旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

スペイン巡礼の道のハイライトコースは?

  • スペイン巡礼の道のハイライトコースは?いつでも

    • 2018-10-10投稿
    • 回答受付中
    • 回答3件

    受付中

     来年スペイン巡礼の道を歩こうと考えています。いきなり全コースではハードルが高いので、先ずはハイライトコースを10〜14日程度で体験的に歩いてみたいと思っています。当方来春68歳になる男性です。

     そこで質問ですが

    ―篶蕕瞭擦蕕靴ぅ魯ぅ薀ぅ肇魁璽垢呂匹海任靴腓Δ?公共交通機関との併用になると思うので活用情報も合わせて教えて頂くと助かります。
     なお、サンティアゴ・デ・コンポステーラには観光で1回行っており、巡礼証明書の取得にはこだわりません。

    ∋期は現在4月下旬から5月上旬を考えています。これは最後にアンダルシアに足を延ばしヘレス・デ・ラ・フロンテーラの馬祭りかコルドバのパティオ祭りを見たいと思っているからです(いずれも5/10前後)。
     4月下旬から5月上旬の巡礼の道は日本の何月くらいで、どの程度の服装を考えたらよいでしょうか。本によるとずいぶん寒いようなことも書かれていますが…。

    5佞法屬海離魁璽垢覆蕕海了期が最高!」、というのもあれば教えてください。いくつかの4トラベラーさんの旅行記を見ているとパンプローナ〜ログリョーノ辺りのワイン産地は9月にワイン祭りがあって楽しめそうな気もします。


     この巡礼体験で素晴らしさと歩く自信がついたら、後日残りのコースを歩くことも考えると思います。小生の興味は「歴史」「田舎」「自然」「伝統・民俗」です。
     「ここを歩いたら巡礼の道の虜になる!」といったコースをご推薦頂きたく、よろしくお願いします。



     

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    質問者

    万歩計さん

    万歩計さん

この質問に回答する

ピックアップ特集

回答 3

新着順 参考度が高い順

  • 回答日:2018-10-11

    この回答は1人の人に役立ちました

    !Hola!万歩計さん、はじめまして。

    4月下旬から5月上旬がベストシーズンです。
    ,硫鹽
    いきなりのピレネー超えはハードと私は思います、パンプローナから如何でしょうか?、一昨年私はパンプローナから出発しました、私も同年で世間的には歳なのですが、無理のない工程をお考えでしたらお勧めです、マドリーからレンフェでパンプローナまでは列車ですから迷いません、パンプローナからプエンテ・ラ・レイナまで少し高低差は有るものの、国道沿いを歩くことになるのでアウトブスのパラダ(停留所)が有るので、疲れたと思えば交通機関が使えますよ、風になびく麦畑と古いイグレシア(教会)が多く点在します。

    △硫鹽
    コルドバのパテオ祭は最高にきれいですよ、ついでと言えばなんなんですがヒラソル(ヒマワリ)も丁度イイ時期です、アウトブスで移動をするのでしたら車窓から見えます、へレス・デ・ラ・フロンテラに行かれるのなら是非王立アンダルシア馬術学校に行かれる事をお勧めします、私も乗馬をしますが次元が違いましたね当然ですが、この時期のへレスはハカランダの花が咲き乱れベストシーズンです、雨も少なく気温は少し暑い位で半袖シャツかTシャツ、夜は冷えるのでウルトラ・ダウン(ユニクロ)が役に立ちました。

    の回答
    パンプローナからブルゴスの間の村で何か所かで、エンシエロ(牛追い祭り)に出会いました、エンシエロはバスク地方では大なり小なり村々で行われているようです、エステージャを過ぎてスグにイラーチェ修道院の近くに、ペレグリーノ(巡礼者)に無料でワインが振舞われます、この辺りはリオハ・ワインで有名ボデガが多く、美味しいワインをケソ(チーズ)と共に召し上がってください、ワインと言えばへレス・デ・ラ・フロンテラはこの時期ワイン祭りです。

    churros

    問題のある投稿を連絡する

    お礼

    churros さん

     初めまして、万歩計です。
     詳細かつ丁寧な情報とアドバイスをありがとうございました。

     パンプローナからログリョーニョまでの旅行記を見せて頂きました。自転車で行かれたようですね。なかなか魅力的なコースに思えました。パンプローナからブルゴスまでのワイン街道、ブルゴスからレオンまでののメセタの大地。この区間で選定しようかなと思い始めました。巡礼の最後にパティオ祭りとヒマワリが見れたら最高です。
     他にもスペインの旅行記のタイトルを拝見するとガイドブックにないような田舎まで行かれてるようで興味があります。あとでゆっくり見せて頂きます。

     これから楽しみながら計画を練ります。また疑問が出たらご教示ください。ありがとうございました。

     
    (by 万歩計さん)

    回答者

    churros さん

    churros さん

  • 回答日:2018-10-11

    この回答は1人の人に役立ちました

    万歩計さん はじめまして。

    個人的には銀の道が印象深いですが、初めてのサンティアゴ巡礼でしたらフランス人の道を推めます。アルベルゲとアルベルゲの区間距離が他の道と比べて短いので、旅程が組みやすく、また当日思い立っての計画変更とかもしやすいからです。

    「巡礼の道らしい」というのはどういうイメージでしょうか?。前半、アストルガあたりまでは地平線の見える麦畑とかワイン畑とかが広がる風景。後半は森や林が増え、特にガリシア州は湿潤で緑豊か。ざっくりだとこんな感じです。

    カテドラルはブルゴスとレオンが立派です。パンプローナ、アストルガもそこそこ。万人向きではないですがエウナテのサンタマリア教会、サモスの修道院も好きです。

    交通アクセスを考えると、パンプローナ、ブルゴス、レオン、アストルガ、ポンフェラーダ、サリアあたりをインアウトの基点に考えれば便利だと思います。
    おすすめの区間というのは難しいですが、私なら風景と観光との総合評価でブルゴス〜レオンを選びます。あと、やっぱりサンティアゴ大聖堂に歩きで達したいから、日数があればサリア〜サンティアゴをプラスします。

    スペイン人はサリアからサンティアゴまで歩く人が多いです。これは巡礼証明書狙いです。

    服装について。
    晴れればシャツ一枚で歩きますが雨だと寒い。
    また高地なので夜は冷えます。欧米人と東洋人(日韓)では寒さに対する感じ方が違うようで、あまりに寒くて起きたら部屋の扉が全開していたなんてこともありました。暑がりの人が寝られなくて開けたみたいです(6-7月の出来事)。逆に暑くて寝袋のジッパー全開で寝たこともあります。
    日韓はシャツ着てしっかりめの寝袋、欧米は下着一枚でうすい寝袋って様子です。
    4月なら寝袋選びも慎重に。

    フリースなりライトダウンジャケットなりは必須と思います。下半身対策も忘れずに。私はその点を甘くみていて、ポンチョを腰に巻いて寝たこともありました。(かといって、夏の巡礼はやめたほうがいいです。暑すぎて距離が歩けません)

    重い荷物は厳禁なので衣類は汎用性を考えて選択されることをすすめます。

    問題のある投稿を連絡する

    お礼

    walkingmanさん

     初めまして、万歩計です。
     詳細かつ丁寧な情報とアドバイスをありがとうございました。
     
     パンプローナ〜ブルゴス、ブルゴス〜レオン、レオン〜サリア、サリア〜サンチャゴの4区間で考えるのがよさそうに思えてきました。観光を組み合わせて3回くらいに分けて…。

     銀の道の巡礼旅行記を少し見せて頂きました。素晴らしいですね。ここは巡礼の帰り道にレオンからバスで観光しながら南下しようかな。

     これまでの街歩き中心の旅行でもしばしば足の肉刺に苦労しました。巡礼の最大の懸念事項ですが、何か対策はされましたか?

     これから楽しみながら計画を練ります。また疑問が出たらご教示ください。ありがとうございました。


     (by 万歩計さん)

    回答者

    walkingmanさん

    walkingmanさん

  • 回答日:2018-10-10

    この回答は1人の人に役立ちました

    この9月にフランス人の道、サンジャンピエドポルからピレネー越え、パンプローナを経てログローニョまで7日間歩きました。
    当初は、40日くらいかけて全コース歩くことを考えてましたが、まだ仕事をしていて、退職まで待つと2年あるので、とりあえずピレネー越えをしようと考えました。
    バル巡りもしたいので、ビルバオでインアウトで日程を組み、サンセバスチアンに寄ってから巡礼ルートに行きました。

    思ったことは
    ―篶蕕呂垢戮栃發なくてもよい、巡礼証明書は最後の100キロさえ歩けばよいので、途中、適宜、バスを使うのもよさそう。特に中盤のスペインの平原歩きは単調で全部歩かなくてもよいのではないか(個人の価値観の問題で、四国巡礼も全部歩くことに意義を感じる人と、部分的に公共交通を使ってよいと感じる人がいるのと同じ)
    ただバスは1日2本程度しかないという区間もあるので注意が必要。

    荷物送りサービスを利用すると便利。巡礼ルートの宿から宿へ宅配サービス(1日5ユーロ)があり、高齢者を中心に利用され、バッグ、スーツケースを次の宿に送り、身軽に歩く人がいる。この場合は宿の予約は必須。

    宿は公営アルベルゲ以外に、Casa Ruralなど民宿などあり、時々個室を利用するとリラックスでき、田舎の個室は安い。

    9月は酷暑というほどではなく快適だったが、乾季の終わりで景色はいまひとつ

    5月のピレネー越えは寒さ対策が必要だが、何とかなるはず。ナポレオンルートをタクシーで行く人もいた。

    Ε汽鵐献礇鵐團┘疋櫂襪らログローニョ(7日)またはブルゴス(10日)のコースは前半は山越えと森歩き、後半はスペインらしい平原、ブドウ畑歩きで変化があり、途中の街でバルが楽しめてよい
    ・・・・・
    来年、続きを予定してますが、残り全部歩くとまだ30日かかるので、途中、ブルゴスからレオンあたりまでバスで行って、最後の100キロを歩こうかと思ってます。フランス人の道を全部歩くのでなく、ポルトガル人の道もやってみようかと思案中。

    旅行記もご覧ください 
    https://4travel.jp/travelogue/11406288
    など毎日の様子を書いてます

    【参考URL】https://4travel.jp/travelogue/11406302

    問題のある投稿を連絡する

    お礼

    ヤムヤムにゃんさん

     貴重な情報とアドバイス、ありがとうございました。つい先日行かれたのですね。

     サンジャン・ピエ・ドゥ・ポールから歩き始め、何回かに分けてサンチャゴを目指す、というのがやはりいいかな、と感じました。ログローニョまでの行程でも山、森、スペインらしい平原がと変化に富んだ風景が楽しめそうですね。バスク地方のワインとピンチョスも魅力です。途中でホテルや民宿を利用しての息抜きもこの年になると必要と感じました。
     これまでの街歩き中心の旅行でもしばしば足の肉刺に苦労しました。巡礼の最大の懸念事項ですが、何か対策はされましたか?

     これから楽しみながら計画を練ります。また疑問が出たらご教示ください。ありがとうございました。
        万歩計(by 万歩計さん)

    回答者

    ヤムヤムにゃんさん

    ヤムヤムにゃんさん

スペインの観光 カテゴリー別〜 クチコミ・Q&A等の情報をまとめたページです