旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

オシュの旅行記(ブログ)

24

旅行時期

旅行時期順 いいね順 新着順

  • 中央アジアby やまちゃんさん

    • 中央アジア
    • 5月19日から5月28日。
ウルムチ、イーニン、ハミ。

ウルムチの天池へ行った。天山山脈の麓にあり、天気も悪く寒かった。
    • ツアーで行ったために昼飯がついていた。
    • 同行者: 一人旅
    • 関連タグ:

      • 旅行時期: 2017/05/19 - 2017/08/09(約6ヶ月前)

      中央アジアのキルギス、カザフスタン、タジキスタン、中国と廻ったが、写真のメモリーカードを、誤ってタジキスタン、中国の一部は写真はありません。 5月19日ー7月7日 写真あり。 7月8日ー7月13日 ホーログ 7月14日ー7月19日 ドウシャンべ 7月20日ー7月22日 ホジャント 7月22日      イスタラブシャン 以上タジキスタン、 7月23日ー7月26日 オシュ 以上キルギス 7月27日ー7月30日 カシュガル  7月31日ー8月1日  タシュガル 8月2日−8月3日  カシュガル 8月4日ー8月9日  西安 以上中国 ホーログ―西安まで写真は消... もっと見る(写真182枚)

    • 中央アジアの悠久のシルクロードを巡る〜オシュとスレイマントーを歩くby Krisflyerさん

      • 中央アジアの悠久のシルクロードを巡る〜オシュとスレイマントーを歩く
      • 空港から町にマルシュで向かうこと20分、目の前にそびえ立つ岩山、スレイマントーが見えてきました。

      キルギスの首都、ビシュケクから飛行機で1時間、南部にあるオシュという古い町。その町の中心に町のシンボル、そして聖地として君臨する小高い丘、それがスレイマントー。まさにこのスレイマントーを中心として発展したと言っても過言では無い。 空港から地元のバスに乗って移動すること約20分、その視線の先には聳え立つような岩山が見えてくる。それこそがまさにスレイマントー。モンゴル帝国時代、そしてその後のテュルク系によるイスラムの伝播、ムガール帝国という激動の歴史の中、地元の人達はこの山の洞窟などを聖地として崇... もっと見る(写真33枚)

    • シルクロード再び12▲オシュからカシュガルへ国境越えby Halonさん

      • シルクロード再び12▲オシュからカシュガルへ国境越え
      • 午前中はネットを見たりしてだらだら。12時ごろチェックアウトして早めにバスターミナルへ。
サリタシュ行きマルシュルートカで左側の窓側席を確保。
      • 出発1時間半も前に来たのに、すでに先客がいてやむなく最後部席に座る。同行の日本人Iさんがキルギス人大学生と会話。顔つきは日本人によく似ている。

      キルギスから中国への越境は2時間の時差もあり1日での通過は難しい。そこでサリタシュで泊まるつもりでいた。当日は車内で知り合った日本人に同行しサリタシュよりさらに国境に近いイルケシュタムまでヒッチハイク。検問所手前の民家のコンテナに泊めてもらう。忘れられない思い出になった。 【交通】 7/26 Osh 14:00 ⇒ Salitash 17:26 445番マルシュルートカ 350ソム 7/26 Salitash 17:55 ⇒ Irkeshtam手前 19:10 トラック 5ドル 7/27 キルギス側国境8:45 ⇒ 中国側国境8:55 トラック 無料 7/27 中国側国境11:40 ⇒ ウチャ入国管理所14:0... もっと見る(写真66枚)

    • シルクロード再び11▲サマルカンド〜タシケントからオシュヘ国境越えby Halonさん

      • シルクロード再び11▲サマルカンド〜タシケントからオシュヘ国境越え
      • サマルカンドの朝、4連泊したホテル・バハディールを出発。
      • 天文台の先にあるウルグベク・バスターミナルから8時半のタシケント行きに乗る。意外にもエアコン付だった。しかも15,000スム≒450円と安い。話に聞いていたのと違ってうれしい誤算。

