トルコ トルコ旅行 クチコミガイド

トルコの旅行記(ブログ)

7,653

旅行開始時期 :
テーマ :
同行者 :

キーワードで旅行記を検索 :

旅行記を投稿する

旅行時期順

  • トルコ半周バスの旅(6) ― イスタンブール ― by Pontakaiさん

    • トルコ半周バスの旅(6) ― イスタンブール ― 
    •  モーニングコール5:30、シュルメリ・ホテル発7:30の出発となりました。なるべくイスタンブールの渋滞を避けたいとの事で早朝出発となるようです。賛成!

 ホテルを出てアンカラの市内を走っていると突然Tレックスが……本物そっくり。しかも動いているではありませんか! この交差点での信号確認をさせるためということですが、ドライヴァーからはこちらに気をとられて却って危ない!という声が多数ある問題の「恐竜」だそうです。
    •  高速道へのると後はひたすらこの道を走るだけ。約6時間近いドライヴとなります。
    • エリア:イスタンブール 旅行テーマ: 遺跡・史跡・歴史
    • 旅行時期: 2015/05/08 - 2015/05/17(1ヶ月以内)

     今回のバスの旅もいよいよ最終段階8,9日目に……5月15日宿泊地アンカラから450kmほど離れたイスタンブールへ。ここまでの訪問地はみな地方の小さな街にあるものだったが、最後は国際都市イスタンブール。歴史も古く東ローマ帝国、ビザンチン帝国と引継ぎ、さらにオスマーン朝期にも大いに栄えた東西文明の十字路の交差点として栄えた歴史のある街。  本来ならば、旅行者として一週間かけてみたい場所がたくさんある街。今回の旅は実質1日半の時間でそこからめぼしいポイントを訪れることで精一杯。ここだけは欠かせな... もっと見る(写真31枚)

  • トルコ半周バスの旅(5)ーハットゥッシャ遺跡とヤズルカヤ遺跡 ―そしてアンカラへby Pontakaiさん

    • トルコ半周バスの旅(5)ーハットゥッシャ遺跡とヤズルカヤ遺跡 ―そしてアンカラへ
    •  われわれのバスが分泊組のウチヒサールカヤホテルを出てボアズカレへ向うと間もなくすると今朝のバルーンツアーを終えた気球運行会社の車が折りたたんだバルーンを牽引しているのに出会いました。

 カッパドキア地区ともお別れです。
    •  こんな雄大な起伏に富んだ道をバスは定速で走って行きます。わたしなら120kmくらいで走りたくなってしまうような道路です。
    • エリア:ボアズカレ 旅行テーマ: 遺跡・史跡・歴史
    • 旅行時期: 2015/05/08 - 2015/05/17(1ヶ月以内)

     バス旅行の旅も今回は7日目のカッパドキアから約240kmのボアズカレへ。  紀元18世紀には鉄器をしていたヒッタイト人たちが紀元前13世紀には王国を築いたというハットゥッシャ遺跡と同じく紀元前13世紀に神殿があったというヤズルカヤ遺跡とを巡りました。我々日本人にはあまり知られていないところですが、世界遺産指定の地です。  遺跡見学の後は約210kmほど走って首都アンカラへ。ほとんど自由時間はなくただ泊まっただけというアンカラでしたが……  なお、今回の旅程などは以下のとおりです。 参加... もっと見る(写真22枚)

  • トルコ半周バスの旅(4)― コンヤからカッパドキア滞在―by Pontakaiさん

    • トルコ半周バスの旅(4)― コンヤからカッパドキア滞在―
    •  モーニングコールは早朝5:45.カッパドキアに向けての出発は7:30に繰上げです。早く現地に到着してそちらをなるべくゆっくりたくさん見学という配慮によるもので、そのことに文句を言う人はひとりもいません。

 コンヤを離れしばらく走るとあたりはまた広大な畑と農耕地。同乗者のみなさんはほとんど寝ています。
    •  1時間半くらい走った頃みなさんは今「シルクロードを走っています」の声で眼が覚めます。シルクロードに置かれたその昔隊商たちの休息地となっていたキャラバンサライが近づきました。
    • エリア:カッパドキア 旅行テーマ: 世界遺産
    • 旅行時期: 2015/05/08 - 2015/05/17(1ヶ月以内)

