旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

Pic_traveler_default

岡山1さんのトラベラーページ

岡山1さんの旅行記全0 »

岡山1さんの写真全0 »

岡山1さんのクチコミ全70 »

  • ホテル
  • ショッピング
  • グルメ・レストラン
  • 交通機関
  • 観光スポット
  • 基本情報

クチコミをもっと見る

岡山1さんのQ&A

回答(6,439件)

  • チャンギ国際空港到着後の過ごし方

    今週末にシンガポールへ行きます。
    日本からは私と3歳の子供が行き、主人は今、海外出張中で当日お互いシンガポール入りする予定です。
    私達の便が早朝到着で、主人の便が昼頃到着なので、チャンギ空港で3歳...もっと見る

    この回答は0人の人に役立ちました

    • 回答日:2017/11/19 08:47:40
    • 回答者: 岡山1さん
    • 経験:あり

    >>到着後、荷物を取って、入国審査を受けないまま制限エリア内で遊ばせる事はできますか?

    手順は逆ですね。入国審査を受けて入国しないと、委託した荷物は受け取れません。制限地域に長くいると、荷物はコンベア上を長時間回った後、回収、整理されますので、厄介なことになります。

    その日の宿泊ホテルにアーリーチェックインして、ホテルで待つわけにはいきませんか?

  • ベニスへの旅

    ミラノに泊まるのですが、ベニスには鉄道で行くのがベストですか?
    切符は簡単に買えますか?時刻表はダウンロードできますか?
    所要時間、料金はどの位ですか?
    来年のGWに行きます。...もっと見る

    この回答は0人の人に役立ちました

    • 回答日:2017/11/18 20:54:45
    • 回答者: 岡山1さん
    • 経験:あり

    3つの点にご留意を。イタリアの特異点。

    1.ストライキや運休が多い。

    切符を取っていても、無駄になることがあります。

    2、窓口は長蛇の列、自動販売機は待たずに買える。

    窓口で、当日買おうとすると、長蛇の列、30分はかかる。
    自動販売機で、英語対応とし、カードで購入すると、
    すぐ買える。

    3、英語はあんまり通じません。イタリアはそうした点で、
    いらつくことが多いです。

  • ALSA グラナダ~マラガ

    グラナダ~マラガまでALSAバスで移動しようと思っていますが、出発点を見ると「GranadaとGranada Palasio de Congresos」の2つがあります。
    アルハンブラ宮殿の見学の後...もっと見る

    この回答は1人の人に役立ちました

    • 回答日:2017/11/18 20:37:29
    • 回答者: 岡山1さん
    • 経験:あり

    中央バスステーションであるGranadaから乗車の方が、
    判りやすいでしょう。
    宮殿から、(タクシーがおれば、一方通行の多い旧市街ですが)
    7ユーロ程度で、バスエスタシオンまで、行きます。
    景色の優劣は、左右で大差はありません。 長距離バス

回答をもっと見る

質問(22件)

  • 台湾の礁渓温泉、入浴作法についてお教え下さい

    • 質問日時:2017/10/02 15:42:23
    • 締切:2017/11/02
    • 緊急度:いつでも
    • 回答数:6件

    来年1月、個人旅行で、台湾の礁渓温泉駅前の温泉旅館 
    鴻月荘に宿泊します。
    台湾の温泉旅館宿泊は、はじめてです。

    男女別の大風呂は裸で、
    露天風呂は水着着用までは判りました。

    台湾の温泉文化と入浴作法について、
    お教え頂ければ幸いです。

    なお、トルコのハマム、ハンガリーの温泉入浴の経験はあります。

  • オランダ国鉄の乗車券自動販売機について

    • 質問日時:2017/04/25 07:37:56
    • 締切:2017/05/09
    • 緊急度:早めに!
    • 回答数:7件

    オランダ国鉄の乗車券の自動販売機は、現金では、紙幣を受け付けず、
    コインしか使用できない困りもののようです。
    あるガイドブック(the Rogh guide)によると、クレジットカードも
    オランダのものしか受け付けず、外国のものはダメとありますが、
    本当でしょうか?

    オランダの交通システムはOVチップカードになって、
    外国人差別が激しくなり(デポジット残高20ユーロの請求、
    これは死に金になる。また、外国人はシニア割引が受けられない)、
    またミュージアムカードも、テンポラリーの1カ月有効カードしか
    入手できないなど、外国人の負担増を狙った
    オランダ第一主義が進行しているようです。

  • キュナードのクイーンエリザベスのクルーズ

    • 質問日時:2016/10/01 18:46:20
    • 締切:2016/11/01
    • 緊急度:いつでも
    • 回答数:1件

    11月7日から12泊13日で、サザンプトンからクイーン・エリザベスで、
    12泊13日のクルーズをします。個人旅行です。

    この数年間で、個人旅行で、コスタ、ロイヤル・カリビアン、
    ホランド・アメリカライン、プリンセス・クルーズに乗りました。

    ハワイ、ロサンゼルス、ドバイ、シドニー、
    シンガポール、ベネチア、サボナ発のクルーズです。
    この中で、ロイヤル・カリビアンとプリンセス・クルーズが、好みです。

    この度のクイーン・エリザベスは、ラグジュアリーと言われ、運賃が高い分、
    乗客一人当たりの乗務員数が多い、オールインクルーシブだと言われます。

    クルーズ経験の豊富な方だけに、お尋ねします。
    クイーンエリザベスのサービスは、大衆船(カジュアル)と比べ、
    どのような違いがあったでしょか?
    食事の際の普通ワインは無料だったでしょうか?

質問をもっと見る

岡山1さん

岡山1さん 写真

海外16カ国渡航

国内2都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

行ってきます

  • 歴史的建造物を見に行ってきます。

    出発:2017年11月01日~(16日間)| 航空会社:大韓航空 エリア: アンダルシア地方

    2017/10/12 投稿

岡山1さんにとって旅行とは

主にユーラシア大陸の国々を、一人か家内と歩いています。ツアーに参加することは、20回に1回くらいです。後は、個人手配の自由旅行。訪問国は98カ国になりました。
行く前に、lonely planetの記載や外務省渡航情報で治安を調べてから、良い地域のみ行きます。南米に欲が広がってきました。
最近利用のガイドブックはlonely planetに加え、the Rough Guide、 Bradt社、Other placesガイド、Michelin greenおよびredガイドです。地球の歩き方は、あまりにずさんなので、参考程度です。

ツアーの利用は稀です。現地の治安に問題がある、中国、エジプト、インド、ペルー、ベトナムだけ、利用しましたが、中国とペルーは現地ガイドがかってやり放題のことに対し、日本人添乗員が何もガイドに注意しないのが、まことに印象的です。

治安が悪い下記地域は行きたくありません。スペインの三大都市、ローマ、ワルシャワ、ブカレスト、ソフィア、モスクワ、サンクトペテルスブルグ、南米の大都市。

2014年は10回、合計98日間、海外旅行を楽しみました。セルビア、コソボ、マケドニア、アルバニア、英国、アイルランド、タイ、韓国(3回)、イタリア(2回)、マルタ、カンボジア、サボナからのスペイン・ポルトガル・モロッコ・クルーズ(コスタ)です。すべて個人自由旅行でした。

2015年は8回、合計89日間、モロッコ、トルコ最東部、台湾、スペイン・ポルトガル、タイ、ペルー(これのみ添乗員付きツアー)、ラオス・ジャール高原、シドニーからのタスマニア・クルーズ(ロイヤル・カリビアン)。

2016年は7回、合計88日間、ブルネイ、ニュージーランド、スロバキア、ウクライナ、フランス・ブルゴーニュ・ジュラ地方、タイのチャアム、サザンプトンからのクイーン・エリザベス、カナリア諸島クルーズです。ウクライナは頼りのロンプラもラフガイドも情報の精度が某歩き方なみで、現地移動に苦労しました。フランス・ブルゴーニュの田舎でも、フランス語以外通じなくて、困りました(困難を楽しみました)。クイーンエリザベスは虚名の船です。他の大衆クルーズの1日単価の倍額を取りながら、船室は劣る、飯は不味い、ショーは酷い。それに加え、個人手配の費用の倍額以上を旅行社に払って乗船しているツアー客の気が知れないです。

2017年は10月末までで、7回76日間、韓国(ソウル・大邱・小鹿島)、南北キプロス(95,96か国目)、ロッテルダム港からノルウエイ・フィヨルドクルーズにホランド・アメリカ・ラインのロッテルダム号で。ドイツ東北部ハンブルクからベルリンへ、バルト海沿いにハンザ都市巡りをしました。東西ドイツの融合以来、27年間経過しましたが、まだ東ドイツが残っているのには、ショックを受けました。そして台湾の新竹。バルト3国、97、98国目。10月に久しぶりに利用したツアー、「旅物語ベトナム7日間」は酷かった。ベトナムは犯罪大国であり、ツアー客で犯罪被害3件が発生した。

主利用航空会社は、大韓航空(30万マイル突破)、エミレーツ航空、トルコ航空、フィンエア、ベトナム航空、時々、中華航空、タイ航空、中国東方航空、中国南方航空、中国国際航空、カタール航空、アメリカン航空、ラン航空、全日空、日本航空、マレーシア航空、ラオス航空、カンボジア航空、ブルネイ航空、KLM、エバー航空。

