ラオス ラオス旅行 クチコミガイド

ラオスの旅行記(ブログ)

2,359

旅行開始時期 :
テーマ :
同行者 :

キーワードで旅行記を検索 :

旅行記を投稿する

旅行時期順

  • Laos 2015 Januaryby おふらさん

    • Laos 2015 January
    • 1日目:1月9日(金)
前日8日は仕事後、家に帰らずに羽田空港へ。タイ航空TG661便でまずバンコクへ。
バンコクでは6時間以上のトランジット。バンコク市内に出ることも考えましたが、おとなしく空港で待機することを選択。
クリスマスツリー?がありました。
    • orchid
    • エリア:ビエンチャン 同行者: 一人旅旅行テーマ: 街歩き
    • 旅行時期: 2015/01/09 - 2015/01/12(1ヶ月以内)

    2012年7月に行って良かったラオスにまた行ってきました。今回はビエンチャン2泊です。 観光したというよりは、カフェ&マッサージで沈没する旅をしてました。 せっかく海外に行ったのに、そんな過ごし方もったいないと思われそうですが、私にとって旅先で沈没することほどしあわせなことはありません。 皆様にこの旅行記が役に立つかは?ですが、記録として残します。 1日目:1月9日(金) ・移動 羽田〜バンコク TG661便 バンコク〜ビエンチャン TG570便 ・ビエンチャンで沈没 2日目:1月10日(土) 終日ビエンチャンで沈... もっと見る(写真49枚)

  • 有休要らず!タイ経由でラオスのバークセー3日間の旅by kanaさん

    • 有休要らず!タイ経由でラオスのバークセー3日間の旅
    • 仕事終了後、羽田空港国際線ターミナルへ
今回はANAの深夜フライトで、まずはバンコクに向かいます
    • 出国手続きを済ませ、ANAラウンジでビールをいただきます
かき揚げ蕎麦にカレーをトッピングして、初めてのカレーそばにしてみました(^^)
カウンターで、ビジネスクラスへのアップグレードにトライするも、残席1にてウエイティングリストも無理でした(><)
    • エリア:パクセ 同行者: 一人旅旅行テーマ: 自然探訪
    • 旅行時期: 2015/01/10 - 2015/01/12(1ヶ月以内)

    2015年最初の三連休は、昨年と同じく、バンコク経由ウボン・ラチャターニー往復のチケットを手配していました。昨年は、日程が短くなったこともあり、結局カオプラウィハーン遺跡を見に行きましたが、今年はついにラオスに再訪することができました♪ ただ、元々行ってみたかったシーパンドンは今回お預け、次回の課題になりました(^^ゞ ラオスは2010年2月のビエンチャン&ルアンパバーン(http://4travel.jp/travelogue/10430601)以来2度目になります。 【行程】 1/10 東京〜バンコク〜ウボン・ラチャターニー〜パークセー 1/... もっと見る(写真99枚)

  • ルアンプラバン(ラオス旅行記)by CHUCKさん

    • ルアンプラバン(ラオス旅行記)
    • 前日、Novotel Suvarnabhumi Airportに一泊して、15年ぶりのラオス・ビエンチャンに到着。国内線ターミナルに移動です。
    • 15年前は、国内線搭乗時にセキュリティチェックの機械もなかったですが、さすがに今はありました(^_^;)
機内はほぼ満席で、約45分のフライトでした。
ルアンプラバンの空港から市内まではプリペイドタクシーで50,000KIP。3組相乗りとなり、タクシーの運転手は150,000KIPの荒稼ぎでした。
    • エリア:ルアンプラバン 同行者: カップル・夫婦旅行テーマ: 世界遺産
    • 旅行時期: 2014/12/26 - 2015/01/02(約1ヶ月前)

    テレビで見た托鉢を実際に見てみたいという家内の要望で、15年ぶりにラオスの古都ルアンプラバンとビエンチャンを旅行することになりました。15年前と比べるとずいぶん発展し、旅行もしやすくなっていました。一方、ラオス人の穏やかな人柄は今も昔もそれほど変わることがなく、のんびりと旅することができました。 特にルアンプラバンは良かったです。 もっと見る(写真61枚)

