トラベルマガジン - 思わず旅に出たくなる!旅ガイドまとめ

旅行好きが選ぶ!”一番良かった国内旅行先”トップ10発表 1位「沖縄県」、2位「北海道」、3位「京都府」。九州は5県がランクイン!

調査レポート 2014/05/19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォートラベルでは、旅行が好きなフォートラベル会員を対象に、「今まで訪れた中で一番良かった国内旅行先」についてアンケート調査を行いました。結果を以下に発表します。

■ “訪れた中で一番良かった都道府県”トップは「沖縄県」 TOP10に九州5県がランクイン!

26

旅行好きのフォートラベル会員を対象に、「今まで訪れた中で一番良かった国内旅行先」を聞いたところ、もっとも人気の都道府県は「沖縄県」だった(表1)。特に良かったスポットとして、「石垣島」「宮古島」などの離島や、「美ら海水族館」が多く挙がった。

「石垣島」「宮古島」の良かった理由は、『透き通るような青い海が本当に美しかった』『喧騒から離れ、のんびりと流れる時間に癒やされた』『ゆったりとした時間、自然の広大さ、満点の星空、いたるところに咲いているハイビスカスなど、すべてが好き』といったように、豊かな自然を背景とした非日常性に魅力を感じるコメントが多く寄せられた。

「美ら海水族館」の良かった理由は、『ジンベエザメを間近に見ることができて感動した』『大水槽が迫力満点だった』『仕事など普段の生活を忘れてのんびりできた』『1日いても飽きない』などの声が挙がった。「美ら海水族館」は、フォートラベルで昨年発表した “ 動物園・水族館ランキング”(フォートラベルユーザーのクチコミ評価をもとに決定)でも第1位を獲得しており、人気の高さが伺える。

沖縄県が堂々1位。2位は北海道。

2位は「北海道」。その中でも特に人気のエリアは「知床」。『大自然を堪能することが出来た』『野生動物など、普段見ることのできない手つかずの自然を間近に見られた』などの声が挙がり、世界自然遺産にも登録されている「知床」の雄大な自然に感動した旅行者が多い。
また、「富良野」「美瑛」エリアも人気で、理由として『満開のラベンダー畑が素晴らしく、今でも風景や香りを鮮明に思い出せる』『広大な花畑と豊かな自然に囲まれて癒やされた』『広い北海道ならではの、長くて真っ直ぐな一本道が美しかった』『大地に広がる自然や草木の鮮やかさに感動した』『日本の風景ではないようで素敵だった』などのコメントが寄せられた。

圧巻の大自然を誇る北海道。 3位は京都府。

3位は「京都府」。世界文化遺産に登録されている「清水寺」をはじめとした寺社仏閣が特に人気で、その理由として『歴史を肌で感じることができた』『風情があり、古寺の美を堪能できた』『静かで、心が落ち着く独特の雰囲気がある』『日本人であることの幸せを感じられた』などの声が寄せられた。
 また、「嵐山」エリアも多く票が集まり、理由として『風景が綺麗』『寺社や庭園など散策して巡るのが楽しい』『紅葉の季節の景観が素晴らしかった』などのコメントが挙がっている。

古都京都に続き、長野県・鹿児島県がランクイン。

4位は「長野県」「鹿児島県」が同率でランクイン。「長野県」は「上高地」が人気で、『日本にこんなに素敵な場所があるのかと感動した』『山々が神々しく感じるほど美しかった』など、豊かな自然と多くの山々に囲まれた絶景に魅せられた旅行者の声が集まった。「鹿児島県」でもっとも人気のスポットは「屋久島」で、『大自然を堪能できた』『屋久杉と縄文杉を見て、自然のパワーを肌で感じることができた』などの理由が寄せられている。

 6位は「長崎県」。特に「ハウステンボス」や「グラバー園」に票が多く寄せられ、異国情緒を楽しめることが人気のポイントのようだ。7位は「東京都・熊本県・大分県」が同率でランクイン。なかでも「熊本県」は、「阿蘇」や「黒川温泉」で雄大な景色と癒やしの時間を堪能した旅行者の票が多く集まった。

 10位は「青森県・福岡県」。「青森県」は、東北唯一のTOP10入りとなった。特に良かった場所として「奥入瀬渓流」を挙げる人が多く、緑あふれる渓流沿いの散策を楽しんだ旅行者の声が寄せられた。また、「十和田湖」、「酸ヶ湯温泉」なども人気だった。

■ 地方別ランキングは、1位「沖縄」、2位「北海道」、3位「近畿」

30

今までで訪れた中で一番よかった旅行先を地方別でみると、都道府県別同様、1位、2位は、「沖縄」、「北海道」、3位に「近畿」がランクインした(表2)。

 3位の「近畿」では、都道府県ランキング3位の「京都府」の票が圧倒的に多いが、「兵庫県」「奈良県」も人気だ。旅行者からは『食べ物が美味しい上に公共交通機関が便利。空港のアクセスもよい。六甲山の夜景もきれいだった。(兵庫県)』、『初めての一人旅で、じっくり歴史を感じながら見て回ることができた。また、人の親切さに何度も助けられた。(奈良県)』といった声が寄せられている。

 4位は「九州」。九州7県のうち、「鹿児島県」を筆頭に、「長崎県」、「熊本県」、「大分県」、「福岡県」の5県が都道府県別ランキングのTOP10に入り、地方別でもランキングを押し上げた(表2)。

 5位は「東北」。東北6県のうち、もっとも人気だったのは「青森県」だが、「秋田県」の人気も高い。理由として『古き良きものが残っている』『素晴らしい風景、出会った方の人柄、食べ物、全てが素晴らしかった』などの声が挙がった。

 本調査では、47都道府県のすべてに票が入り、旅行者から各地の魅力あふれるコメントが寄せられた。当社実施の旅行動向調査では国内旅行の人気が年々高まっており、これから迎える夏の旅行シーズンにおいても、国内旅行が盛り上がりを見せそうだ。


□調査概要
調査方法: フォートラベルサイト内でアンケートを実施。47都道府県+「該当なし」の全48項目の中から、今までで一番良かった都道府県を択一方式で回答。結果を地方ごとにまとめ、比率が高い順よりランキングを行った。詳細なエリアや理由は自由記述にて回答。
調査期間: 2014年3月19日 - 2014年3月26日
調査対象: フォートラベル会員(有効回答数:1122件)

□データ利用について

31

1.掲載に際しては「旅行のクチコミサイト フォートラベル(http://4travel.jp/)」と必ず出典元を明記をしてください。
2.掲載の画像は貸与が可能です。元画像をご希望の場合は当社までご連絡ください。
3.本レポートは情報提供を目的としています。掲載したデータ等の正確性・確実性については、その内容を完全に保証するものではありません。また、本調査結果の利用者がこれらの情報を用いて行う判断の一切について責任は負いません。
4.本レポートのご利用にあたっては、以下の事項を禁止いたします。
・本レポートを改竄して使用すること。
・本レポートを第三者に対し有償で提供すること。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP