旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル
ケベック×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
ツアー
旅行記
Q&A
Wi-Fi

ケベック 旅行 クチコミガイド

セレブリティ・サミットで行くカナダ・米... カナダのフランス語圏  雨の日のケベッ... 真冬のケベック 世界遺産のケベックへ カナダ東部紀行2009

ケベック 〜フランス統治時代の面影が色濃く残る北米唯一の城塞都市

日本との時差は13時間(サマータイムは12時間)、夏は高温多湿で不快指数が高い日もあり、反面冬の寒さは厳しく積雪量も多いのが気候の特徴です。ヨーロッパを髣髴させる古い町並みはフランス語が公用語である事もあって他の北米土地とは違う雰囲気。旧市街のシンボルでもあるシャトーフロントナック の見学ツアーは人気があります。

ピックアップ特集

ケベック 旅行予約

最安値を比較♪ JTB HIS 阪急交通社…他

最安値

ツアー

Wi-Fiレンタル

1日あたり70円〜

ツアー検索

ホテル クチコミ人気ランキング110 件

観光 クチコミ人気ランキング48 件

ケベック 観光

グルメ・レストラン クチコミ人気ランキング32 件

ケベック グルメ・レストラン

旅行記 276 件

  • ケベック・シティー〜名所編

    ケベック・シティー〜名所編

    • 同行者:カップル・夫婦(シニア)
    • 関連タグ:

      • 旅行時期: - (約5年前)

      世界遺産であるカナダのケベック・シティーを訪れました。 ケベックの旧市街の歴史地区が世界遺産として、登録されています。 この旅行記では、建物を中心として、気になったものをまとめたものです。 もっと見る(写真27枚)

    • カナダ東部旅行記  その1 −ケベックシティ 1日目−

      カナダ東部旅行記  その1 −ケベックシティ 1日目−

      • 同行者:カップル・夫婦
      • 関連タグ:

        • 旅行時期:2018/08/12 - 2018/08/21(約1ヶ月前)

        以前雑誌で見た城塞都市ケベックシティの写真が印象に残っていて、以前から行ってみたいと思っていたのですが、航空券が安く買えたので、今年の夏はカナダ東部を旅行することにしました。今回旅行したケベックシティ、モントリオール、トロントの緯度は、一番低いトロントでも北海道の網走とほぼ同じ、異常気象で平年よりは随分蒸し暑かったようですが、それでも日本よりはずっと過ごしやすく、ケベックシティ、モントリオールではヨーロッパの香り漂う街並みを、トロント滞在中にはナイアガラの壮大なスケールを堪能することができました。 今回の旅程は次のとおりです。 1日目 関西国際空港発・台北経由でトロントへ、トロント泊 2日... もっと見る(写真54枚)

      • 世界遺産の街ケベックシティ

        世界遺産の街ケベックシティ

        • 関連タグ:

          • 旅行時期:2017/08/02 - 2017/08/05(約1年前)

          ケベックはヨーロッパ調の町並みに、フランス語と英語の両表記から独特の雰囲気のある街でした。  もっと見る(写真20枚)

        • 北米満喫!の旅 ★ケベック・シティー編★

          北米満喫!の旅 ★ケベック・シティー編★

          • 同行者:一人旅
          • 関連タグ:

            • 旅行時期:2018/06/26 - 2018/06/28(約3ヶ月前)

            6月26日にニューヨークからモントリオール経由の飛行機でケベックに午後に入り、26日は半日27日は1日の街歩きをして28日の朝からレンタカーでナイアガラの滝に出発するまでのケベック・シティー編です。 もっと見る(写真143枚)

          • 子連れ旅行、モントリオール、ケベックシティ 、ナイアガラフォールズ、トロント、駆け足の旅!ケベックシティ 編

            せっかくモントリオールまでやってきたのでケベックシティ まで行くことに。 本来なら紅葉の秋が綺麗なんでしょうけどね、ままた次回に。 日帰りなんで駆け足の旅でした。 もっと見る(写真13枚)

          ケベック 旅行記

          Q&A掲示板 11

          ケベックについて質問してみよう!

          行ったことのある皆さんに、一斉に質問することができます。

          …他

          •    DAVIDsTEAいつでも

            投稿:2017/04/18 回答:1

            カナダの DAVIDsTEAで 紅茶を購入しようと思いますが クレジットカードは 使えますか  (もっと見る) by トラベルtaku さん

            トラベルtakuさん、こんにちは。 Webの話の場合、クレジット・カードは使えます。しかし、次のように書いてあります。 The third party credit card service provider must approve all purchases made through the use of a credit card. また、… (もっと見る) by いのうえ さん

            締切済

          • 8月中旬に2泊しました。
            空港からはタクシーで定額料金35ドル(チップ別)でした。
            スタッフはとてもフレンドリーで、滞在中、安心して過ごすことができました。フロントは午後7時迄ですので、到着が午後7時以降の場合は事前に連絡しておく必要があります。午後7時には玄関も締まりますので、それ以降は別の入口から自分で鍵を開けて出入りすることになります。
            部屋は広くはないですが、かわいらしくコーディネートされていました。セーフティボックはなく、アメニティはいたってシンプル、バスタブのみ、湯沸かし等の設備は部屋ごとにはありませんが共用のキッチンを利用できます。ベッドの寝心地はヒルトン等のホテルチェーンのものと比べるとやや劣る感じです。
            旧市街までは徒歩圏ですが、ノートルダム大聖堂まで約30分、Lower Townまではさらにあるので、2日目となると微妙な距離です。
            朝食は一人10.5ドルで、十分その価値はあると思います。種類は決して多くありませんがどれも美味しく、特にクロワッサンと各テーブルおかれているフルーツが良かったです。
            近くにはレストランや銀行、コンビニがあって便利です。私の限られた経験ではありますが、銀行ATMとそれ以外のATMでは、かなりレートが違いました。具体例をあげると、フェアモントホテル内に設置されたATMでは2018年8月13日の利用で1ドル91.116円、Auberge Aux deux Lionsの道路を挟んで斜め向かいの銀行ATMでは2018年8月14日の利用で1ドル85.0225円でした(どちらも経験的にレートが良いことが多いマスターカード利用)。
            それからケベックシティでUberは利用できるものの台数は多くなく、料金もタクシーより若干安い程度のように感じました。さらに、繁忙時で割増料金が表示されることもしばしばありました。

          • らせん階段がすてきなこじんまりとしたホテル

            4.0旅行時期:2018/06 (約3ヶ月前)

            hidetsuguya

            hidetsuguyaさん(男性)

            オーベルジュ ラ シュエットのクチコミ

            オーベルジュ ラ シュエット

            +2

            外観も内部も歴史を感じさせてくれるホテルです。部屋はきれいでバスタブも有り申し分ないです。今回の旅行で一番良かったのがホテルの立地です。町歩きの途中で疲れてもホテル休憩ができました。ホテルのマダムもとても親切で帰りの日は朝ご飯を食べる時間が無かったのですがバナナ、パン、ジュース、ヨーグルトを持たせてくれました。

          • 小さいながら雰囲気があります

            4.0旅行時期:2017/09 (約1年前)

            norisa

            norisaさん

            ノートルダム大聖堂のクチコミ

            ノートルダム大聖堂

            +3

            ケベックシティのノートルダム大聖堂。

            この聖堂の内陣の建築が終了したのは1830年であり、最初の塔が完成したのは1843年です。
            この聖堂は北米で最大のものだそうですが格調も高いものです。
            内観は壮大そのもので、天井部は濃い青色と金色の星で装飾され、その他の神聖な場所は青、空色、赤、紫、銀、金色といった多色の彩飾で施されています。
            堂内部の教会は世界でも最も印象的なものの一つです。

            下世話な話ではありますが教会で用を足すのは旅の常識。
            そこで入り口内部のシスター/マスール?にトイレの位置を聞きましたが、これがまさしく英語が全く通じません。
            こちらはフランス語は分かりませんがトイレは何とか通じ(トアレですね!)身振りで複雑な奥への道を教わりました。
            まさしくフランスの街そのものです。
            ご参考のために書かせていただくとここのトイレは右奥の小部屋の突き当りのドアを開けて進みます。
            是非ご利用ください(笑)

            ただし喜捨も忘れずに(苦笑)
            車は全く不便ですから新市街に駐車して歩くことをおススメします。

          • 旧市街の中にあり観光スポットを徒歩で回れるので、ロケーションは最高です。バスターミナルからは歩いて15分ほどだったと思います。
            エレベーターがないので、4Fあたりの部屋になると大きな荷物のある方は辛そうです。
            チェックイン時にリネンのデポジットが$5必要でした。
            モントリオールから日帰りも可能ですが、夜景を見るために一泊するのもお勧めです。

          • 規模はさほど大きくない

            3.0旅行時期:2017/10 (約11ヶ月前)

            旅好きなまるちゃん

            旅好きなまるちゃんさん(女性)

            モンモランシー滝のクチコミ

            モンモランシー滝

            +1

            サンタンヌ・ド・ボープレ教会と隣接するようにありますので多くの観光客が訪れています。滝の上にかかる橋を渡ったり、ゴンドラで上から見ることもできるようです。時間があれば両方試してみたいです。下には遊歩道が滝の下まで続いていますのでしぶきを感じる場所まで歩いて行けます。紅葉の景色と相まってきれいなところです。

          ケベック のクチコミ一覧(627)

          基本情報

          どんなとこ?

          ケベック州の州都であるケベックシティは、ヨーロッパを思わせる美しい町並みが特徴で、1985年には北米の都市として初めて世界遺産に登録された。町の歴史は、1608年にフランスの地理学者であるサミュエル・ド・シャンプランが簡素な砦を築いたことに始まる。それ以降毛皮交易を中心とした商業の拠点となり、カナダ最古の商店街と言われるプチ・シャンプランが誕生した。18?19世紀には植民地戦争やアメリカからの圧力で、町は混乱に巻き込まれる。ニューフランスとよばれたケベックシティは、アブラハム平原の戦いでイギリスの支配下に置かれ、その後イギリスが統治した時代の首都となる。次第に西部のモントリオールが経済の中心を担うようになっていったが、歴史と美しい建物が残る町として今も人々に親しまれている。

          日本からのアクセス日本から直行便のあるトロントで国内線に乗り継ぎ、空路約1時間30分。
          時差東部標準時に属し、日本との時差は-14時間。カナダの方が遅れている。サマータイム期間(14/3/9?14/11/2)は-13時間。
          空港から市内へのアクセスジャン ルサージュ国際空港(JEAN LESAGE INTL AIRPORT:YQB)から約14KM、タクシー約30分 約35カナダドル。
          市内電話料金公衆電話の市内通話は、3分あたり25?35セント。
          フォートラベル GLOBAL WiFiが断然お得。 これ1台で海外でもスマホでネットが出来る!

          ケベック 地図

          ケベックトラベラーランキング

          投稿数が多いトラベラー

          1 CHUCKさん
          CHUCKさん
          2 trippppp:Dさん
          trippppp:Dさん

          もっと見る

          クチコミの多いトラベラー

          旅行記の多いトラベラー

          Q&A回答の多いトラベラー

          旅行会社に相談する

          ケベックのことならおまかせください!

          旅行会社一覧

          4Tポイントを貯めよう

          チャンスは一日一回。
          エリアに隠された宝箱を探せ!お題はTOPページにて発表! 本日のお題はこちら!

          4Tポイントとは?