本格的なお祭りシーズン到来のスペインへ

本格的なお祭りシーズン到来のスペインへ

spain スペインでは、カーニバルを皮切りにいよいよ本格的な祭りのシーズンを迎えます!
熱気あふれる本場の祭りを体験にスペインへ行ってみませんか?

特集1:悲恋の物語「テルエルの恋人たち」800周年

特集1:悲恋の物語「テルエルの恋人たち」800周年

スペイン版ロミオとジュリエットともいわれる「テルエルの恋人たち」をご存じですか? これは、13世紀のスペイン東部アラゴン州の町テルエルで実際におこった悲恋の物語。裕福な家庭の娘イサベルと貧しい家庭の息子ディエゴは深く愛し合っていましたが、イサベルの家族は身分の違いから結婚を許しませんでした。ディエゴはそれでもあきらめず、5年の猶予をもらい、財を築くために新大陸に渡りました。約束通りディエゴがテルエルに戻ると、イサベルは既に他の男と結婚していました。それでもディエゴは再会したイサベルに口づけを求めずにはいられませんでした。しかし、人妻となったイサベルはディエゴの願いに応じることはできません。絶望したディエゴは心痛のため命を落としてしまいます。それを知ったイサベルはディエゴの葬儀に駆け付け、亡骸に口づけをすると、直後に息をひきとってしまいました。二人の遺体は二度と離れることがないようにと、人々によってサン・ペドロ教会に埋葬されました。そして、16世紀にサン・ペドロ教会の修復時に二人の亡骸が見つかると、教会に隣接する霊廟に、手を取り合う二つの棺に納められたのです。それ以来、サン・ペドロ教会は「恋人たちの霊廟」として愛を誓う人たちの巡礼地になっています。そして、800年の時を経て、2017年2月、「テルエルの恋人たち」が町で再現されるお祭りが開催されます。町は永遠の愛を誓った物語のシーンに彩られ、まるでタイムトリップしたかのようなロマンティックなムードに包まれるはず。そのほか、アラゴン軍の入場行進や剣の戦いがみられるほか、展覧会やコンサート、地元の特産品・郷土料理の試食などさまざまなイベントが催されます。悲恋の物語の地として有名なこのテルエルは、サン・ペドロ教会をはじめとする美しいムデハル様式の建築物など世界遺産に登録されたモニュメントが建つ魅力的な土地でもあります。800年の時を経た今、テルエルの恋人たちの前で永遠の愛を誓いませんか?

もっと詳しく

特集2:スペインのカーニバルシーズン到来

特集2:スペインのカーニバルシーズン到来

復活祭までの40日間、四旬節とよばれる2月は、スペイン中がカーニバルの熱気に包まれる時期。そんなスペインのカーニバルのなかで世界的にも有名で国際観光行事に登録されているのが、テネリフェ島の「サンタ・クルスのカーニバル」と、アンダルシア州の町「カディスのカーニバル」、ムルシア地方の「アギラスのカーニバル」です。なかでも「サンタ・クルスのカーニバル」は、ブラジルのリオのカーニバルを彷彿とさせる豪華さで、ブラジルスタイルのコスチュームをまとった何千人ものパレードは圧巻。「カディスのカーニバル」は、コンパルサスと呼ばれる仮装行列と、皮肉と批判にあふれた楽曲を歌うチリゴタスが有名。自由奔放な楽しい雰囲気に触れることができる楽しいカーニバルです。さらに子どもから大人まで楽しめる、陽気でユーモアのある「ピニャータの日曜のパレード」も必見です。「アギラスのカーニバル」は伝統的な2つの習慣をもつカーニバル。1つは卵の殻投げ。殻の中には主に紙吹雪が詰められています。もう1つは「クエルバ」を飲むこと。「クエルバ」は、カーニバルスピリッツを目覚めさせる魔法の秘薬と言われているそう。スペイン中がユーモアやパロディ、歓喜にあふれるカーニバルシーズンは、なんでも許されるといわれるほど。ちょっと羽目を外しに、エネルギッシュなカーニバル体験をしてみませんか?

もっと詳しく

基本情報

スペインは、イベリア半島の大半を占めるスペイン本土、バレアレス諸島、カナリア諸島から構成され、さらに対岸の北アフリカにセウタとメリーヤの2都市を有しています。気候は内陸部と北部、東部の3つのエリアに分けられます。台地が広がる内陸部は寒暖の差が激しく、海洋性気候の北部は雨量も多く緑があふれ、東部の地中海地域とともに沿岸部は温和。南部のアンダルシアの内陸は特に真夏の暑さがとても厳しい地域ですが、乾燥しているので日陰では過ごしやすいです。

スペイン旅のインフォメーション

ピックアップ旅行記

ときめきのスペイン周遊⑱マドリード ソフィア王妃芸術センター

ときめきのスペイン周遊⑱マドリード ソフィア王妃芸術センター

  • 旅行テーマ:芸術・美術館・博物館
  • 旅行時期:2016/09/02 - 2016/09/10
    899票

フアン・カルロス1世の王妃レイナ・ソフィアに因んで名付けられた美術館です。20世紀の現代アート作品を多数所蔵しており、特にピカソ、ダリ、ミロの3大巨匠の名画は見逃せません。ソフィア王妃芸術センターは、サバティーニ館と新館のヌーベル館に分かれていますが、... もっと見る(写真30枚)

旅行記をもっと見る

ときめきのスペイン周遊⑱マドリード ソフィア王妃芸術センター

旅行テーマ:芸術・美術館・博物館 票
899票
旅行時期:2016/09/02 - 2016/09/10
ときめきのスペイン周遊⑱マドリード ソフィア王妃芸術センター

フアン・カルロス1世の王妃レイナ・ソフィアに因んで名付けられた美術館です。20世紀の現代アート作品を多数所蔵しており、特にピカソ、ダリ、ミロの3大巨匠の名画は見逃せません。ソフィア王妃芸術センターは、サバティーニ館と新館のヌーベル館に分かれていますが、... もっと見る(写真30枚)

旅行記をもっと見る

「スペイン」について質問してみよう!

行ったことのある皆さんに、一斉に質問することができます。

中華遊さん

Hirokazu Ohyaさん

K-TZWさん

ぶんさん

comodoさん

mmさん

otakariさん

dekaOさん

Tomtomtomさん

山と湖さん

nammieさん

Smile Daisyさん

Kyarameru26さん

bamunaoさん

torikagoさん

…他

質問する

スペイン旅行ガイド

プレミアムなスペインを体験

プレミアムなスペインを体験

スペイン留学おすすめエリア診断アプリ スペイン旅行の前にもおススメ!

公式SNSで最新情報をチェック!

  • facebook
  • twitter
  • youtube
PAGE TOP
PAGE TOP