新美南吉記念館

美術館・博物館
住所:
愛知県半田市岩滑西町1-10-1  新美南吉記念館 地図
アクセス:
1) 名鉄河和線半田口駅から徒歩で20分
2) 名鉄河和線知多半田駅からバスで15分知多乗合(株)半田空港線
- 新美南吉記念館西(バス停)から徒歩で1分
3) 知多半島道路半田中央インターから車で3分

新美南吉記念館 詳しいスポット情報 編集

1

半田・武豊 美術館・博物館満足度ランキング

みんなの満足度:
3.35
新美南吉記念館 クチコミ 26件
アクセス :
3.38
コストパフォーマンス :
4.10
人混みの少なさ :
3.35
展示内容 :
4.05
バリアフリー :
3.15

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性もあります。

新美南吉記念館の概要

「おぢいさんのランプ」「ごんぎつね」などの童話作家、新美南吉に関する資料館。「ごんぎつね」などで知られる童話作家新美南吉の記念館。自筆原稿や日記、手紙などの資料、南吉作品のジオラマ展示などがある。

スポンサーリンク

クチコミ

26

満足度の高いクチコミ(4点〜)16

「ごんぎつね」に会えます

  • 4.0
  • 訪問時期:2016/05 (約3ヶ月前)

0人中、0人の方が、「参考になった」と、いいね!しています。

新美南吉の自筆原稿や書簡などを収蔵する記念文学館

「ごんきつね」の舞台となった地に建てられています

奥には童話の森があり、作品に登場する植物が観察できる遊歩道が巡り、せせらぎが流れています

新美南吉童話イメージキャラクターのごん吉くんがいろんなところに隠れていて、探すのも楽しいです

観覧料は210円で、中学生以下は無料

今回新美南吉と様々な作家さんがコラボしたイラスト企画展「コトバヲ奏デ... 
続きを読む

てつきちさん

てつきちさん
(半田・武豊 クチコミ 8件)

満足度普通〜低いクチコミ(〜3点)3

今年は新実南吉生誕100周年です

  • 3.0
  • 訪問時期:2013/06 (約3年前)

0人中、0人の方が、「参考になった」と、いいね!しています。

タイトル通り、生誕百周年記念のために館内をリニューアルしました。
近くに住んでいるのですが、館内には一度も入ったことがりませんでしたが、この機会にと思い入場しました。大人一人210円です
アクセスはとても良いのですが、駐車場が結構少ないので平日に行かれることをお勧めします。
館内では南吉が東京で暮らしていた時の部屋の模型があったり、充実した内容の図書室などがあり、南吉を知りたい方にはとてもよい... 
続きを読む

gobouさん

gobouさん
(半田・武豊 クチコミ 29件)

  • ごんぎつね

    満足度: 4.0

    ごんぎつね

    mmm23さん 写真

    mmm23さん
    男性 / 半田・武豊のクチコミ : 4件
    旅行時期 : 2015/10(約9ヶ月前)

    ごんぎつねの作者として知られる新美南吉の記念館です。新美南吉は半田市出身だそうで、ここだけでなく生家も観光地になっているようです。入館料は210円で、館内には新美南吉の手紙や原稿、東京時代の下宿の再現など、彼の生涯がよく再現されいています。

    同行者
    一人旅
  • かわいい展示物

    満足度: 4.0

    かわいい展示物

    Chiemiさん 写真

    Chiemiさん
    女性 / 半田・武豊のクチコミ : 1件
    旅行時期 : 2015/04(約1年前)

    「手袋を買いに」のワンシーンが展示物になっていたり、10分程度の映像が上映されていました。
    物語の内容を簡単にまとめたパネルとミニチュアのジオラマがあり、物語の内容がわかりやすく、かわいかったです。
    新美南吉の生涯はもちろん、手紙や原稿など貴重な資料がタッチパネルで見ることができます。

    同行者
    カップル・夫婦
  • 南吉文学の世界に触れることができます。

    mioさん 写真

    mioさん
    女性 / 半田・武豊のクチコミ : 1件
    旅行時期 : 2015/02(約1年前)

    南吉の自筆原稿や日記、手紙、図書などの資料を通して、南吉の生涯と文学世界を紹介しています。
    「ごん狐」などの代表作のジオラマやビデオシアター・視聴覚コーナもあり、南吉文学の世界に触れることができます。
    南吉文学が表されているペーパーアートは感動です。
    細かいところまで、表現されていて、楽しませてくれる展示で、とても良かった。
    210円の入場料でこの内容はほんとに素晴らしいですよ。
    子供さんにもお薦めです。

    同行者
    友人

クチコミをもっと見る 26

Q&A掲示板 0

新美南吉記念館について質問してみよう!

行ったことのある皆さんに、一斉に質問することができます。

てつきちさん

by てつきちさん

mmm23さん

by mmm23さん

Chiemiさん

by Chiemiさん

mioさん

by mioさん

しずーかさん

by しずーかさん

七海さん

by 七海さん

…他

この観光スポット・名所に関する旅行記7

  • ノスタルジーなアートバカンスby てつきちさん

    • エリア: 篠島・日間賀島・佐久島同行者: カップル・夫婦旅行テーマ: 歴史・文化・芸術
    • 旅行時期: 2016/05/28 - 2016/05/29(約2ヶ月前)

    三河湾に浮かぶアートの島・佐久島でたっぷり遊んで、翌日は蔵の町として知られる半田へ 三河湾を一望する最高のロケーションホテルに宿泊・・・リゾート気分満喫しました もっと見る(写真13枚)

  • 蔵のまち半田、ごんぎつねに会いに!by mioさん

    • エリア: 半田・武豊同行者: 友人旅行テーマ: 歴史・文化・芸術
    • 旅行時期: 2015/02/08 - 2015/02/08(約1年前)

    中馬のお雛様を見に足助に行くつもりでしたが、朝から冷たい雨・・・ 雨でもOK!寒さもしのげる所と思い、前から気になっていた半田の新美南吉記念館に行くことにしました。 日程 あおいパーク→新美南吉記念館→蔵のまちカフェ・魚太郎→ジェラートフレスコ 半田空の科学館でプラネタリウム見る予定がジェラート買ってしまい、寄らずに帰ることにしました。 もっと見る(写真56枚)

  • ごんの影を追ってby エスペラさん

    • エリア: 半田・武豊同行者: 一人旅旅行テーマ: 街歩き
    • 旅行時期: 2014/10/25 - 2014/10/26(約2年前)

    半田市は「ごんぎつね」の作者、新美南吉の生誕の地だということだった。 かなり若くしてなくなったということぐらいしか予備知識はなかったが、生家などが残っているということでいくつかを巡ってみることにした。 もっと見る(写真11枚)

  • <おひとりさまのお伊勢参り・3> 真っ赤な彼岸花とごんぎつねの故郷「半田」by みかりさん

    • エリア: 半田・武豊同行者: 一人旅旅行テーマ: 花見(桜)
    • 旅行時期: 2013/09/28 - 2013/10/01(約3年前)

    2013年・・・今年は伊勢神宮の20年に1度の「式年遷宮」の年。 ずっと前から「式年遷宮」の年に伊勢に行くと決めていたので・・・ 今回の旅は数年前から私の中では決まっていた事! 今年は島根の「出雲大社」の60年ぶりの「御遷宮」も重なり・・・ 観光客も多く、大変盛り上がっているようです。 ・・・・どちらも行きたい。いや行かなければ・・・ 今年、伊勢に行く事は決まっている。ではいつ行くのか?? 11月?12月? 贅沢に出雲&伊勢周遊をして来ようか・・・ ひそかに色々なプランを考えていましたが、そんな時に テレビで放送されていた「赤福」の朔日餅の特集を見てひらめいた! そうだ! せっかく伊勢に行くなら「朔日参り」して来よう♪ 伊勢には昔から毎月朔日(ついたち)に神宮に参拝する「朔日参り」 という風習があるそうです。月の初めにいつもより早起きをして、 昨日までを無事に過ごせたことに感謝してお参りする・・・・ その日は早朝から、おはらい町やおかげ横丁のお店が開き・・・ 朔日限定の食べ物や品物が売られ、大変盛り上がるんだそう。 中でも、赤福の「朔日餅」は大人気!  今回は10月に式年遷宮のクライマックス「遷... もっと見る(写真55枚)

  • 新美南吉のふるさと半田を訪ねるby metabomanさん

    • エリア: 半田・武豊同行者: 一人旅旅行テーマ: 歴史・文化・芸術
    • 旅行時期: 2012/05/11 - 2012/05/11(約4年前)

    今年生誕100年を迎える童話作家の新美南吉の出身地である半田市を巡ってみました。 のどかな田園風景に、南吉が過ごしたふるさとの面影も感じられます。 もっと見る(写真4枚)

  • 新美南吉のふるさとをぶらぶらby あれあれ星人さん

    • エリア: 半田・武豊同行者: カップル・夫婦旅行テーマ: 街歩き
    • 旅行時期: 2012/10/06 - 2012/10/06(約4年前)

    新美南吉のふるさと 半田をぶらぶらしてきました。 矢勝川の堤に咲き誇る200万本の彼岸花は圧巻でした。 もっと見る(写真30枚)

  • 彼岸花を見に行ったけど。。。。by hideminさん

    • エリア: 半田・武豊同行者: 一人旅旅行テーマ: 花・自然・動植物
    • 旅行時期: 2011/09/16 - 2011/09/16(約5年前)

    彼岸花を見に行ったけど、まだ咲いておらず。 周りの観光を楽しみました。 レンタサイクルで、けっこうな運動になりました。  もっと見る(写真7枚)

旅行記をもっと見る 7

このエリアに旅行をご検討中の方へ!

フォートラベルポイントが航空券代金の最大10%分たまる!

フォートラベルの国内航空券なら、JAL、ANA、スカイマークをはじめ、話題のLCCも含めた13社の国内航空会社から、その時期おトクにいける航空券を比較しながら、予約できます。
急な出張や休暇が取れたときでも…出発の3時間前までご予約いただけます!

今すぐ!国内航空券を検索する

施設情報

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性もあります。

施設名:
新美南吉記念館
郵便番号:
475-0966
住所:
愛知県半田市岩滑西町1-10-1 (地図
電話番号:
0569-26-4888
URL:
http://www.nankichi.gr.jp
アクセス:
1) 名鉄河和線半田口駅から徒歩で20分
2) 名鉄河和線知多半田駅からバスで15分知多乗合(株)半田空港線
- 新美南吉記念館西(バス停)から徒歩で1分
3) 知多半島道路半田中央インターから車で3分
営業期間:
9:30〜17:30
休業日:
[月] 第2火曜日、年末年始も休館(月曜日・第2火曜日が祝日または振り替え休日の場合その翌日が休館)
予算:
大人 210円 20名以上の団体は各160円
備考 中学生以下無料
カテゴリー:
観光・遊ぶ>美術館・博物館

施設情報の訂正・追記はこちら施設情報を変更する

半田・武豊地図

※実際のポイントと離れている場合があります。

地図を拡大表示

Pickup!!フォートラベルからのおすすめ情報