旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

10月の寒さ・天候と、「クローズ」事情を、教えてください

  • 10月の寒さ・天候と、「クローズ」事情を、教えてください

    • 2018-07-10投稿
    • 回答締切済
    • 回答10件

    締切済

    10月初旬に1週間の旅行を考えております。50代の夫婦です。
    本来の観光シーズンから外れていることは承知の上で、
    それでも主に妻の「訪ねてみたい」場所として、
    ストックホルムとヘルシンキの2都市周遊の旅が、浮かんでは消えている状況です。
    (他に、スイス、ハワイ、東北地方、他が候補ですが、諦められない北欧)
    そろそろ、3ヶ月前ということで、いつまでも行き先を迷っておれず。。。
    こちらで、先達のみなさまからの生の声を求めに参りました。


    質問1)

    まずは「寒さ」。特に「日本との気温差」が気になっています。
    妻はただでさえ「寒いの嫌い」と豪語する人種で、冬は国内でも
    動きが鈍くなる、という、困った体質。
    (でも、北欧、行きたい。。。。(^_^;)

    寒さそのものは、おそらく「厳寒の関西」よりも、まだ暖かい北欧の10月。
    だと捉えていますが、なにぶん「10月の大阪」は、秋の走り。
    その気温、気候から、半日の移動で、北欧の空気に身をさらし
    そこで、「寒がりな女性」が、旅行を楽しめるのだろうか。
    と、ソコが最大の懸念ポイント、なのです。

    なにぶん「個人の体感」にまつわる質問で、答えにくいことこの上なし
    だとは思うのですが、ソコんとこを曲げて
    皆様の「実感」を、お教えいただければ嬉しいです。


    質問2)

    ぶっちゃけ10月前半。「もう、観光シーズン終わったから、ウチも休み」
    ってトコ、かなり多い感じですか?

    数年前に、クロアチアへ11月冒頭に旅をしたのですが
    それはそれは有名な世界遺産なのに、ツアーデスクで
    「そこへの観光ツアーはもう、終わりました」とあっさり、
    断られた経験がございまして。。。

    さらに寒い、フィンランド(スウェーデン)なら
    10月の初旬でも「お休みの嵐」に遭遇してしまうのだろうか。。。。
    そう考えて、ちょっと不安になっています。

    なお、質問の対象となる「観光の目的」ですが、
    「北欧デザイン」や「北欧の人々の暮らし」「建築物」を
    訪問することを考えている前提で、お教えいただければ助かります。

    「北欧の自然」にも興味はあるのですが、こちらはまあ「閉店」しないし
    あるがままを受け入れて行こうかな。と。



    質問が長くなり、申し訳ありません。
    項目1)、項目2)のいずれかだけでも。
    あるいは「何となく関連しそうな豆知識」でも結構です。

    ひとりでも多くの方から、「実感」をお教えいただきたく思います。
    よろしくお願いします!

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    質問者

    せらおさん

    せらおさん

回答受付は終了しました

ピックアップ特集

回答 10

新着順 参考度が高い順

  • 回答日:2018-07-15

    この回答は0人の人に役立ちました

    1960年代の終わりに出版された「青年は荒野を目指す」という小説をお読みになると、その時代のソ連、フィンランド、スウェーデンの生活が書かれています。
    私も、同じ武道部の先輩、後輩とも「青年は荒野を目指す」と同一のルートで日本、ソ連、フィンランドを経て、スウェーデンに渡っています。フィンランドから、スウェーデンへのルートは、ヘルシンキからツルクまで鉄道、ツルクからストックホルムまではフェリーです。私がこのルートでヨーロッパを往復したのは6月から8月までなので、ご質問には回答できませんが、小説はもう少し秋にかかっていたのかと思いますので、季節感は小説でお確かめください。
    もう一つの助言は、いわゆる北欧についての歴史について書かれた本をお読みになってから行かれることをお奨めします。理由は、日本の高校の世界史の教科書でいわゆる北欧について、余りかかれておらず、特に第二次世界大戦以降の歴史については授業では時間切れで説明がありませんでした。中でもフィンランドは昨年で独立100周年になったかと思います。ロシアとスウェーデンのバルト海の覇権を争う二大国の間に挟まれ、スウェーデンの支配の下にあった時も、ロシアの支配下にあった時もありました。独立後も、第二次大戦中には二度ソ連と戦っています。二度の戦いで国土を失いながらどうにか独立を維持して、現在の姿になっています。

    問題のある投稿を連絡する

    お礼

    回答、ありがとうございます。
    ただ、私自身が連休に外出していたことなどもあり、回答へのお礼が遅くなり、すみません。

    まず「青年は荒野を目指す」について。
    五木さんの著作については、対談やエッセイで触れることが多く、小説で「これ」と印象に残る作品はないのですが、せっかくなのでこれを機に図書館での貸出候補に加えてみようと思っています。
    ただ、おそらくなのですが、本作は「若い男性」が海外を訪問したときのことが描かれている作品だと(書評などから判断)思いますので、
    今回の旅行のように、壮年期に入った女性である、私の妻が「どう寒さを感じるか」についてのヒントを、この小説から得ることは、難しいのではなかろうか、とも感じております。
    ただ、せっかくのアドバイスです。「フィンランド」や「スウェーデン」を舞台にした、日本人による小説も、情報収集の手段として念頭において参りたいと思います。

    次に北欧の歴史についてですが、こちらのほうは、是非、そうするつもりです。過去の旅行でも、個人旅行で訪れた国については、事前の情報収集で、「旅行ガイド」だけではなく「紀行文」そして「国、国民についての書籍」も(図書番号で言うと290番代など)、を混ぜて「どういう国を訪問しようとしているのか」を予習する習慣となっております。
    そして現地に入ってからも、「美術館」などだけではなく可能な限り「博物館」的な施設も訪問し、特に20世紀に入ってからの「生きた歴史」について、学ぶ機会を持てるよう、意識しております。
    やはり、「観光地に行って、ガイドブックに載っているのと同じ景色の写真をと撮影する」のではなく、「その土地」を感じることを目指すのが、より楽しい旅行を実践するための秘訣ですね。

    質問文にも書きましたとおり、最終的に北欧を旅するかどうか、未だ流動的ではありますが、頂戴したアドバイスは他のエリア、他の国を訪れる際にも、十分に生きるものだと思います。

    ありがとうございました。(by せらおさん)

    回答者

    kirstiNorgeさん

    kirstiNorgeさん

  • 回答日:2018-07-12

    この回答は1人の人に役立ちました

     10月のフィンランドは3年位前に行きました。
     厳寒の関西 は想像出来ませんが、天候が悪ければ 初冬の千葉 くらいは寒いです。日本の冬装備は必要だと思います。あと、フィンランド人は多少の雨(普通に降っていたとしても)くらいでは傘を差しません。勿論皆無ではありませんが、傘を差しているととても目立ちます。フード付きのコートとかあれば便利だと思います。ただ、日本の秋とは全く違う寒さの印象があります。
     6月中旬から7月下旬に比べればお休みのお店は少ないと思います。
    ただ、
    ナーンタリのムーミンランドはお休みです。
    ヘルシンキの観光船もお休みです。(スオメンリンナへのフェリーは運航してます。)
    ヘルシンキ・エスポーシティバイクは10月一杯まで利用できます。
     10月初旬ということなら、運が良ければストックマンデパートのバーゲンセールに当たるかもしれません。黄色い蜂のビニール袋(フィンランドではプラスチックバッグと言う)を持った人々が割拠していれば当たりです。ただ、奥様の趣味にもよりますが、最低1日、もしかするとそれ以上の日程を消耗します。

    問題のある投稿を連絡する

    お礼

    回答、ありがとうございます。

    「傘を指すと、悪目立ち(とは言ってない(^_^;)しちゃう」
    んですね。

    一応、行くとしたら「フード付きの、登山用レインウェア」を
    用意しようとは思っていたので、そっちを使うといいのかな?


