インド その他の都市旅行 クチコミガイド

その他の都市の旅行記(ブログ)

360

旅行開始時期 :
テーマ :
同行者 :

キーワードで旅行記を検索 :

旅行記を投稿する

旅行時期順

  • 2014.8 アジャンタ・エローラ西インド世界遺産紀行(6日目 船咫璽泪戰疋)by +mo2さん

    • 2014.8 アジャンタ・エローラ西インド世界遺産紀行(6日目 船咫璽泪戰疋)
    • 朝のジャハンヌマパレスホテル。
どんより曇っています。ここ(6日目)まで雨に降られずにきましたが・・・
    • プールもついてます。
 泳いでいる時間はありませんでしたが。
    • 同行者: 一人旅旅行テーマ: 世界遺産
    • 旅行時期: 2014/08/14 - 2014/08/14(1ヶ月以内)

    6日目はボパール郊外の観光です。 2千年前のアショカ王時代のストゥーパ(仏塔)がほぼ完全な形で残るサンチー遺跡に行きますが、午前中は1万年前にさかのぼるビーマベドカの岩陰遺跡(世界遺産)を訪れました。 ビーマベドカは、ボパールの南約46kmの丘の上にある世界遺産の岩絵群。最古のもので1万2千年程前の石器時代から紀元後に至るまでのおよそ1万5千年にわたる数百に及ぶ岩絵が残されています。 もっと見る(写真34枚)

  • インド人の避暑地へ*スリナガル旅by satochanさん

    • インド人の避暑地へ*スリナガル旅
    • 始まりはいつもチャンギから。
朝番だったから4時半で上がれ、電車で空港へ。それでも余裕な19時半発。
T3でビール出すのってこのくらいしかない。以前あったHarry'sはどこへ行った?
タイガー、もう飽きた。
    • 今日のフライトはJet Airways。インド行くときは毎回これ。Delayしない(天候や滑走路混雑以外は)素晴らしいインドの航空会社です。これ乗ったらエア・インディア(最近スタアラ加入)乗れない。

オンラインで取ったシートは非常口席。値段が変わらないので空いてればラッキー。たまたま行き帰りどっちも非常口が空いてて取れた。足元広々でらくらく。小さいから他の席でもあまり変わらないけど。
しかしインド人が「あのオンラインチェックインではどこが非常口席かわからないから取れなかった」と乗務員に文句を言ってた、飛行機内で。
いやー、結構わかりやすかったけどwwww

ということで定刻に出発。
    • 同行者: 友人旅行テーマ: 街歩き
    • 旅行時期: 2014/07/18 - 2014/07/22(約1ヶ月前)

    7月の三連休。 4月末に取ったインドビザがまだ有効なので使いたい。 そんな中友人がインドに行くというのでジョインすることにした。 行きたいのはスリナガル。 ラダックでヒッチハイクしたトラックがスリナガルからマナリに行くトラックだった。 ダラムサラで泊まった宿の主人がスリナガル出身。 みんなが言うには、スリナガルはどうやら素敵らしい。 ならば行きたい。 7/18 シンガポールからデリー 7/19 デリーからスリナガル、グルマルグ観光 7/20 ソナマルグ観光 7/21 スリナガル>>デリー>>シンガポール 7/22 ... もっと見る(写真82枚)

  • Padmaja Naidu Himalayan Zoological Park 標高2000m・・・憧れのヒマラヤ動物園は雲の中by jilllucaさん

    • Padmaja Naidu Himalayan Zoological Park 標高2000m・・・憧れのヒマラヤ動物園は雲の中
    • デリーからの週末2Daysダージリン旅行を成立させるためには、デリー発早朝5時35分発のスパイスジェットSG886便で出発しなくてはなりません。
    • ダージリンの最寄空港であるバグドグラまでは約2時間20分のフライト、少し早着で7時40分には空港を出ることが出来ました。
ここで予約していた車に乗りダージリンまでは約3時間の行程となります。

バグドグラからダージリンまでは乗合のジープなども走っているようですが現地の方とのすし詰め状態になることもあるそうですので、日本の感覚で言うと大した金額でもないので行き帰りは専用車を手配した方がいいかと思います。
    • 旅行テーマ: テーマパーク・動物園等
    • 旅行時期: 2014/07/05 - 2014/07/06(約1ヶ月前)

    金曜日の夜間フライトで帰るはずだったインド出張は、得意先の「meetingは来週の火曜日に延期ね」の一言で週末をデリーで過ごさないといけない羽目になってしまいました・・・。 もちろんデリーも見どころの多い街なんでしょうが、あくまでも仕事場なので、週末にまでデリーには居たくはありません。 そこで、ホテルのトラベルデスクに「1泊2日でダージリンに行けないか?」と相談・・・ここに土曜未明デリー空港発のミニトリップが実現したのです。 今回の旅の目的地は憧れのヒマラヤ動物園・・・標高2000mの高地に立地し... もっと見る(写真67枚)

  • ボンデチェリーでステーキをby 風来坊さん

    • ボンデチェリーでステーキを
    • チェンナイから車で3時間弱。Aurovilleに到着です。駐車場に車を停めて、緑に囲まれた道を進んでいきます。アーシュラムの理想都市とのこと。
    • 観光とはまったく関係ありませんが、インドに来て、初めてごみの分別をしているところをみました。
    • 旅行テーマ: 街歩き
    • 旅行時期: 2014/06/21 - 2014/06/21(約2ヶ月前)

    インドというところは、宗教の関係で牛肉はあまり、レストランであつかっていません。ところが私の住むチェンナイから車で3時間のボンデチェリーという街では、多くのレストランで牛肉が出され、ビールも安いという話を聞き、ちょっと出かけることにしました。ガイドブックによるとフランスの植民地だったようで、返還されてから、連邦の直轄地だとのこと。また、私は全然知りませんが、アーシュラムの始まりがここだそうです。 もっと見る(写真14枚)

  • いよいよ、念願のスリナガールへ♪ by chainetworkさん

    • いよいよ、念願のスリナガールへ♪ 
    • エア・インディア 新機種B-787 AI307便ドリームライナーでデリーへ。
エコノミーの配列は、3-3-3。各座席にタッチパネル式のモニター、 その脇には USBがありPCや携帯を充電できます!また足元には、コンセントと自動ローラー式のフットレスもあります!

残念ながら、映画、音楽ともに日本語でのエンターテイメトサビースはありませんでしたが、本数は充実しているので、それなりに楽しめました♪
    • 離陸後しばらくして機体が安定してくると、ドリンクサービス!もちろん、キングフィッシャーでかんぱ〜い!
    • 同行者: カップル・夫婦(シニア)旅行テーマ: ハイキング・登山
    • 旅行時期: 2014/06/29 - 2014/07/02(約2ヶ月前)

    シュリーナガル(シュリーとは吉祥女神ラクシュミー、ナガールとは都市という意)は、インド・ジャンムー・カシミール州の夏季の州都。 ヒマラヤ山脈に広がるカシミール盆地は、別天地のように美しい風景がひろがり、避暑地としても有名。 シュリナガールの名物ハウスボートは、湖に浮かぶ船のホテル。 ベッドルームの他、シャワー・トイレも完備、お食事も専用のコックさんが同乗し、用意してくれます。 ハウスボートに宿泊しながら、他では味わえない優雅なひとときを過ごしてみたい・・・ 注)1980年代からインド・パキス... もっと見る(写真8枚)

  • カシミール到着日、パハルガムへ by chainetworkさん

    • カシミール到着日、パハルガムへ
    • スリナガールの空港は、軍事も兼ねているらしく、とても大きな国際空港です。
いざ、外に出てみると、デリーの暑さとは異なり、25℃くらいの清々しい気候、朝夕は15℃くらいになるようです。6〜8月は雨期ですが、ずっと降り続けることはありません。
    • 空港到着後、ターンテーブルで荷物を取り、外に出る手前にツーリストカウンターのようなものがあり、セキュリティのためか入域許可証を提出しなければなりません。
出入国カードや査証とは異なる書類です。
復路も、同じように空港内に入ってからツアーデスクのようなカウンターにて届け出が必要になります。
※名前、パスポート番号:失効日、ビザ番号:失効日、宿泊ホテル、現地連絡先などの記入です。
    • 旅行テーマ: 山・高原
    • 旅行時期: 2014/06/29 - 2014/07/03(約2ヶ月前)

    エア・インディアの国内線にて、デリーからスリナガールへ約1時間30分のフライト!  もっと見る(写真10枚)

  • トレッキングの拠点、パハルガムにて by chainetworkさん

    • トレッキングの拠点、パハルガムにて 
    • スリナガールの東95Kmのパハルガムは、トレッキングの拠点として人気があります。
標高2500mの頂上を目指して2時間程のトレッキング・・・
最初は歩きでと望みましたが、急勾配も多く、馬に乗って1時間強と甘えました。
往復400ルピー、チップ100ルピー(合計900円ほど)
登山料は、5ルピー(10円弱)がかかります。
    • 頂上は、モミの木で覆われた険しい坂がせまり、そのまま雪山に続いています。
    • 旅行テーマ: ハイキング・登山
    • 旅行時期: 2014/06/29 - 2014/07/03(約2ヶ月前)

    スリナガールの東95劼離僖魯襯ムは、トレッキングの拠点として人気があり、モミの木で覆われた険しい坂がせまり、そのまま雪山に続いています。 もっと見る(写真12枚)

  • 湖に浮かぶハウスボートに泊る!by chainetworkさん

    • 湖に浮かぶハウスボートに泊る!
    • 移動は、シカラと呼ばれる水上タクシー。流しもありますが、ホテルでは殆ど専属のシカラを所有してます。
庶民はもちろん、子供たちも自らこの手漕ぎボート、シカラで通学してます。
因みに流しのシカラは、どこでも片道10ルピー(20円未満)、チャーター(3〜4人乗り)で約1時間500ルピー(900円未満)くらいです。
    • ゆ〜ったり、ただただ湖畔でボートに乗って読書や談笑などしているだけでも楽し〜い♪
    • 旅行テーマ: ホテルステイ
    • 旅行時期: 2014/06/29 - 2014/07/03(約2ヶ月前)

    『地上の楽園』スリナガールの名物、湖に浮かぶハウスボートをご案内♪ ダル湖には大小合わせて500以上のハウスボートが浮かんでいます。 ホテルとしてだけでなく、庶民の住居となっているボートもあります。 木造の船内を居住できるように改造したもので、通常は固定されていますが、緊急事態には動かすこともできるとか・・・但し、ホテルとして利用しているものも全て住所となっているので、定位置に戻すことが大変なため、動かさないようです。  もっと見る(写真14枚)

  • 2014GW◆灼熱インド◆グジャラート州の旅:パリタナby edanさん

    • 2014GW◆灼熱インド◆グジャラート州の旅:パリタナ
    • ●ジャイナ教寺院
    • ●3500段の階段を登る巡礼道
    • 旅行テーマ: 特になし・その他
    • 旅行時期: 2014/05/08 - 2014/05/09(約3ヶ月前)

    ジュナガードからバスでバーウーナガルへ行くつもりでしたが、エアコン付バスがなさそう... しかし200キロもあるしタクシーじゃ高いだろうなぁ思ってると、ホテルの人が車を勧めてきたので値段を聞いてみたら思ったよりは高くありませんでした。 タクシーだと4時間くらいで到着できるし、翌日に移動するはずだったパリタナに直接行けるのでタクシーにしました。 この季節に外を出歩けるのは早朝と夕方4時以降だということがここにきてわかったので、スケジュール的にも好都合です。 道の大方は舗装がまだ新しく快適でしたが、途中1時... もっと見る(写真73枚)

  • 2014初春インド・ラダック〜Leh近郊の村SheyパレスからThikseyゴンパへ散歩by sunnyさん

    • 2014初春インド・ラダック〜Leh近郊の村SheyパレスからThikseyゴンパへ散歩
    • Lehで泊まっているIndusゲストハウスのマネージャーおススメの散歩道。
バスで20分ほど行ったとことにあるSheyパレスからThikseyゴンパまでの1時間ほどの道。

朝ごはんを食べた後、通学途中の学生たちとすれ違いながら歩いてバスターミナルを目指す。
    • バスターミナルで20分ほど待つとThiksey行きのミニバスがやってきた。
運転手にはThiksey手前のSheyパレスで降ろしてね、と伝える。
パレス前までは所要20分で25ルピー。

Leh市内から少し行くと橋の工事でガタガタ道が5分ほど続く。
そのあとは舗装された道を走る。
    • 同行者: 一人旅旅行テーマ: 山・高原
    • 旅行時期: 2014/04/14 - 2014/04/14(約4ヶ月前)

    ラオスの正月休みにインドのラダックへ行ってきました。 在ラオス・インド大使館でビザの申請をしたのが2月11日。ラオスでの申請など諸々あり、ビザ取れたのは出発数日前の4月7日と2か月がかりでした。 KargilからLehへ戻った翌日、Thiksey村へ日帰りで出かけてきました。 SheyパレスからThikseyゴンパまではハイウェイでなく裏道を歩いて1時間ほど。このコース、ものすごく気持ちよくてお勧め。 ☆日程 1日目 5:15発GoAirでデリーからレーへ、レー到着後シェアタクシーでKargilへ。Kargil泊 2日目 シェアタクシーでレー戻り、レー... もっと見る(写真31枚)

  • 2014初春インド・ラダック〜LehからKargilへby sunnyさん

    • 2014初春インド・ラダック〜LehからKargilへ
    • バンコク発デリー行のフライトが1時間近く遅れ、デリーの国際線→国内線T1乗継時間が2時間になってしまいかなり焦る。(最低乗り継ぎ所要時間は3時間が目安)

手荷物だけなので、ダッシュでイミグレに向かい、両替して、国内線T1行きのシャトルバス乗り場へ。夜中は本数が少ないと聞いていたけど運よく20分ほど待つとバスが来た。
このシャトルバス、ボーディングパス半券と乗継便のe-ticketがあれば無料。バス乗り場横のカウンターで乗車チケットをもらうのを忘れずに。

3時40分に出発し、国内線T1には1時間15分前には到着。
チェックインしてラウンジで朝ご飯食べる時間もできた。Go Airは機内食ついてないので助かった。

デリーからレーまでの早朝フライトは、素晴らしいヒマラヤ越えを見るためには左側の窓際席を取るように、と友人からアドバイスがあったので200ルピーで前方の窓側を事前に押さえた。反対側は朝は逆光で眩しすぎる。

オンタイムパフォーマンスに努めます!と公言するGo Air、キャンセルもなくほぼ定刻通りで素晴らしい。

太陽に輝く雪山を思う存分堪能していると、あっという間の1時間20分のフライト。
    • 6時40分過ぎには、レー空港に到着。すごい小さな空港だけど、銃を持ったインド兵があちこちに立っていて物々しい。

シャトルバスでターミナルへ移動。ほんの数分の距離。パイロットは歩いてたよ。

外国人はここで訪問予定地、宿泊地、滞在日数などを用紙に書いて登録する。
Lehの他、Kargilに行くというと地図とパンフレットをくれた。

タクシーでレー市内へ。200ルピーの固定レート。

これからKargilへ行きたいので、シェアタクシー乗り場のバスターミナルまで連れてってもらう。
    • 同行者: 一人旅旅行テーマ: 山・高原
    • 旅行時期: 2014/04/12 - 2014/04/13(約4ヶ月前)

    ラオスの正月休みにインドのラダックへ行ってきました。 在ラオス・インド大使館でビザの申請をしたのが2月11日。ラオスでの申請など諸々あり、ビザ取れたのは出発数日前の4月7日と2か月がかりでした。 この旅の最大イベントは、アプリコットの花に囲まれたKargilのモスクを見ること。 しかし行ってみたらまだ時期が早すぎて、見事にまだつぼみのまま…。 今年は例年より寒いようで、あと10日ほどすると咲くだろうとのことでした。一部インダス川下流の村、Khalsi辺りで少し鑑賞できましたが。 幸い高山病にはかからず、現地3日の素晴... もっと見る(写真35枚)

  • 陸路で行くインドの旅 バナラシ・ダージリン・コルカタ ダージリン編by asamiyさん

    • 陸路で行くインドの旅 バナラシ・ダージリン・コルカタ ダージリン編
    • 3月20日。
11時過ぎ、列車はニュージャイパグリー駅に到着。
ダージリン行きの乗り合いジープで3時間。
山をぐいぐいと登り、ダージリンに到着。

機関庫はクルシャンという駅にあったが、今はダージリンに移したようだ。
    • 列車の時間を確認すると30分程度で列車が到着するようなので、宿を探す前に駅で撮影する。

ダージリン駅。
    • 同行者: 一人旅旅行テーマ: バックパッカー
    • 旅行時期: 2014/03/20 - 2014/03/23(約5ヶ月前)

    3月20日。 ムガールサライ発着の列車が軒並み遅れていたにも関わらす、私が乗る列車は30分ほどの遅れで済んだ。さすがはインドを代表する特急列車だと感心した。 今回のインド滞在の最大の目的はダージリン・ヒマラヤ鉄道の蒸気機関車の写真を撮ることだった。 どうやら最低限の目的は果たすことができたが、満足いくものではなかった。前回ほど天気がよくなく、ヒマラヤ山脈が全然見えなかったことだ。 3回目の挑戦は今のところ計画はない。 3月20日夕方〜24日午前中まで撮影をすることができた。久しぶりに石... もっと見る(写真27枚)

  • インドのホテルはアジアベストと言われたby tanaka071288さん

    • インドのホテルはアジアベストと言われた
    • インドのホテルはアジアベストと言われた
    • インドのホテルはアジアベストと言われた
    • 旅行テーマ: ホテルステイ
    • 旅行時期: 2014/03/06 - 2014/03/12(約6ヶ月前)

    ニューデリーであるホテルはジュエリーボックスのようなデザインで、 アジアには凄く有名気にする。 ディ オベロイ(The Oberoi )というホテルはアジアでは一番良い高級ホテルと言われた。 ザ・ペニンシュラ香港、フォーシーズンズホテル上海よりもっと豪華、 エレガントなホテル(http://www.hotelclub.co.jp/india )である。 高さ、ライトと空間感はそのホテルの魅力。 オリンピックサイズのプールと大きな庭園は用意することも宿泊客に人気がある理由だと思う。 Image Source : 国際ニュース|AFPRELAX News(http://w... もっと見る

  • 陸路で行くインドの旅 バナラシ・ダージリン・コルカタ ダージリン編by asamiyさん

    • 陸路で行くインドの旅 バナラシ・ダージリン・コルカタ ダージリン編
    • 3月22日。
朝食。フライドライス。60ルピー。
    • 街を歩いていると、小学生の集団が歩いてきた。ジャージの背中には「クレヨンしんちゃん」。
    • 同行者: 一人旅旅行テーマ: バックパッカー
    • 旅行時期: 2014/03/20 - 2014/03/23(約5ヶ月前)

    3月22日。 天気が良ければタクシーをまたチャーターして撮影するところだったが、雨なので断念し、ダージリン駅付近で撮影する。 3月23日。 この日の夜行列車でコルカタに移動する。午前中ダージリン駅付近で撮影。 午後から乗り合いジープで移動する。  もっと見る(写真30枚)

  • オシアン【デリーの西、ムンバイの北20】by スタリモストさん

    • オシアン【デリーの西、ムンバイの北20】
    • □35日目(2/17) 今日は近隣の町「OSIANオシアン」に出かけた。そこにも「階段井戸」があるという情報を「ロンプラ」で見つけたのだ。
公共バスターミナルに停車していた「オシアン」行きバス(40)は、発車直前ですでに立っている乗客もいるほど。運転席エリアに空きを一つ見つけたので、スタリモストがそこに座り、私はエンジンの上に腰掛けた。尻が振動を直接受けるので「これで1時間半は辛いかも」と感じた発車10分後、パーンと何かが断絶する音が聞こえバスは路肩に緊急停車。走行不能となり代替のバスがやってくることになった。そして何とか席争奪戦に勝利し席を確保したのだった(^_^)v。(デリーの地下鉄ならともかく、バスのローカル路線のバスで、若者が高齢者に席を譲るのを見かけたことはない。)
    • 旅行テーマ: 遺跡・史跡・歴史
    • 旅行時期: 2014/02/17 - 2014/02/17(約6ヶ月前)

    ジョドプールから65km、バスで1時間半の所にある「OSIANオシアン」に出かけた。外観がカジュラホのそれを想起させるような寺院や、階段の幾何学的配置がアートしている「階段井戸」はとても見応えがあった。いずれも9世紀から12世紀に創建された歴史的建造物であり、訪れる観光客が少ないのは惜しい。 □経過=デリー(1/14.15.16)→ボーパール(1/17.18.19)→マンドゥ(1/20.21)→アーメダバード(1/22.23.24.25.26)→ジュナーガル(1/27.28.29.30)→ジャムナガル(1/31)→ブージ(2/1.2.3.4.5.6)→パタン(2/7.8.9)→ ジャイサルメール(2/10.11.12... もっと見る(写真41枚)

  • ブージ【デリーの西、ムンバイの北11】by スタリモストさん

    • ブージ【デリーの西、ムンバイの北11】
    • □19日目(2/1) 
ブージ行きのバス(195)はジャムナガルのバスターミナルを9時にスタートした。横に3人と2人掛けの固定式の椅子が並ぶパブリックバスだ。今までの旅でも10時間を超える長距離バスは何度も経験済みなので、たかだか7時間半・・と甘く見ていた。まして道路はとても良く片側3車線の高速も現れたほど。しかし、「これは楽勝」と思っていたのは走り始めて2時間程度までだった。何故か時間が経つのがとても遅く感じられる。途中小カッチ湿原の塩田や風力発電の巨大プロペラが目を楽しませてくれたものの、窓外の景色はトルコのように面白くない。次第にリクライニングしない椅子の堅さに腰が痛くなる。午後を回ると車内は熱が籠もってくる。途中バスターミナルでトイレに立った間、シートは太陽の強い日差しさらされて、加熱していた。高速を降りてブージへの1車線道路に入ってからは、田園風景が広がる田舎道だったから、本当はその景色を楽しめたのに、心身ともに限界に近い状態になった。もう無理だと感じ始めた頃、山の頂に万里の長城のような砦が見えてきて、それを右周りに迂回し、やっと午後4時半、ブージのバスターミナルに着いた。(バスを悪者扱いしているが、蓄積した疲労が根本原因だろう。しかしリクライニングするバスを見つけておけば良かった。)
    • 旅行テーマ: 遺跡・史跡・歴史
    • 旅行時期: 2014/02/01 - 2014/02/03(約7ヶ月前)

    カッチ湿原に広がる白一色の塩原「ホワイトラン」と、少数民族のレベルの高い手工芸品を見るために、その本拠地であるブージにやってきた。 インド旅も20日ほど経過し、2人とも疲れが出たのか下痢に見舞われた。ジャムナガルからブージまでのパブリックバスでの7時間半は、予想に反して過酷だった。 □経過=デリー(1/14.15.16)→ボーパール(1/17.18.19)→マンドゥ(1/20.21)→アーメダバード(1/22.23.24.25.26)→ジュナーガル(1/27.28.29.30)→ジャムナガル(1/31)→ブージ(2/1.2.3.4.5.6)→パタン(2/7.8.9)→ジャイサルメール(2/10.......... もっと見る(写真41枚)

  • パトナでの結婚式に招かれてby manihoujyuさん

    • パトナでの結婚式に招かれて
    • 関空からバンコク経由ガヤー着という行程でインド入りしました。
関空を夕方の便で、バンコクには深夜着。
トランジットホテルを利用、翌日昼の便でガヤーに向いました。
    • トランジットホテルの窓からの景観です。
    • 同行者: 友人旅行テーマ: イベント・祭り
    • 旅行時期: 2014/02/16 - 2014/02/23(約6ヶ月前)

    年末、ハンピへの旅に随行してもらったいつものガイドが結婚することになり、招待されたので彼を知る日本の関係者にも声をかけて参加してきました。 初インドの者もいたので、仏跡とバラナシ観光を加えてみました。  もっと見る(写真52枚)

  • 東南アジア&南インドフラフラ旅日記2014(31)チダムバラム→クンバコーナムby oterasanさん

    • 東南アジア&南インドフラフラ旅日記2014(31)チダムバラム→クンバコーナム
    •   榊さんと7:00レストランで待ち合わせ朝食。
    •   パンにジャム・バター、パパイヤ、パイナップル、コーヒー。

  朝食はこんなもんでしょう。
    • 同行者: 友人旅行テーマ: バックパッカー
    • 旅行時期: 2014/02/13 - 2014/02/13(約6ヶ月前)

    2014年8月25日(月)更新   最近内戦中のシリアで日本人が拘束されたというニュースを聞きました。   シリア政府軍と反政府軍の武力衝突が始まったのが20 11年1月。   私がシリアを訪れたのは2010年11月12〜17日及び23〜25日。   出国して2カ月後から内戦は今も続いています。   行く前の予想に反し旅人に優しく、特に幾人もの子供たちが「ウエルカム シリア」と云って挨拶してくれた事を思い出します。   一時も早い内戦の早期終結を望んでます。 第36日目・20... もっと見る(写真26枚)

  • マンダワ、ジュンジュヌ【デリーの西、ムンバイの北27】by スタリモストさん

    • マンダワ、ジュンジュヌ【デリーの西、ムンバイの北27】
    • □45日目(2/27)
「バオリ・ゲート」近くのバスターミナルから、マンダワ行きのプライベートバス(30)に乗った。バスは田園の狭い一本道をフルスピードで走り45分程度で着いた。

※マンダワの中心
    • マンダワにもハヴェリがたくさん見られたが、その多くがホテルやレストランに改造されている。又、この街はシェカワティ地方の観光の拠点となっていることもあり、あこぎな態度の売り子も出現して、「why」を連発することも多かった。観光化が進むと致し方ないことだが、興ざめすることしきり・・・。
    • 旅行テーマ: 遺跡・史跡・歴史
    • 旅行時期: 2014/02/27 - 2014/02/27(約6ヶ月前)

    ナワルガルから公共バスで、マンダワとジュンジュヌに出かけた。マンダワにも見応えのあるハヴェリがあり、ジュンジュヌにはこの地方最大と言われる階段井戸がある。 □経過=デリー(1/14.15.16)→ボーパール(1/17.18.19)→マンドゥ(1/20.21)→アーメダバード(1/22.23.24.25.26)→ジュナーガル(1/27.28.29.30)→ジャムナガル(1/31)→ブージ(2/1.2.3.4.5.6)→パタン(2/7.8.9)→ ジャイサルメール(2/10.11.12.13.14.)→ジョドプール(2/15.16.17)→ウダイプル(2/18.19.20.21)→ブーンディ(2/22.23.24)→ナワルガル(2/25.26.27.28)→ジャイプール(3/1... もっと見る(写真54枚)

  • 東南アジア&南インドフラフラ旅日記2014(29)マハーバリプラム→プドゥチェリーby oterasanさん

    • 東南アジア&南インドフラフラ旅日記2014(29)マハーバリプラム→プドゥチェリー
    •   入口の反対にあるベランダ。

  朝は気持ち良い風が入り、緑豊かな植物を見ているとインドに居る事を忘れます。
    •   しかし今日も移動日。

  荷物を整へチェックアウトのため榊さんと受付へ。(ここが入口の近くにある受付)

  誰もいません。

  探し回ってやっと従業員を見つけました。

  従業員に頼んでリクシャーで昨日降りたバス停へ。(一人25IR=50円)
    • 同行者: 友人旅行テーマ: バックパッカー
    • 旅行時期: 2014/02/11 - 2014/02/11(約6ヶ月前)

    2014年8月15日(金)更新   例年の旅は来年に1月上旬よりスタートの予定。   旅の期間中頭を痛めるのが中国の旧正月の期間。   来年の旧正月は2月19日より1週間位。   この期間を避けるため前半の旅は1月上旬〜2月中旬の40日間位。   後半は3月の1ケ月間の予定。   行き先は現在検討中、10月に入ると飛行機の予約が待っています。 第34日目・2014年2月11日(火)</span>   見どころの多いマハーバリプラム、2泊は必要な地ではありますがスケジュールの関... もっと見る(写真27枚)

旅行会社に相談する

その他の都市のことならおまかせください!

旅行会社一覧

4Tポイントを貯めよう

チャンスは一日一回。
エリアに隠された宝箱を探せ!お題はTOPページにて発表! 本日のお題はこちら!

4Tポイントとは?

おすすめの都市

  • ソウルソウル
    4.80

    旅行テーマ

    • グルメ
    • 街歩き
    • ショッピング
  • 台北台北
    4.77

    旅行テーマ

    • 街歩き
    • グルメ
    • 芸術・美術館・博物館
  • バリ島バリ島
    4.62

    旅行テーマ

    • ビーチ
    • ホテルステイ
    • スパ・エステ・マッサージ
  • アンコール・ワット周辺アンコール・ワット周辺
    4.74

    旅行テーマ

    • 世界遺産
    • 遺跡・史跡・歴史
    • 街歩き
  • バンコクバンコク
    4.66

    旅行テーマ

    • 街歩き
    • グルメ
    • 遺跡・史跡・歴史
  • シンガポールシンガポール
    4.60

    旅行テーマ

    • 街歩き
    • グルメ
    • ホテルステイ