旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

その他の都市の旅行記(ブログ)

412

旅行開始時期 :
テーマ :
同行者 :

キーワードで旅行記を検索 :

旅行記を投稿する

旅行時期順 いいね順 新着順

  • 北インド・ラダックを十年ぶりに再訪(5) パンゴン・ツォ、デリーby なかさん

    • 北インド・ラダックを十年ぶりに再訪(5) パンゴン・ツォ、デリー
    • 今日の日程は、標高5,000m以上の峠を越えてパンゴン・ツォ(湖)まで片道約150劼竜離を往復。移動距離が長いため、ホテルを朝6時半に出発。
道中、車内からシェイ・カル(王宮)の撮影。前回は訪問したが、今回は外観のみ。
    • 5分後、ティクセ・ゴンパに到着。
ここも、今回は外観の写真ストップのみ。
    • 同行者: 社員・団体旅行旅行テーマ: 自然探訪
    • 旅行時期: 2016/09/23 - 2016/09/24(約2ヶ月前)

     ラダックは、インド北部に位置する、平均標高3,500mの山岳地帯。ここを、2006年9月に初めて訪問して以来、十年振りに訪れた。  今回は、「ヌブラ谷とパンゴン・ツォ」のツアーに参加。  ラダックの中心地レーから、標高5,000m以上の峠を越えて、ラダック北部にあるヌブラを訪れる。パナミック、フンダル、デスキットでゴンパ(僧院)を参拝した後、再度、峠を越えて、下ラダックのスムダ・ドでキャンプ泊。最後に、インド映画『きっと、うまくいく』のラストシーンで有名なパンゴン・ツォを観光した。   もっと見る(写真69枚)

  • 北インド・ラダックを十年ぶりに再訪(4) 下ラダック(スムダ・チュン)by なかさん

    • 北インド・ラダックを十年ぶりに再訪(4) 下ラダック(スムダ・チュン)
    • 朝7時過ぎにスムダ・ドを出発し、車で30分かけて登り口に。
ここからは、徒歩でスムダ・チュン・ゴンパまで山道を登る。時々、小雨がちらつく天気なので雨具持参。
    • 朝方、目が覚めるぐらいの強い雨と風があったが、道を塞ぐような斜面の崩れや落石は見られず。
    • 同行者: 社員・団体旅行旅行テーマ: 遺跡・史跡・歴史
    • 旅行時期: 2016/09/22 - 2016/09/22(約2ヶ月前)

     ラダックは、インド北部に位置する、平均標高3,500mの山岳地帯。中国のチベット自治区よりも、チベットらしさが残っていると言われている一帯。ここを、2006年9月に初めて訪問して以来、十年振りに訪れた。  今回は、「ヌブラ谷とパンゴン・ツォ」のツアーに参加。  ラダックの中心地レーから、標高5,000m以上の峠を越えて、ラダック北部にあるヌブラを訪れる。パナミック、フンダル、デスキットでゴンパ(僧院)を参拝した後、再度、峠を越えて、下ラダックのスムダ・ドでキャンプ泊。最後に、インド映画『きっと、うまくいく... もっと見る(写真64枚)

  • 北インド・ラダックを十年ぶりに再訪(3) ヌブラ(デスキット)、スムダ・ドby なかさん

    • 北インド・ラダックを十年ぶりに再訪(3) ヌブラ(デスキット)、スムダ・ド
    • 翌朝、泊まった「フンダル・サンド ドューン レジャーキャンプ」の常設テント内を撮影。
各テントに、ベッド、洋式の水洗トイレ、洗面所付き。お湯は出るがシャワーはなし。
    • テント外観。
    • 同行者: 社員・団体旅行旅行テーマ: 遺跡・史跡・歴史
    • 旅行時期: 2016/09/21 - 2016/09/21(約2ヶ月前)

