旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル
ミクロネシア×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
ツアー
旅行記
Q&A

ミクロネシア 旅行

ピックアップ特集

ミクロネシア旅行の比較・予約

ミクロネシア 格安ツアー

最安ツアーを比較検索

成田発 ミクロネシア ツアー羽田発 ミクロネシア ツアー大阪発 ミクロネシア ツアー名古屋発 ミクロネシア ツアー

 ミクロネシア ホテル

クチコミで選べる

ホテル数は日本最大級

Wi-Fiレンタル

エリア最安プラン

1日あたり0円〜

人気都市ランキング4

エリア名で検索 :

※ミクロネシアで旅行者の多い都市順に表示しています。

旅行記 402 件

  • (続)Evangelistとしての役割を果たせていると感じる朝

    (続)Evangelistとしての役割を果たせていると感じる朝

    • 関連タグ:

      • 旅行時期:2018/09/01 - 2018/09/05(約3ヶ月前)

      今朝、チーク島の仲間より、朗報が届く チーク州の知事が参加したいとのこと、 珊瑚礁に囲まれた群島の島は大小それぞれ隆起した地形で、広い海辺の浜は無いのが特徴であり、 産業の誘致、工場の建設等々は無理、そこで知事も観光立国以外に選択の余地が無いことが分かったようだ。 NPOとビジネスの両面から政府と、アメリカからの支援の打ち切りを踏まえ、今後のミクロネシアの展望について議論を進める内に、知事が参加し、投資したいと申し出がある、との報告があった。 もっと見る(写真0枚)

    • 駐日ミクロネシア連邦国の大使より招待状が届く、旅の意味を最大限に活かした異文化交流

      民間外交と言われる筋合いはまったく無い。 異文化間での交流は、学びの原点であることをEvangelistとして証明したようなものである。 ミクロネシア連邦国独立32周年記念式典への招待状 独立後32年? 独立とは、経済的、政治的、文化的、地政学的に、他国に依存していない状態になった、ということらしい。 人類学的に全くは独立できない筈だ。単に、経済的、政治的に自立することを独立と一般的に表現するのだろう。この国の島民の多くは独立を望んでいる。この包括的独立は自己防衛の能力と均衡するものである、とミクロネシア連邦の島民達は認識している、日本は独立国で無いね、と厳しい意見を述べられた。 経済的に独立するには資... もっと見る(写真0枚)

    • チーク環礁内でトローリング

      チーク環礁内でトローリング

      • 関連タグ:

        • 旅行時期:2018/09/01 - 2018/09/05(約3ヶ月前)

        我が仲間達よ、勇み足とならないよう気を引き締めねばならない。 FSM駐日ミクロネシア連邦の大使館の書記官によれば、オーストラリアやニュージーランドからの釣り人がトローリングに訪れることのこと、連中は豪勢な旅を楽しみに、日常の喧騒から離れた、珊瑚礁に囲まれた紺碧の海洋でトローリングを楽しみ、楽園での休暇で、癒やされるので、お金を沢山遣ってくれるのだそうだ。日本人にはちょっと手が届かないような休暇の楽しみ方とのこと。 大使館からの話題をチーク島の仲間に伝えたら、早速トローリングのお客を受け容れるために、tourismのactivitiesの一つとして動き出した。 もっと見る(写真2枚)

      • トラック島民からTourism Evangelist として助力を求められる、

        トラック島民からTourism Evangelist として助力を求められる、

        • 関連タグ:

          • 旅行時期:2018/09/01 - 2018/09/05(約3ヶ月前)

          バナナなどの南洋の果物、海洋の産物を含め、自然資源に恵まれているカロリン諸島の一部であ4州からなるミクロネシア連邦国。行政府が置かれ首都となっているChuuk島(ドイツ語の発音がtrukと聞こえ、トラック島と日本海軍の間で広まったとのこと)。高知から明治時代に移り住んだ実業家、森子弁の子孫、と公民権運動で挫折し渡った藤沢市からの相沢庄太郎の3世、それぞれの血を受け継ぎ、ミクロネシアの発展を願う人が声を掛け合い、私を取り囲み、日本と縁が深いミクロネシアの歴史と現況の日本からの支援を取り上げ、チーク島の現況を説明してくれた。 自然の生態系、特に海洋生物を保護しながら、島の発展を進めるには観光立国にするの... もっと見る(写真0枚)

        • 南太平洋の平和維持に必要な拠点

          南太平洋の平和維持に必要な拠点

          • 関連タグ:

            • 旅行時期:2018/09/01 - 2018/09/05(約3ヶ月前)

            笹川財団が平安全保障に尽力しているようである もっと見る(写真0枚)

          ミクロネシア 旅行記

          基本情報

          どんなとこ?

          大洋州にある600以上の島からなる、ヤップ、トラック、ポナペ、コスラエの4州で構成する連邦。面積:700平方キロメートル(奄美大島とほぼ同じ)。様々なマリンスポーツが堪能でき、多くのダイバーを魅了する。

          気候

          年間を通して暖かい為、軽装でよい。雨季と乾季がある。貿易風が北東から12-6月にやってくる。5月?7月は雨季。11月?3月は強風で離島への船が出にくいが、6月は出やすい。

          言語英語、ヤップ語、チューク語、ポナペ語、コスラエ語
          宗教キリスト教
          時差[トラック、ヤップ]日本との時差は+1時間。コスラエ,チューク,ポナペ,ヤップの方が進んでいる。サマータイムはない。[ポナペ、コスラエ]日本との時差は+2時間。コスラエ,チューク,ポナペ,ヤップの方が進んでいる。サマータイムはない。
          名物・お勧め料理タロイモ、ヤムイモ、パンの実、サツマイモ、ココナッツ、魚介料理
          土産品ポンペイ 胡椒(味、香りが良い)、アイボリーナッツのアクセサリー、木彫り(各州によって特色がある)
          電圧110/220V
          Wi-Fi割引300円OFF フォートラベル GLOBAL WiFi

          ミクロネシア 地図

          ミクロネシアトラベラーランキング

          クチコミの多いトラベラー

          旅行記の多いトラベラー

          Q&A回答の多いトラベラー

          旅行会社に相談する

          ミクロネシアのことならおまかせください!

          旅行会社一覧

          4Tポイントを貯めよう

          チャンスは一日一回。
          エリアに隠された宝箱を探せ!お題はTOPページにて発表! 本日のお題はこちら!

          4Tポイントとは?