     今回は、コンヤからカッパドキアまでのレポートです。カッパドキアは広い地域全体を指している地域名で観光客が宿泊拠点にするのは主に4つの地域、即ちネヴェシェヒル、ユルギュップ、ギョレメ、そしてウチヒサルです。  わたしたちのグループはユルギュップ組とウチヒサル組に分けられての宿泊でした。わたしは賑やかな町並みのあるユルギュップ地区にあるテメニ・エヴィという岩山にあるホテルに泊まりました。  この地では自然奇岩に驚くと共に夜のパフォーマンス、ベリーダンスショーにも一同大興奮、大いに盛り上がった... もっと見る(写真32枚)

  • トルコ半周バスの旅(2)by Pontakaiさん

    • トルコ半周バスの旅(2)
    •  2015年5月10日6:00モーニングコール。バイキング型式の朝食を各人済ませ、8:00アイワルク、ハリッチパークホテルを出発です。

 アイワルクの街を後に約250km程はなれた次の訪問地エフェソス遺跡へ向います。アイワルクは小さな町ですが、とても豊かな感じがします。
    •  地中海沿岸の丘陵に沿ってバスは走ります。丘陵地は整然と植樹が行われており、畑と共に人の手がいつも入っていることを感じさせます。
    • エリア:パムッカレ 旅行テーマ: 世界遺産
    • 旅行時期: 2015/05/08 - 2015/05/17(1ヶ月以内)

    参加ツアー: ターキッシュエアラインズ往復直行便10日間のマル得トルコ(阪急交通社) 日程概略:  5月8日発 夜22:00          9日早朝4:00頃イスタンブール着→トロイ遺跡→アイワルク泊        ☆ 10日 アイワルク発→エフェソス遺跡→パムッカレ泊       ☆ 11日 パムッカレ石灰棚、ヒエラポリス遺跡見学→コンヤ観光 同地泊         12日 コンヤ発→カッパドキア 観光見学  同地区泊         13日 カッパドキア地区見学 同地区泊         14日 カッパ... もっと見る(写真27枚)

  • トルコ半周バスの旅(1)by Pontakaiさん

    • トルコ半周バスの旅(1)
    •  トルコは日本の2倍以上の広大な国。その約半分の西側をバスで周遊の旅。現在各社主催のグループツアーは大体似たコースを辿るもの。

 現在、危険だから一人旅はリスクがあるからと、グループツアーに参加。参加者数は37名と多くビックリ。(20名くらいかと思っていた)
添乗員さん、すっかりお世話になりました。

 さて、ということで、以下、写真を中心に簡単なコメント。
    • 飛行機はトルコ航空。飛行機は新潟上空からロシアへ入り、シベリア上空を飛んでモスクワ付近まで行き、そこから南下。黒海上空からイスタンブールへ。帰りはまた別のルートを飛行。後日のお楽しみということで。
    • エリアスポット名:トロイ遺跡周辺 同行者: 友人旅行テーマ: 遺跡・史跡・歴史
    • 旅行時期: 2015/05/08 - 2015/05/17(1ヶ月以内)

    参加ツアー: ターキッシュエアラインズ往復直行便10日間のマル得トルコ(阪急交通社) 日程概略:  5月8日発 夜22:00          9日早朝4:00頃イスタンブール着→トロイ遺跡→アイワルク泊          10日 アイワルク発→エフェソス遺跡→パムッカレ泊         11日 パムッカレ石灰棚、ヒエラポリス遺跡見学→コンヤ観光 同地泊         12日 コンヤ発→カッパドキア 観光見学  同地区泊         13日 カッパドキア地区見学 同地区泊         14日 カッ... もっと見る(写真22枚)

  • トルコの味 スイーツ・ドリンク編by telescopioさん

    • トルコの味 スイーツ・ドリンク編
    • 観光客向けカフェ@イスタンブール・チャムルジャ
97年12月

夕日のビューポイントとして有名な、アジアサイドのチャムルジャの丘。
丘の上にクラシックできれいなカフェがあり、せっかくなのでティーブレイク。
あまり甘くない洋菓子(右)と激甘のトルコ菓子(左)と、きりっと濃いチャイが絶妙。
    • 普通のカフェ@イスタンブール・新市街
05年5月

トルコ菓子の代表、バクラバ。
ナッツを砕いて練ったものを挟んだパイを、ハチミツにつけたもの。
97年に食べたときは、耳鳴りがするほど甘かったのだが、今回はそうでもなかった(甘いことは甘いが)。
トルコもヘルシー志向が進んできたらしい。
    • 旅行テーマ: グルメ
    • 旅行時期: 2015/05/08 - 2015/05/10(1ヶ月以内)