     ラダックは、インド北部に位置する、平均標高3,500mの山岳地帯。中国のチベット自治区よりも、チベットらしさが残っていると言われている一帯。ここを、2006年9月に初めて訪問して以来、十年振りに訪れた。  今回は、「ヌブラ谷とパンゴン・ツォ」のツアーに参加。  ラダックの中心地レーから、標高5,000m以上の峠を越えて、ラダック北部にあるヌブラを訪れる。パナミック、フンダル、デスキットでゴンパ(僧院)を参拝した後、再度、峠を越えて、下ラダックのスムダ・ドでキャンプ泊。最後に、インド映画『きっと、うまくいく... もっと見る(写真63枚)

  • 北インド・ラダックを十年ぶりに再訪(2) ヌブラ(パナミック、フンダル)by なかさん

    • 北インド・ラダックを十年ぶりに再訪(2) ヌブラ(パナミック、フンダル)
    • 十年前にレーを訪問時は、到着後、2日間だけ頭痛で困ったが、今回はダイアモックス服用のせいか、体調万全。
今日の日程は、ビーコン・ハイウェイを通って、標高5,000m以上の峠を越え、ヌブラへ。移動距離が長いので、ホテルを朝6時半に出発。
途中、写真ストップ。
    • ラダック最高峰、ストック・カンリ(6,153m)。
    • 同行者: 社員・団体旅行旅行テーマ: 遺跡・史跡・歴史
    • 旅行時期: 2016/09/20 - 2016/09/20(約2ヶ月前)

     ラダックは、インド北部に位置する、平均標高3,500mの山岳地帯。中国のチベット自治区よりも、チベットらしさが残っていると言われている一帯。  2006年9月に初めて訪問し、ラマユル、アルチ、スミス等でゴンパ(僧院)を観光。  その時の記録は、こちら→ http://4travel.jp/travelogue/11060032  今回は、「ヌブラ谷とパンゴン・ツォ」のツアーに参加。  ラダックの中心地レーから、標高5,000m以上の峠を越えて、ラダック北部にある渓谷地帯ヌブラを訪れる。パナミック、フンダル、デスキットでゴンパ(僧院)を参拝し... もっと見る(写真60枚)

  • 秘境ラダック!金色の月世界が広がるラマユル・ゴンパby riverwillさん

    • 秘境ラダック!金色の月世界が広がるラマユル・ゴンパ
    • インド最北の地・秘境ラダック探訪。

この日は下ラダック地方のラマユルにある「月世界」で有名な奇岩地帯へ向かいました。

この写真は、道中にあった「マグネティック・ヒル」
看板によると、磁場の力で、車が勝手に動くという摩訶不思議なエリアだそうですよ。
    • しかし、

磁場の力というのは実は嘘で、本当は「グラビティ・ヒル」という現象の一つ、

要するに、一見してはわからないほどわずかに勾配になっていて、
そのため車などが勝手に動いているように見える錯視の一つとのこと。

タクシードライバーが英語できなくて、後日知った真実。
    • 同行者: 一人旅旅行テーマ: 自然探訪
    • 旅行時期: 2016/08/16 - 2016/08/23(約3ヶ月前)
    • この旅行で利用した施設: ラマユル ゴンパ  

    インド最北の地ラダック。カシミール地方の秘境には壮大なスケールの圧巻の自然が広がっていました。 下ラダックには、月面世界を想起させる、その名も「月世界」という奇岩地帯が広がり、 標高3500mの上空にはチベット密教の最古の僧院ラマユル・ゴンパが存在します。 ▼詳細はこちらも併せてご参照ください。 https://www.compathy.net/users/880827112008444/logbooks  もっと見る(写真30枚)

  • インド・シェカワティ地方4:マンダワのハヴェーリーby ミズ旅撮る人さん

    • インド・シェカワティ地方4:マンダワのハヴェーリー
    • マンダワに着きました。菩提樹が木陰を作ってくれています。
日中40度近い猛暑の中をハヴェーリーを見て歩いたので、ヘトヘトです。
その上、ファテープルでたくさんのハヴェーリーを見て来たというのに、まだこれからマンダワのハヴェーリーを見るなんて、もう勘弁。
まさか、こんなにあるなんて思ってもみなかったのです。街中どこでもハヴェーリーじゃないですか。
    • 車が停まったすぐ前には、マンションみたいに巨大なハヴェーリー。
    • 旅行テーマ: 遺跡・史跡・歴史
    • 旅行時期: 2016/07/17 - 2016/07/23(約4ヶ月前)

