ボスニア・ヘルツェゴビナ ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 クチコミガイド

ボスニア・ヘルツェゴビナの旅行記(ブログ)

465

旅行開始時期 :
テーマ :
同行者 :

キーワードで旅行記を検索 :

旅行記を投稿する

旅行時期順

  • モスタル日帰りツアーby ぐれーぷふるーつさん

    • モスタル日帰りツアー
    • このベンツのワゴンがツアーバス、

車内、満席で、ガイドさんは英語のガイドとフランス語のガイドがのっていました。

これはたぶん途中休憩したネウムでとったとおもう。
    • ドブロブニクはなれたら、海岸線が本当にきれい。

最初のころは、みんな歓声をあげていた。
    • エリア:モスタル 同行者: カップル・夫婦(シニア)旅行テーマ: 世界遺産
    • 旅行時期: 2015/05/03 - 2015/05/03(1ヶ月以内)

    ドブロブニクで3泊しました。 2日目に、ホテル近くのツアー会社でモスタルツアーを予約。 3日目にモスタルにいきました。 ヒルトンに宿泊していましたが、 集合場所がヒルトンの前だったので、楽でした。 モスタルって郡上八幡みたいな山の中にあるのかと、 おもってたら、普通のビルとかある町の中にあるんですね、 それが1番びっくりした。 あと、ボスニアヘルツエゴビナは、戦争のあとが、 ところどころに見られて、心がえぐらえたような気もちになった。 この度のあと、郡上八幡いったら、 ... もっと見る(写真34枚)

  • 旧ユーゴスラビア5ヶ国周遊GW個人旅行 9(ドブロブニク〜モスタル)by susuさん

    • 旧ユーゴスラビア5ヶ国周遊GW個人旅行 9(ドブロブニク〜モスタル)
    • 昨夜なかなか寝付けなかったので、早起きが辛い。久しぶりの移動日だというのに二度寝の誘惑に抗うのが大変でした。今日は8時発のバスでモスタルに向かいます。余裕を持って早めに出発するつもりでしたが、なんだかんだグズグズしてしまって部屋を出たのは7時10分過ぎでした。

3日前にこの宿に来た時に、チェックアウト時の鍵の返却をどうしたらいいかを尋ねたら、おじいさんは2階の住居スペースにいつもいるから大丈夫という返事でした。2階まで鍵を返しに来て良いという事なんでしょうが、朝早くに訪ねるのも申し訳なかったので、メモを添えてキッチンのテーブルの上に置いていくことに。
部屋を出ると、ドアの前にこの宿で飼われている猫がいました。警戒心が強くて私が近寄るとすぐ逃げてしまう猫です。庭の階段を下りて出て行こうとしたら、その猫が「奴が逃げる!逃げるぞー!!(バーノンおじさん)」とばかりに2階のバルコニーに向かってニャーニャー鳴きまくりました。なんて賢い猫だ!これまでも出掛けに出くわす事はあったのに、今回はいつもと違ってもう戻らないことが分かっているらしい。
果たして猫に呼ばれたおじいさんが顔を出したので、挨拶をして出てきました。