    写真の多い旅行記は、スイーツ・ドリンク編を別冊にしています。 本編「トルコの味」はこちら http://4travel.jp/traveler/telescopio/album/10021457/ ファストフード編はこちら http://4travel.jp/travelogue/10888478 トルコのスイーツも激甘。 それでも、初めて行った97年末からみるとベルシー志向が進んだのか、耳鳴りがするほど甘いスイーツには合わなくなったし、チャイに角砂糖が5個ついてくるなんてこともなくなった。 甘さは基本的にシロップとナッツの甘さで、生クリームなどのくどい甘さとは違うが、トル... もっと見る(写真38枚)

  • トルコの味by telescopioさん

    • トルコの味
    • 
専門店@ブルサ
05年5月

ブルサ名物、イスケンデル・ケバブ。
うまいぞ〜〜〜!!!
皿の後からフライパンが追いかけてきて、肉汁をジュワ〜ッとかけてくれる。肉好きなら、これだけで辛抱たまりませんでしょう。
とっても柔らかい羊のケバブと、その下のトマトソース&ヨーグルトソースが最高に良く合う。

イスタンブールでも食べられるそうだけど、ここはやはり発祥の地ブルサの、本家で食べてみたいではないですか。
    • きれいめのロカンタ@イスタンブール・カドゥキョイ
05年5月

ほうれん草のパイ。
これ、美味しい!
うすいうすいパイ生地で、ほうれん草をきれいに巻き込んであり、とても優しい味。
    • 旅行テーマ: グルメ
    • 旅行時期: 2015/05/07 - 2015/05/10(1ヶ月以内)

    トルコ料理は世界三大料理のひとつ...とトルコ人は言う。 真偽の程はおくとして、確かに美味しいものが多いと思う。 羊、トマト、ナス、そしてヨーグルト。 これらが好きな人は迷う余地はない。今すぐトルコへGo! 表紙の写真は大衆食堂・ロカンタ。 料理を見て指差して選べ、学食みたいな雰囲気も楽しい。 ※スイーツ・ドリンク編 http://4travel.jp/traveler/telescopio/album/10669746 ※ファストフード編 http://4travel.jp/travelogue/10888478 ※トルコの旅写真はこちら http://picasaweb.google.co.jp/tel... もっと見る(写真50枚)

  • トルコ半周バスの旅(3)ー コンヤを中心として −by Pontakaiさん

    • トルコ半周バスの旅(3)ー コンヤを中心として −
    •  2015年5月11日朝は少し肌寒く感じたパムッカレの遺跡と石灰棚を見学した後、バスは次の訪問地コンヤへと向います。
 ガイドさんのお話では午後からはお天気が崩れるかもしれないとのことでした。コンヤはパムッカレから約400km離れた約1000メートルの高地にあります。日中の気温は約20度の予想が出ているということでした。

 バスはなだらかな丘陵地を走りますが、遠くには1500メートルくらいの山々が連なり始めます。

 途中、鉄道が並行して走っていますが、列車の走行する姿は一度も見る事がありませんでした。

 トルコの主要交通手段はバス。鉄道は一日に何本かというペースです。その割りに鉄路はきちんと整備されており、東南アジア諸国の鉄道事情とはちょっと違います。基礎的なインフラの強さ、近代性を感じます。
    • ソーダ成分を含んだ湖に差し掛かりました。そこでは苛性ソーダの生成が行われています。
    • エリア:コンヤ 旅行テーマ: 遺跡・史跡・歴史
    • 旅行時期: 2015/05/03 - 2015/05/17(1ヶ月以内)

    参加ツアー: ターキッシュエアラインズ往復直行便10日間のマル得トルコ(阪急交通社) 日程概略:  5月8日発 夜22:00          9日早朝4:00頃イスタンブール着→トロイ遺跡→アイワルク泊          10日 アイワルク発→エフェソス遺跡→パムッカレ泊       ☆ 11日 パムッカレ石灰棚、ヒエラポリス遺跡見学→コンヤ観光 同地泊         12日 コンヤ発→カッパドキア 観光見学  同地区泊         13日 カッパドキア地区見学 同地区泊         14日 カッパ... もっと見る(写真21枚)

  • GW ロンドン・イスタンブール・香港の旅 イスタンブール街歩き♪ 後編by Hecate さん

    • GW ロンドン・イスタンブール・香港の旅 イスタンブール街歩き♪ 後編
    • トルコ2日目朝です。
昨夜からの雨は今朝も続いています。
そして、寒いです。(>_<。。)


今日はチェックアウトをしてホテルに荷物を預かってもらい、夕方空港に向かいます。
    • 朝食はこんな感じ。
    • エリア:イスタンブール 同行者: カップル・夫婦旅行テーマ: 世界遺産
    • 旅行時期: 2015/05/01 - 2015/05/10(1ヶ月以内)

    イスタンブール前編の続きです・・・ 2日目は雨の中の散策でした。 前日とは打って変わって、寒いダウンの必要な日でした。 もっと見る(写真54枚)

  • GW ロンドン・イスタンブール・香港の旅  イスタンブール街歩き♪ 前編by Hecate さん

    • GW ロンドン・イスタンブール・香港の旅  イスタンブール街歩き♪ 前編
    • イスタンブール到着です。

空港でイスタンブールカードを買って、電車とタクシーを乗り継いで旧市街のホテルにやっと着きました。

ベストウエスタンプレミア アクロポール スイート&スパ
2泊します。

一応、全室スイート使用だそうです。
    • ベットルームと、
    • エリア:イスタンブール 同行者: カップル・夫婦旅行テーマ: 世界遺産
    • 旅行時期: 2015/05/01 - 2015/05/10(1ヶ月以内)

    ロンドン編の続きです・・・ 10年ぶりにイスタンブールにやってきました。 街は観光地化され綺麗になり怪しい雰囲気は無くなっていました。10年前には怖くて女子大生2人ではとても行けなかったような場所が綺麗に整備されて、ブランド街に変身しているのにはびっくりしました。 そして前回泊まったホテルもリノベートされ安宿が素敵なホテルに変わっていました。  もっと見る(写真87枚)

  • 真実の地下都市は“男の村:Mazi”にあった!/ 空に浮かび、地の底を彷徨う【ファティマとアイシャの母娘旅-3】by ウェンディさん

    • 真実の地下都市は“男の村:Mazi”にあった!/  空に浮かび、地の底を彷徨う【ファティマとアイシャの母娘旅-3】
    • 5/4 カッパドキア滞在3日目の朝。
この日の朝はバルーン・ライドに挑戦する。

本来ならば、私たちは昨日の朝の気球に乗っていた筈だった。
でも、到着日の夜に手配会社からバルーン・ライドの日を1日延期してもらえないかというお願いがあり、この日に変更した。

延期の理由は、気球からの落下事故。
比較的最近、気球からの落下事故が起きたというのだ。
なんでも、気球に興奮したトルコの方たちが、係員の注意を聞かずに気球の籠の中を勝手に移動したところ、籠のバランスが崩れて籠が傾き、一人の方が落下したというのだ。

私たちが訪れた5月初旬はトルコの3連休に当たり、カッパドキアもトルコ人観光客で大賑わいしている。
トルコの方にとってもバルーン・ライドは人気のアトラクションで、この3日間はトルコ人が大勢気球に乗る。

多分、なにも問題は起きないとは思うが、私たちの安全の為に3連休が終わるこの日の朝までバルーン・ライドは待ってくれないか…。という話だった。

(写真:朝5時、ミラクル・ケーブ・ホテル前。ギョレメの街の灯りが薄暮に輝く)
    • 朝5時15分。
フリースの上にゴアのジャケットを着こみ、手には指無し手袋の完全武装で、気球のピック・アップ車を待つ。

ホテルの外では、昨晩までは聞こえなかった、ゴ〜〜という腹に響く重低音が響いている。
ボイラーの調子でも悪いのかねぇ…なんて母と話していたその時、私の目はホテルの前に繰り広げられている光景に気が付いた。

ほんの100m先。
そこでは、気球の火入れが行われていた。
ゴ〜〜という腹に響く重低音、それは気球のバーナーが火を噴く音だった!
    • エリア:カッパドキア 同行者: 友人旅行テーマ: 遺跡・史跡・歴史
    • 旅行時期: 2015/05/01 - 2015/05/09(1ヶ月以内)

    71歳の母と旅したトルコ・アナトリアの地。 カッパドキア3日目となるこの日は、怒涛の様なそれでいて忘れられない1日となりました。 3日目の旅の始まりは、2日目の夜。 ホテルの前の洞窟カフェで夕食をとり終えた母と私が宿へと戻ると、レセプションでは一人の男性が私たちを待っていました。 その人はファーティ(Fatih)さんで、カッパドキアでの現地手配会社Streamの社長でもあり、ガイドでもある方で、話があるということでした。 彼の話の内容を要約すると、 「君たちは遺跡歩きや歴史に強い興味があるようで、ガイドと... もっと見る(写真51枚)

  • 川床カフェで渓流ランチ♪ ウフララの森はカッパドキアの関西 !?/ ハーブが香る原野を歩き、奇岩を登る【ファティマとアイシャの母娘旅-2】by ウェンディさん

    • 川床カフェで渓流ランチ♪ ウフララの森はカッパドキアの関西 !?/ ハーブが香る原野を歩き、奇岩を登る【ファティマとアイシャの母娘旅-2】
    • 5/3 カッパドキア2日目の朝。
トルコと日本の時差は6時間しかないので時差ぼけはそんなには感じないのだが、旅のワクワク感で満たされている母と私の目覚めは早い。

朝6時にベッドを抜け出し、窓の外を見る。
バルーンが上がり始めるのは朝の6時過ぎからだと聞いていたので、外を眺めるが、気球が上がっている様子はまだ見られない。

身支度を整えて、部屋の前のテラスで気球が上がるのを待つが一向にその姿が現れないので、この日の気球観測は諦め、チャウシン村の散策へと出かけることにした。
気球がホテルの前を飛ぶ風景を見ることの出来るチャンスは、この日が最初で最後。
気球が飛ばないのは、とても残念だが仕方がない。

この日の午後に判明したことだが、この日の早朝の段階では気球のフライトはOKが出されていたのだが、天候の急速な悪化が予想された為、気球を膨らました段階でフライトの中止の決定が下されたという事だ。
    • いつもの私の旅ならば、残念ながら青空を飛ぶ気球を見ることはできなかったけれど、次回の旅のお楽しみにしよう♪…となる展開なのだが、カッパドキアではそうはならなかった。

何故かはわからないが、旅の双六は、私が予想もしていなかった賽の目を出してきた。

予想もしなかった賽の目とは、人との出会い。

人との出会いは縁となり、カッパドキアで得た新しい縁が、私たちにこのチャウシンの村に更に2日間滞在できる時間を与えてくれた。
そしてその縁は、この2日後に気球が空一面に飛翔する光景を見る機会を私たちに届けてくれたのた。
    • エリア:カッパドキア 同行者: 友人旅行テーマ: 世界遺産
    • 旅行時期: 2015/05/01 - 2015/05/09(1ヶ月以内)

    母と旅するトルコの旅。 トルコの旅では、予想もしていなかったことが沢山ありました。 旅の前に私がイメージしていたアナトリアの大地の色は乾いた茶色。 しかし、5月に訪れたカッパドキアの大地の色は甘く柔らかい碧色で、雪解けを待ちわびたかのように芽吹いた野草たちが競うようにその背丈を伸ばし、小さな色とりどりの花を咲かせていました。 そして、カッパドキア二日目で訪れたアナトリアのオアシスであるウフララ渓谷。 この渓谷も、私の抱いていたイメージをガラリと覆す処でした。 渓谷と云えば、木々が深く繁る... もっと見る(写真59枚)

  • 現地密着♪日本人の知らないカッパドキア・アナトリアの大地へ【ファティマとアイシャの母娘旅-1】by ウェンディさん

    • 現地密着♪日本人の知らないカッパドキア・アナトリアの大地へ【ファティマとアイシャの母娘旅-1】
    • 今回のトルコ旅。
母と一緒に旅することになったきっかけは、ヨルダン旅。
でも私の中には、トルコへと行ってみたいもう一つの理由があった。

1年半ほど前、私は図書館で1冊の本に出会っていた。
分類的には児童書なのだが、私のトルコに対するイメージをがらりと変えトルコに行きたいと思わせてくれた本だった。
その本は、1890年に和歌山県沖で座礁したトルコの軍艦エルトゥールル号の救出の様子と、その約1世紀後にイラン・イラク戦争で紛争地域に取り残された日本人の救出に動いてくれたトルコ政府とトルコ航空の方々の話で、実体験をもとに書かれていた。
(書名:エルトゥールル号の遭難 トルコと日本を結ぶ心の物語  著者:寮 美千子、出版社:小学館)

日本政府が自衛隊を出せない様な空爆が繰り返される危険な状況下(日本の憲法上の問題も多少あったのだろうが)、自国民ではなく日本人を救出するために動いてくれたトルコという国とトルコ航空の乗務員たち。
そんな人たちのいる国へ行ってみたいと思っていた。
    • 母とのトルコ旅が決まるまでは早かった。