      タシケントからアンディジャン経由でキルギス国境へ。国境が閉まる午後6時までに着けるのか心配だったが、3時過ぎには無事到着。管理所には旅客も少なく数人しか見かけなかった。 オシュでは二泊して次の国境越えの準備。 【交通】 7/23 Samarkand 8:30 ⇒ Tashkent 13:08 バス 15,000スム 7/23 Tashkent北部 13:25 ⇒ Tashkent駅前 13:50 番マルシュルートカ 1,500スム 7/24 Tashkent 6:00 ⇒ バスターミナル 6:10 タクシー 2,500スム 7/24 Tashkent 6:40 ⇒ Andijan 13:28 乗合タクシー 40,000スム 7/24 Andijan 14:20 ⇒ 国境 15:13 ... もっと見る(写真59枚)

    • オシュからサリタッシュとレーニン峰by montarouさん

      • オシュからサリタッシュとレーニン峰
      • サリタッシュ行きバス
      • 関連タグ:

        • 旅行時期: 2015/06/17 - 2015/06/22(約2年前)

        2015/6/17 オシュのバザールの南端にあるアリシェール・ナヴァイー通りの大橋は工事中であるが、川の西で橋の南側にマシュルートカの乗り場がある。この乗り場の南西端からサリタッシュを通るマシュルートカは発車する。このマシュルートカは445番でCAPTAW行きであるが、これらの記載がない場合もあるので、周囲にサリタシュに行くかを確認する事が必要である。一日に一本で午後2時の発車、料金は350ソム。運転手にサリタッシュで降りることを伝えておくこと、ただしレーニン峰に行くなら、サリタシュからサリーモンゴルまでの交通... もっと見る(写真3枚)

      • キルギス満喫一人旅(2)【オシュ観光後 オシュ→アルスランバブ→カザルマン】by よーべんさん

        • キルギス満喫一人旅(2)【オシュ観光後 オシュ→アルスランバブ→カザルマン】
        • 朝。

昨日は遅くにオシュに着いたのと、タジク行きが完全に断たれたので、今日はオシュをちょっと散策。
        • 宿の前。

この辺はキルギスの中でも標高が低く(でも1,000mぐらいはある)、昼間はかなーり暑い。。

        今年のバースデートリップは中央アジア! 当初は2週間でタジキスタン→アフガニスタン→キルギス→カザフスタンを巡る予定でしたが、相次ぐトラブルの為、タジク&アフガンには行けず、結果キルギスを満喫した旅になりました。 キルギス(キルギスタン)はやはり想像通りの特大自然に心打たれ、山と草原と馬と牛とヒツジとヤギばっかの国で癒されました。 オシュはキルギス第二の都市だけあり、賑わってて、ウズベキスタンが近いせいかウズベク系の人種が多かった。 日程 6/7 羽田→北京→ウルムチ 6/8 ウルム... もっと見る(写真153枚)

      • 新疆キルギス・カザフ旅6▼スレイマン・トー見物とアラトー山脈越えby Halonさん

        • 新疆キルギス・カザフ旅6▼スレイマン・トー見物とアラトー山脈越え
        • ゲストハウスから南へ歩いて5分でアリ・ブハリ・モスクを過ぎる。
        • ホテル北京の界隈でビシュケク行き乗合いタクシーの客引きをやっていた。

        聖山スレイマン・トーはキルギス最初の世界遺産。トーとは山の意味。 オシュではまずこの聖山に登り、その後大シルクロード博物館やバザールを見た。 翌日は体調不良を押してビシュケクまで移動。途中のアラトー山脈はこれまた絶景であった。ビシュケクにはカザフスタン・ビザ取得のために暫く滞在するから「寝込むならビシュケクで」とも思っていた。 【交通】オシュ0900 ⇒ ビシュケク1900 乗合いタクシー 1000ソム+チップ100ソム 【宿泊】6/6 オシュゲストハウス ドミトリー 326ソム     6/7 さくらゲストハウス ドミトリー... もっと見る(写真78枚)