そんなこんなで、ピレ門前のバス停に着いたのが7:20。今日は小雨がパラつく天気だったので、コンズム側の屋根のあるバス停で待ちました。右側通行なので西へ向かう1A・1Bバスはこっち側のバス停に停まるはず…と思っていたら、反対車線のバス停に1Aのバスが停まり、Uターンして西へ走り去っていきました。?!! どういうこと?
歩き方の路線図を確認したところ、どうやら1A・1Bのバスはピレ門より東には行かないようです。つまりピレ門前で車体がどの方向を向いていようと、まっすぐ長距離バスターミナルに向かうということ。
しまった…!今のバスに乗れなかったのが致命的かもしれない。一気に血の気が引きながら反対車線へ移動。全く知りませんでしたがピレ門前には市内バス乗り場が中央分離帯も含めて3か所あり、それぞれ停まるバスの番号が分かれているのでした。時刻表の上部に停まるバス番号が書かれていますが、このバス停のその部分は破り取られていました。おいおいおいおいおいおい…ふざけんなよ。その情報は重要過ぎるだろ。
ここから長距離バスターミナルまでどのくらいかかるんだっけか…もうタクシーに乗らないと間に合わないかも…このまま1A・1Bのバスを待つか、タクシーに乗るか…。どっちを選んでも判断が遅れて8時に間に合わなかったら取り返しがつかないぞ。
究極の選択に頭を悩ませていたら、幸いにして間もなく1Bのバスがやって来ました。7:30にピレ門前を出発。他に旅行者が乗っていないようだったので、長距離バスターミナル前のバス停を見逃さずに降車ボタンを押すべく緊張して前方の景色に目を凝らしていたら、隣に座ったご婦人が「次がバスターミナルよ」と教えてくれました。ありがとうございます!こうして7:40には長距離バスターミナルに到着することが出来ました。ああよかった。
    • 既にユーロラインズのバスが停車しており、客が荷物を積み込んでいました。私も預けます。10Kn(約180円)。
このバスの終点はサラエボでした。
    • エリア:モスタル 同行者: 一人旅旅行テーマ: 街歩き
    • 旅行時期: 2015/05/02 - 2015/05/02(1ヶ月以内)

    前回の旅行先が混沌のインド・パキスタンだったので、もう旅行中から「次は景色が綺麗でのんびり落ち着けそうな所に行こう」と思っていました。真剣に行き先を考え始めたのが年明けすぐで、それから3日もしないうちにルートを決めて航空券を手配しました。 13日間となかなか長めの日程ですが、あの国にも行きたいあの街にも行きたいと欲張った結果、いつもの通りのんびり出来なさそうな旅程が出来上がりました。 04/24(金) 成田→イスタンブール 04/25(土) イスタンブール→リュブリャナ 04/26(日) リュブリャナ→ブレッド... もっと見る(写真99枚)

  • 6)ボスニア・ヘルツェゴビナ モスタル編by さん太さん

    • 6)ボスニア・ヘルツェゴビナ モスタル編
    • エリア:モスタル 同行者: カップル・夫婦(シニア)旅行テーマ: 世界遺産
    • 旅行時期: 2015/04/19 - 2015/04/19(約1ヶ月前)

    ボスニア・ヘルチェゴビナ モスタル 私にとって、今回のツアーの目玉の一つ。 この辺は先史時代から古代ローマ帝国のダルマチア属州、中世の頃のスラブ等色々な民族が流れ込み、正教会とカトリックとの勢力争い。 近世に入りオスマン帝国に吸収され、イスラム化。 オスマン衰退後オーストリア・ハンガリー帝国とロシア帝国の狭間。 第二次大戦後のユーゴスラビア連邦、解体後のボスニア・ヘルチェゴビナ紛争。 この辺の歴史はもうゴチャゴチャ、筋が通ってなくてよく分からない。 しかし、サラエボやこのモスタルは良く映画の... もっと見る(写真31枚)

  • 2015春 クロアチアちょっとBiH ほとんど食べもの&猫&コンサート〜6日目 3/23by sabaさん

    • 2015春 クロアチアちょっとBiH ほとんど食べもの&猫&コンサート〜6日目 3/23
    • なんと部屋のテラスから、スターリ・モストが見える!このテラスでウェルカムドリンクをいただく。うーん、幸せ。
    • 部屋の中。窓の外がテラス。
スプリットでは、広いアパートにいたせいか狭く感じたけど、ホテルにしては充分な広さ。
    • エリア:モスタル 旅行テーマ: 街歩き
    • 旅行時期: 2015/03/23 - 2015/03/23(約2ヶ月前)

