思うので、混んでいなかったら抱っこしてこようかな。
    >
    > ところで、チューリップオフ会は出られますか? 今の所、天気が良くなさそうなので、コスモスオフ会に続いてさみしいことになるかも・・
    > まみさんと、ロシアの話したいです。
    >
    > なつ
    2018年04月11日18時22分 返信する
  • チェコ旅行+ビアトリクス•ポター資料館

    まみさん、再度お邪魔します。日曜日にプラハから戻ってきて気になることがあり、まみさんの旅行記へ再度お邪魔した次第です。今回初めてプラハを訪問。1日目旧市外観光、2日目プラハ城観光、3日目プラハから現地発の一日ツアー「チェスキークルムロフ観光」4日目再びプラハ市内観光をしました。この最終日に現地発のカルルシュテイン城ツアーに申し込むがどうか悩みましたが、主人が興味を示さず、結局プラハ市内に留まりました。こちらの記事にはこのお城についてあまり詳しく触れられていませんが実際のところどうでしたか。次回はまみさんも書かれているようにチェスキークルムロフに一泊して、その途中で白亜のフルボカ城=「お砂糖のお城」(現地ツアーガイドの表現)をぜひ見学したいです。
    また、数日前の記事にビアトリクス ポター資料館のことが触れられていましたが、埼玉県にあることを知りませんでした。こちらも20数年前に現地を訪れたり、豆本の絵本を集めたりもしましたのでなつかしさがこみ上げてきました。次回入場した時はぜひ展示内容を記事にしてくださいね。いつも長々と書いて申し訳ありません。今回はこのへんで。
    2018年04月05日17時01分返信する 関連旅行記

    RE: チェコ旅行+ビアトリクス?ポター資料館

    huberさん、こんばんわ。続けてのコメントありがとうございます。パソコンでアクセスするときにお返事しようと思っていたら、遅くなってしまい、失礼しました!

    プラハ旅行に行ってらしたんですね!
    huberさんももしかしたらチェコから発して次々と東欧の魅力にはまるかもしれません!?
    私の記憶はだいぶ薄れていましたが、チェコ旅行ではガーネットのアクセサリーをたくさん買いました。
    この時代はまだデジカメでなく、フィルムカメラ時代だったので、今の10分の1も写真を撮っていなかったんですよね。代わりに文字での旅日記は今よりはちゃんと書いてあったんですけど。
    旅行記の写真はフィルムをデジタル処理した中から選んで作成しました。
    カルルシュテインとコノピシュチェでは、カルルシュテインの方に期待が大きかったのに、意外と面白かったのはコノピシュチェの方だったので、カルルシュテインの方が感想が少ないんです。外観は、いかにも中世の東欧の城というかんじで、カルルシュテインの方が気に入った覚えがあります。
    ただ、今とでは、感想が変わった可能性いがあります。お城の内部撮影は不可でしたが、外観は撮影しがいがあるところだったと思います。それと内部は、それまでの西欧旅行で見てきたお城に比べると、復元されてある家具などが少なかったので、当時の私には物足りなく感じたんだと思います。
    チェスキークルムロフはとても気に入りました。日帰りよりも、ぶらぶら散策できる一泊がおすすめですよ。
    ビアトリクス・ポター資料館は、中に入ったら、ぜひ旅行記でレポートしたいと思います。
    内部撮影OKならいいんですけどねー。動物園でよく大学生のグループが来ているので、昔は不思議に思ったことがあるんですけど、資料館に来ていて、資料館だけやって来ていたり、ついでに動物園内も回っているグループもいたみたいなんです。面白いですよね。
    ビアトリクス・ポター研究の第一人者の先生がいる大学がすぐ隣にある縁かもしれません。
    動物園内には、ピーター・ラビットのキャラクターに見立てた動物たちが近くにいるんです。あいにくウサギだけはちょっと離れたところにいて、ピーター・ラビットとひもづけられていないですけどね。
    以前は専門ショップがあったのですが、それは閉店してしまって(苦笑)、いまは喫茶店になっています。