    ラジャスタン編14回目は、マンダワのハヴェーリー巡りです。 マンダワのあるシェカワティ地方は、1549年に藩王シェカが建設しました。シェカワティは「王の庭」という意味です。 シェカワティの村の中で最も美しいとされるマンダワ。前回のファテープル同様、マールワーリーの邸宅ハヴェーリーがたくさんあります。 18世紀初めに、コルカタに移って成功した商人たちが競って建てた美しい邸宅です。 今回は、そのハヴェーリーがなんと日本製のマジョリカタイルを使っていたという話を交えながら、紹介して行きます。 明治末か... もっと見る(写真100枚)

  • ビカネール前編、インド・タール砂漠にあるオアシス都市へ。知られざる絢爛豪華な城に遭遇!by ミズ旅撮る人さん

    • ビカネール前編、インド・タール砂漠にあるオアシス都市へ。知られざる絢爛豪華な城に遭遇!
    • ラジャスタン地方の西の端の大都市ジャイサルメールから、北東に戻った方向にビカネールはあります。
地図で見ると、ジョードプルの真北に当たります。ジャイサルメールからの距離は320km。およそ5時間かかります。
この車には、屋根の上と荷台だけで15人もの人が乗っていました。車内を加えると20人超?事故がないことを祈ります。
    • 過積載は、もちろん荷物だって、そうです。中身は綿花と思われます。
よくこれだけ載せられるものですね。インドの車は働き者です。
    • 旅行テーマ: 街歩き
    • 旅行時期: 2016/07/17 - 2016/07/23(約4ヶ月前)
    • この旅行で利用した施設: ジュナーガル城  

    13年ぶりにインドへ行くことになりました。15日間という長い行程なので、前半はヒマラヤの西端、インドの北端に当たるラダックへ、後半は西の砂漠ラジャスタン地方へ向かいます。  ラジャスタン編10回目は、タール砂漠の中にあるオアシス都市ビカネールに向かいます。 ビカネール。インドを訪れるツアーで、ここが含まれることはまず、ありません。私も何があるのか、ほとんど資料もないままに訪れました。 たまたまホテルの場所を地図で確認したら、そばにビカネール城があり、またまたツアーの行程にはなかったものの、ガ... もっと見る(写真102枚)

  • インド・シェカワティ地方1:聖なるねずみを信仰するカルニマーター寺院by ミズ旅撮る人さん

    • インド・シェカワティ地方1:聖なるねずみを信仰するカルニマーター寺院
    • ビカネールのジュナーガル城の前を通って、次の町ファテプールに向かいます。
    • 暑くてメゲた筈なのに、ああ、この城壁にも入って見たかったなと思ってしまいます。
ビカネールは、事前情報がまったくない街だったけれど、この城にツアーの予定外に入ることにして本当に良かったです。

    13年ぶりにインドへ行くことになりました。15日間という長い行程なので、前半はヒマラヤの西端、インドの北端に当たるラダックへ、後半は西の砂漠ラジャスタン地方へ向かいます。   ラジャスタン編12回目は、ビカネールから東にあるシェカワティ地方のマンダワに向かいます。 途中、聖なるねずみを信仰するカーラニマータ(カルニマーター)寺院に寄りました。寺院の中はねずみがいっぱい。 ここを靴を脱いで歩くのには、少しばかり勇気が要ります。意外と、ネズミたちは静かで大人しかったです。 その後、シェカワティ地... もっと見る(写真59枚)

  • インド・シェカワティ地方2:ファテープルのハヴェーリー巡り 前編by ミズ旅撮る人さん

    • インド・シェカワティ地方2:ファテープルのハヴェーリー巡り 前編
    • ファテープルは、小さな町です。ここがメインストリートなのです。
    • 街角には、こんな魅惑的な女性も・・・
    • 旅行テーマ: 遺跡・史跡・歴史
    • 旅行時期: 2016/07/17 - 2016/07/23(約4ヶ月前)