    今日、スプリットからモスタルへ。 荷作りをして、コーヒーを飲みながら、オーナーを待つ。時間通りの8:30に来てくれたオーナーに鍵を返した。 オーナーは青銅の門まで、重い荷物を運んでくれた。実は、石段を登り降りするここまでの道のりが1番の心配事だったのだ。 何しろ2人は重い荷物を運ぶのが大嫌い。で、私はというと、貴重品が入ったバッグひとつ。だって貴重品て大切ですもん! 後はバスターミナルまでは平坦な道のり。途中のパン屋さんでサンドイッチを買って朝ごはん。コレもデカイ。 バスは9:30ぴったりに発車。待つこと... もっと見る(写真10枚)

  • 歴史的大風で始まった東欧10日間バス2000キロの旅 モスタル編by tadashiさん

    • 歴史的大風で始まった東欧10日間バス2000キロの旅 モスタル編
    • 2日前、ここで休憩したクロアチの中に数キロだけあるボスニアの領の海の街の昼間の風景。
    • 2日前の夕刻にここで休憩した時の写真です。
    • エリア:モスタル 旅行テーマ: 世界遺産
    • 旅行時期: 2015/03/08 - 2015/03/08(約2ヶ月前)

    風の強いドブロヴニクから少し内陸の世界遺産の街モスタルに行きます。ここも御多分にもれず旧ユーゴの民族間の血みどろの戦いの象徴のような運命に翻弄されました。宗教的にはカトリック、セルビア正教、ユダヤ教そしてイスラム教が共存し、民族的にもムスリム人、クロアチア人、セルビア人そして少数のヒターノ(ジプシー)と複雑な様相を呈している。しかも家族もそれらの混血も多い。クロアチアととボスニア間の国境越えはやはり時間がかかった。バスのドライバーはみんなのパスポートを預かり缶ビール1パックを持ってボスニアの... もっと見る(写真34枚)

  • 2015春 クロアチアちょっとBiH ほとんど食べもの&猫&コンサート〜8日目 3/25by sabaさん

    • 2015春 クロアチアちょっとBiH ほとんど食べもの&猫&コンサート〜8日目 3/25
    • 頼んでおいたタクシーの時間は12:00。それまで、また旧市街のぶらぶら歩き。
きのう買ったお土産屋さんの人達が、いちいち抱きついてきてくれる。嬉しくもあるが、その人達の生活の事なんかを考えると、ちょっと複雑な気分。
    • カフェで最後のボスニアンコーヒーを飲みながら、まったりする。あま〜いバクラバも。
いっぱいいた猫達ともお別れ。元気に暮らすんだよ。
昼ごはん用のブレクとジュースを買って、ホテルへ戻る。本当は11:00のチェックアウトを12:00まで使わせてくれた優しいホテル。
11:50分頃、フロントに降りると、なんとお土産のワインを1本頂戴した。
タクシーも来ていて、バスターミナルまで10分弱。

バスは12:30発。クロアチアでもBiHでもゲートの事をPERONていう。かわいい。
きっといっぱい待つんだろうなあ〜と思っていたら、12:15にバスが入って来た。モスタルで降りる人を降ろして、これから乗る人の荷物を積んで、時間ぴったり12:30に出発!
    • エリア:モスタル 旅行テーマ: 街歩き
    • 旅行時期: 2015/03/25 - 2015/03/25(約2ヶ月前)

    モスタルからドゥブロヴニクへの移動日。きのうと変わらない朝ごはんを食べて、テラスでのんびりして、荷造り。 コレは、スターリ・モスト脇の戦争の写真館からの眺め。写真、怖かった。本当は目を背けたら、いけない事だとは分かっているんだけど。でも、やっぱり恐い。 もっと見る(写真14枚)

  • 2015春 クロアチアちょっとBiH ほとんど食べもの&猫&コンサート〜7日目 3/24by sabaさん

    • 2015春 クロアチアちょっとBiH ほとんど食べもの&猫&コンサート〜7日目 3/24
    • 今まで自分達で調達していた朝ごはん。作らなくてもいいのは、とっても楽。後片ずけもしなくていいし。コレがホテルの良いところ。まあ、お金がある方は、お高いカフェに食べに行けば良い事なんですけど。
簡単なブュッフェ。でも充分。
席に着いてから作ってくれた、オレンジとバナナのミックスジュースが美味しかった。途中でテーブルまで持ってきてくれた、作りたてのスクランブルエッグも美味しかった。

