インド バナーラス (バラナシ)旅行 クチコミガイド

ガンジス川での沐浴 - バナーラス (バラナシ)のクチコミ

ガンジス川での沐浴

満足度: 4.0

I FEEL TODAYさん 写真

I FEEL TODAYさん
非公開 / バナーラス (バラナシ)のクチコミ : 3件
旅行時期 : 2004/05(約11年前)

インドに来たら、一度は見てみたいガンジス川での沐浴。しかし、自分が実際に沐浴するかどうかは、判断が分かれます。なぜなら、人によっては、お腹を壊した、病気になったという報告もあるので、万人にお勧めできるものではありません。
現に私のツアーグループでは、3人中1人は沐浴後、お腹を壊しました。
一応、現地のガイドがとった対策としては、現地人が沐浴を行っているガート付近を避け、対岸の水の澄んでいる場所での沐浴となりました。なんせ、現地人の沐浴場は、近くで洗濯をしていたり、用をたしていたり、歯を磨いていたり、はたまた火葬場の死体が流れてきたりと物凄い環境です。
噂では、ガンガーの水は、大腸菌が30秒で死滅する位の聖なるパワーを持つ!などと言いわれていますが、大量に存在する他の菌が、外界からの菌に対して、防衛反応を示した結果では?と思います。
 
私は、現地ガイドの指示で、正しい沐浴の仕方!?で、3回頭まで、ドボン、ドボン、ドボンと水に浸かりました。水の中で、ちょっと目を開けて水中を覗くと、朝と言うこともあり、水は以外と澄んでいました。
私は、結果として特に体調を崩すことなく旅を続けられました。
独自の対策がどこまで効いたかはわかりませんが、いくつかご紹介します。
・水に入るときは口や鼻に水が入らないように必ず息を吐きながら潜る。
・水をはじきやすいようにウォータープルーフの日焼け止めを全身に塗ってから水に入る。
・川から上がったら、すぐにタオルで体を拭く。
・沐浴後、チャイを飲む前に、手と口の周りをアルコールティッシュで拭く。
・沐浴のときに身に着けた下着は捨てる。
・ホテルに戻ったら全身ボディーシャンプーで丹念に洗う。
という対策をとってみました。
共感する点がありましたら、実践してみてください。
体調を崩す、崩さないは、あくまで本人の体質、コンディションによりますので、良く考えてから行動に移してください。
体調を崩せば痛い思い出、無事クリアすれば良い思い出!と、紙一重な、ギャンブルなガンガーの沐浴でした!
(画像は現地ガイドとです。バックに見える対岸が、本来の沐浴場です)

所要時間
1-2時間
アクセス : 
4.0
コストパフォーマンス : 
5.0
景観 : 
4.5
人混みの少なさ : 
2.0
衛生度 : 
1.0

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する