トラベルマガジン - 思わず旅に出たくなる!旅ガイドまとめ

【2018】関東 夏の花火大会ランキング10! 思い出に残る夏にしよう

花火 2018/07/11

4travel.jp

フォートラベル編集部

今年の夏の花火大会はどこに行くか決まりましたか? フォートラベルでは、この夏に開催される関東の花火大会を、クチコミ満足度をもとにしたランキング形式でご紹介します!

10位 古河花火大会 / 茨城県古河市

関東でも随一のスケール! 開花直径約650mもある「三尺玉」に注目

都内の花火大会では10号玉が最大の大きさとなるところ、その倍以上の開花直径を誇る「三尺玉」が打ち上がる「古河花火大会」。さらに打ち上げ数が約20,000発と、関東でも屈指のスケールです。会場が河川敷のゴルフ場なので、土手にレジャーシートを広げてのんびり鑑賞できるのもうれしい。

開催日:2018年8月4日(土) ※荒天の場合は5日(日)に順延
開催場所:古河ゴルフリンクス
打ち上げ数:約20,000発(予定)
最寄り駅:JR 古河駅から徒歩約20分。東武日光線 新古河駅から徒歩約5分

クチコミ:今年も行ってきました

あおしさん

地方都市にしては規模が大きく、それでいて川原で行われるのでゆったり見れるのでお気に入り。6時にJR古河駅について、30分歩いて6時半に大会開催地に到着。芝生席などは席取りの人でほぼ満杯でしたが、それでも見る場所はいくらでもありました。3尺玉はおなかにズーンと響いてきました。もっと見る

9位 鎌倉花火大会 / 神奈川県鎌倉市

海面に豪快な花火が華開く! 水中花火が名物

今年で第70回を迎える「鎌倉花火大会」。由比ヶ浜海岸から材木座海岸までの海に、約4,000発もの花火が打ち上がります。 水面に扇のような半円の花火が広がる光景は迫力満点! 海上なので、建物がじゃますることなく花火を眺められます。

開催日:2018年7月24日(火) ※荒天の場合は25日に順延、翌日も荒天の場合は中止
開催場所:由比ヶ浜海岸、材木座海岸
打ち上げ数:約4,000発(予定)
最寄り駅:江ノ島電鉄 由比ヶ浜駅、和田塚駅 各駅から徒歩5分。JR・江ノ島電鉄 鎌倉駅から徒歩15分 ※当日は会場周辺で交通規制あり

クチコミ:臨場感

yhさん

花火を見に、鎌倉ヘ訪問させて頂きました。近くまで車で、途中から電車で行きました。さすが、日本有数の観光地という事もあり、平日にも関わらず、お客様の数はすごかったです。FM横浜のアナウンサーの司会も良かったです。もっと見る

8位 横浜スパークリングトワイライト 横浜港花火ショー / 神奈川県横浜市

多彩なイベントプログラムとともに開催される横浜港の花火大会

今年で第7回を迎える「横浜スパークリングトワイライト」。イベント期間の2日間は、横浜港氷川丸の汽笛を合図に約3,000発もの花火が打ち上がります。横浜港の美しい夜景に伝統的な大輪の花火や創作花火が広がる光景は、とてもロマンチック♪ イベント当日は花火のほか、パレードやシーサイドレストラン設置など多彩なプログラムでイベントを盛り上げます♪

開催日:2018年7月14日(土) 15日(日)
開催場所:山下公園およびその周辺、公園前海上
打ち上げ数:約3,000発(予定)
アクセス:みなとみらい線 元町・中華街駅 各駅から徒歩約3分。みなとみらい線 日本大通り駅から徒歩約5分。横浜市営地下鉄ブルーライン・JR 関内駅から徒歩約20分。JR 石川町駅から徒歩約15分

クチコミ:大さん橋からは大迫力の花火を見ることができました!

