旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル
ティンプー×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
ホテル
ツアー
旅行記

サブジ バザールSabzi Bazaar

市場
住所:
Chhogyal Lam Thimphu サブジ バザール 地図

サブジ バザール 詳しいスポット情報 編集

3

ティンプー ショッピング満足度ランキング

みんなの満足度:
3.21
サブジ バザール クチコミ 4件
アクセス:
4.12
サービス:
3.00
お買い得度:
3.17
品揃え:
3.62

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性もあります。

ピックアップ特集

クチコミ

4

満足度の高いクチコミ(4点〜)2

ブータン人の台所が垣間見られる…

  • 4.0
  • 訪問時期:2012/08 (約5年前)

1人中、1人の方が、「参考になった」と、いいね!しています。

ティンプーに到着したのがちょうど週末だったので、早速連れて行ってもらいました。マーケットはとても広く、1階と2階にわかれています。1階は野菜、果物などが売られていて、ブータン人の台所事情が垣間見られます。思っていたよりも、野菜が豊富なのに驚きました。2階は乾物が多く、魚の乾物やお香、ビンロウなどが売られていました。ちょうど2階にあるステージでイベントが行われていて、子供たちが歌ったり踊ったりしていま...
続きを読む

熱帯魚さん

熱帯魚さん
(ティンプー クチコミ 15件)

満足度普通〜低いクチコミ(〜3点)2

市民の台所

  • 3.0
  • 訪問時期:2016/06 (約1年前)

0人中、0人の方が、「参考になった」と、いいね!しています。

テインプーの市街地の外れにあるティンプーの台所。鉄筋コンクリートで作られた2階建ての市場です。野菜や果物、魚や肉などが並んでいます。もちろんブータン産のものもありますが、インドからの輸入品も多くみられました。ブータン人の食文化を感じられる場所です。

ぴーぴーぴーさん

ぴーぴーぴーさん
(ティンプー クチコミ 12件)

  • ティンプーの台所的存在

    サブジ バザールの満足度: 4.0全項目の評価

    shinkさん 写真

    shinkさん
    男性 / ティンプーのクチコミ : 18件
    旅行時期 : 2011/12(約6年前)
    ティンプーの街中にある市場。1階が主にインドからの輸入品で野菜や果物などが豊富にあり、2階がブータンの地元品のロコ・マーケットとなります。

    なので、観るべきは2階になります。冬場に行ったこともあるので品揃え的にはそれほど豊富ではありませんでしたが、お米や山椒など日本でもなじみのものがあったりして、ブータンの食文化を知るには面白いんじゃないかと。そして、意外に物価高いのにびっくりした。。

    週末しか開催されていないということですが、市場好きにはちょっとみておいて損はないかと思います。
    同行者
    一人旅
  • まちがいなくmade in BHUTAN

    サブジ バザールの満足度: 3.0全項目の評価

    scomitcheeseさん 写真

    scomitcheeseさん
    女性 / ティンプーのクチコミ : 1件
    旅行時期 : 2009/05(約9年前)
    市内に滞在していたら歩いて行ける近さ。

    ナスだと思ったら、ウインナーだったとか、
    白いコメを「Japanese rice」と呼ぶとか、
    チーズキューブとか、
    ブータンの食材が満載。

    秤がレトロで、昔々の行商の魚屋さんを思い出しました。

    同行者
    一人旅

クチコミをもっと見る 4件

Q&A掲示板 0

サブジ バザールについて質問してみよう!

行ったことのある皆さんに、一斉に質問することができます。

by ぴーぴーぴーさん

by scomitcheeseさん

by 熱帯魚さん

by shinkさん

…他

このショッピング施設に関する旅行記5

  • 【2016ブータン】最低公定料金撤廃・駆け込みの旅 1 by Taddyさん

    • エリア: ブータン
    • 関連タグ:

      • 旅行時期: 2016/08/23 - 2016/08/31(約1年前)

      2016年日本とブータンは国交樹立30周年を迎えた。ブータン政府はこれを記念し、2016年6月1日から同年8月31日までの2か月間に限り、日本国籍所有者に対して「1泊250USドル」の最低公定料金を撤廃することにした。 「最低公定料金」とは、ブータン政府が、高額の旅行費を設定し、国外からの旅行者の受け入れを制限し、独自の文化の保護に努めるための政策。 ブータン旅行は、すべて国営の旅行会社経由での取り扱いとなり、高額の一律料金が設定されるほか、最低でも入出国のいずれかに必ず航空機を使用しなければいけない。またツアー形式で、ホテル、ガイド、クルマ、全食事、すべて含めての、250USドルという金額となる。 2011年のブータン国王夫妻来日をきっかけに「幸せの国」として知られ、マスメディアにも頻繁に取り上げられるようになった。そのため、安価でブータン旅行ができるこの最低公定料金撤廃期間中には多くの日本人が殺到し、航空機の座席確保も難しいことから自分の希望日に旅行期間を当てはめるのがなかなか難しい。これで断念した方も多かったのではないでしょうか。 私の場合も、広告を見たH社、J社など5社ほどにオファーを出しても… もっと見る(写真63枚)

    • 【 2016年 ブータン旅行 】 〜ダイジェスト〜 by sceptre_yさん

      • エリア: ブータン 同行者: 一人旅
      • 関連タグ:

        • 旅行時期: 2016/07/30 - 2016/08/05(約1年前)