私がトルコに関心を持っているのを知らぬ母からのメールで、母がトルコに真剣に興味を持っているのを知った私。
二人の間の会話は、ひとこと…だけ。
「では、行こうか」

最近の母は、昔の母からは想像できないほどずっと逞しくなり(体という意味ではなく)、自分のやりたいことは出来る範囲でやり通す。
やはり、私とは血の繋がりがあるらしい…事を感じることがある。

(写真:カッパドキアの小さな村チャウシン(Cavusin)の崖の上から夕陽を眺める母)
    • エリア:カッパドキア 同行者: 友人旅行テーマ: 遺跡・史跡・歴史
    • 旅行時期: 2015/05/01 - 2015/05/09(1ヶ月以内)

    2015年のゴールデン・ウィークのトルコ旅。 この旅のきっかけとなったのは1年前の冬に母と訪れたヨルダン旅でした。 同じイスラム圏でもエジプトやモロッコとは異なる雰囲気をもつヨルダン。そのヨルダンで中東の文化に魅せられた私たちは、次に一緒に行くならばトルコかな♪と話していました。 しかし世界情勢は刻一刻と変化し、2014年の年末には中東情勢は一気に悪化。 外務省の渡航情報でもトルコとシリアとの国境地帯は退避勧告や渡航延期勧告を示す赤やオレンジ色へと変わりました。そして翌年3月には、一大観光地であるイス... もっと見る(写真61枚)

  • 【4/30】2015GWはモルドバ・ウクライナ・ベラルーシとおまけのカイロ・イスタンブール8日間の旅(2)これはお得!トルコ航空のトランジットツアーでイスタンブール観光by kanaさん

    • 【4/30】2015GWはモルドバ・ウクライナ・ベラルーシとおまけのカイロ・イスタンブール8日間の旅(2)これはお得!トルコ航空のトランジットツアーでイスタンブール観光
    • カイロ空港第3ターミナルにて
    • カウンターで、トルコ航空のチェックイン
ここからは、年末年始で使った世界一周チケットの残りを再び使い始めます

※年末年始の旅の概要はこちらです→http://4travel.jp/travelogue/10976979
    • エリア:イスタンブール 同行者: 一人旅旅行テーマ: 特になし・その他
    • 旅行時期: 2015/04/30 - 2015/04/30(1ヶ月以内)

    2015年のGWは、これまであまり訪問していない旧ソ連の国々(モルドバ、ウクライナ、ベラルーシ)に行ってきました。 とはいえ、航空券の関係上、まずはカタール航空でドーハ経由カイロに行き乗り継ぎ時間で、ちょこっと市内を観光しました→http://4travel.jp/travelogue/11005070 カイロからは、トルコ航空にてイスタンブール経由で目的地に向かいます。 イスタンブールではトルコ航空のトランジットツアーに参加しました。 もっと見る(写真56枚)

  • イスタンブールトランジット11時間by 気の向くままにさん

    • イスタンブールトランジット11時間
    • ゴールデンウィーク4月29日、トルコ航空にてイスタンブール経由マルタ島へ観光に行きます。
成田発21時20分。イスタンブール着朝3時30分、イスタンブール発14時20分。謎の11時間を公開します(・.・;)
    • 定刻より速く着いてしまいました(^_^;)。入国審査を通り、トルコ入国。

イスタンブール朝3時50分。空港外に出ますが、当たり前まだ暗い。さて、観光に出ますか!!!
    • エリア:イスタンブール 同行者: 一人旅旅行テーマ: 遺跡・史跡・歴史
    • 旅行時期: 2015/04/29 - 2015/04/30(1ヶ月以内)

    トルコ航空でマルタ島に行く際、イスタンブールで11時間のトランジット。何するか?悩み市内観光へ!! トランジット時間の過ごし方の参考にしていただければと思います。。 もっと見る(写真59枚)

  • ミラノ万博への家族旅行17日間・02by テラさん

    • ミラノ万博への家族旅行17日間・02
    • 画像は、トルコ航空によるバスツアーのバスです。

乗り換えの飛行機が16時30分発予定だったので、参加したバスツアーは午前コースになりました。無料で2回の食事がいただけます。

女性のガイドさんから、バスツアーの説明などを受けている間に、朝食会場につきました。バスに乗っていたのは30分弱の時間です。途中の道は混んでいませんでした。
    • 朝食会場のレストランです。

店に入ると五つ星ホテルの雰囲気がありました。とても素敵なところです。
    • エリア:イスタンブール 同行者: 家族旅行旅行テーマ: 世界遺産
    • 旅行時期: 2015/04/25 - 2015/04/26(約1ヶ月前)

    ミラノ万博への家族旅行の第二回目です。4月25日から4月26日にかけて過ごしたイスタンブールの出来事について記します。 本来、4月25日の9時から14時30分までのバスツアーが終了したら、16時30分発のローマ行きの飛行機に乗ってイスタンブールを離れる予定でした。飛行機が突然キャンセルになって、1晩余分に過ごすことになってしまいました。 私は飛行機のキャンセルを受けいれて、何が起きるのかと楽しむことが出来ました。しかし、家族残り3人は、受け入れなくて体調を崩すことになっていきます。 画像は、トルコ航空によ... もっと見る(写真33枚)

  • ミラノ万博への家族旅行17日間・01by テラさん

    • ミラノ万博への家族旅行17日間・01
    • 今回、搭乗することになった、トルコ航空の機体です。搭乗前の様子を写しました。4月24日22時30分に出発の便です。

飛行機の予約は1年くらい前に手続きしました。ゴールデンウイークの旅行なので出発近くになると価格が上昇すると思ったからです。実際には燃料費が下がることがあって、あまり変わらなくなりました。

トルコ航空を選んだのは、トランジット中に観光をすることを考えていて、トランジットのタイミングと場所が楽しめると判断したからです。
    • 搭乗したときに座席にあったものをテーブルの上において撮影しました。

上からブランケット、枕、小物の入ったポーチ、イヤホンです。これ以外にもスリッパがありました。ポーチの中身は、アイマスク、耳栓、かかとのない靴下、歯磨きセットです。
    • エリア:イスタンブール 同行者: 家族旅行旅行テーマ: 飛行機・ヘリ
    • 旅行時期: 2015/04/24 - 2015/04/25(約1ヶ月前)

    ミラノ万博に開幕から参加する計画の家族旅行を綴っていきます。ミラノ万博は5月1日に開幕し、10月末まで開かれます。せっかくイタリアまで行くのだから、万博以外も十分に楽しむことにしました。 京都を出発し、関西空港からイスタンブール経由でローマに行き、ピサ、フィレンツェと、まわってミラノに入ります。万博を楽しんだら、ミラノからイスタンブール経由で関西空港に戻り、京都に帰ってくる予定です。 第1回目は、4月24日から4月25日まで、イスタンブールに到着するまでを記します。 画像はイスタンブールの空港でと... もっと見る(写真17枚)

  • 旧ユーゴスラビア5ヶ国周遊GW個人旅行 1(成田〜イスタンブール)by susuさん

    • 旧ユーゴスラビア5ヶ国周遊GW個人旅行 1(成田〜イスタンブール)
    • ここ数年は旅行のことで常に頭が一杯で、冗談抜きに常時緊張状態で気の休まる時がなかったんですが、今回の旅行の計画と下調べが一通り終わった2月くらいからはなぜか心底リラックスして過ごしていました。どうしてだろう。前回がインドパキスタンだったから今回の行き先の難易度を舐めてるのかな。私の実力からすると全く舐められるレベルじゃないんですけど。油断してるととんでもないトラブルに巻き込まれそうで怖いんですけど。

前日までかなり落ち着いていて夜も珍しくよく眠れたんですが、出発当日は妙に抜けていてマスクを忘れるわトラベレックスで両替したのにマイルを貰い忘れるわと散々でした。しかもマスクを空港で買おうとしたら入り数が多すぎ、荷物になると思ったので結局買いませんでした。この決断は光の早さで後悔することになります。

10:05成田発のターキッシュエアラインズでリュブリャナへ。イスタンブールで乗り継ぎついでに1泊します。
ターキッシュエアラインズを利用するのは始めて。なんとウェルカムロクムが出ました。嬉しい。

席にあったイヤホンは音質が最悪で雑音が酷かったですが、普通の1ピンイヤホンに機内独特の2ピン変換プラグ(?)が付いている珍しいタイプだったので、変換プラグに自前のイヤホンを差して使いました。このプラグ凄い便利だなあ。
    • 私の横列は2-4-2で、私の席は中央通路側。ど真ん中の2人が空いている席に移動していったので、2席使って横になれて良かったです。かなり窮屈だけど。
機内がかなり寒かったのでブランケットも2枚借りました。ついでに枕も。