      • 新疆キルギス・カザフ旅5▼中国⇒キルギス国境越えby Halonさん

        • 新疆キルギス・カザフ旅5▼中国⇒キルギス国境越え
        • カシュガル⇒オシュ ルート約500km
        • ユースを7時半に出発。歩いて国際バスターミナルまで来たところで客満の相乗りタクシーをすぐに拾えた。7時50分にはウチャ(烏恰)に向けて発車。
        • 同行者: 一人旅
        • 関連タグ:

          • 旅行時期: 2014/06/05 - 2014/06/05(約4年前)
          • この旅行で利用した施設: オシュ ゲスト ハウス  

          今日はいよいよキルギスへ陸路入国する。この旅の山場だ。通常はカシュガルからオシュへ国際バスが週二便(月、木)あるが、ここ数週間は道路の通行止めで運休していた(キルギス政府への反対勢力の仕業らしい)。他の手段は相乗りタクシーかヒッチハイクか。もともとバスを使うつもりはないので動揺はしなかったが、通常より時間がかかる可能性もある。 2日前に同宿から出発した香港人女性は夜中の1時にオシュに到着したとの情報をユースのスタッフから聞いた。そんなことにならないように、なるべく早く出発することに。 【交通】... もっと見る(写真73枚)

        • キルギスは草原の国です(2)by 哈桑湖さん

          • キルギスは草原の国です(2)
          • キルギスの国境を目指して北上します
          • 関連タグ:

            • 旅行時期: 2013/08/16 - 2013/08/17(約4年前)

            タジキスタンの山には、土がむき出しです キルギスの山は、草で覆われています。 もっと見る(写真108枚)

          • ビシュケク〜オシュ移動by 渡邉将平さん

            • ビシュケク〜オシュ移動
            • 峠越えの乗合タクシーは殆どが日本からのステップワゴンでした。
かなり人気があります。
            • 運転手がかなり飛ばすので、子供が吐いてしまいました。
おかげで景色が撮れました。
            • 同行者: 一人旅
            • 関連タグ:

              • 旅行時期: 2013/08/15 - 2013/08/17(約4年前)

              ビシュケク〜オシュ間のは乗り合いタクシーで移動しました。 道中の景色が最高でした。 オシュの半分はウズベク人で、数年前に民族紛争が起こったとは思えない落ち着きを取り戻していました。 キルギスの写真はこちら↓ http://marcy210.wp-x.jp/?page_id=898 もっと見る(写真10枚)

            • オシュの田舎で結婚式の手伝い〜帰路〜by erifddさん

              • オシュの田舎で結婚式の手伝い〜帰路〜
              • 朝9時、マルシュルートカでオシュの街へ。バザール近くにあるタクシー乗り場に連れて行ってもらいました。
              • 当時はロシア語が本当にへっぽこだったので、交渉は全て地元の友人がやってくれました。なるべく揺れない、日本製の車を選んで交渉。4人乗合で1250ソムです。
              • 同行者: 一人旅
              • 関連タグ:

                • 旅行時期: 2013/08/14 - 2013/08/18(約4年前)

                結婚式前夜祭を終えて、花嫁を迎え入れる前に私はビシュケクへ戻りました。 もっと見る(写真7枚)

              • オシュの田舎で結婚式の手伝い4〜オシュ観光編〜by erifddさん

                • オシュの田舎で結婚式の手伝い4〜オシュ観光編〜
                • キルギスチェクの村からオシュ市内へマルシュルートカで向かいます。ビシュケクのマルシュルートカとの違いは料金が後払いであること。ビシュケクは近郊の村へ行く路線以外は一律10ソムですが、こちらは村間乗り入れ路線が多く、オシュ市内は10ソム、それより遠くは12ソムと料金が変わるのが理由でしょう。
                • 社内は激混み。キルギス語で話す後ろの席のおばちゃんたちの会話を聞いた友人、「息子がお嫁さんを誘拐してきたって話してる」と…誘拐婚、本当に身近にあるんですねえ。ちなみに友人自身もこの1週間後、友達の誘拐婚を手伝うことになっているらしい。
                • 同行者: 友人
                • 関連タグ:

                  • 旅行時期: 2013/08/14 - 2013/08/18(約4年前)

                  オシュ滞在最終日。結婚式前日祭はこの日も続いていましたが友人がオシュ市内観光に連れて行ってくれました。 もっと見る(写真36枚)

                • ユーラシア 西へ37: オシュ 「ユーラシアの東西が出会う」 スレイマン山のふもとby アリヤンさん

                  • ユーラシア 西へ37: オシュ 「ユーラシアの東西が出会う」 スレイマン山のふもと
                  • ワタクシたちは毎朝6時には起きる。
顔を洗いに部屋を出たら外人男女4人が床でゴロ寝していた。
多分真夜中か早朝に着いて、ここにたどり着いたのだろう。
しかし、暗い中、よくこのGHが見つかったものだ。

朝食を部屋ですませ、ワイファイでパソコンいじり。
4トラ仲間のがまだすさんからスカイプ電話が来た。
中々ネット状況が良い。

9時半ころから世界遺産のアラ・トー山(スレイマン山=ソロモン山)に行ってみようと出発。
南に向かえばバザールを通ることになるので、逆の北方面経由で山に近づこうとなった。
(バザールはアノ両替商とハチ合わせになると困るので、避けている)

北方面の公園を抜けて行きます。
公園の中にユルタ(遊牧民のテント)がありました。
                  • 10時になると小腹が空くので、ペプシとパンで腹ごしらえ。

                  ここキルギスタンの世界遺産の一つ、スレイマン山(現地では、アラ・トー山と呼ぶ)に行ってみよう、となった。 昔からこの地域の人々の霊山ということだが、街並みにニョッキリ突き出して立っている荒々しいハゲ山です。 地図を見ると、バザールが近い。 バザールはやんごとなき理由で避けねばならない。 それで、北よりのルートを伝って、世界遺産の霊山に近づこう、となった。 *なお、満足度5.0はここオアシス都市・オシュの全体の雰囲気に満点を、という意味です。 もっと見る(写真39枚)

                • ユーラシア 西へ36: オシュ 「中央バザール」で 両替サギ被害by アリヤンさん

                  • ユーラシア 西へ36: オシュ 「中央バザール」で 両替サギ被害
                  • 朝6時台には最初のホテル(AK MOOR)をチェックアウトしてトロリーバスに乗ってラザコフ通りを南下、キルギスターナ通りのオシュ・ゲストハウス前で下車。
(トロリーバス1乗り4ソム[約7円])

アエロパグの看板の裏にまわって、アパートの4階にあるオシュ・ゲストハウスにチェックインしました。

最初のホテルではイツまたもう一泊分支払えと言われかねないので、早々に引き上げました。

写真はトロリーで見かけた、キルギス帽子のおじさん。
カサが高いので、頭にフィットしたウイグル帽より幾分か厳めしくも立派に見えます。
                  • オシュGHでは唯一あったツイン・ルームに入った。

窓から朝の陽光が入り、中々良い感じです。
                  • 同行者: カップル・夫婦(シニア)
                  • 関連タグ:

                    • 旅行時期: 2012/06/23 - 2012/06/23(約5年前)
                    • この旅行で利用した施設: ジェイマ バザール  

                    さて、今日で「みどりの町・オシュ」2日目です。 今日は、町の北方にあるホテルから中心地にあるオシュ・ゲストハウスに引越しです。 それから両替もせにゃあナランので、バザールに行って両替する必要があります。 先立つものは「カネ」です。 ビザなし、滞在登録なしで2ヶ月も居れるのですから、なにもアワテルことはアリマセン。 この緑豊かなオアシスでカラカラだった中国シルクロードのアカを落としましょう。 *なお、満足度5.0はここオアシス都市・オシュの全体の雰囲気に満点を、という意味です。  もっと見る(写真52枚)

                  • ユーラシア 西へ35: オシュ 「初めてのキルギスタン」by アリヤンさん

                    • ユーラシア 西へ35: オシュ 「初めてのキルギスタン」
                    • 早朝暗いうちにチェックイン。
しばらくベッドに横になっていたら、10時ころにたたき起こされました。
何事か?とドアを開けると新顔のオバチャンがなにやら叫んでいます。
憶測すると、「もうすぐチェックアウトするのか?もう一泊するのか?」と言っているようです。
「もう一泊すると、あと1000ソム払え!」といっているようです。
*(1000Som=当時レートで1,820円)

まだ一泊もしてないのに、何を言ってるのか?
さっぱり分かりません。
                    • アリヤン「ナニ、イットル、今朝チェックインしたばかりでまだ一泊もシトラン。一泊1000ソムでエエっとあのイモトアヤコのお母さんみたいな眉毛がつながっとるオバチャンが言ったデ〜!」
まゆげを手でなぞるような仕草のパントマイムが通じた。
イモトアヤコのお母さんがレセプションに居た。
なぜかおとなしい。

モウ一人の別のオバチャンが「早朝チェックインは一泊、10時ころからのチェックインでさらに一泊、計2泊分をあの外人夫婦から召し上げるべきだ」と主張しているらしい。
イモトアヤコのお母さんにこのメモを見せて、「今日の朝暗いうちにやって来て、今日は6月22日で23日の朝ウートラ(UTRA:ロシア語で午前)にチェックアウトして1000ソムヤナ!」「アンタ、ソウ言ったヤン!」と迫ったが、お母さん、バツ悪そうに分からんフリしている。

ワタクシが何度も「ワシャ、払わんゾ!約束がチガウ!」と叫ぶものだから、オバチャン連中困ってどこかに電話した。

電話に出ろ、というので出たら、相手さんはこのホテルのオーナーで英語をしゃべる。
オーナーさん曰く「暗いうちにチェックインしたら一泊分頂くのが、国際的な常識でしょう?」
アリヤン「しかしチェックインする前にレセプショニストと話しをして、ちゃんと了解を得たので、早朝チェックインは特別にOKされたと理解するのも国際的にあり得るし、それもまた常識です。」

「ああ言えば、こう言う」のが功を奏して、オーナーが理解を示してくれて、明日の午前中までの一泊分でOKとなった。

                    きのう朝も暗いうちにチェックインした。 どこか定かでないホテルで一休みしていると、午前10時ころにたたき起こされた。 何事かと起きてレセプションに行ってみると、、、、 まあ、わけの分からない国の、わけの分からないホテルですから色んな事が起こります。 初めて明るいうちにオシュの街に出てみました。 第一印象:水が多い。 第二印象:緑が多い。 良い感じです、、、 もっと見る(写真48枚)

                  • ユーラシア 西へ34: カシュガル⇒オシュ 「4000mサリタシュ峠」 を越えてby アリヤンさん

                    • ユーラシア 西へ34: カシュガル⇒オシュ 「4000mサリタシュ峠」 を越えて
                    • さて、キルギスタンのイミグレでスタンプをもらって、一路オシュの町を目指して走ります。

出国スタンプをもらった中国側イミグレから後のヒドイ道より、キルギスの道の方がずっと良いのです。
どちらかと言うと、「キルギスの方がインフラは遅れてて、中国の方が進んでいる」、と思い込んでいました。

それで、キルギス側に入って、道が良いのに驚いたくらいです。

地図で見ると、サリタシュ峠を越えるころは夜中でなにも見えそうにありません。
オシュにはまだ暗い早朝に着きそうです。

よって、暗くなってからの景色はまったく期待できません。
天気も悪いので星空もみえないでしょう。

拡大版⇒http://www.geocities.jp/ariyan9912/ChinaOsh.jpg
                    • キルギス側に入ると少し緑があります。