また旧市街をぶらぶら歩き。□と◯は真鍮製のコーヒーミルが気になるようだ。私は天然石のピアスが気になる。

コスキ・メフメット・パシナ・ジャーミャへ。
    • ミナレットからのスターリ・モスト。ミナレットへは、細い螺旋状の石段を登っていく。そうすると、結構高く感じるバルコニーの様な所に出る。ミナレットに登れるモスクなんて、トルコでも知らなかったから、◯と私は大喜び。
でも、高所恐怖症でもない□は、なぜか怖がってすぐに降りて行って、景色のの良い川沿いでスケッチしてた。

モスクの内部は小さくて可愛らしい。

スターリ・モストを渡っていて驚いたのは、春なのにダイビングスーツを着て、飛び降りようとしていた人がいた事。25ユーロ集まると飛び降りるらしい。結局、見なかったけど。
    • エリア:モスタル 旅行テーマ: 街歩き
    • 旅行時期: 2015/03/24 - 2015/03/24(約2ヶ月前)

    テラスに出ると、モスクからのアザーンの声や、教会からの鐘の音が聞こえてくる不思議な街、モスタル。 もっと見る(写真17枚)

  • 卒業旅行ヨーロッパ5か国周遊の旅☆ボスニアヘルツェゴビナby pavlovaさん

    • 卒業旅行ヨーロッパ5か国周遊の旅☆ボスニアヘルツェゴビナ
    • ランチはチェバブチェチェ。
トルコの影響を強く受けているというだけあって、そのような味がしました。ソーセージのようなお肉は肉くさくて癖があったけど、ピタパンはおいしい。デザートはあっまーいケーキというかクッキーをシロップ漬けにしたみたいなの。何で漬けるんだろう。ベタベタするし喉乾くし甘すぎになるのに。
    • モスタルの街は戦争の跡がかなり残っていました。
ガイドさんによると、ボスニアの人は怠け者で飽きやすいので、建物の修復を始めても途中でやめてしまったりして、復興が遅いのだそうです。
    • エリア:モスタル 旅行テーマ: 街歩き
    • 旅行時期: 2015/03/07 - 2015/03/17(約2ヶ月前)

    ボスニアのモスタル観光は半日だけ。 ランチして市街地をちょっと歩いたら、またクロアチアへ戻りました。 あんまり行って欲しくないと言われていた地域だけに、何事もなく通過できてよかったです。 もっと見る(写真5枚)

  • 2015.02・冬のクロアチア&スロベニア14日間の旅【4】〜異国情緒溢れる街モスタルでの温かいおもてなし〜by ukigumoさん

    • 2015.02・冬のクロアチア&スロベニア14日間の旅【4】〜異国情緒溢れる街モスタルでの温かいおもてなし〜
    • ボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルに到着です。
長距離バスターミナルで宿泊先のお迎えを待ちます。
着いたら寂しいバス停で、変な人が近寄ってきたりして、凄く心細くなったところに明るい笑顔で宿泊先の奥さんが声をかけてくれました。
思わず嬉しくてハグしてしまいました。
旦那様と一緒に車でバス停まで迎えにきてくれました。
    • モスタルでお世話になるパンション・カルダック(Pansion Cardak)です。
お部屋も快適です。バスルームも各部屋にあります。
    • エリア:モスタル 同行者: 一人旅旅行テーマ: 街歩き
    • 旅行時期: 2015/02/11 - 2015/02/24(約3ヶ月前)

    2月13日夕方〜14日午後(3日目〜4日目) ドブロブニクを後にして、お隣の国のボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルまでバスで移動です。バスでクロアチアからボスニアに入るには3回もパスポートコントロールを通過しました。幹線道路と国境が入り組んでいて、入ったり出たりしないと辿りつけないようです。 日本は島国なので国境が陸続きになってるのはいつも不思議な感じがします。 モスタルに着いたのは夜の8時半。宿泊先に送迎をメールでお願いしていたのできっと大丈夫だと思いましたが、着いたらひと気のない街のバスターミ... もっと見る(写真119枚)

  • ドブロブニク・モスタル・モンテネグロひとり旅DAY2@オリエンタルな香り漂う小さな町モスタルへ日帰り旅by あっちゃんさん

    • ドブロブニク・モスタル・モンテネグロひとり旅DAY2@オリエンタルな香り漂う小さな町モスタルへ日帰り旅
    • 朝7時30分に旧市街ピレ門を出たすぐ前にあるヒルトンホテルに集合。
だったんだけどその前にぶらぶらしてたらNさんと遭遇。
朝日を見たりしばらくお散歩して一緒にヒルトンへ。

すぐにドライバーとガイドさん合流。
私たち2人だけのプライベートツアーだよ。
そう考えたら安い!

モスタルまでは3時間程。
その前にPocitelj ポチテリという小さな村に寄る。

ずっと海岸沿いを走る絶景ルートだよ!

そして海岸線に10キロもないけどボスニアヘルウェゴビナの街がある。
そこでクロアチアを出国してボスニアヘルツェゴビナへ、でもまたクロアチアに入ってまたしばらくしてボスニアに入るちょっと複雑なルート。
    • 途中にビュースポットに寄ってくれた。
さっきまでいた所がすごく良く見える!
    • エリア:モスタル 旅行テーマ: 世界遺産
    • 旅行時期: 2015/01/25 - 2015/01/30(約4ヶ月前)

    今日は現地ツアーでお隣の国、ボスニアヘルツェゴビナのモスタルへ。 最初は自力で行こうと思ったんだけど、オフシーズンはバスが非常に少なくて日帰りは不可能っぽい。 それで現地ツアーを探したら現地ツアーも毎日催行されていなくて たまたま私がいる日にあったので助かった。 オフシーズンに行く人は注意が必要! @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@ 年末年始は仕事が超忙しくてみんなが旅行してるなか悶々としながら過ごしてた。 やっと、やっと私にもお休みが! ずっと憧れてたドブロブニクへ。でも雨季なんだよね・... もっと見る(写真30枚)

  • ボスニア・ヘルツェゴビナby macmanさん

    • ボスニア・ヘルツェゴビナ
    • NEUMの街。
    • この道を左方向へ行くとザグレブ方面。
    • エリア:その他の都市 旅行テーマ: 特になし・その他
    • 旅行時期: 2015/01/23 - 2015/01/24(約4ヶ月前)

    ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行の参考にはならないと思いますがクロアチアへ旅行される方には多少の参考になると思います。 クロアチアを分断している国なので、ザグレブ方面からドゥブロヴニク方面へ往き来する場合は通過せざるをえない国。 この写真はNEUMの街です。 通過のみのせいか、VISAは必要ないし旅券のチェックもなかった。 地下にスーパーマーケットがあり買物が出来るし、カフェのトイレは無料利用可能。 もっと見る(写真34枚)

  • 旧ユーゴ周遊の旅 ◆ 淵椒好縫◆Ε悒襯張Д乾咼福.汽薀┘凜・モスタル)by ペコちゃんさん

    • 旧ユーゴ周遊の旅 ◆ 淵椒好縫◆Ε悒襯張Д乾咼福.汽薀┘凜・モスタル)
    • セルビア・ベオグラードからボスニア・ヘルツェゴビナのサラエヴォまでは300km。

高速でなく一般道を走り、山道も走ったので、結構時間がかかります。

道幅が狭く、川岸スレスレを、結構スピードを出して走るバスにひやひやしました。

しかしドライバー・ゴーランさんのテクニックは、大したものです。

夕方、トイレストップで寄ったドライブインの横には、何と、赤い川が流れています。

トイレで流した水まで赤いのには、皆さん驚いていました。
    • これは、上流の方にアルミニウムの精錬所があるためだそうで、見た時は本当にビックリしました。

写真で見るより本当に赤い色でした。

長く険しい道のドライブの間、本当に大変な所に来たんだなー、と明日からの行程を思い、少し気が重くなります。

でも、3日目以降は高速を走ったり、アドリア海の綺麗な海を見ながら走ったりで、結果的に問題はありませんでした。
    • エリア:サラエヴォ 同行者: カップル・夫婦旅行テーマ: 街歩き
    • 旅行時期: 2014/11/13 - 2014/11/22(約6ヶ月前)