        幸せの国ブータン王国に行ってきました。 ダイジェスト画像だけですが f(^-^;) 7/29 羽田(機内泊) 7/30 → バンコク バンコク→パロ パロ観光 →(ティンプー泊) 7/31 → ドチュ・ラ峠 → プナカ観光 → ドチュ・ラ峠 →(ティンプー泊) 8/1 ティンプー観光 → ハ観光(ハ泊) 8/2 ハ観光 → チェレ・ラ峠 → パロ観光(パロ泊) 8/3 タクツァン僧院、ドゥゲ・ゾン(パロ泊) 8/4 キチュ・ラカン、パロ街散策 パロ → バンコク バンコク →(機内泊) 8/5 → 羽田  もっと見る(写真36枚)

      • 初ブータン04★ティンプー★アーチェリー場とか市場とかティンプーの町を散策 by 熱帯魚さん

        • エリア: ティンプー 同行者: 一人旅
        • 関連タグ:

          • 旅行時期: 2012/08/11 - 2012/08/18(約5年前)

          とうとう来ちゃったブータン★ ティンプーのレストランで昼食を済ませたあとは、 ガイドのヌンに連れられて、ティンプーの町を散策。 まずはアーチェリー場に行きました。 以前ブータンに来たことのある父から「ティンプーの 町なかにはアーチェリー場があるんだぞ」と聞いていたので ふむふむこれかぁ?と納得。 アーチェリーは国技らしいです。 さらにティンプー川沿いを歩いて市場へ。 野菜とか果物とか…割と豊富? ブータン人のお兄ちゃんが歌ってたり、 かわいい子供たちがダンスしたり、 イベントが行われてました。 ★★ 初ブータン旅行記8/10?20 ★★ 01★バンコク★まずは上海からバンコクへ! http://4travel.jp/traveler/blue_tropical_fish/album/10705243/ 02★パロ★とうとうバンコクからパロへ! http://4travel.jp/traveler/blue_tropical_fish/album/10705693/ 03★パロ★空港からティンプーへの道のりで途中下車散歩 http://4travel.jp/traveler/blue_tropical_fish/album/10705982/ 04★ティンプー★アーチェリー場とか市場とかティンプーの町を散策 http://4travel.jp/traveler/blue_tropical_fish/album/10706337/ 05★ティンプー★国王のオフィス「タ… もっと見る(写真57枚)

        • 2011年ブータン旅行(1)ブムタンへの道 by shinkさん

          • エリア: トンサ 同行者: 一人旅
          • 関連タグ:

            • 旅行時期: 2011/12/25 - 2012/01/01(約6年前)

            ブータン再訪となる今回は、エアチケットが安くなる冬期に来てみました。Druk Airが30%オフというのはちょっと大きい金額だよなあ。 今回はブータンのハートランドともいうべきブムタンへ行くこととが旅の目的。現在のブータンの国王はブムタンなど東側の出身で、ブータン発祥の地ともいうべき特別な場所だということです。 ということで、まずはブムタンまでの道のりの旅行記。ブータン旅行の鉄則として、まず最初に一番遠い目的地まで行きそこからのんびりと戻ってくるというスタイルなのですが、それでもブムタンまでは2日がかりと結構遠かったです。。 でも、春に訪れたときとは違った澄んだ空気のなかで観るブータンはまた違った美しい景色で、トンサではツェチュ(祭り)の練習風景を見ることができて、すごい興味深いものでした。 もっと見る(写真47枚)

          • ブータン〜ティンプーからポプジカへ by scomitcheeseさん

            • エリア: その他の都市 同行者: 一人旅
            • 関連タグ:

              • 旅行時期: 2009/05/21 - 2009/05/22(約9年前)

              ガンティー・ゴンパはブータンでは少ないニンマ派のお寺。ポプジカの平原が見下ろせる高台に建っていて、参道には家々が立ち並んでいます。とういか、それ以外には平原にぽつりぽつりと家があるだけ。ここの僧たちはゴムチェンといって在家で、家族をもち経済活動もできる僧たちなのです。中庭に入るとボタンのような白い大きな花が目に付きました。 イタリアから来た観光客と話しましたが、だいだい同じようなルートを辿っていると分かりました。この人たちとは後にキチュ・リゾートでも再会しましたが、1日早く出国しましたので、足止めを食わないで済んだと思います。 お互いのツアールートなど話している間、私のガイドは僧院の事務局長に私が内部に入れるように一生懸命交渉してくれたようでした。こんなとき形だけでも仏教徒の家に生まれたというのは強身なのでしょうか?イタリアの人には悪いけれど、事務局長とガイドは私を手招いて遺体安置の寺内部を案内してくれました。 幅5〜60cmくらいの厚さがありそうな白いしっくいの壁にかこまれた建物で、厚い扉の敷居をまたぐと、すっと汗が引くような涼しい空気に触れます。この一瞬で俗と聖(この言葉が正… もっと見る(写真30枚)

            旅行記をもっと見る 5

            施設情報

            ※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性もあります。

            施設名:
            サブジ バザール
            英名:
            Sabzi Bazaar
            住所:
            Chhogyal Lam Thimphu (地図
            カテゴリー:
            ショッピング >市場

            施設情報の訂正・追記はこちら施設情報を変更する

            周辺のおすすめホテル

            ティンプー地図

            ※実際のポイントと離れている場合があります。

            地図を拡大表示