    > まみさん、再度お邪魔します。日曜日にプラハから戻ってきて気になることがあり、まみさんの旅行記へ再度お邪魔した次第です。今回初めてプラハを訪問。1日目旧市外観光、2日目プラハ城観光、3日目プラハから現地発の一日ツアー「チェスキークルムロフ観光」4日目再びプラハ市内観光をしました。この最終日に現地発のカルルシュテイン城ツアーに申し込むがどうか悩みましたが、主人が興味を示さず、結局プラハ市内に留まりました。こちらの記事にはこのお城についてあまり詳しく触れられていませんが実際のところどうでしたか。次回はまみさんも書かれているようにチェスキークルムロフに一泊して、その途中で白亜のフルボカ城=「お砂糖のお城」(現地ツアーガイドの表現)をぜひ見学したいです。
    > また、数日前の記事にビアトリクス ポター資料館のことが触れられていましたが、埼玉県にあることを知りませんでした。こちらも20数年前に現地を訪れたり、豆本の絵本を集めたりもしましたのでなつかしさがこみ上げてきました。次回入場した時はぜひ展示内容を記事にしてくださいね。いつも長々と書いて申し訳ありません。今回はこのへんで。
    2018年04月10日02時15分 返信する
  • 春の宵の楽しみ方

    まみさん、お久しぶりです。まみさん流の春の宵の楽しみ方の記事2つ拝見いたしました。私もメリーポピンズのミュージカルの広告を見る度に漠然と見てみたいなあ~という思いがありましたが、まみさんの記事を拝見してぜひとも!見たいと思う様になりました。ディズニーのオリジナル版映画は20数年前に見たことがあります。映画とミュージカル版は内容が少し違うんですね。詳しい内容は忘れてしまいましたが、バンク氏=拝金銀行マンがメリーポピンズと関わっていくことによって、彼の家族、彼の生き方が変わるという内容だったのでは、、、。まみさんのコメントの様に今、ミュージカル版を見るとまた見方、感じ方が違うのかな。(ー多分、、、。)美術館でのお花見もなかなか粋ですね。様々な角度から「春」をテーマにした絵画をこの時期にみられるなんでまさに「おいしいとこどり」ですね。日本画の桜はどんな角度からみても心にくるものがあります。まみさん、芸術作品や観劇を多いに楽しんで、また旅行記にのせてください。楽しみにしております!
    2018年04月03日23時13分返信する 関連旅行記

    RE: 春の宵の楽しみ方

    huberさん、こんにちは。お久しぶりです。コメントありがとうございます。

    ロシア編はなかなかアップできない中、国内のお出かけの旅行記はできるだけ時間をおかないように作成したいと思っています。
    特に観劇の感想は、時間たってしまうと、なかなか書けなくなってしまいますね。
    あと、ヘタすると、だんだんと記憶がずれて行く可能性があります(苦笑)。
    公演の記憶が薄れ、でも自分の感想はしばらく残っていますから、感想を正当化するように、話を曲げて記憶してしまう可能性がゼロではなく。。。まあ、忘れた頃に見てみると、こういう内容だったかという驚きも面白いですけどね。

    ミュージカル版、まにあうようでしたらぜひご覧ください!
    ミュージカルとしての役者の歌唱力、それから魔法など、見ごたえがあります。
    メリーにかかわって、バンクス氏の家族や彼の生き方が変わるという基本路線は変わらないです。
    そして今にして思えば(ここでさきほど書いたことが布石になります……)、子どもたちはメリーというナニーに接したからといって、あまり変わっていないんですよね。というか、子どもって大人の影響で柔軟に変わるものじゃないですか?
    なのでむしろ大人の変革の話なんです!
    なんて、極論かしら。

    20年前にご覧になったのであれば、感想変わりますよ〜。
    私も、学生時代に大好きだった「赤毛のアン」や、アニメの「アルプスの少女ハイジ」とか、20年くらいたってから新作映画とか再放送で見ると、20年前にはさほど注目しなかった人物の方が気になったり、共感を覚えたりして、すごく面白かったです@
    赤毛のアンでいうなら、アンやダイアナではなく、マシューやマリら、ハイジはオンジやロッテンマイヤーですね!