  • ラオス周遊−2(ラオス南部;悠々と流れるメコン川に滝があった)by 蒼い星くずさん

    • ラオス周遊−2(ラオス南部;悠々と流れるメコン川に滝があった)
    • 早朝始発のラオエアーで、ビエンチャンから南部のパクセへ。
    • ラオエアーのCA.
    • エリア:シーパンドン 旅行テーマ: 自然探訪
    • 旅行時期: 2014/12/24 - 2014/12/31(約1ヶ月前)

    クリスマスイブに出発して,仏教国ラオスへ行ってきました.ビエンチャンのクリスマスイブとクリスマスを見た後,翌早朝の国内便でラオス南部のパクセへ.国際空港ですが,地方空港と同規模.ここからさらにバスで南下して,カンボジア国境の街,シーバンドーンの島々へ.メコン川の滝,フランスがメコン川輸送のために敷設したラオス初の鉄道跡.川イルカウォッチングを終日楽しみます.メコン川に滝があること,ラオスには今も鉄道がないことをこの旅行で知りました. もっと見る(写真53枚)

  • ラオス2015・・・(1)石壺とボンビーの街へby azianokazeさん

    • ラオス2015・・・(1)石壺とボンビーの街へ
    • 2014年12月28日 ベトナム航空 福岡→ボチミンシティ→(プノンペン経由)→ビエンチャン

現地時間で午後7時半頃に首都ビエンチャンのワッタイ国際空港に到着。
時差が2時間ありますので、鹿児島の自宅出てからは15時間以上になります。

空港レートの状況がわからないので、とりあえず5千円だけ両替。
1円=65キープ 通常の買い物・食事は1000キープ単位になりますが、10千キープ=約150円といったところです。(なお、レートは市内銀行でも大差はありませんでした。1%ぐらいいい程度。)
    • ワッタイ国際空港ターミナル

入国手続きを終えたのが8時過ぎでしょうか。まだ「夜はこれから」という時間ですが、空港周辺は人影はまばら・・・というか、ほとんど外では見えません。

このあたりが、バンコク、クアラルンプール、ホーチミンシティなどと異なるところで、経済発展において出遅れているラオスの現状を表しているように思えます。

そのラオスも、近年は中国資本の流入などで、動き出しているようです。
これからは大きく変化していくのでしょう。
「微笑みと優しさの国」が変質するのは残念なところもありますが。
    • エリア:ポーンサワン 同行者: 一人旅旅行テーマ: 街歩き
    • 旅行時期: 2014/12/28 - 2015/01/04(1ヶ月以内)

    2003年5月に世界遺産の街ルアンパバーンを訪れて以来の11年半ぶりのラオス。 今回は巨大石壺で有名なジャール平原を主目的に、北部シェンクアンに向かいます。 ラオス、特にこの地域は、ベトナム戦争の負の遺産が今も色濃く残るところでもあります。 表紙写真は県都ポーンサワンのレストラン。店先に並べられた不発弾の殻が目につきます。 もっと見る(写真37枚)

  • ルアンプラバン(ラオス旅行記) その2by CHUCKさん

    • ルアンプラバン(ラオス旅行記) その2
    • 前日、ホテルのマネージャーに托鉢を見学するお勧めの通りと時間を確認し、めずらしく朝早起きして午前6時10分頃、ホテルに隣接するワット・シェーントンへと続く小さな路地に到着。まだ、薄暗くて、人の姿もなく少し不安になりましたが、小さな椅子が置いてあったので、少し待ってみました。しばらくして、地元の人が家から現れ、それに続いて托鉢の僧侶たちの姿が見えてきました。
    • 始めはとても暗くて肉眼では見えますが、フラッシュをたかないと、いくらISOの感度を高くしても、動きがあるのでぶれてしまいます。
ついフラッシュをたく観光客もちらほらいましたが、これはマナー違反。とはいうものの、ここまで来たからには写真は撮りたい。
ジレンマを感じてしまいましたが、実はそんな心配は無用でした。
    • エリア:ルアンプラバン 同行者: カップル・夫婦旅行テーマ: 世界遺産
    • 旅行時期: 2014/12/26 - 2015/01/02(約1ヶ月前)