                    さて、キルギスタンに入ったのは中国時間で夕方5時すぎで、国境で2時間ロスしたので、あたりは薄暗くなってきました。 ただ時差が1時間あるので、結構遅くまで明るかった。 あいにくの曇り空で峠のサリタシュの町を通った時は真っ暗でした。 昼間で天気がよければ、タジキスタンにある7000?超えのレーニン峰が見えるところです。 そこいらはすっかり眠っていて、いつ通ったのか?さっぱり覚えていません。 それに今日の天気では満天の星空も期待できませんでした。 *満足度5.0というのは、スリル満点だったということです。 もっと見る(写真35枚)

                  • キルギス滞在記28(オシュ、世界遺産「スレイマントー」訪問等編)by eahawkさん

                    • キルギス滞在記28(オシュ、世界遺産「スレイマントー」訪問等編)
                    •  自宅から空港までは、空港専用送迎タクシー「マナスタクシー」を利用しました。他のタクシーより若干割高ですが、車両が比較的新しく綺麗なので、此処も快適さを買うことにします。
                    •  「アビアトラフィックカンパニー」の機内の様子です。飛行時間40分ですが、ドリンクのサーブは行われますが、ノンアルコールです。
                    • 同行者: 一人旅
                    • 関連タグ:

                      • 旅行時期: 2012/04/15 - 2012/04/15(約6年前)

                       キルギスに世界遺産が存在することは、あまり知られていませんが「聖山スライマントー」という世界遺産が存在します。今回の旅行記はその世界遺産訪問を中心にオシュの街をご紹介しようと思います。オシュまでは、長距離バスや乗合タクシーが出ていますが、運賃は安いですが、所要時間が13時間以上で山越えという過酷な旅です。故に此処は時間と快適さをお金で買おうということで、飛行機で往復しました。行きは「アビアトラフィックカンパニー」という会社で運賃は3175com(約6350円)機種はBAe-146、朝8時ビシュケク発、... もっと見る(写真63枚)

                    • キルギス滞在記29(オシュ、旧ソ機天国、帰宅編)by eahawkさん

                      • キルギス滞在記29(オシュ、旧ソ機天国、帰宅編)
                      •  空港に到着したものの、やはり時間にならないとチェックインが出来ないシステムなので、タクシーの中から見えた旧ソビエト機を見に行ってみました。
 ご覧のように、用途廃棄機とはいえ、以前は謎のベールに包まれた旧ソビエト機。テンション上がります!!
                      •  どうやら、フェンスなど無いようです。特にセキュリティーポイントもありません。
                      • 同行者: 一人旅
                      • 関連タグ:

                        • 旅行時期: 2012/04/15 - 2012/04/15(約6年前)

                         オシュ空港の脇に用途廃棄旧ソビエト航空機が集められた場所がありました。空港から歩いて10分位でした。 もっと見る(写真20枚)

                      • 20110718-0719 オシュ街道by hhb00102さん

                        • 20110718-0719  オシュ街道
                        • 某歩き方では、オシュ行きのタクシーは西バスターミナルからとなってますが…到着時に探しても、見当たらんかったんで、宿のオーナーさんに訊いてみると、政府の指導としてはバスターミナルからとなっているが、昔からオシュ・バザールに集まっているんで、そのままだそうな。

と言う事で、出発する3人と、カザフスタンビザの申請ついでにお見送りの2人と、ぞろぞろオシュ・バザールへ。
                        • 他の方々が、いろいろあたってくれているので、わたしはおとなしく…すんませんなぁ。(あんまりバラバラにあたると、収拾がつかんということにしましょ)

結局、こちらのベンツにいたしましょうと。もっと大きな、ワゴンタイプの方が値切れますが、人数集まるまで待ちそう。こちらなら、客は4人なんで、あと一人待ち。
                        • 同行者: 友人
                        • 関連タグ:

                          • 旅行時期: 2011/07/18 - 2011/07/19(約6年前)

                          キルギスから、ウズベキスタンへの国境越え。まずは、ビシュケクからオシュへ向かいます。 個人的には、あと1?2日ビシュケクも良かったんですが、他にお二人行かれるとのこと。ビシュケク→オシュ→アンディジャン→タシケントのルートは全行程が乗り合いタクシー。なので、同行者が見つかった時が出発の吉日ですな。同行者は、いつものKさんと、強行スケジュールで中央アジア観光のTさんです。 長い道のりでしたが、途中の景色が綺麗でしたね。最後には、オチもつきましたし… もっと見る(写真46枚)

                        • 中央アジア2週間 (キルギス‐タジキスタン‐ウズベキスタン) by kobushiさん

                          • 中央アジア2週間 (キルギス‐タジキスタン‐ウズベキスタン) 
                          • 3日目:ビシュケクーカラコルーアルティンアラシャン

首都ビシュケクから乗り合いバスでカラコルまで7時間、カラコルは小さな町で、ここは旧ソビエトのイメージ、ロシア教会ぐらいしか見るべきものもない。そこから市バス(20分ほど)に乗り継ぎ後、徒歩5時間で、桃源郷のようなアルティンアラシャンに到着。ソビエト時代からの保養地で、温泉が湧き6畳程の浴室を独占してゆっくり出来ます。ビシュケクを7時ごろ出て20時ごろ山小屋着、やや高目ですが食事も出来ました。(材料がないと出来ないこともあるようです)


4日目:アルティンアラシャンーチョルポンアタービシュケク

翌日日の出と同時に下山、チョルポンアタに立ち寄りイシククル湖を眺めつつ、ビシュケク戻り16時。
チョルポンアタもリゾートで、街道沿いこそ多少の賑わいを見せ、浮き輪などを売る出店が出ていたりするが、町自体特筆すべきものは無し。町はずれには渓谷や遺跡などが散在するようだが、時間の都合もあり今回は行っていない。

キルギスは主要幹線以外の交通網が貧弱で、ガイドブックなどでも普通に、「ここから徒歩○時間」などと書いてある。
                          • 5日目:ビシュケク?オシュ

ビシュケクから南部主要都市オシュまでは乗り合いタクシ-、人数が集まらないと出発しないシステムで2時間待ちとなる。早めに行って助手席を確保したものの、後から来たおばさんがあまりにも太っていた為、後部座席(もちろん3人掛×窮屈×12時間)に移動させられる。オシュまでは12時間かかるが、山あり渓谷あり草原ありの絶景。

※オシュでは、街中をふらついていたイスラエルの旅行者にオシュゲストハウスに案内して貰ったが、アパートの一室をGHとして利用しているに過ぎず、案内もないので、ガイドブックの地図だけを頼ると相当の苦労を要すると思われます。
                          • 同行者: 一人旅
                          • 関連タグ:

                            • 旅行時期: 2010/08/04 - 2010/08/18(約7年前)

                            休暇2週間でここまで行けます。キルギスから、タジキスタン-ウズベキスタンへ。 1日目:関西空港発?タシケント乗り継ぎ?翌朝ビシュケク着 2日目:キルギス ビシュケク/バラサグン遺跡 ビシュケクの空港には「US AIRFORCE」の輸送機がずらっと並んでました。ここがアフガンへの輸送基地になっているという話でした。  市内は(名門)ツム百貨店を中心に賑わいを見せています(両替商もこの辺りに多数、空港よりレート高い)。中心広場には大きなレーニン像が残り、ソ連的な雰囲気が残ってます。  バラサグン遺... もっと見る(写真13枚)

                          海外旅行先で失敗しないためには?

                          キルギスで使えるWi-Fiルーターが1,560円/日〜でレンタル可能!いつでもどこでもネットがつながれば、地図に翻訳、困ったことは即解決。

                          Wi-Fiについてもっと見る

                          フォートラベル GLOBAL WiFi

                          キルギスの都市で絞り込む

                          旅行業界の皆様へ

                          会社情報を掲載しませんか?無料で貴社の連絡先や旅行情報を登録できます!

                          お申し込み・詳細はこちら

                          4Tポイントを貯めよう

                          チャンスは一日一回。
                          エリアに隠された宝箱を探せ!お題はTOPページにて発表! 本日のお題はこちら!

                          4Tポイントとは?