    そして、クローズ情報についても、実感のこもった
    有意義な情報ばかりで、本当に嬉しいです。

    特に「観光船も休み」というのは、
    「そういう時期なんだ」と雰囲気がとてもよくわかる例だと思います。

    その他についても「現地に行ったら、どこに行って、何をしようかなぁ」
    な、検討レベルの私達には、
    「そんなトコロもあるんだ」と感じつつ、同時に
    「いろいろある中で、私達がドキドキするのはどこだろう」と
    そういうことも、確かめる、良いきっかけになる。と感じています。
    ホント、ありがとうございます。


    で。なんですって?「バーゲンセール」やってるかも知れない。ですって!?
    夫の目から見ると「この時期だけは避けなければ!」ですね(ウソウソ(笑)


    有意義な情報。ありがとうございました!!!

    そろそろ。本当に決めなきゃ。ですね。
    北欧なのか、どうするのか。。。
    (by せらおさん)

    回答者

    冬と継承さん

    冬と継承さん

  • 回答日:2018-07-11

    この回答は1人の人に役立ちました

    5月末から6月にかけてフィンランド(ヘルシンキ)とバルト3国に行ってきました。
    北欧、気温を気にされているようですが、気温はよく北海道ぐらいとも言われます。(すごくざっくりですが)

    北欧の観光シーズンでの良いことはとにかく明るい時間が長いということ。
    日の入りが夜10時半とかなので一日が長い!
    夜8時でも夕方の感じの明るさであちこち歩けます。
    なのでできれば北欧にせっかくいかれるならベストシーズンをおすすめしたいと思います。
    ヘルシンキにはマリメッコやアラビアなどのアウトレットもあるし、ムーミンもお好きなら楽しめると思います。
    バルト3国、タリンはヘルシンキからの日帰り観光も可能です。

    問題のある投稿を連絡する

    お礼

    ご回答、ありがとうございます。

    そうなんですよね。。
    夏至を挟んだ時期、あるいは、8月くらいまで。

    夏のひるまが「長い」北欧は、ホント、楽しく観光ができる。
    んですよねえ。。。10月は、それに比べると、うーん。。。


    やっぱり、今回の旅行では、北欧はあきらめて
    それこそ「ちょっと旅費高いけど、GW」とか、
    そっちを狙う方が、良いのかも知れないなぁ。。


    実際、北欧と言っても「オーロラ見たいよ」な旅ではないので
    そういう意味でも、春、夏に再チャレンジするのが、良いのかも。です。


    アドバイス、ありがとうございます!!
    (by せらおさん)

    回答者

    shima27さん

    shima27さん

  • 回答日:2018-07-11

    この回答は0人の人に役立ちました

    スイスは10月初旬までハイキングシーズンです。晴れが多い時期になりますから、ベストシーズンかなと思います。
    寒さは街中では北イタリアより暖かく、スプリングコートぐらいです。山の展望台になると、ダウンが必要なくらいの寒さですが、ハイキングはそこまで寒くないです。

    スイスの家は、花がたくさん飾ってあって、近くに牛がベルを付けていて、アルプスの山に湖にのどかな風景が広がります。物価は北欧より高くないので、検討されているならおすすめです。

    問題のある投稿を連絡する

    お礼

    ご回答、ありがとうございます!

    というか、フィンランド(4travelの)で質問したので
    スイス関連での回答をいただけて、もう、大感激っす。

    北欧ほどでは無いとは言え、山岳国家(のイメージがある)スイスについても
    「10月。大丈夫か?」という思いはありましたので
    アドバイスいただけて、大感謝です!!
    しかも「ベストシーズン」とな!!!なんと!!

    服装もスプリングコートと、展望台などでダウン。。
    ハイキングでもそんなに寒くない。っしゃあ!!!(笑)

    日本でも、地元の山での1dayハイクや、立山での登山など
    日頃から楽しむ派ではあるので、スイスのハイキングも
    企画のひとつではありましたので、いや、マジ、嬉しい♪


    そして「北欧とのカウンター企画」としても、オススメ。。。
    なははは、私達の「迷い方」まで褒めていただけてるみたいで
    なんか、嬉しくなっちゃいます♪

    しかしホント、質問から24時間以内に、
    こんなにたくさん、濃い、親身な回答を。。
    ありがとうございます。みなさま!!
    (by せらおさん)

    回答者

    ミロのブイ茄子さん

    ミロのブイ茄子さん

  • 回答日:2018-07-11

    この回答は1人の人に役立ちました

    私は暮らしに関する具体的な展示を見るのが好きです。タンペレにある木造の家(Amuri)とか、シベリウスに関する家などは、空いているのが5月から9月、と言う感じ。サイトに必ず書いてあります。屋外のテーマパーク的なところは、10月はもう閉まっていると思います。

    建物デザインならヘルシンキで歩いて楽しめそうです。10月は「泥の月」というくらいなので…雨が避けられないみたいですね。ブーツが必須かと思います。
    私はよく知らずに行って、軽いダウンで、外カフェがつらかった記憶があります。外歩きしたい場合は、慣れていない靴で歩く方がつらいかも。

    ヘルシンキの大聖堂に向かいあった辺りにかわいい博物館があったり、ちがう方向ならデザイン博物館、フィンランドの歴史博物館等々、遠くて1km分くらい歩けばなんとなると思うのですが。
    服装さえしっかりしていたら、いろいろ行けると思います。

    問題のある投稿を連絡する

    お礼

    ご回答、ありがとうございます。

    「〇〇の家」系の観光スポットは「9月エンド」が一般的。
    屋外のテーマパーク的なところも、同様。
    なんですね。。やっぱりかぁ。。。

    そして「10月はブーツ必須なくらい、雨が多い」。
    くぅ〜。。荷持的にも、けっこう痛い。かも。
    (暑い国ならビーサン派な私(ダンナ)なんすけど(笑)


    なんにしても「雨」「寒さ」に対する対策をすること。
    「雨のなか、寒いなか」「観光地を巡るための歩き」に
    きちんと対応していないと、ヤラれるよ。ってことですね。

    でも、それだけ、魅力的ってことですよね。覚悟して望む値打ちがあるくらい。

    うーん。質問して、回答聞いて、やっぱり迷うという(^_^;)
    でも、ホント、親身になって回答いただいて、本当に嬉しいです!!!
    ありがとうございます!(by せらおさん)

    回答者

    akikovoiceさん

    akikovoiceさん

  • 回答日:2018-07-10

    この回答は1人の人に役立ちました

    こんばんは。

    気温に関しては、紅黄葉の時期の感じですので、月はズレますが、日本の紅葉時期と同じくらいの気温と思えば良く、その時に、もう、奥さんは寒さに震えてるのかな〜? 
    もし、ほんとに、北欧に行きたいのなら、次のチャンスを待てるか?待てないようなら、行ってもいい時期じゃないですか?ただ、日本とは違い、雨は多そうですね。

    観光ヶ所が、クローズかどうかは、具体的に行きたい場所があるのなら、施設の名前を、アルファベットで入力すれば、公式ホームページが見られ、夏季、冬季の営業時間など表示してあるので、しっかり調べた方がいいですよ。施設名のアルファベットは、wikipediaで大抵わかります。
    着いたら、クローズの貼紙が!経験あります。ショックでした。

    行きたい所が、休業してるか、してないか?調べてから、決定すれば?

    問題のある投稿を連絡する

    お礼

    ご回答、ありがとうございます。

    日本の紅葉。。。京都で言うと、12月初旬。
    っって感じですかね。最近の気候では。

    おっしゃるとおり「次の機会」があるのなら
    「今回は諦め♪」の一択なんですが、
    4日以上のお休みを、GWでもない時期に。は、珍しくて。。。
    悩みどころです。はい。

    クローズかどうか。については、うーん、これが困ったところで
    たとえ希望している場所が5箇所あっても、
    2箇所目で引っ掛って、半日つぶれて、そこで終わり。
    なーんてパターンの旅行者なので、そこまで厳密じゃない。んですよね。

    ざっくりと「閉館続出」なのか「閉館でも怒るなよ」なのか
    そのあたりの「匂い」を知りたい、という。
    ホント、勝手な言い分で、みなさまのご厚意に甘ちゃおうという。。。
    申し訳ないことでございます。あはは。

    でも、最終的には「ココだけは」な場所については
    ちゃんと調べることにします。「ついで」が閉まってるのとは
    エラい違いですもんね。ショックが。


    しかし、質問から24時間しないうちに、
    こんなに、たくさんの回答が集まるなんて。
    びっくりしつつ、何よりみなさまに感謝です。

    (by せらおさん)

    回答者

    tokorinさん

    tokorinさん

  • 回答日:2018-07-10

    この回答は1人の人に役立ちました

    フィンランドへ行ったのは10月初旬でした。
    空港から市内へバスで移動。バスから見る街の景色は紅葉でそれは美しい街でした。
    寒さは寒くて大変!と言う事はなく、でも雨の日はとても寒かったです。雨に結構やられました。
    なので足元を暖かく歩きやすい足元で。ダウンと帽子、手袋、マフラーは忘れずに。
    リュックが良いですよ。閉店してるお店は無いですが日曜はお休みが多かったです。
    ハニカミマーケットの外のマーケットは少なかったですね。
    大きなデパートも有り寒くなったら逃げ込んでました。楽しめます。
    お天気がいいとそれ程気になりませんでした。楽しい旅をして下さいね。

    【参考URL】https://4travel.jp/travelogue/10720595

    問題のある投稿を連絡する

    お礼

    さっそくのご回答、ありがとうございます!
    旅行記、拝見しました。

    やっぱり、いいですねえ。。拝見すると、お天気もけっこう良いし
    明るい写真もいっぱい。町並みも、紅葉も、
    人との出会いも(ああ、うらやましい(^_^;)

    リュックはもう、必須です。旅行でなくても、愛用派。
    というか、スーツケースも布地で「背負いも可」なヤツなので
    その点は満たせそうに思います。

    服装は、やはり「ダウン」「防寒帽」「手袋」「マフラー」必須ですか。。。
    雨具も、しっかりと、登山にも耐えるものを持っていくのが良さそうで。

    あと、「閉店してる店は少ない」んですね。それは良い情報です。
    日曜日は、確かに、欧州では「交通機関と観光スポット」だけ
    みたいなイメージ、ありますね。肝に銘じます。

    いやあ、困った。寒さの情報と「おもしれえぞ」な情報が
    あちこちから、飛び込んできて。。。うーん、うーん(^o^)

    とにかく、ありがとうございます!!

    (by せらおさん)

    回答者

    kozyareさん

    kozyareさん

  • 回答日:2018-07-10

    この回答は1人の人に役立ちました

    昨年10月頭にロヴァニエミとヘルシンキに行きました。
    寒さですが、ヘルシンキは東京の真冬をイメージして行かれた方が良いかと思います。
    ※朝8時で気温が3℃だった記憶があります。

    服装も真冬の装備で行ったので、ヒートテックの上にウールのセーターを着て、デニムの下はタイツを履き、ニットキャップをかぶって手袋をして外出していました。

    カイロを持っていくなどして、防寒対策をしてはいかがでしょうか。


    ※ロヴァニエミでは初雪を拝むことが出来ました。。寒い!


    またヘルシンキに限ってですが、建築物などはクローズしておりませんでしたので、有名な建築物は全て見ることが出来ました。

    よかったら昨年の旅行記を貼りますので、参考にしてみてください★

    【参考URL】https://4travel.jp/travelogue/11296471

    問題のある投稿を連絡する

    お礼

    さっそくのご回答、ありがとうございます!
    旅行記も、駆け足で、拝見しました。

    あああああ!天気良くなってる!自転車乗ってはる!!
    ちょっとばかり、騒ぎながら、楽しく読ませていただきました。

    が。「朝8時で3度」。。。。。やばい。
    これは奥さんには読ませられん(笑)

    冗談はさておき、ウチももし行くなら「ヒートテック」は当然で
    フリース、ダウン、ゴアテックスのレインウェアと
    旅行なのか、登山なのか、わからないような服装になりそうですが
    「手袋必須」「カイロ推奨」なのは、さすがにこたえるかも。。。