    テレビで見た托鉢を実際に見てみたいという家内の要望で、15年ぶりにラオスの古都ルアンプラバンとビエンチャンを旅行することになりました。15年前と比べるとずいぶん発展し、旅行もしやすくなっていました。一方、ラオス人の穏やかな人柄は今も昔もそれほど変わることがなく、のんびりと旅することができました。 特にルアンプラバンは良かったです。 今回は、いよいよ、早起きしてこの旅のメインイベント 托鉢を見学です。 もっと見る(写真39枚)

  • ルアンプラバン一人旅(ハノイからの続き)by komatiさん

    • ルアンプラバン一人旅(ハノイからの続き)
    • ベトナム航空でハノイからルアンプラバンへフライト〜と思っていたら、1時間の遅延!
空港からホテルへは、ペリカンさんにハイヤーを頼んでおいてたので、空港で両替を待ってもらって、いざホテルへ!

Vangansath hotelという、中心部からかなり離れたホテルへ。
直前で、しかもルアンプラバンは乾季で、観光には絶好の時期だったので安くていいホテルは既になく、焦って予約したホテルへ!

と、部屋に着いたら、こんな白鳥さんがお出迎え〜!
一人だけど、結構テンション上がりました。

このホテル、大きくて古いですが、小綺麗なホテルでした。
予約した部屋にはバスタブがなかったですが、シャワーの強さ、暖かさは問題なしです。

更に、フリーバナナ(!!)に、紅茶、コーヒーはダイニングで24時間フリーでした。
ただ、カラオケの音が夜10時30分くらいまで煩いので、耳栓必須です。
ホテルの人は、毎日気軽に声をかけてくれるいい人たちでした。
    • ホテルから中心部まで2.2kMあるらしいので、定期的にホテルからシャトルバスが出ています。
夜は、上着が必須です。
昼と夜の寒暖の差が激しいことを知らず、1日目のナイトマーケットに薄着をしていった結果、カフェでブルブル震えながら、ジンジャーティーをすする羽目になりました。
    • エリア:ルアンプラバン 同行者: 一人旅旅行テーマ: 世界遺産
    • 旅行時期: 2014/12/23 - 2014/12/29(約1ヶ月前)

    ハノイから飛行機でルアンプラバンへ! 世界遺産の街だとは聞いていたのですが、事前のリサーチをほぼせずに、日本出発2日前に行くことを決めた影響もあり、 行き当たりバッタリ感満載です。 メコン川の雄大さと、ルアンプラバンの人々の大らかさには正直驚きました。 通常旅行書には2泊3日で十分と書かれている場所に、5泊7日滞在しましたが、ここもカフェがたくさんあったり、山あり、川ありで一人で十分ダラダラ出来ました。 もっと見る(写真28枚)

  • 東南アジア1か月の旅 ラオス編 ビエンチャンに滞在 2014・12・29〜2015・1・1by asamiyさん

    • 東南アジア1か月の旅 ラオス編 ビエンチャンに滞在 2014・12・29〜2015・1・1
    • ビエンチャン到着。
この寝台バスに乗った。

到着したバスターミナルの場所は不明。トラックの荷台に乗ってナンプ広場まで移動。これが3万kipと高い。
    • ナンプ広場近くのカフェで朝食。
    • エリア:ビエンチャン 同行者: 一人旅旅行テーマ: バックパッカー
    • 旅行時期: 2014/12/29 - 2015/01/01(1ヶ月以内)

    12月29日。 朝ビエンチャンにバスは到着する。寝台バスでよく眠れた。バスターミナルからトラックでナンプ広場付近まで移動する。 バスで一緒だった日本人の旅人を小学校を訪問する。あとはビエンチャンを少し歩く。 12月30日。 寝不足気味。出かける気にもならない。 12月31日。 同じく。カウントダウンで街は盛り上がっているが、自分に中では特に普通の日。 1月1日。 二日酔い気味。 さて、ビエンチャンの次はルアンパバーンに行くつもりだったが・・・。  もっと見る(写真42枚)

  • ビエンチャン(ラオス旅行記) その2by CHUCKさん

    • ビエンチャン(ラオス旅行記) その2
    • いよいよビエンチャン最後の日となりました。
この日の朝食は、ビエンチャンの老舗カフェ スカンジナビアンカフェです。
ナンプ広場周辺は、たくさんカフェがあるので、朝食でのカフェめぐりも楽しめます。
    • クロワッサンサンド、フルーツジュース、珈琲または紅茶で、35,000KIPでした。
とてもおいしかったです。
ただ、掃除が行き届いておらず、足元にゴミが落ちていて、テーブルも持参したウェットティシュで拭かなくてはなりませんでした。
    • エリア:ビエンチャン 同行者: カップル・夫婦旅行テーマ: 街歩き
    • 旅行時期: 2014/12/26 - 2015/01/02(約1ヶ月前)

    テレビで見た托鉢を実際に見てみたいという家内の要望で、15年ぶりにラオスの古都ルアンプラバンとビエンチャンを旅行することになりました。15年前と比べるとずいぶん発展し、トイレにも困らなくなり、旅行もしやすくなっていました。 一方、ラオス人の穏やかな人柄は今も昔もそれほど変わることがなく、のんびりと旅することができました。  もっと見る(写真31枚)

  • ラオス2015・・・(4)元旦は採石場で山登り 「お戒壇めぐり」で運勢もby azianokazeさん

    • ラオス2015・・・(4)元旦は採石場で山登り 「お戒壇めぐり」で運勢も
    • 今日は1月1日・・・ですが、ラオスではごく普通の日のようです。

***************
メコン5か国のうち、カンボジア(お正月はカンボジアの言葉で、チョール・チュナム・トメイ)、ラオス(同、ピーマイラオ)、ミャンマー(同、ティンジャン)、タイ(同、ソンクラーン)の4か国は、1年のうちでもっとも暑さの厳しくなる4月の中旬にお正月を迎えます。農民は農作業から解放され、一息できる時期です。人々は、旧年の汚れを落とし、新年の幸せを祈って、誰かれかまわず、水をかけ合います。

メコン5か国のうち唯一ベトナムは旧暦の正月「テト」を祝いますが、通常は1月下旬から2月上旬にテト元旦を迎えます。【日本外務省HP】
***************

そんな訳で、アレンジしてもらった三日間の観光の最終日、最初に訪れたのは桑農園みたいなところです。

なにぶん、英語を解さない同行のドライバーとは会話ができませんので、推測するしかない部分も多々あります。
    • 例によって、どこからか係員を連れてきて開けてもらった展示小屋みたいなところにいたのは、カイコ(のようです)。

正月早々、こんな気持ちが悪いものは見たくなかったのですが・・・。
見せられても、リアクションに困ります。

「ああ、カイコね・・・・」

次の場所へ急ぎましょう。
    • エリア:ポーンサワン 同行者: 一人旅旅行テーマ: 遺跡・史跡・歴史
    • 旅行時期: 2014/12/28 - 2015/01/04(1ヶ月以内)

    2015年1月1日 ポーンサワンをベースにした三日間の観光の最終日 ジャール平原に点在する石壺のもとになった採石場でもある Phou Keng mountainで山登りです。 もっと見る(写真27枚)

  • ビエンチャンに行ってみた オッサンネコの一人旅by morisukeさん

    • ビエンチャンに行ってみた オッサンネコの一人旅
    • ビエンチャンの小道。
バスターミナルは街の真ん中にあるのだが、5分も歩けばこんな小道になってしまう。
タイのウドンタニの方が栄えている印象。
欧米人が多く集まるファランスワキン通りを目指してぽちぽち道を歩いていくが、歩道はしっかりしており歩きやすい。
個人的にこういう穏やかな街並みは大好きだ。
    • タートダム。
道をあるいているとパッと視界に入ってくる。
その名の通り黒い(ダム)煉瓦や漆喰が特徴的なストゥーパであり、その外観からは歴史を感じさせるが、周りには何の説明もなく少々さみしい佇まい。
    • エリア:ビエンチャン 同行者: 一人旅旅行テーマ: 街歩き
    • 旅行時期: 2014/12/05 - 2014/12/06(約1ヶ月前)

    オッサンネコです。 休みを利用してバンコクからラオスのビエンチャンに行ってみました。 ドンムアン空港からエアアジアでウドンタニまで飛び、 ウドンタニ空港から一旦市内に乗合タクシーで移動、 バスターミナルから国際バスでビエンチャンまで直行します。 市内までの乗合タクシーが80THB、ビエンチャン行きの国際バスも80THBでした。 9時半にはバスターミナルに到着したのですが、この時は大変込み合っており10時半のバスが売り切れ、 仕方なく11時半発のバスに乗り、ビエンチャンに着いたのは結局2時... もっと見る(写真27枚)

  • 東南アジア1か月の旅 ラオス編 シーパードーン(4千の島々)2014・12・25〜27by asamiyさん

    • 東南アジア1か月の旅 ラオス編 シーパードーン(4千の島々)2014・12・25〜27
    • このバスでラオスに直接行く。

12時半発。
    • 順調に走っていたと思っていたが、途中でバスがストップ。
    • エリア:シーパンドン 同行者: 一人旅旅行テーマ: バックパッカー
    • 旅行時期: 2014/12/25 - 2014/12/27(約1ヶ月前)

    12月25日。 イルカを見た後は、ラオスに移動する。5時間程度のバスの旅。ボートでデット島に渡り2泊する。 もっと見る(写真33枚)

  • 東南アジア1か月の旅 ラオス編 パクセーを歩く 2014・12・27〜28by asamiyさん

    • 東南アジア1か月の旅 ラオス編 パクセーを歩く 2014・12・27〜28
    • 12月27日午後バスはパクセーにバスターミナルに着く。
トラックの荷台に乗ってパクセーの中心部に移動。

空腹なのでとにかく見つけた店でパッタイを食べる。ラオスに来てもパッタイを食べるとは、
    • 宿を探す。

1軒目は満室。通りかかったホテル。ドミトリーが空いていた。

よく思い出してみたらここには泊まったことがあった。
    • エリア:パクセ 同行者: 一人旅旅行テーマ: バックパッカー
    • 旅行時期: 2014/12/27 - 2014/12/28(約1ヶ月前)

    12月27日、。 シーパードーンからパクセーに移動する。 12月28日。 パクセーから夜行バスでビエンチャンに移動する。  もっと見る(写真28枚)

  • JOSANの「微笑みの国」ウドンだより 340回「JOSANが初めて、ビエンチャンの、バックパッカー宿に泊まって来ました〜。(祝)」by josanさん

    • JOSANの「微笑みの国」ウドンだより 340回「JOSANが初めて、ビエンチャンの、バックパッカー宿に泊まって来ました〜。(祝)」
    • 今回のビザランは何時もの様に、年末にして居たー時帰国が、
家族連れで娘の秋休みを利用して10月にー時帰国したので、
次回の帰国の3月までに、ビザが切れて仕舞うのでビザランに
ビエンチャンに行きました。

ビエンチャン行きの国際バスは、ウドンの街中のバスターミナル
の、5番から出発します。
    • 出来ればタイ側の運行の国際バスを利用する事をお勧めします。

同じ料金(80バーツ)ですがラオス側の運行の国際バスは、ボロバ
スで丸で野菜の買出しバスの様な感じで、添乗員も居ません。
    • エリア:ビエンチャン 旅行テーマ: 特になし・その他
    • 旅行時期: 2014/12/12 - 2014/12/13(約1ヶ月前)

    JOSANが初めて、ビエンチャンの、バックパッカー宿に泊まって来ました!。 此れまでビエンチャンでは、安いホテルの定宿が2軒有り、どちらかに泊 まって居ましたが、今回は珍しくどちらも満室で参りました〜(汗)。 その後にも近くのホテルを廻りましたが、統べて駄目で足も痛いので、昼 食を食べた食堂に居た旅人に、何処か宿を知らなか聞くと、近くに安宿が 有ると教えてくれて、彼とー緒に宿に行く事に成りました。 その宿はバックパッカーご用達の、ドミトリーと言う8畳位の部屋に2段べッ トが幾つも置かれた、相... もっと見る(写真36枚)

  • ラオス周遊−1(首都,ビエンチャンは意外と小さな街でした)by 蒼い星くずさん

    • ラオス周遊−1(首都,ビエンチャンは意外と小さな街でした)
    • ビエンチャンへは直行便はなく、ハノイ経由となります。乗ってきたベトナム航空の機体
    • ラオスの夕日。機上より。
    • エリア:ビエンチャン 同行者: 社員・団体旅行旅行テーマ: 遺跡・史跡・歴史
    • 旅行時期: 2014/12/24 - 2014/12/30(約1ヶ月前)

    クリスマスイブに出発して,仏教国ラオスへ行ってきました.ビエンチャンのクリスマスイブやいかにか.ビエンチャンは首都ではありますが,比較的小規模な街でした.寺町通りの寺院,メコン川沿いのナイトマーケット,タート・ルアン,凱旋門また郊外のブッダパークやタイ国境のメコン川にかかる友好橋などを見学しました.ビエンチャンの後は,ラオス南部のメコン川の自然,北部のルアンパバンを巡ります.ラオスを堪能しました. もっと見る(写真62枚)

  • ラオス2015・・・(2)ジャール平原 石壺めぐりby azianokazeさん

    • ラオス2015・・・(2)ジャール平原 石壺めぐり
    • 前日アレンジしてもらった日程に従って、朝8時半にポーンサワンのホテルを出発。

代金を前渡ししていたので、本当に迎えに来るかちょっと不安もありましたが。

車は11人は乗れるようなワンボックスで、私とドライバーのふたり。
無駄に広いスペースです。

ポーンサワンから20〜30分のドライブで、西8kmにある「謎の巨大石壺」公開エリア「サイト1」に到着。
    • ドライバー氏は英語を殆ど話せません。

まあ、トイレや食事といった基本的なものは言葉が通じなくても伝達できますし、観光情報はガイドブックに書いてあります。

英語が苦手な私としては、英会話レッスンのストレスがない分、気楽とも言えます。

たまに困ることもないではないですが・・・・。
駐車場に車を置いて専用の車で奥に入るのですが、そのことを理解できるまでにしばらくかかりました。

「えっ、私ひとりで歩いて行くの? どこへ行けばいいのかわかるのだろうか? いつまでに戻ればいいのだろうか? まあ仕方ない、行くか・・・」と歩きかけると、「違う、違う」と・・・そんなやり取りを繰り返すうちに専用車がやってきて、ようやく理解。

ドライバーも一緒に乗ってでかけます。
    • エリアスポット名:ジャール平原周辺 同行者: 一人旅旅行テーマ: 遺跡・史跡・歴史
    • 旅行時期: 2014/12/29 - 2015/01/05(1ヶ月以内)

    2014年12月30日 ラオス北東部シェンクアン県のジャール平原に点在する「謎の巨大石壺」を観光します。 主な公開エリアであるサイト1,2,3をすべて回ります。途中、古都ムアンクーンや麺づくりの村、スプーンづくりの村などにも立ち寄ります。 もっと見る(写真53枚)

  • ラオス紀行(1) 美しきワット・シェントーンとプーシーの夕日 穏やかな世界遺産の町ルアンパバンby エンリケさん

    • ラオス紀行(1) 美しきワット・シェントーンとプーシーの夕日 穏やかな世界遺産の町ルアンパバン
    • 2014年12月27日(土)
・・・ということで、2014〜2015年の年末年始は2年ぶりに年をまたぐ海外旅行に出かけます。

旅の開始はいつもどおり成田空港第1ターミナル。

今回利用するタイ国際航空のチェックインカウンターは、14時30分のチェックイン受付時刻前から長蛇の列・・・さすがにこの時期の成田空港は、年末の出国ラッシュで人がいつも以上に多い印象です。
    • チェックインを済ませ、空港のガラス越しに巨大なタイ国際航空のエアバスA380-800を眺めます。

・・・その巨大さが売りのタイ国際航空のこの機体は、記憶も新しいこの年の3月に乗ったばかり。

まさかこんなに早く再搭乗することになろうとは、その時は思ってもみませんでしたね(笑)。

【酷暑のバンコク(1) 2014年3月のバンコク旅行】
http://4travel.jp/travelogue/10873552

ちなみに、今回のラオスまでの航空券は、前回のドイツ・フランス旅行直後の9月中旬にDeNAトラベル(旧スカイゲート)で購入。

出だしが遅かったせいか、残っているのは高い航空券ばかりで、比較的安めのタイ国際空港でも燃油・諸経費含め148,100円と、夏のヨーロッパ旅行並みの出費を余儀なくされました。

年末年始の便は半年以上前の予約が必要でしたね・・・。
    • エリア:ルアンプラバン 同行者: 一人旅旅行テーマ: 世界遺産
    • 旅行時期: 2014/12/27 - 2014/12/28(約1ヶ月前)

    2014〜15年の年末年始、せっかくの9連休を生かそうと、海外旅行を計画。 直前の夏にドイツ・フランスを旅行したところ、周りの観光者が高齢者ばかりで出会いの楽しみがなかったり、計画どおりに行きすぎてあまり非日常性が感じられなかったことから、今回は逆の志向を求め、アジアの旅を選択。 行き先はその前の3月にバンコクを旅行してから気になっていた、東南アジアの田舎の国ラオス。 そのラオスを訪れた結果は・・・忘れていた子どもの頃の記憶が蘇るようなノスタルジーあふれる景色に出会えたり、同じ思いの旅... もっと見る(写真77枚)

  • ラオス2015・・・(3)モン族の朝市から野天湯へGOby azianokazeさん

    • ラオス2015・・・(3)モン族の朝市から野天湯へGO
    • 2014年もどん詰まりの大晦日 朝5時起き、6時ホテル出発でモン族の朝市見学に向かいます。

毎週、水曜日と日曜日の朝に開かれるマーケットで、この日は水曜日。アレンジする際に私から頼んで組み込んでもらったところです。
「朝早いよ、いいの?」「いいよ」

ホテルのあるポーンサワンも1100〜1200mの高地ですが、そこから車は薄暗い中をどんどん高度を上げていきます。1700〜1800mぐらいにはなっているのではないでしょうか。あるいはもっと。

夜が明けても、霧が濃く、視界ははっきりしません。

40〜50分も走ったでしょうか。どうも着いたようです。
でも、誰もいません。ドライバーは英語が話せませんので、要領を得ません。

写真が白っぽいのは霧のせいです。

「ええ・・・、ここ? だれもいないじゃない。今日は朝市はないの?」と言いたかったのですが、何べんも言うように言葉が通じませんので。

仕方なく、寒い外に出て、付近を歩いてみます。
    • ひと気のない空き地には、こんなテーブルも。

「もしかして、これが朝市? そんな・・・」

そんなとき、空き地の奥の方に人に気配が。
    • エリア:ポーンサワン 同行者: 一人旅旅行テーマ: 温泉・サウナ
    • 旅行時期: 2014/12/28 - 2015/01/04(1ヶ月以内)

    2014年12月31日大晦日 この日のメニューは、モン族の朝市、モン族の村、ベトナム戦争の悲劇を伝えるタム・ピウ洞窟、そして野天湯のナムウン・ノイ温泉です。 もっと見る(写真56枚)

  • ビエンチャン(ラオス旅行記)by CHUCKさん

    • ビエンチャン(ラオス旅行記)
    • ビエンチャンのワッタイ国際空港に到着。
荷物はターンテーブルではなくて、まっすぐですぐに行き止まりになるベルトコンベアから出てきます。
到着口にプリペイドタクシーのカウンターがあって市内へは一律60,000KIPでした。
空港からのタクシーはふっかけられることも多いので、プリペイドタクシーは少々高くてもありがたいです。
    • ナンプ広場の隣にあるIBIS VIENTIANE NAM PHU HOTELに到着です。
    • エリア:ビエンチャン 同行者: カップル・夫婦旅行テーマ: 街歩き
    • 旅行時期: 2014/12/26 - 2015/01/02(約1ヶ月前)

    テレビで見た托鉢を実際に見てみたいという家内の要望で、15年ぶりにラオスの古都ルアンプラバンとビエンチャンを旅行することになりました。15年前と比べるとずいぶん発展し、トイレにも困らなくなり、旅行もしやすくなっていました。 一方、ラオス人の穏やかな人柄は今も昔もそれほど変わることがなく、のんびりと旅することができました。  もっと見る(写真65枚)

  • ルアンパバーンへ行ったらオススメはタート・クアンシーの滝!!by Tas0410さん

    • ルアンパバーンへ行ったらオススメはタート・クアンシーの滝!!
    • ルアンパバーンへ行ったらオススメはタート・クアンシーの滝!!
    • ルアンパバーンへ行ったらオススメはタート・クアンシーの滝!!
    • エリアスポット名:その他の観光地 同行者: 一人旅旅行テーマ: 自然探訪
    • 旅行時期: 2014/11/01 - 2014/11/03(約2ヶ月前)

    ルアンパバーン3日目で「タート・クアンシーの滝」へ!! 市内のツアー会社へ頼んでも行けますが、今回は一人旅ということもありバイクをレンタルして向かいました。 市内から約30km西にあり、車だと30分、バイクだとゆっくり乗っても1時間くらいで着きます。 ほぼ1本道なので迷うことはないでしょう。市内抜けて1kmほどで一度右へ曲がりその後は1本道になります。 最後、滝へ向かう際山を登って行くんですが、そこで左へ曲がります。 目につきやすい看板が出ているのでこれも見逃すことはないかと。 後は欧米の方々が... もっと見る

旅行会社に相談する

ラオスのことならおまかせください!

旅行会社一覧

4Tポイントを貯めよう

チャンスは一日一回。
エリアに隠された宝箱を探せ!お題はTOPページにて発表! 本日のお題はこちら!

4Tポイントとは?

おすすめの都市

  • シンガポールシンガポール
    4.60

    旅行テーマ

    • 街歩き
    • グルメ
    • ホテルステイ
  • アンコール・ワット周辺アンコール・ワット周辺
    4.72

    旅行テーマ

    • 世界遺産
    • 遺跡・史跡・歴史
    • 街歩き
  • ソウルソウル
    4.80

    旅行テーマ

    • グルメ
    • 街歩き
    • ショッピング
  • バリ島バリ島
    4.62

    旅行テーマ

    • ビーチ
    • ホテルステイ
    • スパ・エステ・マッサージ
  • バンコクバンコク
    4.67

    旅行テーマ

    • 街歩き
    • グルメ
    • 遺跡・史跡・歴史
  • 台北台北
    4.79

    旅行テーマ

    • 街歩き
    • グルメ
    • 芸術・美術館・博物館