機内食のメニューが配られました。
    • エリア:イスタンブール 同行者: 一人旅旅行テーマ: 街歩き
    • 旅行時期: 2015/04/24 - 2015/04/24(約1ヶ月前)

    前回の旅行先が混沌のインド・パキスタンだったので、もう旅行中から「次は景色が綺麗でのんびり落ち着けそうな所に行こう」と思っていました。真剣に行き先を考え始めたのが年明けすぐで、それから3日もしないうちにルートを決めて航空券を手配しました。 13日間となかなか長めの日程ですが、あの国にも行きたいあの街にも行きたいと欲張った結果、いつもの通りのんびり出来なさそうな旅程が出来上がりました。 04/24(金) 成田→イスタンブール 04/25(土) イスタンブール→リュブリャナ 04/26(日) リュブリャナ→ブレッド湖→リ... もっと見る(写真31枚)

  • 3連休あればトルコで遊んで帰って来れるかやってみた!!by NA0HIさん

    • 3連休あればトルコで遊んで帰って来れるかやってみた!!
    • トルコについて、地下鉄と路面電車でスルタンアフメット地区へ。


Zeytinburnu(ゼイティンブルヌ)駅で、MA1線からT1線へ乗り換え。
    • ブルーモスクへやってきました。
    • エリア:イスタンブール 同行者: 一人旅旅行テーマ: 世界遺産
    • 旅行時期: 2015/04/23 - 2015/04/26(約1ヶ月前)

    会社の4月第4週の金曜日が創立記念日で休日のため、土日と合わせて3連休でした。 3連休あれば、イスタンブールで遊んでこれるかなと思い、かるーい気持ちでトルコまで行ってきました。 イスタンブールだけなら3連休で十分ですね。 八重桜とチューリップがとても綺麗でした。 幸運にもイスタンブールが一番華やかなになる季節だったようです。 帰りにイスタンブール・アタチュルク空港が閉鎖状態となりとんでもない目に遭いました。 これでも懲りずに、また海外旅行をすることでしょう。 2週連続の海外旅行です。 ... もっと見る(写真41枚)

  • じっくりイスタンブール5泊6日間の旅by 阿佐ヶ谷Tysonさん

    • じっくりイスタンブール5泊6日間の旅
    • ブルーモスク
    • アヤソフィアのなか
    • エリア:イスタンブール 同行者: カップル・夫婦旅行テーマ: 世界遺産
    • 旅行時期: 2015/04/19 - 2015/04/24(約1ヶ月前)

    1週間の休みが取れたので、ヨーロッパとアジアの文化の交差点、歴史の中心であるトルコに行くことに。バスでぐるーっと回るツアーに乗れば、何も考えずに楽ちんだと思ったところ、家内がグループツアーは気忙しいのでいやだと。そこで一都市滞在型ということで、旧市街の5星ホテルに泊まってじっくりイスタンブールを堪能することになりました。結果は◎。世界遺産級の遺跡をじっくり見ることができ、ローマ時代、ビザンチン時代、オスマン時代、近代そして現代のグルメ、ショッピングとイスタンブールを満喫することができました。 もっと見る(写真29枚)

旅行会社に相談する

トルコのことならおまかせください!

旅行会社一覧

4Tポイントを貯めよう

チャンスは一日一回。
エリアに隠された宝箱を探せ!お題はTOPページにて発表! 本日のお題はこちら!

4Tポイントとは?

おすすめの都市

  • バルセロナバルセロナ
    4.53

    旅行テーマ

    • 世界遺産
    • 街歩き
    • 芸術・美術館・博物館
  • ローマローマ
    4.52

    旅行テーマ

    • 世界遺産
    • 街歩き
    • 芸術・美術館・博物館
  • ロンドンロンドン
    4.55

    旅行テーマ

    • 街歩き
    • 芸術・美術館・博物館
    • 世界遺産
  • モンサンミッシェルモンサンミッシェル
    4.80

    旅行テーマ

    • 世界遺産
    • 遺跡・史跡・歴史
    • 街歩き
  • パリパリ
    4.67

    旅行テーマ

    • 街歩き
    • 芸術・美術館・博物館
    • 世界遺産
  • ウィーンウィーン
    4.52

    旅行テーマ

    • 街歩き
    • 芸術・美術館・博物館
    • 世界遺産