中国 ゴルムド旅行 クチコミガイド

ゴルムドの旅行記(ブログ)

6

旅行開始時期 :
テーマ :
同行者 :

キーワードで旅行記を検索 :

旅行記を投稿する

旅行時期順

  • 青海チベット鉄道の旅・・・タール寺の見学by alpsmakiさん

    • 青海チベット鉄道の旅・・・タール寺の見学
    • 成田空港より中国東方航空にて上海へ。
    • 上海で乗り継ぎ、青海省の省都・西寧。
    • 旅行テーマ: 遺跡・史跡・歴史
    • 旅行時期: 2012/08/05 - 2012/08/06(約2年前)

    タール寺院は1560年創建されたゲルク派六大寺院のひとつで遠くから多くのチベット仏教信者が訪れる。始祖であるツオンカパの聖地に建てられました。名前の由来は「先に塔、後に寺が建てられた」という意味。とにかく何処へ行っても人・人で混雑していました。五体投地の人たちの様子も始めて見て吃驚しました。 2007年オープンしたチベット医薬博物館は写真禁止でしたが1階はチベット医学に関する資料や80枚の医学タンカの展示。 2階には世界最長の(幅2、5m・長さ618m)タンカはギネスブックにも登録されているそ... もっと見る(写真25枚)

  • 青海チベット鉄道の旅・・・青海湖のクルーズby alpsmakiさん

    • 青海チベット鉄道の旅・・・青海湖のクルーズ
    • 日月帝。霧が深く寒いです。
    • 狭い内部の様子は唐代にチベットへ嫁いだ文成公主が故郷に別れを告げたと言われる所。
    • 旅行テーマ: クルーズ
    • 旅行時期: 2012/08/07 - 2012/08/08(約2年前)

    青海湖は中国最大の内陸塩水湖です。東西106km・南北63km・周囲約360km・面積4500k屐僻琶湖の約6倍)海抜は約3200mで平均深度は19mです。 モンゴル語でココノール・チベット語でツォ・ンゴンボ(青い海)という。漢訳が青海。青海湖のクルーズは二郎剣迄約20分の遊覧でしたが、船に乗るまでに観光客が混雑していて時間がかかりました。 この季節は丁度菜の花畑がジュータンのように広がっていて素敵でした。  もっと見る(写真30枚)

  • 天空列車に乗る No1by mayさん

    • 天空列車に乗る No1
    • いよいよ目的のチンハイティベット鉄道体験。
この列車、25時間も乗っているのに
シャワールームなし。
トイレもきれいではないとか ベッドに
カーテンがないとか 我々の常識とはちょっと
違う。
旅行会社としては乗車前にシーニン市内の
ホテルにつれていってくれて男性はお風呂
女性はシャワーを使う配慮をしてくれた。
もっともこのシャワールーム完全な個室ではないので
ショックをうけた方もいらした。
ロッカーのキーは最新式のタッチ式なので
安全で化粧台も完備、バスタオルも使い放題
浴用タオルはホテル側からサービスしてくれた。
    • シーニン駅の夜景です。
けっこう大きなきれいな駅でした。
    • 旅行テーマ: 特になし・その他
    • 旅行時期: 2007/09/ - 2007/10/(約7年前)

    シーニンからゴルムド経由ラサへ もっと見る(写真25枚)

  • 青蔵鉄路でゆく チベットへの旅by nannannannanさん

    • 青蔵鉄路でゆく チベットへの旅
    • 今回の旅は北京から国内線で西寧に入りスタート。
西寧はシルクロードの要衝の街として栄えた青海省の省都。
白い帽子をかぶった回族(イスラム教徒)の姿も多く見られました。ここはまだ農耕社会ということで市場にはたくさんの果物が並べられていました。
    • 旅行テーマ: 自然探訪
    • 旅行時期: 2007/08/29 - 2007/09/07(約7年前)

    2006年7月開通の天空列車・青蔵鉄路でチベット自治区ラサを目指しました。 西寧ではゲルク派総本山タール寺を見学、ゴルムドまで陸路(バス)で移動し、ついに青蔵鉄路乗車!入蔵しました。 天候に恵まれ、崑崙山脈の峰々、チベットカモシカたちを見ることができました。 もっと見る(写真10枚)

  • 青蔵鉄道と太陽の都ラサ、ツエタンNo4・・・青蔵鉄道試乗記by 早島 潮さん

    • 青蔵鉄道と太陽の都ラサ、ツエタンNo4・・・青蔵鉄道試乗記
    • ゴルムド駅
    • ゴルムド駅で乗車した青蔵鉄道の列車
    • 同行者: その他旅行テーマ: 特になし・その他
    • 旅行時期: 2007/05/22 - 2007/05/22(約7年前)

    平成19年5月22日(火)                  今日は今回の旅行の目玉である青蔵鉄道でゴルムドからラサまで1142kmを駆け抜ける列車の旅である。  まだ暗い中をゴルムドの駅に到着すると駅舎の中では撮影禁止だと言う。添乗員の説明では写真撮影可能と聞いていたのでがっかりする。見渡しても撮影禁止の標識はどこにも見当たらない。  制服制帽に身を包んだ駅舎係員の気分で今日は撮影禁止にしたのではないかとの疑念が湧いてくる。公務員の権威主義を見る思いであった。             ... もっと見る(写真23枚)

  • 西寧(シーニン)から格霧木 (ガアルムー)を目指した日々<漢民族以外の中国人>by 北風さん

    • 西寧(シーニン)から格霧木 (ガアルムー)を目指した日々<漢民族以外の中国人>
    • 旅日記
『西寧へ行くはずだった・・・』

西寧行きの列車は、さっきまでは快調に走っていた。
しかし、この駅に停車してからは全く動こうともしない。
「これだから中国は・・・」と、いつもの様にぼやいていると、窓の外から車掌が手招きしていた。

「降りろ」と言っている。
何故だろう?
ここで車両入れ替えでもするのだろうか?
不安になり、時刻表をもう一度確かめてみると、小さく「西寧行き 隔週」と書いてあった。

なんてこった!
この列車はここが終点だ!

切符を買うのにも、もの凄い労力を強いられるこの国で、今回は切符の書き換えを頼み込まなければならないのか!
あの虫歯に悩むライオンの様に、気の短い漢民族相手に、そんな芸当が出来るのだろうか?

こんな所で停滞するわけにはいかない。
考えただけでうんざりしてくる気持ちを、ありったけの空元気で奮い起こす。

俺は、チケットオフィスの扉を叩いた。
    • <蘭州(ランジョウ)>

本当なら観光などするはず無かった蘭州だが、どうにか切符の書き換えにも成功し、列車の乗り継ぎに時間があったので、ぶらっと黄河まで歩いてみた。
    • 同行者: 一人旅旅行テーマ: 世界一周
    • 旅行時期: 1994/10/22 - 1994/10/28(約20年前)

    中国北部を西へ、内陸部へ移動するごとに、人々の顔が、文化が、宗教が変わっていく。 繁栄の兆しを見せている沿岸部とは全く違った中国が、少しずつ少しずつ黄砂の彼方に現れ始めた。 中国って、漢民族だけでは語れないんだ・・・ もっと見る(写真18枚)

旅行会社に相談する

ゴルムドのことならおまかせください!

旅行会社一覧

4Tポイントを貯めよう

チャンスは一日一回。
エリアに隠された宝箱を探せ!お題はTOPページにて発表! 本日のお題はこちら!

4Tポイントとは?

おすすめの都市

  • 香港香港
    4.59

    旅行テーマ

    • 街歩き
    • グルメ
    • テーマパーク・動物園等
  • シェムリアップシェムリアップ
    4.51

    旅行テーマ

    • 世界遺産
    • 遺跡・史跡・歴史
    • 街歩き
  • シンガポールシンガポール
    4.60

    旅行テーマ

    • 街歩き
    • グルメ
    • ホテルステイ
  • プーケットプーケット
    4.25

    旅行テーマ

    • ビーチ
    • ダイビング
    • ホテルステイ
  • バリ島バリ島
    4.62

    旅行テーマ

    • ビーチ
    • ホテルステイ
    • スパ・エステ・マッサージ
  • ホーチミンホーチミン
    4.51

    旅行テーマ

    • 街歩き
    • グルメ
    • ショッピング