    話がそれましたが、国内で美術館には久しぶりに行きました。
    写真が撮れる常設展で、展示されている作品を観る、ではなく、春というテーマを探す、と能動的にテーマを抱いてみようとすると、これまた面白いもんですねぇ!
    そういう企画はほんとにありがたいと思います。
    2018年04月04日13時13分 返信する
  • ありがとうございます

    まみさんへ

    ゆめぎがさき動物公園の桜と動物に投票に投票頂きありがとうございます、

    こんごもよろしくお願いいたします。
    2018年03月30日11時46分返信する

    RE: ありがとうございます

    rsp68447さん、こちらこそありがとうございます。

    川崎の夢見には何度か訪れていらっしゃるようですね。
    あそこは確かに桜もステキでした。今年はチャンスを逃してしまいましたけど。
    旅行記を作成されているエリアも私になじみがあるところばかりです。
    今後ともよろしくお願いします。
    2018年04月04日13時01分 返信する
  • どんどん桜が膨らみましたね

    こんばんは、まみさん

    ここ数日であっという間に満開に。
    京都も、3日前まで蕾だったのに、
    あれよあれよと言う間に、満開ですよ。
    朝は5部咲きだったものが、帰りに通ると8部咲きくらいになってて。
    今年は本当に開花するのが早かった!

    私も出遅れずにお花見行きたいなぁ。


    たらよろ
    2018年03月28日20時36分返信する 関連旅行記

    RE: どんどん桜が膨らみましたね

    たらよろさん、こんばんわ。コメントありがとうございます!

    ほんとに去年の秋くらいからですが、天候が予定通りでなく、今年は桜の開花が早く大変です!
    冬のうちはせっせと動物園に行って、あんまり遠征できない春からもっとお花に目を向けようと思っていたのに。。4月に入ったら、関東も関西も含めて、ほとんどのエリアで見頃が終わっていそうですね!
    天気も良かったのに予定が入っているから、慌てて見に行ったかんじです。
    京都の桜。いいなぁ。
    でも、京都に不慣れだし。。
    混雑も覚悟でも行きたいっ!ってエネルギーがたまる前に見頃が来てしまったかんじなので、とりあえず近所の桜だけでも見逃がさないようにと……。
    我が家からそれほど遠くない絵になる桜があるところとあえば、川越喜多院あたりなんですけど。。。
    でも、なんでもない近所の公園の桜でも、満開どんぴしゃりで晴天に遭遇できたら、ほとんと、文句なしです@

    たらよろさんは今年もぜひステキな京都の桜景色を紹介してくださいね!
    2018年03月29日19時08分 返信する
  • 夜のお台場とキュリオス

    まみさん、こんにちは。あんこう鍋です。

    先日は書き込みをいただき、ありがとうございました。

    仰っていた通り、ワクワクドキドキのシルク・ドゥ・ソレイユの観劇に
    行ってらしたのですね!

    私はトーテムの時も昼間の公演だったのです。
    夜の時間のゆりかもめ、本当に遊園地のアトラクションみたいな
    雰囲気ですね!
    ビルの谷間をゆくから、明かりがとてもきれいだなあ。

    ガンダムは夜はライトアップされているんですね!
    暗闇に光るガンダムって、やっぱり夜にも見てみたいと思いました。

    特設テントのロビーは昼間よりも賑わっていそうですね。
    前回のトーテムより華やいでいたかなあと私は感じました。

    演目も私が観た時と、違うようですね。
    ロシアン・クレードルは私の時はなかったんですよ。
    やっぱりサーカスって生き物ですね~

    キュリオスの旅行記を拝見していて、
    またDVDを観たくなってしまいました。



    あんこう鍋








    2018年03月16日11時12分返信する 関連旅行記

    RE: 夜のお台場とキュリオス

    あんこう鍋さん、こんばんはわ。コメントありがとうございます!
    返信遅れてすみません。

    近々行くぞと思ったので、あんこう鍋さんのおかげで楽しみが増しました!
    ゆりかもめは夜だからこそ、アトラクションのような楽しさが増したのでしょうか。
    夜景はキレイでした!
    先頭でなく、脇の窓からの方が揺れずにもっと撮れたかもしれません。