    ボスニア・ヘルツェゴビナの人口は390万人で、セルビアと同様に内陸国ですが、クロアチアを分断して僅かにアドリア海に面しています。 15世紀後半から19世紀後半まで、ボスニア・ヘルツェゴビナは、オスマントルコの支配を受けました。 スロベニアとクロアチアは、ハプスブルク家の支配で産業や文化の振興が進みましたが、農業の振興のみだったオスマントルコとの違いが、その後に大きく影響しているようで、ボスニア・ヘルツェゴピナの経済は、スロベニア、クロアチアに比べると失業率は高く、平均所得も少ない状況です。 こ... もっと見る(写真77枚)

  • 凄い国に来ちまった。by 禅さん

    • 凄い国に来ちまった。
    • 凄い国に来ちまった。
    • 旅行テーマ: 世界遺産
    • 旅行時期: 2014/11/13 - 2014/11/16(約6ヶ月前)

    モスタルなどとても魅力的な世界遺産に街にも銃痕。 サラエボの旧市街とても活気あって綺麗ですが、銃痕がいたるところにあって痛々しい。 もっと見る(写真1枚)

  • サラエボって・・・??by madamさん

    • サラエボって・・・??
    • トルコ航空047便。

関空からイスタンブール経由でサラエボへ。

イスタンブールでの乗り継ぎ時間は1時間30分。

サラエボまで1時間50分のフライトです。
    • 予定通り 午前7:55にサラエボ到着。

今からサラエボの旧市街を観光にスタートです。
    • エリア:サラエヴォ 旅行テーマ: 街歩き
    • 旅行時期: 2014/10/14 - 2014/10/23(約7ヶ月前)

    突然思い立った クロアチア旅行。 フライトの関係でサラエボinのザグレブout。 せっかくなら ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボと世界遺産のモスタルをミニトリップしてクロアチアに入る事にしました。 まずはサラエボからです。 冬季オリンピックをTVで見た時 なんて美しい都市なんだろうと思った・・・ あれからあれから30年。色々ありすぎたこの国。私の目にはどのように写るのか見えてみたいと思います。  もっと見る(写真38枚)

  • ボスニア・ヘルツェゴビナのモスタル♪by Yo-chanさん

    • ボスニア・ヘルツェゴビナのモスタル♪
    • ドブロブニクからアドリア海を見ながら3時間

途中のパスポートのチェックに30分以上かかりました
    • モスタル手前30kmのポチテリで下車観光
    • エリア:モスタル 同行者: 友人旅行テーマ: 世界遺産
    • 旅行時期: 2014/10/09 - 2014/10/09(約7ヶ月前)

    クロアチアを中心にスロベニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロを周遊個人旅行してきました。 モスタルはすごくきれいな景色や建物があるわけではなく、今まで歩んできた歴史を織り込んだ新しい橋が世界遺産です。 その空気を感じたくて訪れました。 日本でネットで予約した日帰りバスツアーです 53.10ユーロ  現地の旅行社はGulliver Travel 大型バスがほぼ満席でした もっと見る(写真71枚)

  • 秋限定! 11日間のクロアチア、ボスニア・ヘルツコビナ、スロベニア・・・その3by satom4traさん

    • 秋限定! 11日間のクロアチア、ボスニア・ヘルツコビナ、スロベニア・・・その3
    • イスラムの影響の風景
    • イスラム教の塔と橋に行く両サイドの店
    • エリア:モスタル 同行者: カップル・夫婦(シニア)旅行テーマ: 世界遺産
    • 旅行時期: 2014/10/15 - 2014/10/25(約7ヶ月前)