トーキューさん

このとき花火を見た場所は打ち上げ場所とはほぼ正面で、なおかつ距離が200メートルほどしかなかったので、間近で大きな打ち上げ花火を見ることができました。写真を撮る際は画面に入りきれないほど大きな花火が打ちあがったので大迫力でした。横浜らしさと迫力がある花火イベントだと思いました。もっと見る

7位 葛飾納涼花火大会 / 東京都葛飾区

会場と打ち上げ場所の近さは都内屈指! 迫力満点の花火が楽しめます

柴又帝釈天から近く、江戸の下町風情漂うエリアで開催される「葛飾納涼花火大会」。打ち上げ場所から観覧会場までの距離が近いため臨場感ある花火が楽しめます! 江戸川の河原から花火を眺められるので、都内の花火大会でありがちな建物で花火が見えなくなる心配がないのもうれしい。

開催日:2018年7月24日(火)※荒天の場合は25日に順延、翌日も荒天の場合は中止
開催場所:葛飾区柴又野球場 (江戸川河川敷)
打ち上げ数:約13,000発(予定)
アクセス:京成線 柴又駅から徒歩約10分。JR 金町駅から徒歩約20分。北総線 新柴又駅から徒歩約15分。

クチコミ:7月最後の火曜日

おだまきさん

毎年、7月最後の火曜日に葛飾区で行われる花火大会です。一時間で1万3千発の花火が打ち上げられます。今年は「両さん顔の花火」なども見られました。葛飾側は大変混雑しますが、松戸側からはゆったり観賞できます。もっと見る

6位 立川まつり国営昭和記念公園花火大会 / 東京都立川市

技術力の高い迫力満点の「芸術玉」が楽しめる!

今年で第60回を迎える「立川まつり国営昭和記念公園花火大会」。昨年の5,000発から今年は6,000発(予定)まで増え、常に目が離せません! 名物は、全国の競技会において優秀な成績を修めた花火「芸術玉」。技術力の高い大迫力の花火が楽しめます♪

開催日:2018年7月28日(土)※小雨決行、荒天の場合中止
開催場所:国営昭和記念公園 みんなの原っぱ ※入園料¥450(15歳以上)
打ち上げ数:約6,000発(予定)
アクセス:JR 立川駅下車 徒歩15分 ※開催日は混雑します

クチコミ:きれいでした

hinaさん

毎年行っています。隅田川などに比べるとやはり、規模も違いますが、人ごみやアクセスなども総合的に考えると私としてはこちらの方がオススメです。人は多いですがレジャーシートを敷く余裕は十分にありますので、座って見れました。もっと見る

5位 いたばし花火大会 / 東京都板橋区

東京最大の大玉「尺五寸玉」に、関東最長級の「大ナイアガラの滝」!

「戸田橋花火大会」と共同で開催される「いたばし花火大会」。荒川河川敷の両岸でそれぞれ約6,000発の花火が打ち上げられます。
そして都内では最大でも8号玉が多いところ「いたばし花火大会」では10号玉を100発も打ち上げ、さらに 総延長700mも誇る関東最長級の「大ナイアガラの滝」も実施! 広い河川敷ならではの迫力満点の花火大会を楽しめます♪

開催日:2018年8月4日(土) ※荒天の場合は5日に順延
開催場所:板橋区 荒川河川敷
打ち上げ数:両岸合計約12,000発(予定)
アクセス:都営三田線 高島平駅、西台駅、蓮根駅、JR埼京線 浮間舟渡駅 各駅より徒歩約20分。東武東上線 成増駅、東武練馬駅よりバスあり ※開催日は混雑します

クチコミ:打ち上げ数がすごかったです

Cyunさん

有料席のチケットを購入して行きました。各駅から少し離れているので、会場に向かうのは10分程度歩かないといけません。土手のコンクリートの段が簡易な指定席となります。席が決まっているので落ち着いてみることができました。会場内の屋台は少ないです。会場までの間に色々な屋台が並んでいましたので、買っておいた方が、いいかもしれません。もっと見る

4位 戸田橋花火大会 / 埼玉県戸田市

まるで頭上に大輪の華が咲くような臨場感がある花火大会

「いたばし花火大会 」との共同開催で両大会あわせて約12,000発もの花火が打ち上がる「戸田橋花火大会」。 荒川の河川敷や戸田ボートコースといった開けた場所で開催されるため、大きな10号玉の花火が頭上いっぱいに華開きます! フィナーレに何発もの花火が打ち上がる「ウルトラスターマイン」は、誰もが息を飲む圧巻の美しさです。

開催日:2018年8月4日(土) ※荒天の場合は5日に順延
開催場所:荒川戸田橋上流 戸田市側河川敷
打ち上げ数:両岸合計約12,000発(予定)
最寄り駅:JR 戸田公園駅 ※当日は混雑により、会場まで徒歩で約40~50分ほどかかる場合あり。

クチコミ:首都圏の花火大会の穴場だと思います

アクアマリリンさん

隅田川や東京湾や横浜や多摩川などに人気がありますが、私がこれまで見た花火大会の中で、一番見ごたえのある花火大会でした。友達が、荒川河川敷に場所取りしてくれたおかげで、真上に見上げる夜空に、一時間半にわたり、星が降るような素敵な花火を見ることが出来ました。埼京線の戸田公園駅から徒歩になります。もっと見る