    でも、旅行記で、かなり楽しんでおられる姿も拝見し
    うーん、これは迷う〜(笑)

    いや、ホント、生きた情報、ありがとう御座います!
    また旅行記も、しっかりと読むようにしますね!
    (by せらおさん)

    回答者

    さーふさん

    さーふさん

  • 回答日:2018-07-10

    この回答は1人の人に役立ちました

    私にとっては冬です。雪はまだとしても、相応寒いつもりでコートなど用意します。飛行機の中でいつもさむがっていますので、それに対応できる格好をしています。

    室内は暖房がちゃんとはいっていて25度くらいと暖かいので、美術館等見て回るには問題ないと思います。移動がつらそうなら、マフラー等厳重に用意するなり、移動に便利なホテルをとっておくとよいかもしれません。

    紅葉の綺麗な季節かと思います。

    どんな観光かによると思いますが、古い建物をそのまま見せているようなところは、たしかに夏季のみの営業です。寒いときに行っても何もなさそうなところはお休みのような気がします。

    ヘルシンキならデザイン美術館があります。暖かく見学できるところはたくさんあります。

    問題のある投稿を連絡する

    お礼

    さっそくのご回答、ありがとうございます。

    「古い建物をそのまま見せるような」観光地は「夏季のみ」(が多い)なんですね。
    うーん。。。どうしよう。かなりそういうのも、好きっちゃ好き。。。
    でも、それだけじゃないしなぁ。。

    そして、「紅葉」。。。気になってるんですよね。かなり期待しています。

    屋内に入ってしまえばかなり温かい。。。そして「環境に合わせて、調節できる服装」ですね。
    また「移動に便利なホテル」。確かにそれは大切ですね♪
    「移動が寒いから」てだけの理由で「出不精」になっちゃ、旅行に行く意味がなくなっちゃう(^_^;)

    とは言え、全体としては「否定的」ではない、ご意見。感謝します!
    (by せらおさん)

    回答者

    akikovoiceさん

    akikovoiceさん

  • 回答日:2018-07-10

    この回答は2人の人に役立ちました

    こんにちは
    >「北欧デザイン」や「北欧の人々の暮らし」「建築物」を
    訪問することを考えている前提で、お教えいただければ助かります。

    北欧で大丈夫なように思います。自信を持ってお奨めできるのはストックホルムとコペンハーゲンです。

    ストックホルムの10月5日の気温(年平均)は最高/最低が15/6℃で京都の11月下旬とほぼ同じです。
    もうひとつの都市は列車で行けるコペンハーゲンはいかがですか。
    いずれも首都ですが、王制の国で宮殿がいくつかあり、一年中観光シーズンです。
    コペンハーゲンの宮殿には皇太子が王室の人々と一緒に写った写真が掲げられていました。
    https://cdn.4travel.jp/img/tcs/t/pict/src/45/44/88/src_45448851.jpg?1475881561
    https://4travel.jp/travelogue/11169604

    私たち(シニア男2人)が行ったのは季節が違いますが(5月)観光には暑かったです。

    昨年10月はじめにはバルト三国とポーランド旅行でしたが、風が強く、雨が多かったものの寒くて困ったことはなかったです。
    https://4travel.jp/travelogue/11316543

    yamada423

    【参考URL】https://4travel.jp/travelogue/11153875

    問題のある投稿を連絡する

    お礼

    さっそくのご回答、ありがとうございます。

    おっしゃるとおり、と申しますか、同じく男性である私としては
    「私もそんな感じ(寒さ)を受けるんだろうなぁ」と思いながら読ませていただきました。
    気になるのは、やはり、「寒がりの妻」の受けるだろう印象。。
    なので、もう少し、情報を集めてみようかと思います。

    また、王宮関係を観光で訪れるのならば、シーズンオフをあまり考えなくて良い
    ってことですね。
    その他、北欧での滞在地も、もう少し幅を広げても良いかなあ。。と。

    参考にさせていただきます!

    (by せらおさん)

    回答者

    yamada423さん

    yamada423さん