    5日目、ドブロヴニク〜バスで115km→モステルの美しいネレトヴァ川が中心を流れるモステルの町のシンボルの石橋はユネスコの世界遺産に登録されている. オスマン帝国の長い間の影響があった時代に建てられたボスニア語の「橋の守りの人」の意味を持つスタリ・モストが内戦時に破壊されたが、当時の同じ材料を調達し2004年に元の状態に復興された。そして2005年にユネスコの世界遺産に登録された。 ここからこの旅行の最大の旅行ポイントのプリトヴィッツエに309km走行し宿泊。 もっと見る(写真19枚)

  • ハンガリー、クロアチア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行(モスタル~帰国編)by まなさん

    • ハンガリー、クロアチア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行(モスタル~帰国編)
    • 観光最終日です。朝のドブロヴニクをゆっくり回るのも今日だけなので朝の散歩をします。
    • 前日に現地のツアー会社でモスタル日帰りツアー(430Kn)に申し込みました。
7時半にピレ門から出てちょっと歩いたところにあるヒルトンホテル前でバンに乗りました。
ちなみに日帰りツアーはツーリストインフォメーションのものは高かったです。確か570Knとか。旧市街地内にある会社の方が安いです。私は2社ほど見かけました。
    • エリア:モスタル 同行者: 一人旅旅行テーマ: 街歩き
    • 旅行時期: 2014/10/02 - 2014/10/14(約7ヶ月前)

    思った以上に長くかかってしまった就職活動を終え、人生でおそらく最後の長い自由な時間は旅行しまくりたい!と思い、2年ぶりの海外一人旅を計画しました。プリトヴィッツェの写真を見てここは行きたい!と思い、クロアチア行きを決定。折角だから複数ヶ国行こうと思い、前から行ってみたかったハンガリー、調べていくうちに面白そうだと思ってスロベニアとボスニア・ヘルツェゴビナを付け足しました。トラブルもありましたが、色んな人と出会えたとても楽しい旅でした。 もっと見る(写真27枚)

  • 世界遺産 モスタルであの橋を見たby madamさん

    • 世界遺産 モスタルであの橋を見た
    • 最初の一泊はモスタルで。

ブリストルというホテルです。
http://www.bristol.ba
    • とりあえず チェックイン。
    • エリア:モスタル 旅行テーマ: 世界遺産
    • 旅行時期: 2014/10/14 - 2014/10/23(約7ヶ月前)

    朝、サラエボ到着した後 駆け足で市内観光。雨が降ってきたので1日目の宿泊地モスタルへ向かいました。 モスタルはサラエボ以上にトルコチックな小さな街でした。 もっと見る(写真42枚)

  • Don't forget!!が語る平和な町 モスタル in ボスニアby くるみちゃんさん

    • Don't forget!!が語る平和な町 モスタル in ボスニア
    • ドブロブニクからは、日帰りツアーを利用される方が多いようですが、勝手気ままな行動をしてしまう私、ツアーはなく、路線バスを使ってモスタルへ。
バスは、日本からクロアチアバス( http://www.buscroatia.com )のサイト経由でオンライン予約しておきました。

写真は、ドブロブニクの長距離バス用のターミナルです。
旧市街からは約2km離れています。
旧市街〜バスターミナル間の路線バスの本数が多いとは言え、ちょっと不便(苦笑)
    • バスのチケットは、A4の用紙に印刷して持参!
オンライン予約した際、バス会社から注意事項等が送られてきて、私からのちょっとした質問にも丁寧にわかりやすい英語ですぐにレスをくださり、とても安心したし、何より好印象!!