3位 神宮外苑花火大会 / 東京都新宿区

アーティストたちとのライブと花火が楽しめる! エンターテインメント満載の花火大会

神宮球場、神宮軟式球場、秩父宮ラグビー場の3つの会場がある「神宮外苑花火大会」。花火打ち上げ前には、アーティストによるライブや大スクリーンでの映像などの多彩な演出が繰り広げられます! 観客の興奮がヒートアップしたところで花火が打ち上がるので、会場が一体となって盛り上がる神宮外苑ならではの花火大会です。どの会場もチケット制で毎年大人気の花火大会なので、売り切れに注意してくださいね。

開催日:2018年8月11日(土) ※雨天決行。荒天の場合は12日に順延
開催場所:東京・明治神宮外苑
打ち上げ数:約12,000発(予定)
最寄り駅:JR 千駄ヶ谷駅、信濃町駅、代々木駅。東京メトロ 外苑前駅、青山一丁目駅。都営大江戸線 国立競技場駅

クチコミ:神宮外苑花火大会

ひろさん

有料は神宮球場・軟式球場・体育館・ラグビー場の4つ。神宮と軟式はそれぞれアーティストのライブがあり、ラグビー場は神宮の中継映像が流れます。
今回は2500円と一番お安いけれど、ライブ映像も見られ、事前に座席確保もできるラグビー場を選択。途中雨は降りましたが花火打上時間にはやみ、大きな混雑もなく、開放感のある会場で楽しく観る事ができました。もっと見る

2位 江戸川区花火大会 / 東京都江戸川区

桜色に染まる富士山の仕掛け花火が登場!

「市川市民納涼花火大会」との共同開催で、今年は「エキサイティング花火2018」という名のもと、8つの趣向異なるテーマで構成。 富士山や桜をテーマにしたものなど、日本の自然や伝統を感じられる花火が江戸川の夜空を彩ります。

開催日:2018年8月4日(土) ※荒天の場合は5日に順延。5日も荒天の場合は中止
開催場所:江戸川河川敷 (江戸川区上篠崎1丁目25番、都立篠崎公園先)
打ち上げ数:約14,000発(予定)
アクセス:JR 小岩駅、京成線 京成江戸川駅の各駅から徒歩約25分。都営新宿線 瑞江駅から徒歩約45分。都営新宿線 篠崎駅から徒歩約15分

クチコミ:河川敷が広くて見やすい

tomytomさん

とても広々としていて、早くから場所取りをしなくても、近くで見ることができます。最近は隅田川の花火は諦めて、こちらに行くようにしています。隅田川の場合は、ビルに隠れて花火がよく見えないなんてことが多かったので、江戸川の花火はおすすめです。もっと見る

1位 隅田川花火大会 / 東京都墨田区

江戸時代からの歴史を持つ、東京を代表する花火大会

第1会場と第2会場あわせて約20,020発もの花火が打ち上がる、全国でも有名な花火大会。第一会場の桜橋下流〜言問橋上流ではコンクールが開催され、有名な花火大会で優秀な成績を収めた10の花火業者が競い合います。腕自慢の花火師たちが打ち上げる美しい花火に、感動すること間違いなしです!

開催日:2018年7月28日(土) ※荒天の場合は29日に順延
開催場所:第1会場 桜橋下流〜言問橋上流、第2会場 駒形橋下流〜厩橋上流
打ち上げ数:約20,020発(予定)
最寄り駅:第1会場 浅草駅、押上駅、東京スカイツリー駅、曳舟駅、第2会場 浅草駅、蔵前駅、両国駅、浅草橋駅

クチコミ:少し離れた隅田川沿いがおすすめ

yamyamさん

花火の打ち上げ場所に近い浅草周辺はものすごい人混みになります。南千住駅から歩いて15分くらいの場所にある隅田川沿いの芝生で鑑賞しました。こちらは花火は遠くになりますが、スカイツリーと花火が両方見えるのでおすすめです。もっと見る

忘れられない夏を

いかがでしたか?
夜空に打ち上がる圧巻の花火を眺めながら、出店で買ってきたものを食べたりビールを飲んだりするのは最高に楽しいですよね!
美しい花火大会で今年の夏の思い出をつくりに行きませんか。

※満足度の評点や施設データは、配信日時点のものになります。

この記事で紹介しているエリア

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP