旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

アルザス地方博物館Musee Alsacien

博物館・美術館・ギャラリー
住所:
23 Quai Saint-Nicolas, 67000 Strasbourg アルザス地方博物館 地図

アルザス地方博物館 詳しいスポット情報 編集

10

ストラスブール 観光満足度ランキング

みんなの満足度:
3.33
アルザス地方博物館 クチコミ 12件
アクセス:
3.89
コストパフォーマンス:
4.00
人混みの少なさ:
4.05
展示内容:
4.25
観光の所要時間:
1-2時間

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性もあります。

アルザス地方博物館 旅行記

4

  • ヨーロッパ年末年始周遊の旅 No.2 フランス編(ストラスブール・パリ・ノルマンディ) by みほさん

    • エリア: フランス 同行者: 友人旅行テーマ: 街歩き
    • 旅行時期: 2016/12/30 - 2017/01/02(約5ヶ月前)

    終わりかけたクリスマスと年末年始の雰囲気を味わいにヨーロッパに出かけました!見たかったクリスマスマーケットはクリスマス過ぎでもまだやっているのか!?と楽しみにしながらローマ→ミュンヘン→ハイデルベルク→ストラスブール→パリ→ロンドン→ミラノという順で鉄道と飛行機を駆使し周りました。 もっと見る(写真80枚)

  • 2015欧州初ひとり旅 6日目 ストラスブール by cooさん

    • エリア: ストラスブール 旅行テーマ: 街歩き
    • 旅行時期: 2015/05/03 - 2015/05/03(約2年前)

    アルザス地方の可愛い街並みとケルン大聖堂に憧れて、ヨーロッパ4ヶ国目はドイツ+アルザス、初ひとり旅に決定。 周りの心配や自分自身の不安でドキドキしながらの旅でした。 実現できたのは4トラ諸先輩トラベラーさんたちのお陰です。 ありがとうございました。 6日目はストラスブールです。 1日目 関空発、マインツ        マインツ泊   2日目 コッヘム、ブリュール、ケルン  マインツ泊 3日目 ハイデルベルク         ハイデルベルク泊 4日目 コルマール           コルマール泊   5日目 リボーヴィレ、リクヴィル、エギスハイム コルマール泊 6日目 ストラスブール         マインツ泊 7日目 ニュルンベルク         マインツ泊 8日目 ライン川流域(サンクトゴアール、サンクトゴアルスハウゼン、リューデスハイム、ヴィースバーデン) 9日目 バッハラッハ、マインツ 19時便で帰国 10日目 関空着  もっと見る(写真77枚)

  • 50歳代夫婦呑み歩きのアルザスの村々 ストラスブール編 by misaさん

    • エリア: ストラスブール 同行者: カップル・夫婦旅行テーマ: グルメ
    • 旅行時期: 2014/04/30 - 2014/05/08(約3年前)

    ゴールデンウィーク,羽田発パリからTGVを利用してストラスブールを拠点にアルザスの村々を夫婦で訪問した。 今までフランスで鉄道(TGV)を利用したことが無かったので、事前にレイルヨーロッパでパリ:ストラスブール往復チケットを購入していった。日本の鉄道システムとの違いに戸惑いながら、いろいろなハプニングに汗をかきかき対処したことがいい思い出となった。 ストラスブール(4泊)を拠点とし、1日は市内観光、2日間をアルザスの小さな村々、1日をナンシー観光にあてた。フランスとドイツの国境のアルザスの小さな村ではワイン問屋なのかワインショップなのか、ワイン即売所なのかよくわからないが勧められるまま呑み比べ、チーズやサラミを買い求めながら、昼、夜食事をしながらアルザスワインを呑みまくった。 日程調整をかねて2泊パリに滞在して帰国した。 今回のエアーチケットも日本航空で1月に購入(発券)した。しかし4月になって突然あなたの搭乗便は廃便となったと連絡を受け日程の変更を迫られた。宿泊、TGV等の予約購入済みとなっており日程変更は無理と言う事を伝えた結果、代替え案を提示され羽田まで新幹線を利用し、帰りはフィンラン… もっと見る(写真35枚)

  • 年末年始フランス・ドイツ鉄道の旅 6 かつてのアルザスを訪ねる by あんずの姉さん

    • エリア: ストラスブール 同行者: 友人旅行テーマ: 遺跡・史跡・歴史
    • 旅行時期: 2013/12/26 - 2014/01/04(約4年前)

    ストラスブール2日目の後半デス。 イル川の観光ボートを降りて、その足でアルザス博物館へ向かいます。 前世紀までのアルザスの生活を垣間見れる博物館デス。 あの可愛らしい木組みのお家でどんな生活をおくっていたのか興味があったのデス。 相棒はそんなワタクシを「やれやれ、またデスよ?」と生温かい目でみていますが「はいよ」と付き合ってくれます。 感謝デス☆ その後、プティト・フランスへ移動して街歩きを再び開始いたします。 ホントにホントに可愛いアルザスの民族文化を少しでもお伝えできれはうれしいデス。 では、ご覧あれ☆ もっと見る(写真78枚)

ストラスブール地図

※実際のポイントと離れている場合があります。

地図を拡大表示

Pickup!!フォートラベルからのおすすめ情報