しかーし、実際の現場の方はと言えば、オンライン予約の存在を知らないのか、A4の用紙に印刷された私のチケットを見て、しばし固まる(笑)
もう一人の運転手(長時間運転のため運転手は2名乗車)に私のチケットを見せ、二人して見入った挙げ句、バスターミナルの窓口に確認に行く始末。
結局、バスの中で複写式の用紙に詳細を書き写し、手書きのチケットをくれました。
ハハハ〜。ご苦労様(笑)
    • エリア:モスタル 同行者: 一人旅旅行テーマ: 世界遺産
    • 旅行時期: 2014/09/24 - 2014/09/25(約8ヶ月前)

    2014年の夏休みを利用して、スロベニア〜クロアチア〜ボスニアを巡ってきました。この旅行記はドブロブニクから抜け出して、ボスニア・ヘルツェゴビナの「モスタル」と言う小さな町を訪れた時のものです。 ドブロブニクからは日帰りツアーがいくつかあるようですが、自由行動をこよなく愛する私は、路線バスを利用。ついでにモスタルで1泊しちゃいました。 日帰りツアーだと安くて5,000円〜1万円超えが一般的なようですが、今回の私の場合、バス代往復約1,800円、ホテル代25ユーロ。 1泊していることを考えるとかなりお得に旅... もっと見る(写真60枚)

  • 一人で行く!ベストシーズン東欧周遊7ヶ国2014(8日目ボスニア・ヘルツェゴビナ)by Kentokovicさん

    • 一人で行く!ベストシーズン東欧周遊7ヶ国2014(8日目ボスニア・ヘルツェゴビナ)
    • 3泊したドブロブニクを後にして、またまたバス旅。

Dubrovnik 8:00
↓バス 118Kn(約2200円)
Mostar 11:45頃
    • 往路でも休憩したNeum。どの都市もスケールは異なるけど、構造と建物の色合いはドブロブニクと似ていて美しい。

海を持ったボスニア・ヘルツェゴビナ、手放したセルビア…なんて構図と思い込んで帰国後に読んだwikiが面白い!
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%A6%E3%83%A0

>ネウムは両者の緩衝地帯としてオスマン帝国領となった。この時引かれた国境線が、主体となる国家が変遷しつつも現在まで引き継がれている。
    • エリア:モスタル 同行者: 一人旅旅行テーマ: 街歩き
    • 旅行時期: 2014/09/18 - 2014/09/18(約8ヶ月前)

    ボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルを経由して、スプリットに戻る。 とんだドタバタの一日になることに…笑 13日間の旅行概要・ルートは初日の日記を↓↓ http://4travel.jp/travelogue/10936734 9月11日(木)〜9月23日(火) 1日目・2日目:成田→北京→ウィーン→ブダペスト 3日目:ブダペスト 4日目:ブダペスト→ザグレブ→(夜行) 5日目:(夜行)→シベニク→トロギール→スプリット→ドブロブニク 6日目:ドブロブニク 7日目:コトル・ブドゥバ(日帰り) ★8日目:ドブロブニク→モスタル→スプリット 9日目:スプリット→プリトビツェ→ザ... もっと見る(写真20枚)

ボスニア・ヘルツェゴビナの都市で絞り込む

旅行業界の皆様へ

会社情報を掲載しませんか?無料で貴社の連絡先や旅行情報を登録できます!

お申し込み・詳細はこちら

4Tポイントを貯めよう

チャンスは一日一回。
エリアに隠された宝箱を探せ!お題はTOPページにて発表! 本日のお題はこちら!

4Tポイントとは?

おすすめの都市

  • イスタンブールイスタンブール
    4.52

    旅行テーマ

    • 世界遺産
    • 街歩き
    • 遺跡・史跡・歴史
  • ロンドンロンドン
    4.55

    旅行テーマ

    • 街歩き
    • 芸術・美術館・博物館
    • 世界遺産
  • パリパリ
    4.67

    旅行テーマ

    • 街歩き
    • 芸術・美術館・博物館
    • 世界遺産
  • モンサンミッシェルモンサンミッシェル
    4.80

    旅行テーマ

    • 世界遺産
    • 遺跡・史跡・歴史
    • 街歩き
  • ウィーンウィーン
    4.52

    旅行テーマ

    • 街歩き
    • 芸術・美術館・博物館
    • 世界遺産
  • バルセロナバルセロナ
    4.53

    旅行テーマ

    • 世界遺産
    • 街歩き
    • 芸術・美術館・博物館