 主出入国空港は、岡山空港、関西空港、広島空港、博多港。成田の開港以来の利用は2回、羽田の利用は1回のみ。国内線では、羽田は頻回利用しています。成田と羽田は、あまりに、ラウンジがお粗末。仁川に比べ。

クルーズは2011年ベネチアから8日間エーゲ海、ノルウエイジャン・ジェイド。2012年シンガポールから4日間マレーシア、レジェンド・オブ・ザ・シーズ。博多から8日間、台湾、ザーンダム。ワイキキから8日間、ハワイ4島、プライド・オブ・アメリカ。2013年ドバイから8日間、アラビア半島、セレナーデ・オブ・ザ・シーズ。ロサンゼルスから8日間、メキシコ、サファイア・プリンセス。2014年サボナから8日間、スペイン・ポルトガル・モロッコ、コスタ・フォーチュナ。2015年シドニーから8日間、タスマニア、ヴォイジャー・オブ・ザ・シーズ。2016年サザンプトンから13日間、カナリア諸島、クイーン・エリザベス。2017年ロッテルダムから8日間、フィヨルド、ロッテルダム。2018年アムステルダムから13日間、バルト海・サンクトペテルスブルグ、ブリリアンス・オブ・ザ・シーズ。いずれも個人旅行。好きなクルーズ会社はロイヤル・カリビアン、嫌いな会社はコスタ(扱いが酷い)とキュナード(高い、医療水準が低い)とノルウエイジャン(ドレスコードが甘すぎる)。MSC(液体の持ち込み完全禁止)は未乗。

 旅の記録を紙の媒体(単行本、雑誌、新聞)に残すことを心がけています。「世界散歩」を連載中。

自分を客観的にみた第一印象

異文化への好奇心の固まりですね。文化だから、民族、料理、酒、歴史、遺跡(中世、古代)などを含みます。海外に出たら、とにかく、文献資料を集める習癖があって、家中、海外の紙資料が散乱し、ごみ屋敷と化しています。

大好きな場所

 トルコの田舎、シリア(内戦で、今は行けない)、タイの田舎(東北部、北部)、台湾の田舎、韓国の田舎、ハンガリーの田舎、チェコの田舎、スロバキアの田舎、スロベニアの田舎、ジョージアの田舎、マケドニアの田舎、アルバニアの田舎、スペインの田舎、ポルトガルの田舎、フランスの田舎、ドイツの田舎、アイルランドの田舎、モロッコの田舎、チュニジアの田舎、ウクライナの田舎。

大好きな理由

 歴史がある、文化がある、遺跡がある。(場所によっては)、酒が美味い、料理が美味い、美女が多い。物価が安ければ、この上ない。

行ってみたい場所

 2017年の今後は、11月にスペイン・アンダルシア地方2週間です。
 2018年は、1月にLCCで台湾一周1週間、3月にボストン・NY,5月にアムステルダムからサンクトペテルスブルクへの13日間のクルーズ、7月にフィンランド、ここまで切符を押さえました。9月にギリシア、11月にオーストリアかなと考え、michelin green guideやlonely planetなどのガイドブックをアマゾンに注文しました。

 計画中なのが、ウルグアイ、ウズベキスタン、チリのイースター島、パラオ、カリブ海クルーズ、アラスカクルーズ。クルーズは、当然ながら、航空券を自分で手配し、クルーズを旅行代理店で購入し、個人で参加します。ツアーのクルーズ料金は不当に高い(個人手配の2倍)上に、船上でも何で、無知な日本人たちと食卓を共にしなければならないのか、理解ができません。ツアー会社に問い合わせたら、船上での個人行動は不可だそうです。高いお金を払ってクルーズするのは、同じ生活程度の外国人と話をしたいという、目的があります。外国船で、日本人まみれになりたくない。

 2018年、19年には、ぜひ。日本経済の崩壊、ハイパー・インフレの到来、自分の健康との闘いになります。消費増税を遅らせると、日本借金経済の破綻がくることを、アンポンの安倍さんが理解していないとは、思いませんでした。親父さんは東京大学卒なのに、ご本人は、それよりはるかにやさしい某私立大学卒の理由が理解できました。

 2016年8月の日経新聞と東京新聞に、日本の借金のあまりの多さの対策として、貯金封鎖の話まででました。まともなマスコミがそこまで考えているわけです。アンポン安倍と、それに輪をかけた日銀総裁黒田、そうしたことが起こったら、死刑にしても良いと思います。アンポン安倍は、自分がした日本経済への不行跡について、何も判っていないでしょう。10月の日経新聞でも、安倍と黒田の異様な経済政策を批判していました。日本の経済破綻は近い。

現在16カ国に訪問しています

現在2都道府県に訪問しています

兵庫 | 岡山 |

参加中のコミュニティ(全0件)