旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

その他の都市の旅行記(ブログ)

444

旅行時期

旅行時期順 いいね順 新着順

  • スノウリ国境、知らぬ間に51日間のオーバーステイ…by toshibaa45さん

    • スノウリ国境、知らぬ間に51日間のオーバーステイ…
    • バラナシからポカラに向け移動開始。
まずはバラナシバススタンドからネパールとの国境であるスノウリを目指します。
朝一番のバスは5:20発、321Rs。
    • このバスはゴーラクプールのバススタンドに寄ります(12:00)。私以外は全員降りましたがすぐにまた大勢乗り込んで来ました。
    • 関連タグ:

      • 旅行時期: 2017/10/08 - 2017/10/09(1ヶ月以内)

      バラナシからポカラへローカルバスを乗り継ぎ国境越え。 しかし、思いもよらぬパプニングが…。 なんとインド出国時に51日のオーバーステイを宣告されました。 果たしてその真相とは…。 もっと見る(写真24枚)

    • 弾丸!女ひとりインド!〜\田出発からデリー空港到着まで〜by さおりさん

      • 弾丸!女ひとりインド!〜\田出発からデリー空港到着まで〜
      • 久しぶりのひとり旅。まずは1日目、17:55成田発!約9時間のフライト。

デリーまでのフライトは平日にもかかわらずほぼ満席。
チェックイン時にプレミアムエコノミーへのアップグレードがあったけど、真ん中の席だということでお断りしました。

隣に座ったイケメン・カリフォルニアおじさまとのお話で盛り上がってる間にあっという間に9時間が経過。

20分ほど早く到着し、現地時間は23:30。
      • もちろん撮るよね。空港のトイレ。ちゃんと顔認証するよ。ちなみにこんな感じのトイレが沢山あるよ。
      • 同行者: 一人旅
      • 関連タグ:

        • 旅行時期: 2017/10/05 - 2017/10/09(1ヶ月以内)

        ずっと行きたくて行けてなかったインドに、超弾丸で行ってきました。 今まで数十カ国を旅してきたけど、インドに行ってなかったのは旅人たちから「女一人では絶対行くな」って言われてきたから。 でも、行ってみました。女ひとり、超弾丸、インド3都市の旅! ◆◇◆ 旅程 3泊5日(実質2泊5日)◆◇◆ 2017年10月5日   ー17:55 成田発  ー23:50 デリー着 2017年10月6日  ー6:05 デリー発  ー7:00 飛行機にてジャイプール着  ジャイプール観光、ジャイプル宿泊 2017年10月7日   ー6:00 タクシーをチャーターしてジャイプール... もっと見る(写真8枚)

      • 南インドへ行こう!(4) やっぱり遅れるインド鉄道-コインバトールからコチ-by Lilyluckさん

        • 南インドへ行こう!(4) やっぱり遅れるインド鉄道-コインバトールからコチ-
        • コインバトールのバスターミナルは

泊まるホテル Vivanta by Taj Surya より
ずいぶん 北であった。

オートのお兄さんは
かーなーり 強気 頑固 
値下げに 一歩も譲らず
結局 200ルピー

そして 彼の運転は
また 強気の中の 強気

荒すぎて ドキドキしたけど
夜のコインバトールの街は

繁華街!!という言葉がぴったりで
ものすごい エネルギーを感じた。
        • 喧騒の中の オアシスのような
高級ホテルにチェックインした後は

眠い体を引きずって 夕飯探し
(例によって 朝ごはんの後は 買ってもらったサモサくらいしか食べてない)

ホテルの近くをグーグルマップで見て
レストランマークのところに行き
賑わってたら 入るという作戦

で、徒歩5分で みーつけた!!
VALARMATHIという店でした。

        ニルギリ山岳鉄道を終え ローカルバスに乗り コインバトールへは、19:00過ぎに着いた。 コインバトールは観光地ではないが タミル・ナードゥ州第二の規模の都市だそうだ。 確かに、地図で見ても 着いても 人 街の賑わい 栄っぷりは かなりのもの。 ちょっと奮発して 今回唯一の Taj系列ホテルに泊まる。 ゆっくり充電して、翌朝の鉄道移動に備える計画。 旅程 9/23 成田からデリーへ 国内線乗り継ぎ バンガロールへ バンガロール泊 9/24 鉄道でマイソールへ マイソール泊 9/25 バスでウーティへ ウーティ泊 9/26 ニル... もっと見る(写真37枚)

      • 近くて遠いもの、遠くて近いもの -2- インドといえば、列車でしょ!by おま。さん

        • 近くて遠いもの、遠くて近いもの -2- インドといえば、列車でしょ!
        • 2日目。
ボクらは、雨降る早朝の IN THE CAR。
直訳すると、これからアウランガーバードなの。

(だったら、昨日ヒコーキで・・・)

って、言わないで。
そうゆうのって、後から気づくのね。


し〜〜〜ん。

それにしても、静か。
IN THE CAR にはガイド氏いるのに、
早朝仕様なのか、Cool に決めポーズ。
        • 渋滞知らずの、ステイション。
ガイド氏とお別れ。

と思ったら、ホームまでご案内。 もち、Cool に!


ザザザザーーーッ!!!!

突然のスコール、メガ盛り。
あと5分遅けりゃ、おパンツまでがビータビータ。


つーワケで、雨は止まぬが、列車参上。
これで正式に、Cool ガイド氏と、サヨナラできる。
別れ際も Cool なのね〜♪

と、タワゴト抜かす間もなく、いきなりズドーン!

席、わからん。

だって、バウチャーの印字が極薄なんだぜ。
インク・トナー、交換時期が過ぎちゃってますけど。

ザワワ・・・ ザワワ・・・

さとうきび畑的に、インド人に囲まれる。
でもって、さらりと解読。
        • 同行者: カップル・夫婦
        • 関連タグ:

          • 旅行時期: 2017/08/11 - 2017/08/21(約2ヶ月前)

          インド。 もっと見る(写真3枚)

        • 秘境の地、ラダックへ!!by たまおさん

          • 秘境の地、ラダックへ!!
          • 7/30  Alchi, Lamayuru jeep share
アルチへ向かうドライブ途中の写真スポット。
          • 関連タグ:

            • 旅行時期: 2017/07/30 - 2017/08/01(約2ヶ月前)

            今日から3日間、ジープを日本人女性2人とシェアし、レーを離れる。シェアするのは、イノウエさんとスズキさん。さすが、ラダックへ来る人、今までいろいろなところへ行かれていて、こういう人と話すのって本当に楽しい。 ちなみに、サチさんの旅行代理店で手配してもらったのは、ジープチャーターのみで、ゴンパの参観料、食事代、宿代はすべて含まれていない。 7/30 アルチ、ラマユル 日帰り アルチ、ラマユルは、レーから西側にある地域の村。このアルチ、ラマユルをメインにその他、「Hidden Himaraya」のサチさんが、人があまり... もっと見る(写真196枚)

          • インパール空港(IMF)by salamさん

            • インパール空港(IMF)
            • インパール国際空港。
市内のポログランド近くから200rs(360円)。値切らずに乗ってしまった。交渉中、リクシャーの男にTulihal Airport?と聞き返された。空港の別名がそうらしい。緑の制服ような服を着た中国軍兵士みたいな角刈りの男だった。
空港までやたら飛ばし、普通車すら抜きさった。空港敷地入り口検問もパス。空港に入れないリキシャーもいるようだが、どういうルール、ライセンスなのかは不明。
            • 空港前駐車場の脇に白服のムスリムたちが集まっていた。特設集会場もある。
            • 関連タグ:

              • 旅行時期: 2017/07/27 - 2017/07/27(約2ヶ月前)

              1ルピー=1.8円でした。 もっと見る(写真30枚)

            • マニプール州都インパールby salamさん

              • マニプール州都インパール
              • 先の大戦で遂行された無謀なインパール作戦で有名な町。しかし日本軍はこの町に結局たどりつけずに退却し総崩れ。
この町の第一印象は、、、20年前の中国だ。
だだっぴろい道、ほこりっぽさ、店の薄暗さ、殺伐、、
              • 夕方のラッシュ時、交差点で警察が増員されて交通整理をしているのはわかるのだが、自動小銃をもった軍隊?もたくさんいるのが不気味だ。
              • 関連タグ:

                • 旅行時期: 2017/07/27 - 2017/07/27(約2ヶ月前)

                1ルピー=1.8円でした。 写真は州立博物館の屋外展示。 もっと見る(写真34枚)

              • コヒマからインパールへ(アジアハイウェイ)by salamさん

                • コヒマからインパールへ(アジアハイウェイ)
                • これがコヒマのバスターミナル。
                • クローク(荷物預かり)もある。
                • 関連タグ:

                  • 旅行時期: 2017/07/26 - 2017/07/26(約2ヶ月前)

                  1ルピー=1.8円でした。 もっと見る(写真46枚)

                • ナガランド州コヒマby salamさん

                  • ナガランド州コヒマ
                  • ディマプール駅。ここはもうナガランド州。インパール作戦でなし崩しにここまで前進せよと命令された地でもある。
                  • 自動小銃を持った鉄道警察かな。
                  • 関連タグ:

                    • 旅行時期: 2017/07/25 - 2017/07/25(約2ヶ月前)

                    1ルピー=1.8円でした。 あの山をこえて日本軍はやってきました。 もっと見る(写真43枚)

                  • アッサム州ディブルガルで大河を見たby salamさん

                    • アッサム州ディブルガルで大河を見た
                    • ブラフマプトラ川。
地図でみるとベンガル湾から1000km内陸に入ったアッサム州ディブルガルでも、川幅が10キロ近くある。ちょっとスケールが大きすぎてよくわからない。10キロといえば川向こうが水平線になってしまう距離だ。上海でみる長江のように。
というわけで、見に行ってみた。
                    • ディブルガル駅。
                    • 関連タグ:

                      • 旅行時期: 2017/07/24 - 2017/07/24(約2ヶ月前)

                      1ルピー=1.8円でした。 もっと見る(写真52枚)

                    • インド最長距離列車Dbrg Vivek Express(列車番号15905)4273km81時間の旅by salamさん

                      • インド最長距離列車Dbrg Vivek Express(列車番号15905)4273km81時間の旅
                      • ルートマップ(wikipediaより)
4泊5日の長旅だがシャワーはなし。ウェットティッシュと水のいらないシャンプーでしのいだ。2段寝台エアコン車両だったので、さほど汗はかかず。
同じルートを逆方向で旅行作家下川氏がエアコンなし3段寝台で乗りとおした旅行記を朝日新聞のウェブサイトで読むことができる。

世界の長距離列車に乗る インド編1 - 写真特集 - 朝日新聞デジタル&TRAVEL
http://www.asahi.com/and_travel/gallery/20170208clickdeep/


時刻表などは以下のサイトが役に立った。車両編成や距離数は少し違っていたが。

15905/Kanniyakumari - Dibrugarh Vivek Express (PT) - Kanniyakumari/CAPE to Dibrugarh/DBRG NFR/Northeast Frontier Zone - Railway Enquiry
https://indiarailinfo.com/train/15920
                      • wikipediaによればVivek Expressはインドで4ルートを走っている。この列車がいちばん長い距離を走る。
Vivekとはインド最南端コモリン岬の沖にある岩の由来と同じで、19世紀に活躍したインドの有名な宗教者ヴィヴェーカーナンダのこと。生誕150周年(2013年)にあわせて運行開始。
最南端のカーニャクマリ駅を毎週木曜日23時に出発する。
途中にあるチェンナイやコルカタといった大都市の駅は迂回していくので南部と東北部をダイレクトに結ぶのが主眼の列車だということがわかる。
                      • 関連タグ:

                        • 旅行時期: 2017/07/20 - 2017/07/24(約3ヶ月前)

                        1ルピー=1.8円でした。 インド最南端カーニャクマリ駅から東北部アッサム州の深奥部ディブルガル駅まで4泊5日のインド最長距離列車に乗ってみました。 もっと見る(写真121枚)

                      • ガンジス川の源流、聖地ガンゴトリーへby toshibaa45さん

                        • ガンジス川の源流、聖地ガンゴトリーへ
                        • 今回のルート。
赤丸がそれぞれシリケシ、ウッタルカーシー、ガングナーニー、ガンゴトリー、ボジバーサー、ゴームクです。
                        • 6/5
リシケシのヤトラバススタンドからウッタルカーシー行きのバスに乗車。出発は5:30。チケットは30分ほど前になると窓口で買える。240Rs。当然列を作らないのでいきなり闘わなければならない。
                        • 関連タグ:

                          • 旅行時期: 2017/06/05 - 2017/06/14(約4ヶ月前)

                          ガンジス川の源流、聖地ガンゴトリーへ。そして更に源流点であるゴームクヘのトレッキングをしました。日程は リシケシ出発 ウッタルカーシー(1泊) ガンゴトリー(2泊) ボジバーサー(1泊) ガンゴトリー(1泊) ガングナーニー(4泊) リシケシ着 もっと見る(写真68枚)

                        • 2017年4月28,29日メーデー休暇 ナーランダー、ブッダガヤ旅行by ぱっしょんKさん

                          • 2017年4月28,29日メーデー休暇 ナーランダー、ブッダガヤ旅行
                          • チェンナイ22:50に飛ぶ予定だったインディゴ6E704便。期待通り1時間遅れで飛んでくれました。これで思惑通りデリーの乗り換え待ち時間が減るはず!
                          • ニューデリー着1:45。もうちょっと遅れて欲しかったけど、やっぱインドの夜のフライトは期待を裏切りません(笑)

到着したのはデリー空港第一ターミナル。
乗ってきたのはエアバスA320。
                          • 同行者: カップル・夫婦
                          • 関連タグ:

                            • 旅行時期: 2017/04/28 - 2017/04/29(約5ヶ月前)

                            5月1日メーデー。世界労働者デー。インドも休みです。4月29日から会社は3連休。となれば旅行に行かなくては!! 海外研修社員Y君はこの連休チェンナイ日本人会の人たちとバンガロールにゴルフしに行くとのことで久しぶりのインド国内一人旅行になりました。 候補にあげたのはコナーラクとブッダガヤ。迷って選んだのはブッダガヤ。 ブッダガヤに行く予定を立てて航空チケットを購入したのですが、近くのナーランダーの仏教大学跡が2016年に世界遺産に登録されたことがわかり、行きのチケットをキャンセルして取り直すことに... もっと見る(写真106枚)

                          • 2017年4月15日 タミルナドゥニューイヤー休暇 海外研修社員2号と行くパタン、アーメダバード旅行by ぱっしょんKさん

                            • 2017年4月15日 タミルナドゥニューイヤー休暇 海外研修社員2号と行くパタン、アーメダバード旅行
                            • 昨日駅から歩いて来た道を逆方向に進みます。
                            • 前日4/14はグジャラート州ではグッドフライデーという祝日で南インドタミルナド州とは別の祭日でお休みです。まぁどちらにしても3連休です。
                            • 同行者: 友人
                            • 関連タグ:

                              • 旅行時期: 2017/04/15 - 2017/04/15(約6ヶ月前)

                              4/14はわが社のあるタミルナドの旧暦のニューイヤーデー。14-16まで3連休となりました。 ぼくはもともとこの3連休でグジャラートパタンのラーニキ・ヴァヴ[女王の階段井戸]を見に行く予定を立てていました。それに研修社員2号Y君も同行することになりました。 ただ、4月とはいえグジャラート州は40度を軽くオーバーする気温になっているはず。そこがちょっとだけ不安。 なにはともあれ2014年に登録された比較的新しい世界遺産を見に行きます。 この旅の予定です。 4/13 チェンナイ21:55→アーメダバード00:15;スパイス... もっと見る(写真208枚)

                            • 2017年4月13,14日 タミルナドゥニューイヤー休暇 海外研修社員2号と行くパタン、モデラ、アーメダバード旅行by ぱっしょんKさん

                              • 2017年4月13,14日 タミルナドゥニューイヤー休暇 海外研修社員2号と行くパタン、モデラ、アーメダバード旅行
                              • チェンナイ空港に到着したのは19:35。
                              • 中に入って、
(写真は南インド様式のヒンドゥー教寺院のミニチュア)
                              • 同行者: 友人
                              • 関連タグ:

                                • 旅行時期: 2017/04/13 - 2017/04/14(約6ヶ月前)

                                4/14はわが社のあるタミルナドの旧暦のニューイヤーデー。14-16まで3連休となりました。 ぼくはもともとこの3連休でグジャラートパタンのラーニキ・ヴァヴ[女王の階段井戸]を見に行く予定を立てていました。それに研修社員2号Y君も同行することになりました。 ただ、4月とはいえグジャラート州は40度を軽くオーバーする気温になっているはず。そこがちょっとだけ不安。 なにはともあれ2014年に登録された比較的新しい世界遺産を見に行きます。 この旅の予定です。 ★4/13★←この旅行記 チェンナイ21:55→アーメダバード0... もっと見る(写真67枚)

                              • タミルナドウ州見残しバス旅行 ヴェーランカンニby 風来坊さん

                                • タミルナドウ州見残しバス旅行 ヴェーランカンニ
                                • 夜行バスでVELANKANNIの町に到着。バスターミナルのそばでプーリーの朝食。ちょっと油が・・・・
2個はいりませんでした。45ルピー。
                                • これが朝食食べたお店です。
                                • 同行者: 一人旅
                                • 関連タグ:

                                  • 旅行時期: 2017/03/10 - 2017/03/11(約7ヶ月前)

                                  チェンナイから日帰りで行けそうな旅行先ないかなと考えて・・・ そういえば、以前、インドで知り合った友人にヴェーランカンニっていいよって言われた記憶が。 そんなわけで、インターネット情報とガイドブックを調べて、金曜日に夜行で行けば、土曜日には帰ってこれそうということが判明。即、バスを予約して出かけることに。バスは "MAKE MY TRIP" という手配サイトでVOLVOのエアコン付バスを予約。往復で約1200ルピー。 ヴェーランカンニは聖母マリア様が現れたとのことで、キリスト教の聖地。教会がたくさんあります... もっと見る(写真15枚)

                                • インド アンダマン諸島・ポートブレア & チェンナイの旅 .檗璽肇屮譽∧by MATSUKAWAさん

                                  • インド アンダマン諸島・ポートブレア & チェンナイの旅  .檗璽肇屮譽∧
                                  • 2月12日(日)早朝5時台の西広島駅です。

先月の様な積雪はないが、寒波の中出発。しかも荷物になるんで短パンで出発(笑)
                                  • 岩国錦帯橋空港です。

先月のコタキナバルのマッサージでお金をスラれて金欠なんで、特典航空券でお世話になりました。まずは羽田まで。

岩国→羽田→バンコク→チェンナイ→ポートブレア往復といった感じで38000マイルなり。ザコなんでエコノミー。普通に発券したら幾らするんでしょうか。
                                  • 同行者: 一人旅
                                  • 関連タグ:

                                    • 旅行時期: 2017/02/12 - 2017/02/17(約8ヶ月前)

                                    2017年二発目の旅は、何となく前から気になっていたインド領、アンダマン・ニコバル諸島の中心都市、ポートブレアと南インドの大都市、チェンナイ(マドラス)を巡ってきました。 表紙の写真はポートブレアの中心地にそびえ立つガンジー像。 もっと見る(写真149枚)

                                  • インドの宮殿での結婚式に参加してきました!by Hacciさん

                                    • インドの宮殿での結婚式に参加してきました!
                                    • 今回のインドもJALで行ってきました。旅の始まりはサクララウンジのお酒とマッサージ(便出発の2.5時間前で余裕で予約できました)
                                    • プロセッコLA GIOIOSAとJAL特製ビーフカレー、SOUP STOCK TOKYOのトマトクリームスープ、サラダの朝食。
                                    • 同行者: 一人旅
                                    • 関連タグ:

                                      • 旅行時期: 2016/12/27 - 2016/12/31(約9ヶ月前)

                                      MBA時代の親友がインドで結婚することになり、式に招待してもらいました。デリーから車で5時間以上かかるMandawa(Rajasthan地方)の宮殿で開催された非日常的な丸2日間の結婚式の様子をご紹介します。 もっと見る(写真65枚)

                                    • グジャラート州カッチ地方&デリー、アグラ 家族旅行2017 1/4by くろへいさん

                                      • グジャラート州カッチ地方&デリー、アグラ 家族旅行2017 1/4
                                      • 昨夜1時間遅れのフライトでアーメダバードに到着しました。
空港内のタクシーカウンターでカッチ地方4日間を巡る為の車と運転手を手配。
料金はガソリン代、運転手代込で4日間で14,100rps
家族3名での利用なので即決。
翌朝8時に運転手君が宿泊先のシェラトンホテルに迎えに来てくれました。
先ずは、ホテルの近所の安食堂で腹ごしらえ。
                                      • 何という料理か不明であるが、運転手のルイ君にお任せして諸々と食してみました。
インドとはいえ、この季節の朝は肌寒く、温かいダルカレーが体に沁みます。
馴染みらしいお客さんが美味そうに食べてます。
「ナイスか?」
と聞かれたので
「ナイス」
と答えました。
まあ、ホントに美味かったし。

                                      以前から行きたかったグジャラート州 この州を訪れる外国人旅行者は、インドで一番少ないそうだ。 州都のアーメダバードへの国際線は無く、ムンバイからも列車で一晩かかる。 イスラム教徒と菜食主義者多く住み、飲酒は州法で禁止されている。 パキスタンまで続く広大な砂漠に暮らす少数民族の村々。 乾季になると突如姿を現す、塩で覆われた広大な塩砂漠。 精密な彫刻で彩られた井戸…と見どころも多い。 特に、グジャラートからラジャスタンに至るインド西部一帯は、古くから欧州やペルシアまで交易が盛んであり、多種多様な人... もっと見る(写真58枚)

                                    • グジャラート州カッチ地方&デリー、アグラ 家族旅行2017 2/4by くろへいさん

                                      • グジャラート州カッチ地方&デリー、アグラ 家族旅行2017 2/4
                                      • 【前回の続き】
ブジ市内のツーリストインフォメーションで近郊の少数民族の村を教えて貰い出発。
カッチ地方には多くの少数民族が住んでおり、彼らの作り出す民族衣装や工芸品の出来栄えは素晴らしいとの事。
ところが、彼らの村が何処にあるのか分かりません。
勿論google等で探しましたが、英語の情報も殆どなく困っていました。
まあ、オートリキシャをチャーターすれば良いのですが、せっかくアーメダバードから車をチャーターしているので、ここは運転手のルイ君に頑張って貰おう!
インフォメーションセンターのおねえさんには
「白砂漠の最高な景色が見える場所とエキゾチックな少数民族の村々を4-5ほど教えて下さい」
とお願いし、ブジを拠点に周れるphotogenicな場所を選んでもらいました。
細かい内容はおねえさんとルイ君の間でグジャラート語で会話。
とりあえず、理解したとの事。
先ずは白砂漠に行く途中に幾つか少数民族の村を周ってくれる事で出発!
                                      • ブジまでは立派な幹線道路を快適なドライブでしたが、此処からはローカル色満載。
ヤギに行く手を阻まれます。
                                      • 同行者: 家族旅行
                                      • 関連タグ:

                                        • 旅行時期: 2016/12/26 - 2017/01/04(約9ヶ月前)

                                        以前から行きたかったグジャラート州 この州を訪れる外国人旅行者は、インドで一番少ないそうだ。 州都のアーメダバードへの国際線は無く、ムンバイからも列車で一晩かかる。 イスラム教徒と菜食主義者多く住み、飲酒は州法で禁止されている。 トンカツとビールが大好きな小生とは対極に位置するが、パキスタンまで続く広大な砂漠に暮らす少数民族の村々。 乾季になると突如姿を現す、塩で覆われた広大な塩砂漠。 精密な彫刻で彩られた井戸…と見どころも多い。 特に、グジャラートからラジャスタンに至るインド西部一帯は、古く... もっと見る(写真65枚)

                                      海外旅行先で失敗しないためには?

                                      インドで使えるWi-Fiルーターが450円/日〜でレンタル可能!いつでもどこでもネットがつながれば、地図に翻訳、困ったことは即解決。

                                      Wi-Fiについてもっと見る

                                      フォートラベル GLOBAL WiFi

                                      旅行会社に相談する

                                      その他の都市のことならおまかせください!

                                      旅行会社一覧

                                      4Tポイントを貯めよう

                                      チャンスは一日一回。
                                      エリアに隠された宝箱を探せ!お題はTOPページにて発表! 本日のお題はこちら!

                                      4Tポイントとは?

                                      おすすめの都市