旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

Cover_10094055

kirstiNorgeさんのトラベラーページ

kirstiNorgeさんの写真全5,422 »

写真をもっと見る

kirstiNorgeさんのクチコミ全465 »

  • ホテル
  • ショッピング
  • グルメ・レストラン
  • 交通機関
  • 観光スポット
  • 基本情報

クチコミをもっと見る

kirstiNorgeさんのQ&A

回答(301件)

  • 初海外一人旅での注意点を教えてください

    6月に初めてパリ、バルセロナを一人旅します。
    英語は中学生レベルでたくさん不安もありますが、誰にも邪魔されない自由な時間を楽しみたいと思っています。

    夜の一人歩きはしない、スリには気をつけるな...もっと見る

    この回答は0人の人に役立ちました

    • 回答日:2018/04/22 11:40:12
    • 回答者: kirstiNorgeさん
    • 経験:あり

    女性の方に役立つかはわかりませんが、私が海外旅行でどうしているかと実際にあった事例集です。
    1.旅行保険
    70才以上となると、一部の保険会社は受け付けなくなる。現在治療中の病気があれば、旅行保険は受け付けない。
    カード付帯の旅行保険は、一部がカバーされていない。
    実際に遭った事例。
    息子は海外旅行保険に加入。私はカード付帯の旅行保険のみ。
    バルセロナで行先パリ空港豪雪で着陸不能。バルセロナで一泊。息子は帰国後、海外旅行保険で宿泊費請求。
    2.痴漢
    本日のNHKワールドニュースフランステレビF2でパリで女性の痴漢被害が多いとの報告があった。私は海外では痴漢を見たことがないが、国内では捕まったのを見たことがある。
    3.ゲイ
    若い時、初めてのヨーロッパ一人旅。私は武道で鍛えたスリムな体と日焼けした肌の持ち主。中年男性からホテルでコーヒーを飲まないかと誘われ、服を脱がされかけた。
    日本の若い男性は、ヨーロッパでは男に持てるようである。
    4.シテ島の男娼
    若い時、パリシテ島で深夜、ニュージーランド、イングランド出身の同世代の若者と散歩しているとき、のどぼとけがある背の高い女性にあった。
    我々三人は金がなさそうなのか、男娼には誘われなかった。
    5.物乞い
    北はノルウェーから、南はスペイン、イタリアまでどこにでもいる。
    物乞いのパターンは、金を入れる容器を道に置き、待っているパターンと積極的に無価値なものを売りつけようとするか金をせびるパターンとがある。
    後者は、私が高価な一眼レフを首からぶら下げている時に限られる。
    実際の後者の事例としては、イタリア、アンコーナで魔法のように精神力がアップするツールを十代の少女が私に売り込み、フランス ストラスブールで、若い女性が私に金をせびる、フランス パリでセーヌ川岸で休憩中、詐欺か若い女性が私に金をせびる。
    いずれも私が高価な一眼レフを首からぶら下げている時である。それとも私が余程鼻の下が長いと思われたのか。
    6.健康保険と海外での治療費
    海外で治療を受けた場合は領収書と治療の明細書(国際基準病名)に医師の署名があれば、日本国内の国民健康保険又は健康保険での支払いが可能。但し、三割自己負担分を除く。
    この場合は、事前に健康保険組合又は市町村役場で専用の用紙を準備する。
    実際の事例として、息子の一人が海外旅行保険でカバーされてない親不知を抜いて、私が健康保険組合に医療費を請求。
    7.航空機の予約
    ヨーロッパに行く場合は、ヨーロッパ系の航空会社又は日系航空会社の予約サイトで最も安い料金が提供されたところを予約している。
    多くの場合、ヨーロッパ域内から出発する空港とヨーロッパ域内に到着する空港が異なる。
    行き帰りともそれぞれ一枚のEチケットが発券され、トランジットする空港での機内預け荷物は自動的に積み替えられる。
    最近の事例 ベネチァIN パリOUT でANAは20万円超、スイス航空は11万円 スイス航空採用
    トランジットはチューリッヒ空港。
    8.マイレージカードとTポイント
    スイス航空のようにANAと同一のグループに所属している場合、ANAマイレージカードをチェックインに際して提示すれば自動的にマイレージが付与される。
    ANAマイレージは1対1でTポイントに変換可能。前記の事例では約11000ポイントがANAマイレージに追加。これをTポイント11000ポイントに変換した。
    9.座席指定
    個人予約する場合は座席の指定が可能である。私の場合は、原則航空機中央非常脱出口の窓側を指定している。理由は足が延ばせること。目的は血栓の生成防止である。