    今回のラジャスタンの旅は前半が世界遺産の城塞都市巡りで、後半はこのハヴェーリー巡りが目的です。いよいよ最終段階に来ました。  シェカワティ地方のハヴェーリーは、ジャイサルメールのものに規模こそ及びませんが、その数で圧倒します。 シェカワティ地方では、いくつもの町でハヴェーリーを見ることが出来ますが、今回は、ファテープルとマンダワを訪れます。 ここのハヴェーリーは、ジャイサルメールのように圧倒的な細かい彫刻を纏ったものとは違い、数多くの美しい壁画が特徴です。 本当に小さな町なのに、これほどのも... もっと見る(写真84枚)

  • ビカネール後編、ジュナーガル城とバンダサール・ジャイン寺院、、そしてオールドロードby ミズ旅撮る人さん

    • ビカネール後編、ジュナーガル城とバンダサール・ジャイン寺院、、そしてオールドロード
    • タール砂漠のオアシス都市ビカネールの中心に建つ、ジュナーガル城です。
前編では、その西洋とインドが融合した内装の様子を紹介しました。後編でも、引き続き、もう少しだけお付き合いいただきます。
    • 下を見下ろすと、先ほど見た「手を触れるべからず」の木があるテラスが見えます。
インドの城にはこうしたテラスが必ずあり、ここで楽器演奏や踊りがたびたび披露されました。
    • 旅行テーマ: 街歩き
    • 旅行時期: 2016/07/17 - 2016/07/23(約4ヶ月前)
    • この旅行で利用した施設: ジュナーガル城  

      ラジャスタン編11回目は、ビカネールの後編です。 前編に引き続き、西洋風の内装を持つジュナーガル城を見学し、次にバンダサール・ジャイン寺院を見学します。 15世紀に造られたジャイナ教寺院で、他の寺院とは趣の異なる鮮やかで美しい内装で有名です。 その後、5兄弟の建てたハヴェーリーを見て、オールドロードを歩きます。最後は暑さと疲労で苦行のような行程でした。 しかし、多くのツアーが訪れるありきたりの観光地ではないビカネールは、観光客慣れした都市とは違い、土産物など全然見掛けない、日常生活に密着し... もっと見る(写真94枚)

  • カシミール高原縦断 山と花と人とby 風神さん

    • カシミール高原縦断 山と花と人と
    • ヒマーチャル・プラデーシュ州ラホール谷の中心地
キーロン(3000m)の早朝、
ほんの10分間だけガスが晴れ・・・
    • 6600mのピークが真っ赤に焼けました。
    • 旅行テーマ: 自然探訪
    • 旅行時期: 2016/07/09 - 2016/07/23(約5ヶ月前)

    インド最北の地、ジャンムー・カシミール州とヒマーチャル・プラデーシュ州の山岳地帯を、4輪駆動車で南から北に縦断するアドベンチャー旅行です。都市としてはデリーからシムラ、キーロンを経てレイまでになります。 このコースはヒマラヤ山脈の西部に当たり、最高地点はタグラン・ラ峠の5400mです。 見所はなんと言っても圧倒的な迫力の山岳風景です。またこの地帯はチベット文化圏の西端にあたり、多くのゴン(チベット仏教寺院)とそこに納められた貴重な絵画や仏像も見ることができます。 また季節は高山直物の花季にあ... もっと見る(写真35枚)

  • 2016春インド・ラダック#2〜KargilからSankuへ立ち寄りLehへby sunnyさん

    • 2016春インド・ラダック#2〜KargilからSankuへ立ち寄りLehへ
    • 4月30日、旅行3日目。
午後2時30分KargilからSanku行きのローカルバスは、乗客を待って3時過ぎに出発。
ちょうど学生たちの通学時間とバッティングし、日本の通勤ラッシュ並み。
乗り切れてないよw

でも、年配のご夫婦が乗ってくると学生たちはさっと席を譲り、自分たちは昇降口へ移動していた。
    • Sankuへ道は、1本道。
ずっと南下するとザンスカールの入り口パドゥムへと続くのだが、この時期残念ながらまだ道路は雪でクローズ。

Kargilから30分ほどの村、この辺もまだムスリムが多くモスクが目立つ。
    • 旅行テーマ: 自然探訪
    • 旅行時期: 2016/04/28 - 2016/05/05(約7ヶ月前)

    4月の仕事のビジーシーズンが終わり、やってきた日本のGW。 弾丸では週末ちょこちょこ国外脱出してますが、久しぶりの1週間以上の休暇。 KargilからSuru川を南下し、Sankuという村を訪ね1泊。 ☆スケジュール 4/28 成田〜デリー(JAL)、デリー泊 4/29 デリー〜レー(Jet Airways)、レー→カルギル(Share Taxi) カルギル泊 4/30 カルギル→Sanku(Bus)、Sanku泊 5/1  Sanku→カルギル→レー(Share Taxi) 5/2 レー散策、レー泊 5/3  周辺のゴンパ散策、レー泊 5/4  パンゴン湖へ、レー泊 5/5  レー〜デリー、デリー散策、夜... もっと見る(写真32枚)

  • 2016春インド・ラダック#1〜Kargilで花見のリベンジby sunnyさん

    • 2016春インド・ラダック#1〜Kargilで花見のリベンジ
    • 28日は1日有休をとって1日前倒しで満席のJALで成田からデリーへ。機内で日本からのツアーも何組か見かける。

約9時間のフライト、順調に飛行を続け、オンタイムでランディング見込みだったが、夕方のデリー空港混雑のため上空待機。

デリーの現在の気温、42℃との機内放送に悲鳴が上がる。。
報道によると、熱波でたくさん死者が出てる様子。
    • 予定より30分ほど遅れてランディング。

デリー空港のオンアライバルビザ。
3月にトライした友人からは時間かかるって聞いてたけど、インドビザセンターに行く時間なかったので、アライバルで取得。
指紋採取の機械が壊れてたり、係官が不慣れすぎた(ビザの有効期限とパスポートの有効期限を混乱して書いてしまうという・・・)

何度も聞かれた質問は、「両親はパキスタン人じゃないよね?」
なお、私のパスポートにある4つのパキスタンビザは全く問題視されず。

この制度、今のところ日本人対象なので、日本人の多いJALやANAでデリーに来る場合は必然的に時間かかる。

ともあれ、1か月のシングル観光ビザを2,000ルピーで無事取得。
クレジットカードも使えるが、なぜか私のカードはどれもエラーになったので、日本円で支払っておつりもらった。レートは、若干悪く10,000円が5,730ルピー。

空港近くのホテル泊。シャトルバスサービスが無くなっていて、タクシーでホテルへ。しばらくお湯シャワーとお別れなので、ゆっくりバスタイム。
    • 旅行テーマ: 自然探訪
    • 旅行時期: 2016/04/28 - 2016/05/05(約7ヶ月前)

    4月の仕事のビジーシーズンが終わり、やってきた日本のGW。 弾丸では週末ちょこちょこ国外脱出してますが、久しぶりの1週間以上の休暇。 今年のGWは、2年前の花見のリベンジでインドのラダック再訪と決めていました。2014年の春、4月中旬にこの地カルギルを訪れたときには、時期が早すぎて、真冬の景色だったから。。 しかし今年は一転し、暖冬のおかげですでに花は散ってしまっていました… 周辺の村に足を延ばしてみると、所々咲いている村もあり、一応花は愛でることができました。 昨年はパキスタン側のスカルドゥ・ギル... もっと見る(写真40枚)

  • インド アッサムの休日 3象・蝶・花by 風神さん

    • インド アッサムの休日 3象・蝶・花
    • カジランガー国立公園の朝焼け
    • 公園のゲート
    • 旅行テーマ: 動物・サファリ
    • 旅行時期: 2016/03/12 - 2016/03/19(約9ヶ月前)

    アッサムはインドの最東端、ブータン・ビルマ・中国に囲また地域で、地図ではよく見ないとインドの飛び地のように見えます。 3月は多くの人にとって生活に区切りがつき、そして変化する時。私もその例外ではなく、気分転換のため、長閑な自然や茶畑の中で、暖かい人々と接しつつ、野生動物を見たり、初めてのヒンドゥー教の僧院を見学したりしました。 もっと見る(写真18枚)

  • インド アッサムの休日 2ジョルハートのヘリテージホテルと村の散歩by 風神さん

    • インド アッサムの休日 2ジョルハートのヘリテージホテルと村の散歩
    • ホテルの門を入るとまず目につくのがこの巨木。
ホテルの名称と同じバンヤン・グローブです。
    • 板根も見られる大きな根張りです。
    • 旅行テーマ: ホテルステイ
    • 旅行時期: 2016/03/12 - 2016/03/19(約9ヶ月前)

    アッサムはインドの最東端、ブータン・ビルマ・中国に囲また地域で、地図ではよく見ないとインドの飛び地のように見えます。 3月は多くの人にとって生活にひと区切りつき、そして変化する時。私もその例外ではなく、気分転換のため、長閑な自然や茶畑の中で、暖かい人々と接しつつ、野生動物を見たり、初めてのヒンドゥー教の僧院を見学したりしました。 この旅行のうち2泊はジョルハートにあるヘリテージホテルに滞在しました。ヘリテージホテルとは、伝統的なあるいは文化財的な建物をホテルに改築したもので、今回宿泊したホテ... もっと見る(写真37枚)

  • サルナートも寺院や遺跡巡りby fuzzさん

    • サルナートも寺院や遺跡巡り
    • ブッダガヤからサルナートへ向かう途中。ここら辺も田舎の村だ。

田舎の嫁入りには水牛を2頭親程、実家から持たされるそうだ。

旦那が働かなかったり浮気癖があると家族の収入が途絶える。

水牛の乳や乳で作ったバターを売って大切な娘が食べて行けるようにとの親心だ。
    • ゴミ置き場やガラクタに見えるが、違うようだ。人が生活している。

ワラと牛糞をミックスしてお皿のような円形に形取り、それを天日で乾かせて

燃料を作っている農家が多い。エコな燃料としてインドの田舎ではポピュラーだ。

何よりも作成する材料は全て無料なのだ。ワラも糞もそこらに転がっている。
    • 同行者: 家族旅行旅行テーマ: 遺跡・史跡・歴史
    • 旅行時期: 2016/03/02 - 2016/03/09(約9ヶ月前)

    サルナートはバラナシへ行く途中の観光に寄った。 ダメーク・ストゥーパ。ブッダ初説法の地だ。 ムルガンダ・クティ寺院の壁画は日本人画家・野生司香雪によって描かれた。 と、説明されたところでオラの耳に念仏だ。 もっと見る(写真42枚)

  • インド トリプラ州都 アガルタラ 2016by ロータスさん

    • インド トリプラ州都 アガルタラ 2016
    • 1/29
夜が明けて、バスも動き出したので、取りあえず、

ダルマナガール行きに乗ります。
    • 途中は、やっぱりの悪路で、

さすがの我々も疲れてしまい、この街で休もうと思います。
    • 同行者: カップル・夫婦旅行テーマ: バックパッカー
    • 旅行時期: 2016/01/29 - 2016/02/02(約10ヶ月前)

    インド北東部を周って、バングラデシュに入国するためにやって来た、 アガルタラと言う、田舎街での滞在記です。 もっと見る(写真70枚)

  • インド アッサム州都 グワハティ 2016by ロータスさん

    • インド アッサム州都 グワハティ 2016
    • 1/22
ガントクから、4時間でスィリグリに到着しました。

スィリグリはネパールの国境の近くで、見所のない街ですが、交通の要衝です。

ブルー・ヒルと言う会社のバスでグワハティに行きます。

一人、550ルピーです。
    • バスが出るのは夕方、それまでに昼食を取ります。

トイレにも行かなければならないので、

トイレのあるレストランを探して、パニール・バター・マサラを注文。
    • 同行者: カップル・夫婦旅行テーマ: バックパッカー
    • 旅行時期: 2016/01/22 - 2016/01/26(約10ヶ月前)

    スィリグリから夜行バスで、 アッサムの州都、グワハティに行きます。 ここでは渡し舟で島に行ったり、アッサム動物園に行ったりです。  もっと見る(写真50枚)

  • インド北東部と中部の旅5●マルダタウンでベンガルの田舎を満喫by Halonさん

    • インド北東部と中部の旅5●マルダタウンでベンガルの田舎を満喫
    • 8:50 1時間15分遅れでマルダ・タウン駅に到着。
    • 駅から1.5kmのマルダ・ツーリスト・ロッジに150ルピーの部屋は無くなっていた。AC無しシングルでも675ルピー。しかも当日は満室。
    • 同行者: 一人旅旅行テーマ: 街歩き
    • 旅行時期: 2015/12/13 - 2015/12/14(約1年前)

    マルダタウンはコルカタの北350kmにある遺跡観光の町。ロンリープラネットの日本語版にたまたま載っていたので立ち寄ってみた。遺跡は南北の郊外2ヶ所にあり、周辺には歩き回るのに手頃な村もあった。 【交通】()内は実際の発着時刻 12/12 Hasimara 23:45 ⇒ Malda town 7:35(8:50) 特急二等寝台 555円(Cleartripで予約) 12/13 Malda town 11:30 ⇒ Gour 13:17 スモ Rs20 12/13 Gour ⇒ Malda town スモ Rs12 12/14 Malda town 9:08 ⇒ Pandua 10:43 バス Rs14 12/14 Pandua 14:00 ⇒ Malda townの手前2km 14:50 バス Rs15 12/14... もっと見る(写真62枚)

  • ソンプールからバラナシへ、シニアのふれあい旅IN北インド by しゅんめいさん

    • ソンプールからバラナシへ、シニアのふれあい旅IN北インド 
    • 浅草に前泊。
夕暮れ。
    • 成田から、エアインディア直行便で17:00に過ぎにデリー到着。
市内で一泊。
    • 旅行テーマ: イベント・祭り
    • 旅行時期: 2015/11/20 - 2015/11/29(約1年前)

    デリーから、、北インドのビハール州パトナへ飛び、 工事中で大渋滞のインデラ・ガンジー橋を渡り、ガタガタ道をマドゥバ目指して行く。 三日目は、農家の壁に描かれたミティラー画を見ながら、村々でのふれあいと、稲刈りをしているサリーの女性たちを見学。 寺院裏手の堤では、妖精たちが沐浴をしていた。  もっと見る(写真60枚)

海外旅行先で失敗しないためには?

インドで使えるWi-Fiルーターが590円/日〜でレンタル可能!いつでもどこでもネットがつながれば、地図に翻訳、困ったことは即解決。

Wi-Fiについてもっと見る

フォートラベル GLOBAL WiFi

旅行会社に相談する

その他の都市のことならおまかせください!

旅行会社一覧

4Tポイントを貯めよう

チャンスは一日一回。
エリアに隠された宝箱を探せ!お題はTOPページにて発表! 本日のお題はこちら!

4Tポイントとは?

おすすめの都市

  • 香港香港
    4.62

    旅行テーマ

    • 街歩き
    • グルメ
    • テーマパーク・動物園等
  • 台北台北
    4.80

    旅行テーマ

    • 街歩き
    • グルメ
    • 遺跡・史跡・歴史
  • シンガポールシンガポール
    4.60

    旅行テーマ

    • 街歩き
    • グルメ
    • ホテルステイ
  • バリ島バリ島
    4.61

    旅行テーマ

    • ビーチ
    • ホテルステイ
    • 街歩き
  • バンコクバンコク
    4.66

    旅行テーマ

    • 街歩き
    • グルメ
    • 遺跡・史跡・歴史
  • ソウルソウル
    4.74

    旅行テーマ

    • グルメ
    • 街歩き
    • ショッピング