    自分の旅行記をひっくり返していたら、お台場は3度目でした@
    けっこう見てますわ、シルク・ドゥ・ソレイユ@

    昼間のガンダムを見たことがないので比べられないですが、ライトアップで夜にむうっと立っている姿は、かっこいいですよ。
    夜の方が、たぶんもっと本物っぽく見えるだろうと思います@

    あんこう鍋さんがご覧になったとき、ロシアン・クレイドルなかったですか?
    ショーは生ものですよね!
    きっとアドリブもたくさんあって、注意武官鑑賞していたら、毎回いろいろ違うところがあるんだろうと思います!


    > まみさん、こんにちは。あんこう鍋です。
    >
    > 先日は書き込みをいただき、ありがとうございました。
    >
    > 仰っていた通り、ワクワクドキドキのシルク・ドゥ・ソレイユの観劇に
    > 行ってらしたのですね!
    >
    > 私はトーテムの時も昼間の公演だったのです。
    > 夜の時間のゆりかもめ、本当に遊園地のアトラクションみたいな
    > 雰囲気ですね!
    > ビルの谷間をゆくから、明かりがとてもきれいだなあ。
    >
    > ガンダムは夜はライトアップされているんですね!
    > 暗闇に光るガンダムって、やっぱり夜にも見てみたいと思いました。
    >
    > 特設テントのロビーは昼間よりも賑わっていそうですね。
    > 前回のトーテムより華やいでいたかなあと私は感じました。
    >
    > 演目も私が観た時と、違うようですね。
    > ロシアン・クレードルは私の時はなかったんですよ。
    > やっぱりサーカスって生き物ですね?
    >
    > キュリオスの旅行記を拝見していて、
    > またDVDを観たくなってしまいました。
    >
    >
    >
    > あんこう鍋
    2018年03月19日20時20分 返信する

まみさんにとって旅行とは

ターゲットは海外ばかりですが、1年に約1回、心の洗濯の場です@
といいつつ、フォートラベルには花を求めての国内近場の旅行記もたくさんアップしています。
2012年1月2日に初めて一眼レフを買ってから、動物撮影にも少しハマり出しました。
レッサーパンダ、大好き@@

海外旅行は一人旅が多いです。
ここのところ中東欧や旧ソ連圏にハマっています。

これまでの中東欧&旧ソ連圏の旅行暦:
2016年ロシア黄金の環、2015年モスクワとカザン、2014年ドイツ再訪、2013年ロシア再訪、2012年はウズベキスタン・キルギス・カザフスタンの中央アジア3ヶ国、2011年はコーカサス3国とウズベキスタン、2010年はバルト3国と極東ロシア、2009年はウクライナ、2008年はブルガリア、2007年はルーマニア、2006年はハンガリー中心、2005年はポーランド、2004年はチェコ中心、2003年はオーストリア、2002年と2001年はドイツ、2000年はロシアです。

ブログはほかに、海外旅行のエピソード中心のものがもう一つあります。ニフティのココログです。
ブログが元は日記や日誌のようなものとして利用されていた、というところを利用して、わりと自由に書いています。

「まみ's Travel Diary」
http://mami1.cocolog-nifty.com/

1999年スペイン旅行、2000年ロシア旅行、2001年ドイツ旅行は内輪向けの旅行記があるので、いずれそれをフォートラベル公開用に編集して完成させたいと思っていますが、いつになるやら。
それと2015年ドイツ、2016年ロシアの黄金の環めぐりの旅も、まだ旅行記未完成の分があって、細々と作成中。

自分を客観的にみた第一印象

大好きな場所

大好きな理由

行ってみたい場所