    次は、最後尾の窓側を指定している。理由はトイレに近いこと、最後尾で無料でいくらでも飲み物が提供される。実際には血栓防止薬を服用しているため、脳梗塞又は心筋梗塞の発生は少ないと予想している。
    10.荷物の三分類
    LOSTしたら旅行の継続が困難となるもの ベストとズボンのポケット保管
    高価なものと機内預け不能な物 バックパック保管 機内持ち込み
    予備品、着替え、控えのチケット、機内持ち込み制限されるナイフ等 スーツケース保管 機内預け
    実際には機内預けがLOSTしたことはない。
    11.名札と名刺
    すべての荷物と機器には名札(名刺と同様に和文と英文で本人と旅の同行者住所氏名emailアドレス携帯電話番号記載)が取り付けられるか張り付けてある。
    実際には 息子が携帯をパリの時計店で忘れて、時計店から私宛にEMAILで忘れ物について連絡があった。
    名刺は、ホステル等同室者がいる場合自己紹介の際に利用。
    12.ホテルの予約
    BOOKING.COM利用。トラブルなし。
    13.現地ツアー
    原則、日本で予約。トラブルなし。
    14.夕食
    エッフェル塔のレストラン又はムーランルージュ等現地で予約が困難そうなレストランは日本で予約。トラブルなし。
    但し、予約がない場合、ホテルのフロントで紹介又は予約を頼むことにしている。これが間違いない。
    実際のバルセロナの事例では、ホテルに昼食の予約を頼み、海岸のレストランで昼食。
    15.道案内
    現地で道に迷ったら、大学生以上中年以下のヨーロッパ系の女性に道を聞く。親切に教えてくれる。高校生以下又は老年だと英語が喋れないことがある。
    グーグルでは近くまで行くことができるが、グーグルでは地図が精細ではないため、近くに行ったら現地の人に道を聞く方が良い。但し、学生時代習いたてのフランス語で道を聞いたら、フランス語で答えてくれた。右と左しかわからなかった。結局、そのフランス人は地下鉄で目的地のユースホステルまで連れて行ってくれた。
    16.スマホでの道案内
    グローバルWIFIとスマホとの組み合わせでグーグルが道案内してくれる。但し、日本国内で使い慣れてないと遠回りすることとなる。
    17.予備バッテリー
    グローバルWIFIとスマホとの組み合わせでグーグルが道案内してくれる場合、常時、スマホのGPSが衛星を追いかけているため6時間程度で使用不能となるので予備バッテリーが必須となる。
    18.トイレと小銭
    私は老人であり、かつ血栓防止のため水分補給を頻繁に行っているため、トイレに行く頻度が高い。無料のトイレはマックで何も食べないで利用する。マックがない場合には、カフェ等でトイレがあるかを聞いた上でコーヒーなどを頼む。
    駅のトイレは硬貨を必要とする有料の場合が多い。空港は無料。
    ラファイエットなどのデパートでは無料ではあるが女性男性兼用で列をなして並んでいることがある。同一のデパートの別のフロア(飲食が可能なフロア)に行くとトイレが空いており、かつ男女別の入口となっている場合がある。
    19.カード
    複数持参した方が良い。最悪の場合、複数カードの限度額まで利用可能となる。ブランドは、VISA、ダイナースで十分であるがJCB特有のサービスを受けたい場合はJCBを持参する。
    実際の事例として、ローマで息子と落ち合い、突然カイロに行くことになり、ファーストクラスでカイロ往復。二枚目のカードも利用して予約支払い。
    20.磁石付き時計 GPS地図付デジタルカメラ
    スマホが機能している場合は、地図と磁石は不要であるが、地図のみ持参の場合は磁石が必須となる。私の場合、磁石付き時計を常時使用している。
    デジタルカメラにはGPSと地図が付いている。バルセロナやパリのような大都市では現在地と方向を表示してくれる。
    21.旅行先と期間をメール送信者への通知
    日本と時差がある国を旅行する場合、メールを発信してくる送信者には出発前に通知。
    実際の事例 スイスで就寝中携帯のメール着信音でたたき起こされる。
    22.トリップアドバイザーとソフトのインストール
    スマホにトリップアドバイザーのソフトをインストロールし、GPSを常時起動し、スマホを常時起動しておくと立ち寄り先の履歴が記録され、現在地周辺のレストラン等の検索が可能となる。
    実際の事例 パリのホステル周辺のレストランを検索し、日本では知られてない店でガレットで夕食。
    立ち寄り先の記録は後に口コミ等を書く際の参考に。
    23.LINEの利用
    グローバルWIFIとスマホとLINEとの組み合わせで電話通信料が無料に。
    実際の事例 パリの駅で孫にLINE動画でTGVを紹介。
    24.市内交通機関
    息子はパリ、バルセロナでは地下鉄利用。但し、最近はパリ市内から夕方CDGまでの間はアフリカ系が多く、不安になったので利用して無い。
    私は地上の交通機関利用。乗り降り自由なバス、水上バスとタクシー利用。
    タクシーはカードが利用できず現金が必要となる場合がある。
    地下鉄には、エレベータ又はエスカレータが設置して無いことが多く、スーツケースの運搬が困難な場合がある。最近は地下鉄利用せずタクシー又はウーバーでCDG近くのホテルへ行く。
    25.ヨーロッパ出発前の宿泊
    原則として、出発空港徒歩圏内のホテルに宿泊。市内宿泊で空港までの交通機関不通又は渋滞を恐れる。
    最近の事例 CDG第一ターミナル徒歩圏内ホテルに宿泊。
    26.二ユースの入手
    国内では、日本国内ではBSNHKで世界中のニュースを日本語翻訳で配信。
    多くの欧米TV局では動画だけではなく、英語テキストファイルでもニュースを配信している。
    このリンクをスマホに張り付けておく。定期的にチェックする。
    実際の事例 11月29日発射北朝鮮ミサイルについてのニュースはスイス旅行中、日本と欧米のメディアで知った。自宅が首都圏と登録されているため、緊急通報でのミサイル発射の通知なし。
    その他日本の緊急通報(地震等)も自動配信される。
    27.服装 外観 持ち物
    カーキ色又は黒色のベストとパンツ、ひげは伸び放題、不法入国者と疑われることがある。国境通過の際、パスポートチェックがある場合があった。
    高価なカメラ又は目立つ色の高価なスーツケースを持っている時のみ現地人から声をかけられる。
    実際の事例 CDGではターミナル内に多数のアフリカ系の青年がたむろしている。
    息子は布製のスーツケース、私は目立つ色の高価な色のスーツケースで移動。アフリカ系の青年から私だけが荷物を持ちましょうかと声をかけられる。
    ベストとパンツには、100金で買ったケーブルで財布、パスポート、カメラ、スマホ等が結び付けられている。盗難を恐れるよりは、置き忘れの防止策である。
    28.通関
    ヨーロッパ入国に際して数十万円のPCとカメラ交換レンズを持ち込んでいるがチェックを受けたことはない。
    日本に再入国した際、一人旅である時、荷物がバックパックのみである時、税関で呼び止められることがある。聞かれることは預かって来たものはないか。即ち禁制品の運び屋と間違えられたのかもしれない。
    29.保安検査
    搭乗検査で金属探知機で検査が行わている。シアトルと成田では体に液体を張り付けたりして機内持ち込みを図ることの対策として金属以外の液体等を探知する装置により、身体検査が行われている。
    実際の事例 成田から登場する際、検査でセーターのたくし上げた折り目と鼠蹊部がモニター上で黒く表示され、身体に触って検査を受けることとなった。但し、鼠蹊部には触られることがなかった。
    30.テロと警戒
    パリでは、従前からエッフェル塔、CDG等については憲兵又は迷彩服の兵士により、巡回が行われていた。
    最近の事例 フランス ストラスブールのクリスマス市をの入口付近で手荷物検査を実施。パリの地下鉄の一部の路線が故障以外の理由で停止。鉄道駅のプラットホームへの立ち入りは、乗車券の提示と列車到着後でなければ認められない。
    31.テロと廃兵院
    フランスでのテロの後には国葬が行われることが多い。国葬の場所は廃兵院の中庭である。国葬開催中の廃兵院と隣の軍事博物館の見学は不能ではないかと思う。
    32.夜歩きとLEDランプ
    原則として夜の一人歩きはしない。パリでもバルセロナでも主要な道路以外は街灯がない。ベストにはLEDランプが取り付けられており、暗い夜道も明るくしてくれる。
    32.人種差別
    フランス ユダヤ人差別とナチスドイツへの協力。
    実際の事例 廃兵院の隣の軍事博物館とストラスブール市歴史博物館では第二次世界大戦前からユダヤ人差別、ビシー政権下ドイツ占領下におけるドイツに協力して如何に多数のユダヤ人を強制収容所送りにしたかの記録がすっぽり抜け落ちている。これに対して、ノルウェーとデンマークでは戦争中のユダヤ人についての記録が歴史博物館軍事博物館に残されている。
    フランス 日本人への差別
    パリで飛び込みでレストランで昼食をとろうとしたら、いつまでも注文をとりにこなかった。
    33.移民難民
    ワールドニュースF2で移民難民の状況が度々放映されている。パリ市内でも各地でテント村が作られている。最近のニュースではパリ河岸橋の下で数十のテント村があると放映されている。
    ワールドニューススペインでは、難民の流入が少ないせいか報道がない。

  • ストックホルムとオスロどちらに長く滞在すべき?

    日本からストックホルムに入り、帰りはオスロ発で帰ってくる飛行機を予約しました。
    今回初めての北欧で、滞在期間はたった5日間 (*_*; 
    主な目的はショッピングと観光です。
    5日間なので、3日目...もっと見る

    この回答は0人の人に役立ちました

    • 回答日:2018/04/19 11:55:35
    • 回答者: kirstiNorgeさん
    • 経験:あり

    1.ショッピング
    ストックホルムとオスロはショッピングには向いてないと思います。いずれも高い消費税率であること、世界の有名ブランドの店が軒を連ねてあるわけでもありません。ノルウェーブランドのアウター等がありますが、これも日本でも買えます。北欧特にノルウェーの手編みのセーターがありますが短足胴長さらに手が短い日本人向きではありません。北欧に共通する民話童話のトロールの絵本がありますが、英語で記載されているので土産には向いていません。早く言えば、ヨーロッパの北の端にある小都市に行くと思えば間違いないと思います。
    2.観光とバイキング
    ストックホルムとオスロ共長いこと氷河に覆われていて人類が最後に到達した地域です。従って、歴史的遺産が少ない思います。ノルウェーとスウェーデンが共通して持つ歴史遺産はバイキングです。バイキングはヨーロッパ中に進出し、コンスタンチンノーブル、コブレンツ、ロシア、グレートブリテン島まで攻撃しています。ストックホルムとオスロにはバイキングの博物館があります。
    バイキングがヨーロッパ各地で略奪又は交易によって得た金銀財宝類はストックホルムにしかありません。バイキングが現在のアイルランド、スコットランド又は北米にまでの航海に利用した船はオスロにしかありません。
    3.ストックホルムとオスロと歴史
    スカンジナビア三カ国の歴史と支配関係は
    最初に地域の覇権を握ったのはデンマーク、次にスウェーデン、ノルウェーはデンマーク次にスウェーデンの支配下となり、独立して王国となったのは、20世紀初頭のことです。従って、王国としての歴史が長いスウェーデン、ストックホルムの方が歴史的遺物が多いと思います。
    4.ストックホルムとオスロの地形
    ストックホルムは多くの小島と運河によって構成される海上都市です。都市の周囲は森林で覆われています。陸上を散策するよりは船に乗って海上より観光することを推奨します。
    オスロはオスロフィヨルドの北端にある町です。ノルウェー、NORWAY又はNORGEの意味は、北への道と聞いています。オスロ市内でオスロフィヨルド北端を見ることができるのはホルメンコーレンジャンプ台の最上階が最適かと思います。
    5.ストックホルムとオスロ間の鉄道所要時間
    約6時間。15:00頃出発21:00頃オスロ着。車窓の風景は盛ばかりで退屈します。

  • バルセロナからパリ経由で帰国する場合

    6月にオランダ経由でバルセロナへ行き、帰りはパリ経由で帰国予定です。
    パリでの乗り継ぎ時間は1時間55分なのですが、この時間で出国審査と免税手続きをしなければいけないと思います。
    1時間55分で免...もっと見る

    この回答は0人の人に役立ちました

    • 回答日:2018/04/18 18:23:17
    • 回答者: kirstiNorgeさん
    • 経験:あり

    2010年12月にロンドン、ブリュッセル、パリとバルセロナで購入した物の戻し税手続きをバルセロナ空港でおこなっています。日本への帰国予定はバルセロナ空港、CDG経由羽田でした。航空会社はAF。実際には、豪雪でCDG使用不能。翌日SAS便でコペンハーゲン経由成田に帰国しています。昨年12月にもCDG、チューリッヒ空港経由成田へスイス航空で帰国していますがこの場合も出発日の前日に免税手続きをCDGでしています。 シャルルドゴール国際空港 (CDG)

回答をもっと見る

質問(22件)

  • MM PARK FRANCE(軍事博物館) へのアクセス

    • 質問日時:2017/11/20 18:53:41
    • 締切:2017/12/27
    • 緊急度:早めに!
    • 回答数:4件

    11/29 11/30にストラスブールの駅の近くに宿泊していずれかの半日に
    MM PARK FRANCE(軍事博物館)に行く予定をしています。
    日本人が余り行ったことがないようなので口コミが少ないので
    行かれた方がいましたら以下の疑問点にお答えください。
    1.アクセスの方法
    バスで行く場合、ストラスブール駅のどこから乗れば良いのか
    タクシーで行く場合、片道いくらぐらいかかるのか。当然VISAで支払いが可能なのか。
    2.MM PARK FRANCEで
    写真撮影の場合、追加料金がとられるのか。
    レンズはFX 35mmと10mm魚眼のいずれを推奨するか。
    ストロボは持参した方が良いか

  • クリスマスマーケットとプロジェクションマッピングの有無と実施曜日

    • 質問日時:2017/10/04 23:23:02
    • 締切:2017/11/15
    • 緊急度:早めに!
    • 回答数:1件

    11/23In イタリア、ベネチァ、フィレンツェ スイス、チューリッヒ、バーゼル、フランス、コルマール 12/3Outパリで各地クリスマスマーケットを見に行く予定です。
    関心があるのは、以上の旅行期間中プロジェクションマッピングの有無と実施曜日です。
    昨年上記期間中プロジェクションマッピングをご覧になった方がいらっしゃったならば、その日をお教えください 

  • スイスの温泉を巡る旅を企画しています

    • 質問日時:2017/10/04 23:07:20
    • 締切:2017/11/17
    • 緊急度:早めに!
    • 回答数:2件

    以下の温泉に行かれた方、ご意見を賜りたく。
    質問は、
    1.評価 宿泊してまで行く価値があるか、それとも日帰りで十分か、それとも止めた方が良いか
    2.持参必要物 バスタオル、タオル、水着は持参。
    3.泉質 硫黄泉、酸性泉等
    4.施設、着替え、シャワー室、貴重品箱、レストランなどがあるか。
    5.アクセス方法
    対象スイス温泉
    イタリア ミラノからスイス チューリッヒ、バーゼル経由 フランス コルマールまでの鉄道沿線上にある温泉
    バーデン Baden(チューリッヒ宿泊又はBADEN宿泊)
    ラインフェルデン(Rheinfelden)
    その他温泉地

質問をもっと見る

kirstiNorgeさん

kirstiNorgeさん 写真

海外12カ国渡航

国内34都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

kirstiNorgeさんにとって旅行とは

1.行きたくない決して行かない国 海外
南北朝鮮 理由 国際条約を守らない。意図的に日本を貶める。報道の自由が確立されてない。セウォル号の事件に見られるがごとく国民のモラルが低い。このような国家とその交通機関ではでは自らの安全が保障されない。
CHINA 理由 民主主義国家とはいえない。このような国家とその交通機関ではでは自らの安全が保障されない。

自分を客観的にみた第一印象

大好きな場所

大好きな理由

行ってみたい場所

台湾と香港
中国の完全な支配下となれば民主主義か゜失われ、自らの安全の保障がなくなる。今の内にしか、いけない。

現在12カ国に訪問しています

現在34都道府県に訪問しています

参加中のコミュニティ(全0件)